メッセージ@落語書き帳面

コンセプトは、何でもあり?

GO TOP   リンク   落語で散歩   落語目次
▼再読み込み  ■最新のログ  <<より新しいログ  より古いログ>>

7965������������ス_****2023/12/18(MON)06:02:56
税金や公租公課、国民に対する幕府からの「みかじめ料」

35.77.200.98/Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.15; rv:120.0) Gecko/20100101 Firefox/120.0

7963右でA.R.E.左でA.R.E.、わが半身****2023/12/17(SUN)09:04:19
日本三大左近
嶋左近、宮川左近、橘左近。
今朝の産経新聞1面に掲載されている「産経抄」は落語ファン必見。

27.85.204.60/Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1

7962右でA.R.E.左でA.R.E.、わが半身****2023/12/16(SAT)19:34:56
「カ・ン・プ・キ・ン!」(桂雀々「田楽喰い」より)
今夜のMBSテレビ「報道特集」によると、政界ではパー券のキックバックのことを「還付金」と呼んでいたそうで、しかして実態は●クザの「みかじめ料」みたいなものなんだって。

2400:4150:3142:1000:b1e6:2354:7872:8334/Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/109.0.0.0 Safari/537.36 Edg/109.0.1518.70

7960右でA.R.E.左でA.R.E.、わが半身****2023/12/15(FRI)17:53:28
日本はもっと貧しくなって、
軍隊に入らないと、三度のゴハンが食べられないような時代になれば良いと思ってましたが、今やAIで動く戦車やピンポイントのドローン爆撃機が主役のハイテク無人戦争の時代ですから、穀潰しの人間の兵隊は要らないんだな。

36.11.225.151/Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1

7959右でA.R.E.左でA.R.E.、わが半身****2023/12/15(FRI)17:42:56
御大の後釜
有働由美子さんが3月末で深夜のニュース番組を降板されるとのこと。4月から始まる「ありがとうHJです。」の後継番組はどなたが担当されるのだろう。有働さんだったら嬉しいけれど、現実は私の思う通りにはならない。

36.11.225.151/Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1

7958�����������ス_****2023/12/15(FRI)14:30:39
改憲、会見、懐剣
会見も必要だす。国民投票ですな。9条不要論ですかな。自衛隊の名称も変へます。陸海空3軍と海上保安庁をば海上警察軍、機動隊を警察軍としませう。
それと治安維持法の復活。特務高等警察の復活。徴兵制の復活。ニートが減らせるが役に立つかかどうか? 近代戦では歩兵は不要友いわれているが武器次第ですね。
憲法改正は大日本帝国憲法をばより強固にしたものが望ましいと思ふ。
また土地収用法の即時施行。ちゅうてね。


橘の圓都さん(故人)が漫才はコンビ組んで2〜3年もしないうちに誰でもでけるが落語はでけないと言うようなことをば言うてはりました。
多分、CDに録音されてると思います。

54.248.65.14/Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.15; rv:120.0) Gecko/20100101 Firefox/120.0

7956右でA.R.E.左でA.R.E.、わが半身****2023/12/15(FRI)08:25:44
パー券より改憲
還流疑獄についての不毛な議論を続けている間に国会での憲法改正論議が疎かになってはならない。

36.11.228.72/Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1

7955右でA.R.E.左でA.R.E.、わが半身****2023/12/15(FRI)07:30:48
野球より和牛🐄
今夜NHK総合で放送される「LIFE!」というコント番組に今何かと話題沸騰中の和牛の川西賢志郎が出演しているそうで、これは見逃せない。

36.11.228.72/Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1

7954camioca****2023/12/15(FRI)06:26:45
キャラクターの問題
あのレベルで話し方がうまいというのはそれだけ全体レベルが低いと言ふことでせうね。
タモリさんなんかは話がうまい、米朝さんも理路整然と話をしてはりました。
たんにキャラクターが大衆受けするからマスゴミへの起用でしょうね。

テレビ視聴に関し「一億総白痴化」と言ふ言葉が当を得ているやうに思ふ。
ーーーーー
といふことはこっちゃおいといてやね
大谷がドジャースにきました。
米国や職業野球ファンの日本のみなさんもおいでませLAへ。

35.166.122.107/Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_15_7) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/120.0.0.0 Safari/537.36

7952右でA.R.E.左でA.R.E.、わが半身****2023/12/14(THU)12:44:19
「笑福亭笑瓶も落語はできないし喋りも下手」というのは間違い。
古典落語をやってなかったというだけのことで、落語はしてはりました。また、喋りが下手であんなにTVで活躍できたはずがないし。そもそも、笑瓶師匠が入門した時には、鶴瓶師匠御本人が落語をするつもりが無かったそうで、スタートは落語家タレントとしての師弟関係だし。落語家の数も増えたけれど、マスコミでの知名度が無いと噺にも説得力が出ないので落語の上手さは二の次三の次で良い。

27.85.206.205/Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1

7949右でA.R.E.左でA.R.E.、わが半身****2023/12/14(THU)08:37:19
噺家はヘタでも良いから面白く。政治家はワルでも良いから口堅く。
「上手い」って感心するだけで、ちっとも面白くないことが多い。立川談志家元が「俺はまだまだ落語をヘタに演れる」って仰っていたことの真意が理解できたような今日この頃。M−1の影響を受けて噺家さんもいろんなコンクールで入賞することが至上命題になってしまったのがちょっと可哀想。パー券疑惑についてペラぺラと吐露した防衛副大臣ってエエカッコしいで、「政治家としてペケ、人間としてもペケ。」(笑福亭鶴瓶「青木先生」より)「何も話さないって言ってるだろう。頭が悪いんじゃないか。」と宣った政治家さんの方がよっぽど御立派。

