【上方落語メモ第9集】その426

茶屋迎い(桂雀三郎版)


【主な登場人物】
 親旦那  熊はん  番頭  二番番頭・杢兵衛  お家はん  若旦那
 親旦那の以前の彼女ほか

【事の成り行き】
 時を同じくして「茶屋迎い」の音源が2本手に入りました。1987年2月21
日「ザ・上方寄席(MBS)」で放送された桂雀三郎師匠口演と、つい先日2007年
12月16日(10日収録)「なみはや亭(ABC)」で放送された桂文珍師匠口演です。

 久しぶりの新規追加だし、どちらを選ぶか悩むのも面倒だし、同じようで
ありながら微妙に違う面白さも捨てがたい。ということで『桂雀三郎・桂文
珍「茶屋迎い」競演』と題して、2本とも紹介してしまいます。

 こちらは桂雀三郎版「茶屋迎い(J版)」となります。桂文珍版「茶屋迎い
(B版)」との味の違いをお楽しみください(2008/01/06)。

             * * * * *

 え〜、もぉ一席お付き合いを願いますが、これは古典でございましてです
ね、まともですけども、まぁわたしのやるこってすから、ちょっとおかしぃ
ですから、まぁどぉぞひとつ、お力落としのございませんよぉに。

 え〜、前に京橋の「やぐら」といぅ、わたしが毎日行ってる飲み屋の話を
しましたが、自慢やおまへんが毎日行ってます。えぇ、まぁ金持ちですから
な、わたしも。

 まぁ、日に九百円は使いますねぇ。ですからもぉほとんど毎日行ってまし
て、もぉすごいのは木曜日が休みですが、木曜日にも兄ちゃんと会ってると
いぅ。怪しぃのんちゃうかと言われておりまして、もぉそぉいぅ毎日生活を
送ってるわけでございますが。

 前にちょっと変な客といぅか「いろんな人が来ます」いぅこと言ぃまして
ですね、制服みたいなん着た人が来てですね「何やってる人です?」言ぅて
「タクシーの運転手ですわ」「終わったんでっか?」「いえ、休憩中ですわ」
言ぅたりして、そんなんがあったとか話しましたですね。

 こないだから見てますといろんな人がおりましてですね、これは確か前、
言ってなかった思うんですが「あの〜、何しまひょ?」言ぅたら「お酒、冷
や酒、冷や」言ぅてね、コップ、ポンと置いたら一升瓶トントントントンと
入れてもろて、そらまぁよぉありますわね。

 「で、アテ何しまひょ?」「生ビール」こらもぉすごいですね、皆ビック
リしますね、よそではどぉか知りませんが、京橋ではそぉいぅお客さん、尊
敬されますからね。皆一斉に「おぉ〜ッ!」

 どないしはんのかいなぁ? 思たら、冷や酒ク〜ッと呑んで「お代わり」
生ビール、クックックックッと半分ほど呑んでね、また冷や酒ククク〜ッと
呑んで、また生ビール半分ほどクック〜ッと呑んで、完全にこれがおかずに
なってるといぅ、ものすごい人がいてはりましたですね。

 ここら「京橋ならでわ」ですねぇ、いっぺん見に来てください、この人も
毎日来てますから。だいたい時間も分かってます、十二時過ぎですハイ。

 それからですね、これは別の店でしたが、もっとビックリしたやつが来ま
してですね「何しまひょ?」言ぅたら「ビンビール」「あぁそぉですか、ビ
ンビール、で何しまひょ?」「おあいそして」これもビックリしましたね。

 まだ呑まん先におあいそしてる人がありましたが、まぁいろんな人がある
もんですが、呑み方もまぁいろいろですがねぇ、男の道楽といぅのは昔から
「呑む・打つ・買う」と、こぉなってるわけでございますけども。

