【上方落語メモ第7集】その345

紙  入  れ


【主な登場人物】
 新吉  得意先の奥さん  その旦那

【事の成り行き】
 今からザッと三十年ほど前、薬局へ燃料用のアルコールを買いに行ったこ
とがありました。ゆっくりとした時間にはアルコールだきのサイフォンでコー
ヒーを立てる、なんていうちょっと気取った生活に憧れての上です。

 当時アルコールを買い求めるときには印鑑を持参してハンコを捺さなけれ
ばならない、という取り決めがあったんですが、住所氏名を記入するでもな
し、捺印だけで何の証拠になるのか訳の分からん制度でした。今はどうなっ
てるんでしょう。

 とにかくハンコを捺してアルコールを買い求め、支払いを済ませお釣りを
もらって確かめると、数個のコインと千円札が九枚あります。ということは
支払ったのは一万円札? 五千円札を渡したように思っていたのに、勘違い
だったのか? いや、確かに五千円札だったはず……

 正直者ならその場で確認すればいいものを、正直者もどきのわたしはきっ
と一万円札だったに違いないと自分を納得させつつ、なんか得をしたような
気持ちで店を出て、以来その店では二度と買い物をすることがないのです。
店の前を通るたびに、今でもそのことが頭をよぎります。けど、胸は痛みま
せん(2004/07/18)。

             * * * * *

 え〜、どぉもお寒い中のご来場、まことにありがとぉ存じます。続きまし
て笑福亭岐代松でしばらくのあいだお付き合いを願いたいと思います。まぁ
わたくしは個人的には久しぶりの出演でございまして、一生懸命おしゃべり
をさしていただきますんで、よろしくお願いをいたしたいと思います。

 たいへん、一席目がいい噺でございましてね、思わず涙がハッと出てくる
といぅ、そぉいぅ感じのお噺でございましたですけど、わたくしのところは
間男の噺を聴ぃていただこぉといぅ、え〜、この会場の中にも一人や二人、
間男の経験のある方がおられると思いますんで、そぉいぅ噺を聴ぃていただ
こぉと、そぉいぅことなんですけども。

 まぁあの、世間ではいろいろブームがあるそぉでございますなぁ、ブーム
が。今、世間を騒がせておりますのが「鳥インフルエンザ」といぅ、大変で
ございますなぁ。牛丼のお店も大変でございますが、牛があかんさかいに鳥
丼作ったら、今度、鳥があかん。今度は豚丼いぅの作りましてね、ほんだら
またヒョッとしたら、豚のほぉやられるか分からん。

 鳥インフルエンザ、長いでしょ、大阪の人間はこれ縮めるそぉでございま
す「鳥フル」と言ぅんやそぉでございますね。皆さん方も会話するときには
もぉ「鳥フル、鳥フル」と言ぅていただいたらいいと思います。

 これが、今日時点では「鳥フル」なんですが、あしたになりますと「鳥フ」
になるかも分かりません。なんや高級食材のよぉな呼び方をするといぅ、大
変でございます。いろいろとまたブームといぅたらブームかも分かりません
けど、ちょっと前には不倫のブームといぅのがありましたなぁ。

 「金曜日の妻たちへ」キンツマですて。最初聞ぃたとき甘いお菓子かな思
いました……。あの、面白なかっても笑ろてくださいよ(会場失笑)。ここ
は会場が広ろございますんでね、皆さん方も「え? 今日は3階かいな」と
いぅ気ぃされてるかも分かりませんけども、我々のほぉも必死でございます
んでね、ひとつご協力をよろしくお願いします。

 ケーブルテレビで流れておりますんでね、笑い声がないことには「この岐
代松はしょ〜もない人間や」と思われますんで、面白なかっても笑ろてくだ
さい。よろしくご協力をお願いしたいとおもますが。まぁそぉいぅふぅに、
いっ時の世間のブームで「金曜日の妻たちへ」といぅテレビ番組もできたん
やそぉでございます。

 やっぱりこれもまぁひとつのブームでございますなぁ。不倫のブーム、今
もまぁ不倫と言ぃますと、なんかこぉ言ぃ方が古いよぉな感じがいたします
なぁ。援助交際とか、いろいろありますけども、まぁそぉいぅのがひとつの
時代の証しであると、そぉいぅふぅに言ぅてもえぇんやと思いますけれど。

 そぉいぅふぅな扱ったお噺なんでございますけども、小咄にもこぉいぅの
がございましてね、

●んまぁ〜奥さん、ちょっと知ってはる?▲どないしたん?●この町内に、
何とビックリしたわ、三人もの奥さんがご主人以外の男性とお付き合いして
るんやてぇ▲んまぁ、そんなことしてはる人がいてんの? 三人もいてんの?
んまぁ、嫌やわぁ、あとの二人誰かしら?

