【上方落語メモ第8集】その369

船 徳 (江 戸)


【主な登場人物】
 若旦那(徳さん)  親方  女将  船頭衆  客ほか

【事の成り行き】
 名前の響きに憧れて職業を決めてしまうということがあるようです。世間
一般がみなそうではないのでしょうが、わたしの場合広告代理店、エージェ
ンシーなんていう響きに釣られて、うかうかっとその世界に首を突っ込んで
しまいました。

 入社する前に思い描いていたのは、絵コンテを前にクライアントとメディ
アのあいだに立って、創造的な意見をバンバンぶちかましている図。しかし、
こんなもの夢のまた夢の、事前勉強不足まる出し広告屋さんごっこ的テレビ
ドラマ見過ぎ以外の何ものでもありません。

 配属されたのが新聞媒体一行幾ら求人案内広告営業で、ひたすら歩き回っ
て人事担当者に面会しては名刺を置いてくるだけの毎日でした。たまに依頼
があっても「営業急募、社保完備、〜万以上可、免許所持者、〜駅近く自社
ビル、○×株式会社、電話連絡、歴持参」ほどの文字を書けばおしまいです。

 テレビやラジオ、雑誌を扱う仕事もあるにはありましたけど、代理店の仕
事はその名の通り広告主の代理、媒体の代理、制作会社の代理、代理、代理。
ネズミのごとくあちらへチョロチョロ、こちらへチョロチョロ動き回っては
調整するだけの労働に気力が続かず、わずか一年少しでケツ割ってしまった
過去を「船徳」聴きながら情けなく思い出しています(2005/06/05)。

             * * * * *

 え〜、一席お付き合いを願っておきます。ん〜、昔はあの船で遊ぶといぅ
ことは、こちらのほぉでもまた関東のほぉでも大変に贅沢なものとされてお
りました。柳橋あたりから芸者や太鼓持ちを連れまして、ドンチャンドンチャ
ン船ん中で騒ぎながら吉原あたりへ行くなんといぅのは、もぉ贅の極みだっ
たそぉですが。

 ですからその昔は大川筋、隅田川ですなぁ、あすこの周りんところにズ〜ッ
と船宿がありまして、そぉいぅところへはもぉそぉいぅ遊びがすっかり気に
入っちゃってね、居候を決め込んでる若旦那なんかがいましてね、様付きの
居候で、主(あるじ)のほぉが一目置いたりなんかして……

■ちょいと困りますよ、本当に。ねぇ若旦那、そんなこと言わないでおくん
なさいよ。そらね、あぁ〜たの面倒見るのが嫌なわけじゃねぇんですよ、だ
けどあなたを船頭にするなんて、そんなこととってもあっしにゃできません。
えぇ、あぁ〜たのお父っつぁんおっ母さんに恨まれますから。

●そんなことないよ、本人のあたしがなりたいってぇんだからさ、ね、なら
しとくれよ。頼むよ■「頼むよ」ってね、あのねぇ、力仕事しとつしたこと
がないんだよあなた。ね、その人が船を漕ぐなんぞ、あたしゃ考えただけで
体が痛くなるよ。あぁ〜たはやっぱし、うちぃ帰っていれば立派な若旦那で
いられるんですから、何も船頭なんぞなることはないですよ。

●そんなこと言わないでさぁ、あたしねぇ、もぉ若旦那って言われるのが嫌
なんだよ、もぉ帳場格子の向こぉ入ってソロバンなんぞパチパチ弾ぃてね、
幾ら儲かったなんてそぉいぅことは嫌いなんだ。ね、なんかしとつ男らしぃ
仕事をしたいと、こぉ思ってね、かねがねね、考げぇてたんだ。

●一番船頭がいいと思ってさ、おいら好きなんだよあの船頭のなり、形てぇ
ものがさ、ね、男らしくっていいじゃねぇか。いいからさ、とにかく俺この
うちの船頭にしとくれよ、頼む。ねッ、ねッ、こんだけ頼んでんだからさ、
どしても嫌? どしても嫌だったらいいよ、何もここだけが船宿じゃないん
だから、脇の船宿行っておいら船頭なるよ。

■ちょ、ちょいとお待ちなさいな。しょ〜がないねぇ、一旦言ぃ出したらあ
とへ退かねぇ人だから……、どぉしても諦められませんか? 弱ったなぁ、
どぉも、じゃいいですよおなんなさい。いや「おなんなさい」ですがね、い
いですか、ちょいとやってみてね「あぁこりゃ俺には向かないな」と思った
らすぐにお止めなさいよ、いいですか。我慢したりそんなことしちゃいけま
せんよ、分かってますね。

