【上方落語メモ第8集】その352

嬶  違  い


【主な登場人物】
 アホ  甚兵衛さん  隣りの清八  その親方  嬶となる人ほか

【事の成り行き】
 これを読んでおられる方にも伴侶、奥さん旦那さんのおられる方が多いと
思います。伴侶という言葉は「ベター・ハーフ=半良」からの国語訳だとい
うことを聞いたことがありますが、どうしてベスト・オールではないのか?

 なんでも旧約聖書にその答えが載っているそうで、人類最初の女性イブは
人類最初の男性アダムのあばら骨から造られたからといいます。それで男性
は自身のあばら骨で造られた女性を、女性は自身を造ってくれたあばら骨の
持ち主の男性を捜し求め、合体することによってベストなオールな状態にな
れる。というのですが……

 原材料表示されてるわけやなし、現在の伴侶、配偶者が真のハーフ、片割
れであるかどうかなんて誰にも分かりません。ベター、より良き、まぁえぇ
かこんなもんやろ……、物理的に合体可能なら(2004/11/07)。

             * * * * *

 え〜、大阪落語の「嬶(かか)違い」といぅ、実にバカバカしぃお噺でござ
います。それをば一席聞ぃていただきます。

■おい、どないしてんねん? おい、これ、おかしぃなぁ……、これ(トン
トン)これッ(トントン)お〜いッ(トントン……)よぉ寝たもんなぁ、こ
れだけ寝たら朝寝してんのか、昼寝してんのか分からんなぁ(トントン)こ
れッ(トントン)ちょっと開けとくれ。

●ふぁ〜ッ、かなわんなぁもぉ、この夜深(よふか)に表をドンドンと、どな
ただすえ?■何が夜深や、おい間違ごぉてへんかえ、もぉ昼ちょっと過ぎて
んねで●あぁ、甚兵衛はんの声だんな。何だっか、昼過ぎてまっか? あッ
そぉか、わてつい最前目が開きましてな、えぇ月夜やなぁ思てまた寝まして
ん。

■そぉいぅアホやお前は、お月さんとお日ぃさんと間違えるやつあるかいな。
さぁ(トントン)開けとくれ(トントン)●もぉ叩きなはんな、内らからも
の言ぅたら叩く必要おまへんがな。

●いや、もぉな、閂(かんぬき)が入れたぁるちゅうわけやないのんだっさか
いな、じんわりと押してさえもろたらな、その戸ぉは自然に開きます。けど、
閂代わりはちょっと置いてまっさかいな、でまぁ、気ぃ付けてなボチボチと
押しとぉくなはれ。

●あッ、そらあかん。上突いたらあかんねん下のほぉをこぉ押してもらわな。
あぁ〜、閂がチャプつく、あぁ〜ッ……、それ、とぉとぉ閂ひっくり返して
しもたがな、もぉ。上のほぉ突いたらいかんちゅうのに、もぉしょ〜ない、
閂のハネが上がったら汚のおまっせ、まぁ気ぃ付けて歩きなはれ。

■閂のハネ? えらい、庭、水やなぁ●いや、水やおまへん。そらションベ
ンや■ションベン? あッ、ホンにこらションベンや、どないしてんこれ?
●「どないしてん」て、あんた、わたしとこなぁ、閂があったんだっけど、
そいつブチ割ってな、焚きもんに焚いてしもたんだ。けどなぁ、まぁせめて
閂の一本も入れとかなんだら無用心な話や思てな、ほで寝しなにその戸ぉの
際(きわ)へションベンタンゴこぉ持って来て置いてまんねん。それがうちの
閂代わりだんねん。

●ほで、わてが夜中にちょいちょい起きておションベンするもんやさかい、
いっぱいになってましてん。それをあんた、下のほぉ持って押したら、戸ぉ
と一緒にギュッギュッギュッとこっちへ閂が寄んねけど、上のほぉ持ってグ
ワァッと押したさかいゴロ〜ンと閂が返った。ハッハッ、閂のハネは汚のお
まっせ。

