【上方落語メモ第8集】その396

死     神


【主な登場人物】
 源助  死神  田中屋の番頭  田中屋の主人ほか

【事の成り行き】
 寿命とは天から与えられた命の長さ、百を超えて長生きしてのち亡くなっ
ても、初めての誕生日を迎えられなく夭逝しても、どちらも「天寿を全うし
た」と言えるのです。いつかは分からないけど、亡くなって初めて分かるも
のです。

 2003年度の平均寿命が男78歳、女85歳と発表されています。男女で別々に
計算するのもややこしいのでこの際まとめて82歳としときましょう。という
ことは、今20歳の若者はあと62年生きられ、80歳の老人はあと2年しか生き
られないのか? 90歳の老人はマイナス8年か?

 いえいえ、寿命から計算してはいけません。2003年度の平均余命によれば
20歳はあと62年、それに対し80歳はあと9年も生きられるとの統計結果が出
ています。長く生きた人にはご褒美に余命が加算されるのでしょう。

 80歳の人が89歳になった時にはまた余命αが加算され、89+αになればβ
が加算され89+α+βになれば……、この計算では死ねない勘定?

 寿命と余命、似てはいるものの寿命は生きていない人のもの、余命は今生
きている人のものです。もちろん、あと何年生き延びるか長さまで分かりま
せん。結果的に寿命も余命も無いよで有るよで、有るよで無いよな、いろい
ろ思いめぐらせるところからドラマが生じるんですね(2006/07/02)。

             * * * * *

 え〜、さんまの師匠の松之助でございます。今日は朝日放送の落語会五十
周年といぅお祭りでございますが、考えてみますと、はじめからずっと出て
ますが一向に朝日放送でスターになってませんので、朝日放送がサボってん
ねやないかと。

 まぁ、しゃべるほぉもまだ今のところはまだしゃべれますが、まぁだいた
いこのぐらいになりゃ、何をしゃべってもえぇのんで。前は素人やからねぇ、
考えてみりゃ、どこが間違ごぉてるやら、どこが合ぉてるやら分かれへんか
らね。

 てなもんで、どぉぞ最後までお付き合いのほどお願い申し上げますが。

●おい、お咲、今帰ったで……、おいおい、起きたらあかんがな、寝てない
かんがな。え、病気はもぉ治ったて? 何を言ぅてんねん「治った」て、お
医者はんが言ぅてはったやろがな「病気は治ったけど、もぉ二、三日はゆっ
くり寝てたほぉがえぇ」と言ぅてるのに、そない用事をしてたらまた病気が
ぶり返したらどぉするねんな。

●こんなことまでしてるがな、そんなんせんでもえぇねがな、じっと寝てて
くれたらえぇのに。床の間の置きもんでえぇねや、床の間の置きもんになっ
ててくれたらそれでえぇねや。ちょっと遅いけどな、わしこれからな、お前
の口に合うよぉなもん買いに行てくるさかい、ちょっと待っててや……

●けどまぁ、あないに働きたがる女て珍しぃなぁ。あれッ? 何やろ? こ
んなとこへ大ぉ〜きな玉(ぎょく)あるがな、珍しぃ玉やなぁ……、何やッ?
ゆ、幽霊や……、ん? 幽霊やないなぁ、足があるがな。うわぁ〜、えらい
格好しとんなぁ、目ぇキョロキョロキョロキョロして……

●こっち来たこっち来た、もし、もし?■ん? あ〜?●あんた、どなただ
んねん?■わしかいな?●へぇ■いち、にぃ、さん、ハイッ!「♪俺さまは、
死神だ、死神さま〜だ〜、どんなに〜、若い元気な人でも〜、俺さまが、側
へ寄ったら、たちまち患う〜ッ。俺さまは、死神だ〜ッ!」

●えらい勢いのえぇ人やなぁ、ちょっと待って、おかしぃなぁ、死神ちゅな
人には見えへんねけど、お前なんで見えんねんな?■あッ、お前その玉、ど
ないしたんや?●えッ、玉? さっきここに落ちてましたんで■それを探し
てたんやがなわし、その玉があるさかいにわしが見えんねや、返してくれる
か。

