【上方落語メモ第3集】その145

上  燗  屋


【主な登場人物】
 客  屋台の上燗屋  道具屋

【事の成り行き】
 この噺、第一集その二十三「首提灯」でご紹介した噺の前半部分が独立し
たものです。「首提灯」から抜き出したのか「上燗屋」を発展させて「首提
灯」に仕上げたのか、定かではありません(1999/01/15)。

             * * * * *

 え〜、ありがとぉございます。一席お付き合いをいただくのでございます
が。

 まぁ、お酒といぅものは結構なもんでございまして、この頃また日本酒と
いぅものが、ちょっといっ時、ちゅうてもだいぶ前になりますが、焼酎に圧
(お)されとりましたけど、また昨今はゆわゆる吟醸酒でございますとか、純
米酒でございますとか、えぇ結構なお酒がずいぶんとございますねぇ。

 今、そぉですねぇ、普通のその吟醸酒やの何やの、特別のお酒やないお酒
で、今ちょっと聞きましたが、一合まぁザッとですけど二百円ぐらいだそぉ
ですねぇ、いわゆるこの立ち飲みちぃますかなぁ、純粋で呑みますのんねぇ。

 あのお酒も、結構なゆわゆる料亭といぅ所で、ゆわゆる山海珍味、いろん
なお肴を次々いただきながらチビチビいただくのも結構でございますが、わ
たしらもっと安直にですね、ゆわゆる立ち飲み屋さんちぃますか、酒屋さん
でグ〜ッとやりますとか、また、ゆわゆるまぁ、おでんの屋台なんかでね、
ゆわゆるこの、気楽に呑むのが好きでございます。

 もぉ三十年ほど前になりますが、うちの師匠の内弟子を出ました頃でござ
いましたが、よく近所の、塚口でございますけれどもね、お酒屋さんで立ち
飲み「すいませんねぇ、ちょっと一杯ください」なんか言ぅてですね、その
頃そぉでしたなぁ、五、六十円やと思いますけどね、トットットットットッ
て入れてもろて五、六十円。

 まぁ、六十円なら六十円パ〜ンと置いてカッカッカッカッカ〜ッてやって
シュ〜ッと出るのが、まぁ粋な呑み方やと師匠に教わりましてですね、そい
でそれカ〜ッとやって、そぉするとホッコホッコホッコ、そこらウロウロウ
ロウロしてる間にえぇあんばいに回ってくるんですよね。

 まぁ、あれはあれで何とも言えん気持ちがいたしましたがなぁ。今でもも
ちろん屋台なんかでおでんつまむといぅ、安直な呑み方、わたしはどっちか
と言ぅと性に合ぉてるよぉに思うんでございますが。

 そんなんでまぁ、昭和の四十年ぐらいで酒が五、六十円やったと思います
ねぇ、上等な酒で九十円とか、まぁそんなもんやったと思いますが。大正か
ら昭和のはじめにかけてでは……

●親っさん。一杯何ぼやねん?■え〜、何でございます、一杯十銭でござい
ます●一杯十銭。よし、一杯もらおか■ヘッ、ありがとぉさんでございます。
すぐにお付けいたしますんで●おっき、ありがと、ハハハァ〜ッ。

●親っさん何やねぇ、このね、わいなんやで、日が暮れ好っきゃねん。こぉ
して仕事終えて帰ってきて、こぉして黄昏時(たそがれどき)、明るいよぉな、
暗いよぉな、暗いよぉな、明るいよぉな、ねぇ、皆が仕事終えてゾロゾロと
家路につく「こんばんわッ、こんばんわッ!」ハハッ……、いや、知らん人
や、知らん人やけどね、人間挨拶して悪いことあれへんがな、せやろ。

●仕事終えてあないして帰る人ご互いが、わいもせやけどやで、見るのん好
きや、ハハハハァ〜ッ……、何言ぅてるか分かってるか? だいたい分かっ
てると思うけれど、もぉ既にしてちょっと呑んでんねんけどね、仕事終わっ
たらまず一杯呑むのんね。

●それでこの黄昏時、明るいよぉな、暗いよぉな、暗いよぉな、明るいよぉ
な時分にね、フラ〜フラ歩きながら「こんばんわッ、こんばんわッ!」知ら
ん人やで、知らん人やけど、挨拶して悪いことあれへんがな。

■できましてございます●でけた、でけた? ハハハァ〜ッ、でけたやろせ
やろ、できるまでにちょっと時間かかるやろと思て、ちょっとわたしゃつな
いでたんや、おおきありがとぉ、黙ってたんでは退屈やろと思てね■誰に気
兼ねしてなはんねん?

