【上方落語メモ第8集】その386

弱法師(よろぼし)=菜刀息子


【主な登場人物】
 若旦那  親旦那  母親  熊五郎ほか

【事の成り行き】
 桂吉朝(かつらきっちょう)=本名、上田浩久(うえだひろひさ)、1954年11
月18日生まれ、大阪府堺市出身。

 1974年に三代桂米朝に弟子入り、1999年に胃がんを患い手術を受け復帰、
2004年10月に胃がん再発、2005年11月8日、心不全のため永眠。

 直前の2005年10月27日、大阪国立文楽劇場「米朝・吉朝の会」で演じられ
た「弱法師=菜刀息子」が最後の高座となった(2006/02/05)。

             * * * * *

 え〜、ありがとぉございます。米朝師匠に続いて声も出にくなっとぉりま
すんで、どぉぞ客席からえぇ声をかけていただきませんよぉに、お願いいた
します。

 まぁやってるうちにダンダン出てくるやろと思うんでございますけども、
二席やるてな生意気なこと言ぃまして申し訳ございません、謝っときますが。
やっぱりその日によって体調がね、こぉ波がありますんで。

 しかしまぁどっちゃにしても、もぉちょっとこぉ体重が増えてくれんこと
にはスタミナがね、出ませんので、まぁできるだけ頑張って手ぇ抜いてやら
していただきたいと思とりますんで、よろしくお願いをいたしますが。

 ある意味、悪夢のよぉな数日がきのうやっと終わりました。まぁ、ある意
味ホッとしてお客さんも聞ぃていただけるんやないかと思うんでございます
が、これがまだモヤモヤしてると気になってしゃ〜ないんでございますけど
もね。

 しかしまぁ、男らしぃチームでございますねぇ、もぉ爽やかですねぇホン
トに。きのうもおんなじことなら十点以上取っていただきたかった。まぁ、
そんなことはどぉでもい〜んでございますけども。

 弱法師(よろぼし)といぅ珍しぃお噺でございますが、またのお題を「菜刀
(ながたん)息子」と申しましてね、菜刀息子。菜刀といぅのはいわゆる菜切
り庖丁といぅ庖丁のことでございます。この四角いところに柄が付いてある
やつね。

 昔はどこのご家庭にもあったもんでございますがね何種類か、柳刃、出刃
と菜切り庖丁、三種類は最低あったもんでございますけども。これを関西で
は「ながたん」と、こぉ言ぅたんでございますね。面白い言ぃ方ですね「な
がたん」

 まぁ、それだけのこと、ちょっと聞ぃといていただいたらい〜んじゃない
かと思うんでございますが。

             * * * * *

■これ、しっかりせんかい。こらいったい何じゃい、こらぜんたい何じゃと
聞ぃてんのんじゃ。何? 堪忍してやれ? 何を堪忍すんのんじゃい、わしゃ
だいたいあんたにもの言ぅてやせん、この俊造に尋んねてんのじゃ。

■こらぜんたい何じゃっちゅうねん? こらなぁ、菜刀やで、菜ぁや大根切
る包丁じゃ。誰がこんなもん誂えてこいと言ぅた、いやさ、誰が? 何、う
るさいなぁ? あのなぁ、わしはな「店の包み紙を断つのじゃによって断ち
包丁を誂えてこい」と、こぉ言ぅたんじゃ。何じゃいこら、こらぜんたい何
じゃちゅうんじゃ? これッ、何とか言ぅたらどや。

●お父っつぁん堪忍したげとくなはれな。いぃえぇな、あのなぁ、あんたが
「今までの包丁はちょっと寸法が短こぉて使いにくかった。今度はもぉちょっ
と長い包丁にしてくれ」と、こない言わしなはったんやろ。言ぅたんだすが
な俊造が、それをあんた包丁屋はんが聞き間違ごぉて、こんな菜刀みたいな
もん打って寄越さはったんだすがな。

