【上方落語メモ第2集】その82

百 年 目(下)


【主な登場人物】
 番頭の次兵衛  親旦那  手代・丁稚  医者の玄白  太鼓持ちほか

【事の成り行き】
【上方落語メモ第1集】その81「百年目(上)」からのつづき

             * * * * *

■玄白老、足ゃくたびれはせんか?▲いえ、足にゃ年は取らせません■いや、
梅と違ごぉて、桜は何となしにざわざわとせわしのぉていかんわい。こんな
もんかなぁ▲これからあっちの方回りますと、八重やとかちょっと型の変わっ
たもんがございまっさかいな■なるほどな、ほな向こぉの方見て帰ることに
いたしましょか。

▲もし、旦那。あそこで芸者やなんか集めて踊ってるの、あれ、お宅の番頭
はんでっせ■何を言ぃなさる、うちの次兵衛があの半分の真似でもしてくれ
たら、何言ぅことがある。ありゃまるで堅パン、日増しの焼き餅ちゅう言葉
がある、堅いの堅とないの。

■今日もうちの若い連中に言ぅてるのん聞ぃたら「芸者といぅ紗は夏着るの
か、太鼓持ちといぅ餅は煮て食ぅのか、焼いて食ぅのか?」アホみたいなこ
と言ぅとぉる。あんなん見たら目ぇまかっしょります▲いぃえぇ、あれはお
宅の次兵衛どんに間違いおまへんで。

■玄白老、だいぶお眼がいかんとみえるなぁ。ではひとつ、眼鏡をかけてな、
うちの番頭に似たお方の顔を拝ましてもら、お……。玄白さん! ありゃう
ちの次兵衛!▲違いごあはんやろ■何じゃいありゃ、芸者も太鼓持ちも丸呑
みやないかあれやったら……、こぉらえらいことなったなぁ……、今更あと
戻りもでけんし、こんなところへ顔見せてやるのも可哀相じゃなぁ……

▲あのそばを抜けて通ったらどぉでございます?■そぉでもしましょかなぁ。
そしたらあの横手を……

 えぇ旦那ですなぁ、番頭照れさしたらいかんっちゅうので、ソ〜ッと脇の
方からすり抜けよぉとする。向こぉがこっち来るとこっちの方からそっとそ
ばを……、ところが酒飲みっちゅうやつは嫌がってるちゅうのがすぐ分かる
んですなぁ。こっち来たらこっち、こっち行たらこっち……

●さぁ逃がさんぞ、さぁさぁ、さぁさぁ……■何をするのじゃ……、ちょっ
と、こりゃ人違いじゃ●何が人違いじゃ、逃がすもんかい。さぁさぁ、こっ
ち来いこっち。そぉら、そらそら、捕まえた。こっち出て来い■こ、これこ
れ、堪忍……●何が堪忍、茂八か? 一八か? どいつやい……? おっ!

●これわこれわ、旦さんでございますかいな。長らくご無沙汰を致しており
ます。承りますれば、お店も日夜ご繁盛やそぉで、陰ながら……■何を言ぅ
てなさる、これこれ、年寄りつかまえて仁輪加の相手さすのは殺生じゃ。べ
べが汚れるがな、お手を上げなされ。これこれ、どんならんなぁ……

■あの、皆様方。これはな、うちの大事の番頭さんじゃで、ケガささんよぉ
に遊ばしてやって下されや。ご如才もあろまいが、夕景はちょっと小早よぉ
帰してやっていただきますよぉに。おねがい、お願いいたしますぞ……、玄
白さん行こか……、汗かかしよったなぁ……

◆次さん。いつまでお辞儀してはりまんねや。もぉあっち行てしまいはりま
したで……、もし!●わしを、船から上げたんは誰や!◆あんたが上がんな
はったんやおまへんか●何と思ぉてわしゃ船から上がったんや……◆もし、
今のお方いったいどなたはんだす?●どなたもこなたも、うちのお店の親旦
那や。