●あんたのでっさかい、この玉返しまっけどな■おおきにおおきに、ただ返
してもらうのんいかんさかいな、ちょっと古いけど別の玉があんねん、これ
と替えことしょ〜、いやすまなんだおおきに、これがないよなったらえらい
ことなるとこやってんけどな、助かったおおきにありがとぉ。

■その代わり、お前にえぇ金儲け教えたるわ●「えぇ金儲け」て、何しまん
ねん?■その玉を持ってたらな、死神の姿が見えんねや、でな、病人の枕元
に死神が座ってたら、もぉその病人は二、三日かそのへんにあかんよぉにな
んねん。で、足元にいてりゃ、あかんよぉになれへん。けど、良ぉもなれへ
ん。

■ところが、この死神がおらんよぉになったらえぇねや、せやからお前が死
神が見えるから教せたるのは、死神が足元にいてる時に、そのなマジナイを
唱える、そぉすると病人は助かるわけや●へぇ〜、どない言ぃまんねん?

■死神がいてるやろ、その時に「アジャラカモクレン、テケレッツのパッ」
(パン、パン)とこぉ手ぇ叩くねん、でこの死神っちゅうは「アジャラカモ
クレン、テケレッツのパッ」ちゅうのが恐いのでパッと逃げてしまうわけや、
そぉするとその病人は助かる、そぉいぅわけやねん。

■せやから、これから家へ帰ったらやな、明日でもえぇがな、表へ大きぃに
「加持祈祷マジナイ」といぅ看板上げて商売にしたらえぇねがな●はぁ、枕
元に死神がいてたらそらあきまへんのん?■そぉそぉ●で、足元にいてたら
何とかなる、その何か言ぃまんねんなぁマジナイっちゅうのん?

■呪文を唱えるわけや●呪文てどない言ぃまんのん?■今言ぅたがな「アジャ
ラカモクレン、テケレッツのパッ」ちゅうねん●はぁ「アジャジャジャジャ
ジャ、のっパ〜ッ」■そんなこと言ぅてへんがな「アジャラカモクレン、テ
ケレッツのパッ」ちゅうねん。

●「アジャジャジャジャジャジャ、チャラチャラチン」■何を言ぅてんねん
な「アジャラカモクレン、テケレッツのパッ」やないかいな●「アジャラカ
アジャラカ、アジャラカパッ」■そんなおかしな、ちょっと口開けてみ、見
たるわ……

■あぁ、ラ行が悪いがな、ちょっと言ぅてみ「アジャラカモクレン」●「ア
ジャラカモクレン」■「テケレッツのパッ」●「テレレッツのパ」■「テケ
レッツのパ」や●「テ、テ、ケ、レッツのパ」と■そぉそぉ、それで手をパ
ンパンと叩いたら死神おらんよぉになるねん。えぇか、分かったな?

●間違いないな、そのマジナイ?「アジャラカモクレン……、テケレッツの
パッ。アジャラカモクレン……、テケレッツのパッ」■そぉや●「♪アジャ
ラ〜カモクレ〜ン、テケレッツ〜のパッパッパッ」■誰もそんなこと言ぅて
へん●ちょっとなぶったんや、ほなこれでおおきにえらいすんまへんでした。

 この男、死神に言われたとおりに「加持祈祷マジナイ」といぅ大きな看板
をぶら下げました。すると近所の人が「うちの子どもが腹痛たで泣いてんね
が、ちょっと診てやって」と言ぅて来ますが、腹痛たみたいなもんには死神
が憑くはずがないんですから「お粥(かい)でも食べさして寝さしといたら治
る」てなもんですわなぁ。

 「熱が出てんねんけど、どないぞならんかな?」「熱ぐらいやったら頭冷
やしてたら治るがな」ちゅうよぉな具合で、近所には死神の憑くよぉな病人
はいてない。それでも、いろんな人を治してるうちに「あの男のマジナイは
よぉ当たる、加持祈祷の看板上げてるけどもあれは当たる」といぅわけで世
間にズ〜ッと広まってきまして、評判ちゅうのはえらいもんです。

▲え、ごめんください●どなたで?▲先生はおられますか?●え?▲先生は
おられますか?●先生? 先生はおられませんがねぇ▲先生は今お留守です
か?●お留守も何も、ここのうちにはわたしと嬶(かか)だけですが▲そした
ら、おたくが先生ですか?●ははぁ、そぉなりますか?

