【上方落語メモ第2集】その72

動  物  園


【主な登場人物】
 伯父  甥  池田はん(移動動物園の園長)  ライオン

【事の成り行き】
 いま、生の職人技が滅亡の危機に瀕していると聞きます。デジタル数値制
御機器の発達で、きのう今日始めたばかりという新米アルバイトでも、熟練
職人の微妙な手作業同等の仕事結果を得ることができ、結果、給料の高いベ
テランより安いバイト+便利なデジタル道具で済ませてしまう。合理化を追
求するのが産業界の常識ですから、当然の成り行きなのでしょう。

 ところが、考えてみると数値制御の元になっているデータを提供している
のは熟練職人の技ですから、より高度なデータを求めるなら職人技のより高
度な熟練が必要になるわけです。その熟練職人が数値制御機器に置き換えら
れて減少している。一部、危機感をもった産業では目先の利益を度外視して、
この「伝統職人技」の継承を図り始めているらしい、と聞きます。

 熟練を要する職人の世界に限らず、その世界に飛び込んでみないと分から
ないことが多々あります。外から見える部分だけを見て勝手に想像して難し
く考えている。しかし実際体験してみると思いのほか簡単やった。あるいは
単純、簡単そうに見える世界が実際には複雑怪奇、何がどうなってるのか皆
目分からない、ということもあります。

 時間をかけ理論立てて技術をマスターすれば、難しいと思われる職人技の
体得もできないことは無いというか、これはわたし自身版下職人経験上「や
ればできる」と言えます、おのれとの戦いに勝ち、一つひとつ難度の高まる
技術をクリアすれば良いわけですからね。

 ただ、習う相手が障害となることがあるのです。人間という訳の分からん
ものが相手であるのが問題なのです。理論で通じる知的な相手ならよろしい
けど、通じない相手の場合、なまじ人間であるだけに動物を相手にするより
始末が悪いという結果が待っています(2003/11/16)。

             * * * * *

■こっち入り。聞きゃ、また遊んでるそぉやないか●へぇ■「へぇ」やあら
へんでお前、のらくらのらくら、どこへ勤めに行ってもお前だけは三(み)月
も持たんちゅうがな。そらあかんで、歳の二十四にもなって●誰が二十四で
んねや■三やったかいなぁ?●五ぉやがな!■余計いかんがな、威張るやつ
があるかいな。

■お母んぼやいてたで。何でお前、根気が無いんや?●いやその、言ぃわけ
するわけやないんでやすけどな、人間には向き向きといぅもんがおまっしゃ
ろ、わたしに向いてるてなとこへ世話してくれたら、一生懸命やる気おまん
ねがな■はぁ、そらまぁ言ぅてやれんわなぁ。で、どんなとこやったらお前
向いてると思うねん?

●わたいこんな体だっしゃろ、力仕事なんかねぇ、ちょっとあきまへんねん
■まぁ、お前に沖仲仕をやれっちゅうたかて、そらよぉやらんやろなぁ●へぇ
でこの、あんまりここがえぇ方やないさかいね、えろぉ難しぃ、責任持たさ
れるよぉなことはかなんのでんねん■まぁ、誰も持たさへんけども……

●で、わたい口下手だっしゃろ。そやさかい人と話せなあかんセールスたら
勧誘員たら、あぁいぅのはあきまへんねや■要らんことはよぉ喋るけどなぁ
お前●そこへあんた、わたい朝眠(ねぶ)たい方でっしゃろ■ちょっと待て。
おい、働きに行こちゅう人間が、朝眠たいなんてこと言ぅてたらしゃ〜ない
やないか。

●そぉかて、朝六時に起きたりしたら、まぁ二時間ぐらいは頭ボ〜ッとして
ますわ、自慢やないけど■自慢にもならんわいそんなもん……。ほな、どぉ
いぅ所があったらやるねん。いっぺん言ぃたいだけのこと言ぅてみ●でわ、
まあ、わたくしの希望を述べると……■偉そぉに言ぅな、言ぅてみぃ。

