【上方落語メモ第9集】その416

女 護 ヶ 島


【主な登場人物】
 喜六  清八  源兵衛  甚兵衛さん  女人国の姫君  侍女ほか

【事の成り行き】
 テレビショッピングという販売形態がすっかり定着し、いまや二十四時間
そればかり流れる専門チャンネルも存在します。よ〜く観察してると一定の
パターンがあって、数量限定、期間限定、今回限り、とにかく「今を逃すと
永久に買う機会はありませんよ」を目立たせています。

 希少性を購買動機に組み入れる「マインドコントロール(暗示)」の一種だ
そうで、買ってしまってから「本当に必要なモノだったのか?」と考えても
時間はもう元に戻せません。うまいこと考えてある。

 同じことが言えるのかどうか、高級(何が?)料理店で出される料理はお上
品にちんまり、ひと口ふた口で無くなってしまうぐらい少量しか盛り付けま
せん。あともうひと口、と思わせるところが美味しさの秘訣なのかも。

 この手法で、スーパーの惣菜コーナーで買ってきた料理を提供すると、さ
て何人が見抜けるか? 逆に、高級料理店の料理を透明パックに山盛りにし
て出されたら? 面白そうな結果が予想されます(2007/05/06)。

             * * * * *

 え〜、昔はこの、旅行といぅものは二本の足を互い違いに出して……、互
い違いに出すさかい歩けまんのんでねあれ、両方いっぺんに出したらひっく
り返りますけどね、あの〜、歩くか船に乗るか、馬に乗るか駕籠に乗るか、
旅行といぅものが限られておりました時代。

●え〜、こんにちわ■おぉ、どないしてんねん? こっち入り●「こっち入
り」て、あんたそこ、えらいなんや奥まったとこで、何を見てなはんねん?
■「何を見てなはんねん」て、いや、このところ所在がないさかいに、絵本
といぅかなぁ、絵ぇの本見てたんや。

●「絵ぇの本?」絵ぇの本やったら誰でも分かりまんがな、なぁ、字ぃの多
い本ちゅな難儀やけど、絵の描いたぁる本ちゅな見やすい。わたいも見せとぉ
くなはれ……、うわぁ〜ッ、人間がよ〜さん描いたぁりまんねんなぁ。

■ん、こらなぁ『万国人間の図』といぅてな、あっちこっち広ぉ〜い世界の
人間がこれへさして集めて描いたぁんねん●ほぉ〜ッ、人間のいろいろが描
いてまんのん? あ〜、真っ黒けのんがいてまんなぁ■こら、南のほぉ行く
とこぉいぅのんがいてるそぉな。

●あさよか。うわぁ〜、えらい何や小っちゃいのん、虫みたいな人間がいて
まんねんなぁ■あぁ、こら「小人国」といぅなぁ●「しょ〜じん国」しょ〜
じん国ちゅうたら何ですか、あの魚食わん国でっか?■いや、そら精進や。
こら小人、つまりこのコビトの島やなぁ。

●あぁ、コビトの国ですか、へぇ〜。その横にまた、大きぃのんがいてまん
がな■ん、こら「大人国(たいじんこく)」といぅねや●へぇ〜、大人国ねぇ。
お腹の真ん中に穴開いた人間がいてまんなぁ■こら「穴開国(あなあきこく)」
ちゅうてな、ここへ棒通して担いで歩くねやそぉな。

●ケッタイな人間でんなぁ。ほぉ〜、いろんなんがいてまんねんなぁ、手ぇ
の長いのんがいてまんなぁ、そら盗人の国でっか?■盗人の国やない、こら
「手長国(てながこく)」といぅねん●ほぉ〜、足の長いのん?■こら「足長
国(あしながこく)」や●へぇ〜、そんなんがおまんのんかいな……

 これね、嘘やおまへんねん。日本がそんなん信じてた頃があるんです。ま
だね、勝海舟の咸臨丸が海外へ渡航する以前にはこぉいぅのんが信じられて
た。

 実は、ホンマに珍しぃんですけど、わたしそぉいぅ地図を手に入れたん。
こらこないだの震災にも助かってね、額はグチャグチャになったんですけど、
今言ぅてる絵本になったぁるんは人間だけが載ってるんですけど、こぉいぅ
のんが載ってる地図がおまんねん。

 「小人国」「大人国」ね、さすがにお腹に穴の開いた「穴開国」ちゅな、
こらおまへんけどね。それ以外の国はみな載ってるといぅ地図を手に入れて
一枚持ってまんねん。これ、写されたのは慶応ぐらいやろと言われてるんで
すけども、元のものはもっと古いらしぃんですけどね。

 うちの弟子にも見せんと自分だけ「ホンに、こない思てた時代があってん
な」思てますけど、もぉボチボチ見せたってもえぇかな、思てますねんけど。
えらい話が横へそれましたが、実際にそない思てた時代があんねやそぉです。

●へぇ〜、いろんな国がおまんねんなぁ……、おッ、こっちに描いたぁる、
えらい綺麗な女ごが描いてまんがな、綺麗な女ご、こら何でんねん?■綺麗
な女ごか……●手ぇも長いことないし、足も長いことないし、普通の女ごで
んがな■普通の女ごやけれども、普通の女ごと違うねん。

●へぇ〜「普通の女ごやけど、普通の女ごやない」て、そらどぉいぅこって
んねん?■ん、実はな、こらお前「女護ヶ島(にょごがしま)」や●「女護ヶ
島」? 女護ヶ島て何でんねん?■つまりな、そら一つの島で一つの国になっ
たぁんねん「女人国(にょにんこく)」ともいぅねやが、まぁ普通一般「女護
ヶ島」とこぉいぅねや。

●ほぉ〜ッ、その女護ヶ島ちゅうのん、何でんねん?■ここの島はな、女ご
ば〜っかりしかいてへん。男、おらんねん●そんなアホなことおまっかいな
「女ごばっかり」て、あんた、そこにそないして女ごが住んでるっちゅうこ
とはでっせ、子どもも産みまんねやろ。

■そら子どもも産む。子どもも産むさかいに、それがズ〜ッと伝わってんね
やないか●ほなあんた、男なしで、女ごばっかりで、どないして子ぉ産みま
んねん?■それやがな、女人国ではな、成人、つまり大人になると国からな、
金銀の扇子が一本ずつ配られるんや●ほ〜、金銀の扇子が?

