【上方落語メモ第8集】その368

船 徳 (上 方)


【主な登場人物】
 若旦那  親方  船頭仲間  客ほか

【事の成り行き】
 今回、二度目の上方版・江戸版比較企画となっています。比較というより
は、元ネタ紹介しとかんとまずいかな? という、江戸版への畏敬の念もあっ
てのことでした。

 三十分ネタの「船徳」を十五分で……? やってしまえるところは技能賞
ものです。しかも、面白い部分のエッセンスを取り出して、濃縮しての上方
「笑福亭たま」版。これはこれで十分楽しめる作品になっています。

 しかし、幾らなんでも上方版だけ紹介したのでは、きっとお江戸からクレー
ムがくるに違いない、というか、わたしの気持ちが落ち着かない。ささやか
なお詫びをこめて、江戸「志ん朝」版にもお目をお通しください。
(2005/06/05)

             * * * * *

 え〜、只今より開演でございます。まずはわたくし、笑福亭たまのほぉで
一席お付き合い願いますが、実はわたくしですね、天王寺で今日夜、八時開
演の落語会を、自分の会をやるわけでしてね。よろしかったらまた来ていた
だけたらと思ておりますが、全部ここカットされますが……

 わたくしのほぉは「船徳」といぅお噺を一席聞ぃていただきます。江戸の
お噺でございましてね、結構たっぷりあるネタでございまして、まぁ向こぉ
では志ん朝師匠とかがやってはったんやそぉでして、まぁこっち側の雰囲気
で言ぃますと、米朝師匠や春団治師匠、文枝師匠、その方らが三十分かけて
じっくり語るよぉな、そんなネタでございます。

 が、今日は十五分でさしていただきます。え〜、まぁ、よろしくお願いい
たします。

 ここにございました船場の問屋の若旦那、道楽が過ぎまして勘当。それま
で馴染みにしておりました船宿に居候となったんですが、この居候ちゅうの
も退屈なもんで、

■ほたら若旦那、あんた船頭になるっちゅうんでっか?●そぉや■「そぉや」
やおまへんがな、あんたみたいな細っそい体で船頭てなもんできるわけおま
へん。やめなはれ●ほな、親方とこであかなんだら、よそ行くわ■そらあき
まへんがな、あんた勘当ちゅうたかて、うちで預かってるよぉなもんやのに。
どぉしても? あさよか、ほなやんなはれ。どっち道すぐやめんねさかい。

●何言ぅてんねん、わしゃすぐやめへんねさかいな。ほな、若いもんちょっ
と呼んでんか●何で?■「何で」て、今日が船頭の初日や、皆に祝儀配って
芸者上げてウワァ〜ッと騒ごか■もぉ、そな大層(たいそ)な。そんなお金ど
こにおまんねん?●立て替えて■あっさり言ぃなはんな、あんた船頭なって
も性格若旦那のままでんがな。まぁよろし、とりあえず若いもん呼びまっさ。

■おい、お清。若いもんこっち来るよぉ言ぅてこ〜い▲ヘぇ〜い……。あの
松っちゃん、竹やん、梅やん、ほかのアジャラカモクレンさん、親方呼んだ
はりまっせぇ★誰がアジャラカモクレンやねん、何や?▲「何や」やおまへ
んのん、親方が「早よ来い」言ぅてえらい剣幕で怒ったはりますわ、早よ行
きなはれ。

★分かったぁるわい、やいやい言ぅな。ホンマあのお清っちゅうのは偉そぉ
なものの言ぃよぉやで、ほで言ぅこと当てにならんねがな。せやけど「親方
怒ってる」っちゅうとったで、早よ行こか◆チョチョチョ、ちょっと待ちぃ
な★何や?◆「何や」やあらへんがな、親方怒ってんねやろがな、なんも分
からんと行て怒られたらウロくるがな、何ぞ見当付けて行たほぉがえぇのん
違うか。

★あぁ、それもそやなぁ。せやけど、何で怒ってんねやろなぁ? おい、誰
ぞ、こん中で心当たりないか?▼あのぉ、ひょっとしたら、船の一件と違う
か?★何や辰っつぁん、何ぞ心当たりあんのん?▼いや、こないだ皆出払ろぉ
て、わい一人留守番しとったがな、ほなそこへ大工のほぉから親方のサラの
船が届いたんや、ほいでわいそれ勝手に乗って遊んどったらな、船底浅瀬で
ガリガリ〜いわして沈んだんや。