●いや、誰に気兼ねしてるっちゅうわけやあれへんけど。おっきありがとぉ、
アハハハハァ〜ッ、そぉそぉ、その前にちょっと尋んねとかんならんねけど
■何でございます?●「上燗」とこぉ書いたぁるけど、こら何のこっちゃい?
■なんでございます、まぁ、熱なし、ぬるなし、お酒の燗を言ぅたもんでご
ざいまして、熱なしぬるなしで上燗でございます。及ばずながら燗だけには
ちょっと気ぃ使ことりますよぉなこってございます。

●ハッハッハッハッ、いや俺も恐らくせやと思た。上燗で恐らく呑ましてく
れるんやないかなと思た。だいたいこれ、帰り道やねんけど、今まで気が付
かなんでん、ありがたいこっちゃ、こんな店があるとは思わなんだ、おっき
ありがとぉ。上燗にしてくれた、おっきありがとぉ、ちょ〜どの燗やねぇ、
おっきありがとぉ。ちょ〜だいします、ハハハハァ〜ッ……、す、すみませ
んね、一杯十銭、あっそぉ、ありがたいことやねぇ、ちょ〜だいしますよ。

●(クゥ〜、クゥ〜、クゥ〜……)ど、どこが上燗ですか、これ? 喉へク
ククッと入りましたですよ。こんなん上燗とは言ぃませんですよ、どっちか
言ぅとぬる燗ですね。ちょっと熱してもらいたい。

■まことに相済まんこってございます。いぃえぇ、うかうかしとりました。
まだお客さんございませんでしたんで、湯がちょっと、いえ、いっぺん熱し
たんですけど、また冷めたんやろと思います。すぐに熱くいたします(パタ、
パタ、パタ……)

●済まないねぇ、ハハハァ〜ッ「こんばんわッ、こんばんわッ!」知らん人
や、知らん人やけど、挨拶して悪いことはない。え? しやけど、これもそ
ない何べんも続かんと思うで、三べん以上続いたらちょっとひつこいやろと
思う、ハハハハァ〜ッ……

■誰に気ぃ使こてなさんねん?●誰に気ぃ使こてるわけやあれへんけど、熱
できました? あぁ、おおきありがとぉ、ハハハァ〜ッ、やっぱ熱するのん
にちょっと時間かかるやろ思て、ちょっとつないでてん、おっきありがとぉ、
熱してくれた? おっきありがと。

●こぉいぅ商売はやっぱり客の言ぅこと「はいはい」と聞ぃてもらわな、こ
ちらの心象が違う、おおきありがとぉ。熱してくれた、おおきありがとぉ、
ちょ〜だいしますよ……、とッ、とととッ、ちょっと熱いのんとちゃうか?
ブヘッ、熱、熱ッ、あっつぅ〜、ふぅ〜ッ、ふぅ〜ッ、ちょっと熱いよこら、
呑んで呑めんことはないけどちょっと熱いですよ、熱ッ、いや呑んで呑めん
ことはないけど、熱ッ……、やっぱ、熱いねぇ、ちょっと熱い。

●熱いねぇ「こんばんわッ、こんばんわッ!」今ちょっと取り込み中ですか
ら挨拶はまた今度にさしてもらいます……、熱いよ、ちょっとうめてんか、
うめてんか■ちょっと待っとくれやす。それはなりません●なにが、何がな
らんねん?■いえ、うめるちゅなことおっしゃいまして、また入れますとお
勘定がややこしなりますので。

●えぇ? 何、勘定がややこしなる? そんなことあれへん、そんなことあ
れへん、何ぼ呑んでも十銭しか払えへん■ちょちょ、ちょっと待っとくれや
すな●分かってるがな、あとで勘定したらえぇ。ちょっと継ぎ足してんかっ
ちゅうねん。おっきありがと、スビバせんねぇ、ハハハハハァ〜ッ。何ぼ呑
んでんや分っかれへんこんなん、呑んだり呑まなんだりして……

