【上方落語メモ第8集】その398

粗 忽 長 屋


【主な登場人物】
 松っちゃん  芳公  世話役のオジサンほか

【事の成り行き】
 「わたしとはどういう人間か?」冷静に客観的に自分自身を見詰めてみて
も、そう簡単には見えてきません。なぜなら「どんな」という評価を下すの
は他者、もっと言えば「どんな人間」であるかが定まるのは他者との関わり、
比較の中だけですから、自分で自分は見づらいものです。

 また、他者というのも一人ではなく、自分と関わる人すべてが他者なわけ
です。ですから、この世の中には「自分が認識するわたし」と「他人が認識
するわたし」数え切れないほどの「わたし」がいることになります。

 ある人はわたしのことを善人と言い、またある人は神さまと言い、また別
の人は男前と言う……、ことは過去現在未来金輪際なかろうけれど、意識し
てかしないでかは置いといて、そう思われたいと自分を演じるわたしがいる
ことは確かです。

 そういう、よそ行きのわたしに接している人がですね、超怠惰な日常生活
を送っている素のわたしをご覧になって、別のわたしがいると判断されても、
これは何ら不思議ではありません。でも、別人ではなくどちらもわたし。

 と同じく、松っちゃんが行き倒れと芳公を同一人物と判断したのは、あな
がち落語的世界の出来事だから、とは言いきれないのです(2006/08/06)。

             * * * * *

 ありがとぉございます、休憩前の出番といぅことで、わたしの持ってる一
番派手な着物でやってまいりました。着物だけでもね、派手目にしといたほぉ
がえぇかなぁと思てね。

 え〜、落語、わたしも落語が好きでこの世界へ入りました。落語といぅも
のをいろんな表現をいたしますねぇ、子どもさんから年配の方々までお楽し
みいただけます。

 「座布団の上で広がる小宇宙」てなね、ことを言ぅ方もいらっしゃいます
けど、落語といぅのはお話だけですからね、頼っているのは皆さま方の頭の
中の想像の世界だけなんですね。

 こちら側からは何もお見せいたしません、送り届けているのは言葉だけで
す。で、立ったり歩いたり実際するわけやないです。皆さんの頭の中だけで
それを想像していただくのが落語でございますから、小噺なんかでこんなん
がありますねぇ。

 「お父ぉちゃんハワイて遠いのん?」「黙って泳ぎなさい」

 ちゅうのんねぇ、別に気ぃ遣こて笑わんでも結構ですよ、こんなんがある
といぅことですねぇ。お父さんが「黙って泳ぎなさい」と言っただけで、こ
れが海の中であって、親子がハワイ目指してこぉ泳いでるんだなといぅのを
想像できるのが、まぁ落語のありがたさですわなぁ。

 え〜、いろいろありますねぇ。たった一言で、パンッと場面が切り変わる、
映像で実際に見せよぉとすると、多分不可能でしょ〜ねぇ。こんなんどぉで
すかな?

 「神さま、どぉぞ世界人類が平和で過ごせますよぉに、神さまお願いいた
します」「おやめください、お釈迦さま」とかね……

 あぁなるほどねぇ、そぉいぅ反応でございますかなぁ。こんなんどぉです
かなぁ、もっと難しぃですよ。これは元々はアメリカンジョークなんですけ
どね。

●なぁおい■え?●宇宙人ていてんのんかなぁ?■え?●いや、宇宙人■い
てるかどぉか分かれへん、それ調べるのがわしらの仕事やろ。大きな予算も
ろてやで、わしら宇宙船に乗って宇宙へボ〜ンと出してくれてんねん。あち
こち調べて、それぞれのデータを送り届ける。これがわしらの仕事や、調べ
てみる前からそんなん分からへん。

●けどやで、心配やでおい、宇宙人ちゅうたかてな、みんなこの友好的とは
限らへんやろ、わしらの姿見た途端にミサイルをバ〜ンと打ち込んでくるか
も知れん。いてんのやろかなぁ?■さぁ、そら調べてみんことには分からへ
ん。今から心配してもしょ〜がない、ドンドン調べていこ。

