【上方落語メモ第5集】その248

打 飼 盗 人


【主な登場人物】
 盗人  長屋の住人

【事の成り行き】
 「泥棒」という言葉で最初に浮かぶイメージ、わたしの場合黒装束(なぜ
か和装)黒いほっかぶりに唐草風呂敷を担ぎ、草鞋履きで口の周りが真っ黒
な、初期サザエさん御用達の泥棒姿ということになります。

 人相はというと堺俊二(マチャアキの父)、てんぷくトリオの南伸介、レオ
ナルド熊が思い出されるのですが、歳がバレバレですね。ルパン三世が浮か
んだという人なども、もう古い人種の仲間に入るでしょう。

 今現在、泥棒のはまり役は誰になるのでしょうか?(2001/01/21)

             * * * * *

 え〜、お時間の都合に合わしまして皆さんのお笑いを求めますでございま
す。

 お噺はご存知の通り、たいてぇまぁアホが出ますか、あるいはご婦人のお
噂か、さもなくばこのイタチの……、いやイタチやない子たちの噺をするか、
たいがい決まってございますが。

 泥棒もダンダン、ダンダンございまして、一概に人のもの取ったからあれ
は盗人や、これは泥棒とひと口には言えません。物、盗り方によって名前が
変わる、泥棒の名前がね。

 チボ、万引き、巾着切り(きんちゃっきり)からボッタクリ、絞り上げから
盗賊、モングリ、焼き抜き、踊り込みから追い剥ぎ、いろいろ変わった名前
がございます。

 なんでこない名前が違うかといぅと、みんなすることが違う。名前と仕事
が変わります。スリといぅやつは皆さま方すれ違う拍子に、利を盗りますか
ら注意しなはれ。すれ違う拍子に利を盗るからこれをスリ。

 巾着切り、よく金の入ったやつをば鋏でチョキッと切って盗るから、これ
金チョキチョキ切り、金チョキチョキ切り言ぃまんねやあれ。終いに舌噛む
かも分からん、こんなん。

 チボといぅやつは外携(がいけぇ)のもんいきまんねやからな、殿方なれば
万年ペン、こじ開けの時計、煙草入れ。ご婦人なればよくこのお頭(つむ)の
もの盗ったりしますがな。

 「頭のもの盗られるよぉなことない」とおっしゃいますが、なかなかご婦
人のお頭は進んどりますやろけど、まだ泥棒の方がもぉ一歩進んどります。

 絞り上げっちゅうやつ、井戸端に浸けたぁるやつをば、絞って上げて持っ
て去(い)ぬので絞り上げ。モングリ、敷居の下をば穴を開けて手を突っ込ん
で錠前外す。焼き抜きといぅやつは線香束にして、錠前の界隈を焼いて穴が
開きますと、それから指を突っ込んで外す。

 盗賊、入ったら根性は座りますが、入るまでは恐い。戸ぉの外にいてるあ
いだ、気がゾクゾクゾクゾク、それで戸ぉゾク。

 たいがい、することと名前と合いますが、合わんのがこの踊り込みといぅ
やつですなぁ。昔からみな「踊り込みが入った、踊り込みや」言ぃなはるが、
三面記事、いまだに載ったことおまへん「踊り込み」ちゅな。

 いかに自由の今日(こんにち)やさかいちゅうて、泥棒が踊って入ったりし
たらオモロイやろと思う。真夜中に大きな声出して、赤いジンベ着よって、
長い刀抜いて「♪えらいやっちゃ、ちょいとちょいと、うんとさとこらこら、
ちょいちょいちょっとさっと……」

 こんなこと言ぅて入って来てみなはれ、なぁ〜んぼよぉ寝てても目が覚め
ますわい。目が覚めたら何とか言ぅたらな、踊ってるやつが頼んない「♪あ
んたはなんじゃ?」「♪わたいはドロボじゃ、あッ金くれ金くれ」

 ケッタイな泥棒やなぁ「♪あいにく今晩、銀行へ持って行って、ちょっと
もおまへん」「♪そいつはしょがない、また来るさよなら、あッお休みちょ
いとちょいと」なんしに来よってんな、あれ?