●包丁屋はんが悪いんだすがな。それにあんたといぅたら、一概にこの子ばっ
かりが悪いよぉに言ぅて、そないあんたガミガミ言ぅたら、この子かてウロ
がきてしもて言ぃ訳も何もできゃしまへんがな。せやよって、わたいが言ぃ
訳さしてもらいます。

●あのなぁ、この子はちゃ〜んと言ぅたんだっせ包丁屋はんに、包丁屋はん
のほぉが聞き間違ごぉてこんなもん寄越さはったんだすがな、包丁屋はんが
悪いんだすがな。

■違う、こっちの注文のしよぉがあやふやじゃによって、こんなものを持っ
て帰って来るんじゃ。ほな何かい、あんたはどぉでも包丁屋はんの聞き間違
いで、こっちの言ぅた口上には間違いがないと、こない言ぅのじゃな。あッ
そぉか、それに違いないな、それに、違いないのんかいッ?

▲へぇ……■違いないなッ?▲へぇ……■ほたらそぉしとこ、なおさら許さ
んで。何で黙って持って帰って来たんじゃい、なぜ断らんのじゃい▲へ……

■「これはわたしの注文したもんとは違います、わたしはかよぉなもんを誂
えた覚えはございません」と、何で断らんのじゃい? 何、この子は気があ
かんさかいよぉ言わなんだ? あんた、そんな言ぃ訳が通ると思てんのんか。
気があかんといぅのはえぇことやと思てなはんのんか?

■ドアホのことじゃ。ホンマにもぉ、包丁一丁の使いも満足にでけんと、情
けないと思いならはらんのかいな。もぉちぃと世間見てこい、よそさんのボ
ンボン見てこいっちゅうんじゃ。

●退(ど)きなはれ……、お父っつぁんあんたなぁ、よそのボン達のこと言ぃ
なはんねやったら、わたいも言(ゆ)わしてもらいまっせ。それほどこの子が
悪おますか? お互い年を取ってからでけた子ぉ、大事に育てました。そな
い箸にも棒にもかからんよぉなもん育てた覚えはおまへんで。

●あのなぁ、言ぅて何だすけど、よそさんの子ぉ、このぐらいの年になった
らなぁ、茶屋酒の味覚えて家を空けたり、しょ〜もない女に関わり付けてオ
イド持ち込まれて難儀してはります、そぉ〜ら親に気苦労かけたはりまっせ。

●自慢やおまへんけどこの子はなぁ、いまだにタバコ一服吸えしまへんねん、
はぁ、月に一円のお小遣が余りまんねんで■ド甲斐性(がいしょ)がないのん
じゃそれは、使こたらえぇやないかい、使わんかい……

■わしの言ぅこと間違ごぉてるか? これッ、わしの言ぅこと違ごてるか?
違ごてたら刃向こぉてこんかい、これッ、何とか言ぅてきたらどぉじゃ。わ
しらなぁ、死んだ親っさんがちょっとでも間違ごぉたこと言ぃはったら、ド
ンドンやり込めたもんじゃ。親っさんが黙ってしまっしゃるまで、やってやっ
てやり込めたもんじゃい。

■え、自慢にならん? 誰も自慢してやせんわい、誰も口応えを真似せぇと
言ぅてんのんじゃないわい、それぐらいの土性骨(どっしょっぽね)を持てと
言ぅんじゃ、ホンマ、情けない……。ちぃと世間見てこい、世間見てきたら
どぉじゃ?

■「出て行け」と言ぅてんのじゃ!●お父っつぁん、堪忍したげとくなはれ、
な、もぉ今日のところはわたいに免じて……、これ、謝りんかいな、謝って
早よ向こぉ行きなはれ、謝って早よ向こぉ行き▲へぇ……

■貴様幾つになったんじゃい? 幾つじゃいな?▲へぇ……■わしゃなぁ、
お前の年を尋んねてんねん「へぇ」へぇてな年があるかい、出て行けと言ぅ
てんのが分からんのか●早よ、早よ謝りんかいな▲へぇ……●早よ、あっち
行きなはれ……