◆まぁ、さよか。粋なお方だっしゃないか、船へ来て一緒に呑んでもらいま
ひょ●あ、アホ言え。あぁ……、おらもぉ帰る◆船は?●あんな悠長なもん
に乗ってられるかい、歩いた方がよっぽど早い◆皆、どぉしまんの?●あの
なぁ、どっかで飯でも食わして去(い)なしといてんか。近々寄してもらうさ
かいな、おらもぉ帰る。

 酔いも何もすっかり醒め果て、さきほどの駄菓子屋へ取って返します。二
階へ上がる、店の木綿もののお仕着せに着替えますといぅと……

●ただいま▲お帰りやす(番頭はんお帰りやす。お帰りやす……)●旦さんは?
▲へっ、あんさんがお出かけになって間なしに、お医者はんの玄白さんと一
緒に、桜の宮へ花見に行くちゅうて、お出かけになりました●やっぱり……

●ちょっとなぁ、頭が痛いねん。すまんけど二階へ床を取ってもらいたい。
それからな、水を一杯持って行っといてんか。……どぉも気分が悪い。あの
な、旦さんがお帰りになったら「番頭はちょっとあんばいが悪るございます
ので、失礼して横にならしていただいとります」と、そない言ぅとぉくれ。
頼んだぞ。

             * * * * *

■玄白さん、えらい付き合わしてすんまへなんだなぁ▲何をおっしゃる、お
誘いをいただかなんだら、今年は花を見損なうとこでございました。お陰さ
んで今年も桜の宮、満開が見られて喜んどります■いやいや、今度はまた歌
朴さんところの運座でお目にかかることになりますなぁ。

▲これは?■それはお内儀へのお土産じゃ。えらい持たしてすんまへなんだ
が、はじめからそない思て。どぉぞお内儀へ▲それは、いつもすまんこって。
そいじゃまた■はい、ごめんやす。

■ただいま▲お帰りやす(旦さんお帰りやす。お帰りやす……)■番頭どんは?
▲へぇ、さっき帰って来はりましたけど、ちょっと頭痛がするとか、気分が
悪いとか言ぅて、二階に布団敷(ひ)かして横になったはりますが■何? 番
頭どんがあんばいが悪い、そりゃいかん、玄白さん去(い)なすんやなかった
なぁ。いやいや、家内の置き薬ぐらいではいかんぞ。番頭にもしものことが
あったら大変じゃ、あれはうちの大黒柱、芯柱じゃでな、ことと次第によっ
ては、入院でも……

●こたえるぞ〜〜、旦那も皮肉なことおっしゃる……。わしゃ何と思ぉて船
から上がったんやろ……、十二の歳からご当家へ奉公して、暖簾分け目の前
に河口(かわぐち)で船割ったか……、夢と違うかいな……、イタタッ、夢や
ないわい。えらいことになってもたぞ……

●早よ呼びに来い、引導渡すねんやったら早よ渡してくれ。蛇の生殺しは嫌
やで、あっさり片付けてくれ。早よ来い……

 一人気ぃもんでおりますが、下の方ではいっぺんザワ〜ッと賑やかになっ
たあとシ〜ンと静まって、どぉやら皆寝てしもぉたよぉな具合。

●ははぁ〜、寝てもたなぁ、話は明日か。請け人を呼んでいっぺんに話を着
けてしまおっちゅうやっちゃ。そぉか、そぉなったら嫌な思いするだけ損や、
今夜のうちに逃げたれ。この箪笥にだいぶ着物こしらえたぁる。あの焼芋屋
の二階にあるのんと二ぁつ合わしたら、売るなと質(ひち)に置くなと小商い
の元手ぐらい出るわい。

●よいっしょ……。よぉ衣装こしらえといたこっちゃ、こんだけ凝って作っ
たぁるさかい、煙草入れも上等のやつだけ持って行って……、財布さいふ、
これを忘れたらいかん……

●こない大きな荷造りしてしもて、こんなもん担いで夜中歩いてたら盗人と
間違われるがな。自分のもんで捕まるてな、こんな情けないことないで。せ
や、着て行こ着て行こ。襦袢も一番えぇやつを二枚は着られるやろ、二枚着
て、それから着物も着て、着られんやつだけ風呂敷包みにして……