●せやな、ほな一番最初どこ調べる?■そやなぁ、あぁちょ〜ど見えてきた、
まずあの地球から調べてみよか。

 といぅのでございますけどもね、あの、お分かりいただけますでしょ〜か
ね? わたしもこれ、一番最初聞ぃたとき分からなかったんですけど、これ
が関西の言葉で二人しゃべってますわなぁ、説明する必要ないですかなぁ、
実はこれが地球を調べに来ている宇宙人なのであるといぅ、説明のほぉが時
間かかるといぅ落ちですわ。

 けどこんなもんね、実際にたったひと言でパ〜ンと立場が変わるわけです
からね、実際に映像で見せよぉと思うと難しぃ。

 落語の中にはやっぱり、常識からかなり外れた人ちゅうのも出て来ますね。
そんな人いてへんやろ、いやおるかも分からへん、いやいてないとも言ぃ切
れんなぁ、いやおるとも断言でけへんなぁ。いろんな人出て来るんですけど。

 今日のこの「粗忽長屋」といぅお噺もね「粗忽」といぅ言葉、改めて辞書
引ぃてみたんです。わたしのイメージとしたら「慌てもん」とかね、そぉいぅ
イメージがあったんですけど、実際に調べてみると、この単純な慌てもんと
はちょっと違うみたいですね。

 「そそっかしぃ」とか「しくじる」よぉな意味の言葉が出てまいります。
ですから、皆さん方もわたしも持っている要素なんですね、性格がうんぬん
とかじゃないです、よくあると思いますよ。

 例えばですね、誰かにお手紙を書きましょ、机があってその上にこぉ便箋
を用意してペンも用意いたしましてね「さぁ、便箋を前にどんな書き出しに
しょ〜かなぁ?」ペンを持った瞬間にその手紙のことよりも、その周りの机
の汚れ具合が先に気になるんです。

 「あぁ、机汚れてるなぁ。筆走らす前に机の周りだけちょっと簡単に拭い
とこかな」水場へ行って雑巾をギュ〜ッと絞ったときに、自分の指先が目に
はいって「あれッ、爪が伸びてるなぁ。掃除の前に爪切っとこかなぁ」ちゅ
うてね、いろんなとこ開けて爪切り探してたら耳掻きが出てくるんですなぁ。

 「あぁこれこれ、探してた耳掻き、こんなとこにあったんや」言ぅて、ホ
ジホジホジホジしてこぉ出て来た溜まったものをどこに捨てるか、一番最初
の便箋の上へトントントンとする、といぅね。

 ですからこの、最初と最後だけ見たらね、せっかくの便箋に耳垢を落とす
「なんてことしてるんだ」と思うんですけど、その人にしてみたら一つひと
つはこれチェーンでこぉ繋がってるわけですね。最初と最後だけ見るとケッ
タイですけど、その人の理屈は筋が通っている。

 この粗忽もん、慌てもん、慌てもんだけじゃないみたいですね。思い込み
が激しかったり、また強情であったりとかね、押しが強かったりとか、そぉ
いぅので常識離れした人が出て来ると落語になるわけでございます。

■ぎょ〜さん人集まってるなぁ、これ、黒山の人だかりやなぁ……、もしも
し、もし、これ何でんねんこれ?▼え?■これ、何ぎょ〜さん人たかってな
はんねん?▼分かりまへんねん■「分からん?」あんた分からんもん見てな
はんのん?

▼えぇ、分からん■わしはあんたのほぉが分からんけどなぁ……、あぁもし
もし、これ何でんねん?★えッ?■いや、これ何んでんねん?★これ、行き
倒れらしぃでっせ■「行き倒れ」それ面白いですか?★いや、面白いかどぉ
かは分かりまへんけど……

■見たいもんですなぁ★わしも見たいんですけどな、これだけ人が集まって
たら、なかなか前へ行かれしまへんなぁ■わたしはね、誰よりも前へ行きた
いといぅ気持ちが強いんですけど、何とか前へ行く手立てはおまへんかなぁ?

★そらまぁ、皆さんの頭の上飛んで行くわけにいかへんよってな、股座でも
くぐって行きなはるか■なるほど、そらえぇ考えです。わたしは人の股座を
くぐってでも前へ出たいといぅ、そぉいぅ性分です、えぇ、ほなちょっと失
礼いたします。

★あぁ、これこれこれこれ、ホンマにやったらいかん■すんまへん、すんま
へん、すんまへん▲こらッ、何すんねん、バカ、アホ、泥棒■ちょっと待て、
わしは人の股座くぐってんねん「バカ、アホ」ちゅうのは辛抱できるけどな
「泥棒」ちゅうのは聞き捨てならんなぁ。わしが今なに盗んでん?

