【上方落語メモ第7集】その346

堪  忍  袋


【主な登場人物】
 留さん  お咲さん  平兵衛さん  伊勢屋の嫁  伊勢屋の姑ほか

【事の成り行き】
 財布の中にお釣の小銭が溜まるのが嫌で、外から帰ると中身をビンに移し
替えてました。ただし、十円玉以下です。この小銭が結構溜まるもんで、す
ぐに一杯になって銀行へ預金に行かないといけません。これがめっぽう煩わ
しい。

 ビニール袋に詰めた小銭をカウンターに乗せて、可愛いお嬢さんに笑われ
ながら通帳と共に預け「計量に少々時間がかかりますので○時ごろ再訪くだ
さい」なんてね。たかだか数千円のために、時間と労力と精神的疲労の割の
合わなさに、どうしたもんかと小銭を前に小一時間思案。

 そこで、自販機で使用できる十円玉は使い切ってしまうことに作戦変更し
たある日の近鉄○○駅切符自動販売機での出来事です。大阪駅までの料金は
三百七十円、以前なら百円玉四枚を投入するところを、百円三枚+十円玉七
枚をリズミカルに投入するのですが、なぜか十円玉のうち一枚が返却口へ転
がり落ちてきます。

 後ろに並んでいる人を気にしつつ、十円玉を返却口からつまみあげ再度投
入、けどやっぱり受け付けられずに返却「おのれ、わしの十円玉では不服か」
と再々度投入、返却。普通このあたりで諦めて財布から別の十円玉と取り替
えるものなのです。

 わたしも意地になってたのでしょう「こなくそッ」再々さい度投入した次
の瞬間、今まで入れた全てのコイン、百円三枚、十円六枚もろとも返却口に
ジャラジャラジャラ……、わたし何か悪いことでもしたっちゅうですか?
(2004/08/08)

             * * * * *

 え〜、たくさんのお集まり、まことにありがとぉございます。ただ今より
開演でございます。わたくし笑福亭由瓶が今月から一年間、トップを演らし
ていただきますので、どぉぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 今日はですね、夫婦のお噺をさしていただきますが、わたしも実は嫁さん
がおりまして、この世界に入る前から付き合ってまして、嫁がむしろこの世
界へ入れて勧めましてね、珍しぃパターンですね。

 四年ぐらいになりますか、結婚してね。今はすっかり、わたしが落語家や
といぅ興味も無くなってしまいまして、OLしてるもんですからわたしより
稼ぎが良かったりするもんですからね、稼ぎが良くって、おとなしくて、僕
のことプッシュしてくれればよろしぃですけどね、稼ぎがいい分人を亭主と
思ってないんです。

 ほんでね、言葉遣いがもぉ変わってきてるんですよ。僕、本名宏人いぅん
ですけどね、昔「ひろと君、ひろと君」言ぅてたのがですね、そのうち「あ
んた」になり、今はもぉ「お前」て呼んでるんですよ。

 「お前」て言われても返事せなしゃ〜ない、それに家のこと全部わたしが
やってるんですよ、洗いもんからアイロン当ててますし、ほんでゴミも出し
てますし。ほぼ僕がやってます。

 やっぱり僕も我慢できんよぉなって喧嘩しますんです。皆さんでもご近所
で夫婦が大声で喧嘩して、うるさかったら大家さんとこ言ぅて行くでしょ、
うちもしょっちゅう「207号室の由良さんとこがうるさい」苦情出たりし
ますんです。

 けどね、からだの中に溜めてるより言ぃたいこと言ぅたほぉがえぇ思いま
す。今日はそぉいぅことでね、夫婦の喧嘩してるとこの噺を聴ぃていただき
たいと思いますけども。

●出て行けアホンダラ、二度と帰ってくな▲やかましぃ、誰が帰ってくるか
いこんな家(うち)■まぁまぁ、まぁまぁ。大きな声出してお前ら、よぉ喧嘩
する夫婦やなぁ。おい留さん金づち下ろしっちゅうねん、ひとつ間違ごぉた
ら大怪我なるで。お咲さん胸がはだけてるやないかい、目のやり場に困るが
なホンマに、よぉ喧嘩する夫婦やなぁおい。