■さぁ、その金銀の扇子が大人になった印や。と同時に、この金銀の扇子が
子どもを孕む道具でもあるわけや●へぇ〜ッ、ケッタイなもんでんなぁ。ほ
な、扇子でなんか、こんなこと……、しまんのん?

■扇子でそんなことするかいな。この扇子を持って朝早よぉに島の突端へ出
んねんなぁ。で、島の突端出て、東のほぉ、日本のほぉ向いて股広げたとこ
へ、この金銀の扇子で「神国の風来ぉ〜い、神国の風来い、神国の風来ぉ〜
い、神国の風来い」ちゅうて煽ぐねや。するとそこへ子種が入って子どもが
できんねや。

●ほな、日本のほぉ向いて「神国の風来い」て煽ぎまんのん? ほぉ〜ッ、
朝に?■そやがな「神国の風来い」て、朝早よぉにやな、日本のほぉ向いて
煽ぐねん。せやさかいに「子どもは風の子」ちゅうやろ●それ、仁輪加やお
まへんか?

■仁輪加やない、ホンマや。ホンマやといぅ証拠があんねや、な、朝早よぉ
に出てやな「神国の風来い、神国の風来い」向こぉが煽いでよるさかいに、
朝早よぉ日本の若い男は皆、オヤカルやろ?

●はぁ〜ッ、日本の男が起つのんは向こぉで煽ぎよりまんのん、向こぉで煽
いでるさかい、こっちで起ちまんのん、朝早よぉに。うわぁ〜ッ、そぉいぅ
と毎朝起ちますわ。ほぉ〜、あら向こぉが煽いでまんのんか、さよか……、
あのぉ〜、なぁ甚兵衛はん、向こぉの女ご、朝早よぉだけやろか? 昼も煽
ぎよんのんと違うやろか?

■昼、煽ぐか?●いや、煽いでよんのんと違うかなぁ思てね、わたし今、妙
な具合■おいおいおい、そんなとこでオヤカシたりしないな●今、話聞ぃて
ると妙な具合になってきた、こらヒョッと向こぉ気まぐれで昼間煽いどんの
んかいなぁ思て■そんなアホなことがあるかいな。

●けど、それホンマですか? そんなとこへヒョッと男が行たら、持てまっ
しゃろなぁ?■そら持てるやろと思うけれども、どこにあんにゃ分かれへん
●そんなあんた、仏作って魂入れずや「どこにあんにゃ分かれへん」て、そ
の本に書いてまへんか?

■書いてないねや。ほかのとこはたいがいあれやこれやと書いたぁるが、こ
れは西方の女護ヶ島といぅて、絵ぇが描いたぁるだけや、どこにあるて書い
てない●根性悪い本やなぁ、その本は。その本屋叩き殺せ■そんなエゲツナ
イこと言ぃないな、分からんもんは分からんねや。

●あぁそぉか、その本に載ってるところみると、あんねやろなぁ……、おち
おちしてられんなぁ■何が「おちおちしてられん」ねん?●いや、帰(かい)
らしてもらいますわ、さいならごめん。

 さぁ、この喜ぃ公があちこち行って「女護ヶ島がある、女護ヶ島がある」
「朝早よぉに扇子で煽ぎよるさかいに起つねや。わいらこないだ、昼も煽い
でよった」て、あることないこと言ぅて回るもんでっさかい、人がさぁ「そ
んなこと噂じゃ、あってたまるかいな」

 たいがいのもんは「そんなもん、あってたまるかいな」と、一笑に付して
しまうんですが、なかに清八と源兵衛といぅ、源兵衛といぅのはもぉかなり
男盛りですが……

●源さん、これどない思う?◆いや、世の中ちゅうのは広いさかいな、ある
かも分からんで●思うやろ、わしもそない思てんねん。清ぇやんお前どない
思う?▲こないだお前に話聞ぃたときから、こらひょっとしたらひょっとす
るなと思てたんや。

●思うやろ、思うやろ、わいもあると思うんや。けど皆ほかのやつら嘘や嘘
やちぃよんねん▲そいつら、頭が足らんねや、考えが回らへんさかい、ない
と思いよんねや。広い世界や、一つぐらいそんなとこがないとは言えんで、
そやろ。三人で探しに行こか?

