【上方落語メモ第9集】その417

殿  集  め


【主な登場人物】
 群衆その一  群衆その二  群衆その三  憂国の壮士  娘ほか

【事の成り行き】
 男と女の駆け引きといえば、仁義礼智信をことごとく排した「情」と相場
が決まっています。頭で考えたキレイ事では済まされぬパワーを持った「優
秀な子孫を残そう」という生物学的本能の現われなのでしょう。

 ときに無意識に、ときにアカラサマに、押したり引いたり投げ飛ばしたり、
悲しんだり楽しんだり、古今東西老若男女、駆け引きは生きている証しに違
いありません。それが証拠に文学、絵画、映画、音楽、演劇、演芸、さまざ
まに取り上げられて種が尽きそうで、未だに尽きない、これからも尽きない。

 男と女の力関係はどうなのか? 地域や社会、時代によって定まっていな
いとはいえ、現在日本の状況を見ると、これはもう女性優位に違いありませ
ん。両者ともに優秀であるが相対的に女性が強い、というよりも、男性が極
端に劣っているように思えてなりませんね。

 しかし、それでいいのです。もし「殿集め」を「姫集め」と男女反転させ
たとして、これが落語的に面白いかそうでないかを考えてみれば、男の力の
ほど、役割が分かろうというもんです(2007/06/03)。

             * * * * *

 どぉも、よぉこそのお運びで、え〜、福笑といぅもんです。決して悪気が
あって出て来たわけやございませんので、どぉぞしばらくのあいだでござい
ます、おあと楽しみのうえ聞ぃていただきますよぉに。

 最近は見合い結婚がまたこの、増えつつあるんやそぉでしてね、流行って
るていぅわけやないやろけど、多なってるんですて、見合い結婚が。もっと
もまぁ、数のうえではね、もぉほら圧倒的まだまだ恋愛結婚のほぉが多いわ
けでして。

 惚れたもん同士が一緒になる、まことに結構なことなんですが、これがな
かなかうまいこといかんのですなぁ。付き合ぉてるときと、一緒になったと
きではまぁ、ご互いこのねぇ、気持ちの持ちよぉも違う思うんですが、それ
が分からんのですなぁ、ご互い「こんなはずやなかった」てなもんでね。

 だいたい皆ね、夢持ちすぎまんねん結婚に、現実はこんな甘いもんやおま
へんがな。それを皆さん方が一番よぉ知ったはりますわなぁ。いや、ホンマ
の話が、好いたあの人と一緒になってねぇ、小さい家(うち)建ててね、子ど
も二人育てて、一家水入らず……、甘いっちゅうんだ。

 ほんなもん世の中、そなうまいこといきまへんで。うち建てたかてあんた、
銀行ローンに追いまくられるわ、そら子ども言ぅこと聞かん学校さぼりよる、
そのうちあんた、なんかの弾みで舅・姑が転がり込んで来るわ、オッサン酒
呑んでうち帰って来ん、隣の嫁はんイケズやわ、スーパー遠いわ、水道出ん
わ、犬は吠えるわ、電話は鳴るわ、ロクなことおまへんで。

 ホンマの話、男でもそぉでっせ、男の人笑ろたはるけど、ホンマ「あんな
優しぃ娘(こ)ぉと一緒になったらさぞかしバラ色の人生」なんのなんの、甘
い甘いそんなん。

 そんなもん初めのうちだけやがな、ものの一、二年も経ってみなはれ、ま
ず朝起きよらん、絶対起きよらんわ、ホンマに朝起きんねぇ、それから一日
(いちんち)中ゴロ〜ッとテレビの前で横になりやがってね、ポテトチップばっ
かり食いやがってから、子どもほったらかしやがな。

 電話取ったら長電話さらすわ、同窓会やいぅたらすぐ行きたがるわ、そら
料理下手や、親の悪口言ぅ、便所長いわ、パンスト二枚履くわ、もぉ見栄張
る、嘘付く、屁ぇこく、地獄でっせこんなもん、ホンマ。これ、わたしとこ
やおまへんで言ぅとくけども、これ世間一般の話でっせ。