■おい留さん、喧嘩の原因はなんや?●もぉ原因言(ゆ)ぅのん恥ずかしぃで
すわ、原因て……、原因なんやったかいなお咲?▲何かいなあんた、原因分
からんと喧嘩してるんか、このスカタン■お咲さん、大きな声出しなもぉ、
しょ〜もないことやろ、原因たいしたことないねんやろ。

▲いぃえぇ、今日は違います■「今日は違う」ちゅうて、朝から三回目の喧
嘩やないか▲今日は違いますのん。今日はこの人の人間性の問題ですわ●何
こら、人間性の問題? ちょっと女学校の前に住んでたと思て口ばっかり達
者になりやがって▲何かいなあんた、女学校の前住んでたら口が達者になん
のんか? ほな、医者の前住んでたら病気治んのんか? 芋屋の前住んでた
らオナラ出っぱなしか? プッププップ臭そぉてたまらんわ。

■もぉもぉ、留さんいらんこと言ぃな、置いときっちゅうねん。で、留さん
喧嘩の原因は何や?●原因言ぅのん恥ずかしぃですわ、いえね、わたい仕事
から帰って来たら、こいつが「弁当箱出しときや」ちゅうから弁当箱出すと
きに「おい、明日から塩昆布にしてくれ」ちゅうたら、今の調子で「何を、
もぉいっぺん言ぅてみぃ」これ女ごのセリフでっか? こっちも売り言葉に
買い言葉や「何やその言ぃ方は」ちゅうて喧嘩になったんですわ。

●せやからこれ、原因言ぅたら弁当のおかずですか■え、弁当のおかずが原
因でこの立ち回りかい? お前アホなこと言ぅてるなぁ。お咲さん、それやっ
たらあんたがいかんで▲何を言ぅてまんねんな、あんた弁当のおかずだけで
こんな喧嘩になってると思てんのんか、それやったら言わしてもらうわ。

▲聞ぃとくなはれ平兵衛さん、この人仕事から帰って来たら玄関の上がり口、
指でシュッと撫ぜて「汚いな」と、こんなこと言ぃまんのん。なんも自分の
うちやおまへんか「おい、玄関が汚れてる、ちゃんと掃除しとけ」「へぇす
んまへん」それで済みまんねや。それをシュッと撫ぜて「汚いなぁ」て、こぉ
いぅことわたしに言ぃまんのん。

▲わたし大根切ってましたんや、ほな上がって来るなり「何や、飯まだみた
いやなぁ」見たら分かりまっしゃないか、生の大根でっせ。イノシシの親子
やあるまいし、生の大根そのまま食べるうちおますかいな、そぉだっしゃろ、
何もわたし遊んでるわけやおまへんのん。家の用事はせんならん、子どもの
面倒は見んならん、内職は溜まってる。ここまで言われたら持ってた包丁で
ブスッと刺さなしゃ〜ない。

●喧しぃわいアホンダラ!■もぉ落ち着け、落ち着け。金づち下ろしっちゅ
うねん、お前の話あとで聞くから。お咲さん、でその弁当のおかずはどない
なったんや?▲これから言ぃますわいな、ほんでこの人風呂行くちゅうさか
い「子ども連れたってや」ちゅうたら「え、またわしが連れて行くんか?」
こんなこと言ぃますのん。何もわたし独りで作った子ぉやなし、連れてって
くれたらえぇやおまへんか。

▲ほなこの人どない言ぅたと思います「おい、子ども連れて行くねんやった
ら煙草銭くれ」わたし、少ないお給金の中からちゃんとこの人に毎月出すも
ん出してんのに、それが自分の子ども風呂連れて行くのに煙草銭くれて……
●喧しわい!■落ち着けおちつけもぉ、お前の話あとで聞くさかいに落ち着
き……。お咲さん、で、弁当のおかずはどないなってんねん?▲喧しぃなぁ
「弁当のおかず、弁当のおかず」て、これから言ぃますわいな。

■わしに怒ったかて知らんがな▲すんません、ちょっと興奮しまして。この
人風呂行くっちゅうさかいね、弁当箱出して水につけとかなカチカチになり
まっさかいな、せやさかい「弁当箱出しといてや」っちゅうたらこの人、弁
当箱ポイッと放り投げて「おい、梅干飽きた。あしたから塩昆布にしてくれ」
て……