■そら汚いわ、そんなものを別になんにも閂代わりにせぇでえぇねがな、ケッ
タイな男やなぁ。ほで、庭の隅に根深(ねぶか)を植えてんのんか、お前。庭
の隅やみな根深植えたかて、日当たりがよぉないやろがな●「日当たりが」
てアホらしぃ、いえ別にわたいが好きこのんで植えたもんやないのんで。あ
のな、根深買ぉてきて白根ちぎって庭の隅へ放ったんだ。ほな友達がちょい
ちょい来て閂ひっくり返すもんやさかいに、肥えが回って芽が出よったんで。

■汚いなぁ、畑やがなそれは……、ほてお前何やなぁ、いつ来ても寝間上げ
てたことないなぁ。いっぺん寝間上げたらどぉや?●さぁ、わたいもそない
思うのんで、わたい上げたいのんで、実は。上げよと思いまんねんけどなぁ、
それがあんた居候が置いておまんので、そいつが可哀相ぉでよぉ上げまへん
ねん。

■生意気なこと言ぃなやお前、自分ひとりさえよぉ食いかねてんねやないか、
それがお前、生意気に居候置くとは何事や。どんな男か知らんけど、根っか
ら見たことないなぁ●えぇ、そらあんた見まへんやろ。もぉ昼はちょっとも
出まへんねん。ほで、晩になるとヒョコヒョコと出歩くやつで■おい、えぇ
加減にしぃや、昼出んと晩になって出歩くなんて、あんまり筋のえぇやつや
ないなぁそれ。いったい何者や?

●「何者や」て、こんだけ言ぅてんのん分からんか、わたいのこの布団の、
それ足のほぉ見てみなはれ、グッとこぉふくれてまっしゃろ、ネズミが巣ぅ
してまんねや■アホッ、よぉあんな気楽なこと言ぅてるなぁ「ネズミが巣ぅ
してます」て、そんなこと喜んでたらあかんがな、早よその巣ぅ潰してしま
い。

●さぁ、そこだんねや。わたいも潰そとは思いまんねけどな、世の中にこの
義理ほど辛いもんはおまへんで■ほぉ〜ッ、お前ネズミに義理があんのか?
●へぇ、おまんねん。夜中に目が開いて退屈んなるとな、そのネズミの巣ぅ
へ足を持っていってカッカッとかき寄せて来るとな、欠き餅の欠けや芋のヘ
タが出て来まんので、それをあんた、よばれてまんねん。

■おい、そんなことしぃなやお前、衛生によぉないで、お前は無神経な男や
なぁ。またそこらが汚いなぁ、いっぺん掃除したらどぉや?■もし、あんた
何か、今日はうちぃゴチャゴチャと文句言ぃに来なはったんか?■いや、そぉ
向きになって怒りないな、別に文句言ぃに来たわけやないねけど、あんまり
汚いさかいついまぁ、腹が立ったら堪忍しとくれ。ちょっと話があって来た
んやが、お前はまだ無妻やなぁ?

●もぉ、そない臭かったら去(い)に■「くさい」やあれへんがな「むさい」
ちゅうてな、お前まだ一人もんやなぁ●えぇそぉです。一人もんのやもめの
独身だす■そない丁寧に言わんかてえぇ。お前が一人もんやさかい、わしが
なぁ、嫁さんを世話しょ〜と思うねやが、お前持つ気ぃないか?

●え? 嬶(かか)を……。さッ、どぉぞこっちお上がり、さぁ、どぉぞこち
らへ■おかしぃやっちゃなぁ、嬶のこと言ぅたらベンチャラして。そこらハ
タキ歩かんかてえぇわい、よけホコリが立つがな。持つか?●へぇ、持ちま
す。もぉ持ちとぉて困ってまんねん。わたい二十八だんねん今年なぁ、嬶が
持ちたいなぁ思うねけんども、さてあんた、わたいがどこぞへ「嫁はんおま
へんやろか?」なんて、そんなこと言ぅて回られしまへんがな。あんたなら
こそ、ありがとぉ。嬶もらいます。

●ほで何だっか、ちょっと柄の変わったんおますか?■おかしなこと言ぃな、
呉服屋行ったみたいに「柄の変わったん」やなんて。あるさかい世話しょ〜
ちゅうねや●そぉだっか、おおけに。そのあんたが世話しょ〜いぅ嬶はヒョッ
とアホやおまへんか?