 恐いこともなぁ〜んにもあらしまへん。こら嘘です、長いのをズボ〜ッと
抜きよって、先を脅して入りますので「脅し込み」といぅのがホンマかもし
れません。それを誰が間違いなはったか「踊り込みや、踊りこみや」なんて。

 泥棒の働きます頃は、改めて我々が申すまではございません、お芝居、講
談、浪曲なんかで申しあげましても同じことですなぁ。世間が寝静まって、
藁灰の上へ水を打ったごとくシシラ、シ〜ンと、屋根の棟は三寸も下がろぉ
か、流れる水はチチチッとは止まろぉか、どこの風呂屋か知らんけど流しの
湯ぅを勢いよぉタタタタタッ、寺の鐘が陰に響ぃてゴ〜ン……

 こぉいぅ時期をば、世間では「丑満つ頃や」と申されます。丑満つ頃いぅ
頃は、昭和生まれのわたしにはどぉ考えましてもこれは……、何で笑いなは
る? そんなとこで笑たらいかんがな。笑ろてるそっちはオモロイけど、本
人気ぃ悪するがな。

 昭和生まれいきまへんか? わてら老けて見えるさかい損でんねんこれ、
まぁまぁ、昭和がいかなんだら大正でも、明治でも、そらもぉそっちの勝手
に任しときまっけど。

 何しろその時分に泥棒といぅのは働きますんですから、嫌な商売ですなぁ。
まぁ世間が寝静まったんを幸いに、厳重なる戸締りがしたぁったかて、ここ
の家(うち)仕事しょ〜といぅ目子(めっこ)を付けたら、遠慮なしにその戸を
コジよる。

 お天気が続きました加減か、戸がハッシャイでよる加減か、表の戸をコジ
ておる音がえらい激しぃ。

 ベリバリ、ボリバリ……。バリボリ、バリバリ……。ベリバリボリ、ボリ
バリベリ、バリボリバリ……

 んなえらい音はしまへんやろけど、嫌なもんですなぁ、戸締りの音ちゅう
ものわ。よく寝とりましても、こぉいぅ音がしますと目が覚めます。夜中に
何か事あって、フッと目ぇ覚ましたときは、こらもぉあんさん方ばかしでな
く、こんさん方のほぉでも、たいがいすることは一緒ですなぁ。

 ビックリして目ぇ覚ましたときは、鳩が豆鉄砲食ぅたてなあんな顔でっしゃ
ろ「アムニャム、ニャムニャムニャム」とかいぅ味の分からんもん、よぉさ
ん食べてね。ほんで、どこかしこなしにこぉ痒いなってきて、へで、己の鼻
をばせんど擦っといて、身震いして、へで、最後にションベンがしとなるわ
なぁ。

 いや「アハハ」やないホンマでっせ「わしらそんなことせん」といぅ方が
あれば、いっぺんサンプルご覧に入れますけど、ここの家らのやつもちょ〜
どこの音で目ぇ覚ましよったから、おんなしよぉな格好(かっこ)してよる。

●ふぉ、ふぉぉ〜〜〜ぁあぁあぁあ〜〜〜〜、あむにゃむにゃむにょむにゃ、
ブルッ、あぁションベンした……、かなんなぁ、俺とこはネズミが多いさか
いバリバリバリバリともぉ寝かしよらんなぁ……、シャイシャイシャイッ、
シャイ、こらッ!

■バリボリバリ……、ベリバリボリバリバリ●どしぶとぉしてたらあかんぞ
ホンマに、シャイッ! シャイシャイシャイッ■ボリバリバリバリ……、ベ
リボリバリバリ●あれ? シャイッ!■ボリ●シャイ、シャイ■ボリ、ボリ
●おッ、掛け合いじゃなぁ? どしぶといなぁこのガキ……

●ん? 誰か戸ぉコジてはるがな……、どなた? 今時分、よその戸ぉをコ
ジてなさるのはどなたさんですのんでんねん? お入りでっか? 入いんな
はんねやったら、その戸ぉではあきまへんでそら。もぉ一枚西の戸ぉでっせ。
いえ、その戸ぉコジたかてあかんちゅうて……(ゴトッ)

●ほ、ほれみなはれ、戸ぉ外してしもた。誰や? 誰や? どなたや?■や
かましわいッ!●え? やかましぃですか? やかましぃのはそちらでしょ、
こちらもぉ大人しぃ寝とりますのに、今時分よその家(うち)入って来なはっ
たん、あんたどなたさんでんのんでんねん?