▲うちの母親が言ぅてましたんや「一日ひと粒食べさしなさい、体にえぇさ
かい食べさしなさい」言ぅさかいに、わてこの人のこと思て青梅買ぉてきて
一つひとつ丁寧にヘタ取って、三日三晩陰干しして漬けた梅干。それを梅干
飽きたさかい塩昆布にしてくれて……

■なるほどなぁ、やっぱり聞ぃてみな分からんもんやなぁ、それやったらやっ
ぱり留さん、お前がいかんわ。お前のこと思て梅干入れてくれてんねやない
かい、それを「飽きた」ちゅな、そんな言ぃよぉ……、何やお前、えらい唇
から血ぃ出して? あんまり腹立って悔しゅ〜て唇かんだ。そぉかそぉか、
わしもこぉやって仲裁に入ってるんや、お前の話も聞ぃたる、言ぅてみぃ。

●言わしてもらいます。平兵衛さん聞ぃとくなはれ、わて仕事から疲れて帰っ
て来たら、玄関ホコリっぽいんだ。で、指でシュッと撫ぜたらホコリでんが
な。そらホコリあったら「汚いなぁ」言ぃまっせ、ホコリあってあんた「綺
麗ぇなぁ」ちゅうたらおかしぃでっしゃろ。

●ほんで生の大根切ってたから「飯まだか」言ぃまんがな、生の大根切って
て「おぉ、そろそろできるか」ちゅうたら、よけ嫌みになりまんがな「風呂
行てくる」ちゅうたら「子ども連れて行け」わたい週に五回も子ども連れて
行ってまんねん。うち八つ頭に子ども六人いてまんねん、あっちウロウロこっ
ちウロウロ、行ったらもぉ三時間半かかりまんねんで。

●梅干、体にえぇのん分かってます、分かってますけどあんた、梅干の焼い
たん梅干の炊いたん梅干の蒸したん梅干の雑炊、これ朝昼晩と毎日まいにち
食べさされてみなはれ、もぉわたい梅の木見ただけで生唾わいて出る……

■そぉか、聞ぃてみな分からんもんやなぁ、まぁお前らの話よぉ聞かしても
ろた。しかしなぁ、お前らだけで喧嘩するのはえぇけども、これ長屋の連中
がかわいそぉや。菊さん、お咲さんが投げた釜のふたデボチンに当たって寝
込んでるっちゅうやないかい。

■まぁまぁ、わしゃ今日こないして寄せてもぉたんほかでもないねん……、
お咲さん、あのな、何かハギレ布あるか、それでな、袋作り。わしも人に聞ぃ
たことやさかいホンマかどぉか分かれへんねやけども、この世の中には「堪
忍袋」ちゅうのがあんねやて。

■このお腹に溜まったことを持ってる人が、気持ちを込めて一生懸命袋を縫
うっちゅうと、百回に一回、千回に一回この堪忍袋っちゅうのができるんや
て。でな、入り口に紐付けんねん、これ堪忍袋の緒や。これなるべく大きぃ
のん作りや。ほんで、相手の顔思い浮かべながら思てること全部言ぅてしま
うと、この堪忍袋がみな吸い取ってしもてニコニコッとすんねんて。

■ニコニコッとしたら喧嘩でけへんやろが、双方丸ぅまとまるっちゅうねや。
いっぺんお前ら夫婦でこの堪忍袋ちゅうのん作ってみたらどないや。わしこ
れで帰るさかいな●ちょっと待っとくなはれ、今、お茶入れまっさかい。お
い、早いことお茶入れ……、ゆっくりしていっとくなはれ■また今度ゆっく
り寄してもらう、えぇか、堪忍袋作んねやで。

●ちょっと待っとくなはれな平兵衛はん、ゆっくりしていっとくなはれて。
そぉでっか、えらいすんまへんな、またゆっくり寄っとくなはれ。えらいす
んまへんいつも心配かけて、平兵衛はんすんまへんなぁ……

●アホ、わしが「お茶入れ」ちゅうたら立たんかい、喧嘩の仲裁に入ってく
れたはるんやないかい。ホンマに大きなオイドさらしやがって、ケツに根ぇ
生えたぁるんか。ぎょ〜さん散らかしてこれ、ヤカンはひっくり返ってる、
茶碗は欠けてる、もの投げんとよぉ喧嘩せんのか。早いことみな片付け。