●(クゥ〜、クゥ〜……、プハ〜ッ)う、うまいッ! なんやねぇ、これで
やっと上燗にたどり着いたねぇ、ハハハァ〜ッ。いやぁしかし、これだけ呑
んで十銭は安いッ!■ちょ、ちょっと……●分かってるて、ヤイヤイ言ぃな、
十銭にこだわるな■あんたがこだわってなはんねん。

●あッ、豆こぼれたぁるやないか。おい上燗屋、豆こぼれたぁる、この豆何
ぼや?■あッ、お豆さんでございますか? へぇ、こっちの鉢にえぇのがあ
りますので入れます●いや、しょ〜もないことしなさんな、客の言ぅことし
なさい、誰がえぇのん入れてくれ言ぅた。

●違うねん、おらぁ妙な人間や、俺ねぇ、豆のこぼれたぁんのん見るとね、
どぉしても食いたいちゅう気になるねん。このこぼれた豆が好きやねん俺、
鉢に入れたぁる豆好きやないねん、こぼれた豆好きやねん。是非ともこれが
欲しぃけど、これは何ぼや? ちょっと値ぇ言ぅてくれ、これ何ぼや? 食
べる前にちょっと値ぇ言ぅてくれ、これ何ぼや?

■いえ、あのね、豆はねぇ、ございますけど、こぼれた豆でございますので
なぁそれ……、こぼれた豆ではお金が頂戴しにくございますねぇ●えぇ〜?
腹の内言ぅてくれてる、真実を吐露してくれてる「お金がもらいにくござい
ます」っちゅうことはどぉいぅこっちゃ? つまり、分かりやすぅ言ぅたら
どぉいぅこっちゃそれは?

■ですからまぁ、お金が頂戴しにくいちゅうことは……、まぁ、ザッと言ぅ
て、まぁただちゅうことですか●そない遠慮せぇでもえぇねや、もっとはっ
きり物言ぅたらえぇねん、たらか、たらか? わいに分かりやすぅに言ぅた
らタダか? たらなら食てみたろ……

●(シュッ)そらゆわんこっちゃない、思たとおりや、豆はこぼれたんに限
るねぇ、ここらのホコリにちょっとまぶれたぁる、これが何とも言えん洒落
たぁる(シュッ)やっぱり豆はこぼれたやっちゃないといかん(シュッ)何
とも言えん味したぁる(シュッ)ホコリや垢や分からへんけど……(シュッ)
こら旨い、もっとこぼそ■ちょちょ、ちょっと……●ハハハァ〜ッ、ビクビ
クするな、臆病者め。

●ホンマやで、こんなとこで商売してるならもっと太っ腹にならないかん、
どんな人間が来るや分かれへん、せやろ、ハハハハァ〜ッ、わいらまだお手
柔らかな方やで、せやろ? これれれ〜、何や?■どれれれ〜、でございま
す?●真似すな、これやこれ■これでございますか。イワシのカラまむし、
イワシのカラまむしでございます。

●え? なに?■イワシのカラまむしでございます●イワシのカラララ〜ま
むしか、下に何や黄色いもん敷(ひ)ぃたぁんな?■ですから、カラまむしで
ございますので、オカラを酢で味付けしたもんで、こぉイワシをまむしてご
ざいます。イワシのカラララ〜まむしでございます。

●そぉか、そんなことはどぉでもえぇねんけど、このオカラ何ぼや? オカ
ラララ〜何ぼや?■いえいえ、カラまむしでございます。イワシのカラまむ
しでございます●何べんも言ぅな、人、アホにもの言ぅよぉに。分かったぁ
るけどや、俺はなぁイワシはあんまり好きやないねん、オカラ好きやねんオ
カラ。このオカラだけが食いたいねんけど、こら〜何ぼや? 値ぇ付けてく
れ、これ何ぼや?

■いえ、その、あのねぇ、これはでございますなぁ、これはイワシをカラま
むししたものが、いわゆる商品でござりますんでね。カラはまむしてござい
ますが、イワシが本体でございますんで、カラはまぶしてございますんで、
オカラだけでは、ちょっとお金は頂戴しにくございます●「ちょ〜だいしに
くございます」ちゅうことは何ぼやっちゅうことや、分っかりやすぅ言ぅた
ら何ぼやねん?

