【上方落語メモ第3集】その133

おごろもち盗人


【主な登場人物】
 盗人  主人  女房  通りがかりの男

【事の成り行き】
 「木乃伊」と書いてどう読むか分かります?「みいら」と読んでミイラの
こと。何でこんな字が出てくるかといいますと、今日の噺「木乃伊取りが木
乃伊になる」というさげになっています。

 「ミイラ」はポルトガル語 mirra「木乃伊」はオランダ語 mummie の漢訳
語だといいますからややこしい。風が吹くと「木乃伊」が「ミイラ」になる
わけです、何のこっちゃ。

 ミイラは英語で mummy といい、お母ちゃん mammy とよく似た発音で、英
国では同じ意味とされてます。つまりお母ちゃんはミイラなのですか? 訳
の分からん話はこのぐらいにしてさっさと進めましょう。

 「土竜」と書いてどう読むか分かります? ちょっとひつこい「もぐら」
と読んでオゴロモチのことです。今日の噺「おごろもち盗人」は何もモグラ
を盗むのではありません。昼間、商人(あきんど)のふりをして、目星を付け
た家に入り、かんぬき、掛け金の位置を覚えておき、夜になって地面を掘っ
て穴を開け、手を伸ばして外して押し入る。この手口から「おごろもち盗人」
と呼ぶそうです(1998/10/31)。

             * * * * *

 さて、ここにございました「おごろもち盗人」でございます。昼間のうち
に眼(がん)を着けときまして、夜んなってやってまいりましたが、家の中は
なかなか寝る様子はございません。帳合いか何かしとぉりますけれども、イ
ラチな泥棒でございます、ボチボチこの穴を掘り出しよったんです。

 夫婦でこの、中の方では帳合いをいたしとりますが、

■(パチ、パチパチ……、パチ、パチパチ)●ちょっと、あんた……、もぉ
遅いやないかいな、一時過ぎてまっせ。もぉ早いこと寝まひょ〜な■分かっ
てる分かってる、あのな、お前眠たかったら先寝たらえぇさかい。わしゃこ
の帳合いだけしたらすぐ寝るさかいな……。え〜ッと、どこやったかいなぁ?
ここやな(パチ、パチパチ……、パチ、パチパチ)う〜んおかしぃなぁ……、
何でこないなるんや?

●ちょっとぉ〜、遅いやないかいな、もぉ早いこと寝まひょ〜な■分かって
るっちゅうてんねん。お前横手からゴジャゴジャ言ぃないな、お前ゴジャゴ
ジャ言ぅたら、また一からやり直さないかんやないか、どんならん。お前寝
たらえぇがな、子どもやあろまいし、帳合いしてんねや、やかましぃ言わん
といてくれ、ややこしなるさかい。えぇ〜ッと、これがやで(パチ、パチパ
チ……、パチ、パチパチ)おかしいなぁ……、何でこないなんねんやろなぁ?
帳面とソロバン合ぉたんねん。銭がなんでこれだけ足らんねや、どないなっ
たぁんねや?

●ちょっとぉ〜、もぉそんなんほっといて、早いこと寝まひょ〜な■怒るで、
しまいに……「早よ寝まひょ、早よ寝まひょ」て、それしかよぉ言わんのか?
お前らだいたいな、人寝かすよぉな顔してへんねん、寝てる人がビックリし
て走り出しそぉな顔してんねん。あしたお前、節季・月末やねん、せやさか
いわしゃこないして一生懸命やってんねや。横からゴジャゴジャ、ゴジャゴ
ジャ言ぅさかい……

■何でこれ……、帳面と算盤合ぉたぁんねん、何で銭が足らんねや? おい
お咲、お咲、お前なぁこの銭函の中から銭持っていかなんだやろなぁ?●銭
函の中から銭……? うっかりしてたわぁ。わたい、そっからちょっと買い
もんしてんわ■「買いもん?」そら何をすんねんな、そんなことしたら足ら
んよぉなるはずや、家入れた金あったやろ? みな使こてしもたさかいに、
こっから出しましたて? 先言ぅときぃな、そんでお前何買ぉてん?