●分かってるよ、本当にしてくれんの? ありがとぉ。嬉しぃなぁ、じゃ〜
ね親方、すまないけどさ、しとつここへね、うちの若い衆をみんな呼んでも
らいたいんだがねぇ、でね、みんなが来たらね、親方の口からそぉ言っても
らいたいんだ■何です?●今までみたいに「若旦那、若旦那」と呼んでもら
いたくないと「徳と呼び捨てにしてくれ」って、そぉ言っとくれ。

■いいんですか、分かりました、じゃ〜まぁとりあえず若けぇもん呼びます
から。おいお竹、河岸行ってな、うちの若けぇもの呼んできな▲は〜い……。
ちょいと、皆さん呼んでますよ親方が。ちょいと、呼んでるってんだよ、み
んな聞こえてんのにトボケてんだからね、ホントに意地の悪い人ばっかり揃っ
てるねうちは。

★ちょいと、四郎(しろ)さん、お前さん聞こえてるんだろ、耳がピクピクッ
て動いたよ。隣りにいる熊さんもそぉだよ、四郎さんに熊さんシロクマさ〜
ん★続けて呼ぶな、こんちくしょ〜。何だよぉ?▲「何だよ」じゃないよ、
さっきから言ってるじゃないか、親方が怒ってるよ、すぐに来ないってぇと
大変だから★何で怒ってんだ?

▲何でだか知らないよ、早く来なさいよ★分かったよ、行くよ、ふんッ。お
い、みんなこっち集まれ。何だか知らねぇが親方が怒ってるってぇんだ、何
だろぉなぁ? おら、こんなことしたんだけど、ことによるってぇとそれが
バレてな、小言を食ぅんじゃねぇかなんて思い当たるやつぁね、こぉいぅ時
は先にトント〜ンと謝っちゃったほぉが小言は軽く済むんだ。何かねぇかい?

★おい辰っつぁん、お前、何か考げぇてるね、何かあるんじゃねぇか?▼う
ん、ことによったらあれがバレたかな★何だ、すぐに出てくるねぇ、どした
の?▼いや、こねぇだ出来てきた新造があるだろ、親方が「俺が乗るまで、
てめぇたち乗っちゃいけねぇぞ」って言ってるんだけどね、おらどぉしても
新しぃ船見るってぇとね、もぉ体がウズウズしてくるんだよ。

▼また、親方がなかなか乗って調子をみねぇんだ、もぉ我慢が仕切れなくなっ
ちゃってさ、みんなに分からねぇよぉにソ〜ッと出したんだよ。悪いことっ
てぇのはできねぇもんだね、普段そんなことはねぇんだけどね、ちょいと脇
を見てたのかなぁ、橋の下をくぐるときにね、橋げたに舳先(へさき)ぶつけ
て鼻っ面欠いちゃったんだよ。

▼「あぁいけない、大工のほぉへ回そぉ」と思ったんだが、そぉなるってぇ
と親方の耳にへぇるだろ、ね、小言を食ぅからさ、しょ〜がねぇから荒縄で
クルクルクルクルッと巻いて誤魔化しといたんだが、ことによるってぇとそ
いつがバレたのかも知れねぇな。

★それだ、それに違いないよ、それだ、小言は▼だけど「みんなで来い」っ
てぇんだから俺だけじゃねぇだろ?★そらそぉだな、まだほかにもありそぉ
だ。おい留、おめぇも何かあるんじゃねぇの?◆ん〜、いや、こんなことは
小言になるかなぁと思って考げぇてるんだけどね★どしたの?

◆こねぇださぁ、みんなが出払っちゃって俺一人になったんだよ。そしたら
女将(おかみ)さんが「あの、すまないけど使いに行ってくるからちょいと留
守頼むよ」って言ぅから「よぉがすよ」って、こっちはあお向けになってね、
本読んでたんだ。そしたらそこに蕎麦屋が「お待ちどぉさま〜」って、天ぷ
ら蕎麦二つ持って来たんだよ。

★へぇ、気前がいいなぁお前◆いや、おら頼んだ覚えがないんだよ。だけど
せっかく向こぉが持って来たもんだからさ、延びちゃっちゃもったいねぇと
思って、おらそいつを二つペロッと食っちゃった。で、しばらく経ったら隣
りのうちの上(かみ)さんの声が聞こえたよ「何してんだろ? 蕎麦屋は遅い
ねぇ」ってやがんだよ。

◆蕎麦屋が隣りのうちと間違げぇて持って来たんだね。しょ〜がねぇから空
んなった丼、隣りのうちの台所開けてソ〜ッと置いてきちゃった。知らぁ〜
ん顔してたらまたしばらく経ったら「あらッ、誰か食べちゃったんじゃない
か。食べたんなら食べたって言わなきゃあたしたちゃいつまでも待つよ。ホ
ントにしょ〜がないねぇ」なんて言ぃやがってチャリ〜ンと音がしたんだ。