             * * * * *

■茶ぁもらおか……、婆さん、俊造は?●ホンに、いやしまへんなぁ■あん
たも分からなんだんじゃろ、俊造がおらんこと。ホンマにもぉ目立たんやっ
ちゃで、おってもおらんでも分からんてな情けない、二階でイジグジしとぉ
んのじゃ、早よ呼びなはれ「グズグズせんと、早よ飯食てしまいなはれ」と
こない言ぃなはれ。

●へぇ……、俊造、早よご飯食べてしまいなはれなぁ、これ、早よ降りとい
なはれ。お父っつぁんがな、あない言ぃはんのも、あんたのことが……、い
やしまへんでどこにも■ん、手水(ちょ〜ず)は?●蔵の二階まで探しました
けど、どこにもいやしまへん。どないしましたんやろなぁ?

■親類へ行きよったんじゃ「家で叱られました」とか何とか言ぅてグズグズ
言ぅとんのじゃろ。みてみぃもぉじき誰ぞが送ってくるわ、恥さらしやなぁ
ホンマにもぉ……

●お父っつぁん■えぇ?●日が、暮れましたで■あぁ、飯にしょ〜か●俊造
がまだ……■心配せぇでもえぇわい、どこの親類行たってそやろ、どこも追
い出しもせんわいな「おぉ久しぶりや、よぉ来た、ゆっくりしていけ。晩飯
でも食てそれから送って行こ」こら当り前やないか……

●お父っつぁん、夜が更けてきましたで■ん、おかしぃ●おかしおますやろ?
仮にだっせ、どこへ泊めるにしたかて、うちへ内緒で泊めたりはしまへんや
ろ? どない……

■店のもん、誰も気ぃ付いてやせんか?●まだ誰も……■亀吉を呼びなはれ、
熊五郎のところへ使いにやってな「急に頼みたいことができたさかい、じき
に来てもらいますよぉに」ちゅうて、使いにやんなはれ。

             * * * * *

◆へッ、えらいご無沙汰をいたしとりまして、遅なりまして、熊五郎でおま
す■熊はんか、こっち、こっち入っとぉくれ◆ただ今はまた、お使いの……
■こっち入っとぉくれ、こっち……、実はな、うちの倅(せがれ)のことじゃ
が◆へぇ、へぇ……、へぇ、ほぉ、さいでおますか。へぇ、へぇ……

■ここへ、あれが行きそぉなとこ、みな書いといた。おまはんの知ってると
こばっかりやと思うけどもな、念のために所も書いといたさかいに、ひとつ、
えらい夜が更けてんのにすんまへんけども、頼んまっさ◆さいでございます
か、へッ。いえ、分かりました、ほなちょっと行て参じます。

●えらい寒(さぶ)いのにすんまへんなぁ、お頼の申します……

             * * * * *

◆(トントン、トントン)こんばんわ(トントン、トントン、トントン)こ
んばんわ★へぇ、どなた? 熊はんだっか、いえ、寝てしまへんで起きてまっ
さかいな、ちょっと待っとくれやっしゃ……

★何だすて? はぁ、はぁ……、ほぉ。いぃえ、宅へは来てはらしまへんで
◆さいでおますか……

◆(トントントン、トントントントン)こんばんわ(トントントン)★へぇ、
あ、どぉぞ入っとぉくれ、いぃや、来てへんで……

◆(トントントン)こんばんわ★いぃや、来てへんねやがな……

◆こんばんわ★いぃや……★いぃえ……★ん〜ん……

             * * * * *

◆これで、書いてあった所はみな回りました。ここには書いてまへなんだけ
どな、お梅どんの嫁ぎ先もな、嫁入り先にちょっと、ほかのことにかこつけ
て様子伺ごぉてみたんだすけど、そんな気配はおまへなんだ。

■そぉか、いやいや、えらい寒いのにご苦労はんじゃったなぁ。いやぁ、心
配することはないわい、まぁまぁこっち来てちょっと口だけ汚して帰っても
らおと思て。え? いやいや、そんな遠慮してもらうもんも何にもないわい
な、少しだけ……