▲盗んだやないかい■何を?▲わしの股座へ貼ってたオデキの膏薬、今頭で
はがして持って行った■こんな汚いもん要らんわい……、一番前へ出たぞ。
こんにちわ。

◆これこれッ、そんなところから顔出してはいかんなぁ、それからほかの人
ももぉ、いっぺん見た人は散って散って、おんなじ人に何べん見てもろても
一緒やがな。あッ、あんたちょ〜どえぇわ、今ちょ〜ど前出てきたあんた、
ちょっとおいで■な、何ですか?

◆ちょっとおいで、あんた見てもらお■え、わたし、見せてもらえまんのん?
へッ、おおきすんまへん◆礼言ぅほどのこっちゃないけども、まぁまぁこっ
ちおいで■へぇ◆これやねんけどな、あんたこれ■なに? 誰や寝てけつか
んなぁ、おいこら、起きんかいッ、早よ始めたらどや「行き倒れ」ちゅうの
ん。これだけ人ぎょ〜さん並んでんねん、早よ始めんかいこらッ!

◆あんただいぶ変わった人やなぁ、返事したりせぇへん、これ寝てんのと違
うねん死んでまんねん。言ぅてまっしゃろ「行き倒れ」■それやったらこれ
「死に倒れ」と違いまんのん? 行き倒れちゅうたら生きてる人が……

◆そのおかしな理屈を言ぃなはんな、行(ゆ)き倒れとでも言ぅんですかな、
あんたにちょっとこの顔見てもらいたい■わしが? 見るのん? よろしぃ
でっせ、いやムシロそのままで結構です見えます見えます……、ん〜ん?

■あぁ〜ッ! あぁ〜ッ!◆どぉしました?■知ってる、これ、これ芳公や
がな◆「芳公」あんたこれ知ってる人?■知ってるも何も、友達やがな。兄
弟のよぉな付き合いしててな、おんなじ長屋隣同士に住んでて「芳公、松ちゃ
ん」そぉいぅ仲やがな。よぉ言ぅててんで「生まれたときは別々やけど、死
ぬときは別々や」ちゅう仲でな。

◆当り前やがな■当たり前があかんのんか? そぉすると何か、お前あいだ
に入ってわしら二人を当り前やない仲にしたいといぅ……◆そぉいぅわけや
ないけど、良かった■何が「良かった」やねんお前、友達がこんなことなっ
てんのつかまえて「良かった」とは。

◆いやいや、そぉいぅ「生き死に」が良かったんやないんや、どぉ言ぅたら
分かるかなぁ、あのね、これねぇ、どこの誰か分かりませんでしたんや、い
ろんな人に見てもろたんやけど分からへんねん。でまぁ、どこの誰か分かる
人が現われて、それが良かった。

■芳公です、友達の芳公です◆ほな、すぐにあんた悪いけどな、知らせに行っ
てもらいたい■どこへ?◆いや、うちへ走って、お上さんか誰かにね■無い、
嬶(かか)ないねん、ひとりもんや。わしもひとりもんや嬶ないねん、ひとり
もん同士。

◆ほたらまぁ、ご両親とかね、親とか兄弟■無い。可哀相な男やで「天涯孤
独」ちゅなこいつのこと言ぅねん。親も知らんしね、兄弟あんのかどぉかも
分からん。親戚付き合いなんかも一軒もしてないんでっせ◆あッそぉ、長屋
に住んでる言ぅてましたな、ほたら家主(いえぬし)さんどぉですかなぁ。

■家主? 大家? あかん、あれでっしゃろケチ兵衛でっしゃろ。あいつあ
きまへん、あんな小ちゃな男おまへんで、金に細かいといぅか小ちゃな男だ
んねや。ホンマの名前は吉兵衛ですけどね、わしら皆寄ったらケチ兵衛、ケ
チ兵衛ちゅうて呼んでましたんや。

■長屋にね、糊屋のお婆んちゅうのがいてましたんや。二年前ですわ、六十
二でこのお婆ん死んだんだ、で長屋、無い金はたいてでっせ葬礼(そぉれん)
の真似事してたら、この家主来まへんねや。大家・店子ちゅうたら親子も同
然や、親が子ぉのところへ線香上げに来ぇへん。