■ギャアギャ、ギャアギャ言ぅな。夜更けて無断で入って来る、俺ぁ盗人や
わい●あッさよか、盗人屋はんでっか。ハッハッハッ知らんさかい……、まぁ
お入り■おッ? 人、馬鹿にしてけつかるな……、われ何さらしてんのじゃ
い?●はぁ?■何さらしてるのんじゃ?

●「何さらしてんねん」てあんた、寝とりまんねや■明かりを点け、明かり
を●え?■「明かりを点け」っちゅうのじゃ●明かりをねぇ……、こちら、
もぉ寝とりまんねんさかい、暗い方がよろしんですがなぁ……、お要りよぉ
でしたらどぉぞご自由にお点けなしておくれやす。

■くそッ……、ホンマに人、馬鹿にしてけつかるなこのガキャ。スイッチは
どこや?●えッ?■「スイッチはどこや」っちゅうねん?●「スーちゃんど
こや」てでっか……、スーちゃんありません。わたしひとり寂しく寝とりま
す■何ぬかしてけつかるアホンダラ、電気のスイッチはどこやちゅうねん。

●あぁあぁ、電気のスイ〜ちゃんハッハッハッ、こっちは職人でやすねん、
英語言われると、ややこしぃてかなん。電気のネジでっしゃろ、ネジ。電気
のネジでしたら、もぉちょっと前寄っとくなはれ前。あんたの真ぁ頭の上あ
たり、もぉ少し前……、もぉ少し前。

■ギャアギャアぬかすな。お前ら暗がりで寝んならんほどの家庭やなかろぉ
が……、あったあった、ん? こら、電気の傘も球もなんにも無いぞ●へぇ
へぇ、もぉなんもありません。ヘヘヘッ、こないだちょっと会社と些細なこ
とで揉めましてね、へでもぉ、傘も球もみな持って去(い)んでね、ほでね、
あすこへちょっと紙張っときはたんです。もぉあっさりしてますねやがねぇ。

■よっぽど変わっとんなぁこのガキ……、ほと、われとこ、電気引ぃてけつ
かれへんのかい?●え?■電気、引ぃてけつかれへんのかい?●いえ、電気
は引ぃてけつかりますけどね、明かりを引ぃてけつかりませんねん。

■なぶりやがったら、ドヤスどおのれ。暗がりで暮らしてけつかるんかい?
●いやいや、人間暗がりはいけまへん、生身の体危ぶのまっせ。電気はつい
てまへんけど、ロ〜ソクを使用いたしております■不経済なことさらすな、
不経済なこと……、マッチ出せ、マッチを。

●えッ?■「マッチを出せ」っちゅうのじゃわい●「マッチを出せ、と言ぅ
のじゃわい?」そんな偉そぉに言ぃなはんなあんた。いかに物が豊富に出た
さかいいぅたかて、泥棒に貸すマッチ持って待ってるとこあれへんがな、要
りゃ貸したげますがな、要りゃ……、左寄ってごらん左、左ひだり、少ぉ〜
し左……、棚がおまっしゃろ、棚の上にマッチがおます。

●広告マッチがたくさん乗ってまっさかい……、あッ、兄さん言ぅときまっ
せ、ここの家(うち)妙なとこに柱おまっさかい、もっとうつむかんと頭、い
え、もっとうつむかんと頭……、あッ! それ言わんことないやろが「危な
いッ」ちゅうのと「ゴ〜ン」ちゅうんと一緒や。痛かったやろ? ハッハッ
ハッ、ど不器用(ぶっきょ〜)な盗人やなぁあんた。

■痛ぁ〜ッ、まともに打たしやがったな。おのれがギャアギャアぬかすさか
いじゃ、アンダラが。目ぇから火が出たわい●目ぁから火ぃが出ましたか?
ほなマッチ要らんわなぁ■なぶってけつかったら、どつき上げんどホンマに。
暗がりやさかい、人、なめてケツカンねやろ……、おのれちゅなガキだいぶ
変わって(シュッ)ケツカル(シュッ)俺も長年(シュッ)この商売してる
けど(シュッ)仕事に入って(シュッ)マッチ擦ったてなことは、は、じ、
め、て、や(シュッ)

