【上方落語メモ第5集】その247

宿  屋  町


【主な登場人物】
 喜六  清八  大津の宿のみなさん

【事の成り行き】
 テレビのコマーシャルなんかでよく見かけるワンカット、男の一人旅、宿
で食事を取っている。仲居さんがそばについて何やら楽しそうな会話……、
こんなことできるもんやありません。

 最近では食事を部屋で取らせる旅館より、食堂、大広間に集めておいて一
斉に餌を与えるという合理的なシステムが確立されたようですが、ちょっと
前までは古風な旅館では部屋に料理を運んでくれていました。

 私も何度か経験があり、まぁ複数での食事なら仲居さんの給仕っていうの
は様になるんです。けど、上のように一対一対応されてしまうと……、茶碗
を出す、飯をよそう、汁を吸う、箸で飯を取る、口へ運ぶ、歯で噛む、飲み
込む……「ゴクッ」という音が響き渡る。じっと見つめる仲居さんの目。

 人前で食事をするっていうのは糞をひるのと同じ、人間のデリケートな精
神状態が出ることを思い知りました。ところが最近、電車の中や店先で堂々
と食事(コンビニおでんとかカップ麺はどう見ても食事でしょ)を摂る人が
いるんですねぇ。脱糞を見る思いがしてエヅキそうになります(2001/01/21)。

             * * * * *

 え〜、ありがとぉございます。月亭八天と申しましてですね、わたくしの
師匠といぃますのがただ今出ました月亭八方といぅ小父さんでございますけ
ども。

 目の前で見ていただきましたら分かるとおり、胴の長ぁ〜い、足の短ぁ〜
い小父さんでしてね、吉本一の短足男、落語界のダックスフンドなんて言わ
れておりますんですが。

 なぜうちの師匠八方が足が短いか、短足かといぃますと理由がございまし
てね、八方といぃますと大の野球ファンでございます。それも阪神タイガー
スの大ファンでございますがね。

 もぉ阪神といぃますと、例年「弱い・情けない・頼んない」と三拍子揃ろ
とりまして、勝つこと知らんチームでございますから、うちの師匠八方も甲
子園にチョイチョイ応援に行くんでございますが、行くたんびに負けるんで
ございます。

 負けますとやっぱり応援のし甲斐ございませんから、持ってたメガホンを
ポ〜ンと捨てましてね、肩をガタ〜ッと落として、背中を丸めながら、思い
足をズルズル、ズルズル、ズルズル……

 引きずって帰って来るもんでございますから、そのたんびに足が1センチ
ずつ短くなって帰って来るといぅ。もぉ今や、膝の下がすぐかかとといぅよぉ
な状態で、もぉちょっとしたらお尻に靴履いて歩こぉかといぅ、あれがわた
しの弟子で、いや弟子やない師匠です。

 わたくしが弟子なんでございましてね、八天といぅ名前でございまして、
どぉぞ顔と名前、セットで覚えていただきますよぉなことにお願いをいたし
ます。

 お家(うち)へ帰られましたらご家族やお友達の方々にですね、この「落語
全集」に「月亭八天といぅ男が出てはってん」と、こぉ言(ゆ)っていただき
ますと、皆さん方の今後のご発展、大発展間違いございませんのでね、よろ
しくお願いをいたします。

 さて、わたくしのところぉは、ご陽気に旅のお噺を聞ぃていただくのでご
ざいますけども、このお噺の主人公は喜六さんに清八さんといぅ、大阪の落
語によく登場いたします、まことに気の合いました名コンビでございますけ
ども。

 お伊勢詣りを済ませまして、帰りは道を北へとりまして、草津から近江八
景・琵琶湖を見物をいたしまして大津宿の手前までやってまいります。

             * * * * *

■さぁ、いよいよ大津の宿や。今までの田舎の宿場みたいにボォ〜ッとして
たらあかんで●えッ?■いや、ちょっとしっかりせなあけへんで●あの〜、
しっかりするのん?■そや●まかしといて■大丈夫かいな……、ボォ〜ッと
してたらあかんねんで。女ごが大勢出てきて袖引くさかいな●ウホ〜ッ、女
ごが袖引くか?