●まぁこの、朝十時頃からボチボチ仕事にかかってね■十時? 慰安会か何
かと間違ごぉてんのと違うかお前? 町内の運動会でももっと早よぉからや
るで●まぁ十時ごろからボチボチ……、力仕事なんかせんと、人と応対する
よぉなこともなしにでんな、昼が来たらごっつぉ食わしてもろて、まぁ午後
になったらのんびりブラァブラしてて、でまぁ四時かぐらいではもぉ仕事が
しまいで、贅沢は言ぃまへんねんわたい、日に一万円ぐらいくれるよぉな所
があったら……

■よぉそんだけのこと言ぅたなぁ、お前……。そぉいぅ所があったらやるか
え?●おますか?■「あったらやるか?」っちゅうてんねん●そら、やらし
てもらうけど、おますかいそぉいぅ所は?■実は人を一人世話してくれいぅ
て頼まれてるねん。行く先は動物園や●はぁ、天王寺の?■いや、そんな結
構なとこやない。移動動物園っちゅうのん、お前聞ぃたことあるやろ。動物
園のないよぉな辺ぴな所へ、珍しぃ動物を連れて行て見せる。

●聞ぃてますわ、移動動物園て。やっぱり、ゾウやらキリンなんか持って行
きまんねやなぁ?■あぁいぅ大きなものは運びにくいさかい、そんなものは
おらんね●カバなんか?■カバなんか池が要るさかいなぁ、あぁいぅ手間の
かかるものはおらんね。

●何がいてまんねん?■せやなぁ、あんまりえぇもんはおらんねけど、まぁ
ニシキヘビ大蛇、これはおるわなぁ●はぁ……■それからシカとかなぁ、イ
ヌとか●イヌ? ろくな動物やないなぁそら■まぁ、そんなもんでは客が来
んさかいに、トラとライオンがいてるねん●あぁなるほど、そこらへんが動
物園らしなりましたなぁ。

■さぁ、ところがその肝心の呼びもんのトラがこないだ死んでしもてな「ト
ラは死しても皮残す」と言ぅんで、皮を剥いで剥製にしてん。で、ある男が
考え付いてな、どぉせ本物を見たこともないよぉな所へ行くんやさかい、誰
かこの人間がトラの皮着て檻の中で動いてたら、まぁ誤魔化しがつくんやな
いか、っちゅうことになって。その人間を探してくれっちゅうて頼まれてる
ねん。

●きょうびあんた、トラの皮着て檻に入るてなやつおりまへんで■わしもお
らんと思てたんや……、こぉ手近におるとは思わなんだなぁ。ほな、やって
くれるか●いぃえぇ、わたいやりまへんで■お前いま「やる」言ぅたやない
か●わたしには条件がおまっしゃないか。朝十時頃から……

■十時頃からでえぇねや、そんな早よやったかて客来ぇへんさかいな。十時
頃からボチボチお客さんを入れるねや●力仕事……■力要らんがなそんなも
ん、檻入ってたらえぇねや。トラの皮て軽いもんや●難しぃ……■難しぃこ
とあらへんがな、檻の中で動いてたらそれでえぇねやさかいな、昼が来たら
ごっつぉ食わしてもろたるがな。

●口下手や……■もの言ぅたらいかんねや、トラが。口下手の方が結構なん
や。ほんで昼からなったらな、のんびりブラァブラしてたらえぇねや、四時
か五時になったらもぉしまいや、日に一万円もろたるがな、やりぃな。

●……、考えてみると、こらえぇ仕事や■えぇ仕事やがな、誰がお前らに一
万円も出してくれるかい、やりやり●せやけどなぁ、一人前の人間のやる仕
事や……■何が一人前や、半人前もないくせに何を言ぅてんのや●しかし、
人に聞かれても面目ないなぁ、こんなん「あんた、この頃何やってなはんね
ん?」「へぇ、わてこの頃トラやってまんねん」そんなアホなこと言われへ
ん。