●ハッハッハッ、えろぉ癇立ててなはんなぁもし。短気は損気ちぃまんねん、
そんな腹立てなはったらあきまへんわ、マッチはそんなことでは点かしまへ
んねん。軽ぅにスゥ〜ッと、擦ってごらん。軽ぅにスゥ〜ッと■「かるぅに
スゥ〜ット」あんだら(シュ〜ッ)ほら点いたわい、ロ〜ソクは? ロ〜ソ
クわい? そこ置いとけ、そこ。

■おのれ、暗がりやさかい人なめてけつかった。さぁ、明かりが点いたら、
おら目に物見せたるねんぞ。腰抜かしたりさらすなよ……、おいッ、二尺八
寸は俺ぁ伊達には差さんねぞ●うわぁ〜ッ、抜いたなぁ〜「二尺八寸伊達に
は差さねぇ」よぉ芝居でもそんなこと言ぃまんなぁ役者が、けど、あんたの
んそれ二尺八寸あるか?

●ハハハッ、そら無いわ、そら無いわ。役者はんのんはかなり長いけど、あ
んたのん短いなぁ。二尺八寸どころか、二尺なかろ。無いない無いない。偉
そなこと言ぅんやないが、こっちは職人です、目は差し金。何分何厘は分か
らんけど、およそは分かりますわ、およそは。じっとしててみなはれ、わた
しが手尺で計ってみよ……、なんでガタガタ震るぅねん? わりと気のあか
ん盗人やなぁあんた。

●怖がることいれへんがな。こっちは打ち解けてんねんや、ご互いに打ち解
けよや……、見てみぃ、何がこんなもん二尺八寸あるかい、二尺あれへんが
な。二尺も無いもんをば「二尺八寸ある」よぉそんな嘘つくなぁあんた、嘘
つきなはんなや、嘘つきは盗人……、なるほど、あんたやな、嘘つく人わ。

■そんなおかし気な言ぃよぉすな、アホらしぃてドスは抜いてられへんゲン
クソ悪い……、ホンマ変わってケツカンなぁ、年は若いけどなかなかド根性
据わってけつかる。いやいや、人間はそれやなけりゃどんならんけども(ス
パッ)人を馬鹿にすんねやないぞ。

●あんた、タバコ吸ぅてなはんなぁ、うわぁ〜辛いなぁ、わたしいたってタ
バコ吸いだんねん兄さん。きのうからもぉタバコどころか何にもおまへんね
ん。前でスパァ〜スパ吸われるとたまらんなぁ。もし、一服もらうっちゅう
わけにはいきまへんか?

■吸いたいときはご互いじゃ、そら、くらえ●「くらえ」と出すついでに、
ちょっと吸い付けタバコでおくなはれな■どこまで馬鹿にしやがんねやこの
ガキャ……、そら、くらえ●くらう……(スパッ)けどあんた、えらい人間
あっさりしてなはんなぁ、わたいが何言ぅたかてボヤキもせんと「くらえ」
てなぁ、人間はそれやないといかん。

●(スパァ〜ッ)えぇタバコ吸ぅてなはんなぁ。キセルは銀のノベですか、
安ないで。カマスはこら上等ですなぁ、金唐(きんから)ですな。カマスといぃ
キセルといぃ、中のタバコといぃ、えぇもんばっ〜かし持ってなはんなぁも
し。

●なぁ、やっぱり気の要らん銭で買うだけにねぇ■そんなおかしな物の言ぃ
方すな●ハッハッハッ、怒こんなはんな、えぇ商売や、あんた方の商売。遅
なって電車に乗り遅れたさかい、泊まる家が無いちゅなことないねやさかい
なぁ。どこの家入ったかて、無断で堂々と入れんねんさかい、えぇ商売があ
りゃあるもんやねぇ……、あんた税金どのぐらい払ろてなさる?