■よだれを拭け、よだれを。喜んでんねやあれへんがな、宿屋の客引き女や。
そんなもんに、いちいち相手になってたら、これと思う宿屋へ泊まられへん。
しょ〜もないとこへ泊められて、不味い(まぁずい)もん食わされて、おまけ
に高ぁい銭取られんならん。断らなあけへんねん●いや、せやけどわて女ご
に袖引かれたらよぉ断らんといぅ、まことに気の小さい人物です。

■何を言ぅとんねん、そぉいぅときは断りよぉがあんねん●どない言ぅたら
えぇねん?■「定宿(じょ〜やど)がある」と、こぉ言ぅたらえぇ●「じょ〜
やど」て何や?■定まった宿と書いて定宿や。よその常客は引ぃたらいかん
といぅのが宿場の法や。そない言ぅたらじきに放しよる。

 「あぁそぉか……」言ぃながら大津の宿へかかってまいります。

             * * * * *

 両側にはズラ〜ッと宿屋さんが並んどぉります。それぞれ軒の行灯に火を
入れまして、表には打ち水、盛り塩。一人でも余計客を引かんならんといぅ
ので、前垂れ掛けの客引き女が大勢出ておりますが、これがだいたい宿屋の
女衆(おなごし)やない。近所の百姓家のお上さんや娘連中で、宿屋の忙しぃ
ときだけ手伝い(てったい)に来ております。

 平生(へぇぜぇ)は野良へ出てこぉ働くもんですよってに、顔は日に焼けて
真っ黒け、もぉ天然のガングロでございましてですね、それでも宿屋へ来る
ときだけは顔へさして、こぉちょっとだけ白粉(おしろい)を塗りますが。

 この白粉といぅやつも襟筋から綺麗ぇに塗り上げますと、京都の舞妓さん
とゆな感じでえぇもんでございますが、これだけがもぉ顔でござい、縁取っ
たよぉに塗るもんやさかい、なんやお面被ったよぉになったぁる。

 鼻の頭ばぁ〜っかりポンポン、ポンポン叩くもんやさかい、このなんや製
粉工場へ紛れ込んだネズミみたいな顔になっとりましてね、鼻筋だけがみょ〜
に通ってるもんですから、聖飢魔Uのデーモン小暮の出来損ないみたいな顔
でございます。こいつの頭にナスビ乗せたら、志村けんのバカ殿状態でござ
いますけども。

 口へさして紅を指しますが、この紅といぅやつも下唇へちょっとだけこぉ
いぅよぉに指すもんやそぉですが、それでのぉてもマクドナルドのビッグマッ
クハンバーガーを横から見たといぅよぉな唇へさして、上下ともベ〜ッタリ
塗るもんやさかいに、博多名物・明太子みたいになっとりまして。

 ヨダレをダラダラ、ダラダラくるたぁ〜んびにこぉ紅が流れましてね、な
んや今人を襲そて来たゾンビといぅよぉな、おぞましぃ形相になっとぉりま
すが。

 鼻が内らへ遠慮してる代わりに、デボチンが前へグゥ〜ッとこぉせり出し
て、両のホベタが飛んで出て、あごが槍頤(やりおとがい)といぅやつで前へ
グゥ〜ッとこぉ出たぁる。こけても鼻は打たんといぅ安全設計になっとりま
す。ちょ〜どこぉ、真ん中が凹(へこ)んで周りだけがこぉ出てるもんですか
ら、洋式便所の便座みたいな顔でございますけども。

 髪の毛が赤こぉに縮れまして「四方出ぇの縮みの髪」てな武智光秀の家来、
四方天(しほぉてん)但馬守の洒落ですよこれはと、説明しても何のこっちゃ
さっぱり分からんといぅ、それやったら言わなんだら良かったんでございま
すが。