36.11.225.1/Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1

タイトルをチェックし、削除用パスワード (投稿時に使用したもの) を入力:  

★過去ログ 1ファイルおおよそ20メッセージ
No.001 | No.002 | No.003 | No.004 | No.005 | No.006 | No.007 | No.008 | No.009 | No.010 | No.011 | No.012 | No.013 | No.014 | No.015 | No.016 | No.017 | No.018 | No.019 | No.020 | No.021 | No.022 | No.023 | No.024 | No.025 | No.026 | No.027 | No.028 | No.029 | No.030 | No.031 | No.032 | No.033 | No.034 | No.035 | No.036 | No.037 | No.038 | No.039 | No.040 | No.041 | No.042 | No.043 | No.044 | No.045 | No.046 | No.047 | No.048 | No.049 | No.050 | No.051 | No.052 | No.053 | No.054 | No.055 | No.056 | No.057 | No.058 | No.059 | No.060 | No.061 | No.062 | No.063 | No.064 | No.065 | No.066 | No.067 | No.068 | No.069 | No.070 | No.071 | No.072 | No.073 | No.074 | No.075 | No.076 | No.077 | No.078 | No.079 | No.080 | No.081 | No.082 | No.083 | No.084 | No.085 | No.086 | No.087 | No.088 | No.089 | No.090 | No.091 | No.092 | No.093 | No.094 | No.095 | No.096 | No.097 | No.098 | No.099 | No.100 | No.101 | No.102 | No.103 | No.104 | No.105 | No.106 | No.107 | No.108 | No.109 | No.110 | No.111 | No.112 | No.113 | No.114 | No.115 | No.116 | No.117 | No.118 | No.119 | No.120 | No.121 | No.122 | No.123 | No.124 | No.125 | No.126 | No.127 | No.128 | No.129 | No.130 | No.131 | No.132 | No.133 | No.134 | No.135 | No.136 | No.137 | No.138 | No.139 | No.140 | No.141 | No.142 | No.143 | No.144 | No.145 | No.146 | No.147 | No.148 | No.149 | No.150 | No.151 | No.152 | No.153 | No.154 | No.155 | No.156 | No.157 | No.158 | No.159 | No.160 | No.161 | No.162 | No.163 | No.164 | No.165 | No.166 | No.167 | No.168 | No.169 | No.170 | No.171 | No.172 | No.173 | No.174 | No.175 | No.176 | No.177 | No.178 | No.179 | No.180 | No.181 | No.182 | No.183 | No.184 | No.185 | No.186 | No.187 | No.188 | No.189 | No.190 | No.191 | No.192 | No.193 | No.194 | No.195 | No.196 | No.197 | No.198 | No.199 | No.200 | No.201 | No.202 | No.203 | No.204 | No.205 | No.206 | No.207 | No.208 | No.209 | No.210 | No.211 | No.212 | No.213 | No.214 | No.215 | No.216 | No.217 | No.218 | No.219 | No.220 | No.221 | No.222 | No.223 | No.224 | No.225 | No.226 | No.227 | No.228 | No.229 | No.230 | No.231 | No.232 | No.233 | No.234 | No.235 | No.236 | No.237 | No.238 | No.239 | No.240 | No.241 | No.242 | No.243 | No.244 | No.245 | No.246 | No.247 | No.248 | No.249 | No.250 | No.251 | No.252 | No.253 | No.254 | No.255 | No.256 | No.257 | No.258 | No.259 | No.260 | No.261 | No.262 | No.263 | No.264 | No.265 | No.266 | No.267 | No.268 | No.269 | No.270 | No.271 | No.272 | No.273 | No.274 | No.275 | No.276 | No.277 | No.278 | No.279 | No.280 | No.281 | No.282 | No.283 | No.284 | No.285 | No.286 | No.287 | No.288 | No.289 | No.290 | No.291 | No.292 | No.293 | No.294 | No.295 | No.296 | No.297 | No.298 | No.299 | No.300 | No.301 | No.302 | No.303 | No.304 | No.305 | No.306 | No.307 | No.308 | No.309 | No.310 | No.311 | No.312 | No.313 | No.314 | No.315 | No.316 | No.317 | No.318 | No.319 | No.320 | No.321 | No.322 | No.323 | No.324 | No.325 | No.326 | No.327 | No.328 | No.329 | No.330 | No.331 | No.332 | No.333 | No.334 | No.335 | No.336 | No.337 | No.338 | No.339 | No.340 | No.341 | No.342 | No.343 | No.344 | No.345 | No.346 | No.347 | No.348 | No.349 | No.350 | No.351 | No.352 | No.353 | No.354 | No.355 | No.356 | No.357 | No.358 | No.359 | No.360 | No.361 | No.362 | No.363 | No.364 | No.365 | No.366 | No.367 | No.368 | No.369 | No.370 | No.371 | No.372 | No.373 | No.374 | No.375 | No.376 | No.377 | No.378 | No.379 | No.380 | No.381 | No.382 | No.383 | No.384 | No.385 | No.386 | No.387 | No.388 | No.389 | No.390 | No.391 | No.392 | No.393 | No.394 | No.395 | No.396 | No.397 | No.398 | No.399 | No.400 | No.401 | No.402 | No.403 | No.404 | No.405 | No.406 | No.407 | No.408 | No.409 | No.410 | No.411 | No.412 |
▼再読み込み  ■最新のログ  <<より新しいログ  より古いログ>>

GO TOP   リンク   落語で散歩   落語目次
管理人: 仮隠居 Created by M.Kanbayashi (C)2000-2018