■止めとけホンマに……。お前のこと心配して、わしゃこないして仕事持っ
て来たったんやないか。ほかにやりたいやつは何ぼでもあんねん、止めてま
え、止めてまえ●そんな、怒ったらいかん。ほなまぁやりますわ、あんたの
気安めに。

■わしの気安めにやってもらわいでもえぇねん、親喜ぶ。無理矢理にでもや
らせるつもりで、ここにちょっときょうは紹介状ちゃんと書いたぁる。で、
ここにな明日の現場が書いたぁる、これ持ってったら、向こぉに園長の池田
はんちゅう人がいてるさかいな「わしから聞ぃて来た」ちゅうたらあんじょ〜
してくれんねん。それ見たら書いたぁる、電車やらバスやら乗り換えて行く
のやで、朝早よぉ起きて頑張って行きや。

●ほんならまぁ、やらしてもらいまっさ。

             * * * * *

 気楽な男で、トラになること引き受けましてね、電車やバスを乗り継いで
田舎の方へやってまいりました。移動動物園、檻なんか立ってますわなぁ。

●えぇ、ちょっとお尋ねします、池田はんちゅう人はどなたはん?▲あんた、
来てくれたん、間に合ぉた間に合ぉた。あんたあの人の甥かえ、そぉかそぉ
か。いや、引き受けてくれたけど、いまだに顔が見えんやろ「もぉボチボチ
お客入れなあかんのにどないしょ〜」言ぅてたんや。ほな、この人が言ぅの
には「トラの皮着て檻に入るてなやつはもぉいま日本にはおらんで」「まぁ、
世間広いさかい一人ぐらいおるや分からん」言ぅたりして……。いやまぁ、
助かりました。

●そんなおかしな言ぃ方しなはんな、一生懸命やるつもりで来てまんねやさ
かい▲やってもらわなどんならん。おい、トラの皮こっち持っといで……。
で、今まであんた、トラの方のご経験は?●そんなもんあれしまへんで。経
験なかったらあきまへんか?▲いやまぁ、なかってもあってもおんなじよぉ
なもんやけど……。小柄な人頼んどいたけど、あんたなら入りそぉな、服脱
いで裸んなってこれ着込みなはれ。

●ほぉ、トラとしたらこら大きなトラやなぁ。足からこぉ入れまんねやなぁ。
作業服みたいなもんやなぁ、ずっとこぉ繋がってまんねやな。なるほど手を
先入れて頭をかぶって……、ちょ〜ど合いますわ。え? 腹のところがチャッ
クになってる、なるほどなぁ……、どぉです?

▲「どぉです」やあれへんがな、とにかくあっち行て檻ん中を……。今から
這わいでもよろしぃ、こっち来てこの中入んなはれ●これ、わたい一人でっ
か?▲当たり前やがな●メスのトラかなんか……▲そんなもんおれへんおれ
へん●それは寂しぃなぁ……、あぁ、あんたガチャンと閉めて錠おろしたり
しなはんな、わて逃げしまへんさかい。

▲いやいや、これは見てる人が信用せぇへんさかい、こぉやってガッチリお
ろしとかないかんねん……。あんたなぁトラになったんやで、ちょっとトラ
らしぃしなはれ。トラが檻の中で腕組んであぐらかいてたらいかんがな。立っ
たらいかん。トラといぅものは狭い檻の中を行たり来たり、行たり来たりし
て歩いてるもんやがな。あんた動物園のトラ見たことないのんかい?

▲そんな歩き方とちゃうがな、トラといぅものは前足と頭を反対に持ってっ
たらトラの感じが出まんねん。よろしぃか、つまりなぁ顔を右に向けると足
を左に持っていきなはれ、こぉ顔を左に前足を右、こぉいう具合に……●あ
んたうまいなぁ、あんたやんなはれ▲アホな、何を言ぅてんねん。あんたに
やってもらわないかんねやさかい。

●さよか、こぉいぅ具合……。あの〜ちょっと池田はん▲何だんねん?●あ
の〜、タバコは吸ぅてはいかんかえ?▲アホかおまはんわ、トラが檻の中で
こんなことすんのん見たことないがな。タバコは辛抱しなはれ●それが辛い
なぁ……、あっ池田はん▲何やいなもぉ●トラはやっぱりションベンすると
き片足上げるか?