 この顔がまた長い、上見て、真ん中見て、下見てるうちに、上の記憶が薄
れてしまうといぅぐらい、長い顔があったもんで。

 手ぇがまた大きぃて丈夫ですなぁ。表でバタバタバタァ〜ッとカンテキで
あおいで熾(いこ)した火ぃを、ガッと鷲づかみにしまして、玄関通って、中
庭通って、奥の間通って、裏の離れ座敷の火鉢へ入れるまで、十能が要らん
といぅよぉなグローブみたいな手ぇでございますが。

 足とくると十六文の甲高、もぉジャイアント馬場もビックリといぅ。こん
な大きな足に合う足袋は無いんで、年がら年中裸足で働いております。水に
濡れては土を踏むもんやさかい、足のかかとにアカギレが切れる。このアカ
ギレもただのアカギレやない、去年のんが切れ残って今年のんが切れて、来
年のんがもぉ手回しに切れたぁるといぅ。

 水に濡れてはこぉ土を踏むもんやさかいね、そこのアカギレに米やとか粟
やとか雑穀類が飛び込んで、体の温みと水でジンワリ芽ぇ吹き出した。秋に
なるとこの足のかかとで取入れが始まろぉといぅ。この人が歩いてたら鶏が
後ろからこっついて歩いてるてな、けたたましぃ足があったもんで。

 お腹が前へブ〜ッとせり出してる代わりに、オイドが後ろへボヨヨヨ〜ン
とこぉ飛んで出る。これが「オイド」てなそんな生易しぃもんやない、ここ
らが「ケツ」といぅやつですなぁ。

 ケツもケツ、今月来月再来月、伊達の対決、天下の豪傑、ケツ食らえ。い
かなる裁判官もこのケツだけは判決に困ったといぅ、何のこっちゃさっぱり
分かりませんが、それやったらこれも言わなんだら良かったんでございます
けども。

 雨が降ると大の男がこの下へ五、六人は雨宿りができよぉかといぅ、一名
「雨宿りゲツ」そのままでございますけども。

 それでもやっぱり女ごですなぁ、どことなしに色気があります。肩から赤
いたすきを掛けまして、頭の天辺から黄色い声出して客を呼んでおります。
「へぇ、どなたもお泊りやないかなぁ〜……♪」

             ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

 「あんさん方、お泊りやおませんかいな。あんさん方、お泊りやおません
か? 紀州屋でございます。ただいま景色(けぇしょく)のえぇお部屋が空い
てございます。どぉぞお泊りを……」

 「あんさん方、お泊りやございませんかいな? 丹波屋でございます。た
だいまご飯が炊きたて、お風呂も沸きたてになとっりますの。どぉぞお泊り
を」

 「あんさん方、お泊りやございませんかいな。あんさん方、お泊りやござ
いませんか? 伊丹屋でございます……、上州屋でございます……、近江屋
でございますどぉぞお泊りを……」

▲あんさん方、どぉぞお泊りを●ほぉら来よった……、わいらなんやで、定
宿があるで▲あッさよか、こらまぁえらい失礼(ひつれぇ)を●わッ清(せぇ)
やん、お前の言ぅたとおりや「定宿」や言ぅたらちゃんと放してくれよった
■そぉやろ、そぉいぅふぅに決まったぁんねん。

▼あんさん方、どぉぞお泊りを●わいら、定宿があるで▼こら、えらい失礼
を★あんさん方、どぉぞお泊りを●定宿がある★こら、えらい失礼を……

●うわぁ〜、オモロイもんやなぁ清やん「定宿」や言ぅたらちゃんと放して
くれんで。今晩、こない言ぅて夜通し歩こか?■んなアホなこと言ぅてんね
やあれへんがな●清やん、ちょっと見てみ、向こぉにえらい別嬪の女衆がい
とぉるわ、あいつにも「えらい失礼を」いぅのん言わそか?

■しょ〜もないことしぃないな●いや、わい言わしたんねん……、姐はん、
姐はん、姐はん、わいらなんで二人引けへんねん?▲まぁ、えらいお見それ
いたしておりました。あんさん方、どぉぞお泊りを。

●あかん、わいら定宿があるで▲せやさかい、なにもはじめから引ぃてしま
へんやないか●こら、えらい失礼を■お前が言ぅてどぉすんねん●定宿、定
宿、定宿の終いも〜ん!■「定宿の終いもん」ちゅうやつがあるかいな。

★あんさん方、どぉぞお泊りを●また来よった、わいら定宿があるで★聞ぃ
てまっせ、あんさん方最前から「定宿、定宿」なんや定宿売りに歩くよぉに
言ぅてなはるけど、だいたいあんさん方の定宿はどちらどす?