■お前がアホじゃ、何を言ぅてんねん。お前みたいなアホに頼んない嫁はん
持たしたら所帯が張り切れんさかい、嫁はんはしっかりした人を持たな、と
こぉ思てな、わしの世話しょ〜といぅ嫁はんはなかなかしっかりしてるで。
顔は十人並み優れたぁる、お前には過ぎもんやで●ありがとぉ! 嬶もらい
まひょ!

■厄払いみたいに言ぃな、賑やかな男やなぁ。ほたらなにか、持つか。持つ
ねやったら見合いせんならん●いやぁ、もぉ見合い要りまへん、見合い要り
まへん■見合い、要らへん?●えぇ、ちょっとぐらい見合いして顔だけちょっ
と見て、それではあんた顔は分かっても心が分かりまへん。なぁ、心の悪い
嬶持ったら一生の不作だっせ、せやからあんたがこの女ごと、あんたが見込
んでまんねやろ、ほなそれで結構だんがな。もぉあんたにお任せします。

■偉いなぁお前は、そのとぉりじゃ。お前がそぉいぅ気やさかい、わしはどぉ
してもよぉ放っておかんねがな。いや、わしに任しとき。お前が道を連れて
歩いて、友達に出会ぉて恥ずかしぃよぉな嫁さんは世話せんさかいにな。ほ
たらまぁわしに任しとき●へッ、どぉぞお願いしま。

■で何か、お前とこ暦あるか?●はい、暦ぎょ〜さんおま■ぎょ〜さんなん
か要らん、一冊あったらえぇねん、見せてみ●へ、これどぉです?■ははぁ、
こら去年の暦や、今年の暦は?●さよか、これどないだす?■これ、これも
去年のやっちゃ●ほな、これは?■これも去年のやっちゃがな、おかしぃなぁ
お前、なんで去年の暦こないぎょ〜さん持ってんねん?

●それがあんた、死んだお袋の遺言(いぃごん)だんねん■ケッタイな遺言や
なぁ、どない言ぅた、お袋は?●「兄よ、わしが死んだらお前が所帯を持た
んならん。全てモノといぅものなぁ、朝のうちに買ぉたりしたらどぉしても
高い、終いもんを買え、終いもんはぎょ〜さんあって安いさかい」

●と、こない言ぅてうちのお袋死んでまんねや。せやさかい、その遺言守っ
てわたい、何でも終いもの買いまんねや。ほで、その暦かてな、あの去年の
十二月にみな買ぉたんだんねん。

■アホやなぁ、お前は。ほかのもんなら終いもんは分かるで、暦の終いもん
買ぉてどぉすんねや。ほたら今年の暦いつ買うねん?●えぇ、またこの十二
月に■アホッ、買いなやそんなもん。オモロイ男やなぁお前わ。暦がなかっ
たら日が分からんなぁ●いや、日はもぉどぉでもえぇ、今晩連れて来て。

■今晩? えらい性急やなぁ……、まぁえぇ、こんなことといぅものは善は
急げっちゅうなぁ、思い立ったが吉日(きちにち)じゃ●さよぉさよぉ、出た
日ぃが命日じゃ■ゲンの悪いこと言ぃないな、この場合。ほなわしな、日が
暮れ早々嫁さんを連れて来ることにするわ。

■でな、大した支度は要れへん、お前もやっと呑む酒やなし、まぁ酸い酒の
一合も買ぉて、ほて尾頭付き何でもかめへん、えぇか。ほで、そこらも綺麗ぇ
に掃除して。

■それとお前のその頭はどぉや、えぇ若いもんが耳のとこまで毛ぇがダラっ
と、みっともないことしぃなや。床屋へも行て、お前の顔は何となしにドド
黒い顔やなぁ、風呂へも行きや●わたい風呂へは二へん入ってまっせ。

■二へん? 二へんにしてはえらい汚れてるが、日に二へんか?●いえ、年
に■年に? オモロイやっちゃなぁ。年にて、いつ入んねん?●三月と九月
だんねん■彼岸やがな……、しょがない男やなぁ、ほたわしはなぁ、日が暮
れたら早々連れて来るさかい、こしらえしときや。

●ちょっと、ちょっと、ちょっと待っとくなはれ■何や?●あんた、懐に十
五、六円、細かいもんおまへんかい?■十五、六円てかいな、十五円や二十
円の小遣い、わしゃ切らさへんで●さぁ、そない思てな、ちょっとそれ貸し
て■「貸して」あっさり言ぅ男やなぁ、お前にもの言ぅたら損や。どないす
んねん?