◆何だろぉなぁ、と思ってまた隣りのうちの台所覗きに行ったらね、丼のフ
タの上へ銭が乗ってんだよ。こんどはそいつをソ〜ッと★おいおい「小言に
なるかなぁ」って立派な小言だよ、そら。しょ〜がないねぇおい、それかも
知れねぇよ。まッほかにもいろいろあるだろぉけどね、こんなところでグズ
グズしてるってぇと親方気が短けぇからな、よけぇ怒らしちまうから早いと
こ行ってみよ……

★えぇ、親方お呼びでございますか?■おぉ、こっち上がれッ★上がれって
よ、上がろ上がろ……、えぇ、何でございましょ〜?■ん、実はな、おめぇ
たちにちょいと言っておきてぇことがある★いえ、そら分かってます、そら
分かってる、分かってるんで……。まぁお腹立ちはごもっともですがね、まぁ
ちょっと待って、ちょっと待ってください。

★おい辰っ、こっち出て来い。何でしょ、親方が怒ってるてのは辰のことで
しょ、ね? これね、しょ〜がねぇんですよ、こねぇだ出来てきた新造にね、
親方乗る前(めぇ)に先ぃ乗っちゃったんだ、で、橋げたに舳先ぶつけて鼻っ
面欠いちゃってね、大工のほぉへ回さねぇで荒縄で巻いて誤魔化してたってぇ
からね、今みんなで小言言ってやったんですよ。

★でも何もこいつだって悪気があってやったわけじゃねぇんですよ、まぁ商
売熱心からこぉいぅことになったんですから、まぁこの野郎の商売熱心に免
じてしとつ勘弁してやっていただきてぇんでやすが……、おい謝れ謝れ▼どぉ
も、親方すいません。

■この野郎、俺があれほど言ってんのにどぉして言ぅことが聞けねぇんだ。
新造は俺が乗って調子をみてからてめぇたちに渡すんだ、それ、先に乗りゃ
がって。舳先欠いたら欠いたでちゃんと大工のほぉへ回しとかなきゃ、急に
客が来たときにどぉすんだい。鼻っ欠きの船なんか出せるか本当に。しょ〜
がねぇなぁ、いつやったんで? ちっとも知らなかった。

▼ん……、おい、親方「知らねぇ」ってそぉ言ってるじゃねぇか★おかしぃ
なぁ、どぉもねぇ……、じゃまぁいいや。あの親方、このことで呼んだんじゃ
ねぇんですか?■そんなことじゃねぇんだ★じゃぁ、まだあるんですよ。お
い、やっぱりおめぇのほぉらしぃよ、こっち出て来い留。この野郎でしょ?

★しょ〜がねぇんですよ、蕎麦屋がね、隣りとうちと間違げぇて持って来た
天ぷら蕎麦二つ食っちゃってね、隣りのうちの台所へ置いといたら隣りの上
さんがね、誰か食べたんだろってね、丼のフタの上へ銭を乗っけたら、そい
つを持ってきちゃったって言ぃやがるんすよ。だけどねぇ、こいつだって何
も悪気があってやったわけじゃないんですから。

■何を言ぃやがる、悪気がなくてそんなことができるかい、ほんとぉに……。
まぁ、どいつもこいつもロクなこたぁしてねぇなぁ、いや、そんなことで呼
んだんじゃねぇんだよ。実はな、ここにいらっしゃる若旦那、いくらお止め
しても言ぅことを聞ぃてくださらねぇ、どぉしても船頭になるってんでこっ
ちも根負けしちゃってな。まぁ、今日からおめぇたちの仲間入りだ、いろい
ろと面倒見てやんなよ。

★え? 若旦那が、船頭に? イヨッやったぁ。やったね、あ〜た、前から
そぉ言ってたもんねぇ「俺の女が『船頭って商売、好きよ』って言ったから、
おらぁどぉしても船頭になりてぇんだ」なんて、あぁ〜たねぇ、目に涙浮か
べてそぉ言ってた。いいじゃありませんか、あぁ〜たなんざ、容子がいいん
だから船頭のなりをしてこぉ櫓につかまってごらんなさい、両河岸は女の子
でいっぱいになっちゃうよ、ホントに憎いねぇどぉも、ちくしょ〜め。へへ
へ、音羽屋ぁ〜!

■馬鹿野郎ぉ、んなこと言っておだてるから、なりたがんじゃねぇか。まッ
しょ〜がねぇや。で、ついちゃなぁ、今までみてぇに「若旦那、若旦那」と
呼んでもらいたくねぇ「徳」と呼び捨てにしてくれって、そぉ言ってるから、
そぉしてやんな。

★え?「徳」と呼び捨てに。それできません、そらできねぇよ。だってそぉ
でしょ、今までゴチになったり、いろいろ祝儀もらったりなんかしてんだ、
その人が船頭になったからって、急に手の平返すよぉな、そんなこたぁあっ
しゃできないよ。なぁ、できねぇなぁ?