■まぁゆや、ただといぅよぉなことでございますか●せやろ、それをハッキ
リ言わないかんねん、ハッキリ。ただっちゅうことを……、たらなら食てみ
たろ、ハハハァ〜ッ。たらより安いものは無いちゅうねんで、このオカラど
んな味付けしとるかいなぁ、こんなものは、オカラそのものには味はないね
からな……

●味の付けよぉやね(ムシャッ)ん〜、親っさん、これ洒落たぁる。わい、
こぉ見えてもこんなものにはちょっと舌うるさいねん(ムシャッ)これ旨い
旨い、これならいける、どこへ出しても恥かしない、どこへでも出せる(ム
シャッ)これいけるいける。こら人に売れるで、売れるで■売ってるんでご
ざいます。

●売ってるねんけどやで(ムシャッ)こら旨い■「こら旨い」は結構ですけ
ど、そぉオカラばっかり食べられたんではイワシが裸になってしまいます、
風邪ひきますのんでございます●風邪ひくのんか、こんなことして? 何考
えとるねん……、ダッハッハッハァ〜ッ、すまないね、すまないね、ビクビ
クするなバカ、臆病者め。

●おら追い剥ぎか、イワシの。何が裸になりますや、やかましわい。もっと
太っ腹にならなあかんで、どんな人間が来るや分かれへんねん。わいらまだ
お手柔らかな方やで……、ハッハッハッちょっとぐらいお腹ん中でむかつい
てんのんとちゃう? ハハハハハァ〜ッ、もぉしばらくの辛抱や……、上に
赤ぁいもん乗ったぁる、これ何や?

■どれでございます? あぁ、紅生姜でございます●紅生姜、たまらんなぁ。
何ぼや、これなんぼや? 紅生姜何ぼや?■いえ、今も申しましたよぉにイ
ワシのカラまむしの上に、ちょっとこぉ付きもんで乗せてますのでですねぇ、
紅生姜だけではお金頂戴しにくございます。

●いや、みなまで言ぃな、分かった。お金ちょ〜だいしにくいちゅうことは
分かりやすぅ言ぅたら、たら言ぅこっちゃないか。お前とこなんや、ただの
もんばっかり置いてるんですか?■あぁたが、ただのもんばっかり尋んねた
はりますねん、選(よ)ったはりますねん。

●たまたまそぉなった■うそつきなはれ「たまたま」やおまへんわい●ハハ
ハハハァ〜ッ、そぉ腹立てるな、腹立ったらこんな商売でけへんねんで、ハ
ハハァ〜、ただなら喰てみたろ……、ピリッとして旨いなぁ、なかなかシャ
レたぁる……、親っさん、これ〜ッ何や?

■どれでございます? これでございますか、これニシンの付け焼きでござ
います。身欠き(みがき)ニシンの付け焼きでございます●「ニシンの付け焼
き」それもイワシの付きもんか?■馬鹿なことおっしゃいますな、アホなこ
と、何でイワシにニシンが付かんなりまへんねん。どっちか言ぅたらニシン
にイワシが付くぐらいなもんですねん。

●理屈は言ぅな、理屈は……、それ〜ッ何ぼや?■五銭になっとりま●五銭
か、こっちくれ。金が払いとないから言ぅてるのんとちゃうで、誤解しなや。
おっきありがとぉ、おぉ、五寸はあるなぁ。箸要らん、手でいく手でいく、
五寸はある大きなニシンやで、これ付け焼きか……、カ・コ・ム・ケ・ク・
キ・カ……、か、堅たぁ〜、堅いなぁ〜、とてもわいの歯に合わん、返すわ。

●ちょ〜ど二寸食ただけや、二銭にしとこ■ちょ、ちょ、ちょっと●ビクビ
クするなっちゅうねん、これ〜ッ何や?■どれでございます?●これ、これ
■鷹の爪でございます●え?■鷹の爪でございます●ちょっと、愛想悪なっ
てきたねぇ、むかついてるの? 鷹の爪、空飛んでる?■トンガラシです。

●「トンガラシ」何でもかめへん、こっちくれ…… ♪トンガ〜ラシィ〜ッ
と♪ フヒ〜〜ッ、フヒ〜〜ッ、辛ぁ〜、辛ぁ〜、辛ぁ〜ッ、こぉ辛ろぉて
はオカラ食わなしょがない■ちょちょ、ちょと……●ハッハッハッハッ、ごっ
つぉさん、おっきありがと。何ぼになるな?