 まぁお酒の呑み方とかいろいろありますが、この女性のほぉもですね、今
このピンクサロンとかそぉいぅもんがあちこちに、まぁ京橋もお陰さんでた
くさんにありますが、あの〜、地元ですんであんまり行きにくいんで、あぁ
いぅとこへは行かんよぉにしてますが、昔はよぉ行きましたが。

 あの、大阪の「東通り商店街」なんかにもよぉけありますね。で、あぁいぅ
とこも、行く気で通ってて声掛けられんのはえぇんですが、なんかほかの飲
み屋へ行こぉと思て、ただこっちは健全に純粋にお酒を呑もと歩いてるのに、
横から「お兄さん、千円だけ」とか、こぉ呼ばれると、いかにもわたしが助
平やといぅことを見透かされてるよぉでね、もぉ「何で分かんのんかな?」
と思て腹立ったりなんかいたしますが。

 で、女の子に何か言われるんはえぇんですが、男の呼び込みが多いですね、
この頃。でまた、ひどい呼び込みがありましてですね、こないだもあの東通
り商店街ですごいのんありました「さぁ〜ッ、オンナ、オンナ、オンナ、オ
ンナッ!」ちゅうのんありましたですね。

 魚屋やないっちゅうねん。思わず「あの子、三枚に下ろして」かなんか、
言ぃそぉになりましたからね、ものすごいのんあります。そぉかと思うと、
あのボソボソッと言ぅ手もあるんですな、いろんな手があるんですが、ボソ
ボソッと言ぅ手も気色悪いですよ。

 真横へ来て、そばで小さい声でね「兄ちゃん、兄ちゃん、若い子、若い子。
若いお尻、若い太もも、若いお乳……」あれ、誰かここにおるからえぇんで
ね、誰ぁ〜れもおらんとこ一人で「若いお尻、若いお乳……」じきにパ〜ポ〜
パ〜ポ〜て飛んで来ます、危ないんでございますが。


 あぁまぁしかしこの、お酒や女性に溺れるのは男でございますけれども、

▲ほたら何んですかいな旦さん、若旦那、もぉ三日もお帰りやございません
ので?■そぉやがな熊はん、もぉ笑ろとぉくれ、いや、こないだのこっちゃ
がな「お父っつぁん、わたいももぉボチボチ何ぞこの、商売の勉強がしとな
りました。何ぞお店の仕事、手伝(てった)わしとくなはれ」と、こんなこと
言ぅのじゃ、あのノラが。

■わしもな、びっくりしてな、いや、嬉しかった。喜んでたんじゃわしわ。
こいつもとぉとぉやる気になってくれたかと思てな、わしゃ嬉しぃてな「で
まぁ、つきましてはとりあえず、お得意さんの顔をまず覚えとかないかんと
思いますんで、ちょっとお得意さん回り行ってきまひょか。ちょっと掛け金
でも集金に行ってきまひょか?」と、こんなこと言ぃよんねん。

■わしもな「ちょっとおかしぃなぁ」と思わんでもなかったんじゃがな、そ
こが親馬鹿じゃ、ついうかうかと取りにやらしたところが、案の定このざま
じゃ、もぉ帰って来んがな。集金だけして、そのまま御茶屋へ居続けじゃ、
もぉ三日も帰って来やせんがな。ホンマにもぉ熊はん、親馬鹿じゃ笑ろとぉ
くれ。

▲あぁさよか、アッハッハッハッハッ、アホや■ほっとけ、ホンマに笑らわ
いでもえぇねん。ほんで、おまはんに来てもろたといぅのはほかでもないね
ん、おまはんとうちのノラとは小さい自分からの馬合いじゃ、ひとつおまは
んな、あいつを迎いに行てな、首に縄付けてでも引っ張って帰ってもらいた
いんじゃ。

