【上方落語メモ第8集】その378

転     宅


【主な登場人物】
 盗人  お杉さん  タバコ屋ほか

【事の成り行き】
 現在「年増」というのは三十代の女性を指す言葉とされていますが、近世
には二十歳前後を言ったそうです。人生五十年から八十年に60%増量した分、
年増も60%増量されたということで計算上辻褄が合ってますね。

 学生時分には同じ年齢でも女性はずっと年上に思えたものです。ましてや
年増と呼ばれる三十代の女性なんかは、もうずいぶんなオバサンに感じてい
ました。そらそうです、母親とそんなに違わないのですから。

 しかし、自分がその三十代を遥か遠く超える年齢になってしまった今、三
十そこそこの女性を年増と呼ぶのは可哀想だな、四十ぐらいに引き上げても
いいのではないかと感じています、三十過ぎの女性はまだまだ若くて美しい。

 と、おベンチャラではなく、ちょっとした心遣いを込めての本チャラです。
なんせ、三十代女性の知り合い多いものですからね(2005/10/02)。

             * * * * *

 え〜、もぉ一席のところ、お付き合いをいただきます。

 わたしの高座の場合は、もぉ皆さま方よくご存じだと思いますし、初めて
の方は初めてやと思いますが、本題の落語の前に「我が家のアルバム」といぅ
ですね、家族の……、実は拍手がなくてもやるつもりでございました。

 えらいもんでございますなぁ、子どもの成長といぅのはね、もぉ中学の二
年生でございますわ、下の息子がね。反抗期真っ只中でございまして、皆さ
ん方も反抗期を過ごしていらっしゃいましたしね、反抗期のお子さんを育て
られた先輩も、たくさんいてるんじゃないかと思いますが。

 あの反抗期、嫁と息子がケンカしてるのを聞ぃてますとね、あれおんなじ
レベルでケンカしてますねぇ。親がね、一歩上に立ってやれば何のことはな
いんですけど、やっぱり熱くなるんでしょ〜ね。

 と言ぃますのがこないだ、うちはご飯食べます、ほんで終わります。ほん
なら子どもたちに「自分の汚れ物は流しに浸けなさい」と、そこまでは自分
でしなさいと教育してるわけですね。

 ほな中二の息子が、食べて流しに浸けたんはいいんですけど、黙って部屋
出て行ったわけです。それ母親、嫁が怒りますわ「ご馳走さまぐらい言ぃな
さい」どない言ぅた思います? 「ご馳走、無かった」

 憎たらしぃこと言ぃまっしゃろ。ほな嫁が「何がご馳走無かったや」確か
にね、今の子はエビフライとかハンバーグとかオムレツとか、そんなん好き
ですねんけど、その日はレンコンとコンニャクとニンジンと鳥のミンチボー
ルみたいなん入ってたんですけど、確かに子ども受けするおかずやなかった
んです。

 わたしもその「ご馳走、無かった」いぅの聞ぃて、心の中で息子に「いっ
ぽんッ!」て言ぃましたけど、これ、表向いて出すと嫁に大変申し訳ない。
子どもの教育は夫婦揃ろてですから、そこは心の中でガマンしまして息子に
「こら、アホなこと言ぅな。お母さんが一生懸命作ってくれたんやないか、
ちゃんとご馳走さまぐらい言ぃなさい。たとえご馳走が無かったとしても」

 「わたしに堪えてるやないの」えらい嫁に怒られましてね、これで素直に
「ご馳走さま」て次の日から言ぅかちゅうと言ぃまへんねん、これが反抗期
ですわ。憎たらしぃこと言ぃまんねん、次の日ぃ唐揚げでしたんや、どない
言ぅた思います?

 ご飯が終わってご馳走さまのとき「唐揚げだけ、ご馳走さまでした」腹立
つこと言ぃますわ。ほな嫁が「偉そぉなこと言ぅて」て、こないなるんでご
ざいますけどね。まぁまぁ、あないしながら子どもも大きなっていって、我々
親のほぉも成長していくんじゃないかなぁと思っている次第でございます。

 本題の落語でございます。落語の中にちょいちょいと長屋が出てまいりま
す。これ長屋と申しますと、われわれ出演者側もお客様側もすぐに貧乏であ
るとかね、裏長屋であるとかね、貧困といぅイメージをこぉ持つんでござい
ますが、実は長屋そのものの言葉の意味に貧困といぅものはございません。
一戸建てに対しまして長屋といぅ言葉がございます。

 ですから、粋な上品な長屋も中にはたくさんにあったんやそぉでございま
す。この大阪ではどこにあったかと申しますと心斎橋。鰻谷といぅ地名が心
斎橋をズッと東へ入って行きますと通り名で残っておりますが、あこらに行
きますと綺麗ぇな粋ぃな長屋がたくさんにございました。