■何ぬかしてけつかる馬鹿、ゴジャゴジャ言ぅてんと早よ吸いさらせ……、
わしゃ四、五日前からわれとこ目っ子付けてきた、かなり道具があった。こ
の始末は何じゃ? 何も無い、カンカラカンやないか。

●いやおおきに、よぉ尋んねとくなはった。ハッハッハッ、見とくなはれ、
ヤモメのありがたさじゃ、嬶(かか)があんねやなし、むろん子どもがあんね
やなし、一人で働いて、働いただけが物買ぉて道具並べて喜んでたんだ。こ
の近所で評判男でしたがなぁ、友達はえぇ友達もたないきまへんなぁ。

●悪い友達に誘われまして、一晩行ったが最後、二晩、三晩、四日、五日。
つい重なるに従ごぉてからに、博打ちゅうやつはいきまへんなぁもし。戻る
気遣いとてなし、僅かのあいだに何もかもスックリだ、スッカラカン。残っ
たんわてのメリヤスのシャツとパッチと命だけです。もぉ、お迎え待つよか
しょ〜まへん。

■えぇ〜ッ! ほたら、勝負事さらしんたんかい?●へぇ■「へぇ」やない
ぞ、博打するよぉなやつは人間のカスやぞ●盗人するより、ましでっしゃろ
なぁ■何言ぅてけつかんねん、アンダラ「お迎え待ちます」てな歳やないや
ないかわれ、手に職はないのかい?●おまんねん。大工でんねん■大工、大
工ちゅうたら職頭やぞ。そんなえぇ職があんのに、なんで働かんねん?

●さぁ、働きたい、働きたいのですへぇ。そら、働きたいのはやまやまでや
んねやがなぁ、話せな分かりまへんが、何もかもいてしもてなもし、道具箱
まで質にいてしもた。僅かなこってんねやがなぁ、金ならもし千両ほどあっ
たら道具箱質受けして、明日から働いて、もいっぺん真人間なってみたいと
思いましてな。

●朝からも友達、親類さして、その千円の金を無心に回りましたが、したこ
とが悪かったなぁ「博打するよぉなやつは相手にならん」と、誰ぁれも相談
に乗ってくれまへんねん。一日歩いてくたぶれ損、今(いんま)の先帰って来
てゴロッと横になりましたら、表の戸ぉがベリバリ、ボリバリバリや。誰や
いなぁと思たらあんたやがな。

●なぁ兄さん、よその家へ無断で入って来なさるあんた、そのあんたをつか
まえて、わたしがこぉして何ぁにもかもぶっちゃけて話をせんならんといぅ
のも、こらもし何かの縁ですなぁ。ものは相談ですがあんた、兄さん、千円
だけ心安ぅする気ぃないやろか?

■そんなおかし気な物の言ぃ方すな……、われ、割に物言ぅのん上手なガッ
キャなぁ。なるほど、われの今のひと言が気に入ったなぁ「千円の金があっ
たら道具箱質受けして、明日から一生懸命に働いて真人間になってみたい」
可愛いことぬかしたなぁこのガキ……

■なるほど、誰しも生まれたときからそんな博打うちでも盗人でもないわ、
欲が手っ伝う(てったう)なりゃこそ博打でもしょ〜かいぅ気になったんや。
俺らでも手に職があるのに、欲が手っ伝ぉ(てっとぉ)てこんなことやりかけ
たが……

■お前の今のひと言、俺ぁ胸突かれたなぁ「真人間になる」といぅ言葉が気
に入った。よし、俺もこの商売やめよ、今から足洗らお、明日から元の商売
して一生懸命働いて、今度お前と会うときは綺麗ぇな体で会うねんぞ。さぁ、
千円やそこらの金でお前が真人間になってくれたら結構、この千円の金恵む
さかい道具箱質受けして、明日から一生懸命に働くねんぞ。

●へッ? ほほ、ほたら、あんた、この金、わ、わてにおくなはる……、あ
りがとやす、ありがとぉぞんじやす、おおきに、ありがとぉぞんじやす。わ
しの言ぅたこと、あんたの気に入りやした……

●結構でやすなぁもし、初めて会ぉた人に千円の金無理いぅて「明日から働
いて真人間になれ」といぅ、その嬉しい励み言葉までありがとぉぞんじます。
あんたの言葉に働らかいでおれますかいな。

●明日から一生懸命働きまして、今度お目にかかりますときは立派な人間に
なってお目にかかります。おっきありがとぉぞんじやす。遠慮なしにいただ
きます、おおきに、ありがとぉぞんじやす……、へてな。

■なんじゃ? その「へてな」ちゅうのわ?●大阪の言葉で「それからな」
ちぃまんねやが、ご覧の通りメリヤスのシャツとパッチで往来したらお上が
やかましおまんねん。法被・腹掛け、手ぬぐいでギュ〜ッとくくっておんな
じ質屋へいってまんねやが、あした道具箱出しに行くついでに、それも出し
てきまひょか?