■わしムカッときて「何で来ぇへんねん」ちゅうたら「いや、実はあの人が
死んだかどぉか知りませんけども、ここ四月(よつき)ばかり家賃が滞ってお
りました。家賃の滞るよぉな人には線香上げに行く筋合いはおまへん」て、
こんな小ちゃなことぬかしまんねん。

■その四月ちゅうのんね、何十年も住んでて止まったことないんや、その四
月ちゅうのは患い付いてからの四月でんがな。それぐらい大目に見てやって
もえぇのに、それをあいつ、あんな不実なことを言ぅ。わたいもぉ思い出し
ただけでムカムカしてきたなぁ、あんたも一緒にね、ケチ兵衛のとこ行って
意見したっとくなはれ。

◆いや、大家の話はどぉでもよろしぃんや。これ困りましたなぁ、あんたあ
の友達でしたなぁ?■へぇ、そぉです。兄弟みたいな付き合いしてる友達で
す◆ほたらあの、友達といぅことで、あんたに引き取ってもらうわけにはい
きまへんかなぁ?

■わし、あぁ、へぇ、うん、まぁえぇけど、引き取ってもえぇねんけど……、
やっぱりわしは他人やさかい、これ、本人に引き取らしたらどぉです?◆ん、
何て?■いや、これね、わしが引き取ってもえぇんですけどな、やっぱり他
人ですわ、友達でもね。せやからこれ、本人に引き取らすのが一番えぇのや
ないかなと、わたし思うんです。

◆本人? 本人……、本人て誰?■芳公ですがな◆これ、これは誰?■これ
は芳公やがな、芳やがな◆いやその、芳っさんですな、これ。芳っさんこぉ
いぅことになってるのに、誰連れて来るて?■芳公、本人◆えッ? いやい
や、ちょっとあんた落ち着いてね。

■いや、落ち付かれへんなぁこれ、友達がこんなことになってんのに落ち着
かれへん◆いや、誰連れて来るて?■せやから本人、芳公◆あのぉ〜、この
友達の中には芳っさんちゅう人は何人いてまんねん?■一人やがな、もちろ
ん一人やがな。

◆これ……? どっから連れて来まんねん?■家から◆ここでこないなって
るのに家にいてますかい?■いてるがな、わし今朝ちゃんと話したんや「天
神さんお参りに行こ」ちゅうたら「頭が痛い」とか「気持ちが悪い」てなこ
と言ぅてな、わし一人で出て来たんや。

◆ちょ、ちょっと待って「今朝話した」ほたら違うわ、これ実はね、夕べか
らこぉいぅことになってますねん、この人ね。今朝話したんやったら、この
人とは違う■ちゃうちゃう、せやから、これは本人を連れてこんことには分
からん、ちゅうのはそこですわ。

■あのねぇ、芳公のことあんた知りまへんやろ、あいつね、ちょっとボ〜ッ
とした男でんねん、アホやないんですちょっとボ〜ッとしてるんです。わた
しが付いてないとあかんのです「右やで、左やで、真っ直ぐやで」ちゅうの
ん、わしが言ぅたらんとあかんのです。

■せやからあいつ多分ね、夕べ酒呑み過ぎて、ここでこぉいぅことになって
るといぅことに気が付かんままに家に帰ってるんやないかな、と思う。せや
さかいに、これわしがひとっ走り行って「こぉいぅえらいことになってる」
言ぅたら、分かると思うんです。

◆いや、あのね、あの……、これ誰ですねん?■芳公ですがな◆誰連れて来
るて?■本人、芳公◆どぉやって?■せやから「わしが走って行く」言ぅて
まっしゃないか。あんた芳公の家知りまへんやろ? せやからわしが走りま
んがな。あいつもアホやないんです、言ぅたら分かるんです、言ぅたら分か
りまんがな、分かったらここへ来まんがな、来て見たら分かりまんがな。

■せやさかい、わしが走らんことにはことが始まりまへんねん、せやからわ
し、ちょっとひとっ走り行てきますんでな、これそのままに、だれにも引き
取らしたらあきまへんで、動かしたらあきまへんで。わしちょっと走って、
すぐに行てきま。

