【上方落語メモ第9集】その414

唐 人 お 吉


【主な登場人物】
 ハリス総領事  侍従カリス  下田奉行  唐人お吉  お女郎衆ほか

【事の成り行き】
 「♪男と女の間には、深くて暗い河がある……」70年代、長谷川きよしさ
んや野坂昭如さん、加藤登紀子さんなんかが唄ってた和製フォークの一節で
す。深くて暗い河を渡るために、一生懸命船を漕ぐんです「♪Row and Row,
Row and Row 振り返るな Row Row...」

 流行った当時、高校生から大学生と「深い河」を知り、向こう岸の見えな
い河を闇雲にさまよった実体験と重なり合って、今でもこの曲を聴くと悶々
の日々を懐かしく思い出してしまいます。

 「肌の触れ合い」と言うと艶めかし過ぎますので「スキンシップ」と言い
換えれば、男女間に限らず人と人のコミュニケーション手段として、これほ
ど有効な方法はないように思えます。

 自由運動している見知らぬ男女が、行動パターンのうち共有するたった一
つで繁く顔を合わせるようになり、やがて言葉を交わし親しくなり、偶然か
必然か、はたまた陰謀かスキンシップで急速に近しくなる。

 スキンシップにも段階があり、徐々にステップアップしてついに……、こ
れで完璧なコミュニケーションがとれたのかと言えば、残念ながら深い暗い
河は依然として深い暗い河のまま横たわっていて「♪Row and Row, Row and
Row 振り返るな Row Row...」(2007/04/08)

             * * * * *

 え〜、およろしぃおあとでございまして、もぉ一席のところお付き合いの
ほど願いますが。え〜、安政三年と申しますから、かなり古い噺でございま
して、わたしなんかまだ生まれてない時でございますが……、あら、なに笑
うん? 生まれてへんから「生まれてへん」ちゅうてまんねん、ひょっとし
たら生まれてた思たんでっしゃろ……

 安政三年の七月にアメリカの駐日総領事といぅことで、ハリスさんといぅ
のが来た。こらもぉその当時といたしましては大変なもんですなぁ、ペルリ
が来てからね「太平の眠りを覚ます正喜撰(しょ〜きせん)たった四杯で夜も
眠れず」といぅ狂歌(きょか)があっちこっち張り出されたんです。

 あの正喜撰ていぅのはお茶なんですよね。かなりえぇお茶で、いわゆる玉
露です。せやけどあの、ある時期からね「喜撰ていぅのはえぇお茶や」いぅ
だけのことで正喜撰、正喜撰ちゅうのんぎょ〜さん出たんです、各店によっ
てね。

 せやから正喜撰もあんまり大したことない正喜撰も出ましたけど、本来は
正喜撰といぅとかなりえぇお茶でね。あのほら「濃いお茶を飲むと寝られへ
ん」てなこと言ぃますなぁ。ですから、徳川三百年、太平の夢がたった四杯
の蒸気船、あの黒船が来たんです。

 で、蒸気船と正喜撰と掛けて「太平の眠りを覚ます正喜撰、たった四杯で
夜も眠れず」といぅ。別にここで正喜撰の説明して宣伝することはないんで
すが、実は何を隠そぉわたしあの、お茶屋の倅(せがれ)なんです。それでね、
要らんこと知ったかぶりしてこんなこと言ぅてね。

 また違うとこ行ったら「料理屋の倅や」て言ぃますけどね、いやいや、と
いぅのがね、うちのお爺さんちゅうのは捷(は)しまめな人でね、あっちこっ
ちにいろんな家があったの。せやからわたしもあっちで育てられ、こっちで
育てられね、正直のとこ言ぅとどれがホンマのお母んや分かれへんの、わた
しもね。まぁ「お母ちゃん」といぅのがいろいろありましたですがね……

 安政三年に、このハリスが下田の玉泉寺といぅお寺へやって来て、そこを
領事館にしたんですなぁ。どぉいぅわけでお寺をアレにするんですかねぇ?
だいたいお寺とかあぁいぅとこ、あぁいぅ風になりやすいんですね。

 こないだわたし、二、三日前に人権週間のナニで厚木ぃ行って来ましたけ
ど、厚木といぅところはホラ、あのマッカーサーがね、レーバンのサングラ
スかけて、コーンのパイプくわえて降りて来たとこですが、あそこへ何であ
れが来たのかね? と思うぐらい、厚木っちゅうとこは未だに大したことな
いですが、ハリスさんが来たのが下田の玉泉寺。

