【上方落語メモ第2集】その80

馬 の 田 楽


【主な登場人物】
 馬方  子供たち(芳松っつぁん、梅やらはん、寅んこはんほか)
 酔っ払い  山本屋権兵衛  耳の遠い人  道を掃除している人ほか

【事の成り行き】
 小栗康平第一回監督作品『泥の河』という、昭和30年代の大阪の空気を描
いた佳作があります。小学校低学年の少年の目を通して、庶民の暮らし振り
を描いたものです。この映画、芦屋雁之助扮する「馬車のおっさん」のエピ
ソードが重要な導入部分となっていますが、この馬車のおっさん、馬力とい
うのが荷車を馬に引かせる馬方、運送屋さんのことなのです。

 お話の方はモノクロ画面が知らず滲んでくるほど情緒的なもので、落語の
人情噺に通じるところがあるように思います。時、まさに秋、しんみりとし
た気分に浸ってみたい方は一度ご覧になってください。今回ご紹介する上方
落語は、その馬方さんの噺です。ただし、しんみりとはまいりません。
(1997/10/26)

             * * * * *

 当時、商家の軒先には取っ手が出ておりましてな、馬や牛の手綱をここへ
くくり付けるんですなぁ。しっかりくくらないかんといぅ条令があったそぉ
ですが、たいがい粋がってね、ポイ、キリキリキリッと巻き付ける、それが
またえぇ格好(かっこ)でんねやなぁ。また、牛や馬はおとなしぃもんでっさ
かい、こぉじ〜っと待ってます。

 「山権(やまごん)」と染め抜いた家の暖簾、クルッと手綱引っ掛けた馬方
が「山権の、判取り頼んまっさ」パッと入って来る。馬の背中には大きな味
噌の樽が二ぁつ積んである。馬はおとなしぃ立ってます。その辺に遊んどり
ますのが落語ではお馴染みの一癖も二癖もあるといぅ、悪い悪い子せがれ連
中です。

●みなちょっと寄っといなはれ、山権の前へ馬方のおっさん馬つないでいき
ましたで。なぁ梅やらはん、松っちゃん、寅んこはんもみなおいなはれ……。
芳松っつぁん、あんた何してなはる?

 その時分、子どもが焼芋でも持っとりますとこれはもぉエリートでっさか
いな「お前らとはわしゃ格が違う」てな顔して、みんなの仲間入(はい)りよ
らん。

●芳松っつぁん、あんたお芋食べてなはる?▲芋菊のお芋……、おっさんが
贔屓ぶりに負けてくれましたん●美味しおまっか?▲とぉない美味しぃ……、
わてなぁ、この皮の裏が好きだんねん……、ここ一番甘い。

●あんたなぁ、それ大きぃにカブッと食べてみなはれ▲ほっといとぉくなは
れ、わてボチボチ楽しんで食べてますねん……、このな、栗芋もよろしぃけ
どな、びんつけも好きでんねん……

●みなこっちおいでこっちおいで、あんな人ほっとこ。あのなぁ、山権の前
のところへほぉ、馬おとなしぃ止まってるやろ、馬のお腹の下くぐって遊ぼ
▲そんなん怖い●何言ぅてなはんねんあんた、馬何が怖いねん▲蹴られまん
がな●後ろへ回ったら蹴られんのん、下くぐるのん蹴られへんがな、後ろの
足で蹴るねん。

▲そんなん言ぅたって、吉松っつぁんこの前な、馬に頭かぶられたん。くさっ
ぱちができていまだに治らへん●あんた、何ぼ馬の首が長いいぅたかて、お
腹の下くぐるのに頭かぶられることあれへん大丈夫だ。いきなはれ。あの馬
の下、サ〜ッとくぐったもん大将にしたげま。

◆わて中将でよろしぃわ●お腹の下、何が怖い◆「何が怖い」て、お腹の下
にブランブランぶら下がってるもんがおまっしゃろ「どでん」ちゅうやつが、
あれ頭ぶつけたら、そこから腐ってきまんねんで●何を言ぅてなはんねん、
何が怖いねん……、ほなあんたは?■また今度の回りにさしてもらいまっさ
かいにな●誰もよぉくぐらんのん? よし、ほなわいがくぐったる。