◆できるよ、できますよ★できるかい?◆できるよ、何を言ってやがるんだ
い、さっきから一人でペラペラ余計なことをしゃべりやがってホントに。い
いじゃねぇ〜か、船頭になりゃ一番下っ端だよ、その人間をつかまえて「若
旦那」なんて、そんなこと言ってごらん本人が気ぃ遣うんだ。な、そぉいぅ
時にはスパッと呼び捨てにしてやったほぉがいいじゃねぇか。

◆なに言ってやがんだ、退けッ、俺が呼んでやっから。本当にねぇ、みんな
腰が立たねぇんだから、世辞ばっかり使ってやがって……、じゃ〜若旦那、
あっしゃ呼びますからね、怒っちゃ〜いけないよ。何でもものには修行って
ことがあるんだ、いいっすか、よく聞ぃてろホントに……、おぉ……、よく
聞ぃてろよ、いいか……、おぉ……、おぉ……、おぉ、おぉ、おぉ……

★烏だよ、それじゃぁ。早く呼べよ◆呼ぶよ、うるせぇなぁこんちくしょ〜、
短く切っていけねぇなと思ったら、長く伸ばしゃいいんじゃねぇか、何を言っ
てやんでぇ。おぉ〜〜いッ、とくらぁ。徳やぁ〜〜いッ、ってんだ。ご免な
さい。

 「謝るねぇ」なんてんで、大変な騒ぎですな。四万六千日(しまんろくせ
んにち)さまといぅと、ちょ〜どお暑い盛りでございましてね、とにかくもぉ
そぉなってくるってぇと、方々からお参りに来る客がドンドンドンドン船に
乗るなんてぇことがあるそぉですなぁ。

▲どぉでもいいけど暑くてたまんないよ。あぁ〜たはいいね、そやってコ〜
モリ傘なんぞ差して歩いているから、ハイカラなものを持ってさ。あたしを
ごらん、まともにお天とさま照り付けてんだよ。汗はかくしそこへホコリを
浴びるだろ、何のことはない、人間の安倍川ができちまうよ。

▲はぁ〜ッ暑いねぇ全く、どぉでもいいけどもさ、またこの通りはね、あす
こに観音さまが見えてんだ。見えてていくら歩いても近付かねぇってのが、
これがしゃくだよ。何とか涼しくス〜ッと、涼しくス〜ッと……、アッ、君、
いいこと気が付いた。この先にね、あたしの知ってる船宿があるんだ。そっ
から船を出してもらって大桟橋(おぉさんばし)まで行って、上がってお参り
しよ〜じゃないか、どぉだい?

★いけません。いや、いけませんよ、何言ってんです、船はいけませんよあ
れは、酔いますよ▲酔やしないよ、海じゃ〜ないんだから川ですよ。ね、水
の上をサ〜ッと流れるよぉに行くんだよ、考えただけだって涼しぃじゃない
か★そら、水の上をス〜ッと行きゃ〜いいよ、水の下をサ〜ッと……

▲そんなこたぁないよ、大丈夫だよ、臆病だねぇ。まッ、あたしに任しとき
な、このうちだ、なかなかいい女将でね……、こんちわッ◆はい、あぁいらっ
しゃいまし。まぁしばらくでございました、お連れさんでいらっしゃいます
か、まぁよろしくどぉぞ。よぉこそおいでくださいまして、どぉぞさぁさお
座布をお当てんなって……

◆ちょいとッ、お竹や……、まぁ、用だとなるっていぅとどこかへ行っちま
うんだからね、しょ〜がない。ちょいと、徳さん、徳さん……、どぉも相す
みませんお休みのところ、お客さまがふたぁり見えましたんでね、麦茶とお
しぼり持って来てくださいまし、お願いします。すいませんねぇどぉも、よ
ろしくお願いします。

◆まぁほんとぉにねぇ、近頃まるでお顔をお見せにならないんですからねぇ。
いえ、伺ってますよ、脇でお浮かれだってことは。ほんとですよ、いろいろ
とお言付けやら、お手紙や何かうんと溜まっちゃってますからね。ほんとぉ
に罪な方なんですから。

▲おいおい、何を言ってんだよ女将。バカなこと言っちゃいけませんよ、まぁ
そんなことはどぉでもいんだよ。今ね、友達と二人でもって、これから観音
さまへお参りに行こぉてぇんだ。歩いてったらまぁ暑くてたまらねぇんだ。
だからしとつね、こっから船出してもらって、大桟橋まで行って上がってお
参りしよぉ、とこぉいぅことになったんだ。ひとつ頼んますよ。

