【上方落語メモ第3集】その132

代 書 ・ 枝 雀


【主な登場人物】
 代書屋  客

【事の成り行き】
 今回、初めての趣向として、同じ噺をタイプの異なる演者に書き分けてみ
ました。といいましても、特別な工夫などしません。言葉の違いが個性の違
いとなって出ています。

 この代書屋は88年、枝雀師匠が脂ぎっている頃のものです(1998/10/15)。

             * * * * *

 え〜、しばらくのあいだお付き合いを願うのですが「儲かった日も代書屋
の同じ顔」て、面白い川柳があんのでございますねぇ。代書屋さん、まぁあ
の、簡単に申しますといぅと、ただいま行政書士とか司法書士とか、わたく
しまぁ詳しぃことあんまりよぉ分からんのでございますが、そぉいぅいわゆ
るこの法律上のでございますね、役所なんかに届け出ますいろんな書式がご
ざいますですね、そぉいぅものをば扱ってなさる、つまりお仕事やそぉでご
ざいますが。

 ひと昔前は、まぁ今と違いましてね、いわゆるこの字が読めんとか書けん
とかいぅよぉな人、結構ございましたんで、単にその書式といぅんやなしに
代わりに字を書くといぅよぉなお仕事も兼ねて備えてですね、やられておら
れましたよぉでございますんで、そいでまぁ割合この身近な存在っちゅうか
「代書屋さん、代書屋さん」と言ぅよぉなところが、あったんやそぉでござ
いますがね。

 みなたいてぇここへ皺寄せましてね、難しぃ顔して、難しぃ顔てどんな顔
や分かりませんが、まぁ俗に言ぅ難しぃ顔して座って居られましたそぉです。
そこへ飛び込んでまいりますのが、いわゆる我々同様といぅ、まぁいたって
朗らかな人間でございまして……

●こんちや■へッ●ちょっと、つかんことお尋ねしますけど■はぁ●お宅で
すかいなデェ〜ショ屋はんとおっしゃるのは、お宅でございますか?■何で
ございます?●デェ〜ショ屋はんちゅ〜の、お宅でございますかデェ〜ショ
屋はんわ?■「デェ〜ショ屋はん」はおかしぃが、代書屋はうちですけど。

●書いてもらえますでしょ〜か?■何ですか、何か書かしてもらいましょか、
何です?●リレキシィヨちゅうもんですけど書いてもらえますでしょ〜か?
リレキシィヨちゅうもんですけど■ちょっと言ぃ方がおかしぃですが、あん
た「リレキシィヨ」っちゅう人がありますかいな「履歴書」でしょ●あぁ履
歴書、あそぉそぉ、それ書いていただけますか?■はいはい、よかったら書
かしてもらいます。

●あぁよかったぁ〜、安心したなぁ〜、いやぁ〜■どぉしたんですか?●い
や、ここで書いてもらえなんだらどぉ〜しょ〜思いましてね。実はその履歴
シィヨちゅうもんが要るっちゅうことになったんです「是非とも持って来て
もらいたい」っちゅうことになったんですけど、さぁわたし、もぉなんです
今日(こんにち)になりますまで履歴シィヨちゅなもんがこの世にあるちゅな
こと、知らなんだもんですからね。

●「まぁ、家(うち)にあるかどぉか分からんけど、とりあえず取って来ます」
いぅて、うち帰りましたんですけど、嫁はんに「おい、うちに履歴シィヨちゅ
うもんあるのんかい?」いぅて「そぉいぅ、なにかい持ち合わせあるかい?
用意があるかい?」ていぅて言ぃましたら「ごめ〜ん」いぅてね「お父さん、
もぉうち暮らしが暮らしですよって、まだそこまで手が回らんのです」いぅ
てね「すいません」いぅて「わたしの所帯のやりくりがまずぅて」いぅて謝
りよったんですけど。

●「お前ばっかりが悪いわけやない、わいの稼ぎが悪いねんからしかたがな
いわい」いぅてね「どぉしましょ〜?」いぅてね、夫婦(めおと)のもんが悲
嘆に暮れてましたんです。ほたら嫁はんがね「それならとりあえず、向かい
の芳っさんとこ行て、とりあえずちょっとお借りしてきたらどぉですか?」
いぅんですよね。