◆いやいや、あかんあかん、違うねん。ちょっとあんた落ち着いて、これこ
れこれッ……、えらい勢いで走って行ったなぁ、何ですあれ? あんたどぉ
思いなはる?★さぁ……、オモロイことになってきましたなぁ。あれだけの
勢いがあったらね、行き倒れの本人ちゅうのんホンマに現われると思いまん
なぁ。

◆気色の悪いこと言ぃなはんな。

             * * * * *

■どんならんで、芳公あいつはもぉ、こぉいぅことになってる、えらいこと
になってるのん気ぃ付いてへんねや、ホンマにもぉ……(トントントン)お
い起きぃ(トントントン)芳公、起きてんねやろ(トントントン)芳公、こ
こ開け。

●松っちゃんや、あいつは慌てもんやなぁ、自分の家の戸ぉ叩きながら「芳
公、芳公」て、わし呼んでるがな。治らへんなぁ、あいつの慌てもんだけわ。
お〜い、そっちやないで、芳公はこっちバァ〜■「バァ」やないぞお前、え
らいこっちゃぞ。

●何かあったんか?■「何んか」やあるかい、とぼけたらあかんぞお前、どぉ
するつもりや?●な、何がや?■しくじりやがって、わしお前「今朝天神さ
ん行こ」て誘たやろ●ほぉほぉ■お前、気持ちが悪いの何のぬかしやがって、
わし一人で行ったなぁ●行ったなぁ。

■ほたらお前、お参り済まして出て来たら黒山の人だかりや「何や?」言ぅ
たら「行き倒れや」●はぁ、行き倒れ。うまいことやったなぁ■うまいこと
も何もあるいかい、お前どぉするつもりやこれ?●松っちゃんの話、ちょっ
と分からへんなぁ。

■「分からへん」て、情けない、ここまで言ぅて分からへんのんかい? ほ
なお前、夕べどこ行ったんや?●「どこ行った?」て、ブラ〜ッと呑みに行
たら屋台が出ててな、でまぁ、そこでちょっと呑んで■何ぼほど呑んだ?

●何ぼほど呑んだか分からへんけど、まぁお勘定済ましたとこまでは覚えて
る。それからあとが分からへんねやなぁ、どこ通って帰ったか分からへんけ
ど、気が付いたらうち帰ってお布団の中で寝てた、と。

■そらみぃ、お前なぁ、安い酒呑むさかい頭に毒回ったんやで。もぉはっき
り言ぅたろ、お前な、落ち着いて聞けよ、な、その行き倒れ見たら、着てる
着物の柄といぃ、姿形といぃ誰やと思うねん? お前な、夕べ天神さんの所
で死んでるぞ。

●嘘ぉ〜?■嘘やないがな、わしが見てんねや。お前死んでるぞ●いやいや、
そんなことはない、わしは死なへん■何を言ぅねやお前「わしは死なへん」
てな、自分のこと特別や思うな、命あるもんは誰でも死んでいくねん。人間
だけやあれへんぞ、動物でもなんでもそや、命あるもん必ず死ぬねや。

■どんな偉い武将でも、身分の高い人でも必ず死ぬねや。八百屋の倅(せがれ)
やみな可哀想やぞお前、十三で死んでんねやがな。人間はどない長生きして
も最後には必ず死ぬねん、それを「死なへん」てなこと言ぅたらあかん。お
前は死んでる。

■お前は夕べ死んでる、天神さんのとこでお前は死んだんや●けど、わしは
死んだ気がせぇへん■「気ぃ」てなこと言ぅなお前わ。命といぅものはな、
体と心があるわけや。気ぃといぅものはあとからジワジワと死んだといぅこ
とに気が付いていくんねん。

■体はもぉ既に分かってるで、せやから今も顔色悪いがな、朝誘たときに気
持ち悪い言ぅてたけど、今も気持ち悪いんやろ? 頭痛いんやろ? 気持ち
悪いねんやろ?●まぁ、気持ちは良ぉない■「良ぉない」と違う「悪い」や
ろ、お前。

●うん「気持ち悪い」■悪いはずや、お前死んでんねん、気持ち悪いがな。
さぁあと問題は気ぃのほぉや、これ余計なこと考えるな、こぉいぅことはな、
考えることと違うねん、感じることやねん。死んでない、といぅのはそもそ
も死にたくない、長生きがしたいといぅ気持ちがあるがゆえに、それがこぉ
進んでいくわけや。