●ほんでなぁ、今、平兵衛はん言ぅてたあの「堪忍袋」早いこと縫え▲言わ
いでも縫ぅてます。ポンポン、ポンポン言ぃなはんな、ポンポンポンポン言
わな、よぉもの言わんのか。昔のこと言ぅたろか、恥ずかしぃやろ、わたし
の奉公先にあんたが出入りの大工として来てたときに、毎日弁当食べるとき
お茶入れたったら勘違いしやがって……

▲人のおらんとこ無理矢理連れて行って「なぁ、一緒になってくれるやろ。
ふんちゅうてくれ、ふぅんちゅえ、ふぅんちゅえ」子どもに糞さすみたいに
「ふんふん」言ぃやがって。あのときあんた言ぅたやろ「体ひとつで来てく
れたらえぇ」ちゅうて「お前が来てくれたら、なんもせんでえぇ。わしが何
でもする、お前にケガされたらかなんさかい」

▲来たら来たでなんにもせんと、ダラダラ・ダラダラして……、思い出した
わ、あんたこれ言ぅたら顔赤こなるで、言ぅたろか「お前と一緒になれへん
かったら、わしは死ぬ……」いぅて●喧しぃわ、アホンダラ。早いこと堪忍
袋縫えッ!

▲縫ぅてます、縫ぅてます、今できたわ。これがちゃんと堪忍袋になってた
ら、わたしがズッと思てたことみな、こん中に入れてスッキリしたんねん、
覚えとけ……

▲「ご飯食べたらボロボロ・ボロボロこぼしやがって、歯ぁ磨いたらゲェゲェ
えずきやがって、オシッコしたらポロポロこぼしやがって、こぼさなよぉオ
シッコせんのか。この残尿オヤジぃ〜ッ!」

●堪忍袋こっちかせ。こっちも言ぃたいことあるんじゃ「ブクブク・ブクブ
ク太りやがって、ガバガバ・ガバガバ食いやがって、ガブガブ、ガブガブ飲
みやがって、グゥグゥ・グゥグゥ寝やがって『何で痩せられへんねやろ?』
て、あんだけ食べたら痩せられるかいこの勝手デブぅ〜ッ!」

▲何言ぅとんねんアホ、わたしが作った堪忍袋やこっちかしなはれ、まだま
だ言ぃたいことあんねんこっちは「毎日仕事もせんとダラダラ・ダラダラ暮
らしやがって、夏でも冬でも関係無しにダラダラ汗かきやがって、そんだけ
汗かくねんやったら、もっと一生懸命仕事せぇこのド甲斐性無しぃ〜ッ!」

●何言ぅとんねんアホ、俺が一番気にしてること言ぃやがって、こっちかせ
アホまだ言ぃたいことあるんじゃ「昔は『ひろとく〜ん』て可愛く呼んでた
のに、いつの間にやら『お前』て呼ぶよぉになりやがって、どこぞの世界に
自分の亭主をお前て呼ぶ嫁がおるねん。いつも言ぅてへんけどなぁ、ホンマ
は『あなた』と呼んで欲しぃんじゃ、この無神経女ぁ〜ッ!」

 えぇ〜ッ、落語の中に一部公私混同がありましたことお詫び申し上げます。
この堪忍袋がですね、もぉ長屋中に広がりまして、長屋の連中が「貸してく
れ、貸してくれ」と、この堪忍袋がパンパンになってしもた。

             * * * * *

●おい、見てみぃこれ。人にぎょ〜さん貸したさかい、この堪忍袋パンパン
になってしもて、ほれ熱持ってんぞ、お咲さわってみぃ。入り口なんかヒク
ヒクしてるぞ。えらいことなってしもたなぁ、これ河原にでもホリに行こか。

▲アホなこと言ぃなはんな、わたしらの言ぅたこと下のほぉに入ってまんね
んで。ぎょ〜さん近所に貸して近所中の悪態が入ってまんねん、そんなもん
河原へホッて風向きが悪いとこっち来まんがな。あした平兵衛はんとこ聞き
に行きぃな●ほな、そぉしょ〜か、そぉしょ〜。