■このガキ、うまいこと物言ぅガッキャなぁ。なるほど、そらそんな格好で
仕事に行けんなぁ。もぉ五百円あったらえぇのんか? そらッ、もぉ五百円
やってこまそ●おおきに、ありがとぉはんでやす。すんまへんなぁ、おおき
におおきに、ありがとぉ……、へてな。

■なんじゃい?●先の千円とあとの五百円、千五百円はこら元金(もとがね)
でやすねん。行たるとこが質屋でっさかいなぁ、利子なしでは出さんやろと
思いますが……■そんなおかし気な物の言ぃ方すな。われの言葉にこっちは
ウカウカ〜ッとかかってんねやさかい、はじめから言えはじめから、あぁな
らこぉ、こぉならこぉとホンマに……、そらッ、ほなもぉ二百円もやってこ
まそか●えらい、すんまへん、えらいありがとぉぞんじます、遠慮なしにい
ただきます……、へてな。

■おッ? な、何やねん?●きのうから何も食ぅてまへんねん、腹がペコペ
コでやんねん。明日、仕事に行くとなると、弁当が要りまんねやがなぁもし、
ヘッヘッヘッ、米の五合(ごんごぉ)も買ぉていったらどやしらんと思います
が■しまいに殴るでこのガキホンマに、俺とお前と所帯してるんやあれへん
馬鹿……、なるほど、腹が減っては戦がでけんといぅ世の喩えがあるわ、そ
らッ、もぉここに三百円置いといたるさかい、なんとか弁当こしらえて仕事
に行け。

●おおきにありがとぉすんまへん、重ね重ね、ありがとぉぞんじやす。すん
まへんなぁ……、へてなぁ■ま、まだか?●聞ぃとくなはれ、この家が家賃
が滞ってまんねや家賃が。僅かでやんねん、三つ滞ってまんねん。家主も路
地(ろぉじ)の入り口だんねん。こないだかて出てきてゴジャゴジャ言ぃます
のでな「実はこぉこぉこぉいぅわけで、えらいことしました」と、事訳て言ぅ
たら、よぉ分かった男で「お前かて若いねんし、手に職もあんねんさかい、
したことはしゃ〜ないとせぇ、あとは一生懸命働いてわずかかずつでも入れ
よ」と、機嫌よぉ帰ってくれてまんねやがな。

●あんさんに道具箱から弁当、衣装までこしらえてもろて、明日、仕事に行
く、表通ったときに「それだけのもんできんねやったら、なんで一つの家賃
でも入れてくれへんねな?」と、弁当一つ取られてもいけまへんやろな、仏
作って眼入れんの喩えや、家賃一つだけ、何とかなりまへんかしらん?

■難儀やなぁこのガキャホンマに、ゴジャゴジャ、ゴジャゴジャ、ゴジャゴ
ジャと……、ホンマにもぉ、そらッ、なんぼの家賃か知らんけど、これでな
んとか話つけとけ●おおきにおおきに、えらいすんまへん。あんたやっぱり
気ぃよぉおくんなはんなぁ、人のもんただ盗るだけに■要らんことしゃべる
なっちゅうねん●ハッハッハッ……、へてな。

■まだかいなおい、えぇ加減にしとけ馬鹿め「へてな、へてな」言ぅて、こ
れもぉあれへんやないか、財布カンカラカンやがなこれ●あッ、もぉ終いで
やっか? 割りに今夜少なおましたなぁ? 今度いつ来とくなはる?■もぉ
来ぇへんわいッアホ。しっかり働けよ●へッ。

 泥棒は表へ飛び出しまして、ものの半町も歩きました時分に、この男、何
思いよったか大きな声出して、

●お〜い、盗人屋はん、盗人屋はぁ〜ん! 泥棒屋はん、泥棒屋はぁ〜ん!
お〜い、盗人屋はぁ〜ん! 泥棒ぉ〜ッ!