 近所にいろんなもんができまして、だいたいが温泉地ですからね、伊豆と
いぅところは。ですから向こぉもいろいろ考えて来たんでしょ〜ね「この辺
やったら、たぶん保養ができてえぇやろ」ちゅなこと思てたんでしょ〜な。

 初めペルリが浦賀に来たときはね、尊皇攘夷といぅやつで「夷狄(いてき)
討つべし」なんてなこと言ぅて「目の色の変わったんが来た」ちゅうて。向
こぉは大きな大砲持って来て、こっちは大砲が無いから、もぉ「有るよぉな
顔せなしょ〜がない」いぅて。

 ですからもぉ下田奉行のほぉといたしましても、あっちこっちから山寺の
釣鐘外して来て、浦賀の海岸へ釣鐘を並べてね、遠いとっから見たら大砲に
見えるやろっちゅうとこですわ。

 ところがそんなもん、釣鐘では驚きよらへなんだんですけども、この日本
人見てビックリしよったんだ「オー、ジャパニーズ、タイヘン。アタマピス
トル、イチョズツアリマス」言ぅてね。ピストル一丁ずつ持ってる思いよっ
たんですな。

 それからみますと安政三年、ハリスがやって来た頃にはもぉだいぶ開けて
た。アメリカの総領事といぅことでございますから、アメリカといぅものを
一身に背負いましてやって来た。

 そぉなると日本人ちゅうのは接待が好きでっさかいねぇ、もぉ接待さえし
てりゃえぇと考えるんですなぁ。ですからあんまり表向きで政治するよりも
呑みながらのほぉが好きなんです。

 そこで「ハリス殿、今宵は下田の芸者なるものをご紹介いたしたいと存じ
ます」「オー、ジャパニーズ、ゲーシャガール、ワンダフル、ワンダフル。
ワタシ、ゲーシャスーキ、ゲーシャスーキ」

 も〜、その晩は下田の芸者、総揚げでドンチャン騒ぎ。と、この下田の芸
者の中で、お吉といぅのがいた。これがすこぶる付きの別嬪で、ハリスがこ
のお吉を見るなり。

●ワタシー、コノシト、ホシー。オー、ワタシ、コノシトスキー。コノシト
ホシー、イマスグホシー、スグホシ、スグホシ、イマホシー■「今欲しぃ」
と申されても、ハリス殿、芸者といえども日本の女性には操といぅものがご
ざる。

●オー、ミサオ? ワカリマシェーン。コノシト、ホシー、ミサオ、ワカリ
マシェーン。

 都合の悪いことは何でも「ワカリマシェーン」分からんことあれへん。下
田奉行といたしましても、ここでハリスの機嫌を損じるわけにはいかん。

●ミサオ、ワカリマシェーン。コノシト、ホシー。コノシト、ダメ? コノ
シトダメ、ワタシ、アメリカ、カエリマス。ワタシ、アメリカ、カエル、ワ
タシノクニ、アナタノクニ、セメマース。

■芸者一人で戦争が始まったんではどもならん。奉行たるべきものがどぉし
て女の世話までせねばならんのであろぉか……。後日、吉左右(きっそぉ)を
お届けいたしまするで、本日のところはお帰りを。

 その日はハリスを何とかなだめて帰した。で、お吉を呼んで、

■かくかく、しかじか、こぉいぅわけじゃ、何とか日本の国のためじゃ、ハ
リスに抱かれてくれ▲滅相もない、わたくしには鶴さんといぅ、言交わした
男がございます、鶴松といぅものがございます。どぉぞそればっかりはお許
しを。

■いや、そぉも申そぉがな、そなたが首を縦に振らんと戦争が起きるのじゃ
▲どぉしてわたくしが?■そぉなのじゃ、とまれ、何とか「うん」と言ぅて
くれぬか? なぁ「うん」と言ぅてくれ、これ、吉、よいではないか……、
あかんか、ならしょ〜がない。

 お奉行さんのほぉも、お吉に直接当たってあかんといぅことなればと、次
に手を回しましたのが、このお吉と言交わした男、鶴松のほぉ。

■鶴松、そのほぉ、一生船大工で終わるのが望みか? どぉじゃ、この際日
本国のためじゃ、お吉を諦めんか? いや、タダで諦めと申すわけではない、
そのほぉがお吉を諦めるとあらば、江戸表でそのほぉを武士にとり立てさす。