●「どないする」て、あんた、支度もせんなりまへんで、だいちあんた、床
屋へ行かんなりまへんがな■床屋てお前、床屋二十銭ほどあったら綺麗ぇに
してくれるがな、それに十五、六円もどないすんねん?●あんたはホンマに
気の利かん人やなぁ、当り前やないかいな、床屋二十銭でもほかほかのこと、
そのゴテゴテ言わんと置いていき。

■わしゃ呆れてものが言えんわ、こないだお前には五十銭貸してあるがな、
あれどぉなんねん?●いやぁ〜、あんなもん構いまへん■こっちが構うわい
な、もの言ぅたら損や……、どもしょ〜ない、十五円あるさかいえぇか、今
度返してや●また一緒に倒す■一緒に倒されてどもなるかい、しょ〜のない
やっちゃ、用意しときや……

●ありがたいなぁ、あの人はホンマに親切な人やなぁ。なにしろ世話甚といぅ
あだ名が付いたぁんねん、人の世話ばぁ〜っかりして損してんねや、ほて喜
んでんねや。アホやなぁあいつわ■誰がアホや?

●えッ、あんたまだ、表にいなはったんか?■ションベンしてたんじゃ、わ
しゃ。アホとは何や●そらあんた、内緒ごと■「内緒」何言ぃやがんねん、
もぉしょ〜のないやつじゃ。

 「表にいてるとは思わなんだなぁ、さぁ床屋行たろ」と床店へまいります
と、よぉ流行る店とみえていっぱいの客でおます。ほた、ほかの空いてる店
行きゃえぇがそこがアホのこと、もぉぎょ〜さん人のいてるとこでじ〜ッと
待ってましたが、次々客が入って来ます。

 ほと、入って来る客が面白い世間話を持ち込んできます。するとそれをア
ホが聞ぃてゲラゲラゲラゲラ笑ろて、根から散髪刈ってもらおと思わん。と、
次の人が先に次の人が先に、一番ドンケツに残されました。そんなことご存
じないのが嫁さんでございます。

 仲人が付いて路地(ろぉじ)の入り口まで来ましたが、この仲人に用事がで
きました。で、この頼まれ仲人といぅのが付いて来ましたが、これはまぁな
い型やおません。よぉこぉいぅことがあるもんで……

◆あのなぁ、この横手入って三軒目とは聞ぃてんねん。けど、あんた知って
のとぉり、わたしこの頼まれて来たんや、頼まれ仲人やさかいな、家は分か
らん。分からんけどまぁ、たいがい入ったら分かるじゃろ、今晩おめでたが
あるっちゅう家(うち)じゃ。さぁ一緒に入ろ。

 「一軒、二軒、三軒……、真っ暗がりやなぁ、おかしぃなぁ。今晩嫁はん
が来るちゅのに、戸ぉ閉めて真っ暗がり、いっぺん隣りで聞ぃてみよ」と、
聞き合わしたのが四軒目の清八さんちゅう人。この人も今晩嫁はんもらいま
す。

 この人はこら普通の人だっさかい、もぉちゃ〜んと片付けて毛氈の一枚も
敷(ひ)ぃて待ってるとこへ……

◆えぇ、こんばんわ★へッ、お越し◆つかんことをお尋ねしますが、今晩こ
のお長屋におめでたのあるといぅおうちは?★えぇ、わたくしとこでござい
ます。先ほどからもぉお待ち申しておりますので、さぁどぉぞ◆あッさよぉ
か、お宅でおますか……。なッ、三軒目と四軒目の間違いや、このぐらいの
ことはあろぉ。