 で、ここに住んではる方といぃますと、いわゆる浄瑠璃ですなぁ、常磐津、
長唄、端唄、小唄のお師匠(おっしょ)はんと、こぉいぅ風に相場が決まって
おりますが、これはあくまでも表向きでございまして、裏向きは船場の大店
(おおだな)の旦さんのお手掛けさん、といぅことになっとります。

 ここにややこしぃ言葉が出てまいりました。お手掛けさん、これ東京へ行
きますとお妾さんになるんでございますね。目をかけるか、手をかけるかの
違いなんでございますが、やることは一緒なんでございますね。

 まぁ、上方落語でございますんで、お手掛けさんで統一をさしていただき
ます。今で言ぃますところの愛人でございますが、手掛けと愛人は違うといぅ
論議しますと今日一日じゅ〜かかりますんで愛人は愛人としときましょ。

 たとえば、女優さんなんか見ましても愛人役が、われわれの世界で似合う
ことを映(うつ)ると申しますが、映る人と映らない人とはっきり分かれます
ねぇ。古い言ぃ方ですが清純派女優といぅ、吉永小百合であるとか、それか
ら八千草薫とか、倍賞千恵子であるとか、こぉいぅ人はもぉ本妻しか無理で
すよねぇ。今で言ぃますと松嶋菜々子なんかも、どっちか言ぅたら本妻タイ
プでございますねぇ。

 反対に「この女優さんはもぉこれは本妻は無理やろ」と「こんな人家におっ
たらおかしぃやろ」といぅのがまぁ大原麗子であるとかねぇ、高橋恵子であ
るとか、それから亡くなりましたけど太地喜和子なんてどぉでしょ〜かねぇ。
それから今は人気絶頂でございますが黒木瞳なんてね、もぉソファーに座っ
ただけでラウンジになってしまいそぉな感じでございますが。

 なんかこぉ本妻のできる人できない人、独特の雰囲気があるもんでござい
ます。今日はひとつですね、ご来場いただきました女性の方、ひとつ自分が
愛人になれるかどぉか、五か条作ってきました。わたしと一緒に指を折って
いただきたい。

 で、男性の方、暇ですからご自分の奥様であるとか、知り合いの女性を思
い出して一緒に指を折っていただこぉといぅ。わたしの場合は、この五か条
に合う人は「愛人になれません」といぅ五か条でございます。

 まず最初でございますが「出かける時に、いつもカバンに飴ちゃんを入れ
ている」なんかこぉいぅ愛人嫌ですよねぇ、絶えず口が動いてそぉでねぇ、
ベトベトでしょ。こぉいぅのん愛人、困りますねぇ。

 二つめでございます「満員電車の中でも、平気で551の豚マンを持って
帰る」あれはもぉえぇ匂いしますでしょ、満員電車の中で。プ〜ンと、もぉ
四時五時ぐらいになったらお腹が空いたとこへ、えぇ匂いしますねん「あの
人、今日はシュ〜マイも買ぉたんかいな?」てなもんでございますけどね、
なんかこぉ「旦那と息子に食わすんや」みたいな感じでございますねぇ。

 三つめでございます「パジャマの上に一枚羽織っただけで、ゴミを出しに
行ける」こぉいぅのもなんか愛人らしくないですねぇ、愛人さんちょっと出
かけるときには薄化粧でもしていただきたいもんでございます。

 四つめでございますが「歯磨き粉が無くなったら、真ん中でハサミで切っ
てこそいで使う」こんなんもちょっと愛人はご辞退いただきたい、なんか所
帯じみてるんでございます。

 最後の条件でございますが「横山ホットブラザーズが出てきただけで『お
前はアホか♪』と歌ってしまう」なんか愛人は「横山ホットブラザーズなん
か知らないわ」といぅよぉな人がえぇんでございます。

 元に戻ります、この鰻谷の粋な長屋の表の戸がカラカラ・カラカラカラと
開いたかと思いますと出てまいりましたのが、年の頃なら五十そこそこ、上
品な紬の着物を着まして、見るからに旦那と分かるお方。また、これを送っ
て出てまいりましたのが、年の頃なら三十そこそこ、色っぽいえぇ女。もち
ろん、この長屋に住んどります高島礼子風の愛人でございます。

▲ほたら旦さん、あした五十円よろしゅお頼の申します■あぁ、分かってる
分かってる、あした一番でかめへんか。そんなことよりな、この頃世の中物
騒やよってな、戸締りだけはキッチリしときなはれや。おまはんこぉ見えて
も、締りのないところがあるよってにな。

▲へぇ、よぉ分かってます。ことに今日はお金もあるこってっさかい、気ぃ
付けます。あっ、旦さん、わてもそこまで送って行きますよってに……

 カラコロカラコロ、カラコロカラコロ、からころからころ、からころから
ころ……、ドップラー効果も含めまして、駒下駄の音を響かせながら路地口
(ろぉじぐち)を旦那と一緒に出て行きよった。

