【上方落語メモ第3集】その144

小  品  集



 今回ご紹介するのは、普段の高座では聞けないような長短の小噺を米朝師
匠が、わざわざひと高座にまとめられたものです(1998/12/31)。


【小品その1】 蚊  帳  は 【主な登場人物】  寡男(やもめ)  蚊 【事の成り行き】  この頃あんまり見んよぉになったのが、あの蚊帳ですなぁ。蚊ぁだけは確 かに減りましたなぁ。昔は蚊帳がなかったら、夜どおし蚊に攻められて、た まったもんやございません。  蚊帳といぅのは大事なもんで、四谷怪談でも、お岩がね「蚊帳だけは置い といてくれ」っちゅうて、子どもが蚊に攻められますから、まぁあら本当に 命懸けで抵抗するぐらい大事なもんやったんでございましょ〜が。  この蚊帳を寡男(やもめ)っちゅうのはしゃ〜ないもんで、酒が呑みたいん で質(ひち)に置いて、その金で一杯呑んでゴロッと寝てたら、蚊ぁが馬鹿に しよりまんねやなぁ。 ●かやわ〜〜〜、蚊帳は〜〜〜?■うるさいなぁ。質へ置いたわいッ! 【さげ】 ●ふ〜〜〜〜ん……
【小品その2】 朝 顔 親 爺 【主な登場人物】  親爺  朝顔 【事の成り行き】  朝顔といぅものが見事に咲きますが、あれは朝寝の人間には縁がないんで すなぁ。たいがいお昼頃まで寝てる我々といぅよぉな、朝十時に目を覚ます といぅよぉな、こぉいぅ人種は朝顔の奇麗ぇな色はなかなかお目にかかれま せんが。  「朝顔が見事やみごとや」といぅのを聞ぃて、朝寝人種がいっぺん見よと いぅので、頼んで朝早よぉ起きまして、裏の庭へ出てみるといぅと……、な るほど、見事な朝顔。  「はぁ〜ッ、ホンに綺麗ぇなもんじゃ。早よ起きただけのネグチがあった わい」と見てると、それがズ〜ッとしぼんでしまう。 ●おいおい、もぉちょっと見してくれ。  と、朝顔が…… 【さげ】 ■お前が来たんで、昼かと思た。
【小品その3】 書いた物が物を言う 【主な登場人物】  丁稚  店の先輩  親戚 【事の成り行き】  これは丁稚さんに限らず我々でもそぉですわ、あれは癖になりますねぇ、 あのお通じといぅやつは。夜中に行くといぅ習慣ができると、もぉ必ず夜中 に、その時間になったら行きとなりまんねんあれ、難儀なもんですわ。  その丁稚さんが毎晩まいばん、夜中にもぉ眠たい目ぇこすりながらお手水 へ行く癖がついてしもたら、やっぱり先輩が教えてくれるんですなぁ。  「そぉいぅ時にはマジナイがある。夜中行ってそのお手水、用足す時に下 の方を見て『明晩から、よぉ参じまへん』と、こない言ぃ。ほな明日から、 その次の晩から、その時刻がきても催さんよぉになるんや、こらマジナイや」  「えぇこと教えてもらいました」ちゅうて、その子ども衆(し)さん、トイ レ行ってでんなぁ、昔の商家の便所ちゅな夜は真っ暗で恐いもんですわいな、 目ぇこすりながら教せてもぉたとぉり、 ●明晩からよぉ参じまへん▲そぉ言わんとまたおいで●ギャァ〜〜ッ!  こら腰抜かしますわいな、ビックリ仰天して、さぁ家中のものが来たけれ ども別に何もない「そら寝ぼけてたんや」ちゅうて次の日ぃ「もぉよぉ行か ん恐い」ちゅうのを「まぁわしが付いて行たるさかい」 ●明晩からよぉ参じまへん▲そぉ言わんとまたおいで。  みんな聞ぃた、さぁこぉなるとえらいことでございます。加持祈祷やとか やってもろぉてもなかなかこれが収まらん「どぉしたらえぇやろ?」といぅ と、やっぱり町内に事の分かった年寄り、何でも知ってる年寄りちゅうのが 居りまんねん。  落語に出て来る甚兵衛はんみたいなやつが、この、どこの町内にも居るん ですなぁ「わしが見てやろぉ」ちゅうわけでやって来て、ズ〜ッと調べる。  落とし紙が積んであります「これは?」っと見たら、これが証文やとか帳 面の古なったやつをこぉ適当な大きさに切って、もったいないちゅうわけで、 それをこぉ落とし紙に使こてたんですなぁ。 ■これを落とし紙に使こてんのか?▲そぉでんねん■これがいかんがな、こ れが言ぃよったに違いない▲何ででんねん? 【さげ】 ■書いたもんがもの言ぅがな。