●あのぉ、蚊取り線香■「蚊取り線香?」お前、今何月や思てんねん。一月
やで、お前、一月に蚊取り線香買うやつがあるかいな●そぉかてな、死んだ
お母ぁちゃんがな「時期はずれのもん買ぉたら安ぅ買える」言ぅさかいな、
ほんで買ぉてんわ■「買ぉてんわ」て、お前、蚊取り線香ぐらいやったらこ
んな銭の減りよぉやあれへんがな、どれぐらい買ぉてん?●半年分■「半年
分?」アホかお前わ。そんなもん湿気(しけ)てしまうやないかい、ホンマに
もぉ。アホのド天井やなぁこいつわホンマに。

■どんならんなぁ、あした払わないかんねがな、銭足れへんがな……、相談
をせぇ相談を、ホンマにどんならんで、これどぉしょ〜かいなぁ? 足れへ
んがなホンマにもぉ。

▲やっと掘れたで。土が堅かったさかいなぁ手間取ってんけど、まだ寝る様
子あれへんなぁ……。まぁ、手ぇ突っ込んで、掛け金なと外しといたろか。
確か、この、こっから手ぇ突っ込んで、確かこのへんやってんけど、あれ、
どこや? これか?

▲しもた、昼間、寸法計りそこのぉたんかいな……、届けへんがな、も一つ
穴掘るてなそんな不細工なことでけへんでホンマにもぉ……、何とかして、
この指が届かんかいなぁ。

■お咲、もぉ寝てしまえよ、もぉゴジャゴジャ言ぅたらあかんで。わしなぁ、
何とかしてこの銭の段取りするわ。ほんだらやで、え〜ッ、これどぉしょ〜
かいなぁ? 前田はんとこちょっと待ってもらおか。それを森本はんとこへ
回してやで、あっそぉか、大東っさんとこがあかんがな、これやったら。

■困ったなぁ、あそこまた取り立てがうるさいさかいなぁ……。あ〜、困っ
たなぁ、もぉちょっとやねんけどもなぁ。

▲何でこれが届けへんねんホンマにもぉ、困ったなぁ、もぉちょっとやねん
けどもなぁ。

■おらなぁ、お前怨むでホンマにもぉ、夜中のこんな遅ぉまで帳合いせない
かんやなんて……、俺の自慢はな、今まで綺麗ぇに払いしたぁんねん、待っ
てもぉたことあれへんねん、今月だけ「えらい済んまへん、ちょっと待っと
くなはれ」そんなアホなこと言われへんやないか。ホンマにもぉ、けったく
その悪い。

▲何でこれが届けへんねんホンマにもぉ、今までこんなドジ踏んだことない
ねや、けったくその悪い。

■おい、お咲。お前えぇかげんにせぇよ●急に何を怒りだしてやねん?■せ
やないかい、俺がお前、ここで一生懸命帳合いしてんのに、横手から俺の真
似して「困ったなぁ、ちょっと足らん、けったくその悪い」て、お前、けっ
たくそ悪いのんはこっちやないかい。

●ちょっと待っとくなはれな、わたし何にも言ぅてぇしまへんがな■「言ぅ
てへん」て、お前寝言か何か言ぅたんと違うか?●わたい起きてまんねんで
あんた、起きてて寝言言ぅたりできるか?■「言ぅてない?」お前やったら
言ぃそぉな感じがすんねけどなぁ……、ほな、表から誰ぞ来てはんのと違う
か、表から……

■おい、嬶(かか)、嬶ッ! ちょ、ちょっと見てみぃ! ちょっと土間の隅
をちょっと見てみ●「土間の隅?」何を言ぅてなはんねん……、んまぁ嫌や
の、あんなとっから手ぇが生えたぁる■何であんなとっから手ぇが生えんね
ん。だいち、そんな種てなもんどこに売ってんねん。

●ほんだら、隣りの田中はんかしら?■何でやねん、何で夜中に田中はん、
あんなとっから手ぇ出さなあかんねん。泥棒やないかい、盗人やないかい、
ちょ〜どえぇ、お前なぁ、ちょっと細紐、扱(しごき)持って来い●どないし
てやねん?

■ちがうがな、あれ手ぇ出しとぉるやろ、せやからわし、そぉ〜ッと行てな、
ガッと掴むよってに、お前なぁシゴキで縛り上げんねん。ほんでな、上の閂
(かんぬき)に通しといたんねやないかい、括り付けといたんねん。

■あしたの朝、警察へ届けるわ、警察かてほっとくかいな、褒美の金ぐらい
くれよるやろ。その褒美の金でこの帳面の穴埋めしたら、それで済むねやさ
かい●もぉ〜、そんな恐いこと言わんと、あんなんほっといて早いこと寝ま
ひょ〜な。

■お前なぁ、どぉいぅ神経してんねん、このままで寝られるか? 持って来
い、ホンマにもぉ……、持って来たか、えぇか、しっかりと括らなあかんぞ。
このガキャほんまに何を思てうちぃ泥棒に入りやがってんホンマにもぉ。泥
棒やったら、うちから出たいぐらいのもんや。しっかり括らなあかんぞ、えぇ
か、いくで……