■よいか、船大工で一生終わるのがよいか、武士になって面目を立てるがよ
いか。お吉をとるか、武士をとるか? 二つに一つじゃ。鶴松、返答をいた
せ、どぉじゃ? ん、大工で一生冷や飯を食ぅのか? 武士となって男の面
目を立てるのか? 御国(みくに)のためじゃ。

 昔のやつは「御国のため」に弱かった。御国のためにて言われると、命投
げ出した。ねぇ、そぉでっせ、わたしらでもひと足違えばね、御国のためで
どっか行ってたんだ。今ごろ木っ端微塵、ねぇ。あの頃いろんなことあった
んですよ「御国のために」といぅだけのことでね……、まぁそんなこと言ぅ
てる間ぁないんですが。

 ともあれ「御国のため」といぅ言葉に弱いのと、鶴松、もぉ一生船大工で
終わるよりはと。その頃のお侍さま、士農工商といぅ確実に四段階分かれて
おりました、その頂点の武士にとりたててもらえる。侍になったら、また別
のえぇ女が当たるかも分からん。

 お吉を捨てて鶴松は江戸表へ出奔をいたしました。さぁ、この人だけはと
信じていた鶴松に去られたお吉「え〜いッ、こぉなったらヤケクソ」女はヤ
ケクソになると強いですなぁ、ヤケクソになって使うとこ使やねぇ、お金が
入って来る。

 男はヤケクソなって使うとこ使こたら、銭が要るんです。えらい違いでご
ざいます。たんまり支度金をもらいましたが、心は晴れやらぬまま、お吉は
玉泉寺、ハリスの元へ送られる。

 ここんところは歌なんかにもございますなぁ「♪駕籠で行くのはお吉じゃ
ないか、下田港の春の雨、泣けば椿の花が散る」と、玉泉寺へまいりました
お吉、もぉ覚悟は決めてます。

▲ハリスさま、お吉はあなたさまのものに相なります●オー、オキチサーン、
イラッシャイ、イラッシャイ。マッテマーシタ。ワタシアナタスーキ、フジ
ヤーマ、ゲーシャガール、ワンダフール、ノーキョー、ノーキョ。

 なんや、何言ぅてるや分からん。ともあれ、知ってる限りの日本語を並べ
て「ハヤクイラシャーイ、ハヤクイラシャーイ」ベッドのほぉへ連れて行っ
たんですが、ところがお吉さん、日本人ですからベッドといぅんは具合が悪
いんです。

 でもあれねぇ、慣れるとベッドのほぉがいろいろと楽しみ方があるんです
よねぇ、いろんな具合に使いよぉがあるんですが、どぉも慣れないあいだと
いぅのはベッドといぅのはフカフカ、フカフカして踏ん張りよぉがないんで
すてねぇ(女性の笑声)……、あら? いろいろと知ってらっしゃる?

 ベッドといぅのは具合が悪い。お吉さん、持参いたしました夜具を玉泉寺
の本堂に敷(ひ)ぃたんですなぁ。そぉすると「オー、ジャパニーズ、マット。
オー、コノウエデ、レスリング、シマショー」もぉ、向こぉは喜んだ。

 「柳」といぅ帯が結ばれております。片側をスッと引くとキキッキキッ、
キュッ。博多の帯といぅやつは片ほどきますとキュキュキュキュッとこぉ絹
と絹ですからねぇ、帯を解くのに鳴くんです。

 「♪誰に見しょよか博多の帯、帯の鳴く音をこの人に」といぅ歌がありま
す。あの帯の鳴く音ていぅのはえぇもんでねぇ、この頃の人は皆ベルトやか
らねぇ、鳴きよぉがないでしょ。

 伊達締めでもそぉですよ、今は半分混じりっこのやつしはるさかいに結び
はるでしょ。昔はキュキュキュッと巻いて、端だけピッと挟んだぁったん。
端を一つポ〜ンと外すと、サラサラ、サラサラサラッ、キュキュキュ……

 蛇がとぐろ巻いたみたいに、足元へスルスルスルスルッと。で、長襦袢の
ここ(袖)とここと持ってポンッとこぉ落とすと、長襦袢がサラッと落ちる。
真っ赤な緋縮緬の……、を……、想像してください。