★おい、無茶しないな、親方のサラの船沈めてどないすんねん。それやで、
それ◆ちょ、ちょっと待ちぃな、それやったら辰っつぁんだけやろ、皆呼ば
れるか?★はぁ、それもそやなぁ、ほなほか誰ぞ心当たりないか?▼あのぉ、
ひょっとしたら、うどんの一件と違うか?★また辰っつぁんやがな、何や?

▼いや、こないだな、皆出払ろぉとって、またわい一人留守番しとったんや。
ほな横町のうどん屋が来て、天ぷらうどん二つ置いていきよってん「おかしぃ
なぁ、わい頼んだ覚えないねんけどなぁ」せやけどうどんのこっちゃ延びた
らあかん思て二つとも食たんや。ほな、食い終わった頃にな、隣りの船宿が
「おい、天ぷらうどん遅いなぁ」騒ぎ出しよった。こらいかん思て、慌てて
その空の丼鉢、隣りの台所へこそ〜ッとなおしといたんや。

▼ほな、向こぉのお母(か)んえぇ人やがな「あら、わたしの知らん間に誰ぞ
食べてしもたんやわ」チャリ〜ン、うどん代丼鉢の中入れよった。せやさか
い、わいまたその銭をな、こそ〜ッと盗ってきたんや★おい、お前盗人やが
な。それやで、それ◆それも辰っつぁんだけやろ、皆呼ばれるか?★ほな何
やねん?

▼犬の一件?★おい、辰っつぁんばっかりやがな、何やねん?▼いや、隣り
の犬、食たんや★食ぅな、食ぅな。ほんでまた隣りばっかりえらい目ぇ遭わ
しとぉるがな▼あぁ、隣りの嫁はんとはなぁ……★もぉえぇわ、お前の話聞ぃ
とったら心細ぉなってくるがな。もぉ辰っつぁんのせぇやがな、おいちょっ
と皆で謝りに行こか……

             * * * * *

★親方、遅なりまして(遅なりまして、おそなりまして、オソナリマシテ、
遅なりまして)■あぁ、みな集まったんか。いや、今日みな呼んだっちゅう
んはほかでもないねん、実はな……★あぁ、もぉみなまで言ぃなはんな、分
かってま、分かってま、あの船の一件でっしゃろ。親方のサラの船乗って沈
めたっちゅうのん、あれ辰っつぁんでんねん。今聞ぃてビックリして文句言ぅ
てたとこ。せやさかい堪忍したっとくなはれ。おい辰っつぁん、前出て謝れ。

▼親方、えらいすんまへん■何をしとんねん、わしの船乗って沈めた、無茶
すなよ。それいつのこっちゃねん? ちょっとも知らんかった★おい「知ら
んかった」言ぅてるがな、それと違いまんのん?■違うがな、いや、今日呼
んだちゅうのはな……

★あぁ、もぉみなまで言ぃなはんな、分かってま、分かってま。うどんの一
件でっしゃろ、あれも辰っつぁんでんねん。隣りの天ぷらうどん食て、銭ま
で盗ったっちゅうのん。今聞ぃてビックリしてまんねん、おい謝れ。

▼えらいすんまへん■お前、何しとんねん。また隣り、謝りに行かんならん
やないかい、ちょっとも知らんかった★おい「知らんかった」言ぅてるがな、
それと違いまんのん?■違うがな、実はなぁ★あぁ、犬の一件■お前ら、何
ぼほどしとんねん、無茶すなよ。いや、今日はお前ら怒んのに呼んだんやな
いねん。実はな、この若旦那が船頭になんねん。

★えッ、若旦那が船頭に、あぁさよか、こらめでたい▼何がめでたいねん、
わいのしくじりみなバラしてんねん★まぁえぇ▼えぇことあらへんがな……

 まぁこんな頼んない連中ですから、教えるほぉがえぇ加減、習うほぉがえぇ
加減。船頭てなもんそんな簡単にできるもんやない。せやけど、みながこぉ
チヤホヤチヤホヤするもんですから、若旦那、自分はもぉイチマンニンチャ
ニンマエになってると……、わたしが一人前なってないみたいですけど。