●で、向こぉかてえろぉ所帯は変わらんのですけど、いぅてもお父っつぁん
居るもんですからね「ひょっとしたらそのお父っつぁんの時代のやつの、まぁ
古ぅいよぉなんでも、ひょっと残ってるやも分からん」ちゅうて「まぁとり
あえずそれお借りしてきて、また用が済んだらお返ししたらえぇがな」いぅ
てね、で、知恵出したもんですから芳とこへ行たんです、芳とこへ。芳次郎
ちゅうてわたしの友達ですけどね。おもしろぉ〜い、こんな顔してますけど
ね、気のえぇ男ですねん。

●「こぉこぉで、実は履歴シィヨちゅうもん、お前とこないかいな?」いぅ
たら「あの、ごめ〜ん」いぅてね「うちあれへん」いぅてね「せやろなぁ」
いぅてたら、お父っつぁん奥に寝てまんねん。寝てんでもよろしぃねんで、
まだ寝るほどの年と思えへんねんけどね、三年前のことですねぇ、何かの拍
子で腰のチョウツガイがガチャッ、と外れましたんです。それからなかなか
元へ戻らんのですね、痛みはないそぉですけど歩くたびにガッチャガッチャ、
ガッチャガッチャ音するんです。

●でまぁ「歩くよりは寝てる方がえぇんちゃうか」いぅて奥でお布団敷(ひ)ぃ
て寝てはるんですけどね、ほんでこれがイッチョカミで何でもいっちょ〜噛
むんです。ゴォソゴォソ出てきて「どしたの? どしたの?」いぅんです。
でね「実はこぉこぉや」いぅたら「あッ、それはうちの婆(ば)さんが達者な
時分に、お仏壇(ぶったん)の引き出しから出して、こぉ見てニタニタ笑ろて
いたもんがあるわ。ひょっとしたらあれかも分からんぞ」いぅてね「待ちや」
いぅてね、探してくれたんです。

●ゴトゴト、ゴトゴトと探してくれたら出てきたんです。その親父さんの若
い時分の写真が出てまいりまして「あぁ、婆さんが見て笑ろとったん、これ
かいな」いぅてね「なかなかえぇ男やなぁ」いぅてね「ごめ〜ん」いぅてね
「しゃ〜ないわい」いぅて帰りかけてたら、うちの前でベタッと徳さんいぅ
て、徳次郎ちゅう男ですねんけど、わたしら友達仲間ですやはり。

●「どしたんや? 浮かぬ顔して」いぃますのでね「実はこぉこぉで」いぅ
たら「アホやなぁこいつ、履歴書ちゅなもんを友達の家へ借りに行くやつが
あるかバカ」いぅてね「愚か者め、たわけ」いぅて叱られましてね「だいた
いは自分で書くねんけど、よぉ書かんねやったら代書屋はん行たら書いてく
れはるぞ」いぅて。

●実、徳さんいぅ男に教せてもろて、お宅へまいりましたよぉなことで、決
して悪気があってまいったわけやございませんので、一枚その履歴シィヨちゅ
うもん書いてもらえますやろか? お頼の申します、お頼の申します■はい
はい書かしてもらいます、書かしてもらいます。うちお越しになりました事
情は、ほぼ、分かりました……。面白そぉな人やねぇ。

■どっかへ就職でもしはるんですなぁ?●な、何でございますか?■いや、
どっかへ就職でもしはるんでしょ?●いや、それじゃないと思うのですねぇ。
あのうちの近所の町工場です、夜警がひとり要るっちゅうんで、わたしここ
んとこブラブラしてるもんですから行くのです……。そぉいぅものじゃない
と、今言われたよぉなものじゃないと思うんですけどねぇ。

■そぉいぅのを「就職」と言ぅんです……。面白そぉな人や、いえいえちょ
いちょいあなたのよぉな方ありましてね、最前も実は一枚書きまして用紙こ
こにありますので、結構です書かしてもらいます履歴書……。まず、本籍や
なぁ……、えぇ〜本籍、あなたのお生まれになったとこはどちらです?