■こんなことはほかに頼む人もないでな、熊はん、あんたを男と見込んでお
頼の申しますでな、もぉこの通りじゃ……▲アホらしぃ、手ぇ上げとくなは
れ。いえ、わたしもね、若旦さんの遊び、ちょっとこの頃度が過ぎてはるよぉ
に思とりました。よそながらご意見申そかいな思とりましたんですけどな、
こんな若輩もんが、またお出入りさしてもろてる身で、と思てご遠慮さして
もろとりましたんで。

▲分かりました、わたしらみたいなもんがご意見申したほぉがお耳に入り良
いやろと思いま。またわたしが無理やり連れて帰った上で、旦さんのほぉか
ら改めてホンマもんのご意見をしていただいたら結構かと思います。

■いや、よぉ言ぅとくなはった熊はん、ほなまぁよろしゅ〜頼んました▲どぉ
ぞ親船に乗った気でいとくなはれ、若旦那の行てなはる御茶屋といぅのは?
へぇ、新町の、へぇ、へぇ、なるほど、だいたい分かります。ほなじきに連
れて戻ります。ごめんやす……

             * * * * *

■番頭どん、どないなったぁんねん、熊はん? もぉ三日も帰って来んやな
いか。きっちり木乃伊(みぃら)取りが木乃伊になってんねやないか、何が親
船に乗ったつもりや、親船どっか漂流してしもてるがな◆ハッハッハッ「漂
流」やなんて、オモロおまんなぁ■オモロイことあれへん、だいたい「あの
男を呼びにやらしたらえぇ」ちゅうたのは、番頭どんおまはんやで。

◆相すまんこってございます。こらちょっと人を間違いましたですなぁ■人
を間違ごぉたちゅうと?◆あぁいぅお職人衆といぅのは、あぁいぅところお
好きでございますからなぁ、もぉ一緒になって遊んではるのに違いございま
せん。今度、間違いのない人間を。

■「間違いのない人間」といぅと?◆うちの二番番頭の杢兵衛どんでござい
ます■杢兵衛? あれが間違いのない人間かい?◆違いございません、えぇ
旦さん、大阪広しといえども、まぁ杢兵衛どんぐらい堅い男はあるもんやご
ざいません。

■ほぉ〜、そない堅かったかいなぁ? ちょっと変わっとるとは思たがなぁ
◆堅いの堅(かと)ないのて「堅かったかいなぁ」言ぅてるだけ手遅れ、もぉ
堅いの堅ないの、もぉお城の石垣か杢兵衛かちゅうぐらい。

◆まず女が嫌いでございます。なんでも、ふた親が物堅い人やったとそぉで
ございましてな、もぉ小さい時分から「女といぅものは怖いもんや、恐ろしぃ
もんや、魔性のもんや」そぉいぅ風に教えられて育ったんやそぉでございま
してな、もぉそぉでございますから、お店に女のお客さんがまいりますと、
応対をほかのもんに代わってもらうといぅ、もぉそれぐらいきっちりしとり
ます。

■「きっちりしてる」ちゅうより、そら病気と違うか?◆いや、堅いんでご
ざいます。で、お酒もあきまへん「お酒といぅものは悪魔の水や、人の心を
狂わす、命を削るカンナや」ちゅなこと言ぅて、もぉ一滴もあきまへん、もぉ
堅いかたい■そない堅かったかいなぁ? ほなまぁ、その杢兵衛どん、こっ
ち呼んどぉくれ。

             * * * * *

★旦那、さま、お呼びで、ござい、ます、か?■ホンに堅いなぁ、こんな堅
かったんや……、あぁ杢兵衛どん、実は聞ぃてると思うがうちの倅(せがれ)
がな……

★はい、はい、そぉで、ございます、か。はい、わかりました。旦さんの前
でございますが、これは、若旦那が放蕩なさっているのではございません。
悪魔が若旦さんをして、放蕩させしめているのです。分かりました、不肖わ
たくしが、その悪の巣窟へ乗り込んで、言(ゆ)ってやります。

