【上方落語メモ第8集】その353

せ ん き の 虫


【主な登場人物】
 飛脚(使い走り)  疝気の虫  届け先の番頭さん、奥さんほか

【事の成り行き】
 昆虫が栄えたのが三億六千万年前、人類の祖先が誕生したのが三百万年前、
ざっと百二十倍以上長く地球に暮らしておられることになります。というこ
とは、百二十倍以上、地球環境の変化に対応され、艱難辛苦を乗り越えてき
たということも言えます。

 それだけの場数を踏んでこられた昆虫さんですから、これからの変化に対
しても、人間とは比べものにならない適応力でもって進化・繁栄し続けるこ
とでしょう。それなのに、人間は虫に対してあまりに無神経な言葉を作りす
ぎています。

 虫が好かん、虫唾が走る、虫がいい、虫が付く、虫の息、虫の居所が悪い、
虫の知らせ……。見方を変えれば、それだけ長く身近に虫と付き合ってきた
証しと言えなくもないですが、虫をバカにしていると主従逆転するかもしれ
ません。獅子身中のゴキブリ、ゴキブリが地球を支配する日が来るという科
学者の見解もあります(2004/11/21)。

             * * * * *

 どぉぞよろしくお願いいたします。出てまいりましたわたくし、桂雀々、
またの名をケェ・ジャンジャンと申しまして、ジャンジャン笑って帰ってく
ださい、お願いします。

 もぉ、しゃべるだけでございましてね、頭が痛かろぉが、熱が出よぉが、
からだ節々ギクシャクしよぉが、ここ(口)の筋肉だけなんですね、もぉ気楽
な仕事で手軽なもんでございまして、あっちこっちでおしゃべりさしてもら
いまして。

 夏休みに入りまして、こないだ、沖縄のですね、石垣島といぅとこござい
ましょ、石垣島からそして船で渡って小浜島といぅところで「落語やってく
れへんか」いぅことで行ったんですよ。

 リゾート地でございまして、そこね。そらもぉ島民だいたいほとんど、まぁ
あのなんですかね「ハイハイハイハイ、ホホホホホ、ヘヘヘヘヘ」いぅよぉ
なとこでございます。

 まぁだいたい高齢化社会でございますから、百人ちかく島民の方がですね、
そのリゾート地へやってまいりましてね、もぉ杖突きながら「ハヘホヘ、ハ
ヘホヘ、ホホヘヘ」言ぃながらやって来て、夜、まぁ落語会なんですよ。

 でも、小浜島ていぅのは西表(いりおもて)があって、もぉまもなく目の前
が台湾なんですよね。言葉が通じるのかどぉかいぅよぉなことも心配ござい
まして、大阪の上方落語でございますからね。

 夜、落語会開いていただきましてね、昼間このなんです、舞台のセッティ
ング、いわゆるなんです、舞台の高さが何センチであって、お客さんが座布
団でこぉいぅふぅに聴ぃてもらおとか、そぉいぅふぅなことで。

 あの〜、落語会をですね、夜、開催するといぅことで、でもあのね、あの
「はいむるぶし」いぅとこで、もぉあっちこっちコテージがあって、いいと
こなんです、スンゴイいいとこです。

 ほであの、部屋をとりあえず取っていただきまして、入りますと、これス
ゴインですよね、裏庭と言ぃますか、広ぉ〜い、そこそこ敷地広いです。で、
窓がこんな大きな窓、グ〜ッと開けましたら、前が東シナ海なんですよ。

 スゴイですよ。東シナ海で、その前、背景ちゅうか、その景色がですね、
フェニックスが何本かこぉ立っててですね、ほで、水牛も放し飼いなんです
よ、水牛が。

 水牛がそのへんウロウロ・ウロウロしてるんですよ。そしてあの、もぉ一
つ、一つといぅか孔雀がね、孔雀がそのあの、その羽を広げないままの孔雀
がこぉして歩いてるんです。のどかなとこなんですよ。スゴイえぇとこなん
です。

 なぜ孔雀がいてるかと言ぃますと、ハブ退治で、あの孔雀が結構ハブやっ
つけてくれるんで、ハブ出んよぉに孔雀を放し飼いにしてるんですよね。で
「あぁえぇとこやなぁ」てね。