 ホンマの話、そらもぉ別れなしゃ〜ないわ、こないなったら。ねぇ、その
点、見合い結婚ちゅうのはね、ある程度のこの、妥協いぅことおまへんやろ
けども、それなりの心構えで一緒になるよってに、かえってうまいこといく
んか分かれしまへん。分からんもんです、これだけは。

 ところは京都でございまして、京都。ご大家のお嬢さん、歳の頃は十八。
歳が十八で、もぉ評判の別嬪(べっぴん)さん、美人でございます。このお嬢
さん、何を血迷ぉたんか、何を思いはったんか「清水の舞台から飛び降りる」
といぅ噂が立ちまして、まぁ只今のよぉに情報機関は発達しておりませんが、
口から口へいわゆるこのクチコミといぅやつですなぁ、アッといぅ間にこの
噂が京洛中に広まりまして、さてその当日ともなりますと、もぉ清水さんの
舞台の下は野次馬連中でいっぱいの人だかり。皆それぞれ好き勝手なことを
言ぅております。

●もし、もしあんた……、もし、ちょっとあんた、もし、あんた■え? わ
たいでっか?●あぁ、へぇ、ほな、あんたにしまひょか?■何だんねん、違
いまんのか、わたいと? どぉいぅこってんねん?

●いや、違いまんがな、ぎょ〜さんいてまっしゃろ、どなたはんでもよかっ
たんでっけどもね、あいにく名前が分からしまへん。ほで「あんた」ちゅう
て声かけて、返事しはった人にしょ〜思て■えぇ加減な人やなぁ、この人わ。
ほで、何だんねん?

●あの〜、ホンマだっか? ホンマだっか?■さぁ、何が?●「何が?」て
「この清水の舞台から娘はんが飛ばはる」ちゅうのん、あれホンマだっか?
■あぁそれねぇ、どぉやらホンマらしぃでっせ●さよかぁ〜、へぇ〜、で、
その娘はんちゅうのん、お幾つ?

■なんでもね、聞ぃたら十八やそぉで●十八? まだ若いねがな。別嬪さん
だっか?■さぁ、それも聞ぃたら何やえらい別嬪さんちゅう話だっせ●さよ
かぁ〜、十八の娘はんが、今日この清水の舞台から、パ〜ッと飛びはりまん
のん。うわぁ〜ッ、こら楽しみでんなぁ、さよかぁ〜、パ〜ッとねぇ。

●あのぉ〜、やっぱりなんでっしゃろ、女ごはんのこってっさかい、フンド
シはしたはらしまへんわなぁ?■何考えてなはんねんこの人、やらしぃ人や
なぁ●それ、間違いおまへんねやろ■何です?●いや、間違いはおまへんね
んなぁ?■そら、でや知りまへんで。

●「でや知らん」て、あんた今言ぃなはったがな「娘はんが、パッと飛ぶ」
ちゅうて、今はっきり言ぃましたで。そんなもんちゃんと責任持って飛ばし
てもらわんと。

■いやあの「飛ばす」て、これ竹トンボやおまへんねんで、そんなもんわた
いかて知りまへんがな。わたいかてね、今日そんな噂聞ぃたもんやさかい、
慌ててここ駆け付けて来たとこ。そら、ホンマに飛び降りはるやどぉや、わ
たいかて知りまへん。

●かなんなぁ〜ッ、そらいかんわ、そら殺生でっせ■何が殺生?●「何が」
て、そぉでんがな、わたい今日はね、飛ぶ思てわざわざ仕事休んで、これ見
に来てまんねんで。そんなもん、飛ばへんねやったら、わたい仕事行きまん
がな■ほな、仕事行きなはれ。