●いやそら、定宿や★せやさかい、その定宿のお名前は?●定宿屋……、ジョ
ンソン★そんなけったいなとこがおますかいな。うちは「岡屋」と申します、
この宿で一番えぇ宿屋で、どぉぞお泊りを。

●あかん、あかん、おい清やん、もぉここまで来たら「定宿」効かんよぉに
なってもたがな■あかん、あかん、分かった分かった、お前がしょ〜もない
ことばっかり言ぅさかいやがな……

■手荒ろぉしな、手荒ろぉしな、放したって。こいつがしょ〜もないこと言ぅ
たんも何ぞの縁や、お前んとこへ泊めてもらおか★ありがとぉさんで、どぉ
ぞこちらへ……、お二人さん、お泊りぃ〜ッ!

             * * * * *

▲へいッ、ただいまお泊りありがとぉさんで……。お〜い、おすすぎ持って
来ぉ〜いッ!

 「へぇ〜〜いッ」言ぃながら出てきましたのが、最前言ぅた女衆に、まだ
テフロン加工施したといぅよぉな強烈な女ごっさんでございまして、小さな
タライを手に持ちまして、ドンブリチャ〜ンブリ、ドンブリチャ〜ンブリ、
ドンブリチャ〜ンブリ「やぁ〜れ客人、脛っぽち洗ろてこまそか」

●う、うわぁ〜ッ、えらいのが出て来たでおい。番頭はん、これ食い付けへ
んか?▲へぇ、今日のところは●「今日のところ?」毎日食い付いとんねや
これ★お客さんよぉ、わし、お前の足洗ろぉとると、国元のことを思い出し
て涙がこぼれよる。

●泣いてるがなおい……、えぇおなごに泣かれるのは風情があるけども、こ
んな女ごに泣かれたら気色悪いなぁホンマにもぉ。泣くなッ!■おい、無茶
言ぅたりないな、相手は若い女ごや、泣いてるちゅなこら只事やないで。

●そぉか?■そらそぉやがな、この女ごっさんかて根っからの宿屋の女衆や
ないがな、郷(くに)におる時分に若ぁ〜い男がでけて、その噂がパ〜ッと村
中に広まって、村におることがでけんよぉになって、ここへ出てきてこぉし
て働いてるてなもんやがな。

■今、お前の足洗ろてると、いたって華奢な、色男の足によぉ似たぁる。そ
こでつい国元のことを思い出して泣いてるてなもんやがな。なぁ、宿屋着く
なり若い女ご泣かしたりして、あかんでおい、やれ喜ぃさんの色男●ウホッ、
おだてるな■どっから声出してんねやお前……、せやろがな?

★いやぁ、わしゃ郷に男も何もありゃせんがなぁ。郷におる時分に、日が暮
れんなると父(とと)さんが野良から牛を追ぉて帰って来る。その牛の足ぃ洗
うんがわしの仕事じゃった。今こぉして、お前の足洗ろとると、黒ろぉて毛
深こぉて、わしゃつい郷を……

●オッ、牛思い出しとんねやがなこいつ、馬鹿にすなッ!■おいおい、蹴っ
たりないな。女ごっさん頭からタライの水かぶってひっくり返ってるやない
かいな、無茶しないな。

             * * * * *

●おい、上げてもらうで▲どぉぞお上がりを●しかしなぁ、派手に上がろか
陽気に上がろか、それとも哀れぇに上がろか、陰気に上がろか?▲ハハハッ、
上がりよぉにもいろいろとおまんねやなぁ、こぉいぅ商売、まぁまぁ陰気な
んよりはご陽気のほぉが結構でんなぁ。

■よぉし、ひとつ派手に、陽気に、賑やかぁに上がらしてもらうで「♪やぁ
〜ッとこせぇ、よぉ〜いやなぁ〜♪あれわいせぇ〜、これわいせぇ〜♪ささ、
なんでもせぇ〜ッ」うゎ〜いッ、部屋はどこやどこや〜ッ?