●あのぉ、わたしが生まれましたとこをば白状するのですか?■いや別に白
状ちゅうことないですが、言ぅてもらえますか?●大阪の日本橋でごぜぇま
す■はいはい分かりました「ごぜぇます」はおかしぃけど……「大阪市浪速
区日本橋」●三丁目でごぜぇます■へぇへぇ「三丁目」●二十六番地でごぜぇ
ます■いや、いちいち「ごぜぇます」はよろしぃけど……「二十六番地」

●向かいが桜湯といぅ風呂屋でして、オジサンさんなかなかえぇ人でして、
いつも番台に座っているんです■「向かいが……」向かいまではどぉでもよ
ろしぃが……、現住所ですけど、今お住まいになってるとこはどちらです?
え? 生まれてから一度も替わらず。あっそぉ、一度も替わらず、そぉいぅ
人ちょいちょいあります……「右に同じ」と。え〜次は名前ですけどな、名
前を言ぅてもらいますかいなぁ。

●誰の名前ですか?■あのこれ、あぁ〜たの履歴書ですのでねぇ、人の名前
書いても仕方がないんで、あなたの名前です●わたしですか、ハハハッ■何
が「ハハハッ」ですか?●留っちゅうんです■え?●留っちゅうんです。人
によったら留公っちゅうやつもおりますけど、留いぅんです「留」オッ「飯
食いに行こか留?」オッ「おい、仕事やぞ留」オッ……、なんて、わたし留っ
ちゅうんですけど。よろしくお願いします「留」です。

■はいはい、留さんでしょ〜けどねぇ「留」といぅのは、まぁ違うでしょ〜
●留ですよ■いやいや「留」なんですけどね。つまり、留っちゅうのは通称
ですわなぁ「留さん」ちゅう人あんまりありませんのでな、恐らくこらちゃ
んとした名前やないと思いますよ●わたしの名前が「ちゃんとしてない」っ
ちゅうんですか?■いやいや、そやなしに、恐らくこら「留吉」とか「留三
郎」とか「留五郎」とか。

●良くご存知ですねぇ? 留五郎です■やっぱりなぁ留五郎さん。何留五郎
さんです?●えぇ〜ッ、そぉっすねぇ……、ま、そぉいぅことだと思います
■いやいや「そぉいぅことだと」やなしにね、何留五郎さんです?●留五郎
です■いやいや、留五郎さんなんですけどね、何留五郎さんですか?●まぁ
そぉいぅことですね■いやいや「まぁ」やなしにね、これ姓名を書くんです
な。留五郎は名なんです。で、姓を言ぅてもらいたいんですね。

●あぁ、失礼(ひつれぇ)しました。わたしの背ぇですか、五尺……■背丈や
なしにね、ありますやろ分かりませんか「前田」とか「松本」とか●良くご
存知ですねぇ? 松本です■えぇ? 適当に言ぅて当たるもんですねぇ。松
本留五郎さん、松本さん●はい、ハ、ハ、ハァ〜■何が「ハ、ハ、ハァ〜」

●わたしねぇ、自分がね「松本」であるとも「留五郎」であるとも長いこと
知らなんだんです。えらい恥になるよぉですけど、わたしの親父が死ぬ間際
にわたしを枕元呼びましてね「留ぇ」いぅてね「お前のホンマの名前は松本
留五郎や」いぅてね……、コトッ、て逝ったんです。それからわたし何ぞの
時には言わないかんなと、しばらく思っていたんですけど、忘れていたのを、
今、思い出しました■結構です。自分の姓名ぐらいスラスラッと言えるよぉ
にしといてもらわんとどもならん……

■「松本留五郎」さん。えぇ〜生年月日言ぅてもらえますか●いろいろ言ぅ
んですねぇ……■「生年月日」を言ぅてもらえますか?●うまいこと言える
かなぁ……、セェ〜ネンガッピ!■いやいや……、あなた何か間違ってます
よ。あのねぇ「生年月日」と言ぅのと違いますねん。生年月日を、言ぅても
らいますねん●セェ〜ネンガッピ、ヲッ!

■あのねぇ、どない言ぅたら分かりますかなぁ。あなたの生まれた時のこと
を言ぅてもらうんです●わたしの生まれた時のこと言ぅんですか? ウワァ
何も覚えてないなぁ……■たいてぇ、何も覚えてませんねんけどねぇ、いつ
幾日(いっか)生まれたてなこと、あんた誰かに聞ぃてませんか?