■こら、おのれっちゅうやつは、こらッ!●い、痛い。痛いがな■おのれ、
こら、こいつわ、こらッ!●い、痛い、なんぼどつきなはんねん、放しなは
れ……、えらい力やなぁあんた、あ痛たぁ、何でそないポンポン、ポンポン
なぐんなはんねん?

■やかましぃ、悪いやっちゃなぁおのれわ。初めて会ぉた俺に「へてなぁ、
へてなぁ、へてなぁ」ぬかして、持ってる金をばスッカラカンと取っときや
がって、大きな声で「盗人、泥棒」と声を立てて、俺をばその道へさして突
き出そっちゅう、われ考えか?

●何を言ぃなはんねん兄さん、わてそんな悪い男やおまへんがなもし、いぃ
え、違いま違いま。わてあんたに用事がおまんねやがな。用事がおまんねん
けど、あんた呼ぼと思たら、名前聞くのん忘れましてん。名前知りまへんが
な。名前知らなんだら商売呼ばなしょがおまへんがな。八百屋はんなら「八
百屋はん」鍛冶屋はんなら「鍛冶屋はん」炭屋はんなら「炭屋はん」酒屋は
んなら「酒屋はん」じゃ。

●あんた盗人やさかいに、盗人屋はん、盗人屋はん■じゃかましわい馬鹿め
が。どこまで人、馬鹿にさらすねん。大きな声で「盗人、泥棒」と呼びたて
て何ぞ用事があんのんかい?


【さげ】
●へぇ、空の財布が忘れておました。


【プロパティ】
 打飼(うちかい)=木綿製の腹巻袋。お金や貴重品を入れて身に付ける。
 ダンダン=いろいろと。種々。重ね重ね。島根地方の方言「だんだん」は
   「だんだんありがとう=いろいろありがとう」のありがとうが省かれ
   たもの。
 チボ=すり(掏摸)。語源は不詳。掏摸を音読みすればトウボ→トボ→チボ
   なんていうのはいかが? 掏はすくう、摸は手探るの意。
 モングリ=モグラのように土を掘り、手を潜り込ませて掛け金をはずすと
   ころから、モグラ→モグリ→モングリ?
 丑満つ(うしみつ)=十二支による時刻表示。子の刻は0〜2時、丑の刻は
   2〜4時、丑の刻が満る頃で3時半過ぎ。丑三つと書いて丑の刻を四
   等分した三番目の頃という説もある。
 メッコ=目の子:目で見て積算すること。目分量。目測。
 ハッシャグ=ハシヤグ:よく乾燥してからからになる。調子に乗ってたわ
   むれさわぐ「はしゃぐ」
 よぉさん=よぉけ+ぎょ〜さん:たくさん。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 ヨォケ=余計:あまり。余分。転じて、たくさん。
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 スーちゃん=好ぅちゃん:恋人、女房。
 ぬかす=言う・ほざく。
 アホンダラ=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 ドヤス=打つ。なぐる。どつく。ぶんなぐるぞというところを、大阪では
   「どやしたろか」という。また、「えらい親父にどやされた」という
   場合には、なぐられたのではなくて、どなられたという意になる。
 ゲンクソワルイ(験糞悪い)=ゲンがわるいことを忌みきらって、さらに
   その意を強めた卑語。
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 かます(叺)=わらムシロを二つ折りにして作った四角い袋。また、形状
   が似ていることからタバコ入れ。
 金唐(きんから)=金唐革:装飾革の一種。型を使って文様を革の表面に浮
   き上がらせ、金泥その他で彩色を施したもの。また、革に似せた紙製
   の模造品もある。 
 すっくり=すっかりの行訛。すっきり。そっくり。さっぱり。きれいに。
   残らず。全部。すべて。
 桂春団治(二代目)=1894(明治27)年〜1953(昭和28)年享年59才。本名、河
   合浅次郎。三代目春団治の実父。
 音源:1951(昭和26)年12月11日放送「春団治十三夜/第五夜」(ABC)
    2000年10月29日再放送「なみはや亭」(ABC)[Yさん調べ]


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=(二代)桂春団治 sub=*  ●main高座記録日:1951/11/**  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2001/01/21  ●江戸落語相当:夏どろ  ●更  新  日:2010/04/04  ●リクエスト数:rakug248  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次