■……、せやから、はじめから「勘定がややこしなる」言ぅてましたでしょ、
はじめなんや「ぬるいぬるい」言ぅてグ〜ッといかはりましたでしょ、それ
に「熱してくれ」言わはったんで、だいぶ減ってましたんで、あのまま熱し
たんでは愛想ないかいなと思て、わたい実は少し足して、そいで熱いたしま
したんでっけど。

■ほたら「熱いわ〜い、熱いわ〜い、けど呑めんことないわ〜い」ガブガブ、
ガブガブ、また「うめうめ、うめッ」言ぅて入れて、どんだけ減ったんや分
からへんねん、もぉ……、豆はいかれてるわ、ニシンはかじりさしやわ、唾
ベチャベチャ付いて売られへんこんなもん……、そぉでんなぁ、ほなまぁ、
二十五銭だけもろときまひょか。

●な、何ぼれすか? 何ぼれすか?■大きな声出しなさんな、二十五銭もろ
ときまひょか●え〜ッ、聞き違いじゃ〜ないの? 二十五銭? ありがたい
なぁ、わいら今まで何百軒、大阪であちこち呑みに回ったけど、これだけ呑
み食いして二十五銭、こいつは安い。こんな安い店初めてや、ハハハァ〜ッ、
何ぼか負からん?

■何言ぅてなはんねん、人を安心さしといて何言ぅてなはんねん●かからん
か?■何でかかりまんねん●わいねぇ、はじめに言ぅたか知らんけど、ここ
ちょ〜どうちの帰り道やねん、今まで気が付かなんだけどね。おら腹決めた
で、これから毎日寄って呑みたいと思うねん。毎日寄ろといぅ、わたし、今
気持ちになりましたですね。

■ありがとぉございます。どぉぞご贔屓に、お得意さんでひとつよろしゅお
頼の申します●そぉやで、そぉいぅ気持ちに、今、なりましたですよ。それ
でまた、あした、あさって来て、顔見て知らんちゅな顔されたら、わいも客
の気ぃとして嫌やよってね、ちょいと顔覚えといてもらいたい「あぁ毎度ッ」
なんて言われたら、また嬉しぃ気になるので、顔は覚えといてもらいたい。

■へぇへッ、なんでございます、かしこまりましてございます●よぉ、顔覚
えといてや、これから得意やで、毎日来るで、顔覚えといてや●へぇ、あり
がとさんで、ご贔屓にお願いしますで●顔、覚えたか?■へッ、覚えさして
もらいました●おっきありがとぉ。ほなまぁ貸しといて■ちょちょ、ちょっ
と、初めてのお客さんでございますがな、そんなことおっしゃらずに●ダハ
ハハァ〜ッ、かからんか?

■かかりますかいな●アハハハァ〜ッ、分かったやかまし言ぅな、ちょっと
待ってくださいよ……、おっ、五円で釣りくれ■鈍なこってございます、い
え、まだ宵からお客さんございませんでしたんで、何でございます、細かい
もんが●こまかいもん無かったらしゃ〜ないがな。

■ちょっと、向こぉに夜店出しの道具屋が出てますので、向こぉでちょっと
替えてまいります●やかましぃ、それならわいが行て替えてくる。わいが行
く……、やかましぃ、こらッ、そんなとっから妙な目つきでこっち見るな。
二十五銭ぐらいの銭でわいが逃げ隠れするとでも思てるのんか、この臆病者
め、ハハハハァ〜ッ。

●せやけどこれ、どれぐらい時間が経ったんかな思うねんけど、あんまり長
いこと時間経ってもいかんので、ぼちぼち降りよかないぅ気はしてんねんけ
れどやで、ハハハハァ〜ッ、どれぐらい時間経ちました? わっかりますか?

●(十九分)なに? 十九分、十七分? まだもぉちょっと演らなしゃ〜な
い……。ハハハハァ〜ッ、だいぶ経ったよぉに思たけど、まだそんな経って
なかったんや、ほなもぉちょっといこ(場内大爆笑)

●おい、道具屋▲もぉちょっとお演りですか?●じゃかぁしぃわ! いろい
ろなもん出たぁんなぁ▲へぇ、もぉいろいろとございますんで、見とくれや
す●おおきありがと、あんなもんにこんなもん、こんなもんにあんなもん、
いろんなもん出たぁる……、お前のその膝元にある、それ何や?