 ほんでなんです、ちょっと打ち合わせちゅうか、フロントから電話あって
「ほなお願いします」言ぅて、ほで行きました。行ったら行ったでね、帰っ
て来て、ほで、まだ開演まで時間あるなぁ思てのんびりしよ思て、部屋入ろ
思たら、どぉも部屋の様子がちょっと違うんですよね。

 ほで、こんなとこに置きもんは無かったのに、何かいな? とこぉ思て、
窓を開けっぱなしに出て行ったもんですから、これズ〜ッと置きもんかなと
思たらですね、置きもんが……、てこぉ、動いてるんですよ。

 置きもんにしてはよぉできてんなぁ、動いてるから何かいなぁ? 思たら、
ちょっと待った、この目のところね、ラメが入ってましてね、ほで付けまつ
げがクリンとこぉ、可愛い孔雀なんですよね。

 そのときに「これはいけないな」と思て、なにかこぉ、わたし嫌いなんで
す鳥類触るのも。ほで、それまた孔雀でしょ、高さがこれぐらいあるんです
よね、ここからこれぐらいあるんですよ。

 そしてそれをどけよ思て、スリッパか何かでこぉ追いやったんですね、孔
雀がこぉ広げないままこぉいぅ形でズッと部屋へ入って来るわけですよ。入っ
て来る、分かります? 入って来るんですよ。

 ワッ、これは入ってもろたら困るわけで、ほで「あぁ、えらいこっちゃ」
思て、もぉなんしかもぉソファーやとか、もぉ何か投げつけてですね、とに
かく追い出そ、追い出そと思たときにですね、えらいもんですね、威嚇しだ
したんですよ。

 目の前で見事ですよ、えぇ、それもベットの横で孔雀が「シュ〜ッ・シュ
〜ッ……」スゥゴイですよ「シュ〜ッ・シュ〜ッ」広げたら、これが天井に
つくぐらいの、もぉ生でわたしのために羽を広げてくれてるんですよ。

 「シュ〜ッ・シュ〜ッ」雀々の部屋が孔雀の間「シュ〜ッ」なってるんで
すね。これはスゴイもんやな思て、ところが、狂暴なんです相手はね。なん
しかね、出てもらわなけりゃ困りますから、いろんなもの放って、しまいに
はですね、もぉバスタオルからみなバァ〜ンとこぉ顔面に当たったんでしょ
うね。初めてです、孔雀の鳴き声て聴ぃたの。

 普通ニワトリは「コケコッコォ〜」でしょ、孔雀は違います、大きな声、
高い声で「メコォ〜ッ」て鳴くんですよ。これはなかなか放送では言えませ
んよ、ハッキリ言って「メコォ〜ッ」て鳴くんです。

 ビックリしましてね「なにがメコォじゃ〜」ボ〜ン、もぉグゥ〜、もぉ孔
雀と雀々の一騎打ち。ギャ・ゴンゴン・ゴンゴンゴン・メコォ〜・ウ〜ンウ〜
ン、広げたまま、こっちへ向かって来ます。スッゴイ状態。羽は散らばるし
ね、スンゴイ状態で「こらいかん」思てまたフロントへ助け求めに行きまし
たよ。

 「すいません、すいません、ちょっと助けてください」「どぉしたんです
か?」「いや、あの、雀々です、孔雀やって来ましてね。すいませんけど助
けてもらえませんか」言ぅたら、そこでまたね、面白いですなぁあれ、こぉ
皮の手袋はめてですよ、二人来てくれて。

 「お前そっちから行け、わいこっちから行くから」言ぅて、そしてグ〜ッ
と広げたままですよ孔雀。ほんなら、だいたいもぉ分かるんでしょ孔雀もね
「こら危ないな」思て「メコォ〜」なってる、そこへギュ〜捕まえて、ほん
だらもぉ「大丈夫です、大丈夫です、もぉ放します」ビュ〜ッとこぉ持って
行って。

 かわいそぉに孔雀がね、首絞められたまま「メコォ〜」言ぅて追い出した、
いぅよぉなことですけどね、もぉねあの、孔雀とか鳥類ね、嫌いでね、あた
しもね、スズメスズメて書いて雀々でしょ、名前あの、鳥嫌いなんですハッ
キリ言ぅて。もぉいっそのことヨワイヨワイにしょ〜思てね、もぉ弱々でえぇ
わ思いながら、ほんと、いやいやいや、まぁそれだけのことなんですよ。