◆あらッ、まぁ、お気の毒ですわねぇ。今みんな出払っちゃってまして。い
えいえ、船はあるんですけどもね、もぉ漕ぎ手がいないんですよ、船頭が、
えぇ。もぉうちの親父まで出ているよぉな騒ぎなんですから、まことにお気
の毒ですけども。

▲なんだなぁ、んなこと言わないでさぁ、嫌がる友達無理に引っ張って来た
んだから、なんとか頼んますよねぇ。どっか行ってさぁ、船頭を何とか、若
い人を何とかできないの? え? 何ともできない……、弱っちゃったなぁ、
どぉもなぁ……

●え〜、いらっしゃいまし、お待ちどぉさま▲どぉもありがと。ねぇ、そこ
を女将……、へへへへっ、女将、冷たいね。あたしゃ長年このうちへ来てま
すよ、どしてそんな隠し事するの?◆何をです?▲「何をです」じゃないよ、
いるじゃねぇか、若い衆(しゅ)が一人◆いませんよ▲いるよ、今ここへ茶ぁ
持って来た、あすこへ行って居眠りはじめたの。

◆あぁ、あれですか▲そぉだよ◆いや、あれは、あれはもぉ……、なんです
よ▲何だい? 船頭だろ?◆船頭なんてまぁ、船頭でしょ〜か?▲何を言っ
てんだよ? こっちは聞ぃてんだよ、分かってるよ、客待ちしてんだろ。だっ
たらこぉしよぉ、向こぉへ行って帰りはいいよ。すぐ帰して寄越すからさ。

▲ね、その客が来たら「ちょいとお待ちを願います」や何か言って何とかつ
ないどいてさ、すぐに返して寄越すからいいだろ◆いえ、ちょっと、それは
ね、困る▲そんなこと言わないでさ、おいッ、若い衆(し)、若い衆●へい、
え? あたくしでござんすか?

▲ん、俺たち二人乗せて大桟橋までちょいとやってくんないかな●え? あ
たしが、あの、漕ぐんですか?▲当たりめぇだよ、どぉだい?●ありがとぉ
ございます、へい、お供いたします◆いけませんよ、ダメですよそんなこと
して。後生ですから、この通りお願いします。あたしが親方に叱られるから。
ね、お願いします。

●そんなこと言わないでやらしてくださいよ、いいじゃありませんか船頭に
なったはいいけど、毎日あんなところでもってゴロゴロゴロゴロしてるだけ
なんだ。ね、やらしちくだいよ、この節は腕がビュ〜ビュ〜鳴ってんですか
ら。この前みたいにひっくり返すよぉなことはありませんよ。

★ちょいと君、今なんか若い衆が変なこと言ってたけど▲大丈夫だよぉ、な
に言ってんだ臆病だねぇ。はなのうちはいろんなことがあるんで、今ぁそん
なことはないよねぇ。じゃ〜ひとつ頼むよ●へッ、よろしござんす。行って
きますから。

●先に船に乗ってますから、すぐに乗ってくださいよ▲おいおい女将、本人
が行くってぇんだから、ね、いいじゃないかほんとぉに。じゃ〜君ね、女将
の気が変わらないうちにスッと船に乗っちゃお、乗っちゃえばこっちのもん
だから、どぉだ、川のそばまで来るとス〜ッと風が変わるだろ、これがいい
やね。

▲わたし先に乗るよ、あッドッコイショのしょッと。さ、お乗んなさい何し
てんだ? 恐い? 恐いことはないよ、臆病だねぇほんとに、じゃわたしが
手ぇ貸してやろぉ、はいまたいで、そぉそぉそぉ、そこへ座っちゃってごら
ん。どぉだい、いいだろ、どぉだい?

★君はねぇ、好きだからそやって一人ではしゃいじゃってるけど、これこぉ
揺れますねぇ▲そら揺れるよ、揺れたって大丈夫だよ、海とは違うんだから、
ダッバ〜ンとくるよぉな波はないからね。そんな心配するこたぁないの。

▲お〜い◆なぁに〜?▲いや、いないんだよ、火箱だけ置いてあるからね、
どっか行ったんだね、ちょいと探してくれこっちも急いでるから。憚りか何
か入ってるんじゃないかい? いました? いません? しょ〜がないなぁ
ほんとに……

▲あ〜ッ、女将、いたいた。あんなとこから出て来たよ。お〜いッ、何して
んの?●どぉも相すみませんでした▲「相すみません」じゃないよ、船頭が
客乗っけてどっか行ってちゃしょ〜がねぇじゃねぇ〜か、どこ行ってたんだ
よ?