 で、ハリスさんの大柄な体が、小柄なお吉と重なり合って、はじめのうち
はお吉のほぉも泣きの涙で抱かれてたんでしょ〜けども、そこは男と女、度
重なってくると、段々馴染んでくる。しまいには何もかもが何となく懐かしぃ
よぉな気になってくる。

 と、ある日、ハリスに抱かれていながら、お吉さんの頭に「あぁ、これが
鶴松さんやったらな」といぅのがヒョイッとよぎった途端に、今まで感じた
ことのないよぉなエクスタシーがビビビビッ。思わず「鶴さんッ!」

 あのねぇ、女の人のあぁいぅ時の声っちゅうのはもぉ男にとってはたまら
んのですなぁ、つられるんですアレに。ですから昔、赤線華やかなりし頃は
「ボンヤ」ってのがあったん。ボンヤて何やちゅうとね、文弥節といぅ新内
のね、文弥から来てるん。ブンヤが訛ってボンヤになったんですと。

 つまり、高い声で聴かせるといぅわけで、これ偽装なんです、嘘なんです。
ほんとにそんなことはないんですけれども「♪あぁコリャコリャ」てな相の
手言われると、男はついその気になって、ちゅうのがある。ところが男のほぉ
も遊び慣れてくると「なんぬかしてけつかんねん、ボンヤばっかり言ぃやがっ
て。一番、本音で鳴くまで責めたろか」てなことになる。

 と、片一方もはじめは芝居のつもりでやってるやつが、海千山千のやつに
かかってくると、どこまでが芝居なのか、どこまでがホンマもんなのか自分
でも分からんよぉになってきて、ついとり乱して「ハァ〜ッ」

 「あ〜、今日は良かった値打ちあった」てなもんでね、それがまぁ赤線の
楽しみやったんです。確かあれ、昭和二十……、まだ宝塚の新芸座へ出てた
頃ズッと福原から通てたん。新芸座終わったら福原へ帰って来てね、福原で
何して、朝まで福原にいて、ほんで福原から出勤してね。

 あの頃安かった、五円やったからねぇ、なんし泊まりで。ホンマはね、泊
まり八円ぐらいしたん。でもね、馴染みの女の子がいてね、懐心細いとき下
から石をね、その子の部屋のとこの窓ガラスへポンと当てんのん。

 すると上から中へ五十銭玉を芯にしてね、でないとお札放ったら飛んで行っ
てしまうからアレ芯にして上から(五円札を)放ってくれた。その五十銭は
ね、オバチャンに茶(ぶぶ)代として渡すん、と、五円で上げてくれるん。あ
とはその子が払ろてくれたん、仕事が丁寧やったからね、俺は。

 そぉいぅ時代がありましたが……、で、お吉も鶴さんが頭によぎった途端
「鶴さんッ!」何や知らんけどもハリスのほぉも励んでると、向こぉのほぉ
が何ともいえん声で「鶴さん、鶴さん」「オー、ツルサン、ツルサン」で、
両方がビビビッとなったん。

 あとで「アレ何やったんか知らん?」とハリスが聞ぃたら、まさか「惚れ
てる男の名前や」言われへんさかいに「日本では、すばらしぃ、感極まった
ときに『つるさん』て言ぅんですよ」と。

 さぁハリス、それを覚えよったもんやさかい、それからはもぉ朝から「オ
キチサーン、ツルサンシマショ、ツルサンシマショ。オキチサーン、ツルサ
ンシマショ、ツルサン、ツルサン」

 そぉなるとお吉のほぉも大っぴらに言えるもんですから「鶴さ〜んッ!」
「オツルサーン、ツルサーンッ!」やかましぃ、やかましぃ。朝から晩まで
「つるさん、つるさん」なんかアデランスの宣伝みたいなもんです。

 「つるさん、つるさん」で、お吉とハリスのほぉはよろしぃが、たまらん
のはお付きのほぉ。このハリスの侍従といぃますかお付でカリスといぅのが
いた。ハリスの侍従でカリス、かなんですなぁ、朝から晩まで「つるさん、
つるさん」こっちが頭にきよったんだ。

 奉行所へ出て来て、

★オー、オブギョーサン、ハナシ、アリマース。ワタシモ、ツルサン、シター
イ■はぁ? 何でござる?★オキチサーン、ハリスサーン、ツルサーン、ツル
サーン。アサカラ、バンマデ、ツルサーン。ワタシモ、ツルサーン、ホシー。