◆「探しに行こか」ちゅたかて、旅に出たぐらいではあかんで。どこまで行
たって日本の国のなか、足で歩いて行けるとこなら今までいろ〜んな人が行
き倒してるがな、分からんちゅうことない。こら、どこや分からんといぅの
は日本の国やないで、どこぞ外や。

●そぉか、どないしょ〜?◆「どないしょ〜」て、そんなとこ行くちゅうた
ら、また人が馬鹿にしよるさかい、笑われるだけ損や。ひとつ、こぉしょ〜
か?●そぉしょ〜◆「そぉしょ〜」て、わしまだ何も言ぅてへんがな●言ぅ
たとおりにする。

◆さぁ、三人でな「魚釣りに行こ」ちゅうて船一艘段取りすんねん。で、三
人で乗り組んで沖ぃ沖ぃと漕いで行ったらやなぁ、向こぉの島か何ぞ見える
かも知れへん。ヒョッと当たりっちゅうのがあるかも知れへんやろ。

●なるほど、そらそやなぁ。皆に知られたらいかんさかい、ほな三人で魚釣
りに行こちゅうて行こか。

 わたしね、これ聞ぃたとき思たんです。やっぱりね「魚釣りに行こか」ちゅ
う人、あんまり信用できまへんであれ。魚釣りに行こかて、何釣りに行って
るや分からしまへんであれ。わたし、せやからあれ以来、魚釣りに行く人あ
んまり信用しまへんねん。

 なかにでっせ、クルーザーとかいぅて大きなエンジン付いた船で行きまっ
しゃろ、あんなんやったらどこまででも行けまんがな。そらあんた、魚釣り
に行く言ぅてどこ行てるや分からしまへんで。

 嫁はん連中、皆気ぃ付けなはれや、婿はん魚釣りに行くちゅうたら付いて
行きなはれや、どこ行きよるか分かれしまへんで。

 さぁ、源兵衛、清八、喜六といぅ三人が、船をあつらえて「船頭は要らん、
わしら三人で漕ぐさかいに」と、船頭を追っ払ぉて三人で船をば出しよった
んで。

 今でいぅ太平洋ですなぁ、どこともなしに漕ぎ出した「とにかく沖ぃ行け、
沖ぃ行け」沖へ行く。沖へ沖へ進んでいるうちに風向きが変わった。一天俄
かにかき曇ったかと思いますと、磨る墨を流したよぉな雲がブワァ〜ッと広
がるなり、ザァ〜ッ……、逆巻く怒涛がザブ〜ッ。

 さながら船は木の葉のごとく「えらいこっちゃ源さん、しっかりせぇよ、
どこぞに掴まっとけよ」揉みくちゃになって夜が明けました。

 嵐の前の静けさと申しますが、嵐のあとの天気といぅよぉなもんは、こら
台風一過といぅ言葉がありますとおりカラ〜ッと晴れ上がった。

●源さん……、源さ〜ん……◆大丈夫か?●わいは大丈夫や、源さん大丈夫
か?◆ん、わしもどぉやら助かったみたいやなぁ、清八どないや?▲いてる
でぇ、いてるでぇ〜●三人とも大丈夫やったなぁ。

◆よかったなぁ……、えぇ天気やがな、夕(ゆん)べの嵐が嘘みたいななぁ。
夜が明けるちゅなほんまにこれやなぁ。喜ぃ公、島影が見えるッ!●えッ?
清八、島影ッ!▲おッ、ホンに。喜ぃ公、あれどこや?●「どこや」て、そ
んなんわしに聞ぃたって分かれへんがな。お前ら分かれへんのに、わしが分
かるわけないがな。あれ、何やろ?

◆さぁ、俺が見たところ、淡路島やない……、四国でもない……、見慣れん
とこやなぁ。とにかく、あの島目がけて漕いでみよか?

 三人が力を合わせてエッシッシ、エッシッシ、だんだん島が近付いて来る。

●源さん、何や人がいてるで◆ん、人? おぉホンに、お前目がえぇなぁ。
ほほぉ〜ッ、一人、二人、三人……、どぉもあら女ごみたいやなぁ●ファイ、
ファイ、ファイ◆いきなり乗り出すな、船が揺れたらビックリするがな●お、
お、おな、女ごばっかりや、おな、女ごばっかり三人や、女護ヶ島?

◆三人で「女護ヶ島」て分かるかい、そんなもんアホな●そぉかて、ほかに
人がいてそぉにないがな。女ごが三人だけ住んでたらえぇがな、三人で分け
分けしてな、喧嘩せんで済むしな。

◆人が何人いてるやら、そんなこと分かるかいな。とにかく、浜へ出てるの
が三人ちゅうだけやないかい。とまれ、あれへ漕ぎ寄せよ、人がいてたら食
べるもんぐらいあるやろ●せやけどな、いきなり顔見るなり「食べるもんな
いか?」言ぅたらな、向こぉに嫌がられるか分かれへんやろ、わしな、船底
の板の下にな、握り飯隠しといてん。

◆気の利くやっちゃなぁ、ゆんべの嵐でどないもなかったか?●どないもあ
るかないか探してみる……、あった、あったあった、だいぶふやけてちょっ
とクシャクシャなってるけど、無いよりましや、とにかく島へ着くまでにそ
れ食お、お前も食え、お前も食え。

 三人がふやけた握り飯で腹ごしらえをいたしますと、改めてエッシッシ、
エッシッシ……。島へ着いてみますと、いかさま三人の女ごはんが、

★まぁ、見慣れんお人、どこからおいでやした?●「どっから」てあんた、
わたしら三人、あの大阪のもんでんねん、へぇ。で、ゆんべ魚釣りに出たら
波がこないなって、朝気が付いたら……、ここはどこでおます?★「ここは
どこでおます」て、大阪のお方? 大阪といぅたら日本……、まぁ、神国の
男やわッ! 神国の男が三人も。

●ど、どないなりまんねん、悪いことせぇしまへん?★いえ、悪いことより
も、神国のお方と知ったら、こんなとこへ置いとくわけにいきまへん。さぁ
どぉぞ、どぉぞお上がり。ここは女護ヶ島と申しまして……

●ヤッタァ〜ッ、ヤッタッ! ヤッタァ〜ッ、女護ヶ島ッ!★あの、大きな
声を●大きぃのん地声でんねん。ここ、女護ヶ島。ほたほた、ほたら、あん
たら三人だけでっか?★いぃえぇ、三人やござりません、よぉ〜け住んでま
す●あの「よぉ〜け住んでます」て、あの、その中には男も?