【小品その4】 鍬     烏 【主な登場人物】  お百姓さん  烏  鶏 【事の成り行き】  あほらしぃ噺を聞ぃていただきます。  お百姓が田んぼで野良仕事をして、鍬忘れて「あぁ〜、夕焼け奇麗なぁ」 てなこと言ぃながら、袋か何か担げて帰りかけると頭の上で烏が「鍬ぁ〜、 クワァ〜」 ●おッ、鍬忘れるとこやった。よぉ教(お)せてくれたなぁ、おおきに。こん なもん一晩こんなとこほっといたら、錆付いてしもてえらい目に遭うとこやっ た。お前には餌ひとつやったことはないのに、よぉ教えてくれた。おおきに、 おおきに。  烏に礼を言ぅて、うちぃ帰って来る。戸口のところまでまいりますと、鶏 が…… ■クゥ、クゥクゥクゥクゥ……、クゥ、クゥクゥクゥクゥ●こらッ、人の顔 さえ見たら「クゥクゥ、食ぅ食ぅ」ちゅうて餌ばっかりねだりやがってホン マに、烏を見習え、烏を。烏にゃ餌ひとつやったことないが、今、この鍬忘 れて帰りかけたら「鍬ぁ〜、クワァ〜」ちゅうて教せてくれたぞ。  っちゅうと鶏が…… 【さげ】 ■取ってこぉかぁ?  ●もぉ遅いわい。
【小品その5】 槌  の  音 【主な登場人物】  尾張の殿様  紀州の殿様  江戸幕府老中 【事の成り行き】  ガラッと噺が変わりますが、徳川将軍にお世継ぎがないといぅときに、あ れ紀州の大納言、尾張の大納言。紀伊家と尾張家のどちらかから、この跡目 を立てたんやそぉで。で、水戸の中納言は天下の副将軍ですが、あすこから はお世継ぎ、養子を出してはいけない。それでまぁあら別格の存在やったん ですなぁ。  ですから、紀州と尾張の間ではしばしばこの、こぉいぅ勢力争いがあって、 小説の材料になったりしとりますわなぁ。徳川吉宗が紀伊から出て、尾張の 方が残念がってるとか、いろんなことがあるわけでございますが……  尾張の殿さんが、自分のところへ天下が回ってくるであろぉと、十分その 予感を持ちながら跡目相続の評定(ひょ〜じょ〜)に臨みました。江戸城でご ざいますなぁ、老中、大老といぅよぉな元老連中が集まってるところへ御三 家が寄って、最後の決を採る。  駕籠に揺られて行く。江戸はそんなことやってたんでは商売にならんさか い、大名が通っても別に仕事休んだりしまへん。そのかわり「下にぃ、下に」 ちゅなことも言ぅたらいかんのですなぁ。  仕事をしてる鍛冶屋が働いてます。その音が「テンカトル、天下取る」と 槌の音が聴こえる…… ●跡目相続の評定に臨む折から「天下取る」とは、こりゃ縁起が良い。  尾張の殿さん、喜んで会議に臨みます。 ■尾張大納言様には天下跡目ご相続の儀、万民のためにご承引下されたく、 お願いを申し上げます。  と、老中が言ぅ「あぁ、よろしぃ」と言やそれまでなんですが、いっぺん 遠慮せんことには格好が付かんので。 ●いやいや、身不肖にして、その任にあらず。  もぉいっぺん聞くに違いない、そこで引き受けたらえぇやろと思て一応は 辞退をした。ほんだらもぉいっぺん推すかと思たら、そのまま今度は紀州公 の方へ行てしもた。 ■紀伊大納言様には下、万民のため、天下跡目相続ご承引の儀、願わしゅ〜 存じます▲身不肖にして、その任にあらず。といえども……  とこぉ「いえども」付けてまいよった「あらッ? ケッタイなこと言ぃや がったな」と、尾張さん思てるあいだに、 ▲下、万民のためとあらば、承引つかまつる■お引き受け願えますか▲委細 承知。  決まってしもた。もぉどぉしよぉもない尾張さん。自分の方へ先、話持っ て来たんやさかい文句も言われしまへん「無念である」と思いながら、お城 を下がって来る。やっぱりそこを通りかかると鍛冶屋の音が「テンカトル、 天下取る」  「あのよぉに『天下取る』と申しておるのじゃが?」と聴ぃておると、鍛 冶屋の方は真っ赤に焼き上がった鉄を傍らの水の中へ…… 【さげ】  キシュ〜〜ッ…… ●あぁ、やはり余ではなかったか。
【小品その6】 嫌い嫌い坊主 【主な登場人物】  坊主  後家さん 【事の成り行き】  坊(ぼん)さんちゅうのは得なところがございましてね、後家さん、未亡人 ですなぁ、もぉ「未亡人」といぅ言葉はも一つ色気がないよぉに思うんです がなぁ、ご主人が亡くなって、ことに若いまだまだ綺麗な奥さんといぅこと になりますと、なかなか寄り付きにくいもんで、ご主人の友人連中もなんか 一人では行きにくい。平気で行けるのはこの坊さんでございます、昔から。  七日七日には行くし、そのほか何じゃかんじゃいぅては行くし、耳打ちみ たいな話してても人も怪しまん。そんなんで、坊さんと後家さんといぅのは ちょいちょいある図でございますが。 ●こんにちわ、お勤めに参りましたぞ▲まぁ、おっすぁん。あのぉ〜?●今 日は祥月命日▲あぁ、おっすぁん、来月でございますがな●あ、そぉか。ひ と月間違ぉたかいな。まぁまぁしかし、せっかく来たもんじゃ、お勤めだけ して帰(かい)らしてもらいましょ▲お仏壇(ぶったん)のお掃除もなんもでけ てぇしまへん●いやいや、構わんかまわん。  「ナマンダブ、ナマンダブ」ギィ〜ッとお仏壇を開いて、チィ〜ン…… ●かんじ〜ざいぼ〜さつぎょ〜じんはんにゃ〜……、寺方が檀家の祥月命日 を間違えるはずはないわいな。そんなものはな、よぉ分かってんのじゃけど、 ここの後家がどぉもありゃ色っぽぉてなぁ、風あればなびこぉといぅ風情が 見えるのじゃで、折あらばと思ぉていっぺんでもここへこよぉと思ぉて…… ●かんじ〜ざいぼ〜さつぎょ〜じんはんにゃ〜は〜ら〜み〜た〜、なんとか ものに〜な〜らんかいな〜、よいつじうらが〜ききたいもんじゃ〜。  わけの分からんお経唱えてると、後家さんの方でもお寺さんがお勤めして くれたはる、お茶ぐらい上げないかんといぅわけで、台所の方で釣瓶をこぉ、 水を汲んでおります。  木でこしらえた木の釣瓶といぅものはあら妙に軋むもんで、その軋んでる 音が「スキスキ、スキスキ」と聞こえた。 ●あッ、これから口説こぉと思てるのに「スキスキ」とは、こりゃ験(げん) のえぇ辻占じゃ、いっぺん様子見てこよ……  えらい和尚があったもんで台所の方へこぉ、覗きにやって来るといぅと、 水をこぉ汲み上げています。こぉ手を持ち上げたこの袖開きのところから肌 がチラッと見えた。 ●うわ〜ッ、こりゃうまい具合。  と、後ろへ回って「これお常どん、どぉじゃいな」パッと後ろから抱かま えて。 ▲まぁ、おっすぁん! 何をしなはんねんッ!  パッと手ぇ放すと、釣瓶が空回りして…… 【さげ】 「きらいきらいきらい、どぼぉず〜〜ッ」
【プロパティ】 「書いた物が物を言う」  子供衆(こどもし)さん=お子達。あるいは商家の丁稚。コドモシサン→コ    ドモッサン。  書いた物がものを言う=どんなに堅い口約束でも、いざという時には書き    ものにしてある証拠にはかなわないという意味の諺。 「槌の音」  徳川吉宗=(1684〜1751)江戸幕府第8代将軍(1716〜1745)。紀州藩主徳川    光貞の四男。幼名源六・新之助。兄の相次ぐ死により紀州藩主となり、    徳川家継のあと、宗家を継いだ。諸事家康への復古を唱え、武芸・学    問・殖産興業を奨励(享保の改革)、幕府中興の祖とされる。  ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な    など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並    んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。 「嫌い嫌い坊主」  おっすぁん=『大阪ことば事典』には「和尚さん」の約訛とあるが「お住    持さん」ではないか。お住持さん→おじゅっさん→おじっさん→おっ    すぁん?  祥月(しょうつき)=一周忌以降の故人の死んだ月と同じ月。  辻占(つじうら)=偶然に出会った事物によって将来の吉凶を判断すること。    辻占発祥の元祖瓢箪山の辻占は神前のおみくじを引き、出た数字番目    に占場(辻)で出会う通行人の風体を社務所に告げ稲荷の霊示を得る。  験(げん)=ゲンがえぇ、ゲンが悪いなど、兆しの意味に用いられる。現在    は験の字を当てるが、縁起(えんぎ)の倒語ギエンをゲンと約めたもの。  音源:桂米朝 1990/**/** 米朝落語全集(MBS)
【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1990/**/**  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1998/12/31  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2006/05/07  ●リクエスト数:rakug144  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次