●どぉも相すみません。今ちょいと髭当たってたもんですから▲色っぽい船
頭だねぇ? まぁいいよ、このほぉがね。鼻水なんかズル、擦りながら行く
より威勢がよくってさ。じゃ頼むよ●へ、もぉあっしが来りゃグ〜とも言わ
せませんから、任しといちください、へぇ。だいじょ〜ぶでごござんす。

●んッ……、おッ……、よッ……、んッ……▲んッ? 見栄を切ってるよ。
ひとつ頼むよ●へ、だいじょ〜ぶでございます。じゃ行ってきますから、安
心して◆いいですか、いけないと思ったらどこへでも着けちゃうんですよ、
いいですか。どぉもありがとぉございました、お帰りにはまたどぉぞ……

◆無理しちゃいけませんよ、石垣に着けなさい、あとからすぐに人をやりま
すから。どぉも……、何してんですか? 出ないことはないでしょ。只今す
ぐでございます……、もっと腰を張ってごらんなさい腰を、腰を張るんです
よ。

●腰張ってんですよ、これだけ張って出ないなんてそんなバカな話は……、
うッ、うッ、う〜ッ……▲何してんだよ、まだ繋いであるよ●え? あぁ、
どぉも……、こぉやって舫(もや)ってあるとね、なかなか出ないもんですよ。
丈夫なんですな、こいつわ……、今度は出ますよ、ウソだと思いますか、賭
ける?

▲そんなこたぁどぉでもいいよ、早くやんな●やりますよ。大丈夫ですか、
やりますよ、よ〜〜ッと、ほら軽く出た、出るでしょ▲当たり前だよ、早く
やってくれ●へ、こぉなりゃもぉこっちのもんです。よッよ〜〜ッと、へへ
へ、よッよ〜〜ッと、よッよ〜〜ッと、さぁ〜ッ、あらあららら、ほッほッ
ほッ、イヨッ、ららららら……

●ちょいとお客さん、棹流しちゃったんですがね、すいません、ちょっとあ
れ取ってくれますか?▲バカなこと言ぅな、てめぇで取りゃいいじゃねぇか
●泳げないんですよ▲嫌な船頭だねぇ……、もぉ櫓に変わるんだろ●えぇ、
もぉ櫓に変わります。もぉ櫓とくりゃこっちのもんですからね、グッとも言
わせませんから大丈夫です、こらいいもんですから……

●船にぃ、船頭、囁いてぇ〜♪▲おい、ちょっと待ってくれよ。喉のいいの
は分かるけど、どぉしてこの船はこぉグルグル回るの? え? 回らないで
まっつぐ行けないの?●えぇ、この船は回るのが好きでござんしてね、いつ
もここで二度っつ回るの。もぉ回りっこなら負けたことねぇんですよ▲そん
なのいいよ、回りっこわ。まっつぐやってくれ、まっつぐ。

●へッ只今、もぉすぐでござんすから。ここんとこでもってまっつぐ、ほッ、
あらよッと、ヨイショッと、これで大丈夫。今日はなんですか? 四万六千
日さまお参り、あぁそぉですか。陸(おか)歩いてるってぇと暑くてしょ〜が
ねぇでしょ、ね? こぉいぅときは船に限るんですよえぇ、みんな暑そぉだ
もんなぁ……

●おやッ、いい女だねぇ、何もんだろぉありゃ? なんかのお師匠さんだね、
こっちを見ろこっちを、こっちを見ろよ。こんないい船頭がいるのに、なぜ
見ねぇんだろぉなぁ……、バカだねぇほんとに、こっちを……、ホォ〜〜♪
何だ、野郎が一緒か。

●竹屋のおじさ〜ん、今お客さま乗せてね大桟橋まで行ってきますよッ▼お
い徳さん、お前さん一人でかい? 大丈夫か〜い?★おい、ちょいと待っち
くれぇ、待っとくれ、今変なこと言ってた▲何が?★「何が」じゃないよ、
変なこと……

★大丈夫だよ君、そんなに心配しなさんな。ねぇどぉってことないな?●へ、
どぉってことはないんですよ、ちょいと粗相するってぇとね、みんなであぁ
して心配をしてくれるんでね、ありがたいもんですなぁ★どしたんだい?