■何を言ぅのじゃ?★サタンよ、退けッ!■何じゃそら?★わたくしの父親
は耶蘇(やそ)教の宣教師でございました■どぉでもえぇねんけどな、喧嘩に
行くねやないねさかいな、穏やかに頼むで。倅さえ無事に連れて帰ってくれ
たらえぇんじゃさかい。

★分かりました、それでは行てまいります。ごめん……

             * * * * *

■番頭どん、どないなったぁんねん、あの「サタンよ退け」は? また三日
も帰って来んやないか、何がお城の石垣や、石垣崩れてしもたぁるがな◆ハッ
ハッハッハッ、崩れてございますか、オモロまんなぁ■喜んでんねやあれへ
んがなホンマに◆こらちょっと、人を間違えましたですなぁ■あんなんばっ
かりや。

◆あぁいぅ堅い人ほど、いざといぅ時に脆ろございますからなぁ。今度は間
違いのない人物を■おまはんの「間違いのない人物」当てにならん◆今度は、
大丈夫でございます。と言ぃますのは、わたくしがまいります■番頭どん?
おまはんが?

◆えぇ、先のお二人は何と申しましても歳がお若こぉございますからな、あぁ
いぅ色里といぅところはもぉ口がうもございますからな、もぉベンチャラと
酒と色気でいっぺんに骨抜きにされてしもたに違いございません。

◆わたしゃもぉこの歳ですからな、わたしゃもぉ大丈夫でございます、もぉ
色気も何もありゃいたしません。お酒もあんまりいただけませんし、大丈夫
でございます、三人まとめて連れて戻ります。どぉぞご安心を、ごめん……

             * * * * *

■婆さんや……、わしゃ誰を信じたらえぇの? 誰も帰って来んじゃないか
いな。熊はんが行て、杢兵衛どんが行て、番頭どんが行て、皆そのままやな
いかいな。えッ、なに? これであと、わしと定吉が向こぉ行ったら、向こぉ
で店ができる? よぉそんな気楽なこと言えるなぁ、あんた気楽な人じゃなぁ
ホンマに。

■こぉなったらしょ〜がない、権助を呼びなはれ、飯炊きの権助を呼びなは
れ▲権助? あんな者あきゃいたしません、あれこそ酒癖の悪い……■分かっ
たぁるがな、わしにちょっと考えがあるのじゃ、権助を呼びなはれ……

▼あ〜旦さん、なんか用かな?■権助か、ちょっとこっち来いこっちへ、実
はな、頼みがあんのじゃ。聞ぃてると思うがうちの倅がな……▼ほぉほぉ、
あぁそぉか、どぉりで近ごろ誰も見んと思た。なぁ、お前も苦労するなぁ。

■ほっとけアホ、ほんでちょっと頼みがあんのじゃがな▼あぁ分かった、皆
連れて帰って来りゃえぇんじゃ、わしゃじきに行て連れて帰って来る■待っ
たまった、待った、誰がお前にそんなこと頼むかいな。先の三人は多少なり
とも連れて戻る望みはあったわいな、お前タマから帰って来る気遣いありゃ
せんがな。

▼あぁ、分かるか?■分からいでかいな、今度は違うのじゃ、今度はな、わ
しが迎えに行くのじゃ▼おめぇが?■「おめぇが」ちゅうやつあるかい、わ
しがな、迎いに行てな、それもな、このままの格好で行ったんではな、具合
が悪い。正面切って行ったんでは向こぉも御茶屋じゃ、何のかんのちゅうて
会わせよらんに決まったぁる。

■ここは「奉公人が迎えに来た」といぅ態(てぇ)でな、わしが奉公人の格好
して迎えに行こと思て。で、あいつが出てくるなり、どっか通されたりして、
で、あいつを捕まえて無理から連れて帰って来ぉと、そぉいぅ計略じゃ。