■あぁそぉか、分かりました、ほなどぉぞお内儀に、お上さんによろしゅ〜
言ぅといとくなはれ。えらいすんまへんでした、えらい目さしまして。それ、
荷物になるけれど下げて帰っとくなされ、徳利はもぉ要らんさかいな、はい、
えらいすんまへん、おやすみ。

■閉めときなはれ●へぇ……

 火の用ぉ〜心 火の用ぉ〜心……  カァ〜ッ カァ〜ッ……

●お父っつぁん、夜が明けましたで■ん●とぉとぉ帰って来まへなんだなぁ
■心配ないわいな、女の子やあろまいし、まさか頼んでもかどわかすやつも
ないわい●そらそぉだすけどな、あの子はどこ行ても「お腹が空いててご飯
一膳よんでくれ」言える子やなしに、夕べはどこで寝ましたんやろなぁ。

■まぁ、ちょっとぐらい苦労すんのが身のためじゃ。

 豆ぉ〜腐ぃ〜ッ 鍋ぁ〜べ焼ぁ〜き〜うど〜ん……

●遅おます、おやすみやす。

 カァ〜ッ カァ〜ッ……

●お父っつぁん、えらい温(ぬく)なってきましたなぁ■そぉじゃなぁ、ボチ
ボチ春じゃなぁ……♪(下座:京の四季)

 竹ぁ〜けの子ッ 蕗やぁ〜竹ぁ〜けの子ッ
 葦ぉ〜しやスダレは要りまへんか〜い
 金魚ぉ〜え 金魚ぉ〜ッ
 蓮やぁ〜オガラ 白蒸しの〜ぬくぬく〜
 さぁ〜や豆ぇ〜 鉄砲豆ッ
 ミカンどぉじゃい 甘いおミカンどぉじゃい
 おぉ〜しめ縄 飾り縄ぇッ
 七草ぇッ 七草ぇッ
 よば〜し麦ぃッ よば〜し麦ぃッ
 鍋ぁ〜べ焼ぁ〜き〜うど〜ん……

             * * * * *

●熊はん、お忙しぃのによぉ参ってやっとくなはったなぁ◆ついこないだの
よぉに思とりましたんですが、もぉ一年余り経つんでおますなぁ、早いもん
で。しかしまぁ、親旦さんもたった一人の若旦那が……

■おおきに、おおきに。いや、わしゃもぉ諦めてんのじゃ◆しかし、何べん
言ぅてもおんなじこっておますが、いったいどないしなはったんでおまっしゃ
ろなぁ?

●わてもなぁ、手を尽くしていろいろと探し回りましたんやで。けどたいが
いのことは分かってま、あの子は柄(から)ばっかり大きぃても言葉の綾といぅ
もん知りまへん。

●まだ子どもだっしゃろ、せやさかいお父っつぁんが「出て行け」と言ぃはっ
たん、出て行かんならんと思て出たけど、どこ行てご膳よばれるわけやなし、
誰ぞに相談に行くわけやなし……

●といぅてお腹は空いてくる、寝る所はない、帰りゃお父っつぁんに怒られ
る、しょ〜がなしにどっかへ身を投げて……、しかしなぁ、亡き骸が上がら
んといぅのも不思議な話だっしゃろ。いぃえぇ、あれはあれでな、親思いの
とこがおましたさかい、なまじ死に顔を見せて嘆きを増すよりはと思て、気ぃ
遣こてんのかも分かりまへん、熊はん。

■アホかいな、いやいや熊はん、こんな泣き言に付き合うのはな、あんたの
頭がもっと禿げてからのこっちゃ。さぁさぁ、早よ銭儲け銭儲け、忙しぃや
ろにえらいすんまへなんだ◆ほな、お内儀、どぉぞひとつ思い患ろぉたりし
ませんよぉに。そんなことになったら、かえって若旦那によぉないやろと思
いますんでな。

●おおきに……。よぉ参ってやっとくなはった、なぁお父っつぁん■あぁ、
えらい結構なお供えをいただきまして、帰ったらお上さんによろしゅ〜言ぅ
とくなされ、気ぃ付けてな◆えらい造作(ぞぉさ)にあずかりまして、相すま
んこっておます。へ、ほなこれで、さよなら。