●あぁ、生まれた日のことですか? イチゲツノツイタチです■え?●イチ
ゲツノツイタチです■イチゲツノツイタチ? 一月の一日ですか●お母(か)
んが「おい、留ぇ」いぅて「お前はイチゲツノツイタチの生まれや。太閤さ
んとおんなじ日ぃや、出世するぞぉ」いぅて、まだ達者で居るんですけどね。

■ほぉほぉ「一月一日、太閤さんとおんなじ日ぃ、出世する……」親なりゃ
こそやなぁ……、何年のことです?●イチゲツノツイタチです■いやいや、
イチゲツノツイタチですけど、何年のイチゲツノツイタチですか?●まぁ、
そぉっすねぇ■いえいえ「まぁそぉ」やなしにね、困ったなぁ……、あなた
だいたい今、お幾つですか?●わたしの歳をお尋ねですか?■そぉそぉ、あ
なたのお歳は?●二十六です■へッ?●二十六です■違うでしょ……、どぉ
見ても四十(しじゅ〜)過ぎてますよ。四十(よんじゅ〜)は過ぎてる思います
よ。

●いや、これは間違いないんです。まぁ何度も言ぅよぉで、えらいしつこい
よぉですけど、親父が死ぬ間際にですよ、わたしを枕元に呼びまして苦しぃ
息のもとで「留ぇ」いぅて「お前ももぉ二十六や。いわゆるところの五十の
半ら男や。もぉここまで来たら大丈夫や……」コトッ。ほかに間違いはあっ
ても、二十六だけは間違いないんです■ですから、それは親父さんが亡くな
らはった時にでしょ。親父さんいつ亡くならはったんです?

●何です? 親父が死んだ時ですか? よぉ聞きなはった、たまたま今朝も
うちの嬶(かか)と話することですわ「おい、早いもんやねぇ、親父が死んで
もぉ二十年なるねぇ」■そぉでしょ……、あぁ〜たねぇもぉ今、四十六、四
十六ですよ。もぉちょっとしっかりしてもらわんと……。四十六なら何年ちゅ
うことはこっちで分かります。

■もぉ手数のかかる人や「……年、一月一日」自分の生年月日ぐらいスラス
ラッと言えるよぉにしといてもらわな困りまっせ。次は学歴ですけど、あッ
ちょっと待ちなはれ、学歴と言ぅてあんた「まぁ、そぉですね」言ぉと思て
ますやろ。はっきり言ぅときます、学歴とは学校のことですよ、学校はどぉ
なってます?

●学校ですか? うわぁ〜ッ、懐かしぃなぁ■いや「懐かしぃなぁ」やなし
に●ここんとこしばらく行きませんのでねぇ……■あぁ〜たもぉ四十六です
からね、ここんとこは行かんでしょ〜けど、昔行った学校で結構です●小学
校です■いやいや、たいてぇ小学校はまず行くですけどね、何といぅ小学校
や、どぉいぅよぉな小学校や? ちゅうことですね。

●うちの近所の小学校です。真ぁ裏です。カランカランカランと鳴ってから
でもダ〜ッ「ごめん」入れるよぉなんです。校門のところに忘れもしません
大きな桜の木がピャ〜ッ、ピャ〜ッ、ピャ〜ッ、春んなったらピャッピャッ
ピャッと満開です「これ、綺麗なぁ」いぅてると三日見ぬ間の桜かなちゅう
てピャ〜ッと散ります。花に群雲……、なんや言ぅでしょ、ピャ〜ッとすぐ
散るです。

●そぉすると女ごの子が針と糸と持って来て、これ花びら一枚ずつこぉ通し
まして丸ぁるいもんこしらえて、こんなとこへ着けて「留ちゃ〜ん、綺麗や
ろ。あんた、やれへんわ、アホぉ〜、あっち行けぇ〜……」そぉいぅよぉな
学校です■「本籍地内小学校卒……」あぁこれ、卒業しはったんでしょ〜ね?

●まッ、それがわたしのたった一つの自慢のタネですか、二年で卒業してい
るんです■「中途退学……」次は職歴やがねぇ、職歴と言ぅても分からんや
ろねぇ、あ〜たが若い時分からやってきた商売、お仕事、それを順々にこぉ
言ぅてもらいます●何でもかんでも言ぅんですねぇ。そんなことしたら、わ
たしのことがみな分かってしまいますよ■分かるよぉにこれ書くんです。一
番初めはいつです?

●嫁さんもろた年です■それはいつのことです?●親父が死んで一年経って
嫁さんもろたんです。もぉ一年早かったら親父に顔見てもらえた……■ハイ、
分かりました。もぉゴジャゴジャおっしゃるな。二十年前の一年あと……、
何月頃のことでした?●暑い時分じゃったと……■八月にしときます。

■場所はどこです?●玉造の駅前です、はっきり覚えています。三軒ずつ向
かい合わせ、六軒並んだ東側の真ん中の家です。え〜ッと、お隣りの家のお
名前は……■いや、そこまではよろしぃんです、もぉ名前はよろしぃ「玉造
の駅前において」と。何をやらはったんです?

