【上方落語メモ第8集】その393

不 精 の 代 参


【主な登場人物】
 『不精猫』不精もの親子  閻魔大王
 『不精の代参』不精もの  友人  能勢妙見参拝者ほか

【事の成り行き】
 まめ・不精、どちらかと言えば不精の部類に属するのでしょう、わたしの
場合。食べなければ腹が減るので料理はするし、食材が要るので買い物に出
かけるし、買い物に出かけないといけないので多少はこざっぱりシャツにア
イロンがけする。このへんまでは何とかやってますけど、住まいを定期的に
念入りに掃除するのがじゃ〜くさい。

 掃除がじゃ〜くさいということは、インテリアに凝って整然と部屋を飾り
立てるなんてことはまったく苦手で、いつも雑然ととり散らかった中に身を
置ける隙間だけ作って、一歩半以内で全てが手に取れる合理的な環境空間で
生活しています。

 そんな不精な生活に慣れきっていても、ときたまどうにもホコリ、汚れが
目に付いて「掃除をしなければ」と思う瞬間があるんですね。この時を逃す
と次に掃除をしたい時がいつになるか分からないので、何とか乱れた物品を
片付け、掃除機でゴミを吸い取ります。

 もちろん、隅々まで“もれなく”キレイにするやなんて無駄な行動はしま
せん。視野に入るところだけザッと掃除して誤魔化し、ここが肝心です、一
番目立つ一箇所を集中的に磨き上げて、視線をそこへ向かわせるようにする、
と、最小の労力で最大の美化効果を発揮することができる。こんな発見をす
るぐらいの不精さ加減、次回の掃除日は未定です(2006/05/21)。

             * * * * *

 え〜、桂小米のリサイタルに……、かくも多数ご来場くださいまして、ま
ことにありがとぉございます。

 しかしまぁまぁ「十人寄れば気は十色」てなこと申しまして、昔からいろ
いろとこの気性が違いますもんですなぁ。これだけ寄ってはっても皆気性が
違う、そらそぉですわなぁ、皆一斉にオシッコ行きとなったりなんかしたら
困りますので。

 皆それぞれ気性が違うところが面白い。なんでもかんでもやりたい人があ
るかと思うとまた、もぉ何をすんのも嫌やちゅな人があって、いたって不精
な人がある。

 「なぁおい、こない皆不精なもんばっかり寄って、ひとつ不精会ちゅうの
んしょ〜かなぁ」「じゃ〜くさい、やめとこか」不精会もでけんよぉなこと
になりますのんで。

 いたって不精な親子が、枕を並べて寝ておりましたが……【不精猫】

●お父っつぁん……、お父っつぁん■何やねん?●神棚のお灯明の火ぃ、消
すのん忘れたんや。えらい風が出てきたよぉな具合やが、消しといたほぉが
えぇのんと違うやろか?■消しといたほぉがえぇと思たら、お前立って行っ
て消さんかいな●わい消すのん邪魔くさいがな■わいかてじゃ〜くさいがな
●ほっとこか?■ほっとけ、ほっとけ。

●あぁ〜、おしめ縄に燃え移ってるわ、天井がボチボチ焦げだしたなぁ、こ
んなん消さなひょっとしたら火事になるで■火事になると思たら、お前立っ
て行って消さんかいな●わい消すのん邪魔くさいがな■わいかてじゃ〜くさ
いがな●ほっとこか?■ほっとけ、ほっとけ。

●あぁ〜、あたり一面火の海やなぁ……、ボチボチ逃げな危ないで■危ない
と思たら、お前逃げんかいな●わい逃げんのんじゃ〜くさいがな、ほっとこ
か?■ほっとけ、ほっとけ。

●足の裏からボチボチ焦げだしたなぁ、ひょっとしたら焼け死ぬで■焼け死
ぬと思たら、お前逃げんかいな●わい逃げんのんじゃ〜くさいがな、ほっと
こか?■ほっとけ、ほっとけ。

