【上方落語メモ第2集】その92

犬  の  目


【主な登場人物】
 わし  横町の目医者  先生の助手  池田さん

【事の成り行き】
 学生の頃は視力検査表の下から2番目ぐらいまで見えていました。視力が
低下したのは仕事を始めてからで、それでも3、4年は眼鏡を掛けるほどで
もなかったのです。ある雨の日、電車の到着時刻を確認しようと、プラット
ホームにある時刻表を見て愕然となりました。数字が見えません。

 初めて眼鏡を作り、仕事帰りに引き取りに行って掛けてみたときの驚き、
今でも鮮明に覚えています。町の夜っていうのは無闇に明るかったんですね。
以来、眼鏡が無くては歩けなくなりました。今では度も進み、50cm離れると
モニターの文字が見えないほどです。

 でも、目の悪いことがマイナスばかりとは言えません。眼鏡を外すと全て
の女性が美しく見えてしまいます。そちらのあなたも、こちらのあなたも。
というか、個々人を特定できる状態やなくなるという方が当たってますけど。

 先日テレビ番組で、犬に小型CCDカメラを付けて「犬の目線」で世間を
うかがうという実験をしていました。中型犬でちょうど人間の膝辺りに視線
が合うようでした。相手が子供でも目を合わすときには見上げる形になり、
かなりプレッシャーがかかっているようです。

 面白かったのは女子高生とすれ違うとき、下から見上げて恥ずかしそうに、
すぐうつむいて、顔赤らめて……(2000/03/12)

             * * * * *

▲目ぇどないしたんや、痛いんかい?●四、五日前から疼いてなぁ▲ほぉ、
お医者に診てもろたんか?●医者はまだやねんけどな、寅はんに診てもろた
んや▲寅はん、目のことなんか分かるんか?●近所に居ったさかい診てもろ
たんや。トラホームいぅぐらいやさかい関係はあるやろと思う▲よぉそんな
気楽なこと言ぅてるなぁ、寅はんどぉ言ぅてるねん?

●寅はん、この目ぇジ〜ッと見て「こら、雨いぅ目ぇやなぁ」言ぅねん▲何
や? その「雨」いぅのは?●「こぉ一面に曇ってるさかい、こら雨やろ」
言ぃよんねん▲なぶられてんねやがな。ちょっとわしが診たるわ……、こら
雨やないで●雨と違うか?▲こら、日和や●「日和」? 何でやねん?▲星
が出てるさかい●もぉそんな、人の目ぇおもちゃにすんねやないで。

▲こら冗談やけどな、目ぇだけは早いこと行かないかん、ほっといたら取り
返しがつかんことになる。この横町(よこまち)にな、えぇ先生(せんせ)が居
てんねん。もぉ曲がったら看板見えたぁるわ。わしから聞ぃて来た言ぅたら、
うち心安ぅしてるねん、じきに診てくれる、行といで●あそぉか……

             * * * * *

●なるほど、わぁホンに大ぉきな看板やなぁ……。ははぁ、来るやつがみな
目ぇが悪いさかい、よぉ見えるよぉに大きな看板出しとんねやな……、ごめ
んを★はい●あの、そこの池田はんに紹介されて来ましてんやけど「早いこ
と行って先生に目ぇ診てもらえ」言われて来ましたんや★あぁ、池田さん。
どぉぞこっちお上がり……。先生、池田さんの紹介で患者の方がみえました
が■あぁ、こっち通しなさい……

■あんたか、目はいつから悪いな?●四、五日前から疼いてなぁ■幾つ悪い
のん?●「幾つ」? わてヤツメウナギと違いまんねやさかいね、二つよか
あれしまへんねん■両方とも悪いのん? あぁそぉか、ほなまぁそこへ腰か
けて横んなって。さっそく……、わぁ、こらひどい。うわぁ〜ッ、こらあか
ん、ぼちぼち腐りかけとんなぁ●せ、先生、大丈夫ですか?

■いやいや、まだ間に合うじゃろ。さっそく取り掛かるからな。あぁ、道具
をこっち揃えて持ってきなさい……。君ねぇ、この目の下へ、こぉいぅ具合
にこの皿を当てがうよぉに●あなるほど、こぉやってズッと目ぇ洗ろてもら
いますねやなぁ■いやいや、そん中へ目玉をくり抜くから●「くり抜く」?
そんな乱暴なことして大丈夫ですか?■あぁ大丈夫だいじょ〜ぶ、こら取り
出して悪いところがあったら修繕してまた放り込んどきゃえぇねん。

●先生、麻酔は?■「麻酔」? 麻酔なんかかけてる間ぁない。早いんじゃ
からわしゃ、そんなものはすぐじゃ。こんなもんはタコ焼きの要領でこぉやっ
てクリッと……●先生、乱暴な■「乱暴」も何もない……