●巴焼をやったんです。芳ちゅうて、最前も申しました男が巴焼の道具貸し
てくれまして、こんな鉄板にポコポコポコポコ穴のあいてる、あれですわ。
アンコ入れてこぉひっくり返すやつ、あれ貸してくれたんです。けど、さぁ
長い間使こてなかったんでしょ〜、物置放り込んどったんでしょ〜、えらい
錆びてまんねん、緑青吹いてるっちゅうやつ。

●「おい、ペーパー買ぉてこい」ちゅうてもらいたての嫁はんに紙ヤスリ買
いにやらして「お前もやれ」いぅて、二人でジョリジョリ、ウェ〜ッ、ジョ
リジョリ、ウェ〜ッ「なかなか落ちんなぁ」ジョリジョリ、ウェ〜ッ……

■要らんことはゴジャゴジャ言ぃなはんな。えぇ〜ッと「巴焼」ちゅうたか
て分からん人あるやろなぁ、あれは「太鼓焼」ちゅうんかなぁ「今川焼」と
いぅとこもあるけどなぁ。いや、そやね「太鼓焼」の方が……、何「巴焼」
巴焼の方が分かる人分かるやろけど、といぅて、分からん人もあるやろけど
「太鼓焼」そぉそぉ「回転焼」といぅところもあるなぁ、「太鼓饅頭」そぉ
そぉ「饅頭」饅頭商を営む、これでえぇな「饅頭商を営む……」これはいつ
までやったんです?

●それ、結局いっぺんもやらなんだんです■「やらなんだ」ちゅうことどぉ
いぅことです?●そぉして店まで借りましたんですけどね、暑い時分のこと
でしょ、火ぃ使いますでしょ、汗出るでしょ「汗ば〜っかり出て思うよぉに
売れんで、途中でやめるぐらいならタマからやめといた方がえぇなぁ」ちゅ
うたら「そやなぁ」ちゅうて、それいっぺんもやらなんだ分ですよ。もぉお
書きになりました?

■もぉちょっと、早よ言ぃなはれ……「一行抹消!」判持って来ましたか?
判貸しなはれ、え? 徳さんに言われて持って来た、徳さん偉い人や、そぉ
いぅお友達持ちなはれや……、ん? んん? 松本さん? いっぺん判掃除
しときなはれ……。あのねぇ、思ただけやなしに、ホンマにやったんはいつ
のことです?

●その年の暮れです■これは、ホンマにやったんですね?●これ、ホンマに
やったんです■あんた、念押しとかな危ないさかいに……、場所はどこです?
●夜店出しやりました■夜店出し、ちょいちょいあります。場所はよろしぃ、
これは場所が変わるんでしょ、一六とか、二七とかいぅて、分かります「露
店営業人として」と……。え〜、何を、どんなもん売らはったんです?

●減りぃ止め売ったんです。ちょっとオッサンに顔の利く人ありまして「元
がないねんやったら、売れてから元入れてくれたらえぇ」いぅて、うちのお
母んの弟ですねんけど、これがえぇ人で、減りぃ止め売ったです■ハイハイ、
ちょっと待ちなさい。何を売ったですか?●減り止め売ったです■はい、こ
の襟止める、襟止めですね?

●いえ、襟止めやなしに、減りぃぃ止めです■「減りぃぃ止め」?●減りぃぃ
止め■「減りぃぃ止め?」減りぃぃ止めて、どんなもんです?●ご存じないっ
すか、いっ時売ってましたでしょ、よくあの下駄の歯ぁに打つゴムですけど
ね、ちょいちょい売ってたでしょ、下駄ねぇ、裏に打つゴム■はぁはぁ、あ
りましたなぁ……、あれ減り止めっちゅうんですか?