▲アホなこと聞きなはんな、人の見てるとこでションベンしたらあかんで。
あの後ろに真似事だけ小さい岩屋こしらえたぁるやろ、あん中入って誤魔化
しなはれ。あっちの方にも出入り口はあるんやさかい。で、餌もあっちから
入れるさかいな●餌? ちょ、ちょっと待った。餌て人間の食えるもんでっ
しゃろなぁ? ウサギの生肉なんかよぉ食わんでわしは。

▲人間の食えるもん、ちゃんと入れたる心配しな。もぉボチボチお客が入っ
て来る、ほら静かに横になってなはれ、なるべくな●済んまへん、また分か
らんことあったら呼ぶさかい▲呼んだらあかんで。トラがちょいちょい人間
呼んだらややこしぃてしゃ〜ないがな。黙ってなはれや●へぇ。

●うわぁ〜入って来た入って来た、子どもばっかりやなぁ。あんまり、大人
こぉいぅもん見にけぇへんなぁ。わぁ、あれライオンの檻や。お、ライオン
こっち見てるがな「今日のトラちょっとおかしぃな」ケッタイな顔してこっ
ち見とぉる。

●集まって来た集まって来たで。え、何?「このトラ恐い」何かしてんねん、
何が恐い。お前ら何も知れへんさかい……、え、何やて?「このトラに石ぶ
つけたる」悪いやつがいとぉるなぁ、こんなとこ石ぶつけられたら逃げると
こあれへんがな……「グァオ〜ッ!」ビックリして逃げて行きよった、オモ
ロイもんやなぁ。

●考えてみたら、これえぇ仕事かも分からんなぁ。こないしてたらえぇねん
やさかい。この子、うまそなパン持ってるなぁ、考えてみたら腹減ってきた
で、餌の時間までまだだいぶ間があんねや……「おい、ちょっとそのパンく
れ。ちょっとパン放ってくれ」

★お母ちゃん、このトラ「パンくれ」言ぅてる☆何を言ぅのん、トラがパン
食べたりするかいな、トラはお肉を食べるねや★そぉかて「パンくれ」言ぅ
てる☆やろか……●言ぅてみんならんもんやなぁ、皮かぶってると食いにく
いなぁ……★トラ、パン手で掴んだで☆ケッタイなトラやこと。

●ウワァ〜、もぉちょっとで化けの皮が剥げるとこや……、え? 何じゃい
何じゃい、司会者みたいなやつが出て来たがな、あれ何や?

▲ご来場のお客様に申し上げます。トラの檻の前へお集まりください。ただ
今からショーが始まります●何が始まるねん? 聞ぃてへんでおい、おかし
なこと始めんといてや。今度は真ん中へ出て来てマイク持って、何やあいつ?

▲えぇ本日はご来場厚く御礼を申し上げます。さてただ今より、当移動動物
園が絶対よそでは見られないといぅ、猛獣ショーをご覧にいれます。あれな
るライオンの檻をば、このトラの檻のそばへと運びます。あの檻のライオン
をトラの檻の中へと放ち入れます。密林の王者といわれるトラと百獣の王の
ライオンとの間に、いかなる死闘・激闘が展開されますか、手に汗握る猛獣
ショー、ご期待を持ってご覧ください。

●知らんでわしゃそんなん、一万円安い、こら一万円安い。何や話がうます
ぎると思たがな……。えっ、聞ぃてへんがな、ホンマにライオン入って来た。
あ、あっち行け、あっち行け。行ってくれ頼む。

◆やっぱりライオンて獣(けだもん)の王さんでんなぁ、トラ見てみなはれ小
そぉなってしまいましたがな。トラしっかりいけ! わしが付いてるぞ●お
前ら付いてたかて、しゃ〜ない。ど、ど、どないしたらえぇねん★お母ちゃ
ん、このトラ弱いなぁ☆そら弱いがな、パン食べるよぉなトラ、強いはずが
ないがな。ガタガタガタガタ震えてるわ、これ。