★いぃえぇ、女護ヶ島でございますよってに、男はお一人もいててやおまへ
ん。ましてあんた、大阪、神国のお方、男の方が三人もお越しになるやなん
て、ほらもぉこの島始って以来。いえ、こんなとこへお止めしたら、お庄屋
に叱られるかも分かりまへん、とにかくお庄屋のとこへ。

★あぁ、お庄屋へ行かれる前に、そのなりではあんまり、お風呂へなと入っ
ていただいてサッパリしていただいて。お召しもの、女ものですけども用意
さしていただきます。男もんはございませんので、ご辛抱くださりませ。

★サッパリしたなりしていただいて、お庄屋さんにご挨拶していただきます。
きっとお庄屋さんもお喜びやと思います、さぁさぁさぁこっちへ、こっちへ
こっちへ……

 二人が案内しておりますあいだに、一人がピャ〜ッと走って知らしに行た
とみえまして、まぁ〜、ゾロゾロ、ゾロゾロ、出てくる、出てくる。若いの
んから年増からお婆んに至るまで、もぉ女ごがぎょ〜さん。

 「男やそぉな、男、日本の男やてぇ。どんな格好(かっこ)してんねやろ?
神国の男やて、男てどんなんやろ? 見てみたい見てみたい……、いやぁ〜、
あれが男やて、薄汚いのんがいてるか思たら、えぇのんがいてるわ。あの、
こっちの歳いってるほぉがえぇわ」

 「あの歳いってるほぉがえぇか? わて、ボ〜ッとしてるみたいやけど、
若いのんがえぇと思うわ」「いや、真ん中にいてるのんが一番えぇわ……」
喧しぃ騒ぎ。

 一軒の家(うち)ぃ呼ばれてまいりますと「さッ、どぉぞ代わる代わるにお
風呂へお入りあそばして」風呂へ入りますとさぁ、一人の男に四人も五人も
が取り付いて「あの、わたしお手々流します、そっちのお手々はそっちで流
しとぉくれ」「ほなわたし、お腹流さしてもらいます」「わたし、背中流さ
してもらいます」「わたし、胸流さしてもらいます」「わたし、足を洗わし
ていただきます」

★わたしも足を……、あの、まぁ? これ何? 真ん中の……、ちょっと、
何かあるわ。こんなんわたしらに無い、神国の人が持って来たん? あのぉ、
ここに何か、ペロンペロンしてるのん何です?

●「ペロンペロン」て、そ、そら触ってもろたら具合悪いわ、触ってもろた
ら具合悪い★そぉかてあんた、面白おすやんこれ……、何かピョコンピョコ
ン。ツンツンツンとしたら、ピンピンピンてなりますえ。ツンツンツンのピ
ンピンピン。プクプクプクのチンチンチン、これ何でんのん、これ?

●「これ」て……★いやぁん、面白い。こないして触ってたら大きなりまっ
せ●あのねぇ、そ、そんなん触ったら……、難儀やなぁこれ★これ、何でん
のん?●「何でんのん」て、こらあのぉ〜「掃除棒」ちぃまんねん★「掃除
棒」?●掃除棒ちゅうてね、お腹の掃除しまんねんなぁ。女ごはんのお腹を
掃除する棒でんねん。

★女ごのお腹、掃除しまんのん? まぁ〜ッ、わたしら永らくお掃除てなも
ん、してもぉたことおまへんねんで。そら、この国に男はんいてはらしまへ
んさかいに。男だけしか持ってまへんのん、それ?

●そぉそぉ、男だけしか持ってまへんねや。男だけしか持ってまへんし、こ
れまた、女ごはんはこれを大事にして、ほんでお腹の掃除しまんねん。お腹
の掃除せなんだら、お通じが悪いんだ。

★んまぁ、そやさかいやわ、この頃……。いやぁ、ほなお掃除してもらいま
ひょか?●さぁ、お掃除しますけど、こんな大勢いてはるのん、あんただけ
お掃除?▼いえぇ、わたしもしてもらいたいし■わたしも……

★ちょっと待ちなはれ、はしたない。一人の男つかまえて「お掃除、お掃除、
お掃除」そんなこと言ぅて、もしこれがお庄屋の耳に入ったら、どない怒ら
れる分からしまへん。

★まずこぉいぅものはお庄屋さんにお知らせをして、その上でお庄屋さんの
お指図をいただいて、な、そぉせなんだら、そんなもん勝手にどぉこぉでけ
しません。あんたら勝手にチャラチャラ騒いだらいかんの。

★だいち、えぇもんやら悪いもんやら分かれへんやないの。ともかく、その
お掃除の棒も綺麗ぇに洗ろたげなはれ▼綺麗ぇに洗いまんのん、これ?●い
え、その、あぁ、あのあの、そこは自分で洗うて。あた、あた……

▼何や、これ潰れかけてんのん違います?●何で潰れかけてんねん?▼そぉ
かて、何や、トロッとしたもんが出て来ました●いや、それ潰れかけてんの
やおまへん、潰れるのちゃいまんねん、そのトロンとしたもんは大事なもん。

▼あぁ、これ大事なもんでんのん……、下のほぉに何か袋がおます●袋、お
ます▼この中に何かタマタマが入って……●い、痛いッ、そんなあんた、そ
んなもんキュッとつまんだりしなはんな。そんなもんヤワヤワヤワヤワと触っ
とくなはれ▼「ヤワヤワ」触りまんのん? このタマタマ、これ何でんのん?