■いやあの、鶴さんといぅのは……、ひょっとするとカリス殿はホモの気がお
ありでござるか?★「ホモ?」ワカリマシェーン、ワタシ、ツルサンホシー、
ジャパニーズ、ゲーシャガール■おぉ、芸者をご所望でござるか、ならば調達
いたしましょ〜。

 奉行所といたしましては、ハリスは総領事でございますから芸者当てごぉた
けども、カリスは家来やから芸者当てがうことなかろぉ。呼びよったのが三島
から女郎衆を呼んで来た「♪三島女郎衆はノ〜エ」の、あれですなぁ。

 あれを三人ぐらい呼んで来よって「この中からえぇのをどぉぞ」といぅつも
りやったんですけども、カリスはこれ見るなり「オー、ジャパニーズ、サンニ
ン、サンニン、ツルサン、サンニン、ツルサン、ツルサン、イラッシャイ」三
人連れて行きよった。

 明けの朝になりますと、

★オー、オブギョサン、ツルサン、サンニン、ダメ■あぁなるほど、カリス殿
はさすがに三人では疲れるから、一人にしたいと★オー、チガマース。コレ、
サンニントモ、ジェンブ、ツルサン、ダメ。ベツノ、ツルサンイリマース。

■いや、これ日本の女性(にょしょ〜)に違いはござらん★チガイアリマシェ
ン、チガイアリマシェンガ、コノサンニン、ツルサンダメ。ホカノ、ツルサ
ン、ホシー■分からん。カリス殿と話をいたしておっては……、いやいや、
手前のほぉで勘考いたすから、しばらくそれにてお待ちくだされ。

■これ、どぉした? カリスが何や言ぅとる、分からん「鶴さ〜ん、鶴さ〜
ん」て何やアレ? 三人、どぉした?◆いや「鶴さ〜ん」ちゅうのは何や分
からしませんねんけどね、なんしろあきまへんねんわ。

■「あきまへん」て、あかんでは困る、どぉしてあかん?◆いえあのぉ、カ
リスさまのな、カリスさまのカリスさんが大きぃのん■あぁ〜、しかしその
ほぉらも海千山千、失礼、あまた千軍万馬のツワモノなれば、それしきのこ
とでは困るが。

◆そら、少々のことはと思いまっけど、なんせ大きおまんねわ。あんなん、
わたしらつぶれますへぇ。もぉ、とてものことにこりごりで。わたしら三人
ともあきまへん■三人とも、いかんか……、ん〜ん。これから三島へ帰って
な、お前らの朋輩(ほぉばい)で大きやつはおらぬか、それをひとつ探してく
れ、頼む御国のためじゃ。

 なんぼ「御国のため」と言われてもね、この三人が三島へ帰ってまいりま
して「大きぃ人……」あのねぇ、小さい人探すのは探し易いんで、大きぃの
んちゅわれても「わたし、大きぃです」いぅ人はまぁないんでねぇ、誰も名
乗り出る者がない。

 「あぁ、大きぃやつはおらんか……」一方、カリスのほぉは、

★オー、サンニン、ダメデシタ。ツギノ、ツルサン、マダ、キマセン■近々
きっと手配をいたす、カリス殿ご心配あるな。我が国には江戸表には吉原と
いぅ所もあれば、京に島原といぅのもござる、大阪には飛田・松島・南陽い
ろいろとございますれば、すぐに手配をいたしますで、まぁあせらずに。

★オー、ワタシ、ツルサン、シタイ■分かっとります、分かっとります。

 もぉ、使いの者は早馬を飛ばして日本国じゅ〜を「大きぃのはおらんか?
大きぃのはおらんか?」あちらこちらと探しましたが、これといぅ目途がな
い。なんぼ探しても名乗り出る者がない。

 ひょっとしたら……、長崎へ行って丸山を探せば、丸山では外人を相手の
やつがいるから、中には大きぃのがあるかも分からん。丸山へやってまいり
まして探すと、

◆わたしら、とてものことにこの丸山にいてる人だけで手ぇいっぱい、それ
にあんた、そんだけあっちこっちの方が皆「どないもならん」と言ぅたはる
ほど大きぃ人、わたしらお相手よぉしまへん■そこをそぉ申さず、ここで誰
かが名乗り出てくれんことには身共が切腹をいたさねば相ならん。切腹をい
たすこの身はいとわねど、あとに残す妻や子が……

◆そんな大層な話を、まぁそないまで言われたらしょ〜がおまへん、最後の
手段といぅのがたった一つおますけど■最後の手段があるか?◆へぇあの〜、
何ですけども、この丸山に「錐揉みさん」といぅ大夫が■錐揉み大夫か、そ
の錐揉み大夫はこぉモミモミするか?