●まぁまぁ、そらそぉでっけどね、考えてみなはれ、今までせんど待ってて
でっせ「あぁ飛ばん、こらあかんわ」思て仕事行たとたんに飛ばれてみなは
れあんた、こんな悔しぃことおまへんがな■ほな、仕事休みなはれ。

●せやけど、飛ばなんだら腹立ちまんがな■ほな、仕事行きなはれ●何だん
ねんあんた、人事みたいに■いや、人事でんがなこれ、何言ぅてはんねんあ
んた、あんたのことでんがな●さぁ、そぉでっけどもね、いやその、何でん
ねや、わたいらねぇ、仕事休んだらきついんだ、どぉしても銭使こてしまい
ますわ。

●例えばやねぇ……、そぉでんなぁ……、あいだに酒三合呑んでるところで
も、仕事行かなんだらどぉしても宵の口から呑みますわ、ほんだら五合(ご
んごぉ)、六合となりまんがな。これ、仮に六合としときまひょか、せやけ
どこれ仕事行ってみなはれな「今日は稼ぎ薄かったさかい、三合のところ二
合に始末しょ〜か、節約しょ〜か」てなもんだ。

●ほなこれ、上下(うえした)四合違いまんねんで、でっしゃろ? この四合
誰が払いまんねん?■そんなこと、わたい知りまへんがな●いや、せやさか
いね「飛ぶなら飛ぶ、飛ばんなら飛ばん」ハッキリとして欲しぃんだ。

■あのねぇ、あんた最前(さいぜん)から「飛ぶ」やの「飛ばん」やの言ぅた
はりまっけどね、コウモリやおまへんで。これね、飛ぶんやなしに飛び降り
はりまんねん●あぁなるほど、へぇへぇ、ほなあらやっぱりムササビのほぉ
だっか?

■アホなこと言ぃなはんな●ともかく、ハッキリしてもらわなどんなりまへ
んで■「ハッキリしてもらわな」て、そんなことわたいかてよぉ請け合いま
へん●「請け合わん」て、あんた最前言ぃましたがな、責任逃れしなはんな、
どっちやおいッ?

■怒ったかて知りまへんがな。まぁまぁ、しかし何でっしゃろなぁ、こんだ
けぎょ〜さんの人が集まってまんねや、まんざら噂だけではおまへんねやろ、
ホンマに飛ばはんのと違いますか。

●あッさよか、ホンマに、分かりました。もぉ結構、もぉわたい今日仕事休
みま。もぉこぉなったら、どんなことがあったかて飛ぶまでここで待ってま
す。へッ、かましまへん、もぉまこと飛ばなんだら、またあんたに四合呑ま
してもらうだけ。

■ちょっと待ちなはれ、そんなもん知りまへんで●ほんであの、何で飛ばは
りまんのん? 何でね、その十八の娘はんが清水の舞台、こっから飛ばなあ
きまへのん?■さぁ、そこまではわたいかて知りまへん。

●またこれや、この人わ。この人、自分に都合の悪いことになったらいつで
も「知りまへん」や■いや、わたい別に都合悪いことはおまへんで。わたい
分からんから「分からん」●さぁ、そこが「あんた無責任や」っちぃまんね
や。よろしぃか、人間にはね、分からなんだら分からんで推量、想像ちゅう
もんがおまっしゃろな、考えなはれ。

■わし、何でこの人に返事したんかしらん、ホンマにもぉ災難やがな……、
さぁ、そぉだんなぁ、まぁわたいが想像するところでは親のためだっか●親
のため、どぉいぅこってす?