■「死にたくない」「死んでない」「死なない」といぅふぅに変わっていっ
て、今、死なないといぅ気持ちになってるわけや。けど違う、体のほぉはもぉ
分かってるがな、自分は死んでるから気持ちが悪い、頭が痛い。あとはもぉ
気ぃの問題や。な、死んでんねん、死んでんねん。

■考えることと違うねん、感じるんや。考えることと違うで、感じるんや、
分かってるか? じっくり落ち着いて、体に聞ぃてみ、お前は夕べ死んだん
や。お前は夕べ、天神さんのところで死んだんや。お前は、死んだんやッ!

●わし、死んだ?■死んだんや。やっと分かったかお前。時間のかかるガッ
キャなぁ、分かったんなら行こ●どこへ?■引き取りにやがな●何を?■死
骸やがな●誰の?■お前のやろが●ちょっと待ってぇな、自分の死骸を自分
で引き取るやなんてそんな、きまりが悪い。

■何が「きまり」やねん、自分のことは自分で後始末せなどないすんねん。
財布落とした時もせやろ、拾ろてくれる人が現われたら、落とし主として自
分でもらいに行かなあけへんやろ、それとおんなじこっちゃがな。さぁ、行
こ。

●ちょっと待ってぇな、わしまだ草履が……■草履なんか要らん、裸足でえぇ
から来い、来いッ●裸足て、そんなん足ケガしたら痛いで■死人が何ぬかし
とんねん、死んだもんがケガなんかせぇへん。来い来い、来いッ!

             * * * * *

■ホンマにお前は、どぉするつもりやこれ、大きなしくじりやぞ。わしはな、
実は腹の中では泣いてんねん、お前に死水取ってもらいたかったんや、けど、
こぉいぅことになってしもてやなぁ、また着いたらじっくり泣かしてもらう。
その代わりやで、えぇな、天(うえ)へ上がったらちゃんとわしのこと見守っ
てなあかんぞ。

■まだぎょ〜さん人たかってるがな……、連れてったるさかいな、中で世話
してくれてるオジサンがいてんねん、ちゃんとお前紹介するからな、挨拶ちゃ
んと考えとかなあかんで●挨拶て何言ぅたらえぇ?■「夕(ゆん)べからすん
まへんでした」てなこと言ぅといたらえぇねん。

■ちょっとどいとくなはれ、どいとくなはれ……、あ〜最前はどぉも、ただ
いま◆帰って来たなぁ、この人。本人いてまへんでしたやろ?■いてました、
ちゃんとおりました◆おった? おったといぅことはハッキリしましたなぁ
■ハッキリしました、ハッキリしましたえぇ。

■お手間かけました、時間かかりまししたけど、ハッキリしました。最初やっ
ぱり本人ねぇ「違う」てなこと言ぅてたんですけど、アホやないんです言ぅ
たら分かります。時間かかりましたけど、言ぅたらちゃんと本人「分かった」
言ぅて来てますんでね。今、挨拶さしますんでちょっと聞ぃたっとくなはれ。

■こっち来い、この人や、このオジサンに世話になったんや、ひとつ挨拶し
とけ●こんちわ、ハハッ、あの〜知りませんでしてん、わたし。夕べここで
死んだんやなぁ……、呑み過ぎててわたし、気が付かんままに帰ってしもて
たんです。松っちゃんに言われてやっと分かりました。夕べからえらいどぉ
もすんませんでした。

◆おんなじよぉな人が二人、増えたで。いや、違いまんねや、あのねぇ、ど
ない言ぅたら分かりますねん……。あぁ、見てもらお、本人に見てもろたら
分かりますわ、ハッキリさせまひょ、ちょっと見とくなはれ●いや、なるべ
く自分の死に目には会わんほぉが……

◆何言ぅてんねん、見てもらわな■見してもらえ、見してもらえ。見たらハッ
キリするがな●見るのん……? 松っちゃん、これわしかなぁ?■何を今さ
ら、わしがお前や言ぅてんねん、お前に間違いないがな。

●顔がちょっと長いよぉな気がする■ひと晩、夜露に当たったんやちょっと
は伸びるわい●わしよりちょっと痩せてる■痩せてんのと違う、それやつれ
てんねん、死にやつれっちゅうさかいな、痩せて見えるけど、それやつれて
んねん。