 とぉとぉ二人とも焼け死んでしまいまして、あの世へまいりまして閻魔さ
んの前へ引き出されます。

▲両名のもの、面(おもて)を上げぇ……、両名のもの、面を上げぇ……。こ
りゃ、面を上げんか●お父っつぁん「面上げ」言ぅてはんねん、顔上げたら
どやねん■上げたらえぇと思たら、お前上げんかいな●わい上げんのじゃ〜
くさいがな■わいかてじゃ〜くさいがな●ほっとこか?■ほっとけ、ほっと
け。

▲何を申しておる、そのほぉども、おのれの不精のために大火をいたし、世
間に迷惑をかけた段、その咎(とが)軽からず。来世(らいせぇ)は人間に生ま
れ変わらすことはでけん、畜生道に落としてやる。しかし、本日は先代閻魔
の十三回忌に当たるによって、特別の情け、望みの獣に生まれ変わらしてや
る。望みの獣があらば申してみよ。

●お父っつぁん「望みの獣言え」言ぅたはんねん、言ぅたらどやねん?■言ぅ
たらえぇと思たら、お前言わんかいな●わい言ぅのんじゃ〜くさいがな、ほっ
とこか?■ほっとけ、ほっとけ。

▲何を申しておる。しからばこのほぉから申してやる、馬はどぉじゃ?●お
父っつぁん「馬はどや?」て■馬なぁ、あんなもん人乗せて走ったり、もの
引っ張ったり、競馬やなんやいぅてゴチャゴチャ・ゴチャゴチャじゃ〜くさ
いなぁ、断れ●お断りを。

▲しからば、牛はどぉじゃ?●お父っつぁん「牛どや?」て■牛なぁ、田圃
へ出てせんど働いて、挙句の果て牛肉や、じゃ〜くさい断れ●お断りを。

▲しからば、犬はどぉじゃ?●今度は犬やて■犬かてそやで、家の番したり
人追いかけたり、警察犬やなんやいぅてじゃ〜くさい、断れ●お断りを。

▲よく断るなぁ……、しからば猫はどぉじゃ?●お父っつぁん「猫どや?」
て■ほぉ、猫なぁ、あらえぇかも分からんなぁ。別に何もせぇでもえぇんや
さかいなぁ、夏は涼しぃとこで、冬は炬燵のネキで寝てるだけやしなぁ。猫
にしてもらおか●猫、お願いします。

▲はてさて不精なるやつ、して、毛並みに望みはないか?●なるべく汚れめ
が目立たんよぉに、真っ黒けのんにしといてちょ〜だい。

 えらい不精な人があったもんで……。こぉいぅ人を扱いましたお噺で。

             * * * * *

■お早よぉ、おッ、寝てんのんか思たら、感心に起きてんねがな。せやけど
なぁ、目ぇ覚ましてんねやったら起きたらどやねん寝間から。起きるとも起
きんともつかん、ケッタイなカッコして何してんねんおい? 起きたらどや
ねん?

●ん〜ん、きのうの朝な■うん●起きかけたんや■うん●ほたらな、足の親
指に服の破れ引っ掛かったんや■うん●それ取んのん邪魔くさいから、その
ままにしてんねん■ほたら何かいお前、きのうの朝からずっと丸一日(いち
んち)そんなカッコしてんのん? ケッタイな男やなぁ。

■いやいや、今日来たっちゅうのんほかでもないねん、実はな、こないだか
ら能勢の妙見さんに月詣りしてんねん、ちょっと願い事があってな。今日は
ちょ〜どその当日やねんけどもな、ひょ〜しの悪い、おら行かれへんねや。

■家のもん皆聞ぃたんやけどな、あかんらしぃ、フッと思い付いたんがおま
はんや。おまはんなら体が空いてると思たんでな、でや、すまんけど能勢の
妙見さん、わしの代参に行てもらえんかい?

●あぁさよか。頼まれりゃ、断るのが邪魔くさいし、行きまひょか■ケッタ
イな言ぃ草があるなぁおい「断るのが邪魔くさいから行きまひょか」とは。
まぁまぁ何でもえぇわ、わしゃ行ってもぉたら助かんねやさかい、そぉと決
まったら起き起き、起きぃな、起きっちゅうのに、おいッ!