▲わたい、馬のお腹よぉくぐるわ●あんた、あっち行て芋食べてたらえぇね
ん▲わて、馬よぉくぐるわ●今ごろそばへ来て何を……、え? あんたホン
マによぉくぐるか?▲わて、あんな馬のお腹ぐらいサ〜ッとくぐりまんがな
●ホンマにあんた、くぐんなはるか? 芳松っつぁん、馬のお腹くぐるて。
芋食べたらこっち来て馬のお腹くぐる言ぅて……。くぐらいでもえぇさかい
な、あんた馬の尾ぉ抜きなはれ。

▲馬の尾?●あれ抜いたらな、わて釣りに行くときのテグスにすんねやさか
い、馬怖いことないねんやったら尾ぉ抜きなはれ▲尾ぉ抜くのん……●こっ
ち来たときにパッと抜いたらえぇねやん▲ぬ、抜きまんがな、わて。

 子ども心にもこれは重大な岐路でございまして、ここでこの仲間に加わっ
とかんことには、あとあと村八分みたいな目に遭うさかいに、ここで一番勇
気を見せとこ、っちゅうわけで。

●尾、パッパッと振ってまっしゃろ、こっち来たときにシャッと抜いたらえぇ
ねや◆こっち来たとき。真ぁ後ろ回ったら馬蹴りよるさかいな、こっち来た
ときにシュッと抜いたらえぇねん■あんた、ホンマに抜くのん? ホンマに
抜くねんやったら、わてのんも一本頼んまっさ◆ついでいぅことが……、二
本抜いとくなはれ●芳松っつぁん、ほなわたいのんもちょっと三本■わたい
もほな、ついでに。

 みんなから頼まれてしもた「頼んまっせ、芳松っつぁん。あんたホンマに
よぉ抜くか、頼んまっせ」よし、こぉなったら、てなもんで呼吸を計りまし
て、怖いことはもぉ人一倍怖いんでっけどな、もぉあとへも退けまへん。

 「男の意地や五本ほど抜かんことには。そのかわりこれ抜いたらこのへん
でえぇ顔ができる」てなもんで、人間一生にいっぺんは気持ちを決めないか
んてな、なんか総理大臣に立候補するときみたいな格好(かっこ)。

 バッ……。馬かて一本ぐらいならどぉっちゅうことはない。指に巻き付い
たやつをバァ〜ッ。痛かったとみえてヒヒ〜〜ン、手綱がしっかりくくり付
けてあればよかったんですが、それがクルクルッと巻き付けてたやつ。トッ
と歩いた拍子にこれがシャラシャラと解(ほど)けたもんやさかい、馬そのま
まシャンコ、シャンコと向こぉ行てしもた。

             * * * * *

■お〜い、いつまで待たすねん。早よしてぇな!▲ちょっと待っとぉくれ、
今調べてんねやがなぁ、味噌樽が二つなんてなぁ、覚え……?■何を言ぅて
んねや、堺筋の「やまごん」て書いたぁるがな。これ仕切り……▲番頭どん
おまはんも心当たりはないかえ? うちに届いたないだけやなしにな、番頭
もそれ知らんちゅうてんねん。

■堺筋の「やまごん」▲「やまごん」が実は二軒あんのじゃ。うちゃ山本屋
権兵衛で表の暖簾も「山権」としてある。もぉひとつは山城屋はんちゅうて
な、山城屋権兵衛はん。ここは/\(山形)に権の字ぃじゃ■おッ、そぉいぅ
と/\に権の字や、ここと違うのん?▲もっと上(かみ)の方、北の方行って
もらわんと■早よ言ぅてぇなホンマに、えらい邪魔したなぁ。

■あれ……? 馬おれへんやないか……? おい、そこの子供、こら! こ
こにつないでた馬、知らんか? おいこら、そこの小せがれ、ここにつない
であった、あの味噌荷付けた馬どこ行ったか知らんか……? 返事ぐらいせ
んかい、このガキはホンマに。おいっ、馬知らんかっちゅうてんねんや。悪
いガっキゃなぁ、みな人の顔ジロジロ見て、ものぐらい言ぅたらどやねん?