 みながチヤホヤチヤホヤするもんですから、自分が一人前なってると思て
おりますある日のこと。

▲え〜、ご免なはれ◆まぁ、これはこれはお珍しぃどぉぞこちらへ、お連れ
さんもどぉぞ▲いやぁ〜、暑っついなぁ……

 アッまた忘れました、これ夏場のお噺でございます。先に言ぅのん忘れま
したけどもね、ホンマに一人前は遠いわけでございますが。

▲暑っついなぁ、こないお日ぃさん高かったらもぉ人混みん中歩かれへんが
な、ほいでな、水の上涼しぃ行こ思て寄してもろたんや、ちょっと船一艘仕
立ててくれるか◆まぁさよか、おおけにありがとさんでおます。ところが今
日は船頭さんが一人もいてぇしまへんの。

▲「一人もいてへん」て、船乗らないてられへんがな、こいつコ〜モリ傘差
しても暑い言ぅてんねんで。船繋いだぁったがな、いけるやろがな?◆いや、
それがあきまへんのん。今日はお陰さんで繁盛しとりましてな、もぉ船頭さ
んが一人もいてぇしまへんのん、親方も留守でんのん。

▲えッ「船頭さんいてへん」て、今奥で本読んでるやつ、あれここの若いの
んと違うんかい、あれ船頭やろがな?◆へッ? あぁ、あら船頭と違いまん
のん▲何やねん?◆何でっしゃろなぁ?▲いや、こっちが尋んねてんねん。
あッ分かった、先に名指しで押さえられてんねやろがな、分かったぁるがな。

▲ほなこないしょ〜、高麗橋の詰めまでやってんか、それやったらかめへん
やろがな。帰りまで待っとけゆえへん、じきのあいだや、かめへんやろがな。
おい、若いのん、若いのん●へぇ、何です?▲わしらな、高麗橋の詰めまで
やって欲しぃねん●え、わたいがあんさんら乗せまんのん。へ、承知しまし
た。

◆ちょっと若旦那、あきまへんがな、まだ無理でんがな。親方の留守にそん
なことされたら、わてが叱られまんがな、無理でんがな●大丈夫、心配要り
まへん。こないだみたいにね、ひっくり返したりしまへんよってに★おい、
おかしなこと言ぅてるがな「ひっくり返した」言ぅてるで▲嘘やがな、冗談
で言ぅとんねん、なぁ、若いのん?

●へぇ、もぉせぇしまへん▲やってんのんかいな……。まぁ、はじめのうち
はそんなこともあった言ぅてんねやろ、ほな、高麗橋の詰めまでやってくれ
るか●へぇ、承知しました。ほな、先船乗っといとくれやす▲あぁそぉか、
ほな頼んだで●へ、先行っといとぉくれやす。

▲こないしてな、船の上来たら水もあってヒンヤリと気持ちえぇがな★そぉ
かて、暑い▲「暑い」てな、お前そぉしてコ〜モリ傘差してるさかいましや
がな、こっちゃじかにお日ぃさん当たってんねんで、暑いの暑ないの。おッ、
若いのん出て来た。せやけど、こないして見たら細っそい体やなぁ、色も白
いし、あんなんで船漕げるんかいな?

▲若いのん、ほな頼んだで●へぇ、承知しました、景気よぉやりまっさかい。
ほないきまっせ、イヨ〜ッと、イヨ〜ッと……、んッ……、出ぇへん▲出ぇ
へんかったらあかへんがな、早よ出してくれよ●分かってまんがな、すぐい
きまっさかい、イヨ〜ッと……、プゥ〜ッ!

