【上方落語メモ第2集】その78

た け の こ


【主な登場人物】
 お武家様  その下男=可内(べくない)  隣りのお武家様

【事の成り行き】
 上方落語にはお武家様の登場するものが少ないという枕を、米朝師匠が語
られます。その少ない噺の中から、夜中、一人でトイレに立つのが恐い侍が
奥方を脇に控えさせて「その方、そこで待つのは恐くないか?」「いいえ」
「天晴れ、それでこそ武士の妻じゃ……」ど突いたろかしら、思いますなぁ。

 こんな噺もあります。と、脱線講義常習の名物教授がいつものように脱線
していくように語られたのが次の噺です(1997/10/12)。

             * * * * *

●こりゃこりゃ可内(べくない)▲ねい●きょうの昼飯の采(さい)は何じゃ?
▲えぇ、筍でございます●ほ〜ぉ、筍とは珍味じゃが、いずかたよりか到来
をいたしたか?▲到来はいたしませんので●しからば八百屋にて買い求めた
か?▲買い求めもいたしませんので。

●買い求めもせず、到来もせぬ筍が、どぉして家(うち)にあるな?▲いや、
お隣りの筍がね、こっちの庭へ頭出しよりましたんで、それを掘り取りまし
た●何といぅことをいたす「渇しても盗泉の水を飲まず」とは古人の戒め、
隣家のものを無断にて掘り取るといぅことはあるものか、たわけめ。

●とは言ぅものの、わしもそぉいぅことは好きじゃ▲あぁビックリした。旦
那お好きですかいな●しかし一応隣家へ答えねばいかん、これから行ってま
いれ▲何と言ぅてまいりますかな?●そぉじゃな……、慌ただしゅ〜走り込
め。

●「不埒(ふらち)でござる、不埒でござる。不埒分明(ふらちふんみょ〜)、
不埒(ふら)フッタイでござる。ご当家様の筍が手前屋敷へ泥脛(どろずね)を
踏み込みました。戦国の世ならば間者(かんじゃ)も同様なやつ、召し捕って
手討ちにいたしますゆえ、その段ちょっとお断りをいたします」

●そぉ言ぅてこい。わしは鰹節のダシを取っておくからな▲おもろい旦那や
なぁ、うちの旦那。慌ただしゅ〜走り込むのか……

▲えぇ〜、不埒でござる、不埒でござる。不埒分明、不埒フッタイでござる
◆これは隣家の可内、慌ただしゅ〜何事じゃ?▲ご当家様の筍が手前屋敷へ
泥脛を踏み込みました。戦国の世ならば間者も同様なやつ、召し捕って手討
ちにいたしますゆえ、その段ちょっとお断りをいたします◆不届きな筍の振
る舞い、お手討ちは止むを得ぬが……、遺骸はこちらへお下げ渡しを願いた
い。

▲そら何を言ぅねや、遺骸が要るんやがな……、うちの旦那、鰹のダシ炊い
て待ってまんねやが◆何ならば、ダシもろともにても苦しゅ〜ない▲さいな
ら……、向こぉの方が一枚上手やで。

             * * * * *

▲え〜、行て来ました●ん、何と出あったな?▲「不届きな筍、お手討ちは
止むを得ませんが、遺骸はこちらへ下げ渡してくれ」言ぅたはりまっせ「う
ちの旦那、鰹のダシ炊いて待ってまんねん」言ぅたら「ダシもろともにても
苦しゅ〜ない」言ぅたはりますが。

●ふん、敵もなかなかやるのぉ……。もぉ一度行ってこい「不届きな、けし
からん筍は既に当方において手討ちにいたしました。遺骸はこちらにて手厚
く腹の内へと葬ります。骨(こつ)は明朝、高野へ納まるでございましょ〜。
これは筍の形見じゃ」と言ぅて、この竹の皮をばらまいてこい▲段々オモロ
なってきたなぁこら……

             * * * * *

▲え〜、お隣りの◆おぉ、可内。鰹のダシは?▲いやいや、せやおまへんね
ん。え〜、あの〜「けしからん筍は既に当方において手討ちにいたしました。
遺骸はこちらにて手厚く腹の内へと葬ります。骨は明朝、高野へ納まるでご
ざいましょ〜。これは筍の形見でございます」(バラバラ、バラバラバラ)


【さげ】
◆いやはや、お手討ちに相成ったか。あぁ、可哀(かわい)や、皮ぁ嫌。


【プロパティ】
 可内(べくない)=「米朝落語全集」に記載 / 松浦氏 (FCOMEDYG)による。
   芝居では奴の名前に〜内と付けるのが型になっているという。「蛸芝
   居」でも定吉が定内、亀吉が亀内と名乗る(桂米朝談)。
 ねい=「はい」という返事。奴(やっこ)言葉として、昔の芝居なんかによぉ
   出て来ます(桂米朝談)。
 到来=他人から物が届くこと。特に贈り物が届くこと。
 喝しても盗泉の水を飲まず=孔子が「盗泉」という所を通った時、喉が渇
   いていたが、その地名の悪さを嫌ってそこの水を飲まなかったことか
   ら、いくら苦しく困っていても、不正、不義に汚れることを嫌い、身
   を慎むこと。
 たわけ=戯け:馬鹿者。ふざけた者。
 答え=あいさつする。ことわりを言う。
 不埒(ふらち)=道理にはずれていて、非難されるべきこと。よろしくない
   こと。「埒」は馬場の囲いの意。転じて物事のくぎり、秩序の意。
 分明(ふんみょ〜)=ぶんめい:はっきりしていること。明らかなこと。
 不埒(ふら)フッタイ=平べったい・厚ぼったい、などのように不埒である
   ことを強調したものか?
 間者(かんじゃ)=敵方の様子を探る者。間諜(かんちょう)、スパイ
 高野(こうや)=厠(かわや)の異称:便所のことを「高野さん」と、うちの
   お婆ちゃんも言ってました。
 音源:桂米朝 1997/01/01 新春一門会(ABC)

 この作品は【上方落語メモ】その77でご紹介した「試し切り」の枕に語ら
れた噺です。枕の小噺というよりは、きっちりまとまった小品でしたので、
演題名があるかお尋ねしましたところ、松浦氏(FCOMEDYG)より「筍手討ち」
or「たけのこ」であるとのご教示をいただきました。この場をお借りしてお
礼いたします。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=桂すずめ(三林京子)  ●main高座記録日:1997/01/01  ●番  組  名:新春一門会(ABC)  ●ファイル公開日:1997/10/12  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/01/28  ●リクエスト数:rakugo78  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次