             * * * * *

★(トントン)ちょっとお開け(トントン)ちょっとお開け●誰やこんな夜
中に……、おぉ誰やと思たら隣り町の伊勢屋のお春さんやないか、こっち入
んなはれ寒かったやろ。どないしたんや?★いえ、こちらに堪忍袋といぅお
腹に溜まったことを言ぅとスッキリするといぅ袋が……

●アホなこと言ぃなはんな、あんなもんねぇ、わたいらみたいな貧乏人が日
頃溜まったことをこの中に入れてスッキリするといぅよぉなもんでっせ、あ
んたみたいなよぉできたお嫁さんが、こっちの村にも聞こえてきてまっせ、
あんたとこは商売も繁盛してる、夫婦中はえぇ、舅(しゅ〜と)はんもよぉで
けた人やないか。え?……

●あぁさよか、外からは分からんもんやなぁ、いろいろあるねんなぁ……、
せやけど、これもぉパンパンになってしもてんねや、ぎょ〜さん人に貸して
な、もぉ入いらへんねんこれ、貸されへんでこれ★いえ、ほんの些細なこと
でございますから、ちょっとお貸しいただけたら●「些細なこと」ちゅうと
ちょっとだけ、ちゅうとほんの少し、ちゅうとホンわずかなこと。

★へぇ、ちょっとお貸しいただけたら●ちょっと待ってや……、ギュッと詰
めたら、詰まらんことも……、ギュッ、ギュ……、ちょっと空いたわ、ちょっ
とだけやったら入るかも分からんけど、ちょっとだけでえぇか★へぇ、ひと
言で十分でございます。

●ひと言だけ、ほんだら早いこと入れてスッキリしてしまい★お恥ずかしゅ〜
ございます、このことは決して、他言なさいませんよぉに●言わへん言わへ
ん、早いこと入れてしまい★このことは決して……●分かってる分かってる、
言わへんて★お恥ずかしゅ〜ございます、それでは一発「糞婆死ねッ!」

             * * * * *

◆おい(トントン)おい(トントン)留さんちょっと開けて(トントン)隣
り町の伊勢屋の姑(しゅ〜とめ)が言ぃたいこと溜めて玄関でぶっ倒れてるん
や、例の堪忍袋貸したってくれ(ガラガラ)……、お春さん何してんねんな、
あんたとこの姑えらいことやがな、早いこと帰ったげ。

◆留さん、そぉいぅことや堪忍袋貸したってくれ、え? 今、大きぃのんが
入ってもぉ貸されへん? そんなこと言ぅな、年寄りの命がかかってんねん、
早いこと貸してくれ、貸せ……、お春さん早いこと帰って来んねんで。

             * * * * *

◆お〜いッ、堪忍袋持ってきたったで。早いことこの中に……

 ボ〜ンとこの堪忍袋を姑に突き出しましたら、今も言ぃましたよぉにパン
パンでございますから、とぉとぉ堪忍袋の緒がプチッ、はじけてしまいよっ
た。

 皆さまご存じのよぉにこの堪忍袋といぅのは入れたこと、入れたことが順
繰りに奥へ奥へと入って行きますから、この入り口、一番上には例の言葉が
入っております。

 この堪忍袋を突き出したときに「糞婆死ねッ!」ちゅうのが、姑にボ〜ン!


【さげ】
 これ聞ぃて姑はん、元気になりよった。


【プロパティ】
 アホンダラ=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 スカタン=反対・失敗・当てのはずれたこと。タンは意味のない接尾語。
   スカは透(すき)、すなわち空虚、空っぽ。また、当て外れの意にもな
   り、へまのことをもいう。
 置く=やめる。よす。中止する。
 おいど=尻。居所(いどころ)すなわち座る所の意で、それがイドと約まっ
   たもの。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 ホリ(に)=放りに=捨てに。ホッ(て)=捨てて。ホル=捨てる。
 音源:笑福亭由瓶 2004/04/09
    ゆとりーと寄席(HCT:東大阪コミュニティテレビ)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭由瓶 sub=*  ●main高座記録日:2004/04/09  ●音  源  名:ゆとりーと寄席(HCT)  ●ファイル公開日:2004/08/08  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/10/21  ●リクエスト数:rakug346  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次