◆え〜ッ、日柄もよぉておめでとぉございます。仲人が来るはずのところ、
ちょっと急に用事ができまして、わたくしが頼まれ仲人でまいりましたよぉ
なわけでございます。ま、どぉぞそこのところは悪しからず★さよぉでござ
いますか、どぉもそれはそれはありがとぉさんで。ご苦労さまでございます。
なんにもございませんが、まぁホンの乞食も身祝い、どぉぞお掛けを。

◆いえ、えらいすまんこったすけどども、わたしなぁ忙しぃからだで。今晩
じゅ〜に仕事して、あした朝問屋へ納めんならん品もんがおまんのでな、そ
こへ入ってこれを頼まれましてな、お断りしたいけどほかのことなら断りま
すけど、こんな結構なおめでたいことお断りするのもまぁ何とやら、あやか
るために頼まれて来ましたんで、今晩はこれでお開きをさしていただきまし
て、また後日暇なときと言ぅとえらいなんですけども、その時にゆっくりと
およばれしたいもんでございますので、どぉぞ悪しからず。

 「さよぉでございますか、それはまことにすまんこってございますなぁ。
へ、どぉぞお仲人によろしゅさよなら」と、三軒目の嫁はんを隣りへ置いて
いんだ。ところがこの清八っつぁんも親方任せで見合いをしておりません。

★へ、お越し。え〜、今晩わ。ホンに親方が言ぅたはずや、えぇ女ごやがな
これは……。何ですか、仲人はんになんぞ用ができたんですか? どんな用
だす? え、黙って赤い顔してうつむいてしもたがな、こらきまり悪いのん
当たり前や、こっちがきまり悪いぐらいやさかいなぁ。

★こんなときに友達が二、三人来ててくれたら話がこぉなんねんけど、具合
悪いなぁこれ……、もし、あんたとわたいとこれ仲人が来るまで睨み合いし
てるわけにいきまへんわ、仲人かて今晩来るや来(こ)んや分からんがな、どぉ
でおまっしゃろ盃ひとついきまひょか。

 「おいただきいたします」と、勝手に祝言してしもた「もし、今晩仲人来
まへんわ。こぉしょ〜、わたい表閉めまっさかいな、あんた押入れから布団
出してな、寝間敷ぃておくなはれ」ゴロッと寝てしもた。

 そのあとへ戻って来たのが隣りのパ〜助だす。床屋行て風呂入って綺麗ぇ
になって帰って、それからバタバタバタ〜ッと掃除しよった。することがさ
かさまで、黒ぉ〜い手ぇで「やれやれ」と顔撫ぜたさかい、以前より汚い顔
になってしもた。

●かなわんなぁ、もぉ日が暮れてんねや。日が暮れたら早々連れて来るちぃ
よったんや。あの人はもぉ気が長いさかいどもならんなぁ、何をしてんねや
ろ……

 「いらっしゃい、いらっしゃい、お入り……、いらっしゃい」と、寄席み
たいに言ぅてるとこへ路地の入り口へ入って来た四軒目の嫁はん、この人も
仲人に用ができて頼まれ仲人が付いて来た。

 「なぁもし、この横手入った四軒目やとは聞ぃてんねや、まぁ入ったらた
いがい分かるわ、さぁ入ろ……。四軒目、真っ暗がりや、おかしぃなぁ、いっ
ぺん隣りで……」と、聞き合わしたのが三軒目のアホのうちで。

★えぇ、今晩わ●さぁ、お入りッ!★あれッ、まるで寄席みたいに言ぅてる
なぁ……。つかんことお尋んねしますが、今晩このお長屋でおめでたのある
うちは……?●あぁ、わたしとこわたしとこ、最前から待ちに待ってんねん
がな、さぁさぁ入んなはれ、早よ入んなはれ。

★こぉら面白い人らしぃで、三軒目と四軒目の間違いだんねや、まぁこのぐ
らいのことはあるわい。えらい陽気な面白そぉな人や、あんたのお婿さんや、
まぁ陽気でよかろ、さ、入んなはれ……。えぇ、まことにすまんこってござ
いますが、仲人に用事がでけてわたしが……

●いやぁ、もぉそんなことゴチャゴチャ言わんでもかめへん。なぁ、どんな
やつが来たかて、まぁ嫁はんさえ来てくれたらそれでえぇねややさかいな。
さッ、おおけにご苦労さん。仲人は宵のうちちゅうことがあるさかい、もぉ
嬶さえ置いたら、あんたもぉ用がないねやさかい、どぉぞもぉとっととお帰
り。ほで、腹でも減ったらな、まぁ茶漬けでも食てあんた勝手に寝なはれ。