●けど待てよ、まだあかんと決まったわけのもんでもない。うちの旦那もえぇ
人やさかいなぁ、何と言ぅても初めてのこっちゃ「今回は大目に見よ」といぅ
ことになって、わしの部屋へ呼びに来てみると箪笥から何から蛻(もぬ)けの
殻(から)「あぁやっぱり、オイドが座ってなかったんじゃなぁ」と、憎しみ
がかかって生涯ここへ出入りがでけんことに……

●やっぱり居った方が得らしぃ。何にも慌てて逃げんならんこともない、別
に人の金を盗ったちゅうわけでもなしやで、自前の銭で……、けど人間、欲
目ちゅうもんがあるさかいなぁ。こっちにしたらあれぐらいのことと思ても、
向こぉにしたら「許せん」ちゅうことも……

●やっぱり、こら逃げた方が得や。逃げた方が……、いや、うちの旦那もえぇ
人やさかいなぁ、小言は言われるやろ、小言は覚悟せんならんけどここまでっ
ちゅうことはないやろ「何ちゅうざまじゃ」そぉいぅ風には言わんなぁあの
人、じわっとくるであれ「長々勤めてもろぉたが……」

●やっぱり逃げた方がえぇ。やっぱり逃げよか……、いやいや……

 もぉ、寝たり起きたり、着たり脱いだりたたんだり、しまいには「どぉに
でもなりやがれ」てなもんで、トロトロッと寝ますといぅと、夢ん中で警察
へ引っ張られてどつかれてるてな夢を見る。またトロトロッ、今度はお詫び
が叶ぉて一生懸命働いている夢を。

 「やれ嬉しや」思てると、急に足元の地面がザァ〜ッと崩れる「ヒャ〜ッ」
ふっと目ぇ覚ましたらビッショリと汗。もぉ地獄でございます。

 東がちょっと白むといぅと、もぉ寝てられしまへん。ポイと飛び起きます
と下へ飛んで下りる。表の大戸をガラガラガラガラ開けだした。ビックリし
たんが丁稚連中で。

▲番頭はん、何してはりまんねん?●あぁ、おまえら寝てて▲そんなわけ、
いきまへん。ホ〜キこっち貸しとくなはれ、わてが掃きま●そしたら、わし
は水を打つ▲それは、わたしがやりまんねん●お前は結界で帳場に座ってぇ
▲そんなわけにいきますかいな……

 しゃ〜ないさかいに帳場へ座る、朝の用事が終わったんですが帳面広げて
も文字が目ぇに入るどころやない、ボ〜ッとしてる。旦那の方はいつものよぉ
に手水(ちょ〜ず)を使い、食事を済ました後、神前仏前のすることもきっち
り終わりまして居間に座る。上等の刻みをキセルに詰めて軽ぅに一服、それ
を灰吹きへ「ポ〜ン」とあけなはる音が番頭の胸へ「コツ〜ン」と響ぃた。

■こども、こども……。定吉か、番頭どんは?▲へぇ、今朝一番に飛んで起
きはりましてな、表の大戸開けて掃除して……■誰がそんなことを聞ぃてる
「番頭どんは今どぉしてなさる?」と言ぅてますのや▲今、帳場で帳合いし
てはります■わしがそぉ言ぅてる「お手間は取らしまへん、ちょっとこれま
で」と。

▲番頭はん、番頭はん……。旦さんが呼んではりまっせ「お手間は取らしま
へん、ちょっとこれまで」と●とぉとぉ来たか……、やっぱりあかんか▲え?
旦さんがなぁ「ちょっとこれまで……」●やっぱりあかん……▲もし、番頭
はん!●わっ、ビックリした▲こっちがビックリした。旦さんが「お手間は
取らしまへん、ちょっとこれまで」て、呼んだはりまっせ●「今行く」ちゅ
うとけ!

             * * * * *

▲行てきました■番頭どん、どぉ言ぅてなさったな?▲「今行くちゅうとけ」
■何を……、何ちゅう口の利き方や。たとえ番頭どんがそぉ言ぅたにせよ、
そちはここへ来たら手を付いて「番頭さん、ただ今ここへお越しになります」
と、なぜ丁寧に言わん……。何じゃその顔は? ちょっと小言を言ぅたらじ
きにふくれ面して、米の飯が天辺へ登ったとは、きさまのことじゃ!