▼あぁ、なるほど。さすが旦さん、腹黒い■ほっとけ、そんなこと。ほんで
まぁ、この格好では具合が悪いんでな、奉公人らしぃ薄汚れたボロボロのな、
ヨレヨレの着物が要るんで、ほんでお前を思い出した▼そんなおかしなとこ
で思い出しなはんな。汚い着物がいかなんだら、綺麗なんくれ。

■いやいや、それがちょ〜どえぇのじゃ。また、ほかのもんは背丈が合わん
でな、その着物がちょ〜どえぇのじゃ▼やれやれ、わしに用やのぉて、この
着物に用かい■そんな文句言わんとな、ちょっと貸しておくれ、わし今すぐ
に行きたいさかい、ちょっとこっち貸しとぉくれ……

■わぁ〜ッ、何じゃプ〜ンと臭いがするなぁ、ちょっと綺麗にしとかないか
んでホンマに。ほな行てくるでな、婆さんよろしゅ〜頼んましたぞ▲お早よ
お帰り■はい……

 ポイッ、表へ出ます。顔が差したらいかんといぅので汚ぁ〜い手拭いで頬
被りをいたしまして、船場から西へ西へ、新町へかかってまいりますといぅ
と、色街はいつに変わらぬ陽ぉ気なこと……♪

■あ〜あ、この里だけはいつ来ても賑やかなこっちゃなぁ、こぉして歩いて
ると若い時のことを思い出すなぁ……、そんなこと言ぅてる場合やありゃせ
ん、今日はどんなことがあっても連れて戻んねやさかい。え〜、確かこのあ
たりやったんじゃがなぁ……、あぁここじゃここじゃ。

             * * * * *

■はい、ごめんを★はい、どちらさんで?■え〜、こちらにうちの、いや、
大黒屋の若旦那がお越しやと思いますねやが?★はぁ、あのぉ〜……、いぃ
え■いや、隠してもろたらどんなりまへんので、ちゃんと分かっとりますん
で「お店から迎えのもんが来た」と、ちょっとお取次ぎを願いたいんで★さ
よでございますか、しばらくお待ちを……

★あの〜、若旦さん●ん? 何じゃ? ちょ、ちょっと番頭、唄やめっちゅ
うねん喧しぃやっちゃなぁ、お仲がなんか言ぅてんねん、ちょっと待てちゅ
うねん……、こっちおいで、何や?★あの、お店からお迎えの方がみえてま
すが。

●え? 迎いのもん? まだ誰かおったかいなぁ? それ、歳はいくつぐら
いや?★あの〜、手拭いで頬被りしてはりますんで、お歳のほぉは分からし
まへんねんけど、こんなこと言ぅたらなんですけど、汚ぁ〜い筒袖の着物、
着たはりますけど。

●「汚ぁ〜い筒袖の着物着て、頬被り」あぁ、そらうちの飯炊きの権助やが
な。おい、番頭、杢兵衛、熊はん、今度権助が迎えに来たらしぃ、親父も誰
も寄越すもんないよぉなったもんやさかい、とぉとぉ権助寄越しよったんや
がな。あれも上げて呑み潰してしまおか?

◆やめときなはれ若旦那、あんな酒癖の悪い男あるもんやございません●け
ど、せっかく迎いに来とぉんのに……◆やめときなはれて、あれだけわ。ご
存知おまへんか? こないだあいつ、割り木持って旦さん追いかけ回しよっ
たんでっせ。あれだけはやめときなはれ。

●そぉか、ほなしょ〜がないなぁ。あのな、わしゃもぉちょっと遊ぶさかい
な、どこでもえぇから通して、まぁちょっとだけ酒でも出して「もぉちょっ
と待つよぉに」そぉ言ぅとぉくれ★へ、分かりました……

             * * * * *

★お待っとぉはんで、どぉぞこちらへ■はいはい……、え? こちら?★若
旦那、しばらくお遊びでございますんで、こちらで待つよぉにといぅことで
ございますんで、ちょっとごめんを■あッ、ちょ、ちょっとちょっと……、
行てしもたがな。