●えぇ、大したことはないんですがね、赤ん坊負ぶったお上さんを川の真ん
中へおっことしまして▲おいおい、大したことあるよ。それでね、どぉでも
いいけど君、さっきからこの船が段々だんだん端(はじ)のほぉへ寄ってくん
だよ、放っとくと石垣へ着いちゃうよ。

●えぇ、この船は石垣が好きなもんでござんして▲そんな蟹みたいなこと言っ
てちゃ困るんだけどねぇ、ほら、着いちゃうよ。ほら着くよッ、ほらッ、ほ
らッ●ハァハァハァハァ……▲何してんだよ? 教えてんじゃないか「着く
よ」と。ね、うしろ見てごらん、あんなに広いんだよ。なぜこんなところへ
来んの? しょ〜がねぇじゃねぇか、こんなとこへ来たって。早く出しなよ。

●ハァハァハァハァ……、うっさいねぇ。だから素人は嫌だってんだ、何を
言ってんだ。そっちで見てるってぇと何ともないよぉだけどね、これなかな
か難しぃんだい。嘘だと思ったらこっち来て漕いでみりゃいいんだ。その太っ
てる旦那、コ〜モリ傘なんか差してボンヤリしてちゃ困るんですよ。いくら
こぉやって漕いだってね、一旦引っ付いちゃったら出ませんから。

●一旦こぉね、つぼめてグ〜ッと押してください。船離して、棹流しちゃっ
て無いの知ってんでしょ、早くやんなさいよ★おい君、どぉしてあたしゃあ
いつに小言を言われなきゃなんないの?▲いいから早くやんなよ★やります
よ、こんなところに誰がいるもんか、冗談じゃねぇ……。いいかい、分かっ
てんね。あたしがズ〜ッと押すから、押したらスッと出とくれよ。

★ヨイショッ、っと。そら、離れた離れた。よ〜しいいぞ、よ〜しッうまく
行った……、おいちょいと待ってくれ、あの石垣のあいだコ〜モリ傘挟まっ
たまんま。よぉ、あすこへ戻っとくれ●いえ、あすこへはもぉ二度と戻れな
いことになっております。どぉぞお諦めを。

★おい、冗談じゃないねぇ、おい何だよあすこんところに……。おい君、人
間どこでどぉしてこぉ損をするか分からないねぇ▲そんなこといいじゃない
か君、どぉせあれ福引で当たったんでしょ★福引で当たったって、あたしの
もんだよ▲そんな文句言ってないで(グラッ)少しは船の気分を味わいなさ
い(バタンッ)船の気分を。どぉだい船の気分は?(グラッ)

★「どぉだい」じゃないよ(グラッ)さっきからお辞儀ばかりしてんねぇ。
どぉしてこぉお辞儀すんの?(バタンッ)▲しょ〜がないよ、君だけじゃな
い、あたしもお辞儀してんだ(グラッ)お互いに失礼がなくていい、陸を歩
いてる連中もこっち見てお辞儀してるよ(バタンッ)世の中義理堅いねぇほ
んとぉにね。あぁ〜、いい気持ちじゃないか君(グラッ)

★よかぁないよ、頭が落ちそぉだよあたしゃ。くたびれるよ大変に(グラッ)
▲くたびれたっていいの、そいで向こぉ行ってなんか食ぅってぇとものが旨
く食べられますよ(バタンッ)人間、運動をしなくっちゃいけませんよほん
とぉに……

▲あのねぇ、君ちょいとすまないがね、あたしゃ今タバコを吸いたいってぇ
心持ちなんだ(グラッ)すまないけど、ちょいと火箱を取ってくんないか、
その火箱を(バタンッ)★この最中にタバコなんぞ吸ぅことないじゃないか、
だからあたしゃタバコ吸いってぇのは嫌いなんだよ(グラッ)ね、本当に我
慢ができないんだから(バタンッ)……

★早く着けなさいよ(グラッ)▲着けよぉと思うと君、引っ込めるねぇ(バ
タンッ)どぉして君、そぉ薄情なの(グラッ)君とは長い付き合いですよッ
と(バタンッ)★(グラッ)▲(バタンッ)はい、着きました、ありがとぉ。
うまいねぇ(グラッ)お辞儀しながらタバコ吸ぅと、こぉうまいとは思わな
かったな(バタンッ)

▲あぁ〜、結構なもんだよ景色をごらん(グラッ)上下いっぺんに見られる
よ、これがいいやねぇ(バタンッ)もぉすぐだよ、揺れが段々だんだん無く
なってくるからね(グラッ)そぉなってくるとス〜ッと滑るがごとく行くん
だよね(バタンッ)ホラホラホラホラ、ドンドン揺れなくなるでしょ。これ
なんだよ船の身上(しんしょ〜)てぇものは。

▲ス〜ッと、たまんないよほんとぉにね。ん? おい、もぉし、目なんぞつ
ぶっちゃってどぉしたんだい?●ハァハァハァハァ、ハァハァハァハァ……、
汗が目ん中入っちゃって向こぉが見えねぇんですがね、もし向こぉから大き
な船が来たら避けてください▲おいおいおい、そんな心細いこと言っちゃ〜
いけないよ、おい、しっかりやんなよ。大丈夫かい?