 と、この様子をゴミ箱の横で伺ごぉておりましたのが、この噺に出てまい
ります泥棒。ちょっと頭に霞と霧のかかったやつで……

●ンガァ〜、はっはっはっはっ、行きよった行きよった。よぉし、今日はこ
のうちで、しこたまちょ〜だいするとしょ〜かなぁ。えぇ〜ッと、まず表の
戸ぉをこじ開けてッと(カラカラ・カラカラカラ……)開いてるがな、アホ
なやっちゃなぁおい、あれだけ旦那が言ぅてくれてんのに、ちょっとも旦那
の話聞ぃとらへんねや、旦那は苦労するやろなぁ、わいらは助かるけど。

●入ったら用心が悪い、閉めとかないかん(カラカラカラ……)よしッ、今
日はこのうちで……、おっ、えらいお膳の上にご馳走(ごっつぉ)が乗ったぁ
るやないか。何やこれ? 茶碗蒸に、鰻に、お造りか。このお椀何入ったぁ
んねん? とろろ汁やで、へぇ〜ッ、精付くもんばっかり食いやがって何を
さらすつもりや?

●なぁ、わいみたいに真面目に働けっちゅうねん。とろろ汁やて(ズズ〜ッ)
んッ(ズズ〜ッ)んッ、えぇダシ利ぃてるなぁこれ。鰻か、鰻も長いこと食
てないなぁ、ご無沙汰やなぁ。勘当される前はちょいちょい食べてたんやけ
どな、勘当されてからとんとご無沙汰やがな。

●鰻といぅのはどんな味やったか思い出すために、ちょっといっぺん食てみ
たろ……、んッ、んッ、旨いッ。脂乗ってるなぁこれ……、ん〜んッ、久し
振りや。唄も歌とたなぁ「♪うなぎおいし、かの〜」ちょっと違ごたなぁ。

●あッ、銚子があるでこれ。わッ、まだぎょ〜さん残ってるでもったいない、
こんなぎょ〜さんカンザにしてどないすんねん……。よばれよ(クゥ、クゥ、
クゥ……)えぇ酒やなぁおい、世の中こんなえぇ酒があんねんなぁ。

●うわぁ〜、記憶なくなりそぉやなぁこの酒、うまぁ〜、こないぎょ〜さん
カンザにして、それやったらお前一合にしといたらえぇのに、もったいない。
わいの好きな熱燗やったらたまらんやろなぁこれ(クゥ、クゥ、クゥ……)

●あかん、うわぁ〜ッ、記憶喪失なりそぉや、ピアノマンやなぁ……。この
造りも綺麗ぇなぁ、真っ赤いけやなぁ。わいら普段食てる造りちゅのは真っ
黒けなんや、なぁ、わいズッとクロマグロの身ぃは黒いと思てたんや、友達
が「何を言ぅてんねんお前、上等になればなるほど身ぃは赤いんやで」考え
たらズ〜ッとわい腐った造り食てたんや。

●よし、よばれよ。わし辛いのん好きやさかいな、醤油にワサビぎょ〜さん
入れよかな、ヨイショッとこぉしてヨイショ、いただきますちょ〜だいしま
すや。ん〜ん、トロトロやこれ、ん〜んたまらん、ワッ、ワサビ来た来たき
たきた、来たッ、うわッ上等のワサビ辛いなぁ〜、うわッ、うわぁ〜ッ、う
わぁ〜ッ、うわぁ〜ッ、うわぁ〜ッ……

▲あんた、誰やのん?●うわぁ〜ッ、うわぁ〜ッ、うわぁ〜ッ▲ちょっと、
あんた誰?●うわぁ〜ッ、うわぁ〜ッ……、静かにさらせ▲あんたが喧しぃ
んやないの、あんたいったい誰やのん?●「誰やのん」て、お前、こないし
て夜夜中(よるよなか)赤の他人のうち押し入ってんねや、分かってるやろ?

▲富山の薬売り?●何でやねん、何でわしがそんな深夜営業せんならんねん。
おら盗人やっちゅうねん▲えぇ?●「盗人やッ」ちゅうねん▲ホンマにぃ、
ホンマに盗人? 嘘つきなはれあんた、アッ分かった、あんたどぉせ、うっ
とこの旦さんに頼まれたんでっしゃろ「あいつは何ぼ言ぅても戸締りしよら
んさかいに、誰ぞ盗人役になってあいつとこ押し入ったってくれ」て。

▲アッ、旦那が新町で贔屓にしてる太鼓持ちか? アッ、あんた見た、こな
いだ旦那と見た、法善寺に出てた噺家やな、ボ〜ッとしてるとこ見たら、あ
んた桂やない、笑福亭やな●何をぬかしやがんねんアホ、そんなしょ〜もな
い噺家と一緒にすな。おら、盗人やっちゅうねん。

▲ホンマに盗人屋? ホンマに盗人屋はん?●焼芋屋みたいに言ぅなっちゅ
うねん、ホンマに盗人やっちゅうねん▲盗人、あっそぉ、よかった●ちょっ
と待て、待て、待てこら「盗人や」言ぅて凄んでんのにそらなんや▲えッ、
あんたわての顔知らんか?