▲お前、屁ぇ出してどないすんねん、船を出さんかい●分かってまんがな、
イヨ〜ッと……、んッ……、やっぱり二人も乗したら重たいわ▲力のない船
頭やなぁ、お前大丈夫かいな……、お前、船繋いだぁるがな。舫(もやい)綱
付いてんのにどないして船出んねん●はぁ、なるほど▲「なるほど」やあら
へんがな、早いこと出さんかい。

●ほないきまっせ、イヨ〜ッと……、出たッ▲当り前やがな、偉そぉに言ぅ
な●イヨ〜ッと……、イヨ〜ッ、イヨ〜ッ、イヨ〜ッ……、あッ、流れた、
取って?▲何を言ぅてんねん、何でわしが取らないかんねや。どないすんね
ん?●大丈夫でんがな、こっから櫓ぉに変わりまっさかい。ヤ、ゥントショ
イ〜ッ▲お前、掛け声一人前やなぁ。

●イヨッと、櫓ぉに変わったらこっちのもんですわ、うまいもんでっしゃろ。
イヨ〜ッと……、イヨッと、船にぃ〜♪、鼻歌もんだ、船にぃ♪、バタン、
船頭ぉ♪、バタン、囁いてぇ〜♪、バタン……▲お〜い、この船回ってるが
な●へぇ、ここ三べんずつ回る決まりでんねん、バタン▲どんな決まりやね
ん、三べんまわらないかんのかいな?

●こないだは半日回ってた▲あ、アホ。止め止め止めぇ〜ッ。ちょっとゆっ
くり漕げゆっくり、ほれ、真っ直ぐ進んでるやないか。何で船乗ってこんな
疲れないかんねや。お前、ホンマに船頭かいな?

●いや、わたいね、根っからの船頭やおまへんねん。道楽過ぎて勘当、わた
い船場の問屋の倅(せがれ)でんねんけどね、ほいで、その極道ちゅうのがこ
れ、新町の稲本のたが袖。これがもぉ、色が白いとこへさして笑うとホベタ
に笑窪がペコッ、そらもぉ可愛(かい)らしぃ女ごでねぇ……、あぁ〜ッ!

▲手ぇ止まっとるやないか、早よ漕げよ●分かってまんがな、ちょっと退屈
せんよぉに、話したってんのに、色恋の顔やないわお前ら……▲何を言ぅと
んねん、早よ漕げ●分かってまんがな、あぁ、前のコ〜モリ傘の大将、あん
たもぉちょっとこっち寄っとくんなはれ、前が見えにくおまんねん。寄っと
くんはれ、どんならんで。ヨイッショ……

●うぉ〜い、竹屋のおっさんちょっと見とくんなはれ、今日、わたい漕いで
まんねんで。一人で漕いでまんねん、お客さん二人乗してまんねや▼大丈夫
かいな? 若旦那、一人かいな?▲おい、おかしなこと言ぅてるがな、どな
いしてん?

●いや、皆ね、心配してくれまんねん。こないだちょっとしくじったもんや
さかい▲何したんや?●赤ちゃん抱いた女の人ね、川放り込んで▲無茶すな
よ●ちょっとの、しくじり▲えらいしくじりやがな、命だけ助けてくれよ。
おい、それよりなぁ、ドンドンドンドン端ぃ端ぃ寄っていってんねや。おい、
石垣が段々だんだん近寄ってきてるがな、おい、ぶつかるっちゅうねん、お
い、止めッ、石垣とぶつかるがな、わッと……

●へッ、着きました、石垣▲お前、どこへ着けてんねん、早よ真ん中やれ。
お前、何怖い顔してんねん、早よ真ん中やれちゅうねん●ハァハァハァ……、
偉そぉ言ぃなはんな、わたいかて一生懸命やってまんねん、そない偉そぉ言ぅ
ねやったらあんた漕ぎ。

▲何でわしが漕がないかんねん、そんなことできるかい。早よ漕げよ●分かっ
てまんがな、ほなあの、コ〜モリ傘の大将、あんたですわ、すんまへんけど
ね、その傘でちょっと石垣突いとくなはれ……「何で」もクソもおまへんが
な、棹がおまへんねん、あんたが突くわたいが漕ぐ、せやなかったら真ん中
出られしまへんがな。早よ突きなはれ、このヘタ。

★ヘタ? 何でわし、あいつに偉そぉ言われなあかんねん▲そんなボヤキな
はんな、こぉなったら突かなしょ〜まへんがな★どんならんなぁ、何さされ
るや分からんわ……、ほないくぞぉ、イヨッ、ホイッ、早よ漕げ、早よ、漕
げ、グサッ……