■ん、ちゃんと抜けたけどひどい目ぇじゃなぁ「落ち目」といぅ目じゃなぁ
これは。情けない、ちょっとこれ見たまえ。これを綺麗ぇにしてやるから情
けないところを見てみなさい●先生無理言ぃなはんな。目玉抜いといて「見
たまえ」ちゅうたかて見えるわけないがな。

■あぁ、自分で自分の目は見られん、割と不自由なもんじゃなぁ。目玉の方
が君を見とぉるなぁ●先生、そんなおかしなこと言わんよぉに■いやいや、
これならまだ間に合う……。おい、あのなぁ、いつものよぉに一号液と二号
液を調合してな、これを持ってそれへ漬けておくよぉに。調合を間違えんよぉ
にせぇよ、こないだみたいにまた目玉が溶けてしもたらいかんから……

●ちょ、ちょっと待っとくなはれ先生。こないだ目玉溶けてしもたんですか?
■いやいや、そぉいぅことは滅多にない●当たり前や、そんなことがちょい
ちょいあったらたまらんで■まぁまぁそぉ言ぅな、わしゃ千人からの目を治
してきたからな、みな見事に治ってるから安心して任しておきなさい。

●しかし先生何ですなぁ、こぉ生まれたときから入ってる目玉抜かれると、
何かこの辺が寂しぃよぉな気がしますなぁ■「寂しぃ」? そんなことはな
いはずじゃ、賑やかなはずじゃがなぁ?「目抜きの場所」とかよく言ぅじゃ
ろ●あんた冗談ばっかり言ぅてなはる、大丈夫ですか?

■あぁ、もぉよかろぉこっちへ持っといで。あんまり長いこと漬けとくとロ
クなことない……。奇麗ぇになったぞ君、あぁ間に合ぉた間に合ぉた、これ
なら大丈夫じゃ。さっそく入れてやるからな……、イヨッと、ん……、ヨイ
ショ……、何でこぉ入らんのじゃ? おい、人の目と間違ごぉとらんじゃろ
なぁ。

●先生、頼んまっせ、よその人の目ぇ入れてもろて、うち帰って嫁はんの顔
見たら、誰や分からんてな■そのよぉな馬鹿なことはないが……、おかしぃ
なぁ、出たものが入らんといぅのは……。もっともまぁ、人間の赤ちゃんで
も母親の胎内から出て元に戻らんから……●先生、そんなおかしなこと言わ
んよぉに、目はどぉなりまんねん?■ははぁ、これは少ぉ〜し液に漬け過ぎ
たので、目玉がちょっとふやけたな●「ふやけた」? 飯粒やがな……、どぉ
なりまんねん?

■いやいや、ちょっと日に干しときゃすぐ元へ戻るから大丈夫じゃ……。お
い、これちょっと向こぉへ持って行って干してきなさい。直射日光は避ける
方がいぃぞ、陰干しカゲボシ。この目玉とか靴の濡れたんなんか、みな陰干
しに限るでな。心配せぇでも大丈夫じゃて君、わしゃ千人からの目ぇを治し
てきたから。

●あんたそんなことばぁ〜っかり言ぅてなはんねや「千人からの目ぇ治して
きた」て、あんた熔かしてしもた……■そぉいぅことは言わん方がよろしぃ。
ん、どぉした?

★先生、ちょっとお顔を■ん、何じゃ?★えらいことができました■「えら
いこと」て何じゃ?★目が、見えんよぉなったんで■誰の目が見えんよぉに
なった? すぐ治してやる★いや、そやないので、干しといた目玉が見えん
よぉになったんで■何?★ちょっと来てください、いつものよぉにあそこに
ね、容器はあの通り……、中身があれしまへんねん。

■おい、いつも言ぅてるじゃろが「裏の木戸を開けといてはいかん」と。い
つも言ぅてんのに、あれを開けっ放しにしといたから、隣りの犬が入って来
たんじゃ。食てしもたに違いない。見てみぃ、横で寝てるがな舌なめずりを
しながら……、こいつが食いやがったんじゃ★どぉなります?

■困ったなぁ、いま代わりの目玉は無いし……、この犬で間に合わしとこか
なぁ★この犬で間に合いますか?■これだけ大きかったら、間に合うじゃろ。
来い、来い来い……、しっかり押さえててくれよ、ちょっと目玉をいただく
からな。クリッ、クリッ★先生、早いこと抜きなはったなぁ■ん〜ん、これ
なら大丈夫じゃ。あぁ、人間のより水晶体やなんかこっちの方がいぃぞ、こ
れなら間に合う。

★しかし先生、この犬、目玉抜かれて可哀相ぉですなぁ■大丈夫だいじょ〜
ぶ、人間の目玉を食た犬じゃ、来年の春になったらまた目ぇ吹いてくるから
な★また目ぇ吹いてきますか?■あぁ吹いてくる、五月の一日になったら、
またメーデーといぅて目が吹いてくるから大丈夫。