●大丈夫? あぁ……、お客さん勘弁してください。もぉあっしはこれより
漕げませんよ▲おい、どぉすんの、どぉすんだよ、あすこに桟橋見えてきて
んだ。もぉちょいとだ頑張んな●いぃえ、もぉダメです。もぉ嫌だ▲そんな
こと言わないで●もぉ嫌だったら、もぉ嫌だ、もぉ▲しょ〜がねぇなぁ「嫌
だ」なんて言ってちゃ。じゃ〜、俺たちはどぉすんだよ?

●お客さん、あのね、そのへん浅くなってますから大丈夫ですえぇ。で、尻
はしょって中へ入っていただいて陸へ上がっちゃっておくんなさいな★大変
な船へ乗っかっちゃった、こらどぉも。しょ〜がねぇなぁ▲おい君、怒んな
くっていいよ、あたしがちゃんと背負(しょ)ってっから大丈夫だよ。いやまっ
たく変な船頭だねぇ……、よっこいしょのしょっと。

▲さ、負ぶさんな、負ぶってあげますよ、あぁ〜たにね、いろいろご迷惑か
けたから(よいさッ、よいさッ、よいさッ……)さッ、上がんなさい。あぁ
驚いた、こんな船てな初めてだよ★あたしもねぇ▲おい、船の中でうつ伏せ
になっちゃってるよ。お〜い、若い衆、船頭、大丈夫かい?

●お客さん、上がりましたか?▲上がったよ●おめでとぉございます▲なん
だ、心細いなぁ。俺たちこのまま行っちゃうけどいいかい?●お願いがある
んですがなぁ▲何だい?


【さげ】
●船頭一人、雇ってくださいな。


【プロパティ】
 帳場格子=商店などで帳場の囲いに立てた、二つ折りまたは三つ折りの低
   い格子。上方では「結界」
 河岸=川の岸。特に、船の荷物の積みおろしをする岸。
 こんちくしょう=此畜生:「この畜生」の転化。相手をののしっていう語。
   また、腹を立てたり、くやしがったりする時に発する語。
 新造=新しく船をつくること。また、その船。新造船。新艘(しんぞう)。
 容子=身なり。姿。風采(ふうさい)。そぶり。身のこなし。
 音羽屋=歌舞伎俳優尾上菊五郎の家系、およびその門弟の尾上姓の俳優の
   屋号。
 四万六千日(しまんろくせんにち)=寺の縁日の一種。この日に参詣すると
   四万六千日間参詣したのと同じ功徳があるという。元禄頃に始まり、
   観音菩薩の功徳日とされるが、根拠は未詳。七月一〇日の東京浅草寺
   の場合、ホオズキ市などでにぎわう。
 コウモリ傘=開くとコウモリが翼を広げた形に似るところからいう。細い
   鉄の骨に絹・ナイロンなどを張った洋傘。こうもり。
 ハイカラ=〔high collar〕たけの高いえり。 また、明治時代、西洋の文
   物を好む政治家・官吏がハイ・カラーを着用していたことから、目新
   しく、しゃれていること。西洋風なこと。そして、そのさま。そのよ
   うな人をもいう。
 安倍川=安倍川餅:焼いた餅を湯に浸し、黄な粉をまぶしたもの。静岡県
   安倍川あたりの名物。あべかわ。
 観音さま=浅草寺(せんそうじ):東京都台東区浅草にある聖観音宗の寺。
   山号、金竜山。別称、浅草(あさくさ)観音。本坊は伝法院。本尊は聖
   観世音菩薩。縁起によれば、推古天皇の時代に興り、円仁が再興。徳
   川家康は寺領五〇〇石を与え、江戸庶民の信仰を集めた。戦後天台宗
   から独立。
 大桟橋(おおさんばし)=江戸時代、山谷堀(東京都台東区今戸橋付近)にあっ
   た桟橋。吉原通いの舟の発着場であった。
 火箱=相撲の升席に置いた、灰皿にもなる火鉢を入れる箱。転じて煙草盆
   のことを火箱と呼ぶようになった。
 憚(はばか)り=人目をはばかる所の意で便所のこと。
 舫(もや)う=船と船とをつなぎ合わせる。また、船を岸の杭などに結んで
   停泊する。むやう。
 ♪船にぃ、船頭、囁いてぇ〜……=端唄「船に船頭」
 竹屋のおじさん=竹を売る人ではなく、東京都台東区浅草7丁目(山谷堀)
   にあった隅田川の渡船船宿「竹屋(家)」を指す。
 音源:古今亭志ん朝 1974/08/24/神戸文化ホール なみはや亭(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=古今亭志ん朝 sub=*  ●main高座記録日:1974/08/24  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2005/06/05  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2013/04/07  ●リクエスト数:rakug369  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次