■ホンマに起きたらどやねん、よっこいしょっと……。何じゃいお前、着物
着て寝てんのん?●うん、寝巻きに着替えたり、また着替えたりすんのん邪
魔くさいからね、ずっとこれ■「ずっとこれ」て、着替えへんのんかいな、
エゲツナイなぁ。

■またおい、どや、ここらの散らかったこと、掃除するっちゅう気にならん
のん?●そんなん綺麗にしたら、また汚れるしな、こんだけ汚れてたらもぉ
これ以上汚れへんねん■ケッタイな理屈やなぁおい、風呂へは行かんのか風
呂へは、風呂行かへんのん?

●風呂へもぉ長いこと行かんなぁ■ん? この前いつ行ったんや?●さぁ?
■分からんのんかいなおい「さぁ」て●元禄……■アホなこと言ぃな「元禄」
てあるかいな。襟垢やみな真っ黒けやなぁ、垢でもぉ一枚皮膚ができたぁる
感じやなぁ。

●せやろ、温い■「ぬくい」て、よぉそんなこと言ぅとんなぁお前。それぐ
らいやったら、洗濯もせぇへんやろなぁ?●「洗濯」て、何や?■知らんね
がなおい、洗濯知らんやつがいてけつかんねや。まぁ何でもえぇわ、おら行
てもぉたら助かんねや。

■あんな、これお賽銭とお蝋燭代や渡しとこ。ちょっと懐から手ぇ出したら
どやねんホンマ。袂ん中入れとくで分かったぁんな、これな、ここに弁当が
こしらえてきたぁんね、これ持ってって●いや、もぉ弁当やなんかえぇわ。

■「えぇ」てなこと言ぃないな、こっから妙見さん、能勢まで歩いて行った
ら腹減るよってな、これちょっと腹が減ったら……、ここ、首へ括り付けと
くで●あぁ〜ッ、もぉ〜ッ、弁当みたいなもんえぇのに■そんなこと言ぃな
いな、また腹が減ったら食べたらえぇねん。ほんだら行ってきて。

●え?■行てきて●「行てきて」て、行けるよぉにしてぇな■何やその「行
けるよぉにして」ちゅな?●いや、表出てな、妙見さんのほぉへ向けて、わ
たいの体一つボ〜ンと突いて■どぉなんねん?●突かれた弾みで歩きだす。

■えらいやつに代参頼んだで、ほなこの方角でド〜ンと突いたらえぇねんな、
いくで、イヨッと……●そぉそぉ、これで歩けんねん。

●なぁ、しかし久し振りに表出たけど、ちょ〜っとも変わってないなぁ。相
変わらず、皆バタバタ・バタバタしやがって、何でこないバタバタすんねや
ろなぁ。バタバタするさかい腹が減る、腹が減るさかいに何ぞ食わんならん、
食わんならんさかいにバタバタする、バタバタするさかいに腹が減る、腹が
減るさかいに何ぞ食わんならん、何ぞ食わんならんさかいバタバタする……

●アホじゃ皆。バタバタせなんだら腹減らん、腹減らなんだら何も食わいで
えぇ、食わいでもよかったらバタバタせぇでもえぇ、アホや……。あぁ〜、
ちょっとそこ退(の)いてや、突き当たるで、退いてのいて。

●女ごちゅうのは何であないペチャクチャしゃべるんやろなぁ、道の真ん中
へズボ〜ッと立ちやがって、嫁はんもらう気にはなれんなぁ。あぁ、もぉ十
三(じゅ〜そ〜)や、三国や、岡町や、早いなぁ……

 ブツブツ・ブツブツぼやきながら能勢のお山へかかってまいりますと、そ
こかしこから「♪妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」の声が聴こえてまいります。

●みょ〜、ほ〜れんげきょ〜、なんみょ〜、ほ〜れんげきょ〜、か。ちょっ
と坂が急になってきたなぁ、もぉちょっと強よ突いといてもろたらよかった。
ひょっと坂の中途で止まるてなことになったら騒動やで。しゃ〜ない、ちょっ
と〜馬力をかけて♪ っと。