             * * * * *

■あぁ君、お待たせをしたなぁ●先生、何やいま気になるよぉなことを……
■いやいや、心配いらん。あれはほかの話、君の目はこの通り奇麗ぇになっ
たぞ、早速入れてやろぉ……、あとはサイズがが合うかだけの問題じゃ……
スッポン、スッポン。おっ、スッと入ったなぁ、やっぱり縁が有ったんじゃ
なぁ。では、こぉ目薬を点してと……、さぁこれでえぇ、体起こしてみなさ
い。

●えッ先生、もぉえぇんですか……? ホンに早いなぁ■どぉじゃ、よく見
えるじゃろ?●なんにも見えませんが■そんなはずはない、瞳を凝らしてよ
く見なさい●瞳凝らすにも何にも、真っ暗ですがな■「真っ暗」? ちょっ
ともっぺん横になんなさい。真っ暗といぅのはおかしぃがなぁ……、あぁこ
ら見えんわけじゃ、目玉が裏返しに入っておった●先生そんな、頼んまっせ
ホンマに。裏目やなんてこないだの競馬と一緒やがなもぉ、本目に治しとく
なはれ。

■いやいや、もぉ大丈夫、クリッ、クリッ……、これで体を起こして目を開
けてみなされ●ホンマ頼んまっせ、頼んない医者や……、先生、よぉ見えま
す! おおき、ありがとッ■あぁ、おじぎをしてはいかん、おじぎをしては。
目玉が落ちる恐れがあるからなぁ、うち帰っても安静にあお向けにちゃんと
寝てなさいよ。こないだなんか目ぇ入れてやって帰ってすぐ按摩かかったや
つが居る、あんな乱暴なことをしてはいかん。背中をポンポンッとやったら、
目玉が飛び出した。あした一日置いて、あさって診せにに来なさい、経過を
調べるから……

             * * * * *

●先生、こないだはどぉもありがとぉございました■あぁこないだの犬の、
いや、ウォッホンッ……。どぉじゃな、その後、目の方は?●お陰さんで、
よぉ見えますわ、悪なる前よりよぉ見えますわ。見え過ぎまんなぁ■「見え
過ぎる」っちゅうと?●晩でも昼とちょっとも変わらん。

■ほほぉ、争われんもんじゃなぁ。ん……、何か変わったことないか?●い
や、そぉですなぁ変わったことといぅと……、わたしだいたい寝つきの悪い
方でお〜じょ〜してたんですがなぁ、この目ぇ治してもろてから、横んなっ
て目ぇつぶったらスッと寝られますねん。その代わりガタッちゅうたらパッ
とこぉ目が開きまんねん。

■ほほぉ、なるほど恐ろしぃもんじゃなぁ……、しかし君、その方が用心が
えぇ●さぁ、用心がえぇと思て喜んでまんねけど、一つだけ困ったことがで
けました●そら何じゃ?


【さげ】
●電信柱見たら、ションベン(小便)がしとなりまんねん。


【プロパティ】
 心安い=懇意である・親しい。容易である・たやすい。
 ヤツメウナギ=体はウナギに似て細長く、一対の目と七対の鰓孔(さいこ
   う=えらあな)とがすべて目のように見えるので「八つ目」といわれ
   る。
 麻酔の歴史=日本では1804年、華岡青洲が「通仙散」による全身麻酔で乳
   癌の手術に成功したのが最初。1850年、杉田成郷の「済生備考」で麻
   酔という文字が初めて使われる。1952年、東京大学医学部で日本初の
   麻酔学講座が開設された。
 タコ焼き=卵焼き(明石焼き)は明治中ごろが起源、ラジオ焼きは昭和初期
   が起源、球体のタコ焼きは昭和30年ごろが起源。いずれも確証はない。
 目抜き=特に目立つこと。また、そのような場所。
 えらい=偉い:たいへん。おおいに。ひどく。同じ意味で「いかい」とい
   う言葉があるが、これは京言葉。「でっかい」は「どいかい」「どえ
   らい」などからの派生らしい。
 おおき=おおきに:大いに・たいへん。オオケ。
 往生する=行きづまり・どうにもならぬ困惑の意から、閉口する・困ると
   いうほどの軽い意にも用いる。往生は本来仏教用語で、生き抜く力、
   行き詰まった生命を限りなく進展してゆくことである。それが臨終の
   意に転じ、更にその死を厭う心から、行き詰まりの意にまで転用され
   るに至った。
 さげ:もとは「後ろからしとなりまんねん」とバレばなし。
 音源:桂米朝 1991/09/09 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1991/09/09  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1998/01/18  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/02/20  ●リクエスト数:rakugo92  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次