●あんたの顔?▲あても、あんたと同商売やし●へッ、ほたら姐さんも泥棒?
▲シィ〜ッ、素人みたいな言葉使いなはんな。はッは〜ん、あんたなんやな、
そぉいぅとこ見たらまだ新米やな●はいッ、去年の秋に開業したところであ
ります▲そんなこっちゃないかと思た、あてなぁ、三年前に足洗ろて今の旦
那と一緒になったんやし。

●さ、さよぉでございますか▲そんな堅とならんでもえぇがな、わてはなぁ、
名前? 名前教せたげよか、夜嵐のお絹の妹分でな、隙間風のお杉っちゅう
ねん。隙間風だけあって、世間ブイブイいわしてたんやし。

●えぇ〜ッ、あの有名な夜嵐のお絹の妹分。こらえらい失礼(ひつれぇ)いた
しました、傲慢な口利ぃてえらい失礼いたしました。どぉぞ、どぉぞ高こぉ
上がっとくれやす、どぉも失礼いたしました。ほなら、あっしのほぉも紹介
さしていただきます。あっし、あの鼠小僧次郎吉の流れを汲みます、二十日
鼠一門で、半端の忠太郎と申します、ケチな野郎で。

▲半端の忠太郎? あんた、ホンマ中途半端な名前や、番場の忠太郎ちゅな
聞ぃたことあるけど……、まぁまぁ名前みたいなもんどっちゃでもえぇわ、
そんなことよりな、あんたが今晩こぉして入って来てくれた、ちょっと相談
乗って欲しぃことあんねやわ。

●へぇ、相談と申しますと?▲実はな、あてあの旦那とボチボチ別れよと思
てんねやわ、いぃえぇな、そら根っからえぇお人、まことにえぇお人なんで
すけどな、商売人ですねんやわぁ。すぐに算盤勘定しはるよってにもぉ、気
詰まりなところがあるんやわ。

▲実は手切ればなしもトントンとうまいこと進んでな、今日五十円、あした
朝一番で五十円、都合百円といぅ手切れ金が入んのん。そこへあんたがこぉ
して入って来てくれたといぅことは、何や神様のお導きのよぉな気がしてん
ねやわ。

●はぁ、神様のお導きと申しますと?▲分からんのかいな、あてもいつまで
も一人で暮らすっちゅうわけにはいかず、どこぞにえぇ人があったら縁付き
たいと思てたんやわぁ●いや、そら姐さんぐらいの器量よしでしたら、引き
手あまたでっしゃろ。

▲ベンチャラ言ぅねやないがな、この人●いや、ベンチャラやおまへん、ホ
ンチャラのほぉです▲けど、わたし若い時分から、男はんはこぉならこぉで
なかったらいかん、といぅ好みがあんねやわ●そらそぉです、姐さんぐらい
の器量よしでしたら、好みがあって当り前です。わたいが及ばずながら力に
なりまんがな、どんな好みです? 言ぅてみなはれ。

▲あてなぁ、男前かなわんねやわぁ●へぇ〜、男前あきまへんか?▲そぉや
がな、我が亭主が男前やってみぃな、またどこぞでえぇ女ご囲てんのと違う
やろか、どこぞの飲み屋のお母さんと懇(ねんご)ろになってんのと違うかと、
要らん心配ばっかりせんならんやろ。その点、少々不っ細工な男のほぉが浮
気の心配のぉてえぇよってに。

●あぁ、なるほどねぇ、女ごはんちゅうのはいろんなこと考えまんねんなぁ
▲それと、あてボチボチ元の商売に戻ろと思てんのん。せやさかい、盗人や
なかったらあかんねやわ●盗人やなかったらあきまへんか?▲そらそぉやが
な、あてが盗人してんのに、旦那が刑事て、そら具合が悪いやないか。そら、
夫婦同商売のほぉがご飯の時の話もはずむてなもんやろ。

●なるほどねぇ、といぅことは、姐さんの好みといぅのは「不っ細工な盗人」
と、こぉいぅことになりまんなぁ▲そぉやがな、けど、この世の中そんな人
おいそれと右から左にいてへんし。