▲派手な上がりよぉやなぁ、もしもしもし、後ろのお方どぉぞお静かに●な、
何や? 伊勢参りの帰りや、音頭とったらいかんのんかい?▲いえ、音頭、
大事おまへんねけど、あんさんまだ、左の草鞋が履いたままになっておりま
んのんで■もぉ、しょ〜もないことしぃないなおい。草鞋、片っぽだけ脱い
で上がるやつあるかいな。

●何言ぅてんねん、わいちゃんと両方の草鞋最前脱いで……、あッ、履いて
るなぁ。おかしぃなぁ清やん?■草鞋、片っぽだけ脱いで上がるやつあるか
いな●そぉかて、わい最前ちゃんと両方の草鞋脱いだで。

■おい、ちょっと待ちや、そぉいぅと最前、わしが左足の草鞋解いてたら、
お前が右足の草鞋脱がしてくれてた。えらい親切なことがあるもんやなぁと
思てたんやが、あらお前、自分の足と間違ごぉてたんと違うか?

●あれ、お前の足やったん?■えぇかいなこいつ、自分の足も人の足も分か
れへんねや……、いや、番頭はん堪忍したって、こいつこんなやっちゃ。こ
ないだもな、風呂行って「尻が痒いかい」言ぅて、隣りのオッサンのケツ、
ボリボリッと掻いてえらい怒られよったんやがな。コテンパンにやられよっ
たんや、これぐらいのことはあんねん、お前も早よ脱ぎんかいな。

●アホラシなってきた■こっちがアホらしぃがな●草鞋そっちやっといてん
か★まぁお客さんよぉ、この草鞋えろぉ泥が付いとりますが、今晩のうちに
洗ろて干しときますと、あしたの朝お立ちになるまでには乾きますでのぉ。

●おぉおぉ、おぅおぅおぅ、向こ先見て物言え。俺たちは二人江戸っ子だい
■どこが江戸っ子や、お前、バリバリの大阪の人間やがな●大阪の人間や、
なぁ、大阪の若いもんがいっぺん泥の付いた草鞋なんか二度と履くかい。そ
んなもん、ピャッピャッと放ってまえ。

★まぁ、えらい男らしぃこと……、あのぉ、お脚絆にもえろぉ泥が付いとり
ますが?●向こ先見て物言えっちゅうねん。大阪の若いもんがいっぺん泥の
付いた脚絆なんか二度と履くかい、そんなもんピャッピャッと……、それは
洗ろてなおしといてちょ〜だい。

■何を言ぅてんねん、しょ〜もないこと言ぅて恥かいてんねやがな●うぉ〜
いッ、部屋はどこやどこやぁ〜ッ?▲どぉぞこちらへ……、ただ今、お泊り
ありがとぉさんで、ぶぶをお一つ■あぁ、お茶か、こっちもらお▲それから、
ちょっとあのぉ〜、ご相談どすねやが……

■おぉ、なんや?▲お宿のほぉはあのぉ〜、どのよぉなことにさしていただ
だきましたらよろしゅございますやろ?■なるほど、宿賃の応対か、いや気
に入った。よぉ宿屋へ泊まるとな、こっちの身なり見て勝手に部屋決めよる
とこあるやろ、あいつおもろないなぁ。

■えぇ部屋へ泊められたら、あとで勘定の心配せんならんやろ、悪い部屋へ
泊められたらムカツクやろ。なぁ、宿賃の応対気に入った、どぉいぅことに
なったぁんねん?