■さぁ捕まえた、早いこと括れッ!▲あ、あかん、捕まってもぉた、か、堪
忍しとくなはれ■早よ括れ、早よ。何をグズグズしてんねん、チョ〜チョ結
びにせんでもえぇがな……、グッと引っ張れグッと。

▲い、痛、いたたたッ! 引っ張ったらあかん、引っ張ったら! 痛、いた
たたッ! 堪忍しとくなはれ■よっしゃよっしゃ、これでえぇ。これでこい
つ、あしたの朝、警察へ突き出したらそれで済むねやさかい●もぉ、そんな
恐いこと言わんと、うちゃまだまだ何も盗られてへんねやさかい、逃がした
げよて。この人かてよっぽど困ったことがあって、こんなことしてはんのと
違うか?

▲あッ、お上さんだっか、実はそぉだんねん。わたいねぇ、うちぃ帰ったら
八十四になる病気のお母んが居てまんねや。薬買ぉて飲ましてやることでけ
しまへん。ほんの貧の盗みの出来心だ、えらい済んまへん、堪忍しとくなは
れ。

■お咲、しょ〜もないこと言ぅなお前。お前がしょ〜もないこと言ぅさかい、
こいつ付け込んでけつかんねや……。あけへんあけへん、なんぼ言ぅてもな、
あしたの朝、警察へ突き出したんねやさかい●もぉ、そんなこと言わんと、
いや、この人はそぉでないかも知らんけどな、この人にぎょ〜さん仲間か何
かがおってやで、ヒョッと仕返しに、この家油でもかけられて火ぃでも着け
られたらどないしてやねん?

▲そぉだ、そぉだっせ。わたいねぇ、こぉ見えても子分が六十五人も居てま
んねや■何をぬかしてけつかんねん。八十四になる病気のお母んが養えんで、
六十五人も子分が居てんのんかい?

▲ごもっともでおます……、そらそぉですわ、わたいねぇ子分は居てしまへ
んけどね、仲間がぎょ〜さん居てまっせ。わたいがあんた捕まったらどぉす
ることもでけしまへんけどね、うちの仲間、手荒いやつばっかりでっせ、剣
道何段、柔道何段、もぉ耳つぶれたよぉなやつばっかりでっせ。そいつらが
聞き付けてね、この家油かけて火ぃ着けよりまっせ■あぁ、なんぼでも着け
たらえぇやないかい、この家は借家やねんさかい。

▲あッ、さよか、えらい済んまへん。いや、わたしの仲間そんな人居てしま
へん、えぇ人ばっかりです。もぉ盗人仲間でも善人の集まり言われてまんね
ん。なぁ、ちょっと大将、堪忍しとくなはれな、なぁ、なぁ、なぁ……

▲なぁ、大将て、なぁ……、あきまへんか? あかんのんかい、えぇわい。
そのかわり覚えてけつかれ。俺が五年放り込まれよぉが十年くらい込もぉが
な、出てきた時はキッチリお礼参りさしてもろたんねやさかい■あぁ、いつ
でも出てこんかい。わしゃその時はここには居てへんねやさかい。

▲あぁ、さよか、えらい済んまへん……。堪忍しとくなはれ大将、わて頼ん
ない人間でんねん、わたい初めてこんなことしましてん、なぁ大将堪忍しと
くなはれ、なぁ大将、なぁなぁ、大将、男前、よいっしょっと■何をぬかし
てけつかんねん、嬶、もぉこんなアホ、いつまでも相手してても仕方のない
こっちゃ、あしたな警察へ突き出したら、それで話が済むさかい。ほな、ボ
チボチ寝てまおか。

▲ちょっと、寝たあかん、なぁ大将、なぁ……、寝てもたでおい、こんなん
嫌やであしたの朝まで。ベチャ〜ッと気色悪いなぁ、からだも冷えるし……、
何とかして紐切って逃げたいけど……、あかんわ、痺れてきたがなホンマに
どんならんなぁこれ。あ、犬が来よった、チャイ、あっち行け、シッ……、
わ、わ、うわぁ〜ッ、足あげて砂までかけて行きよんねん……、何とかして
切って逃げたいねんけど……

             * * * * *

◆よしま、こっち出て来い。われぐらい頼んないガキないなぁ★まっちゃん、
済まん◆「済まん」やあれへんがな、お前、行く時どない言ぅたんや「俺の
顔の利く店があるさかい一緒に行てくれ」て、行たら顔もなにも利けへんが
な、着くなり断られてけつかんねん。またあのオバハンもオバハンや、一緒
に行った俺まで恥かかされてんねやがなホンマにもぉ。せやけどな、あない
にボロクソに言われてるところをみると、お前、向こぉの家に何ぼか借金で
もあんのと違うか?