●ウォッホン……、あのぉ〜、お言葉ではございますがねぇ、割りと手近な
ところにいてるよぉな気もしまんねんけどねぇ▲どこにいてんのん? どこ?
どこにいてます?●ここ……。はい、わても決して男前やおまへんねん、小
さい時分から「福笑いの忠太郎」言われてました。分かります? 福笑い?
正月するやつ。なんでか分かりまっか「お前、目ぇと鼻と口の置き場所間違
ごぉてる」ちゅうて、福笑いの忠太郎。

●で、新米といぅても盗人の端くれ。姐さんさえよかったら▲そら、あんた
と一緒になれたら、こんな嬉しぃことないけど……、けど、あんたにはうち
に帰ったら嬶(かか)とか女房とかいぅ人がいてんのんと違うん?●いてまへ
ん、いてまへんて。ホンマに一人もん、へぇ、ただの一人もんやおまへんで、
哀れな悲しぃ寂しぃ一人もんでんねん、姐さんさえよかったら。

▲ホンマか? ホンマに嘘ついてない? ホンマに? ホンマについてない
か? 言ぃまっしゃろ「嘘つきは泥棒の始まり」あんたもぉ始まってるなぁ
●そんなおかしなこと言ぃなはんな、ほたらねぇ、姐さん……▲何やいなあ
んた、わてとあんた何やねんな、いんまのいんま夫婦(めおと)になったんや
し、我が女房つかまえて「姐さん」てなこと言ぅ人おますかいな「お杉」と
呼んで。

●ハ、ハ、ハ、ハッ、はいッ。ホンマに呼ばしてもろてよろしんでっか、呼
びまっせ……、ハァハァハァハァ▲あんた、犬か?●ハァ、ハァ、ハァ……、
おすぐぃ〜▲どっか漏れてまんのんかいな、あんた。はっきりと呼んで●お
杉▲はぁい、あんた●嬉しぃ〜、嬉しぃ〜ッ、今まで真面目に働いてきてよ
かったぁ〜。ほな、わい今晩、ここへ泊まっていこ。

▲あッ、ちょっと待って、それ待ってぇさ。いぃえぇな、あの旦那、用心深
いお人でっしゃろ「女ごの一人暮らしは物騒や」て、二階に柔道と空手の師
範、下宿さしてんねんし●それをなんで先言ぅてくれまへんねん、そんなこ
と……

▲いや、今は大丈夫。旦那が来てるあいだは絶対出かけるっちゅう約束で部
屋貸してんねん。けど、もぉ半時もしたら帰って来んねやわ。あてとあんた
がこんなとこで手ぇ握り合ぉてんのん見付かったら、腕の一本、足の一本、
首の骨までボキボキッと……

●嫌やで、嫌やで。ほたらどないしょ?▲ほたらな、今日はいっぺん帰って、
あした来てくれるか? ほな、朝一番に旦那が五十円持って来てくれて、手
切れ金の百円揃うやろ。この百円二人で握って、手に手を取ってどこぞ誰も
知らんよぉなとこ行って、駆け落ちしょ〜やないか。

●あぁ〜ッ、嬉しぃ〜ッ、ほんならわい、今晩これで帰るわ▲そぉしてくれ
るか、ほたら気ぃ付けて……、ちょっと待ちなはれ、あんた今日なにも仕事
してないねやろ、大丈夫か? 何ぼか小遣渡しとこか?●おぅ、おぅ、おぅ、
おぅ、おぅ……。バカにしてもらッちゃ〜困りますぜい。

▲おッ、兄さん江戸っ子かい?●当たりめぇよ、あっしだって持つもんぐら
いは、そのぐらいちゃ〜んと、持ってまんにやわ▲ベタベタの大阪やないの、
面白いとこもあんねやなぁ。ちょっと見してもらお、お財布……、まぁ、え
らいぎょ〜さん持ってるやないの。分かった、あてと別れたその足で色街の
女ごとえぇことしょ〜ちゅうねんな、この浮気もん。

●そんなことせぇへんがな▲いや、あんたはするて●せぇへんがな▲あんた、
するて●せぇへんて▲するて●せぇへん▲ホンマにせぇへんか?●せぇへん
がな▲ホンマに?●ホンマにせぇへんて▲ほたらこれ、あてが預かっとこ。

●ちょ、ちょ、ちょっと、ちょっと姐さん▲何やねんな、あてとあんた、夫
婦(みょ〜と)なったんやし。言ぃまっしゃろ「亭主(てぇ〜しゅ)のものは女
房(にょ〜ぼ)のもの、女房のものは女房のもの」●わいのもんあれへんがな。

▲細かいこと言ぅねやないがな、言ぅてまっしゃろ「算盤はじかはる人嫌い」
せっかく好きになったん、嫌いになってしまうし●うん、ほたらな▲あした、
昼前に。あて、三味線のお稽古してるよってに、これが「旦那が帰って、用
心棒が仕事に行った」っちゅう合図やし。そのかわり三味線が鳴ってなかっ
たら、入って来たらあかんし「どっちかがいてる」っちゅう約束やからな。

●ふん▲ほたら、気ぃ付けてな●おい、お前は締りのないとこがあるよって
に、戸締りだけはキッチリしときなはれ▲旦那ぶってからに、この人わ、好
きッ●ほたら、あしたな▲何やったら路ぉ地口まで送って行こか?