▲上・中・並と、この三通りになっとりまして■ほぉ……、で、その上ちゅ
うのは何ぼや?▲上でございましたら、お一人さんが一晩一分でござりまし
て■一分かぁ……、気に入らんなぁ▲さいでございますか。中でございまし
たら、お一人さんが一晩二朱といぅよぉなことに■気に入らんで。

▲並でございましたら、こらもぉお一人さんが一晩、一朱となっとりまして。
もぉ大概どなたもこちらになさっとりますが■おいおい、おいおいおい、わ
しが最前からな「気に入らん、気に入らん」ちゅうてるのんはな、高こぉて
気に入らんと思てんのか、安すぅて気に入らんと思てんのか、どっちや?

▲へ?■安すぎるさかい気に入らんのじゃわい▲さいでおますか、それやっ
たらあの〜、お幾らぐらいやったらお気に入りますのんで?■そぉやなぁ、
一人一晩、十両てなとこないか?▲じゅ、十両! 十両てなこと申されまし
ても、手前どもではご馳走のいたしよぉがございませんので……

■一々言ぅことがムカツクなぁおい「ご馳走」てな言葉はなぁ、伊賀や大和
の薬売りに言ぅたってくれホンマに。わしら大阪の人間や、大阪は「食い倒
れ」ちゅうねん。うまいもんは大阪で食い飽きてるわい。たまに不味いもん
食ぅて痩せたいのが念願で、こないして旅して歩いてんねん。

■大阪へ来てみぃ、雑喉場(ざこば)へ。朝、活きのえぇ魚がズラ〜ッと並ら
んどぉるぞ。その取れ取れの鯛を手鉤でピャッと引っ掛けて、鱗バリバリッ
と起こして三枚に下ろして、ワサビのボッカケで飯食ぅてみぃお前、明くる
朝は糞がパラパラ踊って出て来よるでおい。

●うわッ、清やんおもろいなぁおい、わいも言ぅたんねん■お前に言えるか
い●わいも言ぅたんねん……、ホンマやぞこらッ、ホンマやぞこらッ、いか
んで、ホンマやで■しっかりいかんかいな、何を言ぅてんねん●ホンマやで
おい、あのねぇ、大阪はお前「行き倒れ」ちゅうねん。

■いやいや「食い倒れ」や●あそぉ「食い倒れ」じゃ、食ぅてまだ倒れんね
んぞホンマにもぉ。大阪でうまいもんが食い飽きてないさかい、たまには食
いたい■何を言ぅてんねん●大阪へ来てみぃ、ジャコ場へ■いやいや「雑喉
場」や●ジャコ場へ■雑喉場や●ジャコ場、言えた■いや、言えてへんがな。

●朝、お前、活きのえぇ魚がズラ〜ッとこぉ並んどるぞお前、たいがい死ん
でんねんけど■要らんこと言わいでえぇねや●な、その取れ取れの鱧(はも)
を手鉤でカッと引っ掛けて■いやいや、鱧やないねん、鯛や●えッ?■鯛や
●いや、鯛よりわい、鱧のほぉが好きやねん、鱧でやらして■好きなよぉに
しぃな。

●鱧を手鉤でカッと引っ掛けて、鱗バリバリッと起こして■鱧に鱗あるかい
な●あぁ■「あぁ」やあれへんがな●雑巾でゴシゴシッとこすって■何でや
ねん?●いや、ヌルヌルしてるさかい、ヌメリを取ってやりたい思て。で、
こぉブツ切りにして、ワサビのボッカケで飯食てみぃおまえ……、骨で骨で
食えるかぁ、考えて物言え■お前が考えんかいな。

▲え〜、さよぉなことを申されましても、手前どもではお持て成しのいたし
よぉがございませんので■宿賃のところは一文も負かりまへん▲え〜、そこ
を何とか……、話がアベコベやがな。

■ほな、こないしょ〜か。もぉちょっとだけ安しょ〜か▲そのほぉが結構で
■よぉ〜し、しかしわしも男や。一旦負けると決めたら二割引きの三割引き
の、そんなケチなことは言わん。ポ〜ンと安して、その「並」ちゅうやつで
いこか。

▲それやったらはじめからそれでよろしぃので■何かご不満でも?▲いえい
え、結構でございます。え〜、それから、ただ今ご飯が炊きたて、お風呂も
沸きたてになっとりますが、どちらを先にさしていただきましたら?