●ちょっとかかり過ぎたなぁこら。もぉそこ妙見はんやがな、こら止まらん
でおい……

▲妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、家内安全、商売繁昌、無病息災、厄神退散
(ボコッ)痛たッ、痛たぁ〜ッ、何しなはんねん?●えらいすんまへん、け
どあんた、よぉいてとくなはったなぁ。あんたがいなんだら、前の賽銭箱へ
ボ〜ンと当たってるとこや。

▲何でんねん、あんた?●わて、ここへ代参に来たんでんねん▲あぁ●ちょっ
と頼みがおまんねん▲何でんねん?●わたいの袂にお賽銭とお蝋燭代が入っ
てまんねん、ちょっと出してちょ〜だい▲手ぇおまへんのか?●手は懐にあ
るんで▲出しなはれ●邪魔くさい。

▲ケッタイな人やなぁ、え? 出したらよろしぃのん……? これがお賽銭、
お蝋燭代……、へッ、あげましたで●えらいすんまへん、おおきに。へてか
ら……▲何でんねん?●ちょっと、わたいの代わりに拝んどくなはれ▲え?
●拝んどくなはれ▲あんた、何しに来たんや?●代参でんがな。

▲ほな、あんたやりなはれな●邪魔くさいがな、あんた拝んでなはんねん、
ものにはついで、ちゅうことが……▲「ついで?」ついでで拝む人があるか
いな。どない言ぅて拝んでえぇや分かれへんがな●いやいや、そこはもぉ出
来合いで。

▲「出来合いで?」あっかいな……、普通に拝んでよろしぃか? 妙法蓮華
経、南無妙法蓮華経、家内安全、商売繁昌、無病息災、厄神退散、逃したま
え。これでよろしぃか? あッ、妙見さん、わたいのやおまへんで、この人
のんです、お間違えのないよぉに。よろしぃな、この人の分でっせ。さぁ、
拝みました。

●おおきに、えらいすんまへん。へてから……▲まだあんのかいなおい、何
やねん?●ちょっと、わたいの体、大阪のほぉへ向けてボ〜ンと突いとくな
はれ、突かれた弾みで歩きだす▲わたいも乗りかかった舟だ、何でもやった
げま。ボ〜ンと突いたらよろしぃねんな?

●いやいや、突き様(つっきょ)がむつかしぃ▲何じゃい、その「突きよぉ」
ちゅな?●いや、突きよぉが足らなんだら大阪まで行かんと岡町あたりで止
まってしまう。また、あまり突き過ぎると大阪通り越して和歌山のほぉへ行
てしまう。ちょ〜ど大阪の丼池(どぶいけ)の真ん中あたりで止まるよぉな突
き方。

 「そんなアホな突き方ができるかいな、行けぇ〜ッ(ボ〜ンッ)」さすが
に腹が立ったとみえまして、力いっぱいボ〜ンッと突いた。可哀相にこの男、
一間ほど飛び上がって歩いとぉる。

●うわぁ〜ッ、えらいことなったこら……、あかんがなこら、無茶し〜ない
な、大阪通り越して和歌山どころやあれへんがなこれ、和歌山通り越して、
こらベトナムのほぉへ行てしまうがな、えらいことになったがなこら……

●あ〜ッ、首の弁当が邪魔やなぁ……、こんなん食ぅのん邪魔くさいしなぁ、
誰ぞ来たらこれ食わしたろ……、下から大きな口開けて上がって来るやつが
あるなぁ、よぉし、あいつに食わしたろ。

●お〜いッ、下から大きな口開けて上がって来るやつぅ〜ッ★妙法蓮華経、
南無妙法蓮華経、わしのことかぁ〜ッ?●そぉや〜ッ、お前やぁ〜ッ。だい
ぶに腹が減ってるらしぃ〜、わしの弁当やるさかい、食てくれぇ〜ッ★そん
なもん、食ぅのん邪魔くさ〜いッ。

●おんなじよぉなやつ上がって来やがったな……。大きな口開けて腹が減っ
てんのんと違うんかぁ〜ッ?