■つまり、お父っつぁんが病気でんねやなぁ●あぁなるほど、へぇへぇ、お
父っつぁんが病気ねぇ、やっぱり中風(ちゅ〜ぶ)とか痔ぃ患ろぉて?■あの
ねぇ、あんまりこの、父親(てておや)が中風とか痔ぃ患ろぉたちゅうて、娘
この清水の舞台から飛び降りまへんで、考えてもの言ぃなはれ。ここは清水
の観音さん、観音さんちゅうたら昔から眼病と相場が決まってまんなぁ。

●あッなるほど、へぇへぇ、観音さんで眼病、こら理屈でんなぁ。で、その
眼病ちゅうのはなんです、流行り眼でっか? それとも、のぼせ眼?■流行
り眼やのぼせ眼ぐらいであんた、命落としたりしますかいな、もっと治りに
くい病気。そぉだんなぁ、眼病でゴテな病気いぅたらまぁ、ソコヒだっか。

●何です?■ソコヒ●あぁ「ソコヒ」へぇへぇへぇ、ソコヒまで気が付かな
んだ■もぉ、そんなしょ〜もないこと言ぃなはんな……、なぁ、今日の日ま
でズ〜ッと清水の観音さん、お父っつぁんの眼病を治してもらうがためにお
参りしてなはった。今日が満願の日ぃ、そこでな、自ら清水の舞台から飛び
降りて命を断たはるわけだんなぁ。

●はぁ〜ッ、なるほどそぉいぅこったっか……、あんた詳しぃがな、何でも
知ってなはる■いや、そら推量でっせ、言ぅとくけども●いやいや、推量で
そこまで言えまへん。あんた根性悪(こんじょわる)や、今までわたいに隠し
てた■隠したりしまっかいな。

●けど、まだ分からんなぁ?■何が分からん?●「何が?」て、そぉだんが
な、たとえ親にしろだっせ、たとえ親にしろ、もぉ老い先短いはずだんがな、
それがため、何で若い娘はん、あたら命落とさなあきまへんねん?

■さぁそこだ、そこだ。まぁわたいが思いまんねけどもな、ここの家(うち)っ
ちゅうのはな、お父っつぁんと娘はん、それにまだ年端もいかん弟、この三
人暮らしだんなぁ。何でも、ご大家のお嬢さんちゅう話でっけど、そやおま
へんやろ。恐らくなぁ、丸太町あたりに住んでなはって、商売、お父っつぁ
んの仕事ちゅうのが大工の親方、職人さんだ●へぇ。

■で、まぁ、このお父っつぁんが性質(たち)の悪い眼病にかかってもぉた、
このままでは年端のいかん弟を立派な職人に育てることがでけん。どぉした
こっちゃ、困ったもんじゃ、そこで一計を案じ、家(うち)を潰さんがため、
お父っつぁんの目を治してもぉて、弟を立派な大工の職人、一人前の職人に
仕立て上げて家を継がすため、自ら命を捨てはるわけだんなぁ。

●はぁ、なるほど、そぉいぅことやったんでっか。しかしあんた、よぉそれ
だけ話こさえられまんなぁ?■いや、あんたが「考え」言ぅてんがな、よぉ
言ぃなはるはそんなこと、よぉ言わんわ。

◆もし、もし、もし二人とも、黙って聞ぃとったらよぉそれだけえぇ加減な
こと言ぃなはんなぁ、勝手なことを。無茶言ぃなはんなあんた、何が眼病、
眼病やおまへん●眼病やおまへんか?

◆眼病やおまへんで、さぁ病気は病気でっけど、これは眼病やおまへん。あ
ら「横根(よこね)」だ●何です?◆ヨコネだ●よ、ヨコネ? ヨコネちゅう
たら、もしかしたらアソコの病気のヨコネだっか? 下の病の? あれ、娘
はんが? あんなもん女ごはんでもかかりますか?

◆そらあんた、男でも女ごでも皆かかりまんがな●別嬪さんだっせ◆いや、
そら確かに別嬪かも知れまへんで、せやけどもな、この女ごはんちょっと男
癖が悪すぎまんなぁ、遊びすぎだ●遊びすぎ?