■そぉやなぁ……、おい、あない言ぅてんねん、どっち先にする?●そした
ら、わい最前からもぉ腹減ってペコペコやねん、飯先にするわ■そぉか……、
こない言ぅてるさかい、飯先にしてんか▲へッ、それではすぐにお膳を運ば
しますで。

●ん〜ん、けど清やんなにやなぁ、やっぱり風呂入ってからのほぉが気持ち
がえぇやろなぁ?■そらそぉやがな、汗やとかホコリやとか落としてからの
ほぉが、一杯呑んだかてうまいてなもんや。

●なぁ、わいやっぱり風呂先にするわ■そぉか……、ほなこない言ぅてるさ
かい、風呂先にしてんか▲へッ、それでわ、すぐにお風呂へ案内をいたしま
すで●けど、こんな腹減ってんのに風呂入ったら、なんや体が湯ぅにフワフ
ワフワッと浮いてしまうよぉな気がするなぁ。わいやっぱり、飯先にしょ〜
かなぁ。

■ほな、飯先にすんのんかいな?●風呂にしょ〜かなぁ■風呂にすんのんか
い?●飯にしょ〜か?■飯か?●風呂■風呂か?●飯■どっちやねんおい?
●わい、やっぱり風呂先にするわ▲すぐにお風呂場へご案内をいたします。

●ほんでわい、風呂へ入るさかいな、そこへお膳持って来て。それ湯に浮か
しもって呑み食いするわ▲そんなことがでけますかいな●あッ、でけへんの
ん? 大津では?▲いやいや「大津では」て、大津やなかってもどこでも、
それでけしまへん。

●あッそぉ……、ほなやっぱり飯先にするわ▲すぐにお膳を運ばします●で、
わいここで飯食ぅさかいな、お前そこへ風呂桶持って来て。で、後ろからザ
ブ〜ザブ〜ッとこぉ湯ぅかけて背中流してくれる?▲そんなことがでけます
かいな●何にもできん、不自由(ふじゅ〜)な宿や。