■あれッ、こんなとこへ通されてどないすんねん? 汚ったない部屋やなぁ、
この御茶屋によぉこんな汚い部屋があったなぁ、どないなったぁんねや、ホ
ンマにもぉ★あのぉ、お供の方お待っとぉさんで、ここへお膳置いときます
んで、すんまへんねんけど、人手がおまへんのでお一人でお願いします。

■えぇ、どぉぞお構いなく、はい、どぉも、ご馳走さま……、アホらしなっ
てきたなぁ、倅は二階で芸者揚げて散財してんのに、わしゃ一人でこんなと
こで手酌でやらんならんのかい? あの親不幸者めがホンマにもぉ、こんな
とこ通されたら何にもならん。

■どぉせ、あの二階の勘定もわしの懐から出んねや、こんなアホなことない
でホンマに。親不幸者めがホンマにもぉ……、何や酒もぬるぅ〜いがな、ホ
ンマに。まぁまぁえぇか……、帰りしななってな、あいつがわしの顔見てビッ
クリしよるやろなぁ。

■「若旦さん、迎えに来ましたで」ちゅうて、わしの顔見てビックリしよん
のん、それ楽しみに、まぁ一人でこぉやって呑んでよかい、あの親不幸もん
めがホンマにもぉ。

■おッ、誰やなんや唄歌いだしよったなぁ、誰や? 杢兵衛かい? あれが
唄歌うか? あの男がなに唄歌うねん、珍しぃなぁ……、なんやて?

(♪神ぁ〜みと共にまぁ〜してぇ〜……)

■アホやなぁ、あいつ、お茶屋で讃美歌歌うやつがあるかい。これやったら
お経あげてるのんとおんなじよぉなもんやで。あッ、止めよった止めよった、
そら止めないかんわ、さすがにあいつらもこたえるとみえるなぁ。そらそぉ
じゃなぁ……

■今度は何じゃ? おぉ、番頭か……、え?「春雨」歌うて? あいつそん
なん歌えんのんかい? なになに……?

(は、る、さ、め、に、し、つ、ぽ、り、ぬ、る、る、う、ぐ、い、す、の)

■節付けぇ、節を……、ホンマにどんならんなぁ、こぉなったらうちの恥や
なぁ、百人一首やってんのやありゃせんぞ。あらッ、三味線が太に変わった
で、え? 嬉しぃなぁ、浄瑠璃かえ、誰が語んねん? 倅か、いつの間に稽
古しよったんや? なになに「寺子屋」の「いろは送り」ホンマかいな、そ
んなもんが語れるのんかい、嬉しぃやっちゃ。ほぉほぉ、なるほど……

(♪御台若君もろともに、しゃくり上げたる御涙、冥途の……)■早いねん、
早いねんそれ。もぉえぇ加減な稽古をしてるさかいそぉいぅことになんねん。
わしゃな、若い時分にはよぉ稽古に行たで。まぁ親父にはよぉ怒られたけど
な。

■しかしまぁまぁ、えぇ声しとんなぁ、ここらわしに似たぁるわい、血ぃや
なぁえらいもんじゃ。なるほど「♪い〜ろ〜は〜、書く子をあえなくもぉ〜」
一人で語っててもオモロイことも何ともないわ、あの親不幸者めがホンマに。
おッ、どっかの座敷もえらい賑やかにやっとんなぁ。あぁ、座替わりやな。

             ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

▲遅なりまして、こんばんわ、おおきに……、あら? えらいすんまへん、
酔ぉてるもんでっさかい、お部屋を間違ごぉてしまいまして、えらいすんま
へん■あぁいやいや……▲旦さんッ!■あぁ〜ビックリした、何じゃいな?
おッ、お前、小絹やないか?