◆まぁまぁはじめのうちはな、町内の若旦那連中を相手にしてましたんやが、
あんまりにも尻が軽いもんやさかい、そのうち誰も相手にせんよぉなっても
た。さぁところが体のほぉが収まらん、職人、博打うちと渡り歩いて、行き
着くところが流れもんだ。

◆さぁところが、この流れもんの中に性質の悪いこの横根持ちがいてたなぁ。
これと交わしたんが運の尽き、日に日にあんた、この付け根が腫れあがって
きて、この頃ではもぉ歩くこともままならんよぉになってもた。

●ほぉ〜ッ、ちょっと待っとくなはれ、いえね、実いぅとね、わたいも恥ず
かしながら横根いっぺん患ろぉたことおまんねや。あんな痛いもんおまへん
であんた、膿がここんとこ溜まりましてなぁ、ホラえらい痛い。あんまり痛
いもんやさかい、お医者はん行って切ってもろたんでっけど、また切ったと
きの痛かったこと。

●しかし、おかしぃ思う、横根になったからちゅうて、何で娘さんこの清水
の舞台から飛ばなあきまへんねん? やっぱりこの「世間ハナカンデ」だっ
か?◆いや、世間鼻かんでどなしまんねん、儚んで●あぁそぉ、世間儚んで
だっか?

◆いや、せやおまへん、せやおまへんねん違いま。あんた知んなはれへんか
いなぁ、なるほど今あんた言ぃなはったよぉに、あの横根っちゅうのは自分
で切っても医者に切ってもぉても痛い。しかなぁ、あれ、高いところから飛
んだら、痛さ知らずに膿がみな外へ飛び散りまんねや。

●何です? あの横根っちゅうのは何ですか、あれ、高いところから飛んだ
ら、痛さ知らずにみなピャ〜ッとこの、膿が外へ飛び散りまんのん? 知り
まへなんだ、初めて聞きましたわ。えぇこと聞かしてもぉた、ほな何ですか、
今日はこの、娘はんの横根の切んのん見物できまんのんかこれ? あッさよ
か、こら楽しみ。仕事休んでよかったがな、こら珍しぃもん見してもらえる、
ほなパ〜ッと膿がこぉ飛び散りまんねやな?

◆そんなもん「飛び散る」てなもんやおまへんで、なんしなぁ「八里四方へ
飛び散る」ちぃまんなぁ●「八里四方へ」へぇ〜ッ◆なんしこの「走ってる
馬を越してまで飛び散る」ちぃまっせ●「走ってる馬を」でっか?◆へぇ、
よぉ言ぃまんがな「横根八里は馬でも越すが」ちゅうて。

●あんた今、何言ぃなはった?◆いえ、あの「横根八里は馬でも越すが」ちゅ
うてねぇ●もし、皆さん聞かはりましたか? ホンマに、アホらしなってき
た、一生懸命聞ぃてからに。ジンワリなぶられてんねがな、仁輪加だんがな
アホラシもない、しょ〜もない。

▲これこれこれ、静かにせぇ。静かにせぇ静かに。あ〜これ、ちょっともの
を尋ねるが、もぉ娘は既に舞台から飛び降りられたのかな?●いえ、まだで
おますけど▲おぉまだか、そぉか、いやぁ〜それはよかった。いやもぉ安心
じゃ、我輩が来たならば決して娘御の命、落とすよぉなことささんでなぁ。

●また、こんな人出て来はりましたなぁ、せやけどこの人、えらい恐い顔し
てまんで、顔じゅ〜髭だらけやがな……、あのすんまへん、ちょっとお尋ん
ねしますけども、あんさんあの、何しに来はったんで?