▲どれでございます? これですか、毛抜きでございます●なに?▲毛抜き
でございます●毛抜きか、ちょっとこっちかしてみ、ちょっとかし、やかま
し言ぅな。ちょっと道具屋、ちょっと聞くけど何するもんや? これ何する
もんや?▲毛抜きでございますから、あごの髭を抜きますのでございます。

●何? あごの髭抜くんか。おい、ちょっと尋ねるけど、痛いことないか?
痛いことないか?▲本家産毛屋のんでっさかい、決して痛いことございませ
ん●そぉか、お前がそない言ぅねやったら、いっぺん抜いてやろ。毛抜き、
髭抜き痛いことないか、痛かったら承知しないよ。ちょいちょい痛いのんあ
るねんでこれ、痛かったら怒るよ……、痛ッたぁ〜ッ! こらッ、痛いやな
いかい。

▲ちょっと灰を付けてみなはれ●灰付けるのか? それを先言ぃなさい、何
や手あぶりみたいなもん持って来てんのか? タバコ吸ぅたりいたしますの
で? そぉ、いろいろ事情あるわい……。今度痛たないか? おッ、痛たな
いわ。これ面白いねぇ……、あらッ、ちょっと灰付けたら痛たないねぇ、え
らいもんやなぁ上手に抜けるわこれ。

●はぁ〜ん、これ毛抜きかそぉか、ふ〜ん。これ何で毛抜きっちゅうねん?
えッ、髭抜くんのに髭抜きちゅうたほぉがえぇのんちゃうか。何で毛抜きっ
ちゅうねん、ちょっと尋んねるけど。

▲髭はみな、毛ぇでっさかいね、せやから毛抜きですなぁ●えぇ〜? 髭、
みな毛ぇ? そぉかなぁ、知らなんだなぁ、髭みな毛ぇか?▲みな、毛ぇで
す●えぇ〜ッ? ほな大根やニンジンの髭もあれ毛ぇか? ファッハッハッ、
嫌んなってきた……

●ちょっと尋んねるけど道具屋、お前子どもやみなあるんか? 妙なこと尋
んねるけど、ころもやみなあるのんか?▲夫婦(みょ〜と)の間に一人男の子
ございます●一人男の子?▲小倅(こせがれ)が一人●「小せがれが一人……」
馬鹿なことを言ぃなさんな、子どもは子宝ちゅうぐらいや、大事にして大き
せなあけへん、そら結構なこっちゃ。

●ちょっと尋ねるけろね、夜寝る時などはどぉいぅふぅにして寝てるんです
か?▲もぉどぉぞ、しょ〜もないことお尋ねならんよぉに●俺こんなん好っ
きゃ、聞くのん。どぉいぅふぅに寝てるん?▲どぉぞご勘弁を●かめへんや
ん、何かもらうからちょっと言ぅてくれへんか▲さいでございますか、まぁ
なんでございます、子ども真ん中にしまして、両側へ我々夫婦……

●みなまで言ぃな、分かった「川といぅ字に寝る夫婦」ちゅうねんね。せや、
こんな川柳知ってるか?「子沢山、州といぅ字に寝る夫婦」っちゅうねん、
知ってる? どぉいぅことか分っかる?「州」ちゅう字ぃ知ってる? こぉ
こぉこぉなってやで、で子沢山やからこぉいぅふぅに寝るちゅうねん。こな
いだ本読んで覚えたんや、どっかで使わんならんと思てたんや、ここで使え
るとは思わなんだ。

▲誰と話してなはんねん?●毛抜き、そっちやっといて▲あらッ、買いなは
らしまへんのん?●みな髭抜いてしもてあれへん。その代わり他のもんもら
う。おッ、お前の横手にあるそれ何や?▲大将、えらいものがお目に止まり
ました。普通の杖やございませんねん、このとおり、仕込になっとりま。

●うわッ、ちょっと待て、仕込の杖か、オモロイもんあるなぁ。な、何ぼや?
▲宵からどなたさんも値ぇ付けとられますが一文も負かりません、五円でご
ざいます。

●五円かぁ……、仕込の杖やみな五円ぐらいするやろなぁ、困ったなぁ……、
えらい済まんけど、そこ二十五銭だけ負からんか?▲ケッタイな値切りよぉ
でんなぁ●いや、今そこで一杯呑んだ二十五銭要るねん▲それなら、負けさ
してもらいます。