●あかん、あかん、そんなことしてるあいだに、また別の盗人が入ったらい
かん、ほたらなお休み▲お休み……

 ポ〜ンと背中を叩かれて表へ出ます。

●なぁ、この大阪で今晩、わいぐらい幸せの男いてないやろなぁ。なぁ、あ
れだけえぇ女、それこそ右から左いてないで。なぁ、あれで幾つぐらいやろ
なぁ。のっけに見た時は二十七、八かいなぁと思たけどなぁ、明かりの下で
見たら三十一、二は過ぎてたなぁ、近くで手に手を取ってそばで見たら三十
七、八やったなぁ、けどちょっと厚化粧やったさかいなぁ、あれ化粧落とし
たらうちのお母んより年が上、そんなアホなことはないわなぁ。

●けど嬉しぃなぁ、お杉と所帯持つわ。おぅ、お杉、いま帰ったで「まぁ、
あんたお帰り、えらい遅かったやないか。あんたがしょっ引かれたんやない
かと思て心配してたんやし」何を言ぅてんねんお前、俺がそんなドジ踏んだ
りするかい「そぉかぁ、もぉあんたひとりの体やないねんさかい気ぃ付けて
や。それより早いこと晩ご飯食べなはれ」

●おぅ、今日の……、エビのオドリか、こんなえぇもんどこで仕事して来た
んや?「気ぃ悪いこと言わんといとぉ、あてのお金でちゃんと買ぉて来たん
やし。な、わてらの稼業は晩が短いんやし、エビのオドリ食べて早いことお
布団の中でエビのオドリしよやおまへんか」って、ヒェ〜ッ、ピッピッピッ。

 ひとりで喜んでた。さぁ、その晩はもぉ寝たか寝んや分かりまへん、半分
ウトウトとしながら明くる朝早よぉに起き出しますと、昼になんのん待ち焦
がれて、きのうの長屋へやって来よった。

●えぇ〜ッと、確かここらや、せやせや、この路ぉ地入ったとこや。あッ、
このゴミ箱やこのゴミ箱、そぉそぉこのゴミ箱といぅことは、このうちや。
あれッ? 三味線の音色してないなぁ、おかしぃなぁ、旦那がいてるっちゅ
うことはないわなぁ、朝一で来るっちゅうてたしなぁ。用心棒かて、昼間仕
事してな家賃も払えんやろしなぁ。

●えぇ〜? けどおかしぃなぁ、雨戸まで閉まったぁんなぁおい。なんぼ用
心せぇやけど、雨戸閉めて真っ暗ん中で三味線の稽古もでけんやろしなぁ。
どないし……、ちょ〜ど向かいにタバコ屋があるなぁ、ここ入って尋んねて
みたろ。

●(トントントン)ごめんなはれ(トントントン)ごめんなはれ◆はい、何
しまひょ?●いや、タバコ買いに来たわけやおまへんねけど、向かいのうち
確かあれ、お杉のうちでしたなぁ?◆へぇへぇ、あんさん「お杉」ちゅうて、
呼び捨てにしはるとこみたら、お身内の方ですか?●へぇ、まぁ身内と言わ
れれば、身内のよぉなもんなんですけどねぇ。

◆といぅことは、やっぱり夕べ(ゆんべ)の一件でお越しになった?●「夕べ
の一件」と申しますと?◆あんさんご存じない? ご存じない? まぁまぁ、
立ち話も何でっさかい、どぉぞ掛けとぉくれやす。いぃえぇ、遠慮せんと汚
い座布団です、まぁまぁ。

◆まぁ座っとぉくれやす、掛けとぉくれやす。いや実はね、夕べのゆんべで
すわ、わたいが二階で寝とぉりましたら表の戸ぉをダンダン・ダンダン、叩
かはる人がいてまんねん。何事かいなぁと思たら、お杉さん真っ青な顔して、
話聞ぃてみたら何でも盗人が入りよりましたんやて。

●へぇ〜、盗人が?◆へぇ。で、この盗人がアホでんねん●アホ?◆さいな、
なんぼ度胸のあるお杉さんでも盗人に入られたっちゅうのは初めてでっしゃ
ろ、ね、ウロが来てしもて「あてもあんたと同商売、盗人だす」て、無茶苦
茶なこと言ぅてしまいよりましたんやて。

◆普通の人間やったらちょっと考えたら分かりまんがな、そんな白々しぃ嘘。
ところがその盗人、ウカウカッとひっかかってしもて、お杉さんと夫婦約束
までしたっちゅうさかい、あんた笑いまっしゃろ。笑いなはれ●ンガハハッ
◆あんた、取って付けたよぉに笑いまんねんなぁ。