▲我輩か? もちろん、娘御の命を助くるためじゃ●ほなやっぱり、あの〜、
お父っつぁんの眼病治さはるんでっか?▲「眼病」? 馬鹿なことを言ぅな、
誰がそんなことを言ぅた?●この人です■指、差しなはんな。あんた「考え」
言ぅたんやがな。

▲そんな患いではない●ほたらやっぱり、あの「横根」のほぉで?▲たわけ
たことを言ぅな、そのよぉな患いでもない。患いはわずらいでも、あれは恋
患いじゃ●あぁ〜ッ、恋患い、あぁさよか〜ッ、へぇへぇ、こらよぉおます
わなぁ。磯の鮑の片思い、どこぞの若旦那に岡惚れたところが、この若旦那
小さい時分から言交わした相手がいてる。どぉせかなわぬ恋ならば、いっそ
当て付け半分、清水さんから飛び降りて……

▲これこれ、そのよぉな勝手な想像をするではない。いや、相手は商人、ア
キンドではない、相手は壮士じゃ●何でおます?▲「壮士」じゃ●あぁ、頭
に被る?▲そら「帽子」じゃ、何を言ぅとぉる。壮士、つまりこの、国家の
行く末を案じ、いかなる権威にも屈せず、我と我が身を国体のために捧げん
とする武士(もののふ)。まぁ早い話が、ウォッホン、我輩じゃ。

●あんさん? あんさんに、娘はんが? ハ〜、ハ〜、ハ〜、ハ〜ッ▲笑う
な、無礼者●ほな何ですか、あの娘はんとこのうちの商売ちゅうたら骨董屋
はんだっか?▲「骨董屋?」何ゆえじゃ?●いや、そぉかてねぇ、今どきこ
んな珍しぃ顔……

▲黙れッ、この虚者(うつけもの)。いや、間違いなく娘御は我輩に惚れてお
る●ほぉ〜ッ、そんなことが分かりますか?▲あぁ分かる、恐らくどこぞで
我輩の雄姿をかいま見たのじゃろぉ、がしかし、我輩はもぉますますこの腐
敗堕落する現政府を憂慮・赧顔(たんがん)し、今こそ真の御一新誕生のため
粉骨砕身、窮死する覚悟の身の上なのだ。

▲今日も娘御一人にかもぉてもおられんのじゃが、しかし、娘御一人とてご
天子さまから頂戴したる尊き命、それをばみすみす散りそめさしたのでは、
これすなわち、ご天への謀反とおもんぱかり、まぁ忙中、駕籠にてこぉして
馳せつけたわけじゃ。

●はぁ〜、なるほどねぇ〜、へぇへぇ。何や、えらい難しぃ大層な話でっけ
ど、えろぉ分からしまへんが、えらい大変なこったんねんなぁ。ほな何です
か、娘はんちゅうのは、あんさんに一目惚れだっか?▲ん、まぁ女ごといぅ
ものは昔からな「貞婦両夫にまみえず」といぅてな、一旦この思い込むと他
の男には目もくれんもんじゃ。

●え? 今、何言ぃはりました?▲「貞婦両夫にまみえず」じゃ●はぁ〜、
聞きなはった? 「天狗が豆腐とまぜこぜになった」て▲何を言ぅておる、
そぉではない、たとえ夫に先立たれても、他の男とは決してまみえん、それ
が真、まことの女ごの道じゃ。

●あッさよかぁ〜、それやったらうちとこの嬶(かか)とえらい違いだ。いえ
ね、うちとこの嬶ね、あれね、二十四のとき甚兵衛はんの世話でもろたんだ。
こないだ尋んねた「おい、今やさかい尋んねるけどもな、お前あのときわい、
初めてやったんか?」

●ちゅうたら「何言ぅてなはんねんなあんた、二十四にもなって初めてのわ
けないやろ」「ほな、二人目か?」「なかなか」「三人目?」「まだまだ」
「よったり?」「どっこい」て「何人目や?」「そんなもん、数え切れるか
いな」いぅて、なんでっせ、うちの嬶ちゅうのん、あれぎょ〜さんまみえて
まっせ。

▲馬鹿なことを言ぅな、そのよぉな輩(やから)と一緒になるか●ほで、今か
らどないしはるつもりです?▲ん〜、ゆえに、一旦娘御にはこの舞台から飛
び降りさせ、それをば下で我輩が大手を広げハッシと抱き止める。