●「何でんのん」て、そらあんた大事なもん▼大事やさかい、袋に入れて下
げたはんねやと思います。これ、綺麗なもんでっしゃろねぇ?●綺麗か汚い
か、わたしもよぉ分からんのですけどね、たいがい磨いてます。

▼そぉですのん、一回見していただけまへん? 開けてもよろしぃ?●「開
ける」て、どこ開けんねんな、この人わ、そんなもん開けられまっかいな。
開けたら命が終いまんねん▼まぁ、よっぽど大事なもんでんねんなぁそぉで
すか。ほなまぁお召しものそっちに置いてまっさかいに。

 さぁ、順番に三人が風呂へ入れてもらうたんびにこの騒ぎ、数多(あまた)
の女ごはんがキャ〜キャ〜・キャ〜キャ〜。やがて身じまいが整いますとお
庄屋さんにご挨拶といぅことで大ぉきなお屋敷へ招かれてまいります。

 竜宮城もかくやと思わんばかり、立派な楼門、階(きざはし)。珊瑚樹の散
りばめてありますよぉな欄干があったり、メノウの掛け軸の玉(たま)が下がっ
ていたり、立派なお屋敷。正面に御簾(みす)が下がっております。

 三人ほどの、先ほど浜へ出ておりましたのが主だった頭分(かしらぶん)の
お女中とみえまして、これが控えております。

★しばらくそれにお待ちくださりますよぉに●へぇ、けどわたしもね、先ほ
どから気になっとります。あなた方お三人さんが何か仕切ってはるよぉで、
三人さまは?★あの、わたくしどもがこの国長(くにおさ)、お庄屋のお側に、
この三人で仕えさしていただいております。

●ほぉ、ほたらお庄屋の、まぁいぅたら侍女と申しますか、お局(つぼね)と
申しますか、あんさん方三人が偉いさん、ほぉほぉ。ほな失礼ですけど、お
歳を召した方もいらっしゃれば、中ぐらいの方、こちらはまた若い方ですが?

★あのぉ〜、その一番若い子が「於佐勢」と申します。中手のが「於須貴」
でございます。わたしが「代賀利」と申します●はぁさよか、あんさんが代
賀利さん。で、於須貴さんに於佐勢さん。あらぁ〜、こら面白い名前で……、
いえいえ、もぉ大阪へ帰って言ぅただけでも話のタネになります。こぉいぅ
方にお目にかかれるとは思いませんでした。ほんでお庄屋さんは?

★もぉしばらくお待ちを。

 言ぅておりますうちに時刻がまいりましたものか、衣擦れの音がサヤサヤ
サヤと聴こえますと、正面の御簾がキリキリキリキリと上がりました。正面
にオッチン座ってはんのが二十歳過ぎ、二十二、三。臈長(ろぉた)けたと申
しますか、美しぃと申しますか、色の白い中高(なかだか)の面長、うりざね
顔といぅやつでございます。

●◆▲へヘぇ〜ッ……■わたくしがこの島の長(おさ)、庄屋を勤めておりま
す。代々この家を継いでおりますが、神国からお越しになったとか、何やら
承れば珍しぃお道具をお持ちとか、女ごばかりのところでそぉいぅもの知り
ませぬ、よしなにお願いいたします。

◆恐れ入ります。そないご丁寧に言ぅていただかんでも、もぉどないでもい
たしますので、へぇ■あのぉ〜、代賀利、よきよぉに★心得ましてございま
す。

 お姫さんはお入りになる、そのあとで三人が首集めて相談しておりました
が、

★我々が「誰のかれの」と申しますよりも、まずはお三人さまにそれぞれの
お力で姫御前(ひめごぜ)をお掃除してあげていただいて、そのあと我々もお
こぼれを◆さいでおますか、へぇ、順番はどぉいぅことに?

★今もここで相談をいたしましたが「どなたが先、こなたがあと」といぅの
はいけませんので、ここにクジを三本こしらえました。どぉぞこのクジを引ぃ
て、宵の方、夜中の方、朝方の方、とこぉ三つに分かれていただきましたら。

◆あぁなるほど……、おい順番に引こ●え? ちょっと待って、わし先引か
してもらうわ◆お前なんで、えらい焦ってる?●焦ってへんねん、何となし
に、あぁいぅ綺麗さちゅうのは、何となしにこの、何や……、せやさかいに、
お前らが当たるまでに、わし先に引ぃたほぉが気が落ち着くと思て。

●わし、あぁいぅ綺麗さちゅうのはかなんねん。どっちかいぅともぉ気安い
感じがえぇねん、あのス〜ッとしたんあかんねん。せやから、どっちかいぅ
と山本富士子とか池内淳子とかな、あぁいぅのんかなんねんわし。パンのヘ
ソみたいな顔がえぇねん。

◆変わってんなぁお前、まるで露の五郎みたいやなぁお前●とにかくわい、
一番に引かして◆ほなまぁ、一番に引き●あッ、これ何、宵て書いたぁるが
な、一番嫌やのに一番が当たったんや、一番に引くさかいや、こんなん一番
かなん◆一番づくしやがな……

 「ほなまぁ、それぞれ引こか」と順番を決めまして、一番最初に一番嫌がっ
てた喜ぃ公が当たったんで。お寝間へ案内されます、もぉネキいてるだけで
えぇ香りが漂ぉてくる、それだけで、

●あぁ〜、はぁ〜、ひぃ〜、ふぅ〜、へぇ〜、ほぉ〜……、いえ、その何で
んねん、ここ割と暑い国でんなぁ。え? このところ、暖房がつぶれてる?
へぇ、そら我慢しますが、暑まんなぁ。あのぉ〜、へへへへッ、こんばんわ。

■あのぉ、神国からお越し?●えぇ、神国から来たんで。もぉ朝はね、こっ
ちで煽いでなはるさかいえぇんですけど、今ぐらいの時間ちゅうのは……、
そのねぇ、もぉ難儀でんなぁ。どないかならんかいなぁ、これ……、しっか
りせぇ、こらッ!