■さよなら……

●お父っつぁん、親切な人だすなぁ熊はん。これ何だっしゃろ、有平糖ちゅ
う飴だっしゃろ■え〜? あぁ、えらい綺麗ぇなビンに入ったぁるなぁ。そ
ら「チリップ」とか「チャラップ」とかいぅ西洋の飴じゃ。なぁ、えらい珍
しぃもん、川口あたり行て買ぉてきたんじゃろ、安ないのになぁ。

●疎(おろそ)かには思えしまへんで。お父っつぁん、今日の花見てやっとぉ
くなはれ、しおらしおますやろ。これなぁ、いつもうちぃ来る花屋の女の子
が「お家(おえ)はん、これ今日わたいが大阪へ出て来る畑の道端に咲いてた
もんでっさかい、あんまり綺麗ぇなもんやさかい摘んできました。元はかかっ
てしまへんのでどぉぞお金はいただかしまへん」ちゅうて……

●「お仏壇へ供えとくなはれ」言ぅてくれはった、親切なもんだすなぁ。こ
れがホンマのお供養やと思てな……、これ、見てるか? 綺麗なやろ、何で
死んだんや、辛かったんか……

●お父っつぁん、あんたもなぁ、あの子のため思て言ぅたっとくなはったん
だっしゃろ、そらよぉ分かってます。せやさかい、恨みには思いまへん。恨
みには思えしまへんけどもな、たまにはだっせ、たんまには「えらい可哀相
なことをした、わしの言葉がきつかったんと違うやろか」と、ちょっとぐら
い思てくれはってもえぇんと違いまっしゃろか。

●なぁ、お父っつぁん、お父っつぁん……、ここはあんたとわたいと二人だ
けだっせ、何でホンマのこと言ぅとくなはらん。お父っつぁん、あんたも悲
しぃて悲しぃてたまりまへんねやろ? お父っつぁん、何であんた……

●また、癖が出てしもた。何でこない愚痴になってしもたんやろなぁ、あん
たの心持ちはよぉ分かってるはずやのに。けど、今日はえぇお天気だすなぁ
■ホンに、そぉじゃなぁ、今日は中日か?●そぉだすがなお父っつぁん、お
彼岸の中日だっせ。天王寺さんへ参ったげとくなはれ、な、なにかには、な
にかに別として天王寺さんだけは参ったっとくなはれ。

■そぉじゃなぁ、遊びがてらブラブラ行ってもえぇなぁ●「遊び……」そぉ
だすなぁ、体にも薬だっせ■いつ出かける?●わたいはいつでも■そぉか、
羽織●へぇ……

             * * * * *

 おみやお買いやぁ〜す 豆板お買いや〜す
 亀山のチョ〜ンベはん 亀山のチョ〜ンベはん
 孫の手どや、孫の手。二銭に負けといたろ
 そぉら、えぇ孫の手や、でや孫の手買わんか?
 本家ぇは竹ゴマ屋でござぁ〜い(ブゥ〜〜〜ン)
 どなたも休んでおいきやす、どなたも掛けて一服しておいきやす
 どなたも休んでいっとくなはれ、どなたも一服しとくれやっしゃ……

●お父っつぁん、お父っつぁん早よおいなはれ。くたびれなはったやろ、足
が痛とおまっしゃろ?■いや、別にそぉでもない●さよか、けど足さすった
はりまっしゃないかいな。さすんねやったらな、ここのとこからゆっくりこぉ
やって力入れてさすったほぉが、あとで歩きやすおまっせ。

●えぇ天気やこと、けどえらいホコリだすなぁ、もぉ寒(さぶ)ないし、はぁ
立派な藤棚やこと、藤の根ぇがあんな太い、もぉ芽ぇが出てまっせ咲いたら
綺麗ぇだっしゃろなぁ。

●お父っつぁん、どっからか梅が散ってまっせ。この裏手だっしゃろかなぁ?
お茶がきました、へ、こっちもらいま、えぇ色に出ておますわ……、色の割
には味のないお茶。ホッコリしますなぁお父っつぁん、あんたここで一服し
てなはるやろ?