 まぁ、そんなことはどぉでもえぇんです。まぁ好き嫌い、鳥類であるとか、
そしてまたですね、だいたい動物系は嫌いなんです、あの、犬とか猫とか、
あのあまりね、こころ心底から好きやないんです。夏場はまたね、これ虫が
多なります、虫が。

 虫がねぇ、いろいろとですね、いろいろな虫がありますが、こぉいった虫
もあるわけでございます。(以上、ほぼ口演のまま。本編は可能な限り編集)

●ビクリした、ビクリしたぁ……。ビックリするやないかい、ホンマにもぉ。
人が走ってるときに急に声かけたりして、ビックリするやないかい、何やお
前、何もんや?▲えらいどぉもすいません。申し訳ございません、突然声か
けまして。あの、わたし決して怪しぃもんやないので、どぉぞご安心くださ
い。

●いやいや「怪しぃもんやない」て、ちょっと待ちぃな。わいが知ってる人
間とか犬とか猫とかやな、見たことあるもんやったらえぇでおい、お前何や
わけの分からん虫やで、おい。それがまたしゃべってんねんで、どこへ出し
ても怪しぃやないかい。で、何や、何の虫や?

▲あッすいません申し遅れました。わたくしね、疝気(せんき)の虫でござい
ます●あぁ、便所にいてる?▲いえいえ、それは「センチの虫」でございま
す。せんきの虫いぅことでね、誇りに思てまんねんで、イエェイ●「イエェ
イ」やあれへんがな、せんき? ちょっと待ち、せんきいぅたらあの病気の、
男の下腹がグ〜ッと痛となる疝気かい?

▲そぉでんねん、へぇ。あれ、みなわたいらがやってまんねんで、イエェイ
●えぇっちゅうのにホンマに。あッそぉ、ちょっと聞くけど、女が痛となる
癪(しゃく)っちゅうのんあるやろ、癪もお前らがやってんのんかい?▲なる
ほど、いぃ質問でございますねぇ。

▲あのね、癪には「シャクの虫」っちゅうのがいてまんねん。まぁ親戚、仲
間ちゅうたら仲間でんねんけどね、なんですねぇ、おっしゃるとおり男の疝
気ね、下腹がグ〜ッと痛となってね、癪の虫はね女性、ご婦人の方の胸から
胃ぃをグッとさし込むのが癪でございましてね、まぁこれがどぉ言ぅんです
か気が合わんちゅうか、すごい気がきついんです、その癪の虫っちゅうのが
ね。

▲わたしらがね、こぉちょっとでも触れたりしたらすぐ怒りまんねんで「癪
に触るなぁ」ちゅうてね●ホンマかいなそれ……、あぁそぉ、それで何かい、
せんきの虫、お前何しに出てきたんや?▲大将あの、どこ行きはりますのん
今から、どこ行きはりますのん?●「どこ行く?」て、これから堺のほぉへ
ちょっと手紙一本持って行かんならんねやないかい。

▲あッそぉですか、堺まで行きはるんですか、すんませんけどわたし、道連
れなってもらわれしませんか、道連れに?●「道連れ」て、何でや?▲あそ
この角のとこにね、野良犬が三匹いてまっしゃろ、わたしちょっと苦手でん
ねん犬が●恐いんかい?▲恐いと言ぅよりも、はっきり言ぅてね相性が合わ
んちゅうか、虫が好かんのです。

●あぁなるほど、お前が言ぅぐらいやからよっぽど好かんのやろ。けどもや
なぁ、ここは飛田(とびた)やで、見てみぃ石碑が立ったぁるやろ。こっちは
南無阿弥陀仏と書いてあって、こっちは南無妙法蓮華経と書いたぁんねやな
いかい、人が「わぁこんな寂(さび)しぃとこ、早よ抜けよ」と思てるときに
やなぁ、お前がフッと声かけるからビックリしてんねやないかい。

●ほんで、お前も堺行くんかい?▲そぉでんねん、わたいも堺へ用事がおま
んねん、用事が●ほぉ……、虫が何の用事があんねん?▲いやあの、仲間が
ね、今度取り付いた人間が、なかなかしぶといやつですねんて、ほでね「悪
いけどひとりでは、ちゅうか一匹ではあかんので、ちょっと悪いけど応援に
来てくれへんか?」ちゅうて声かけてくれましてん。