 しまいにお姫さまのほぉが焦(じ)れて、

■これ、もぉし、何にもなさらんのでございますか?●いや「何にもなさら
ん」て、そらすることはおまんねんけどな、いやその「心矢橋(やばせ)に早
やれども……」ちゅうやつで、この不肖の倅(せがれ)が……、とにかくちょっ
と触らしていただきましょか。

 気は焦るんですけど、これ、みなさん方も若いとき覚えはあると思う。若
いときやのぉても覚えある方はありますけどね、気持ちだけはあんねんけど
も、どぉもこいつが言ぅことを聞かん、ちゅうのはママあるもんで。

 もぉ喜ぃ公もしょ〜がないんもんでっさかいに、指先でグニュグニュグニュ
としたぐらいでお茶濁して「まぁこんなもんですわ」

■こんなもんですか?●えぇこんなもんです。もぉこんなもんです■まぁ、
人の噂では、さっきも代賀利と於須貴が「えぇもんや、えぇもんや」言ぅて
たが、ちょっともえぇもんやないわ。何や照れ臭いだけや……、これ、この
方がお下がりじゃ。あと、わらわは男は要らん。もぉお前ら、えぇよぉにお
し。

★ちょっとお待ちを「お前らえぇよぉにおし」と仰せでございますけど、今
行きましたのは歳若、ひょっとこの、気持ちが萎縮いたしまして何にもでき
なんだ、といぅよぉなこともないとは限りませぬ。もぉ一人お験しになって
から、やめならやめとなさいましてはいかがでござりましょ〜、あれよりは
もぉ少しましなキリッとしたよい男がおりました。

★それとも歳かさのものなれば、また歳かさの分別があるかと存じますが、
いかがあそばします?■ではまぁ、一番歳かさのものを、年の功とも申すで、
あれを呼んでみや。

 ひと足飛びに、今度は源兵衛が呼ばれました。源兵衛のほぉはもぉ世慣れ
たもんでっさかいに、少々のことではもぉ物怖じもいたしません。こぉいぅ
のはいきなりビックリさしたほぉがえぇといぅんでグイッと懐へ手を入れて、
お乳をウニュウニュウニュ。

 「あれッ?」と、思わず仰向けにのけぞるところを口をブチュッ。しばら
くデープキス、つぼんでおります歯ぁをこじ開けるよぉにしてベロを入れる。
上あごをチリチリチリッとねぶる。向こぉのほぉも思わず「あぁ〜ッ」とこぉ
なる。

 で、向こぉのベロとベロが会います。ベロをへっ込めよへっ込めよとする
やつをチュ〜チュ〜チュ〜チュ〜吸い出してくる。向こぉのベロがこっちの
口ん中入ってくるよぉになりますと、もぉ手ぇかてじっとしてしまへんなぁ。

 もぉ右手と左手が、それぞれのところで、それぞれで言ぅことを聞くんで
すなぁ。もぉ、お口と、右手と、左手と、おまけに足の親指まで使いまして、
足の親指で向こぉの足の裏をクニュクニュクニュと、こぉ。もぉ三ところ、
四ところといぅやつですなぁ。

 姫御前、思わず「ひぃ〜ッ」と声お立てになった。もぉこぉなるとしめた
もんです。源兵衛のやつ、ここを先途と秘術を尽くしましたから、姫君はぐっ
たり「あぁ、こんなえぇもんやったんかいな。さぁ、次はどんな美味しぃの
んが待ってるやろ?」

 源兵衛が下がりますと、入れ違いに出てまいりましたのが清八。こら、歳
若でっさかいに若いもんの力を示すのんはここ、源兵衛に負けてたまるかと、
思いのたけをズゥ〜ッ。さすがのお姫さん、たったひと晩で明け方までにご
開眼あそばしました。

 「これほどのものとは知らなんだ、見事なものである」といぅお誉めの言
葉が下がりましたから、もぉ代賀利、於須貴、於佐勢「お下がりをちょ〜だ
いいたします」それぞれが源兵衛と清八と喜ぃ公と……

 と、この一番年増の代賀利といぅのが喜ぃ公に当たったん。

●先ほどからいろいろとお世話になっとります。もぉわたしね、この島へ来
たときからね、あんたが好きやったん★えぇ加減なこと言ぅて、そんなこと
口ばっかりでっしゃろ。しかし、あんた大丈夫? お姫さん「あんまりえぇ
ことない」言ぅてはったよ。

●いや、おらぁお姫さんあかんねん、お姫さんみたいなあんなツンツンした
んあかんねん、ツンツンしたんわし嫌いやねん。どっちかいぅとね、ちょっ
と年増のね、粋な女ごちゅうのん好きやねん、わし。あのお姫さんてなね、
女ごやと思われへん、あんなん女性とは思うが、女ごとは思わん。わたし女
性は嫌、女ごが好き。

★そぉ〜お、ほな、わたしやったらえぇのん?●こっちおいで……、お乳の
具合がよろしぃやろ、ちょ〜ど大きなし、小さなし、手ぇがポコッと入る。
手ぇがポコッと入って、人差し指と高々指の間へ乳豆(ちまめ)がピッと入り
まっしゃろ、ほんで、ウニュウニュウニュウニュ……