 後ろで聞ぃてる番頭の辛いこと、小言が丁稚飛び越して自分の方へ……

●はぁ〜〜ッ■誰やいな、そこでペコペコしてるのは? 番頭どんやないか
いな、こっち入っとぉくれ。お座布当てなはれ、遠慮せぇでもえぇ、当てさ
せよ思て出した座布団じゃ。うちで遠慮は要らん、遠慮といぅものは、外で
するもんや。

●はぁ〜〜ッ……■何でそんな、いちいち頭下げんならんねん? いやいや、
毎日ご苦労さん。お茶が入ったんでな、ちょっと飲んでもらおと思て来ても
ろたんじゃが、いま帳場に別に用事はないか? そぉか、邪魔にならなんだ
ら、まぁちょっと付き合ぉとぉくれ。羊羹切ったぁる、嫌いやなかったらつ
まんどぉくれ。

■いやいや、こんたが毎日精を出してやってくれてるお陰で、毎年大福帳が
一冊ずつ汚れていく。こんたの丹精じゃ、ありがたいこっちゃと思てますが
な。今もちょっとあのこどもに小言を言ぅたが、じきにふくれ面をするなぁ。
といぅて、言ぅべきことは言わないかず、あんまり言ぃ過ぎるとまた……、
これが難しぃ。その辺の手綱の締め具合、緩め具合。いや、並大抵じゃない
と思うが……

■こんた、一家の主を旦那と言ぅのは、どぉいぅとっから来たか知ってなは
るか? 知らん。そぉじゃろなぁ。この歳になるわしが今まで知らなんだん
じゃ。こら、寺方の方から来た言葉じゃそぉななぁ。こないだわしゃ聞ぃて
きたんじゃが。

■天竺。天竺も五天竺あるそぉなが、そん中の南天竺といぅところに赤栴檀
(しゃくせんだん)といぅ見事な木があるんじゃてなぁ、見る人誉めざるなし
といぅ木。ところがその根元に難莚草(なんえんそぉ)といぅ見苦しぃ雑草が
はびこるのじゃて。赤栴檀は結構じゃが、この難莚草がどぉも具合が悪いっ
ちゅうて、そいつをむしり取ってしまうと、この赤栴檀が枯れるのじゃて。

■つまり、この下で難莚草といぅ雑草がほこえては枯れ、はびこっては枯れ
するのが、赤栴檀にとってまたとないえぇ肥やしになる。また、赤栴檀の下
ろす露が、難莚草にとってはこの上ないといぅえぇ肥やしになるんじゃそぉ
な。

■そこで赤栴檀がさかえりゃ、下の難莚草もほこえる。難莚草がほこえて枯
れることによって赤栴檀はますます育つ。寺方と檀家といぅものはこれでな
かったらいかんといぅので、赤栴檀の「だん」と難莚草の「なん」と取って、
在家の人のことを「だんな」といぅものはこっから出たんじゃといぅて聞ぃ
てな。

■まぁ年寄りの耳学問じゃ、違ごてても笑ろぉてくださるなじゃが。わしゃ
なぁ、えぇ話やと思たで。世の中はこれやなかったらいかん「有無相持(う
ぶあいもち)」っちゅうやっちゃなぁ。まぁこの家でいぅたら、さしずめわ
しが赤栴檀じゃろ。この頼んない赤栴檀、こんたといぅえぇ難莚草が居てく
れるお陰で、えらほこえにほこえさしてもろてる。

■が、店へ出たら、今度は番頭どん、お前さんが赤栴檀、店の若い連中が難
莚草じゃ。店の赤栴檀はえらい馬力じゃが、店の難莚草がちょっとグンニャ
リしてへんかなぁ? いやまぁ、これはわしの見損ないじゃろぉがな……

■もしもやで、店の難莚草が枯れるてなことがあったら、店の赤栴檀のこん
たが枯れる。こなたといぅ難莚草に枯れられたら、わしといぅこの赤栴檀ひ
とたまりもない。我が身可愛さに言ぅと思うか知らんがなぁ、まぁお互いの
こっちゃで、店の難莚草にも露を下ろしてやってくだされ。わたしもできる
だけ露を下ろそぉと思ぉてます。