●もの言わんとこな……。おっさん、馬、尋んねてんねやろ■さぁ馬、ここ
につないでたん、どこ行たか聞ぃてんねやがな●わい知ってんねん■教(お)
せて●教せたれへん■悪いガっキゃなぁこいつ。馬どっち行ったかちょっと
言ぅてんかて、頼んでんねん。

●おっさん、大人になぁ、もの頼むんやったらそんな言ぃ方せぇへんやろ。
あんた馬どっち行ったか知らんねん、わい知ってんねん。知らんもんが知っ
てるもんに聞くのにな「小せがれ、ガキ」そんな言ぃ方されて何で教せんな
らんねん。なぁ、せやなぁ……

●わて、おまはんから飴玉一個もろた覚えないで。人間なぁ、知らんもんが
知ってるもんに教せてもらうねんやったら、ものの言ぃよぉっちゅうもんが
あるやろ。おっさん、子どもや思てな……、子どもや思て、小せがれやガキ
や言ぅて……、ワ〜〜ッ■泣かんかてえぇやろ、こらえらい悪かった、こら
おっさんが悪かった、ボンボン堪忍してや、ボンボン謝る。

●ボンボンと言われると、つらい■なぶってんねやないで、おい……。教せ
て◆おっさん、わし教せたろか■こっちの子、あんた教せてくれる◆教せた
ろ■教せて、馬どっち行った?◆あんな、一番初めな、芳松っつぁんが、お
芋食べてたん■そんなことはどぉでもえぇねん、馬どっち行ったんや?

◆あのな「芋菊のお芋や」言ぅて食べてたん。ほなこの人がな「カブッとか
ぶれ」言ぃよってん……、ほな芳松っつぁんが「わて、ボチボチ楽しんで食
べます」や言ぅてな■そんなこと聞ぃてへんねん、馬はどっち行たか◆えら
いお急ぎのよぉでんなぁ、ほな、どこぞほかへ行て……■い、急げへんさか
いどっち行たか教せて。

◆お芋食べてたん、ほなみんな「芳松っつぁんほっといて、こっち来て馬の
お腹の下くぐって遊ぼか」ちゅうて■なんちゅう遊びさらすねん。そんなこ
としたらお前、えらい目に遭うで、蹴られたら大ケガするで◆ほな「お腹の
下くぐってサッと向こぉ行たもんは大将にしたげる」ほなこの人が「わて、
中将でえぇわ」言ぅて……

■あのなぁ、馬はどっち行たか……◆ほなな「お腹の下くぐったら、あのぶ
ら下がってるもんで頭ベ〜ン、くさっぱちができるやろ。しゃ〜ないさかい
馬の尾ぉ抜こか」■悪いことやってけつかる、お前そんなことしたら命に関
わるで、へたしたら◆ほな「テグスにする」言ぅてな「わても頼む、わても
頼む」芳松っつぁんお芋食べてしもたら今度「テグス抜く」や言ぅてな。

■ホンマにそんなことしたんか?◆馬、パ〜ッと尾ぉ振ってるのんな「こっ
ち来たときにサッとこぉ抜こ」言ぅてな、それがなかなか……■早よ教せてぇ
な、馬はどっち行たんや?◆パッと一本ならお馬もなんにもなかったんや。
五、六本抜きよったんでヒヒ〜ン言ぅてな、スルスルっと解けてな、シャン
コシャンコこっちの方へ。

■それを早よ言え、それを……。あぁ、えらい目に遭ぉたでホンマにもぉ、
みな寄ってなぶりやがんねん。嘘教えよったんやないやろな、陰も形もない
がな。あの馬おらんよぉなったらえらいこっちゃ、どないしたら……

             * * * * *

■ちょっとお尋ねしますが、あのぉ、味噌樽付けた馬ご存知やおまへんやろ
かな?●何じゃちゅうねん?■馬、馬尋んねてますねんけど、馬ご存知やお
まへんやろかな? 逃げた馬を尋んねてまんねや●あぁ、乳母かいな。乳母
なぁ……、猪飼野(いかいの)から来てよったんや、親が病気やいぅて帰って、
まだ戻ってけぇへん。

■誰がそんなこと聞ぃてんねん……、いえ、乳母やおまへん、馬を尋んねて
まんねやがな●訪んねたってくれるか? 猪飼野でな、大久保いぅて聞ぃた
らじきに知れる言ぅてた。わしも気にしてんねや■何ぬかしてんねんこいつ。

■お前、だいぶ遠いなぁ。だいぶ遠いなぁ●遠いことあらへんが。猪飼野や、
じきそこやがな■何ぬかしとんねんこいつ、ボ〜ンといたろか●行たってく
れるか? ほたらな、言付けるもんがあるで、ちょっとうちまで……■えら
い親っさんやなぁ……、あんなもんの相手してたら馬どこまで行ったんや分
からんホンマに。まさか反対っちゅうことはないやろなぁ……、あっ、掃除
してる人があるわ。

