【上方落語メモ第9集】その404

近 所 付 合 い


【主な登場人物】
 竹やん  嬶(かか)  お梅はん  兄貴

【事の成り行き】
 どういう運の巡りか、わたし某落語会の果物抽選に当たる確率が妙に高い
と感じています。いえいえ、感じているだけで当たる確率は皆同じ、単に参
加する回数が多いだけなのかも知れません。

 イチゴ・ブドウ・メロン・パイナップル……、一人ですっくり食べきって
しまえるものは食べきってしまいますし、食べきれないと感じたものは適量
切り分け、わざわざ実家に届け「わざわざ」の恩を売っておくようにしてい
ます。

 これ、案外よく効きます。お返しに贈答品の残りハムや佃煮をいただける
機会が増えます。時には封を開けて食べきれなかった残りものをいただくこ
ともありますが、親子のあいだですから別に気になりません、当然です。

 ところが、たまにご近所さんからも食料品のおすそ分けをいただくことが
あって、乾きものや果物ならまだしも、生もの、それも取り分けられた生も
のの場合ちょっと衛生面など頭をよぎって、ありがたいような、そうでもな
いような……、苦悩しつつ喰てしまうんですけど(2006/11/05)。

             * * * * *

 植木屋の職人さんが一生懸命仕事をいたしておりますが……

■おい竹ッ。もぉその余所見(よそみ)せんと、仕事精(せぇ)出したらどない
やねん▲分かったぁんねんけどな、わいさっきから、この隣りの家(うち)の
離れが気になってしゃ〜ないねん■離れが気になるも何もないやないか、よ
そのことはよそのこっちゃないか。お前、こないして仕事に来てんねやない
かい、仕事精出せっちゅうねん。

▲わ、分かったぁんねんけど、見てみぃ、えらい違いやなぁ、おんなじ人間
と生まれながら。せやないかい、この暑いのに高いとこ上がって汗かいて仕
事してる人間があるかと思たら、この隣りのうち、どぉやらお前、昼日中か
ら一杯呑んどぉんで。旨そぉにさっきから呑んだり食ぅたりしとんねん、もぉ
あれが気になってしゃ〜ないねん。

■アホかい「上見りゃキリがない」ちゅうぐらいや、ともかくな、上見て世
の中送ってたらあかんねん。我々職人やねんさかい、仕事さえしてたら結構
おまんまが食べられんねやさかい、早よ仕事精出せっちゅうねん。

▲ちょ、ちょ、ちょっと、ちょっと兄貴見てみ、見てみ■え?▲一杯呑んで
お前、旨いもん食ぅとぉると思たら、ちょ、ちょっと見てみ、あんなことし
とんで、あんなこと。ちょっといっぺん見てみ■何を「見てみ」やねんな、
何をしてるっちゅうねん……? しょ〜もな、何をぬかしてけつかんねん、
あんなもんが珍しぃのんかい?

▲いや、あれ、何しとんねん?■「何をしとぉる」てお前、あらお前、温い
お造りを食べとぉんねん▲へぇ〜ッ「ぬくいおつくり」て何や?■違うがな、
つまりあの女ごがな、自分の口の中へ入れた造りを男に食わし、男が自分の
口の中へ入れた造りをば女ごに食わしとんねん。つまり、温いお造りっちゅ
うやっちゃ。

▲何をさらすねんな、昼日中からイチャイチャ・イチャイチャしやがって。
あら夫婦(みょ〜と)もんか?■どぉやら俺の思うのには、手掛けはんと旦那
やと思うねやがな▲そぉか、へ〜ぇ、昼日中から何をさら……、ちょ、ちょっ
と見てみぃ。おい、ちょっと見てみ!