★おい、お〜い、おい●うまいこと刺さってまんなぁ、戻りまへんで★お前、
無茶すなよ、傘一本ワヤやがな▲もぉそんなボヤキなはんな、命には代えら
れまへんがな。それよりちょっと、火箱とっとくなはれ、火箱★へ?▲火箱
★火箱? この最中にタバコ吸ぅんかいな。

▲吸わないてられまへんがな、船乗ってこない疲れるとは思いまへんでした
わ。ちょっと、火箱とっとくなはれ★火箱て……、ちょっと、揺れてきまし
たなぁ、グラッ……▲ホンに、えらい揺れてきましたなぁ、グラッ……、火
箱こっちやっとくんなはれや、グラッ……

★グラッ……、バタッ▲グラッ……、なんしてなはんねん? グラッ……、
バタッ、なんしてなはんねん?★グラッ……▲グラッ……、火箱、こっちやっ
とくんなはれ★グラッ……、そぉかて、グラッ……、こない船が、グラッ……
揺れたんではね、グラッ、グラ、グラッ……

▲おい、はまってるがな。助けたれ助けたれ●え? どこです?▲「どこで
す」やあらへんがな、沈んでるっちゅうねん●え、グイッ……、どこ? グ
イグイッ……▲お前、櫓ぉで顔どついとぉるがな★グェ、グェ、ブクブクブ
ク……▲おい、沈んでるがな●グィ〜〜ッ▲おい、突くなよ。


【さげ】
 ワァワァ言ぅております「船徳」おあとと交代です。


【プロパティ】
 古今亭志ん朝=三代目(1938〜2001)落語家。東京の人。本名美濃部強次。
   父、志ん生の八方破れキャラを受け継ぎつつも繊細な語り口に人気が
   あった。得意な出し物「愛宕山」「酢豆腐」など。
 アジャラカモクレン=アジャラモクレン:とんまな人間。落語「死神」に、
   死神が消えて病が治る呪文「アジャラカモクレン・キューライソ・テ
   ケレッツノパ」
 ウロがくる=うろたえてしまう。ウロ:うろたえてすることも定まらぬこ
   と。
 サラ=新品。新しいこと。新規。手付かず。強めてサラッピン。
 いわす=やる。やっつける「ゴ〜ンいわす」。また、言わせる。
 なおす=しまっておく。
 おおけに=オオキニの行訛。大いに・たいへん。
 コウモリ傘=開くとコウモリが翼を広げた形に似るところからいう。細い
   鉄の骨に絹・ナイロンなどを張った洋傘。こうもり。
 高麗橋=大阪市中央区高麗橋。高麗橋筋、東横堀にかかる橋。
 舫(もやい)綱=船と船とをつなぎ合わせる。また、船を岸の杭などに結ん
   で停泊するための細い綱。
 ♪船に船頭囁いて=端唄「船に船頭」
 新町の稲本=稲本楼という遊郭は実在した。
 たが袖=新古今和歌集の「梅の花たが袖ふれしにほひぞと春や昔の月にと
   はばや」が有名。遊女の名としてポピュラーだったらしい。
 ヘタ=蔕:茄子・柿などの実についている萼(がく)。大阪ではそれに加え、
   芋やキュウリ・大根の端の部分もヘタという。
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 ワヤ=駄目。失敗。無謀。滅茶苦茶。枉惑(わ[お]うわく:ごまかしだま
   すこと)の約訛という。ワウワク→ワワク→ワヤク→ワヤ? 「さっ
   ぱりわや」は散々な目にあった意味。てんやわんやのワンヤもワヤか
   ら移ったもの。
 竹屋のおっさん=竹を売る人ではなく、東京都台東区浅草7丁目(山谷堀)
   にあった隅田川の渡船船宿「竹屋(家)」を指す。江戸版「船徳」から
   の流用。
 音源:笑福亭たま 2005/02/23 上方落語の会(NHK)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭たま sub=*  ●main高座記録日:2005/02/23  ●音  源  名:上方落語の会(NHK)  ●ファイル公開日:2005/06/05  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2013/04/07  ●リクエスト数:rakug368  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次