■どこ行くんじゃ?●あそこにお薦(こも)さんがぎょ〜さん出てまっさかい
な、ちょっとずつでも施してあげよと思て■そぉか……、あッちょっと待ち
●はぁ?■あのなぁ、乞食に銭やんのもえぇけど、只やったらあかんで。

●はぁ■何なと持ってるもん買ぉてやんのんじゃ、な、灯芯(とぉすみ)の三
本でも、辻占の一枚でも持ってたら、それを買ぉてやっといで。ただ銭やっ
たらやるほぉも損や、もらうほぉかて冥加が悪いわい。何なと買ぉてきてや
れ。

●はぁ、けどたいがい何にも持ってぇしまへんで■あぁ、ほなな、何なと言
わしてやり「みぎやひだり」でも「どぉぞいちもん」でも「なんぎふじゅ〜」
でも何でもかまわん、それをな言わしてから銭をやんのんじゃ。な、それが
あれらの芸じゃ。

■あれらかて苦労しとるわい「どないしたら可哀相に聞こえるやろ? どな
いしたら哀れに思てもらえるやろ?」と思てな、一生懸命苦労して声出しよ
る。その声聞ぃてから銭をやんのんじゃ、えぇな、ただやったらあかんで。

●へぇ、ほなちょっと行てきまっさ……

             * * * * *

 「難儀不自由な片輪(かたわ)や幼い子ども達には、どぉ〜ぞ一文めぐんで
やっとぉくれ」「右や左のお歴々様、どぉ〜ぞお余りを、どぉ〜ぞ」

●まぁまぁまぁ、あんたえろぉ患ろぉてんのんか? これあげよ。あぁ、手
が毒症になってんねやな、ここへ置いときまっさかいな……

●あんたはどこが悪い? あぁ、目が見えへんのんか、そぉか、年いてから
なぁ難儀やなぁ、ここへ入れたげるさかいな。またこんな小さい子どもに乞
食ささいでもえぇになぁ。これな、こんなん食べられるか? あんた、どっ
こも悪ないのんか?

★長々患いまして、難渋いたします〜●長患いしたんかいな、あぁそぉか、
年いてからなぁえらいこっちゃ、薦(こも)でも敷(ひ)ぃて座ったらえぇのに、
冷たいとこ毒やで……

●あんたまた、よぉ肥えて達者そぉやなぁ、あんたどっこも悪ないんやろ?
★長々患いまして、難渋いたします〜●嘘つきぃであんた、あげよあげよ。
こんだけか、もぉいてへんな? もぉいてへんか……

▲……●あんた、まだと違うんか? えぇ、分かれへんがなそんなとこにい
てたら、何で声出さしまへんねん、ほかの人は皆厚かましぃに。ひょっとし
て気があかんのんか、気があかんのんと違うか? 大きな声出しぃで、な、
損やで。ほな……、あッ!

             * * * * *

●お、お父っつぁん■あ、熱ッ。何じゃい?●せ、せがれ、せがれ……■何
じゃて、せがれが生きてよった、生きてよったせがれが? え、一年ものあ
いだ誰の世話にもならんと生きてたか、そぉか……

■会ぉてやりましょ、どこにいてんのんじゃ、会ぉてやりましょ、え、どこ
に立ってんのんじゃ?●立ってやしまへん、座ってます■座ってる? 座る
とこなんぞあるかい? え、鳥居の根元? 石の鳥居かい……

■去(い)の、人違いじゃ。帰ろ。せやないかい、今現在、引導鐘を撞いても
ろたとこじゃ、そのせがれが生きてるはずがないやないか、帰ろ●いなしま
へん、いなしまへんで……

●お父っつぁん、あんたなぁ、久し振りに会ぉたせがれが出世してたら会ぉ
てやろ落ちぶれてたら黙って帰ろ、そんな無慈悲な母親はいやしまへん。父
親(てておや)知りまへんで、父親(ちちおや)の気ぃは知りまへんけどなぁ、
お腹痛めて産んだ子ぉの顔忘れるよぉな、そんな母親はいてしまへんねん。
お父っつぁん、あんたなんといぅ無慈悲な……