【さげ】
★何かしてけつかんねッ、笠の紐のほどけたん、アゴで止めてんねやわい。


【プロパティ】
 桂小米=桂枝雀(二代目)。
 桂枝雀(二代目)=本名、前田達(とおる)。兵庫県神戸市。1961(昭和36)年、
   桂小米として桂米朝(二代目)に入門。1973(昭和48)年、桂枝雀(二代目)
   を襲名。1999(平成11)年3月13日、自殺を図り入院。同4月19日、心
   不全のため死去。享年59歳。
 せんど=長らく。長時間。また、何度も。何べんも。十分。たっぷり。千
   途であろうか?『大言海』には「千度」とある。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 能勢の妙見さん=能勢妙見堂:大阪府能勢町の妙見山頂にある日蓮宗の堂。
   妙見菩薩をまつり、真如寺に属す。平安中期の創建だが、慶長年間に
   日乾を開祖とし、日蓮宗の仏堂として再興された。妙見山:大阪府北
   西部、兵庫県との境にある山。海抜660メートル。
 エゲツナイ=濃厚な・辛辣な・酷烈不快な場合などに用いる形容詞。エグ
   イ(喉を刺激するいがらい味)から出た語だろうという説もあるが、一
   方にはイゲチナイという語もあり、イカツイ(厳しい)の転じたものか
   と考えられる。イカツイ→イカツナイ→エカツナイ→エゲツナイ。ナ
   イは幼気(いたいけ)ないなどと同じで、無いではなく甚だしいという
   意味の接尾語。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 言ぃないな=〜いな:強調するための接尾語。
 〜なんだ=なかった。せナンダ・知らナンダ・行かナンダ・読まナンダな
   ど、過去の否定形として使う。また、ありまへなんだ、行きまへなん
   だ、など、〜ヘン+ナンダと重ねて打ち消す場合があるのは面白い。
 十三や、三国や、岡町や=能勢街道、旧中津川(新淀川)の手前が十三、神
   崎川の手前が三国、その先、服部、岡町、豊中、池田、能勢へと続く。
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 日蓮宗=日蓮が開いた仏教の一宗派。「法華経」を唯一の所依とし、久遠
   仏への帰依と「南無妙法蓮華経」の唱題による成仏を説き、現世にお
   ける仏国土建設をめざす。日蓮の死後廟所(びょうしょ)とされた甲斐
   身延山久遠寺が布教の本拠となったが、のち日蓮宗・日蓮正宗・法華
   宗(本門流・陣門流・真門流)・顕本法華宗・日蓮宗不受不施派・本門
   仏立宗などの分派が生まれた。法華宗。
 〜かいな=かね。かな。例:(意思)しっかりしんカイナ。(疑問)そんな
   ことでけるもんカイナ。
 あっかいな=あく+かいな:アカン(できない)の肯定形アク(できる)
   を疑問に感じて「できるのかね(いやできないと思うが)」
 丼池筋(どぶいけすじ)=心斎橋筋の東側三休橋筋との間の筋、以前はアー
   ケード街「丼池筋商店街」がありましたが現在アーケードは取り払わ
   れています。「丼池」の名称は明治頃まで存在した芦間池に由来する
   そうです。また、俗称ですので地図上では見つけられないでしょう。
 あかん=駄目。「埒明かぬ」あかぬの約転。ビンのフタが開かないの開か
   んとは意味が違う。
 し〜ないな=しないな:禁止を表わす「しな」+強調の接尾語「いな」。
 何かしてけつかんねッ=何を+ぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言
   う」ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。
   「けつかんね」の「ん」は「ル」が撥音変化したもの、「ね」は助詞
   「〜のだ」。最後の「ッ」は「ねん」の「ん」が促音変化したもの。
   さらに短く「なんかしてけっかねっ」とも。標準語では「何をおっし
   ゃっているのでしょう」
 〜わい=語の終りに置いて、その語意を強め、あるいは指示の意を表わす
   語。
 音源:桂小米(枝雀) 1968/03/10収録 上方落語をきく会(ABC)
           1970/09/08放送 ミッドナイト寄席(ABC)
           「東西お笑い劇場:仁鶴・小米ふたり会」
 特別謝恩:Fさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂小米(枝雀) sub=*  ●main高座記録日:1968/03/10  ●音  源  名:上方落語をきく会  ●ファイル公開日:2006/05/21  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2013/10/06  ●リクエスト数:rakug393  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次