【上方落語メモ第2集】その91

酒  の  粕


【主な登場人物】
 喜ぃ公(きぃこ)  友人  芳っさん  辰っつぁん

【事の成り行き】
 酒の粕と言えば真っ先に思い浮かべるのが粕汁です。この粕汁、雑煮のよ
うに地方や家によって材料、作り方が違うようで、話題を振るとなかなかに
面白い話が聞けます。

 ちなみに我が家の場合、豚・大根・ニンジン・小芋・ゴボウ・コンニャク
で豚汁を作り、酒粕と白味噌を合わせ、薬味にネギをたっぷりのせるという、
具だくさんのドロッと濃厚なもので、汁というよりおかずのようなものです。

 粕汁にする夕飯は決まって「かやくご飯」を炊きます。ニンジン・ゴボウ・
コンニャクを流用し、決め手は薄揚げを刻んだもの。こちらはごく薄味に上
品に炊き込みます。

 酒粕は比較的日持ちがしますから、冷蔵庫に常備してちょっとした味変わ
りの調味料としても使えます。例えばラーメン・スープに溶かし込むと深み
が増して、ひと手間の割に他では味わえない一品に仕上がりますので、一度
お試しください。ベースは豚骨スープがいいみたいです。なんか書いていて
急に食べたくなってきました(2004/05/23)。

             * * * * *

 最近は本当にワインのよぉな日本酒ができました「日本酒もここまでいっ
たか、臭みなんかちょっともないで」枝雀なんか「ホンマもったいないよぉ
な酒でんなぁ」言ぅてるうちに、あれこのごろ嫌やちゅうんで「やっぱり酒
はねぇ、酒らしぃ嫌ぁな臭いがせなんだら酒呑んだよぉな気がせん」ちゅう
て、このごろあの高級な酒拒否しとりますねん、あれ。

 「贅沢の極やなぁ」言ぅたんですけどね、考えてみたら。もぉ人間ちゅう
たらどこまでいてもへそ曲がりになるよぉでございますが、また呑めん人は
呑めんのが居りますのやなぁ。

 下戸自慢ちゅのがあった「わたしはねぇ、もぉ義理でビールをコップに半
分呑まんならんことが、もぉ真っ赤な顔になりまんねん」「あんたまだ半分
でも呑めるだけえらいがな。わたしはあんた、酒を一滴入れるだけで、しば
らくしたらハァ〜ッとなりまんねやで」

 「わたしは粕汁で酔いまんねやがな」「わたしは奈良漬食べて反吐ついた
ことがある。結構居りまんねやなぁ」「わたしが一番でっせ、もぉ酒屋の前
を通ったら匂いがス〜ッと流れてきまっしゃろ、あれだけで酔いまんねや」

 言ぅてたら、その話聞ぃてた人が横手で「ゲェ〜ッ!」これが一番の下戸
やったりするんですが……。お酒にはいろんな噺があります。

★おい、喜ぃ公。えらい赤い顔してるやないか?●わぁ、赤い顔してるか?
★どないしたんや?●酒の粕、食たんや。あれ美味しぃもんやなぁ、こんな
大きなヤツ二枚も焼いて食たんやけどな、あれをこぉ黒砂糖を酒の粕で包ん
で、こぉ火であぶってこ〜んがり焦げたとこ食たら、うまいわぁ。やっぱり
顔が赤こなるか?

★なっさけないやっちゃなぁ……、二十四も五もなってやで、せやからアホ
やとか何とか言われんねやお前。酒の粕で赤い顔してる?「酒呑んだ」と、
こない言え!●ん、酒呑んだと?★さいな、呑んだと言ぅた方が景気がえぇ
やろ●そぉか、酒の粕より酒の方が男らしぃか?★「男らしぃ」ちゅうのも
おかしぃけど、威勢がえぇやないかい「酒呑んだ」と、こない言え●あそぉ
か、おおきに……。あッなるほどなぁ。

             * * * * *

●芳っさん、芳っさん?▲何じゃい●顔、赤いやろ?▲ほんに、ポッとえぇ
色してるやないか。どないしてん?●さ、酒呑んだんや▲そぉか、お前も呑
めるよぉなったんか……。そらそやなぁ、もぉそんだけの年になってねやさ
かい。いや、今までお前が呑めんと思てたさかい誘わなんだけど、これから
誘うがな。

▲で、どれぐらい呑んだんや?●こんな大きなん二枚や▲……? 酒の粕食
たなお前●分かるか?▲分かるがな「こんなん二枚」てな……。あのなぁ、
それも言ぅなら「これくらいの武蔵野でグ〜ッと二杯やった」と、こぉ言ぅ
てみぃ●えぇ、武蔵野てなんや?