●そぉか、よっしゃありがとぉ……、釣りはこっちくれ、これは上燗屋に払
わないかん。仕込の杖こっちくれ、よぉ〜し、でや? 似合うか?▲よぉお
似合いでございます●おっきありがとぉ、また来るよって……

●よぉ〜し、こら、えぇもんが手に入ったぞ。考えてみりゃ、あの上燗屋は
まことに無礼な男や。安せぇ言ぅても安せぇへん、貸しとけ言ぅても貸さん
ちゅな、実に無礼なやっちゃ。怒りが込み上げて来た……、上燗屋〜〜ッ!
お前いっぺん叩き切ったる〜ッ!

■アホなこと言ぃなはんな。


【さげ】
 わぁわぁ、わぁわぁ……、おなじみの「上燗屋」でございます。


【プロパティ】
 「首提灯」=このあと、上燗屋への払いを済ませ、仕込の切れ味をためそ
   うと空き巣を待ち構える「首提灯」へと続きます。
 日本酒=日本特有の酒。特に清酒。
 清酒=日本特有の米と米麹とで醸造したもろみを濾して得た澄んだ酒。日
   本酒。酒。(濁酒に対して)澄んだ良質の酒。
 伊丹屋酒店=伊丹の鴻池村に山中新六が住みつき酒作りを始めた。濁り酒
   を造っていたが1600(慶長5)年、双白澄酒(もろはくすみざけ=清酒)
   の醸造に成功、伊丹の酒の隆盛に繋がる。後に山中新六は鴻池村にち
   なんで鴻池姓を名乗り、大坂に出て鴻池家の始祖となった。というこ
   とから「伊丹屋」の屋号は酒屋の定番。
 焼酎=蒸留酒の一種。穀類・芋類・糖蜜などをアルコール発酵させ、それ
   を蒸留してつくった強い酒。
 吟醸酒=日本酒のうち60%以下に精米した白米を原料とし低温発酵させて
   醸造した清酒。
 純米酒=米と米麹のみで醸造した清酒。
 上燗=酒の燗にはおおむね、日向燗(30度位)人肌燗(35度位)ぬる燗(40度位)
   上燗(45度位)熱燗(50度位)飛び切り燗(55度以上)の種類がある。また
   直接火にかける「じか火燗」お湯につける「湯せん燗」湯せん燗には、
   水から暖める、熱湯につける、80度くらいの湯につける、と細かに分
   かれる。
 うめる=湯に水を混ぜてぬるくする。差し水をする。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 まぶれる=まみれる:一面に付いて汚れる。
 カラまむし=おからまぶし:酢と砂糖で味付けしたおからをからめて調理
   した料理。
 鰯のカラまむし=鰯を酢でしめ、おからを甘酢で炒って冷まし和えた料理。
 付け焼き=醤油・味醂などで調味したたれをつけながら焼いた料理。
 身欠き鰊(みがきにしん)=頭・尾・内臓を取り去り二つに裂いて干したニ
   シン。欠き割り。
 鷹の爪=トウガラシの栽培品種。果実は小形の円錐形で赤く熟す。辛みが
   強く香辛料にする。
 鈍=のろいこと・へまなこと。また、愚鈍。
 宵の口=日が暮れて間もないころ。
 じゃかぁしぃ=やかましいの転訛。
 本家産毛屋=毛抜きは古くから、金沢市や越後高田(上越市)、江戸など、
   工芸品として伝わった。現在「産毛屋」を名乗る店が越後高田、東京
   浅草人形町にある。
 仕込み杖=中に刀を仕込んだ杖。座頭市でおなじみの仕込み杖、刀の文化
   は日本のお家芸と思っていたら、実は本場はヨーロッパだったのです。
   ヨーロッパではステッキが紳士の身だしなみとしてなくてはならぬも
   のでした。同時に治安の悪かった街中を歩く際には護身用として、こ
   の仕込み杖が重宝されたのだそうです。聞けば、普通の杖よりもよく
   売れたとか。日本では杖をつくのは足腰、体の弱い方ですから、そん
   な人と仕込み杖は似合いません。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 音源:桂枝雀 1993/08/13 枝雀寄席(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂枝雀 sub=*  ●main高座記録日:1993/08/13  ●番  組  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:1999/01/15  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2006/05/21  ●リクエスト数:rakug145  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次