■こんなこと、釈迦に説法かもしれんが、まぁまぁ老婆心じゃと思ぉて、腹
立てずに聞ぃとくなされや、頼んましたぞ●な、何ともありがたいこってご
ざいます!■た、大層に言ぃな……、いちいちそない大層にお辞儀すると話
ができん……、お茶が冷めたら入れ替えるで、羊羹つまんでや。

■ときに、きのうはお楽しみじゃったなぁ●わ、わ、わわわ、お得意さんの
お供でございまして■おぉ、そぉかいな、そぉかいな。いや、お得意さんの
お供であれ、仲間内の付き合いであれ、あぁいぅ時はな、使い負けしてもろ
ては困りますぞ。向こさんが百円なら、こっちは二百円。向こぉが二百円な
ら、こっちは三百円といぅぐらいの勢いでな。そぉしてもらわんと、商いの
切っ先が鈍るよぉではどんならん。

■もっとも、きのうのあれならなぁ、そんなみっともないことはしてないと
は思うがなぁ。いやぁ、しかしお前さん、わしゃビックリしたで。きのう踊っ
てたん、確か、あら「越後獅子」やったなぁ。いつあんなこと覚えたんや?
器用なもんじゃったがな。お前さん、うちへ来たときは不器用な子ぉやった
のになぁ……

■十二やったかなぁ、うちへ肥汲みに来てた猪飼野(いかいの)の卯蔵ちゅう
男がおまはん連れて来てな、痩せぇた子ぉで色が黒いし、婆どんは「この体
じゃ?」言ぅてたけど「まぁまぁ」ちゅうて置いたら、来るなり寝小便(ね
しょんべん)垂れしたなぁ。

■死んだ婆どんが癇症病み(かんしょやみ)で「放り出す」ちゅうのん「まぁ
まぁ」ちゅうて寝小便に効くちゅう灸(やいと)をすえよちゅうて、背中に灸
点おろしたら、あんまり色が黒いんで墨のしるしが分からん。白粉(おしろ
い)で点おろしたん覚えてるか?

■二桁の寄せ算覚えるのに半年かかった。二ぁつ用事言ぃ付けたら、一つは
必ず忘れる。買い物に行かしたら、お釣り落として泣いて戻る。まぁ世にも
不細工な子ぉやったのに、きのうの手つきの器用なこと、どぉじゃい……

■あれ、あの「なんた〜ら」ちゅうとこじゃったなぁ、孫の太鼓がある、こ
れ叩くさかいひとつ踊って●う、うぅ、かか、堪忍しとくなはれ■は、はッ
はッ、あわてることどぉじゃい……、戎講(えべすこぉ)まで預けとこ、今年
の戎講は逃すこっちゃないで。

■しかし、番頭どん。まぁ、気ぃ悪してくれては困るがなぁ。実は夕べ、帳
面調べさしてもろた。あんなところを見してもろたんで、ヒョッと無理でも
でけてやせんかと、夜通しかかってあらまし帳面を見さしてもろたんじゃが、
こんたは偉い人じゃなぁ。帳面にはこっから先の無理もない。

■甲斐性(かいしょ)で稼いで甲斐性で使いなさる。はぁ、立派なもんじゃ。
沈香(じんこ)も焚かず屁もこかずてな言葉があるが、そんなもんには大きな
金儲ぉけはできやん。使うときはビックリするほど使こぉてこそ、またビッ
クリするよぉな商いもでけますのじゃ。

■やんなされ、やんなされ。わしもなぁ、老い朽ちた歳やないで、また誘そ
てや、付き合うさかい。割り前出そやないかいな。た、頼むで……

■しかしきのうは、妙ぉな挨拶をしたなぁ、お前さん「長らくご無沙汰をし
とります」とか「陰ながら」とか、長いこと会わんよぉなことを言ぅたが、
あら酔ぉてたんじゃな?●い、いぃえ、お顔を見た途端に酒の酔いなんか奇
麗(きれぇ)に消し飛びましたけど、あの場合、あぁ申し上げるよりしょがご
ざいまへなんだ。

■何でじゃいな?