 無茶言ぃよったんで、仲人ももぉアホらしなってしもてムッとして帰りま
したんで。これも仲人が来ません、ほで、やっぱり勝手に祝言して寝てしも
た。明くる朝、早よぉからアホが寝間の中で……

●ハッハッハッ、ありがたいなぁ嬶といぅものわ。あぁせぇこぉせぇちゅう
て寝たもんやないけど、きちぃ〜ッと片付いたぁるで。うちの中がきのうと
はもぉだいぶ変わったよぉな気がするなぁ、赤いタスキかけて台所周り働い
てんねや。

 「こら嬶といぅもんは便利なもんや、しばらく飼ぉとこ」と、犬みたいに
言ぅてるとこへ、

■お早よぉ●やぁ、ホンマに夜前はありがとぉ、すんまへなんだ■いや「す
んまへん」ちゅうのはなぁ、わしのほぉで言ぃたいねや、ホンマにすまなん
だ、堪忍して。いや、嫁はんをお前とこへ連れて来(こ)ぉと思て表へ出たん
や、ところがお前、上町の叔母貴とこの近所の人が二人走って来てな、叔母
貴八十越してんねや、もぉ叔母貴ひとり住まいや近所の人の厄介や、何や知
らん思てビックリしたら、叔母貴がお前「もぉ今度はあかん。せやさかいいっ
ぺん来てくれ」

■近所の人が二人も走って来てんのん、わしが行かんわけにいかんがな。と
言ぅてお前とこへ嫁はん連れて来んならんねや、一時はどぉしょ〜思たけど
な、これと思う人があったさかいその人を頼んで、まぁ嫁はんはお前とこへ
寄越しといた。

■上町行たところがお前、もぉ医者も「あかん」ちゅうねや、しょがないが
な歳やさかいな、近所の人が夜通し介抱してくれてんねや、肝心のわしがそ
れ放って帰るわけにいかんので、とぉとぉ夕べは夜明かしや。

■まぁ、悪いことは悪いとこぉして謝るで……、けどな、夕べ来た今朝から
な、近所の用事さしなや。あれがしにくいもんやで、近所の人はどんな嫁さ
んや知らんと見たがる、本人は恥ずかしがってこぉ隠れる、これがまぁ普通
やなぁ。せやさかいな、二、三日のあいだはどんな用があっても近所のこと
はなぁ、そのお前がしたりや。うちのことは何さしてもかめへんさかい。

●へぇ、何も近所の用さしてしまへんで■「さしてしまへんで」て、お前、
わしが横手入りかけたら、お前とこの隣りからタライ持って井戸端へ行きよっ
たがな。タライ借りにやったんかいな? 返しにやったんかいな?●いぃえ、
そんなことせぇへんがな……。おい、出といで。挨拶しんかいな、挨拶しえ
へんさかいこんなこと言われてんねや、早よ出といで。

▲初めましてお目にかかります。夜前、縁があって当家へ片付いてまいりま
したので、どぉぞお心安ぅ■へぇへぇ、これどなたや?●「どなたや?」て、
もぉウダウダ言ぃなはんな、夕べあんたが世話してくれて来た嫁はんだんが
な■えぇ〜ッ? 夕べ来た嫁はん、これか、こらおかしぃ具合やで。お前と
この隣り、夕べ嫁はんもらえへなんだか?

●もらいました。うちの隣りの清八っつぁん、夕べ嬶来ました■来たか……、
しもた、こら間違ごぉてる●へ? 何だす? 何が間違ごぉた?■いや、嬶
が間違ごぉてるがなこれ。えらいことになったでぇ、お前とこへ来る嫁はん
が隣りへ行てんねがな。こ、この嫁はん、隣りへ行く嫁はんや。これ、嫁は
ん間違ごぉてんねん。

●もぉし、無茶言ぅたらあかんで。ほかのもんが間違ごぉたらとにかくもあ
んた、嬶間違えてこれどぉなります?■「どぉなるこぉなる」ちゅうたかて、
これひと晩寝てしもたらどないもこれ……、困ったもんやなぁ。何か、例の
ことは?