◆さよぉではございません。素股、の名人で■なに、スマタの名人? スマ
タとは何じゃ?◆これなぁ、説明しにくいんですけどねぇ、こんなんわ。つ
まりですなぁ、男の方のしかるべきものをですな、そこへ納めずに、腿と腿
の間へ挟みまして、それでこの誤魔化すんです。

■それを「素股」と申すのか? そこへ挿入をいたさず、股の間へ挟んで、
そぉいぅことができる? しかしだぞ、その素股といぅのは相手にバレはせ
ぬか? もしもこれが相手に悟られたら、こら国際問題であるからして「こ
らすまった」ではすまたれんぞ◆悪い洒落でんなぁ……

◆こぉなったら、それしかしょ〜がございません■しかし、イチかバチかや
らねば、身共切腹するかせんかの境じゃ。でわ早速、その素股の名人「錐揉
み大夫」とやらを下田へ連れまいることにいたそぉ。

 早駕籠を仕立てまして、この錐揉み大夫を乗せて「ハイヨッ、ハイヨッ、
ハイヨッ」下田へ帰って来る。

■カリス殿、この者なれば★オー、マチカネマシタ、マチカネマシタ。ハヤ
クハヤク、コチラヘ、コチラコチラ……

 錐揉み大夫を抱えて入りましたカリスの部屋から「オー、ツルサーン、ツ
ルサーン、オー、ツルサーン」といぅのが三日三晩聴こえたといぅんですか
ら大変なもん。三日三晩いたしますと、さすがのカリスもゲソッとやつれて、

★オー、オブギョサン、タイヘン、ケッコー。オー、ツルサーン、スキー、
ジャパニーズツルサーン、ケッコォケッコォ■これなればお気に入ってござ
るか?★オー、ジャパニーズ、オクユカシィ、ジョセー■「奥ゆかしぃ」と
いぅほどのこともなかろぉと思いますが、奥ゆかしゅ〜ござるかな?

★オー、イカニーモ、オクユカシー。ジャパニーズ、ニホンテーキ、オクユ
カシー■何が奥ゆかしゅ〜ござるかな?