■その、ヤイヤイ・ヤイヤイ言ぃないな。それより仕事したらどや▲仕事し
たいねんけどお前、気になってしょがないがな。ちょっと見てみぃな、おか
しな具合やで。ボチボチお前、旦那が女ごを裸にしだしよったで■もぉそん
なことはどぉでもえぇ、しまいにケガすんで。それよりお前、仕事し。

▲仕事すんのは分かったぁんねんけど、え、えらいことになった……、わ、
わぁ、わぁ〜ッ、ちょっと見てみ、おいおい、兄貴見てみっちゅうねん、あ
んなことしだしよったで■「あんなことしだしよったで」て、お前もやって
るこっちゃがな。

▲さぁさぁ、わいもやってるこっちゃけど、あんなもん見たらわい、もぉた
まらんわ。おらもぉ仕事なんかとても手に付かん、兄貴すまんけど、わい帰
(かい)らしてもらう■こ、こらッ、こらッ、仕事放ったらかして帰るてどな
いすんねん。

▲いや、わいもぉ辛抱できんよぉになってきた。わいもぉ、ともかくいっぺ
んうち帰ってくるさかい■おい、ちょっと待ち、おいッ……、とぉとぉ落ち
やがったで。あのガキャしゃ〜ないなぁ、仕事放ったらかしてホンマに……

▲えらいもん見てしもたなぁ、もぉこないなったら辛抱でけんわ。嬶(かか)、
かか●何やねん、この人。あんた仕事に行ってやったんと違うんか?▲仕事
に行てたんや、行てたんや。一生懸命兄貴と仕事してたんや、ほなお前、隣
りのうちがどぉやらな、お手掛けはんのうちらしぃねん。

▲旦那が昼日中から来とぉってな、はじめのあいだはお前、一杯呑んどった
んや。そのあいだにお前、温いお造りっちゅうやつ食いだしよってな、そぉ
こぉしてるあいだにボチボチお手掛けはんをこぉ裸にしよってな、でボチボ
チ始まったもんやさかいな、もぉそれ見てたらわい、もぉたまらんよぉになっ
てな、辛抱がでけんもんやさかい帰ってきてん。

▲嬶、かか、奥へ布団敷(ひ)け●え?▲すぐに布団敷ぃて寝よ、寝よ●何を
言ぅてなはんねんな、わたいこないして洗濯(せんだく)もんがぎょ〜さんあ
るし、子どもが奥にいてるやないかいな。昼日中からそんなことができるか
いな、晩まで辛抱しなはれ、晩まで。

▲アホなこと言え、晩まで辛抱ができるぐらいやったら、わいこないして仕
事放ったらかしといて帰って来るかいな。嬶、すぐに子ども表放り出して布
団敷き●よぉそんなアホなこと言ぃなはるわ。どぉしてもあんた辛抱でけへ
ん?▲辛抱でけへんねや、もぉわいさっきからたまらんよぉになってんねん。

●それやったらな、お足あげるさかい、松島へでも行ってな、小山(おやま)
はんにしてもろといで▲嬶、ホンマにお前、松島へ姫買いに行っても怒れへ
んか?●何にも怒ることあれへんやないかいな、あんたが「どぉしても辛抱
がでけへん」っちゅうねんやったら、ほなお足あげるさかい行といなはれ。

▲嬶、ホンマに行てきてもえぇのんか? 行てくる、行てくるわ、えらいす
まんなぁ……、なぁ、うちの嬶、話が分かるで。ちゃ〜んとお前、銭までく
れよって「松島に姫買いに行てこい」やなんて、こら嬉しぃなぁ。

★ちょっと、竹やん、竹やん▲なんや、お梅はん?★何やねんな嬉しそぉに
ニコニコ・ニコニコ笑ろて、何ぞ思い出し笑いでもしてんのんか?▲イッヒッ
ヒッ、そやないねや。実はな、今な、仕事に行ててん。ほな仕事先でな、え
らいもん見たんやがな。

▲お手掛けはんと旦那はんがな、イチャ付いとんのん見て、たまらんよぉに
なってな、うち帰ってきてお前、嬶に「布団敷け」言ぅたらな「何を言ぅて
なはんねん、昼の日中からそんなことできまっかいな。そない辛抱がでけへ
んねやったら、お足あげるさかい松島へ姫買いに行っといで」ちゅうてな、
銭三円くれよってん。

▲これからな、わい、松島へ姫買いに行こと思てな★アホかいな、そんな遠
(と)いとこまで。そんなとこまで行かんかてえぇやないの、こっち入んなは
れ▲お梅はん「こっち入んなはれ」て、一体どないすんねん?