●「例のこと」て何んでんねん?■もぉ、みなまで言わしないな。それ、そ
の、女ごの、内緒ごとや●へぇへぇ、頼母子■何言ぅてんねんアホ、困った
なぁこれ……、夫婦の交わりは? と尋んねてんねや●へっ、そらたった六
ぺんだけ■ろ、ろっぺん。こらもぉわしでは納まりが付かん、お前、近所同
士のこっちゃ、どぉなと話し合いで……、わしゃ帰るわ。

 この仲人が路地の入り口を出よぉとすると、入れ違いに入って来たのが隣
りの仲人。

◆お早よぉ★こら親方どぉも、昨晩はどもすんまへなんだ◆いや、すまんの
はこっちや。えらいことなってしもてな、俺がお前とこへ嬶連れて来ぉと思
て出かかったら、近所の若いやつがワァ〜ッと喧嘩しやがってな、見て見ん
顔もでけへん「まぁまぁまぁ」と俺が仲へ入った。

◆俺の顔でまぁ喧嘩は納まった、納まったらやっぱり可愛ぃがな、俺の言ぅ
こと聞ぃてくれてんさかいに。そぉすっとまぁ、仲直りの盃したらんならん
がな、とぉとぉ夜通しやがな。あんばいすまなんだ。ほんでな嬶は人を頼ん
で寄越しといた、どやった?

★へ、上等でおます。まことに喜んでます◆そぉか、えぇか仲よぉしぃや、
喧嘩しぃなや★へ、ありがとぉ……。出といで、親方や▲初めましてお目に
かかります。どぉぞよろしゅ◆へぇ、へぇへぇ、これ何か、誰ぞ手伝い(てっ
たい)に来たはるのん?★ウダウダ言ぃなはんな親方、こんな貧乏長屋の嫁
入りに朝まで人手伝ぉてもらいますかいな。夕んべ来てくれた嬶でやす。

◆えぇ〜ッ、夕んべ来た嬶これか? こらおかしぃ具合やで、わいがお前と
この横手こぉ入ろとしたらな、お前とこの隣りからちり紙揉みもって突き当
たりのセンチ入った女ごがある。そいつを世話したんや、おかしぃことする
なぁ、夕べ嫁入りして今朝から隣りのうちから紙揉みもってセンチ入るとは
おかしぃと思たんやが、お前とこの隣り夕べ嫁はんもらえへなんだか?

★もらいました。うちの隣りのアホ◆えッ、もろたか? えらいことした、
こら間違ごぉた★親方、最前から隣りのアホが大きな声で「間違ごぉた、間
違ごぉた」言ぅてましたが、これが間違ごぉたんでやすか? ほかのもんが
間違ごぉたんやおまへんで、これどぉなりま?

◆「どぉなる、こぉなる」ちゅうたかて、もぉひと晩寝てしもたら俺の手ぇ
ではどもしょ〜ない。お前とこ近所同士のこっちゃ、そこは話し合いの上で。
わしゃいぬ、さいなら……

★もし、もしッ。いんだらあかんがな。あぁ〜あ、いんでしもたが、これえ
らいこっちゃで。これがほかのやつなら何とか内緒で済ますもんやが、相手
があのアホやさかいな、これきっと触れ歩きよる。

★「清八っつぁんとこの嬶と俺とこの嬶と間違ごぉた嬶や」なんて、あんな
やつの嬶と間違ごぉたと思たら、あんまりえぇ気持ちはせんで。こらえらい
ことができたなぁ……

●あのぉ〜、おとなりの清八さん。ちょっと壁越しにもの言ぃますが★大き
な声やなぁ、言ぃなや、言ぃなや、分かったぁるで●夕べ、重大な事件が持
ち上がって……★もぉ、おかしなこと言ぃな。分かったぁんで、みっともな
いで●あんたとこの嬶と……★さぁさぁさぁ、井戸端へいっぺん出て来て。