▲頼んない人やなぁ、あんた。あのぉ〜、先生にちょっとお願いがあって上
がりましたんですが●はぁはぁ、どぉいぅ願いですねん?▲手前どもの主人
がちょっと具合が悪ぅございまして、それで先生に診ていただきたいと思い
まして。

●「具合が悪い」て、どんな具合?▲え〜、ひと月ほど余り前から寝付きま
してからに、いろんな先生に診ていただきましたが、はじめあの橋本龍庵先
生に診てもらいましたんですが、先生のほぉが年が寄ってヨボヨボで「わしゃ
もぉ引退せないかんねやから」言われまして●あぁさよか。

▲その次が、小泉純庵先生に診ていただきましたが、その先生は「改革じゃ、
改革じゃ」言ぅて「この薬には民営花といぅ大きな花の種を炒ったやつを粉
にして、それを飲ませ」言われたんですが「その民営花といぅ花どこにあん
ねん?」て聞ぃたら「そんなことわしゃ知らん」と、こぉ言ぃはりましたん
です。

▲で、安倍晋庵先生に診ていただきましたが、これはどぉもその小泉純庵先
生のあとを狙ろてるよぉなことで、小泉先生のことを悪ぅおっしゃいまして
「あれは薮医者や、わしのほぉが間違いない」と、こぉおっしゃってますん
で、聞きましたら、こちらのお診立てがえぇと聞きまして伺いましたんです
が、一度診ていただくわけにはまいりませんでしょ〜か?

 「そぉか、ほならまぁ、寄せてもらいます」そこのうちへ行きまして主人
の寝ている部屋へこぉ入りましたんです。と、見ましたらどこにも死神がい
てません。

●御寮人(ごりょん)さん、こらご心配には及びません、あれがおりませんの
で▲何がおりませんので?●いや、その、おりませんので大丈夫ですから、
間違いありません。このご主人は良ぉなります……。ちょ、ちょっと待って
ください、あらッ? 障子のあんなとこから死神が覗いとるがな、あいつど
こ行きよんねんやろなぁ? なんや、便所入りよったなぁ、死神でも便所入
るのんかいな?

★えらいなぁ、もぉ、死神っちゅうのはえらいわ。ズ〜ッと病人の端(はた)
にひっ付いとらないかんし、目ぇ離したらいかん思て辛抱してたら、張って
張って、どもしょがないなぁ……、ミミズもカエルもごめん(ジャジャ〜ッ、
ジャ〜ジャ〜ジャ〜、ジャジャ〜ッ、ジャ〜ジャ〜ジャ〜、ポタン……、ポ
タン)あれ? ションベンが止まれへんがな、えらいことなったがな。あッ、
糸くずが付いとんねん。

●帰って来よったな、どっちへ座りよるんやろ……、足元へ座りよったな。
御寮人さんご主人の病気は治ります▲治りますかいな?●待ってなはれ、よ
ろしぃか……「アジャラカモクレン、テケレッツのパッ」(パン、パンッ)

 これ聞ぃた死神がビックリしてパ〜ッと飛んで逃げてしもた、と、今まで
寝たはったご主人が「あ、あ〜ッ、よぉ寝たなぁ〜」

▲まぁ旦さん、お気が付かれましたか◆何を大きな声で言ぅてんねな、わし
は今まで気持ちよぉ寝てたんやないか▲「気持ちよぉ寝てた」て、一か月余
りも気持ちよぉ寝てる人がありますかいな◆いや、とにかくなお腹が空いた、
何か食べるもんがあったら持って来てもらいたい。