▲大杯、大盃のこと言ぅねやなぁ。あの東京、江戸や。武蔵野っちゅうたら
江戸時代のあの時分からやなぁ、こぉ広いひろい野原やったんやて「野ぉが
見ぃつくせん」ちゅうんで「呑み尽くせん」武蔵野とこぉ言ぅねん●あぁ、
なるほど大盃のこと武蔵野っちゅうのんかい▲そぉや。で「グ〜ッと二杯やっ
た」と、こぉ言ぅてみぃ。二枚ってなこと言ぃなや、二枚はあかんで。

▲で、アテはなんや、肴は?●肴は黒砂糖▲黒砂糖?●あかんか?▲黒砂糖
では呑めんわいな。せやなぁ……「蛸のぶつ切りに胡瓜のざくざく、ちょっ
と酢ぅ利かした」ちゅなこと言ぅてみぃな、酒呑みなら喉鳴らしよるで●あぁ
なるほど。段々教せてもろたら賢こなってきた、こらオモロイもんやなぁ。

             * * * * *

●辰っつぁん■何じゃい?●わい、ちょっと顔色、赤いやろ?■おぉ、ほん
に赤い色してるなぁ。走って来たんか?●走って来たんちゃうねん、走った
りせぇへんがな。わい、酒呑んだんや■えぇ〜っ、お前呑めるよぉなったん
かいな? 知らなんだなぁ……、どれぐらい呑んだんや?

●こ、こんな大きな武蔵野で、二杯やで!■おいおい、あんまり無茶しぃな
や。一人前やないかい……。肴はなんや?●肴は黒砂糖では呑めんで■当た
り前やないか、そんなもんで呑めるかい●あのなぁ、胡瓜のぶつ切りに蛸の
ざくざくや、それに酢ぅ利かして……

■そらあっちゃこっちゃや。蛸、刻んでどぉするねんアホ「酢ぅ利かして」
やて? 生意気なこと言ぅよぉになったやないか。しかしなんやで、こんな
もんで二杯やなんて、冷や酒は毒やで燗して呑んだんか?


【さげ】
●はぁ、焼いて呑んだんや。


【プロパティ】
 ホンマ=本真と当てる。本当。真実。まこと。略してホンともいうが、こ
   れはホン軽い意味の場合に用いる。
 〜なんだ=なかった。せナンダ・知らナンダ・行かナンダ・読まナンダな
   ど、過去の否定形として使う。また、ありまへなんだ、行きまへなん
   だ、など、〜ヘン+ナンダと重ねて打ち消す場合があるのは面白い。
 下戸=律令制「大戸・上戸・中戸・下戸」と呼ばれる課税単位で、婚礼時
   の酒の量が上戸は八瓶、下戸は二瓶であったことから、酒が飲めない
   人を「下戸」と呼ぶようになり、酒をよく飲む人を「上戸」と呼ぶよ
   うになった。
 奈良漬=粕漬けの伝来は仏教と同時期、長屋王(684〜729)の屋敷跡発掘調
   査で『可須津毛瓜(かすづけうり)』の木簡が発見されている。また、
   伊能忠敬(1745〜1818)は、測量日記に「好物の奈良漬を食した」との
   記述を残しており、江戸時代の古川柳「ほんのりと嫁は奈良漬の舟に
   酔ひ(舟とは瓜の形)」と、庶民にも広がっていたことが分かる。
 えらい=偉い:たいへん。おおいに。ひどく。同じ意味で「いかい」とい
   う言葉があるが、これは京言葉。「でっかい」は「どいかい」「どえ
   らい」などからの派生らしい。
 さいな=そうですね、おおせの通り、などの意。サ+強調のイナ。軽い語
   感で発音する相づちのようなもの。サヨウ→ソォイナ→サイナ。
 アテ=当て:酒やビールの肴(さかな)。または、食事の副食物。
 あっちゃこっちゃ=反対。逆。あべこべ。アップサイドダウン。
 音源:桂米朝 1991/08/19 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1991/08/19  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1998/01/11  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/02/20  ●リクエスト数:rakugo91  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次