★そ、そんな……、何でこんな気分になんのん?●それがよろしんやがな、
そぉなると、こっちのほぉがこぉいぅ具合で、こっちのほぉがあぁいぅ具合
で、こぉなって、あぁなって……★あぁ〜ッ、そぉ、へぇ〜ッ……

 「よろしぃ? わたしもよろしぃ」ちゅな具合になるわけですなぁ。と、
真ん中は清八と於須貴、こらちょ〜ど年頃も合ぉております。

▲於須貴さん、あんた名前も於須貴さんやけど、けっこぉ好きやなぁ。いぃ
えぇな、さっきんからのこのやりよぉみてたら、あんた、とてものことに初
めてやと思われへんで。あんた「女護ヶ島や女護ヶ島や、女ごばっかりの国
や」ちゅうけども、ひょっとしたらどこぞへ男隠してるんとちゃうか? 夜
な夜な忍んで行くとか、船底へ隠したぁるとか?

▲そんなことないか? ほなうまいがな……、いや、そらいかん、あんた、
初めて……、そんなとこ、そんなこと誰に習ろた? え? 習わん? 習わ
んでもできる「好きこそものの上手なれ」また器用な……、あぁ〜ッ!

 もぉ、抜か一、抜か二、抜か三、抜か四、抜か六。片一方の源兵衛のほぉ
は、こらまた一番若い於佐勢に出会ぉた。

◆なぁ於佐勢さん、わしみたいな歳いたもんが当たって、あんたさだめし心
悪ぅ思てなはるやろなぁ?▼いえ、そんなこと……◆「そんなこと」て、そ
らもぉ若いもんは若いもん同士、若いほぉがえぇと思わはりまっしゃろけど、
それはそれでね、年寄りは年寄りの良さが……

◆え? 年寄りやと思てへん? さよか▼あのぉ〜、どぉぞおよろしぃよぉ
に◆「およろしぃよぉに」て、へぇ……、可愛(かい)らしぃお乳でんなぁ、
久しくこんなお乳にお目にかかってしまへん、へぇ。

◆へッ、乳豆が中に陥没してまんなぁ……、いえいえ、この陥没してる乳豆
をこぉ触ってるあいだに、陥没が出てくるちゅな▼そのよぉな……◆恥ずか
しぃことおまへん、はじめはね、ちょっとは痛いかも分かりまへん、いえ、
痛いのは一瞬、痛いのは一瞬。じきに具合よぉなりまっさかい。

 「こんな良いものとは知らなんだ」と、初めてに教えてやります。こらぁ
年寄りでないとでけまへん。歳かさのもんなればこそ、たった一回で「あぁ
こんなものか」お互いに口を寄せ合ぉてぐったりしてると、

★於佐勢はん、もぉえぇのんちゃうか? あんた、いつまででも、そんなも
ん引っ付いてるもんとちゃうねんで、表で待ってるもんの身にもなってみな
はれ◆えぇ〜ッ? 表で待ってる人がいてるんかいな?▼いえ、あのオバサ
ンうるさいんや。

◆「うるさい」て、お前その……★退きなはれ、いつまでも引っ付いて。今
度わたいの番や、わたいの◆うわぁ〜ッ★ヘッヘッヘッヘッヘッ、まぁ〜、
粋(すい)たらしぃ殿御◆えぇ〜ッ? その、無断で入って来てもぉたら困る
がな★順番やさかい、こんなもん。

◆「順番やさかい」て、あんた間違ごぉてんのんと違うか? ひょっとした
ら、若いほぉがえぇのんと違う? ズ〜ッとあっちの端、あっちの端の部屋
に喜ぃ公ちゅうのがいてる、あれの所へ行って★いぃえぇ「若いのんは頼ん
ない」て、あの姫君がおっしゃった。こなたが一番上手やて、わたしはこな
たに……

◆いや、その、大きなひき臼みたいな体、ちょっと、あの、えぇ〜ッ……

 もぉあんた、五十過ぎまで一人できたんでっさかいに、何ぁ〜んとなしに
妙ぉ〜なカザがする。

 「さぁさぁ、早いこと、早いこと。次のが待ってんねんさかい、ちょっと
なと長いこと引っ付いてんと」自分から裾開けて、まだ白い腰巻きならよろ
しぃねんけど、これがあんた、鼠色になったぁるちゅな。

 「もぉ、そんなん……、えぇ〜い、こぉなったらもぉヤケクソや、いてこ
ましたろか」いきなりズコ〜ンといったもんでっさかい「痛い、痛い、何を
しなさる、歳こそいてても、初めてじゃ〜」と、涙こぼすやつをズコズコ、
ズコ〜ッ。

 歳だけのことはあります、しばらくすると「あぁ〜ホンに、こんなものが
あったのか」と、下から喰らい付くといぅぐらいのもん。さぁ、その日は珍
しぃもんでっさかいに、姫君さまはじめとして、一人が五人ずつぐらいもこ
なしたんでしょ〜か。

 夜がガラリと明けます。ふらつく体で表の戸をガラッと開けます。お日ぃ
さんがまばゆいばかり、もぉそれこそ黄色ぉ見えるといぅやつ。ヒョイと見
ると、この家(や)の表へ島中の女ごといぅ女ごが、もぉ五百人、千人といて
まっしゃろか、ズラァ〜〜ッと行列つくって待っとぉる。