★まっちゃん済まん。実はな、三円ほど借金があんねがな◆みてみぃ、そん
なことするさかい恥かかされるんやがな、ほんまにもぉ腹の立つ。なぁ、自
棄酒(やけざけ)呑んでク〜ッと寝たいけど、懐に銭あれへんがな……、ほな
なぁ、お前、あした五円の銭用意して来い。

★まっちゃん、五円の銭なんかでけへんで◆いや、俺かてでけへん。今はな
いけどもやで、あしたちゃんと用意する。ほんでな、二人の銭合わしたら十
円になるやろな、その銭持って今日行た店の真ぁ向かいの店で、ウワァ〜ッ
とドンチャン騒ぎしたんねがな。そぉでもせな腹の虫が納まらんやないか。
ちゃんと用意しとけよ……

★ちょっと、ちょっとまっちゃん、まっちゃん……、行てまいやがった。そ
んなもん五円の銭なんかでけへんで、五円の銭があるぐらいやったら、三円
の借金払ろてんねやがな……、せやけど、あした作っていかなんだら、また
あいつ「友達仲間はぶく」ちゅなこと言ぃよんねやろなぁ……、あぁ〜あ、
どっかに銭落ちてへんかいなぁ、うつむいて歩いたろ、神頼み、天頼みちゅ
うやっちゃなぁ、どっかに銭落ちてへんかいなぁ……

★な、何やこれ? 犬か……? だ、誰や?▲えらい済んまへん。えらい済
んまへんなぁ★別に、謝ってもらうことおまへんけどもな、そんなとこであ
んた寝てはりまんのか? 酔ぉたはりまんのか?▲いや、別に酔ぉてるちゅ
うわけやあれへんねん、実はなぁ、おらぁ、盗人や。

★ぬ、盗人! わてお金なんか持ってしまへん▲アホぬかせ、われから銭盗
ろと思うかい。ちゃうねがな、ここの家にな、忍び込もと思て穴掘って手ぇ
突っ込んだところがな、見付かってもてな、利き腕を括られてもぉたんや。
で、何とかして紐切って逃げよと思うねけど、左の手ぇも自由が効けへんね
や。

▲済まんけどもな、俺の腹掛けの襷(たすき)の褌(みつ)にな小刀が入ったぁ
んねん、え? じかに入ったぁるわけやあれへん、ガマグチに入れてな、入
れたぁんねんけど、それちょっと済まんけど取ってくれへんか?

★あんた、手ぇ括られてはりまんのん? ほな、手ぇが家ん中にあって、か
らだだけ外におまんのん……。オモロおまんなぁ▲オモロイことあれへん、
オモロイことあれへんねん。済まんけど、ちょっと取ってくれへんか?★い
え、取らんことおまへんけどな……、ほで何でっか、そのガマグチの中には
小刀だけ入ってまんのん?

▲いや、そらまぁ財布のこっちゃさかいな、銭も入ったぁる、いや、ヨケや
あれへんねん、また銭がヨケあるときに一杯呑ますさかい、ちょっと取って
くれ頼むわ★「ヨケやない」て、なんぼぐらい入ってまんのん?▲せやなぁ、
え〜ッと、五十銭玉、五、六枚と一円札が二枚……、五円ほどあったと思う
ねんけれどもな。

★ご、五円も入ってまんのん……、取ったげま、取ったげま。けどね、左の
手ぇでおかしなことしなはんなや▲アホぬかせ、左の手が利くぐらいやった
らお前らに頼むかい。ちょっともぉ血が通わんよぉなってるねん、えらい済
まんけど、早いことしてくれ……。せや、ちょっと右、いや、もぉちょっと
左、あったか?

★ありました、ちょっと待ってとくなはれや、中見てみますさかい……、あっ
た! 五円▲五円はどぉでもえぇねん、五円はどぉでもえぇて……、な、何
やおかしな目つきしてるがな? 何を考えてるねん、何を考えてんねん?

★あんた、ホンマに手ぇ括られてはりまんねんな。ほな、そっから動(いの)
かれしまへんねんな。さよか、まぁ、あんたもね、今まで悪いことばぁ〜っ
かりしてきてんやさかいね、今までの因果やとあきらめてね、あしたの朝、
ここの家の人に警察へ突き出してもらいなはれ。ほな、さいならッ!