【さげ】
●えらいとこ見られた、こらもぉ「百年目」じゃと思いました。


【プロパティ】
 堅パン=小麦粉、砂糖を主原料にした堅焼き煎餅。大阪では石切が有名。
 照れる=はにかむ・きまりが悪くなる。
 仁輪加(にわか)=江戸時代後期、歌舞伎の隆盛ととともに歌舞伎が一般大
   衆に持てはやされるようになり、その一節が俄芝居、即興劇としてお
   座敷など酒席で行われるようになった。のちに落語のような落ちをつ
   け「仁輪加」の形が出来上がった。
 ご如才もあろまいが=如才無い:気がきいて人をそらさない。行き届いて
   いて愛想がよい。
 お仕着せ=上から一方的に与えられたり、定められたりしていること。
 運座=出席者が俳句を作り優れた句を互選する会。文政年間(1818−1830)
   に始まり明治時代、正岡子規らの日本派俳人が再興、定式化した。
 引導を渡す=葬儀の時、僧が死者に迷いを去り悟りを開くよう説き聞かせ
   ることから、最終的な宣告をしてあきらめさせる。
 蛻(もぬ)け=蛇や蝉などの抜け殻。
 蛻けの殻=人の抜け出たあとの寝床や住居。
 ざま=ありさま・態(てい)。罵る場合に用いる。
 結界=帳場(勘定場、会計係)の座机の三方を高さ二尺(約60センチ)ばかり
   の木の格子を組んだものを引き回したもの。
 帳合い=金銭の勘定と帳面とを照合して、計算の正否を調べる。
 大福帳=商家で、売買の金額を書き入れる元帳。福分を祝う意。
 五天竺=インドを東・西・南・北・中央に区分し、それぞれ東天竺・西天
   竺・南天竺・北天竺・中央天竺とする。
 赤栴檀(しゃくせんだん)=心材の根元が赤いビャクダン、インド南部のマ
   イソール地方が主産地。このほか黄色いものを黄檀、白いものを白檀
   という。
 難莚草(なんえんそう)=実体は不明だが「莚」の字は「草がのびてはびこ
   る」の意味。
 ほこえる=栄(ほこ)えると当てる。繁る・繁栄する。
 旦那=(梵語 dana)布施。与えること。布施をする人を寺や僧の側からい
   う語。檀那とも。
 有無相持(うぶあいもち)=わかちあうこと。
 切っ先=刀などの刃物の先端部。刃先。相手に挑む勢い。
 猪飼野(いかいの)=1973年2月1日の町名変更により地図上より消滅。現
   在、市道内環状線、近鉄電車ガード下に「猪飼野橋」交差点の名称が
   見える。
 癇症病み(かんしょやみ)=病的に清潔な人。潔癖症。キッチリ屋。
 灸点=灸をすえて効果がある人体の特定の場所。灸のつぼ。灸穴。灸をす
   える部分に、墨でつける印の点。
 戎講(えべすこう)=商売繁盛を祈って恵比須をまつり親類・知人を招いて
   祝う行事。祭日は10月20日(陰暦)。また地方により11月20日・1月10
   日など、異なる。船場では戦後廃れてしまった。
 甲斐性(かいしょ)=かいがいしい性質。働きや才覚があり、生活力に富ん
   だ頼りになる気質。
 沈香(じんこう)=ジンチョウゲ科の常緑高木の幹に真菌が侵入し、生体防
   御反応によって分泌る油・樹脂の部分を採取したもの。水に沈むとこ
   ろから沈香とも呼ばれ、香木の代表とされる。インド・ベトナム・東
   南アジア原産。最優品を伽羅(きゃら)と呼ぶ。
 沈香(じんこ)も焚かず屁もこかず=よいこともしなければ悪いこともせず、
   またよい所もなければ悪い所もなく、平々凡々である。
 百年目=どうにもならない運命の時。運の尽き。「ここで会ぉたが百年目」
 音源:桂米朝 1989/03/07 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1989/03/07  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1997/11/09  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/01/30  ●リクエスト数:rakugo82  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次