●あぁそぉ、そんな友達同士連絡のやり取りしてんのかいな?▲しょっちゅ
う、頻繁にしてまっせ●あッそぉ▲「虫の知らせ」っちゅうて●……、どこ
までホンマやねん、言葉遊びはもぉえぇねんホンマにもぉ。そぉ堺、珍しぃ
なぁ。

▲珍しぃことおまへんねん、わたい堺へ行くのが好きでございましてね、堺
行くと「大寺餅(おぉでらもち)」ちゅうて、あんころ餅おまっしゃろ●名物
の?▲そぉですそぉです。あれ食べんのが好きでね、あれ食べた人間の体の
中で暴れ倒しまんねん。疝気筋をグ〜ッグ〜ッ引っ張って、人間が七転八倒
しまんねん「痛い痛い、いたいわぁ〜い」ちゅうてね。

▲けどね、あんまり調子乗って食べ過ぎたらあきまへんねんで。熱ぅ〜い、
濃ぃ〜いお茶が流れて来たら逃げなあきまへんねん。あのお茶に体触れたり
なんかしたら、わたいら死んでしまいまんねんで●あッそぉ……、ちょっと
待ちぃな、人間誰しも甘いもん食べたあとお茶飲むやろ?

▲そぉでんねん、そのときちゃ〜んと避難場所おまんねん、避難場所が●ど
こや?▲別荘でんねん●なに?▲別荘でんねん●「別荘……?」人間の体に
何かいな、本宅とか別荘とかそんなんあんのん?▲へぇ●どこや?▲いやあ
の、それがねぇ、言ぃにくいんですけど……、金でんねん。

●なに?▲金です、キンキン、金ちゃん。あの袋ですね、玉ちゃん。金ちゃ
ん玉ちゃん袋ちゃんですね、そこへ逃げますねん。そこへこぉ避難してです
な、お茶が通り過ぎたらまた出て来て「あ〜ん」と、そのあんころ餅を食べ
る、っちゅうんですけど……、あっちゃ〜ッ、しもたぁ〜ッ、えらいこと言ぅ
てしもた〜ッ。

▲大将、すんません。あのねぇ、こんなこと人に言わんといとくなはれ、頼
んまっせ。こんなこと人間に情報洩れたら、もぉわたし仲間外れされまんね
ん。仲間外れだけやなしにね、上方疝気の虫協会から除名されますねん。

●えらい厳しぃ協会やなぁおい。大丈夫だいじょ〜ぶ、そんなこと誰が言ぅ
ねん「疝気の虫としゃべった」て、誰が信用するそんなこと。アホなこと言ぅ
てんねやあれへんで、分かったわかった。

●ほたらお前、堺のどこや? え? お前もそぉか? 近所やないかい、ほ
たら行こか▲ほたらひとつ、道連れお願いいたします。お供さしてもらいま
す●しっかしまぁ、不思議なこっちゃでこれ、ほなまぁ行こか……。疝気の
虫と道連れと、まいろぉかい♪

             ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

●(ハッホッハッホッ)おい、付いて来てるか疝ちゃん、むぅやん、疝ちゃ
ん付いて来てるか? どこにいてるねん、どこにいてる?▲(ハッホッハッ
ホッ)ちょっと待っとくなはれ、お腹痛い、横っ腹痛い……、ちょっと速い
んと違いますか、ちょっと待っとくなはれ(ハッホッハッホッ)先さき行っ
てもろたら困ります。

●おい、何をしとんねん。疝気の虫が横っ腹痛いてアホなこと言ぅてんねや
あらへんで、来い来いこい、もぉすぐや……。見えてきた見えてきた、付い
て来い付いて来い▲(ハッホッハッホッ)ちょっと待っとくなはれ。行きま
す行きます、ちょっと待っとくなはれ……

●来た来たきた、ここ大道九間町(だいどぉくけんのちょ〜)や。おい、むぅ
やん着いたぞ、疝ちゃんどこにおるねん? 横っ腹痛い言ぅてたけど、遅れ
たんかいな、疝ちゃん、むぅやんどこや? おれへんけどまぁ行かなしゃ〜
ない……

●(トントントン)こんばんわ(トントントン)こんばんわ■はいはい、ど
ちらさんでございます?●えらいどぉもすんません、申し訳ございません夜
分に、田中屋から手紙を一本持ってまいりまして■あぁ、ご苦労さんでござ
います。まぁ、どぉぞどぉぞこちらへ……