●髭がわしより濃いよぉな気がするけど、松っちゃん、これホンマにわしか
なぁ?■何をゴジャゴジャ・ゴジャゴジャぬかしてんねん、こらお前やない
かい。友達が言ぅてんねん、兄弟同様の付き合いしてるわしが言ぅてんねん、
間違いないお前や。

■日頃から不精するなて言ぅてたやろ、何を言ぅてたかっちゅうたらな「朝
顔を洗ろて髭剃ったりするときに、桶に張った水の中、おのれの姿ちゃんと
見とけ」といつも言ぅてたんや。

■それはな、髭をちゃんと剃れとか、顔をちゃんと洗えと言ぅてるわけやな
い。おのれで自分のことをちゃんと毎日まいにち確認をせぇといぅこと、わ
しは言ぅてたわけや。それを不精するさかい、おのれでおのれのことが分か
らへんねん。

■わしとは毎日顔を合わすさかい、わしのことは松っちゃんやちゅうて分か
るやろ。わしがどこ歩いてても松っちゃんやて分かるやろ。けどお前は、自
分のことがちゃんと分からへん。

■それに比べて、わしは両方分かるがな、朝顔洗う時も鏡ちゃ〜んと見てる、
せやさかい、わしはわしのことが分かんねん。お前とは毎朝会ぉてるさかい、
お前のことやっちゅうのん分かんねん。お前のことも分かる、わしのことも
分かる、わしは両方分かるわけや。

■お前が歩いてても「あ、お前が歩いてるな」と分かるわけや、せやから、
わしがよそ歩いてても「あ、わしが歩いてる」ちゅうてちゃ〜んと、わしは
わしのことが分かるわけや。ところがお前は自分のことが分かれへん。わし
のことは分かるけど、自分のことは分かれへん。

■わしはそれに比べて、わしのことも分かるし、お前のことも分かる、両方
分かるこのわしは、これを見て「これはお前や」と言ぅてんねん、何の誤り
があんねん? これお前やがな、これはお前や。

●ん〜ん、わしやないよぉな気がする■気ぃてなこと言(ゆ)ぅ〜なお前、最
前も言ぅたやろ、これはな、考えることと違う、感じることや。感じろ、こ
れはお前や、これは、お前や。これは……、お前やッ!

■これは、誰や?●あッ、わしや■そやろ、やっと分かったんや。時間のか
かるガッキャなぁ●わし、わしこんなとこで、こんな浅ましぃ姿になって、
こんなことやったらもっと旨いもん食ぅといたらよかった。

■ゴジャゴジャ言ぅな、さ、分かったら抱いたれ。連れて帰ろ、抱いたり抱
いたり●わしぃ、こんなとこでこんな姿になって……◆ちょ、ちょっと、待っ
たまった。違うねん違うねん、あんたと違う。

■何をゴジャゴジャぬかしてんねん、赤の他人が口出すな。本人が「本人や」
ちゅうてんねんで、友達が「芳公や」言ぅてんねんで、何で赤の他人が入っ
て来てゴジャゴジャぬかさなあかんねん。芳公、気にすることあれへん、お
前のお前や、しっかり抱いて連れて帰ったれ。心も体も一緒にうち帰らなあ
かん、しっかり抱いたれ。

●「しっかり抱いたれ」て、これッ、わし、こんなとこでこんな冷となって、
ん〜ん、松っちゃん、わしまた分からんよぉになってきた。抱いてるこいつ
は確かにわしやねんけど……


【さげ】
●ほたら今、抱き上げてるわしは誰やろ?


【プロパティ】
 粗忽=軽はずみなこと。粗相。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 天涯孤独=広い世間に身寄りが一人もいないこと。天涯は空の果て。
 ぬかす=言う・ほざく。
 天神さん=菅原道真(845〜903)平安前期の学者・政治家。謹厳にして至誠、
   漢詩・和歌・書をよくし、没後学問の神天満天神としてまつられた。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 音源:桂七福 2006/03/26/B1角座 桂福団治一門会(WebなにわTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂七福 sub=*  ●main高座記録日:2006/03/26  ●音  源  名:桂福団治一門会(Web)  ●ファイル公開日:2006/08/06  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2013/11/17  ●リクエスト数:rakug398  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次