▲あ〜やっぱり、大黒屋の旦さんやわ。まぁ〜、お久しぶり■ホンマに久し
ぶりやなぁ、もぉ七、八年になるかなぁ▲ホンに、それぐらいになりますや
ろか。まぁお変わりものぉ……、と言ぃとおますけど、まぁえらいお身なり
が変わりはって。

▲いぃえ、こっちおいでにならんよぉなってしばらくしてから、ほかのお客
さんから「大黒屋さんの身代がどぉこぉした」といぅ噂は聞かんでもなかっ
たんですけど……、んまぁ〜、こんなご苦労あそばしてるとわ、ちょっとも
知りまへなんだ。

■いやいやいや、こら違う、こら要らん心配をかけた、こらホンマに違うの
じゃ。いや、恥言わな分からんのじゃが、実はな、うちの倅がな……▲はぁ、
はぁはぁ、若旦那が、さよか。そぉいぅとわたしも若旦那のお座敷へ何べん
か呼んでもぉたことがおます、それコロッと忘れとりました。

■そぉじゃろ、今日はな、わしが何としてでも連れて帰ろと思てな、奉公人
の形(なり)して偽の迎いじゃ▲あぁさよか、ご趣向でやすか、もぉ相変わら
ずやんちゃやこと。そぉいぅと、お顔の艶も前より良ぉなりはったし、かえっ
て若なりはったみたい。

■今さらそんなベンチャラ言わいでもえぇ▲いえ、ベンチャラと違う、ホン
マに若こなりはった■ホンマかいな、いや、そぉいぅお前こそ昔とちょっと
も変わらんがな▲いぃえぇ、わたしらもぉ、すっかりお婆ちゃんになってし
もて。

■どこがお婆ちゃんや、そんな綺麗なお婆ちゃんやったら、わしゃ喜んで一
緒に姥捨て山へ行くでホンマに。そらな、十七、八の頃の初々しさはないか
は知らんがなぁ、まぁ女としての色気といぅか、艶といぅか、こらむしろ今
が盛りやがな。

▲んまぁ〜嬉しぃわぁ、うまいこと言ぅてくれはって、嘘でもそない言ぅて
いただくと嬉しおます■いや、嘘やありゃせんホンマやがな。こっちのほぉ
へ足が遠のいたといぅことについては、まぁいろいろとあってなぁ▲もぉよ
ろしぃがな、、そんなこと。今こぉして旦さん、目の前にいてくれはんねや
さかい、もぉ何も言わんといとくなはれ。

■そぉか、あれから八年か……、お前ももぉえぇ旦那持ったやろなぁ?▲何
でんねん、藪から棒に。いぃえぇ、そらな、旦さんがこっちお越しにならん
よぉなって二年ほどした時に、あんまり寂しぃもんでっさかい、旦那持とか
な思たことはおました。

▲けど、お世話してくれはんのはもぉ、辛気臭いお爺ちゃんばっかりやし、
もぉ嫌んなってやめました。それよりもぉ一人のほぉが気楽やと思て。この
頃では何かの拍子に旦さんのことをフッと思い出したりしてましたんやわぁ。

■そぉか、しかしわしもその、辛気臭いお爺ちゃんになってしもたがな▲そ
んなことあらしまへん、まだまだお若い■そぉかてお前、倅がおんなじ芸者
揚げて遊ぶ歳になってんねやがな。お前かて、こんな年寄りより若いほぉが
えぇやろがな?