★何を言ぅてんねんな、あんなとこまであんた、お金持って行かんかて、そ
ないしたかったら、わたいがさしたげるやないか▲いや、何かいな、お梅は
ん、ホンマにさしてくれるのんか?

★当り前やないかいな、お互いにこないして近所で住んでんねやないかいな、
それが近所付合いちゅうもんやないか、遠慮することあれへんがな。さした
げるがな▲そぉか、えらいすまんなぁお梅はん、それやったら松島まで行く
のん助かるわ、すまんけどさしてぇな。

★こっち上がんなはれ、表の戸ぉ閉めて。ちゃんと閉めときなはれ、さぁ、
ほな早よしなはれ……

▲おおきにおおきに、えらいすまなんだなぁ、お陰でなぁ、これでス〜ッと
したわ。えらいすまなんだなぁ、お梅はんおおきに★何を言ぅてんねんな、
そんなこと礼(れぇ)言ぅことあれへんやないかいな、お互いやないかいな。
な、またしたい時あったらいつでもおいなはれ、いつでもさしたげるさかい。

▲そぉか、えらいすまなんだおおきに、ほな帰るわ★ちょっと、ちょっと待
ちなはれ竹やん、あんたうち出しなにお足もろてきなはってんやろ?▲うん、
もろてきたで★松島行ったら、やっぱりそのお足払うねやろ?▲そら払うが
な★それやったら、そのお足わたいにもらおか。

▲あッせやせや、コロッと忘れてたんや。お梅はんやさかい要らんと思てて
ん。ほなこれ、渡しとくわ★ほなまたな、いつでもな、おいなはれや、さし
たげるさかい▲おおきに、えらいすまなんだなぁ……

▲嬶ただいま●「ただいま」やないし、えらい早かったやないか、もぉ松島
まで行てきてやったんか?▲い〜や、わい松島行こと思てな、路地(ろぉじ)
出よと思たら、路地口のお梅はんがな「竹やん、あんたどこ行てやねん?」
と、こない言ぃよるさかいな、わけ話したら「ほな、松島まで行かんかて、
うちでさしたげるがな」

▲ウヒッ、お梅はんにさしてもろたんや●んまぁ〜ッ、うまいことしたやな
いかいな、そらよかったなぁ。ほならお金返しなはれ▲え?●いぃえぇな、
出しなに持たしてあげたあのお金、返しなはれ▲あのお金、お梅はんに払ろ
たがな●アホかいな、何をすんねんな……


【さげ】
●わたい向こぉの松っちゃんに、いつでもタダでさしてんのに。


【プロパティ】
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 何をぬかしてけつかんねん=ぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言う」
   ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。ネン
   は助詞「〜のだ」標準語では「何をおっしゃっているのでしょう」
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 手掛け=めかけ。そばめ。かこいもの・おもいものなどと同意。手にかけ
   て愛するものというところから出た語。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 お足=銭のことをいう俗称。銭を料足または要脚といったことから出た語
   といわれる。さらに訛って、オワシ。
 松島(まつしま)新地=大阪市西区本田(ほんでん)。1867(慶応4)年、川口
   居留地(外国人居住地)が開設され、その繁栄策として1870(明治3)年
   暮れに遊郭を設置。目的は大阪市中に散在していた非公認の郭を集中
   させることにあった。
 小山(おやま)=京阪地方で、女郎、遊女の称。承応の頃に小山次郎三郎と
   いう人形遣いが操る若い女性が絶妙で、美しい女性を「小山人形のご
   とく」と言ったことより転じ、のちに売女の通称となったという。
 〜しな=折・場合・途中。何々に際してという意の接尾語。
 〜いな=強調するための接尾語。
 音源:(6)笑福亭松鶴 1970/**/**/スタジオ録音
    PC古典艶笑落語全集(古今東西噺家紳士録)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=(6)笑福亭松鶴 sub=*  ●main高座記録日:1970/**/**  ●音  源  名:古今東西噺家紳士録  ●ファイル公開日:2006/11/05  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2014/01/05  ●リクエスト数:rakug404  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次