■実はですなぁ、うちの主人が出てまいりましてご挨拶せなあきませんねん
けど、実は……●はぁ、はぁ、はぁはぁはぁ。えぇ、えぇ、えぇえぇえぇ。
ほぉ、ほぉ、ほぉほぉほぉ。ほぉ〜ッ、ほぉ下腹が……。ご主人よっぽど苦
しんでるちゅうことは、なるほど、ここかい。虫の知らせはここやったんや。

●すんません、ちょっとお尋ねしますが、ご主人の病気といぅのは疝気と違
いますやろか?■わ、分かりますか?●分かりますわかります、えら分かり
です。ほかの病気ならともかくも、疝気のことならもぉ前もって分かります
「疝気予報」いぅてね……、あぁ、しょ〜もないこと言ぅてしもた。あいつ
のんうつってしもた、どもならんでホンマに。

●えらいすんません、ご番頭はん。疝気によぉ効く「おまじない」をちょっ
と知ってるんでございますが、やってみまひょか■そぉでございますか、わ
かりました。へぇ、どぉぞご案内いたします……、どぉぞこちらでございま
す。

●うわぁ〜ッご主人、どぉもはじめまして、うわぁ〜ッ、えらい苦しみよぉ
で……、ちょっとおまじない、疝気の。痛いのんよぉ分かります、ちょっと
待ってください。ご番頭はん、あの堺の名物で「大寺餅」ちゅうのんござい
ますなぁ、それ、十(とぉ)ほど買ぉて来てもらえますか。それと熱ぅ〜い、
濃ぃ〜いお茶を用意してもらえませんか。

●これが疝気によぉ効くんでございます。そら昔から疝気にはですね、あん
ころ餅に始まってお茶で終わるちゅうことでございますんで。いやいやホン
マでございます、ちょっと早や幕でお願いします。

★こんばんわ。えらいどぉもすんませんなぁ、うちの主人の疝気を●あッ、
奥さんでございますか、どぉもどぉもはじめまして。いや、ちょっとある情
報がございまして……、ご番頭はん買ぉて来ていただきました、えらいすん
ません。すんません奥さん、ちょっとお話を聞ぃてもらえますか。この大寺
餅をですな、ドンドンドンドン食べていただきますか。食べて食べてたべて、
いや、これがよぉ効くんでございます。

●大寺餅、十ほどございますんで一気に食べていただきます。何です、太る?
そんなもん、手遅れです十分太ったはります。いやいや、そぉやなくて、あ
のですなぁ、食べていただいてですな、ご主人の口元へですな、その食べた
あんころ餅の匂いを「ハァハァハァ」っとこぉ吹きかけていただきたいんで
ございます。

●これがよぉ効くんでございますわ。食べて食べてたべて、ハァハァハァ、
ハァ〜ッとこぉ口元へ。えぇ? 恥ずかしぃ? もぉそんな歳やございませ
ん、いや、違いますねん、これがよぉ効くんでございます。お願いいたしま
す、どぉぞ食べていただきます。

●あとで、痛みがキュ〜ッときますんで、そのときに熱いお茶を飲んでいた
だきますか、お願いいたします★そぉですか、わたし地元にいてながら、あ
んまり大寺餅といぅのをよばれたことございませんねんけど、ちょ〜だいし
ます。見られてるとなんか……、いただきます、久し振りやわぁ……

★久し振りにいただきましたけど、なかなかあっさりしてえぇもんでござい
ます。ドンドンいきます……、あぁ〜ッ、美味しぃわぁ。まだ食べますのん?
ん、ん、ん、ん……、これで五つめ。ん、ん、ん、ん……、あんさん、あん
さん来なはれ、起き上がんなはれ。いきまっせ……

★ハァ〜ッ、ハァ〜ッ……、恥ずかしがりなはんなもぉ。口開けなはれ、い
きまっせ、ハァハァハァハァ、ハァ〜ッ。まだ足らんみたいやわ、ん、ん、
ん、ん……、いきまっせ、ハァハァハァハァ、ハァ〜ッ、いやんもぉ〜ッ。

             * * * * *

■おいおい、おい、えぇ匂いして来たぞ。これ大寺餅ちゃうか◆うわぁ〜ッ、
あんころ餅やぞ、せやせや■うわぁ〜ッ、堺へ来た甲斐があったで、よかっ
た。上から匂いはすんねんけど、まだ来ぇへんな。とりあえず上へあがろか
◆あがろ、あがろ、あばら使こて行こあばら(ヒョイヒョイヒョイッ)

■おい、食道から喉のあたりまで来たけどないぞ、どないなってんねん……。
あかん、来てへん来てへん。みな向かい入って行ってんねんがなおい、あか
んあかん、とりあえず向こぉ行こ。ここまで来たら食べに行かなしゃ〜ない
で◆行こか行こか、とりあえず行こか?