◆それだけやおまへんで、調子に乗った盗人が「今晩泊まっていく」っちゅ
うさかい、ビックリしたお杉さん、苦し紛れに「二階に柔道と空手の師範、
下宿さしてます」ちゅたら、慌てて飛んで帰ったちゅう。ね、なんぼ盗人で
も、仕事すんねやったらちゃんと下調べしてから入れっちゅうんだ。

◆向かいの長屋見てみなはれあんた、平屋だっせ●えぇ〜ッ、平屋に二階お
まへんか?◆当り前でんがな。それだけやおまへんねや、お杉さん、去(い)
にしなにその盗人の財布まで巻き上げたっちゅうさかいねぇ、お杉さんも立
派やけど、その盗人もアホの塊りやなぁ言ぅて。

◆中臣鎌足(なかとみのかまたり)も有名やけど、アホの塊も歴史の本に載し
てもらいたい「『日本のアホ』っちゅう本がでけたら、表紙飾んのはこの男
や」っちゅうて、もぉ町内朝早よぉから大盛り上がりなってまんねん。

◆あッ、ここだけの話、よそで言ぅたらあきまへんで、昼前にね、その盗人
がいっぺんこの長屋へ来よるらしぃんで。こっからではちょっと分かりにく
いですけど、この板塀の……、ほれ板塀の節穴っちゅう節穴、大入り満員に
なってまんねん。皆、仕事休んで見てまんねん。

◆あんた、もし時間があんねんやったら、わたいと一緒にこっから見て笑い
まひょ〜な●ナ、ナハハハッ◆今、笑わいでもよろしぃ。けど、わたい思い
まんねんけどね、その盗人も、なんぼそらお杉さんに夫婦約束持ちかけられ
たか知らんけど、おのれの顔と相談せぇっちゅうんだ。ね、とてもお杉さん
とツロクするよぉな、釣り合うよぉな顔やなかったっちぃまっせ。

◆なんでもね、眉毛が太ぉてピシ〜ッと角刈りして、熊みたいな顔して……、
別にそない気にしはらんでもよろしぃねん、どこにでもある顔でんがな、気
にしはらんでよろしぃ……。どないしはりましたん? えらいお力落としの
よぉですけど。

●あぁ〜、なんでっか、お杉もそれで向かいの家から様子伺ごぉてまんねや
ろか?◆さぁ、それがお杉さん「なんぼアホな盗人でも、また会うのは気持
ちが悪い」言ぅてね、今朝早よぉに荷物まとめて転宅しはりました●洗濯し
た?◆洗濯やおまへん、転宅。宿替え、越しはりました●宿替えした? ど
こへ?

◆それがまぁ「事情が事情だけに行く先は言えんけど、また落ち着いたら挨
拶に来る」っちゅうてましたさかいなぁ、あんさんお身内さんだっしゃろ、
おいおい知らせが来まっせ●うぅ〜ッ◆泣かはるほど大層なこっちゃないと
思いまんねんけど……●もひとつ聞かしてもぉてもかめしまへんか?◆へぇ、
何なと聞ぃとくなはれ。