▲またそんなイケズ言ぅてからに、嫌いッ■いたい、イタイイタイ、いたい
がな、ちょっとこっち、おいで……

 手を取って、手元へ引き寄せる。女もそれを待っていたかのよぉに、旦那
の膝へもたれかかる。旦那の鼻先へ、プ〜ンと鬢付けの油の匂い、上気した
襟足が目の前へ、思わず肩をグッと抱きしめる……

★お供のお方、若旦那お帰りです。


【さげ】
■親不幸者めが。


【プロパティ】
 「茶屋迎い」競演=1987年2月21日に「ザ・上方寄席(毎日放送)」でオン
   エアされた桂雀三郎「茶屋迎い」と2007年12月16日(10日収録)に「な
   みはや亭(朝日放送)」でオンエアされた桂文珍「茶屋迎い」
 京橋の「やぐら」=京橋の串かつ「やぐら」:深夜12時頃からおもむろに
   開店するケッタイな、雀三郎師匠には好都合なお店。として有名だっ
   た。しかし、京橋駅周辺都市計画のために立退きになり、上六・ハイ
   ハイタウンに移転するも、兄ちゃんが体調をくずししばらく休業のの
   ち、2005年7月寺田町に第三次串かつ「やぐら」としてオープン、現
   在に至る。桂雀三郎withまんぷくブラザーズ「やぐら行進曲」「二人
   のやぐら」に歌われている。
 アテ=当て:酒やビールの肴(さかな)。または、食事の副食物。
 おあいそ=料理屋その他飲食店の勘定書のこと。「おあいそして」は代金
   を支払いますので勘定書を出してください。
 大阪の「東通り商店街」=阪急東通り商店街:扇町通りの一筋北、東西に
   伸びるアーケード街。
 よぉけ=よけい・余り・余分。転じて、たくさん。
 こないだ=このあいだ。「の+あ」がリエゾンすると「な」
 ノラ=怠け者。のらくらしている者。野良の字を当てているが、語原的に
   は鈍(のろ)いと同意の語である。ノラ猫・ノラ犬・ノラ息子などとも
   用いる。ノラクラ。ノラモン。
 御茶屋=客に遊興・飲食をさせる店。水茶屋・引き手茶屋・色茶屋・芝居
   茶屋・相撲茶屋など。
 新町=大阪市西区新町。寛永年間(1624〜1644)の新地で、公許遊郭が置か
   れ、京の島原、江戸の吉原とともに知られた。
 物堅い=実直である。まじめ一方である。
 耶蘇(やそ)=イエスの中国音訳「耶蘇」の音読み。イエス・キリスト。転
   じてキリスト教。また、キリスト教徒。
 べんちゃら=おべっか。追従(ついしょう)。世辞。おもねりへつらうこと。
   口先ばかりのお世辞を言って相手にへつらうこと。弁巧をもってチャ
   ラチャラ言う意から出た言葉か。東京ではおもに上役におべっかを使
   ういやなやつの意に用いているが、大阪ではその意味がずっと軽くなっ
   て、単なる世辞の意に使う。
 タマから=頭からの約。はじめから。最初から。
 顔が差す=世間に知れる。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 筒袖=和服で、袂(たもと)の部分のない筒形の袖。また、その袖の付いた
   着物。つつっぽ。
 〜しな=折・場合・途中。何々に際してという意の接尾語。
 「寺子屋」の「いろは送り」=「菅原伝授手習鑑」四段目「寺小屋の段」
   いろは送りのくだり。
 座替わり=お茶屋を変え、気分を変えて仕切りなおすこと。
 イケズ=いじわる。こんじょわる(根性悪)。
 音源:桂雀三郎 1987/02/21 ザ・上方寄席(MBS)
 特別謝恩:Yさん、資料聴取させていただきありがとうございました。
 Yさんのコメント=東京では「不幸者」として円生師匠が演じられていた。
   「ミイラ取り」と良く似ているが違う噺である。文太、雀三郎両師匠
   をはじめ八天師匠らが演じられているが、東西共、珍しい噺である。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂雀三郎 sub=*  ●main高座記録日:1987/02/21  ●音  源  名:ザ・上方寄席(MBS)  ●ファイル公開日:2008/01/06  ●江戸落語相当:不幸者  ●更  新  日:2014/06/22  ●リクエスト数:rakug426  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次