■行こ行こ、引越ししょ〜。ひぃふのみっつで飛ぶぞ「ひぃ、ふの、みっつ」

             ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

■うまいうまいうまい、うまいわぁ〜ッ。疝気筋引っ張ろ、♪あほらほら、
ほらほら、疝気筋ガックリガックリ、いよっとしょッ……、お茶が来たら逃
げなあかんぞ、お茶が来たら逃げよ……

★ハァハァハァハァ、ハァ〜ッ、いやんもぉ〜ッ……、痛た痛た、痛いイタ
イ、痛い〜ッ●さぁさぁさぁ、奥さん、お茶をグッと飲んで、お茶を一気に
飲んどくなはれ。

■お茶が来たら逃げなあかんぞ、気ぃ付けよ、避難せぇよ。お〜いッ、お茶
が来た、来た来たきた、逃げ逃げ逃げぇ〜ッ。別荘べっそぉ、べっそべっそ、
別荘べっそ……? 別荘? 袋? 玉ちゃ〜ん? 金ちゃ〜ん? 別荘べっ
そ、べっそべっそ?

■おかしぃなぁ、別荘? 別荘? 別荘、知らん? 別荘? 別荘? 別荘?
別荘? 別荘、知らん?(舞台の隅々を探し、客席の女性に尋ね……)


【さげ】
■ざこば師匠ッ、別荘知らん?(と次の演者を呼びながら舞台袖に引っ込む)


【プロパティ】
 はいむるぶし=南群星(はいむるぶし):八重山地方の言葉で「南十字星」
   を意味する。ここでいう「はいむるぶし」とは、沖縄県八重山郡竹富
   町字小浜2930にあるリゾートホテル。
 疝気(せんき)=漢方で、下腹部の痛む病気。あたはら。疝。疝病。
 センチの虫=雪隠の虫:センチ虫、便所に湧くウジ。
 癪(しゃく)=胸や腹のあたりに起こる激痛の総称。さしこみ。
 飛田(とびた)=大阪市西成区の地名。天王寺の西に位置する歓楽地。江戸
   時代に墓地・刑場があった。
 しょっちゅう=始終。「始中終」の転訛か。
 大寺餅(おおでらもち)=堺、大寺餅河合堂の名物菓子。餅をこしあんで包
   んだもの。以前は大寺さん(開口(あぐち)神社:堺市宿院交差点北東)
   の境内で売っていたという。また、大量に製造・卸もし、近隣の茶店
   などが販売していたとの記録がある(長塚節『松蟲草』)。
 言わんといとくなはれ=言わんと・おいて・おくなはれ:フランス語のリ
   エゾンに似ていなくもない、iwanto oite okunahare → iwantoitoku-
   nahare「言わないで、何もしないで、いてください」
 まっせ=「ますえ」が詰まったものだろう。落語「三十石」を聞いている
   と「ますよ・ましょう」の詰まった「出そ出そ、出しまっそ」なども
   見受けられる。同様に「ますか?」は「まっか?」「ます」は「まッ」
   大阪圏外の人が台風のとき「今日は落語会はありますか?」と電話で
   尋ね「ありま」と答えられ「あります」なのか「ありません」なのか
   分からずに困った。という話はいま作った話です。
 大道九間町(だいどうくけんのちょう)=庖丁鍛冶菊一文字藤原四郎兼隆本
   家根本梶本平兵衛。という店が……、三十石に出てきます。
 早や幕=小芝居などで幕あいを早めて、客に退屈させないようにするのを
   早幕という。転じて、物事を急いですること。
 音源:桂雀々 2004/08/23 エブリ寄席(KTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂雀々 sub=*  ●main高座記録日:2004/08/23  ●音  源  名:エブリ寄席(KTV)  ●ファイル公開日:2004/11/21  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/12/16  ●リクエスト数:rakug353  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次