▲もとより気は失ぉてはおるが、我が講道館流柔三段の介抱のもと、これ無
事蘇生なし、我輩の優しき眼差しを見るなりキャ〜ッと首っ玉にかじり付く。
これにて無事縁談まとまり、一件落着じゃ。

▲あぁめでたい●よぉそんな勝手なこと考えられまんなぁ。よぉそこまでひ
とりで勝手に考えるわ。ほたら何ですか、娘はんちゅうのん、その気ぃ付い
たらすぐ、あんさんの顔見はりまんのんか?▲ん、そぉじゃ。

●わたし恐らくねぇ、もっぺん目ぇ回すんやないか思いまんねんで▲た、た
わけ者、無礼な。貴様、この忠君愛国の一念に滾(たぎ)らす、この我輩を愚
弄する気か? 捨て置かんぞッ!

■もし、何や知らんけど、えらい怒ったはりまっせ●だ、だいじょ〜ぶでん
がな、何や難しぃこと言ぅてまっけど、根ぇはスケベェなオッサンだんがな、
大したことおまへん。

▲黙れッ、この無礼者。よいか、耳かっぽじってよっく承れ、そもそも尊皇
攘夷を標榜して徳川幕府を倒しておきながら、いざ明治政府を掌握したると
たんの、あの薩長土肥の横暴ぶり。今や警察権力ですら木っ端役人、御用商
人の手先と成り下がっておる現状を鑑み、今こそ国家を憂い国体を思う、一
憂国の士……

●ごめん、ボチボチ娘はん飛ばはんのと違います? えらいすんまへん、お
話の最中。いえ、聞ぃてました聞ぃてました、感心してますハイ。えらいも
んです、それだけ覚えはっただけでも偉いです。無頼漢えらい、あんたはえ
らい■もぉ恐いわ、この人……

 大騒ぎでございます。そぉこぉしとりますうちに、年の頃なら十七、八。
色の白ぉ〜い上ぉ〜品な娘はん、お供の女衆(おなごし)三、四人も連れまし
て、まずは清水さんご本堂。

 参拝を済ましますと、そのままシズシズと舞台のほぉへ出て行きなはった。
さぁ、下ではもぉ野次馬連中、先ほどにも増しての大騒ぎ。

◆よッ、待ってました、待ってました。頼んまっせぇ〜ッ●眼病だっか〜?
横根だっか〜? それとも恋患い〜ッ?▲どけどけどけどけ、静かにせぇ。
さぁ娘御、いつなりとも遠慮なく飛び降りられぇ。我輩がハッシと抱き止め
てみせるゆえ、いつなりとも飛び降りられぇ。