●あのお杉っちゅうのは、何もんでんねん?◆あんさんご存じない、お杉さ
んと言えばここらでも有名な太の三味線弾き、いぃえぇな、浄瑠璃の三味線
弾きだ。


【さげ】
●それでや、うまいこと調子合わしよったんや。


【プロパティ】
 心斎橋=長堀の心斎橋筋にかかっていた橋。現在長堀は埋め立てられたが
   1909(明治42)年にかけられた石橋の欄干が残っている。
 心斎橋=漠然とした地域として、長堀心斎橋から道頓堀戎橋までの通り付
   近。駅でいうと地下鉄「心斎橋」
 心斎橋筋=北浜3丁目から戎橋までの南北の通り。御堂筋の一筋東。
 鰻谷(うなぎだに)=現・西心斎橋1、心斎橋筋1、東心斎橋1、島之内1
   の北端辺り。長堀の南の筋が「鰻谷北通」その南が「鰻谷南通」。
 吉永小百合=1945年3月13日生まれ。
 八千草薫=1931年1月6日生まれ。
 倍賞千恵子=1941年6月29日生まれ。
 松嶋菜々子=1973年10月13日生まれ。
 大原麗子=1946年11月13日生まれ。
 高橋恵子=1955年1月22日生まれ。
 太地喜和子=1943年12月2日生まれ、1992年10月13日没、享年50歳。
 黒木瞳=1960年10月5日生まれ。
 高島礼子=1964年7月25日生まれ。
 飴ちゃん=お芋さん、お粥(おかい)さんなど、物にさんちゃん付けするの
   は大阪言葉の特徴。
 551の豚マン=551は「ごぉごぉいち」と読み、難波にある中華料理
   店「(551)蓬莱」のこと、ちなみに551とは「ここがいちばん」
   のダジャレ。ここの名物が「豚マン(ぶたまん)」大阪では中華マンや
   肉マンとは言わない。また、豚マンにはカラシ醤油を付けるかカラシ
   ソースか、それともカラシだけか何も付けないか? で大論争になる
   ことがしばしばある。
 横山ホットブラザーズ=横山アキラ、マコト、セツオ。の実兄弟(父東六)
   音曲漫才トリオ。長兄彰の演奏するノコギリ「おまえはアホか♪」が
   有名。
 ドップラー効果=音波などの波源と観測者との一方または双方が媒質に対
   して運動しているとき、観測者が測定する波動の振動数が静止の場合
   と異なる現象。ドップラーが発見。波源と観測者が近づけば振動数は
   高く、遠ざかれば低くなる。たとえば、救急車が近づき遠ざかる時の
   サイレンのピーポー音。光の場合、両者の相対速度だけで振動数の変
   化が決まる。
 駒下駄=一つの材から台と歯をくりぬいて仕立てた下駄。もとは馬の爪形
   であった。男女ともに用いる。
 かんざ=燗冷まし。燗をしたままで飲まずに冷たくなってしまった酒。
 ピアノマン=2005年4月7日、英国の海岸で保護された正体不明の男。収
   容先の病院で「言葉をしゃべらず、ピアノの絵を描き、ものすごい勢
   いでピアノを弾き出した」ことからピアノマンと呼ばれ世界的に名を
   馳せた。のちに、ドイツ出身のアンドレアス・グラッスルであること
   が判明。
 富山の薬売り=薬種商の町・富山から柳行李(やなぎこうり)を背に家庭薬
   を行商。薬を預け、使った分だけ次回訪問で清算するというビジネス
   スタイル(置き薬)が特徴。
 新町=大阪市西区新町。寛永年間(1624〜1644)の新地で、公許遊郭が置か
   れ、京の島原、江戸の吉原とともに知られた。
 太鼓持ち=宴席などに出て、客の機嫌をとり、その席のとりもちをするこ
   とを職業とする男。幇間(ほうかん)。
 法善寺=大阪市中央区難波にある浄土宗の寺。別名、千日寺。水かけ不動
   で有名。付近は飲食店街。また、法善寺界隈のこと。
 法善寺の寄席=紅梅亭、金沢亭、二軒の寄席小屋。金沢亭はのちに花月と
   なる。
 法善寺花月=吉本興業の寄席。1918(大正7)年、法善寺境内の金沢亭を買
   収し南地花月と改称した。ぜんざい屋「夫婦善哉」の隣りにあった。
 夜嵐のお絹=作家・団鬼六(だんおにろく)氏に同名の小説『夜嵐のお絹』
 鼠小僧次郎吉=(1797〜1832)盗んだ金を貧乏人たちに施す「義賊」と呼ば
   れた大泥棒。
 番場の忠太郎=「瞼の母(長谷川伸著)」の主人公。番場とは中仙道・番場
   宿(滋賀県米原町)、忠太郎が旅籠屋の息子であることから。
 柔道=1882(明治15)年、嘉納治五郎が創始した講道館柔道。それ以前は各
   流派柔術。
 空手=1922(大正11)年5月17日、柔道の創始者・嘉納治五郎が沖縄尚武会
   会長・富名腰(船越)義珍を招き演武を行ったのが初出。それ以前は沖
   縄地方の唐手(とうて)として発達。
 しょっ引く=「しょっ」は接頭語、むりやり引っぱって連れてくる、また
   連れていく。容疑者などを捕らえ、連れていく。
 ドジ=まのぬけた失敗をすること。また、そのような人。失策。へま。
 さいな=そうですね、おおせの通り、などの意。サ+強調のイナ。軽い語
   感で発音する相づちのようなもの。サヨウ→ソォイナ→サイナ。
 ウロが来る=うろたえてしまう。ウロ:うろたえてすることも定まらぬこ
   と。
 中臣鎌足(なかとみのかまたり)=藤原鎌足(614〜669)七世紀中頃の中央豪
   族。中臣氏。鎌子とも。不比等の父。中大兄皇子(のち天智天皇)らと
   ともに蘇我氏を倒し、大化改新政府の内臣(うちつおみ)となって律令
   体制の基礎をつくった。藤原氏の祖。
 ツロク=調和。相当。釣合い。「対禄」禄高が釣合っている意か?
 音源:笑福亭三喬 2005/06/23/ワッハホール なみはや亭(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭三喬 sub=*  ●main高座記録日:2005/06/23  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2005/10/02  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2013/06/16  ●リクエスト数:rakug378  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次