▲あッさよか、ほな持ってまいりますので……、先生、ありがとぉございま
す。こちらお診立て料、どぉぞお納めくださいませ、いずれまたのちほど、
お礼に参じますので●いやいや、これも人助けそんなん別によろしぃので。

 こぉいぅのんがありましたんで非常に評判になりましてからに、自分の商
売の傍らにマジナイをやっておりましたんですが、

▲え〜、ごめんくださいませ●はい▲先生はご在宅ですか?●あぁ、先生の
わたしならおりますが▲わたしは横町の田中屋から来ましたんでございます
が●田中屋さんから、何かご用ですか?

▲手前どもの主人が、もぉ三月(みつき)ほど前から寝付いておりまして、多
くの先生に診ていただきましたが、どぉしてもはかばかしぃことがございま
せんので、でまぁ、先生のお噂を聞きましたんで、ぜひ一度診ていただきた
いと思いまして、ひとつ、ご無理を願えんもんでっしゃろか。

●あぁよろしぃ、まいりましょか……

             * * * * *

●奉公人の方もずいぶんおられますなぁ、で、ご主人の部屋は……、こらあ
かんがな、死神が枕元に座っとるがな。こらどぉも、まことに番頭さん、何
ですが、このご主人は諦めてもらわなしょ〜がございませんなぁ。

▲え〜ッ、そんなことおっしゃらんと、先生のお力で何とか●いや「お力」
て、わたしの力では治らんのですわ、これだけわ。でね、あいつがあそこに
おりますのんで……▲何です「あいつ」て?●いえ、それでね……

▲先生、そんなことおっしゃらずに何とか。主人にもしものことがございま
したら、われわれ奉公人が明日から食べるのに困ってしまいますんで、何と
かひとつお頼の申します、先生、お願いいたします。われわれ奉公人のため
やと思て、どぉぞ主人を助けてやってくださいませ、お願い、お願い申し上
げます。

●そない言われてもなぁ、けどまぁ「主人が亡くなったら奉公人が困る」と
いぅ、そらせやろなぁ、わしもこないだ、うちのやつが病気の時に近所の人
に助けてもろたわなぁ、困ってる時はお互いのこっちゃ……。けど、これだ
けはどぉにもならんしなぁ……

●どぉしたらえぇのかなぁ……? あいつが枕元におらんと足元へ座ってた
らえぇねけど……、病人を逆さに……、そぉかッ! 番頭さん、お店に力の
強い若いお方おられますか?▲へぇ、それなら何人でもおりますが、何人お
要りよぉで●四人(よったり)で結構ですんやわ。

▲で、何をいたしますんで?●実はな、その四人(よにん)の人に布団の四隅
に座っていただきまして、でこの、わたしが合図をしましたら、その布団を
持ってご主人の向きをこぉ逆にしていただきたいんで▲あぁ、そらお易いご
用で、ほなじきに……

●いやいや、今はあきません今は、あいつ目ぇ開けて睨んでますから。わた
しが合図をしますから「はい」と言ぅた時にパッとこぉやってもらうよぉに。
それまで、じっと座っててもらいますよぉに。だいぶ夜も更けておりますか
らじきに寝ると……、あいつも商売やなぁ、ギラギラ目ぇ光らしとるなぁ。

 と、待っておりますと、そのうちにやっぱりだんだん時間が経ってきまし
て、夜中を過ぎますとなんぼ死神といぃましても眠となりますので、コック
リコックリと舟を漕ぎ出しましたんで。

●お〜、居眠りしよったなぁ。あいつが寝た時に……、よろしぃか皆さん、
ちょっと用意をして布団の四隅をしっかり持って、よろしぃですか、もぉじ
きです、もぉじき。わたしが「はい」と言ぃますから、ガッと布団の向きを
変えて、よろしぃですか。