【さげ】
▲おいッ、こらぁ、ど、泥棒ぉ〜っ!


【プロパティ】
 おごろもち=古く平安時代に、土を持ち上げるの意から「壌(うくろ)もち」
   と呼ばれたのが語源のようである。ウクロモチ→オクロモチ→オゴロ
   モチ→モゴロモチ→モグラモチ→モグラか、あるいはモグラは「潜る」
   からの派生かもしれない。
 帳合い=金銭の勘定と帳面とを照合して、計算の正否を調べる。
 イラチ=いらつく人・せかせかする人。
 ボチボチ=そろそろ・徐々に・少しずつ・ゆっくり。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 ほっとく=うっちゃっておく。かまわないでおく。
 節季=盆・暮・月末などの掛売りの勘定期。暮のそれを特に大節季と呼ぶ。
   昔は盆・暮の二回に集金(掛け取り)する習慣があったが、中払いを加
   えて四回となり、今日のように月一回が標準となった。
 ド天井=相場師用語:相場が上がりきって、下る直前の状態。ドは罵る意
   を強める接頭語「奴」を当てる。ドアホ、ドスカタン、ドケチ。
 前田はん=前田達(とおる)。桂枝雀(二代目)の本名。
 森本はん=森本良造。桂南光(三代目)の本名。
 大東っさん=大東幸治。桂文我(四代目)の本名。
 けったくそ悪い=卦体糞悪い:不愉快な。いまいましい。癪にさわる。卦
   体は気持ち、気色などの意。糞は増幅、悪態。
 ドジ=まのぬけた失敗をすること。また、そのような人。失策。へま。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 田中はん=田中登。桂文福の本名(だけど、たぶん違う)。
 しごき=扱き帯:並幅の布をくけたりしないで、そのまま用いる帯。抱え
   帯。兵児(へこ)帯・三尺帯など。
 警察の沿革=警察制度は1871(明治4)年、警察権は司法省に一括され邏卒
   が設置されたことによりはじまる。1873(明治8)年、統括機関を内務
   省に移管、邏卒を廃して巡査と改称。戦後1948(昭和23)年、警察法が
   定められ権限は主に市町村に引き継がれ、1954(昭和29)年、警察法改
   正により都道府県が担当する現在の制度ができた。
 大阪府警察本部=現・大阪府警は、1954(昭和29)年大阪府が設置した警察
   組織であり、大阪府内を管轄区域とし、警察法上、大阪府公安委員会
   の管理を受けるが、給与支払権者は大阪府知事である。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 あけへん=あかへん・あかん:駄目。「埒明かぬ」あかぬの約転。ビンの
   フタが開かないの開かんとは意味が違う。
 何をぬかしてけつかんねん=ぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言う」
   ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。ネン
   は助詞「〜のだ」標準語では「何をおっしゃっているのでしょう」
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 われ=俺に対してわれ。漢字で書くと我であるが、大阪では「じぶん」と
   言って「あなた」のことを指す場合もある。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 ボロクソ=朝飯前・へっちゃら・屁の河童・お茶の子サイサイ。また、ク
   ソミソの意にも用いる。ボロカス。
 アホぬかせ=「ぬかす」は言うの下品な語。アホなことを言え、ではなく
   「アホなことを言うな」という意になる。「嘘つけ」なども同じ用法
   であろう。
 ちゃう=違う。
 腹掛け=胸から腹までをおおい、背中で細い共布をタスキがけに十文字に
   交わらせてとめて着用するもの。多く紺木綿(こんもめん)で作り、前
   面に幅いっぱいの「どんぶり」と呼ぶ物入れをつける。職人などが着
   用する。
 褌(みつ)=褌(ふんどし)の、腰に回した部分と股下に回した部分とが背面
   でT字状になるあたり。
 腹掛けの褌(みつ)=?
 ヨケ=よぉけ:よけい・余り・余分。転じて、たくさん。
 動(いの)く=動く。ウゴク→イゴク→イノクと転訛したもの。あるいは去
   (い)ぬ退く→去退くか?
 因果=今ある事物が以前の何らかの事物の結果であり、また将来の何らか
   の事物の原因であること/自分のなしたよい行為や悪い行為に応じて、
   それに相当するよい報いや悪い報いがあること/現在の不幸は、前世
   での悪業によっているということ。
 音源:桂む雀 1997/03/14 枝雀寄席(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂む雀 sub=*  ●main高座記録日:1997/03/14  ●番  組  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:1998/10/31  ●江戸落語相当:もぐら泥  ●更  新  日:2005/11/20  ●リクエスト数:rakug133  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次