■靴なんかの裏にゴム打ったりしますのと、つまり似たよぉな、ある種もん
ですわなぁ、物のない時分下駄一足でも大変ですからなぁ、あれで減るのを
止める為に打つので「減りぃぃ止め」理屈合ぉてますわ、なるほど「減りぃぃ
止め」読んだ人が分からんやろなぁ、これ読んだ人が分かるよぉにしとかな
いかんのでね……、減りぃぃ止め「下駄の裏面(りめん)に打ち付ける減り防
止のためのゴム製の」え? ブリキもありました? もぉややこしぃことは
ゴジャゴジャおっしゃるな。

■えぇ〜、ちょっとモッチャリしてるなぁ「履き物裏面に打ち付け、減り防
止のため、ただしブリキもあり」いや「履き物付属品を販売す」と、こぉし
ときまひょか。こらホンマにやったんですな?●こらホンマにやったんです。

●品物前へ並べてね、だいたいあんなもん黙って座ってるもんやそぉですけ
ど、わたし陽気な人間です黙ってまへんで「減り止めだっせ、減り止めだっ
せ、減り止め減り止め減り止めやぁ〜」って大きな声で陽気にやったんです
けど、あんたもヒョッと夜店出しすることがあったら夏にしなはれ。冬の夜
店出しは寒(さぶ)いんですよ。ことにその年は寒い年でねぇ、北風がピュ〜
ピュ〜ピュ〜ッ!

●大きな声で「減り止め減り止め減り止めやぁ〜」言ぅてるのに、人ひとり
も通りまへんねん。いかな大人しぃわたしも「やめじゃ〜、やめじゃ〜、や
めじゃ〜」言ぅて、それは二時間でやめたんです。

■……、あんたねぇどない言ぅたら分かります? あのねぇ、思ただけやと
か一日半日、どぉでもえぇんです。だいたいそれでね、あぁ〜たが暮らしを
立てていた、あなたの本職は何です?

●本職ですか? それは「ポン」で〜す■何ですか?●ポンで〜〜す■プォ
ン?「ポン」てどんなもんです?●あんた、こんなお仕事してて割合もの知
らんのですねぇ。もぉちょっと勉強しなさいよ、子どもがそぉ、お米とお砂
糖と持って「オッチャン、ポンしてちょ〜だい」て来た「よっしゃ、よっしゃ
分かった」いぅて、こんな釜がありましてですね、義経さんがお芝居でかぶ
るよぉな黒ぉ〜いこの網みたいなもん付いてますんや。

●ほんで、こん中へお米入れて、ペチャっとフタして火ぃボォ〜ッと燃やし
て、グ〜ルグ〜ル、グ〜ルグ〜ルしてですよ、できた時分に「おぉ〜い、で
きたぞぉ〜、危ないぞぉ〜どけどけどけぇ〜、いくぞぉ〜」バァ〜〜ンッ!
わたしの本職は「ポン」で〜す「ポン」で〜す……■プォン? プォ〜ン?
●「ポン」で〜〜す。


【さげ】
 おなじみの「代書」といぅバカバカしぃお笑いで……


【プロパティ】
 どもならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 花に群雲=月に群雲、花に風。
 タマから=頭からの約。はじめから。最初から。
 ポン=ポン菓子:穀類膨張機(こくるいぼうちょうき)と呼ばれる専用の器
   具を用い、米などの穀類を加熱・加圧し、フタを開いて急激に減圧す
   ることで、穀類に含まれていた水蒸気を膨張させ膨らませる。煮溶か
   した砂糖などを絡め子どものおやつにした。
 音源:桂枝雀 1988/03/26 枝雀寄席(ABC)

 参考:「代書屋・春団治」「代 書・米 朝」「代書屋・福 笑」
    「代 書・枝 雀」日本語、ドイツ語対訳版
    「代 書・枝 雀」日本語、イタリア語対訳版


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂枝雀 sub=桂春団治  ●main高座記録日:1988/03/26  ●番  組  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:1998/10/15  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2008/08/06  ●リクエスト数:rakug132  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。 ●日本語、ドイツ語対訳「代書・枝雀」  ドイツ在住パーカッショニスト救仁郷(くにごう)道明氏、次男真織氏の手 により桂枝雀師匠の「代書」がドイツ語に翻訳されました。お忙しい時間を 割いての力作、掲載させていただけましたこと、お礼申し上げます。 ●日本語、イタリア語対訳「代書・枝雀」  桂枝雀師匠の「代書」がイタリアの『A Oriente!(東へ)』という書籍にイ タリア語訳と共に掲載されました。翻訳者のマッシモさんのご協力を得て 【世紀末亭】に公開することが出来ましたこと、お礼申し上げます。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次