             * * * * *

●いやぁ〜ッ、お早よぉ★アホ、言ぃなっちゅうて手ぇ振ってんのん分から
んか●そら壁越しや、分かれへんが、見えへんが★そらそやけど、えらいこ
とがでけたなぁ●えらいことがでけた、あんたの嬶とわたいの嬶と、これ間
違ごぉてんねんなぁ、ははぁこらオモロイ。

★何オモロイことあるかいな、お前がそんな気やさかい心配すんねん、何ぞ
これ、えぇ工夫ないか?●いや、一つだけある★どないすんねん?●あの安
もんのシャボンなぁ、おんなじシャボン二つ買ぉて来んねん★ほて、どない
すんねん?●そのシャボンを一つずつ嬶に持たして風呂へやろ、ほで、サ〜ッ
と洗ろて綺麗ぇになって戻ったとこ、シュッと替えよ。

★そんなわけにいけへん、何言ぅてんねんタオルが変わったよぉなわけにい
けへんがな。こっちがそれでぇっちゅうたかて、嬶のほぉで承知しえへんが
な。もっと何ぞえぇことないか?●ほなこぉしょ〜か、あんたとことうちと
こ宿替えしょ〜か★宿替え? どないすんねん?

●いやそれ、おんなし間取りの家やろ、せやさかいその宿替えして、ほでお
前、おんなし間取りやさかい道具はおんなしよぉに納まるがな。ほで、嬶だ
けはな、その家の付きもんとすんねん。家に付きもんちゅうのんあるやろ。
嬶は付けもんとしてそこのうちを動(いの)かせへんねん、で、道具だけ持っ
てシュッと宿替えしたら、嬶がこぉ代わるやろ。

 「なるほど、そらえぇ考えやそぉしょ〜」何のえぇ考えやおますもんかい
な、バタバタバタッと宿替えしかかったら、嫁はんがやっぱりタスキかけて
手伝いしょ〜とする。

 「いや、お前、動(いの)いたらいかんねん、お前はここのうちの付きもん
やさかいな、えぇかお前はいのけんで付けもんやで」すっと、日が暮れに片
付いたんやが、やっぱり嫁はん付いて来ます。

▲あの、こんにちはお疲れ★来たらいかんねがな、お前は付きもんやがな。
おい、やっぱり嫁はん付いて来てるで●わたしとこも、ご出張なってまっせ
★えらいこっちゃこら、もぉいっぺん井戸端へ出て……


【さげ】
 と、なんべん井戸端へ出てもこれはもぉしよぉがございません。とぉとぉ
そのままで円満な家庭をば作ったと言ぃますが。これはねぇ、ホンマにあっ
た話でおま。ほで、あんまり面白いのでこれを落語にネジ替えました話で、
間違いの婚礼「嬶違い」といぅお笑いでございます。


【プロパティ】
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 庭=たたき、土間。大阪では草木の植わった庭は前栽(せんざい)という。
 ションベンタンゴ=担桶(たご):水や肥などを入れてになう桶。にない桶・
   たごおけ・かつぎ桶。田籠の義という。さらにタンゴとも。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 根深=白ネギ。
 欠き餅=あられ。
 向きになる=ささいなことにも本気になる。また、そうして腹を立てる。
 厄払いみたいに=節分の厄払いは「厄っく、払いまひょ」と声を掛けなが
   ら家々を回っていた。落語「厄払い」参照。
 やっと=しばらくぶりで。どうにかこうにか。
 酸い酒=安酒。
 乞食も身祝い=だれでも祝うべきときには、それ相応の祝いをすべきであ
   るというたとえ。
 とっとと=早く・速やかに・急いで・さっさと。疾くとくと、の転訛。
 センチ=雪隠(せついん・せっちん)。便所。
 シャボン=(ポルトガル語 sabao)。石鹸。
 家の付きもん=大阪では借家人が自ら畳や建具を持ち込む「裸貸し」とい
   われる賃貸形式が一般的だった。例外的に家に備え付けの建具などを
   「付きもん」と呼んだのか?
 音源:橘ノ円都 1963/05/10 スタジオ録音(NHK)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=橘ノ円都 sub=*  ●main高座記録日:1963/05/10  ●音  源  名:スタジオ録音(NHK)  ●ファイル公開日:2004/11/07  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/12/02  ●リクエスト数:rakug352  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次