■これッ、婆さん。あんた罰(ばち)が当たるで、ホゲタがいがむで。せやな
いかい、父親も母親も親といぅ字に変わりはないわい、久し振りに会ぉたせ
がれじゃ「よぉ生きててやってくれた、あの時はわしが言ぃすぎた、さぁ帰
ろ。もぉどこへも行ってくださるな」言ぃとぉて言ぃとぉてたまらんわい。

■そぉやって家(うち)連れて帰ってどぉなる? 「あぁ、これ着ぃ、これ食
え」猫かわいがりに可愛がってたら、そら親のこころは満足じゃろ、それで
あいつがどぉなると思う? えぇ、せやないかい、あんたあれの傍へ一生涯
付いててやれるか? やりょ〜まいがな。

■老少不定(ろぉしょ〜ふじょ〜)と言ぅても、年いたもんが先に行くのは順
当じゃ、今にもふた親が目をつぶいだら、あれはどぉなるんじゃ? それで
のぉても辛(から)い世間「あぁ、この人はアホじゃないが気があかん」身を
捨てて庇ぼぉてくださる人があると思うのか?

■その日ぃから路頭に迷よぉてあっちぃブラブラこっちぃブラブラ、ここで
小突かれ向こぉでどつかれ、病犬のよぉになって野垂れ死ぬのが目に見える
よぉじゃわい。それなりゃこそ、若い時のもぉひと苦労、さしてやれと言ぅ
のじゃわい。

■父親のな、父親のこころにはこっから先の我欲も混ざらんのじゃい。なれ
ばこそ、血の涙を流してここのとこは「帰ろぉ」と言ぅのじゃ、分からんの
か婆さん。

●すんまへん……、よぉ〜お分かりました。女といぅのは幾つになってもあ
かんもんだすなぁ。いにまひょか■いの……、あぁ姐さん、それみたらし団
子か? それ十(とぉ)ほど包んどぉくれ、いやいや遠くへ持って行くんじゃ
ない、そこにあるのは餅か? それも上へ乗しといとぉくれ。

●お父っつぁん、何をしてなはんねん?■婆さん、これ、乞食にやってけぇ
へんか●へッ、へぇ■言ぅとくで、ただやんねやないで、なんなと言わすね
ん。それを聞ぃてからやんねやで●へぇ……

●お薦はん、おこもはん、あの旦那はんから施しだっせ。これ、あんたも物
もらうときに何なと言ぅことがおまっしゃろ、大きな声で言わなあけしまへ
んで、な、大きな声で言ぅてみなはれ。