 言ぅてるうちに死神がグッと寝よったんで「はいッ!」パッと向き変えて
「アジャラカモクレン、テケレッツのパッ」(パン、パンッ)死神がビック
リしてパッと逃げてしもたんで。

 すると今まで寝てた旦那、ワ〜ッと起きてきてからに、

◆何やねんなこんなぎょ〜さん▲旦さん、よろしゅございましたなぁ。旦さ
ん、長いこと患ろぉて寝てはりましたんで◆わしが寝てた? そんなこと嘘
やろ▲嘘やございませんので◆わしゃこの通りピンピンしてるがな。お腹が
減ったんでな、まむしか何か言ぅてきてくれ。

▲先生、ありがとぉございました。先生のお陰で助かりましたんで、ありが
とぉございます、ありがとぉございます●いやいや、そない礼言われたら。
まぁ良かったですなぁ、ほなこれで失礼(ひつれぇ)さしていただきます。

 この男が表へ出まして家へ帰りかけた。家の近くまでやってまいりますと、

★おい、源助●え?★源助●誰や? あッ、あんた死神さん★お前、えらい
ことやってくれたなぁ●「えらいこと」て?★わしがうっかりしてたら、あ
の布団をパッと逆にしてからに「アジャラカモクレン、テケレッツのパッ」
わしゃ逃げなしょがないがな。あの病人はなぁ、明日の朝あかんよぉなると
こやってんや、あれ助かってもたがな。

★わしゃそれがために死神組合の中でどんだけ地位下落すると思とんねん、
えぇ。えらいことしてくれた、わしゃひょっとしたら死神界を追放になるや
分からん。わしゃなぁ、お前には金儲けを教えたんや、けどわしをそぉいぅ
目に遭わすよぉな男やとは思わなんだ。

★お前にえぇもん見せたるさかい、付いて来い●あんたのあと付いて行って、
そのままズ〜ッとあっちへ行ってしまう?★そんなことないがな●わしには
家にお咲ちゅう嫁が……★そんなこと知らんがな、付いといで。

★この木の下に根元のとこに穴があるやろ、この穴の中へ入れ●こんな小さ
な穴へ入れますかいな★入れんねん、わしが先に入るさかいな、あとから付
いて入って来い、えぇか……、おい、付いて入って来い。

●あッ、ホンマに入れるわ……、入りましたで。入れまんなぁ、へぇ〜、こ
んなとこに洞窟みたいなもんになってまんねんなぁ、えらい何やググ〜ッて
音がしてまんなぁ?★人間の「業」が渦巻いてる音やなぁ●は〜、人間の業
が渦巻いてまんのんか……、何や地べたがビチャビチャ・ビチャビチャして
まんなぁ?

★そら、土地の中やから水気ぐらいあるわいな●さよか、えらい何や熱いで
んなぁ?★地球がぬくなってきよんねや、温暖化やなぁ●そぉでっか、何や
気色が悪いなぁ★黙ってわしのあと付いて来い、お前一人では逃げられへん
ねやさかいな……

★「♪この世の名残り、夜も名残り。死に行く身をたとうれば、あだしが原
の道の霜。一足ずつに消えて行く、夢の夢こそ哀れなれ。あれ数うれば暁の、
七つの時が六つ鳴りて。残る一つが今生の、鐘の響きの聞き納め……」

●あんた、それ「曽根崎心中」道行の文句でっしゃないか、あんた浄瑠璃好
きでっか?★わしゃ浄瑠璃好っきゃねん、よぉ行くねん●そぉでっか★姿が
見えんさかい、いつでもタダで入んねけどな●たちが悪いなぁ……、あッ!
何や広いとこ出ましたで、何やパ〜ッと明るなってまんなぁ。

★そぉや●蝋燭が立ってる、ぎょ〜さんの蝋燭でんなぁ。これ何でんねやこ
ら?★人間の寿命の蝋燭や●はぁ〜、人間の寿命の蝋燭?★そぉそぉ、これ
勢(いっきょ)いよぉ燃えてるけど、段々だんだん蝋燭が減ってくる、といぅ
ことは、寿命が段々少のなっていくといぅ勘定や。