■ちょっとお尋んねします▲はいはい■あんさん、あの、ここにずっと居て
はった?▲あぁ、ここにずっと居てますが■馬、味噌樽積んだ馬通りまへな
んだやろか?▲あぁ、あんたの馬だしたかいな。いやなぁ、最前なぁ掃除し
てたらな、馬が馬方もなしにこぉ荷物運んでまっしゃないか「世の中進んだ
なぁ」っちゅうてな「馬方連れんと馬が用事するよぉになった、いやぁえら
いもんじゃ」言ぅてたら、そこへ道草食いだしたんじゃその馬が「これ、用
事が遅れるぞ、早よ行け」言ぅて竹箒で尻ボ〜ンとどついたら、ダァ〜ッと
駆け出した。

■そら、何をすんねんな、せっかく止まってるやつ、追わいでもえぇやない
か……、みな寄ってわしの馬滅茶苦茶にしやがんねん、あれが分からんよぉ
になったら、これなんぼ損や分からんでホンマにえらいこっちゃ。あっちか
ら来た人……、ちょっとお尋ねしますが大将、ちょっとお尋ねします。

●チャ、チャ〜ンチャンチャン♪ か……、な、何や? わしか?■へ、大
将ちょっとお尋んねしたいことがおますんやがなぁ。ちょっと済んまへん大
将●なんや「大将、大将」て、何が大将や、おらぁ〜軍人やないぞわしわ。
大将も二等兵もあるかい■さよか、えらい済んまへん。ほな、旦那●旦那と
言われるよぉな、そんな身分とちゃうぞ、わしわ■えらい済んまへん。ほな
親方●子分、子方も持った覚えはない。

■難儀やなぁ……、ほな、おっさん●「おっさん」……? お前みたいな甥
はおらんわ■難儀やなぁ、どない言ぅたらえぇねん。ほなぁ、兄ちゃん●に
「兄ちゃん」……? なぶりゃがったら承知せんぞお前、何や?■あんさん
あのぉ、馬ご存知やおませんかいなぁ?●何?■馬ご存じやおまへんかいな?
●なぶってけつかったらあかんぞ、馬ぐらい知ってるわい。誰でも知ってる。
顔の長ぁ〜い、タテガミの……

■いや、馬はご存知でっしゃろけど、わたしの聞ぃてんのは味噌樽を積んだ
馬でんねや●何?■味噌荷を付けた、味噌付けた馬ご存知やおまへんか、っ
ちゅうてまんねや。

●何を言ぅんじゃ、こいつ……


【さげ】
●わしゃこの歳なるが、馬の田楽は見たことないわい。


【プロパティ】
 判取り=受け取り印、認め印
 とうない=途方もなく
 ボチボチ=そろそろ・徐々に・少しずつ・ゆっくり。
 栗芋=鳴門金時など水分の少ないタイプのいも。
 びんつけ=鬢付け油のようにネットリとしたタイプのいも。
 くさっぱち=クサ:湿疹。瘡(かさ)の転か? あるいは腐(くさ)の義か?
 どでん=ホーデン(hoden ドイツ語):睾丸の転訛か?
 仕切り=伝票、送り状
 猪飼野(いかいの)=1973年2月1日の町名変更により地図上より消滅。現
   在、市道内環状線、近鉄電車ガード下に「猪飼野橋」交差点の名称が
   見える。
 ぬかす=言う・ほざく。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 田楽=「田楽焼き」の略、豆腐などに練り味噌を塗って焼いた料理。豆腐
   に串を打ったところが田楽を舞う姿に似ているところからいう。味噌
   に木の芽をすり込んだものを木の芽田楽という。
 おでん屋の口上=おで〜んさん、お前の出庄(でしょ〜)はどこじゃいな、
   わたしの出庄は常陸の郡(くに)、水戸ぉさまの御領中山育ち、郷(く
   に)の中山出るときは、藁のべべ着て縄の帯しめ、鳥も通わぬ遠江灘
   (とおとぉみなだ)いろいろ苦労をいたしまして、落ち着く先は大阪江
   戸堀三丁目、播磨屋さんの店にと落ち着いて、手厚いお世話になりま
   して、別嬪さんのおでんさんになろぉとて、朝から晩まで湯に入り、
   化粧(けしょ)してちょいと櫛差して、甘いお味噌のべべを着る、おで
   んさんの身請けは銭(ぜぜ)次第、おでん熱あつぅ〜〜ッ
 音源:桂米朝 1989/03/07 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1989/03/07  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1997/10/26  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/01/29  ●リクエスト数:rakugo80  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次