 ライオンがのっそのっそと近付いてまいります。トラの方はもぉガタガタ
ガタガタ震えながら「なまんだぶ、なまんだぶ、もぉあかん」小そぉなって
お念仏となえだした。ライオンは悠々とたてがみを振りながら、トラの耳の
端(はた)へ口を持って来て……


【さげ】
 「心配すな、わしも一万円で雇われたんや」


【プロパティ】
 ノラクラ=なまけて遊んでいること。また、そのようなさまや人。
 沖仲仕=港湾労働者のうち船舶内で貨物の積みおろし作業に従事する者。
 かなん=適わない→適わん→かなん。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 天王寺動物園=大阪市天王寺区茶臼山町。1915(大正4)年1月1日、日本
   で3番目の動物園として開園。1番上野動物園1882(明治15)年、2番
   京都市動物園1903(明治36)年、4番甲府市動物園1919(大正8)年。
 移動動物園=江戸期に始まるラクダ、象、アザラシ、豹、ヒクイドリやロ
   バなど「動物見世物」がその起源と言えるだろう。単に珍獣を見て楽
   しむのではなく「象を見れば七難即滅し七福生ず」「ラクダを見ると
   夫婦和合」など、御利益を求める霊的なものだったようである。
 誤魔化す=江戸時代に胡麻胴乱という菓子があり、小麦粉に胡麻を混ぜて
   膨らましたもので中空であった。内容の伴わないものを「胡麻菓子」
   と呼ぶようになり「ごまかし→ごまかす」と活用した。との説、これ
   はちょっと無理があるような気がします。胡麻を加えると食べ物の味
   が引き立つことから、料理の手を抜いて胡麻を加え「胡麻かす」こち
   らの方が理にかなってますね。もう一説、密教の護摩を焚いた残り灰
   にご利益があると、ただの木灰を押し売るのが「護摩の灰(はえ)」そ
   の行為を「護摩カス」
 あんじょう=うまい具合に。味よく→アジヨォ→アンジョ〜。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 チャック=ファスナーの登録商標名:「巾着(きんちゃく)」のチャクから
   の造語という。昭和初期、広島県御調郡向島の日本開閉器工場の関連
   会社「チャック・ファスナー」が販売した「チャック印」ファスナー
   が丈夫で評判が良かったため、ファスナーをチャックと呼ぶようになっ
   た。また、ジッパーは米国式の呼び名で、開け閉めするときのジーッ
   という音からの命名。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 何かしてんねん=何を+ぬかしてる+ねん。ヌカスは「言う・ほざく」ネ
   ンは「のだ」ンは「る」が変化したもの。
 パン=1842(天保13)年、幕府の伊豆韮山代官、江川太郎左衛門が日本人の
   手で始めてパンを焼いた。アヘン戦争に勝利したイギリスが日本へ軍
   を進めた場合、米飯を兵糧とする日本軍の炊飯による煙が戦略上不利
   になると考え、携帯食の開発を命じたことによる。ポルトガル語(pao)
 パン=トラの食べたパンは何か? ちょっと聞いてみたところ、人それぞ
   れ妄想激しくコッペパン、アンパン、蒸しパン、給食のパン……、わ
   たしはメロンパンだとうれしくなります。
 マイク=マイクロフォン:イギリスの物理学者・発明家デビッド・ヒュー
   ズ(1831.5.16〜1900.1.22)が1878年に発明した音声入力器に「マイク
   ロフォン」と命名。
 端(はた)=そば・かたわら・横合い。主として、そばの者など、人の場合
   にいう。人以外は「ねき」という。
 音源:桂米朝 1996/10/27 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=桂枝雀  ●main高座記録日:1996/10/27  ●番  組  名:特選上方落語(MBS)  ●ファイル公開日:1997/08/31  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/01/17  ●リクエスト数:rakugo72  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次