 娘はん、一度群衆をゆ〜っくり、ズ〜ッと眺めますと、何思たんかクルッ
と踵(きびす)を返して、そのままスタスタスタ……

★これ鶴や、鶴や▼はい、お嬢さま★のぉ、たくさん殿御は集まったが……


【さげ】
★まこと良い殿御はおらぬものじゃのぉ。


【プロパティ】
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 別嬪(べっぴん)=嬪は嫁。夫に連れ添う女。奥御殿で、天子のそば近くに
   仕える女官。別嬪:嬪の中でも選ばれた嬪。美人。
 清水寺=京都市東山区清水にある北法相宗の本山。山号は音羽山。798年、
   坂上田村麻呂が延鎮を開山として建立、鎮護国家の道場となる。平安
   時代、延暦寺と興福寺との抗争でしばしば焼かれた。現在の堂宇は徳
   川家光の再建。本堂の前面、懸崖上に張り出して設けられた板敷の部
   分は「清水の舞台」として知られる。西国三十三所の第16番札所。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 せんど=長らく。長時間。また、何度も。何べんも。十分。たっぷり。千
   途であろうか?『大言海』には「千度」とある。
 あいだ=日常。ふだん。
 最前(さいぜん)=さっき。今しがた。今の先。先前(さいぜん)とも書く。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 かましまへん=かまへん:かまわない。ゆるす。カメヘンとも。丁寧にい
   うとカマシマヘン。カメシメヘン。
 かめへん=かまわない。カマヤセヌ→カマヤセン→カマヘン→カメヘン。
 中風(ちゅうぶ)=脳出血・脳梗塞や脳軟化により、運動機能障害ことに痙
   性(けいせい)片麻痺や言語機能障害をきたした状態。中気。風疾。
 観音さんちゅうたら昔から眼病=落語「景清」参照。
 流行り眼=流行性結膜炎。
 のぼせ眼=結膜炎・角膜炎。
 ゴテ=困難・故障・面倒・煩わしいこと。また、すぐグズグズ言い出す人。
 底翳(そこひ)=角膜・前房・虹彩に異常がないのに視力障害(くもり)が
   生じる眼病の俗称。黒内障・白内障・緑内障などをさす。内障眼。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 根性悪(こんじょわる)=意地悪。ねじけ者。素直でない人。
 あたら=惜しくも。もったいなくも。あったら。
 丸太町(まるたまち)=堀川丸太町の東側。
 よぉ言わんわ=馬鹿らしい・話にならない・まぁあきれた・勝手にしろな
   どの意をこめた語。「アホクサ」と同じに使われる。
 横根(よこね)==鼠蹊(そけい)リンパ節が炎症により腫れたもの。梅毒・
   軟性下疳(げかん)・淋疾・鼠蹊リンパ肉芽腫・外傷・腺ペストにより
   起こる。横痃(おうげん)。便毒。
 アホラシもない=アホらしいことが無い、のではなく「ない」は切ない、
   せわしないなどと同様、甚だしい意。
 仁輪加(にわか)=江戸時代後期、歌舞伎の隆盛ととともに歌舞伎が一般大
   衆に持てはやされるようになり、その一節が俄芝居、即興劇としてお
   座敷など酒席で行われるようになった。のちに落語のような落ちをつ
   け「仁輪加」の形が出来上がった。
 仁輪加(にわか)=即興的に演じる滑稽な寸劇。江戸時代、京都で祭礼など
   に素人が演じたものが始まりで、特に大阪で盛行。明治後期に衰退し
   たが大阪・博多などで現在も愛好される。仁輪加。俄狂言。
 岡惚れ=親しく接したことのない人や他人の恋人を、わきからひそかに恋
   い慕うこと。また、その人。
 壮士=明治時代、自由民権思想の普及のために活動した闘士。
 赧顔(たんがん)=恥ずかしさのあまり顔をあからめること。赤面。赧面。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 えらい=苛い:苦しい・つらい・疲れた・などの意。シンドイとも似てい
   る。苛々しいのイラシイが転訛したものであろうか?
 えらい=偉い:たいへん。おおいに。ひどく。同じ意味で「いかい」とい
   う言葉があるが、これは京言葉。「でっかい」は「どいかい」「どえ
   らい」などからの派生らしい。
 えらい=意味としては「大変・ひどく・どうも」と訳すが、裏に「のよう
   に思えるが、その実、大したことでもない」の心がある。また、骨が
   折れる、疲れる、つらい、くたびれる、状態などにもエライを用いる。
   (例)今日の仕事はエラかった。
 女衆(おなごし)=下女・はしため。雇われた順あるいは年齢順に、松竹梅
   からとってお松どん、お竹どん、お梅どんと呼んだ。長じるとお松っ
   つぁん、お竹はん、お梅はんとなる。決して呼び捨てにはしなかった。
 音源:笑福亭福笑 ****/**/** 白鶴寄席(?) 情報提供お待ちします。
 特別謝恩:Sさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭福笑 sub=*  ●main高座記録日:****/**/**  ●音  源  名:白鶴寄席(?)  ●ファイル公開日:2007/06/03  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2014/04/06  ●リクエスト数:rakug417  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次