◆三、四人、五人も片付けてこれやのに、こんなお前、何百人、何千人。こ
んなん、こなしてたら命が持たん。


【さげ】
 しゃべってるこっちも、命が持ちまへん。


【プロパティ】
 女護ヶ島=平賀源内『風流志道軒伝』に登場するエピソードのひとつ。江
   戸での女男色両道から始まり、日本中の色道を楽しんだあと、仙人か
   ら譲り受けた団扇をあおぎ「大人国」「小人嶋」「長脚国」「長擘国」
   「穿胸国」など奇人の国々、また「うんてつ国」「きやん国」「愚医
   国」「武左国」「いかさま国」「清国」「朝鮮」など東南アジアを巡
   り、最後には「女護ヶ島」にたどり着くさまを講釈師・深井志道軒の
   言葉を借りて描くという内容。
 『万国人間の図』=中国古代木版画の『山海経・各種奇様盛妖談』
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 こないだの震災=1995年1月17日の阪神・淡路大震災。
 ボチボチ=そろそろ・徐々に・少しずつ・ゆっくり。
 仁輪加(にわか)=江戸時代後期、歌舞伎の隆盛ととともに歌舞伎が一般大
   衆に持てはやされるようになり、その一節が俄芝居、即興劇としてお
   座敷など酒席で行われるようになった。のちに落語のような落ちをつ
   け「仁輪加」の形が出来上がった。
 おやかす=陰茎を勃起させる。おやしたてる。お生す(おやす)。はやす。
 エゲツナイ=濃厚な・辛辣な・酷烈不快な場合などに用いる形容詞。エグ
   イ(喉を刺激するいがらい味)から出た語だろうという説もあるが、一
   方にはイゲチナイという語もあり、イカツイ(厳しい)の転じたものか
   と考えられる。イカツイ→イカツナイ→エカツナイ→エゲツナイ。ナ
   イは幼気(いたいけ)ないなどと同じで、無いではなく甚だしいという
   意味の接尾語。
 クルーザー=寝室などの居住設備をもち、外洋を航海できるヨットやモー
   ターボート。
 よぉけ=よけい・余り・余分。転じて、たくさん。
 なり=形・態:服装。また、髪形・服装などを含めた人の姿。身なり。
 年増=近世には二十歳前後をいった。現在では三十代の女性を指す言葉と
   されている。
 お手々=手を表わす幼児言葉。お目々。お天々(頭)など。
 トロッとしたもん=カウパー腺(前立腺の下にある一対の副生殖腺。エン
   ドウ豆大で、尿道に通じ、精液に混ずるアルカリ性・粘稠性の液を分
   泌する。尿道球腺。クーパー腺)の分泌液。我慢汁。
 トロッとしたもん=精液:動物の雄性生殖器で作られる精子とそれを浮遊
   させる液。濁った白色ないし黄白色の粘り気のある液体で、特有の臭
   気がある。
 下の方に何か袋=陰嚢(いんのう):哺乳類の雄の陰茎基部にあって下垂し、
   精巣・副精巣などを内部に含む袋。ふぐり。
 タマタマ=睾丸(こうがん):哺乳類の精巣の別名。球形で、陰嚢の中に左
   右一対ある。金玉。
 階(きざはし)=階段。だんだん。きだはし。
 御簾(みす)=すだれ。とくに、室内用にふちを装飾布でかがってあるよう
   なものをさす。
 お局(つぼね)=江戸時代、個室をもっている奥女中の称。また、女中を取
   り締まった老女の称。
 よがり=善がり声:快感から思わず発する声。
 臈長(ろうた)けた=(女性が)洗練されて美しくなる。優美である。また、
   その道の経験を積む。年功を積む。
 中高(なかだか)=鼻筋がとおっていること。顔だちのよいこと。また、そ
   のさま。
 うりざね顔=瓜実顔:(瓜の種の形に似て)色白で鼻筋が通り、やや面長
   な顔。美人の一つの型とされる。うりざね。
 宵=夜になってまだ間もない頃。夜がそれほどふけていない頃。初更。
 夜中=夜のなかば。夜ふけ。夜間。
 せやさかいに=そのようであるから。
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 山本富士子=1931年12月11日生まれ。女優。本名、同じ。日本一の美女と
   言われ、昭和時代の美人の代名詞であった。大阪府和泉市の阪和線沿
   線出身。
 池内淳子=1933年11月4日生まれ。女優。本名、中沢純子。テレビドラマ
   の女王として君臨した。東京市本所区東両国(墨田区両国)出身。
 パンのヘソ=餡パンの空洞が膨らむのを防ぐために開ける穴。東京・木村
   屋總本店の餡パンはヘソに塩漬け桜花を埋め込むことで有名。
 ねき=根際? そば・かたわら・きわ。対象が人の場合は「はた」を使う
   ことが多い。
 ねぶる=舐める。
 先途=勝敗や運命を決する大事な分かれ目。せとぎわ。多く「ここを先途
   と」の形で用いる。
 開眼=物事の道理や真理がはっきりわかるようになること。また、物事の
   こつをつかむこと。
 乳豆(ちまめ)=乳首:乳房の先の突き出した部分。乳頭。
 抜か一=抜かず〜発:合体したまま複数回の交合を繰り返すこと。だから
   「抜か一」は用法として誤りである。
 粋たらしい=たらしい:それぞれの語意をさらに強めていうときの接尾語。
 〜たらしい=それぞれの語意をさらに強めていうときの接尾語。憎たらし
   い、粋(すい)たらしい、貧乏たらしい、など。
 カザ=におい・かおり。動詞はカザガク。
 音源:露の五郎(五郎兵衛) 1997/10/22/宗右衛門町・エスカイヤクラブ
    日本クラウン


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=露の五郎(五郎兵衛) sub=*  ●main高座記録日:1997/10/22  ●音  源  名:日本クラウン  ●ファイル公開日:2007/05/06  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2014/04/06  ●リクエスト数:rakug416  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次