●はぁなるほどねぇ、みな勢いよぉ燃えてるなぁ……、この半分ぐらいで燃
えてんのん、こら誰でんねん?★そらお前とこの女房の蝋燭やがな●あぁ、
けどこれ、勢いよぉ燃えてるちゅうことは、やっぱり病気治ったんでんなぁ
★そぉや、治ったんやがな。

●なるほどなぁ……、この高こぉてザ〜ッと勢いよぉ燃えてるのは?★それ
はお前、子どもの蝋燭やがな●子どもはやっぱり違いまんなぁ、勢いよぉ燃
えてまんなぁ、なるほど。あれ? ここに何や、今にも消えそぉなってる小
さい蝋燭、こら誰でんねん?

★そら、お前の蝋燭や●えッ、これ、わたしのん? わし、こない元気やの
に★その隣りにあるのがな、さっきのあの店のご主人の蝋燭や。それはお前
があんな要らんことしたさかいに、お前の寿命と、あの旦那の寿命とが入れ
替わったんや……、お前は明日までの寿命。

●え〜ッ! そんなん嫌でんがなあんた、わたしにもしものことがあったら
うちのお咲が「♪いかに嘆かん、悲しまん」★浄瑠璃やってどないすんねん、
アホかいな●頼んますわ、何とか助けてもらえまへんか★もぉ、何ともでき
んがな●そんなこと言わんと。

★そやなぁ、何とか……、できんこともないけどなぁ、そこにな、半分ぐら
いの蝋燭の燃えさしが転がってるやろ、それを消えかかってるお前の蝋燭に
持って行って、うまいこと点いたらお前は助かんねやなぁ、けど言ぅとくで、
それが消えたらあかんねんで、消えたらもぉ助からんで……

★さッ、この蝋燭持って、やってみぃ●こ、この蝋燭を? あんまりしっか
りした蝋燭やおまへんがな、この蝋燭でんな、これをここへ点けまんねな、
ここへ点ける……★そや、点けたらえぇねや●点け言ぅけどあんた、体が震
えて……、自分のこととなるとやっぱり震えてきまんなぁ。

●ホンマに助かりまんねんなぁ?★ホンマや、早いことしぃや、消えかかっ
てる●わ、わッ、あかんがな……、早いこと点けな、あかんがな……、あぁ、
あぁ、あッ! あかんがな……、あぁ、あぁ、あぁ〜〜ッ


【さげ】
★ふふ、ふふ、ふふふふふふ……


【プロパティ】
 さんま=明石家さんま:本名、杉本高文。昭和30年7月1日生まれ。タレ
   ント業専念。落語の記録音源も残っているらしい。
 このぐらいになりゃ=笑福亭松之助(二代目):本名、明石徳三、1925(大
   正14)年8月6日生まれ。ちなみに、大正14年11月6日生まれの米朝
   師匠より年上。
 橋本龍庵先生=モデルとなった橋本龍太郎元首相は昨日2006年7月1日、
   鬼籍に入られました。
 御寮人(ごりょん)さん=商家など中流家庭の若奥様の称。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 まむし=鰻丼:鰻を細かく刻んだものをご飯の中ほどに忍ばせてあるので
   「鰻をご飯でまぶす」から「まぶし」→「まむし」
 曽根崎心中=人形浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1703年初演。世話浄
   瑠璃の嚆矢(こうし)。大坂北の新地天満屋の遊女お初と内本町の醤油
   屋平野屋の手代徳兵衛が、恋と男の面目のために曾根崎天神の森で心
   中した事件を脚色したもの。道行文は名文として名高い。
 音源:笑福亭松之助 2005/12/23/ワッハホール なみはや亭(ABC)
    上方落語をきく会50周年記念 ABC落語まつり


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭松之助 sub=*  ●main高座記録日:2005/12/23  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2006/07/02  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2013/11/03  ●リクエスト数:rakug396  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次