【さげ】
★オクユカシィデス。ナカニ、タタミ、ヒィテマシタ。


【プロパティ】
 ハリス総領事=タウンゼント・ハリス(1804〜1878)アメリカの外交官。
   1856年初代駐日総領事として下田に着任。下田条約・日米修好通商条
   約を締結。59年公使となる。62年帰国。著「日本滞在記」
 喜撰(きせん)=六歌仙のうち、宇治にまつわる喜撰法師にちなんで名付け
   られた宇治茶・玉露の商品銘柄。
 正喜撰(しょうきせん)=幕末の頃「喜撰」のまがい物が蔓延したため、本
   物を「正喜撰」と改め販売。あとを追うように「上喜撰」「喜撰山」
   など次々出たという。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 捷(は)しまめ=はしこくまめまめしいこと。手早く女に手を出すことをい
   う。
 玉泉寺(ぎょくせんじ)=曹洞宗瑞龍山玉泉寺:静岡県下田市柿崎。境内に
   初代米国総領事タウンゼント・ハリスの記念館あり。
 ペルリ=マシュー・カルブレース・ペリー(1794〜1858)アメリカの東イ
   ンド艦隊司令官。1853年浦賀に入港して開国を迫る。翌年江戸湾に再
   来し日米和親条約を締結。帰路琉球王国と通商条約を調印。著「日本
   遠征記」。ペルリ。
 別嬪(べっぴん)=嬪は嫁。夫に連れ添う女。奥御殿で、天子のそば近くに
   仕える女官。別嬪:嬪の中でも選ばれた嬪。美人。
 下田奉行=井上清直(きよなお)(1809〜1868)1855(安政2)年、下田奉行に
   就任。1858(安政5)年、岩瀬忠震とともに日米修好通商条約調印。
 お吉=斎藤きち。1842(天保12)年、愛知県南知多町内海生まれ。4歳で伊
   豆下田へ移住。14歳で芸妓、17歳のときハリスの侍妾となるも3日で
   解任される。「唐人」という世間の罵声をあびながら貧困の中に身を
   もちくずし、1890(明治23)年、稲生川へ身投げし絶命。
 吉左右(きっそう)=「左右」は便りの意。よいたより。うれしい知らせ。
   吉報。よいか悪いか、どちらかの連絡。
 鶴松=川井又五郎。鶴松は幼名。1857(安政4)年、お吉との仲を裂かれた
   のち1868(明治元)年、横浜で同棲。1871(明治4)年、お吉とともに下
   田に帰り髪結業を営むも不仲のため1876(明治9)年、離別。
 お金が入ってくる=お吉の場合、初期契約は支度金25両、月俸10両だった
   という。しかし、3日で解任され支度金25両と5月分の月俸10両は支
   給されたものの、6月7両、7月5両と減額され、8月には30両の手
   切金で完全解雇となった。
 ♪駕籠で行くのはお吉じゃないか……=唐人お吉小唄(明烏篇):歌・藤本
   二三吉、作詞・西条八十、作曲・佐々紅華。1930(昭和5)年リリース。
 ノーキョ=農協:一時期、農業共同組合(農協)の主催する海外ツアーによ
   り日本人が大挙海外に押し寄せ、日本人のことを「ノウキョウ」と呼
   んだという都市伝説。発言元が日本発か外国発かは定かでない。
 柳(結び)=江戸芸者の標準帯結び。太鼓結びの端を紐で縛らず、だらりと
   下げたもの。
 帯が鳴く=博多帯のなかでも特に品質の良いものへの賛辞。
 ボンヤ使う=大阪の色町における特殊用語の一つで、芸娼妓などが閨中で
   のテクニックとしてわざと嬌声を発し相手を喜ばすことをいう。「泣
   きを入れる」ともいい、それによって客を満足させると共に、客の気
   をそそって早く終らせる手段としたものだといわれる。浄瑠璃語り岡
   本文弥の文弥節から出た語。文弥節は俗に「文弥の泣き節」といわれ
   て、その「すすり泣くような」と評された節調が閨中の叫快に似てい
   るところから、その喜悦の声を「文弥」と呼ぶようになった。
 文弥節=古浄瑠璃の流派の一つ。延宝〜元禄年間に岡本文弥が語り出した
   もの。哀調を帯びた語り方で泣き節ともいわれ、一時期、京坂地方に
   流行した。また、佐渡で行われた浄瑠璃の一種。民俗芸能として伝存
   する。
 福原=神戸市兵庫区福原。今でもそのスジのお店がたくさん健在。
 宝塚新芸座=1950(昭和25)年、宝塚歌劇団を作り上げた小林一三が「漫才
   師による劇団の結成」を秋田實にもちかけ発足した演劇集団。ミスワ
   カサ・島ひろし、夢路いとし・喜味こいし、秋田Aスケ・Bスケらを
   中心に宝塚歌劇団の生徒も参加して公演を行った。
 売春防止法=売春を防止するための法律。売春の周旋など、売春を助長す
   る行為の処罰、売春を行うおそれのある女性の保護更生などについて
   規定する。1956(昭和31)年制定。
 アデランス=育毛サービス、ハゲ用カツラ製造会社。
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 ♪三島女郎衆はノ〜エ……=静岡県三島民謡「農兵節」ちなみに「のーえ
   節」ではありませんので念のため。
 勘考(かんこう)=よく考えること。思案。思考。
 かり=雁先:ペニスの先端部分の俗称。亀頭。雁首(がんくび)。
 千軍万馬(せんぐんばんば)=たくさんの兵と馬。大軍。戦闘の経験が豊か
   であること。転じて、社会経験が豊かなこと。
 南陽=南陽新地:1922(大正11)年、浪速区の「新世界」が芸妓居住地に指
   定される。
 丸山=丸山遊郭:長崎の遊郭。近世、江戸の吉原・京都の島原・大坂の新
   町と並び称された。
 素股=2007年現在「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」
   (風適法)による規制対象外行為のため、合法とみなされている。が、
   大阪では府条例でこれらのサービスを行うお店の出店そのものが禁止
   されている。
 音源:露の五郎(五郎兵衛) 1990/12/10/もとまち恋雅亭 日本クラウン


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=露の五郎(五郎兵衛) sub=*  ●main高座記録日:1990/12/10  ●音  源  名:もとまち恋雅亭  ●ファイル公開日:2007/04/08  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2014/03/23  ●リクエスト数:rakug414  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次