【さげ】
▲うだうだおっしゃれ……

 おなじみ「宿屋町」でございます。


【プロパティ】
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 盛塩(もりしお)=旅館、料理屋、飲み屋など客商売の店で、入り口の両側
   に塩を盛って大入りの縁起をかつぐ。由来:古代中国の始皇帝は三千
   人もの妾を囲っていた。ある妾が自分の邸の前で立ち止まらせる方法
   はないかと考え、牛車の牛が大好きな塩を見つけて立ち止まるよう、
   門の前に塩を盛ったのが始まり、という。
 女衆(おなごし)=下女・はしため。雇われた順あるいは年齢順に、松竹梅
   からとってお松どん、お竹どん、お梅どんと呼んだ。長じるとお松っ
   つぁん、お竹はん、お梅はんとなる。決して呼び捨てにはしなかった。
 ガングロ=日焼けサロンなどで黒く焼いた顔、若しくは黒系のファンデー
   ションの上に厚塗りの化粧を施したギャルファッションの一つ。「ガ
   ンガン黒い」の略称が語源とされている。また、顔黒から来ていると
   いう説もある。2000年代初期から中期まで流行した「ヤマンバ」の象
   徴的化粧法(wiki)。
 聖飢魔Uのデーモン小暮=和製へビメタロックグループ「聖飢魔U(せい
   きまつー)」の構成員。1982年12月末結成、1999年12月31日23時59分
   59秒解散。グループ内では「デーモン閣下」を名乗っていた。顔面白
   塗りに目の周りと鼻筋に赤い隈取りがトレードマーク。
 志村けんのバカ殿=コメディー集団「ザ・ドリフターズ」が演じたコント
   演目の一つ。志村けんが常軌を逸した殿さまの行動を面白おかしく演
   じた。白塗りに長い丁髷が特徴。
 マクドナルドのビッグマックハンバーガー=米国系外食産業「マクドナル
   ド」が販売するパテを2枚挟んだボリュームのあるハンバーガーの商
   品名。直径約11cm、高さ約10cm、重量約220g、カロリー約550kcal。
 ゾンビ=1978年に公開されたジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画作品
   『ゾンビ』(原題『Zombie / Dawn of the Dead』)に登場する化け
   物の名称。墓場に埋葬された死者が蘇えったというシチュエーション
   で、皮膚が半腐敗しているのが特徴。
 頤(おとがい)=あご。下あご。
 四方出ぇの縮みの髪=四王天但馬守政孝(?〜1582):丹波氷上郡柏原庄平
   井の領主。もとは政安、細川藤孝より一字もらって政孝と改名。一時
   福知山城代。亀山城主・内藤忠行に従っていたが、天正三年に明智光
   秀が丹波攻略を開始するとその傘下に。本能寺の変時には妙覚寺攻撃
   に参加、二条御所包囲戦で負傷した光忠に代わり指揮を執る。
 カンテキ=七輪。
 十能(じゅうのう)=炭火を載せて運んだりするのに使う柄のついた器また
   はスコップ。ひかき。
 十六文(足の大きさ)=1文は約2.4cm。16文=38.4cm。
 ジャイアント馬場もビックリ=プロレスラー「ジャイアント馬場」の足の
   寸法は33.5cmで、文に直すと「十四文」
 おいど=尻。居所(いどころ)すなわち座る所の意で、それがイドと約まっ
   たもの。
 テフロン加工=フッ素原子と炭素原子のみから成るフッ化炭素樹脂、ポリ
   テトラフルオロエチレンを膜状に表面加工した調理器具が代表的だが、
   耐熱・耐薬品性に優れることからタンクなどにも用いられる。
 最前(さいぜん)=ついさっき。今しがた。
 コテンパン=コテンコテン:徹底的にやっつけるさま。また、やっつけら
   れるさま。こてんぱん。
 バリバリ=比較的新しい擬音語(形容詞)だと思われるが、いつ頃から使
   用されるようになったか定かではない「バリバリ働く」「バリバリの
   新人」などの使用法がある。またギャル言葉「バリ〜」もこの派生語
   ではないかと推量される。
 脚絆(きゃはん)=旅や作業をするとき足を保護し動きやすくするためにス
   ネにまとう布。脛巾(はばき)。
 一分=四分の一両。1両4万円換算で1万円。
 二朱=八分の一両。5千円。
 一朱=十六分の一両。2千5百円。
 伊賀の薬売り=当時、薬の製造販売に許可は必要なかったため、薬草に精
   通している忍者の隠れ蓑として利用されたようである。伊賀同様、甲
   賀の薬売りも全国を売り歩いていた。
 大和の薬売り=大和と越中が我が国での二大置き薬産地。大和は古来、大
   陸とのつながりがあり薬草の研究や調薬・製薬技術が優れていた。
 雑喉場(ざこば)=大阪市西区江之子島1−8に「雑喉場魚市場跡」の碑が
   建っている。元和年間(1615〜24)上魚屋町(現在中央区)の生魚商人ら
   が、漁船の出入の便を考えて出張所を設けた所。1771(安永3)年、問
   屋株が免許されて、独占的地位が認められるようになり大いに繁栄、
   昭和6年11月大阪市中央卸売市場に吸収合併された。
 パラパラ=1980年代後半からディスコやクラブといった場所で踊られてい
   る日本発祥のダンスの一種。上半身特に手だけを音曲に合わせてリズ
   ミカルに振り動かす。
 宿屋町=「こぶ弁慶」の前半の前半が独立したもの。ということで「東の
   旅シリーズ」のひとつです。
 音源:月亭八天 00/08/27 特選落語(MBS)

 「東の旅」シリーズ
  東の旅発端七 度 狐鯉津栄之助うんつく酒 → 
  常太夫義太夫軽  業軽業講釈三人旅浮之尼買 → 
  軽 石 屁矢 橋 船宿 屋 町こぶ弁慶三 十 石


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=月亭八天 sub=*  ●main高座記録日:2000/08/27  ●音  源  名:特選落語(MBS)  ●ファイル公開日:2001/01/21  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2010/03/21  ●リクエスト数:rakug247  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次