【さげ】
▲へぇ……、菜刀誂えまして、難渋いたしております〜。


【プロパティ】
 弱法師(よろぼし)=能「弱法師」の上方落語翻訳版「菜刀息子」が通名。
   吉朝師が「弱法師」として演じられるのには、深いふかい訳があるの
   です、その訳は知らんけど。
 客席からえぇ声=たぶん、大向こうからかけられた「ぐれ〜と吉朝」の声
   に応えたものであろう。声の主は文楽の豊竹英大夫と思われる、吉朝
   師の会には付きもののお座興のようである。
 二席やるてな……=当日、吉朝師は「ふぐ鍋」「弱法師」の二席を予定。
 悪夢のよぉな数日=2005年度リーグ優勝を決めた阪神タイガースが、日本
   シリーズで千葉ロッテマリーンズに4連敗のストレート負けを喫した。
   それも、10-1、10-0、10-1、3-2とまさに悪夢のような結果だった。
 いやさ=否さ:「いや」を強めていう語。相手の言葉をおさえて、自分の
   言おうとすることを述べる時に発する語。また、前言を否定して、言
   い直す時に発する語。
 いぃえぇな=いえいえしかし、そうはおっしゃいますが……。いいえ+い
   な。イナは強調。
 ウロがくる=うろたえてしまう。ウロ:うろたえてすることも定まらぬこ
   と。
 ド=罵る意を強める接頭語「奴」を当てる。ドアホ、ドスカタン、ドケチ。
 ボン・ボンボン=令息。坊ちゃん。息子の愛称。目下の者が言うと敬称、
   目上の者が言うとき愛称になる。
 おいど=尻。居所(いどころ)すなわち座る所の意で、それがイドと約まっ
   たもの。
 甲斐性(かいしょ)=かいがいしい性質。働きや才覚があり、生活力に富ん
   だ頼りになる気質。
 土性骨(どしょうぼね)=性質・性根を強めて、またはののしっていう語。
   ど根性。ドショッポネ。
 手水(ちょうず)=手や顔を洗うための水。「手水を使う」洗顔、歯磨きな
   どをすること。また、手水場(厠、便所)のこと。
 かどわかす=力ずくで、または、だましたりして人を連れ去る。誘拐する。
 造作(ぞうさ)=饗応を謝する際にいう。「造作をかける」
 有平糖(ありへいとう)=砂糖・水・水飴を原料として作られている干菓子
   の一種。語源はポルトガル語の Alfeloa(砂糖)。
 川口=川口居留地:大阪開港とともに大阪市西区川口町一帯に外国人居留
   地が造成される。明治元年7月29日永代借地権の競売が行なわれ、明
   治32年に廃止、昭和17年3月に外国人の永代借地権はすべて消失した。
 お家=家のうち、畳の上。転じて、その家のうちに住む主婦のことを指し
   ていう。お家さん。おえはん。
 天王寺さん=四天王寺:大阪市天王寺区にある和宗(初めは天台宗)の寺。
   山号は荒陵山。天王寺と略称。古くは荒陵(あらはか)寺・難波寺・御
   津(みつ)寺と称した。聖徳太子の創建と伝える。中門・塔・金堂・講
   堂が一直線に並ぶいわゆる四天王寺様式の建築で、飛鳥時代の様式を
   伝える。現在の建物は戦後復元されたもの。堀江寺。
 なにかに=何や彼や:何かと。いろいろのこと。ナンヤカヤ。ナンヤカイ。
 亀山のちょん兵衛はん=竹細工のオモチャ。竹片に小さな人形が乗せてあ
   り裏に竹ひごで細工を施し、手を離すと回転しながら飛び上がる。
 竹ゴマ=主に九州地方の郷土玩具。空洞の本体サイドにスリットが切られ
   回すとブ〜ンという音を立てる。
 おいなはれ=来なさいの丁寧語。オイデナサレ→オイデナハレ→オイナハ
   レ。オイナイともいう。
 お薦(こも)さん=お乞食さん。薦はムシロのこと、ムシロをまとって生活
   をする人の意。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 灯芯(とうすみ)=イグサのこと。灯明の芯として使った。
 辻占(つじうら)=偶然に出会った事物によって将来の吉凶を判断すること。
   辻占発祥の元祖瓢箪山の辻占は神前のおみくじを引き、出た数字番目
   に占場(辻)で出会う通行人の風体を社務所に告げ稲荷の霊示を得る。
 冥加に悪い=冥加:知らぬうちに受ける神仏の援助・保護。冥利。非常に
   好運であること。冥加に悪い:罰あたりとでも訳すのが適当か?
 片輪(かたわ)=体の一部の機能や形態に欠陥があること。
 歴々=身分・地位などの高い人々。多く「お歴々」の形で用いる。おえら
   がた。
 毒症=ハンセン氏病、ライ病、かったいか? 毒性(どくしょう)なら、意
   地わるな、残忍な、むごたらしい、ひどい。
 ホゲタ=頬桁:ほおげた。頬骨。転じて、悪口、口のわるいことの意にい
   う。
 音源:桂吉朝 2005/10/27/国立文楽劇場 吉朝庵形見噺(東芝)
 特別謝恩:Fさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂吉朝 sub=*  ●main高座記録日:2005/10/27  ●音  源  名:吉朝庵形見噺(東芝)  ●ファイル公開日:2006/02/05  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2013/08/18  ●リクエスト数:rakug386  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次