 一部、お分かりでないお客さまがおられるかも分かりませんが、今日の落
語のわたくし、今がハイライトでございますので、ひとつお願いをいたした
いと思いますが。

 「言付け頼まれ目籠に入れて、帰る途中で洩ってもた」といぅ、そぉいぅ
都々逸があるそぉでございますけれど、人間といぅのは不思議なもんでござ
いましてね、

■おいえぇか、これはな、先方へ行たら必ず言ぅてくれなあかんことやねん、
言ぅてくれないかんで、分かったか?●分かった分かった■先方へ行たら必
ず言ぅてや、頼むで。

 こない言われまして向こぉへ行きますとね、えぇかげんな話に夢中になり
まして、肝心なことを言わんと「ほんならまぁ、ボチボチこれで、さよなら」
て帰って来るときがある。

 また反対に、

■おいえぇか、これはな、内緒の話や、絶対よそで言ぅたらあかんで。先方
さんの恥になることやさかいに絶対に言ぅたらあかんで、分かったな。

 と言われますと、人間といぅものはおかしなもんで、どっか行ってしゃべ
りたくなる。面白いもんでございますなぁ。

■なるほどなぁ、そぉいぅことやったんかい。ちょっとも知らなんだなぁ、
なるほどなぁ、世間は狭いなぁ●おい、お前なにを感心してんねん?■わい
か、何も感心してへんで●「感心してへん」て、腕組みしてしきりに「なる
ほどなぁ」て言ぅてたやないかい。何を言ぅててん?■べつに、何も言ぅて
ない。

●「何も言ぅてない」て、ちょっと教えてくれてもえぇやないか、なぁ、俺
とお前は昔からの友達やないかい、ちょっと頼むわ、なんや教えてぇな■あ
かん、お前はなぁ、ちょっと口が軽いさかいに教えられへん●えぇやないか
い、俺、口堅いで、たとえ火あぶりになっても島流しにおぉても大丈夫や、
ちょっと教えてぇな。

■しゃ〜ない、ほな教えたるわ。実はな、間男騒動●間男騒動?■そぉや、
間男しとんねんこの町内で女ごが●どこの女ごや?■横町の豆腐屋の嫁はん
や●横町の豆腐屋の嫁はんが間男しとんのん? 前からなんやちょっと色っ
ぽい女ごやなぁと思てたんや、間男しとる相手誰や?

■建具屋の半公や●建具屋の半公が、そらえらいことしとんなぁ、ほんまか
い?■言ぅとくぞ、こら絶対よそではしゃべったらいかんで、知れたらいか
んことやさかいな、旦那も知らんことやねん、言ぅたらいかんで●分かって
るやないかい、わしゃ口が堅い。絶対誰にも言えへんさかいな。

●なるほどなぁ、聞ぃてみな分からんもんやなぁ、そんなことしとんのかい
な▲おい、なにを感心してんねん?●いや、わいべつに何も感心してへんで
▲「感心してへん」て、なんやえらい腕組みして感心してたやないか、どな
いしてん?

●どないしてんて、べつに何もない▲「なんにもない」て、俺とお前は小さ
い時分からの友達やないかいな、ちょっと教えて●あかん、お前は口が堅た
ないさかいあかん、すぐ人にしゃべってしまうやないかい▲何を言ぅてんね
ん、俺はべつに人にベラベラしゃべれへんで、たとえ島流しにおぉても……

●それはわしが言ぅたんや、ホンマか? 絶対人に言えへんか?▲人に言ぅ
かいな、なんやねん?●実はな、間男騒動▲間男騒動? 誰が?●横町の豆
腐屋の嫁はん▲誰と?●建具屋の半公▲へぇ〜、そんなことしてんのかいな
●言ぅとくで、こら絶対よそで言ぅたらいかんで▲分かってるやないかい、
俺は口が堅い言ぅてるやないかい。

▲なるほどなぁ、ほんまになぁ……、おい、お前知ってるか?◆何が?▲間
男騒動◆知らん▲知らんか、横町の豆腐屋の嫁はんが間男しとんねん◆相手
誰?▲建具屋の半公◆へぇ〜、ホンマかいな? そら知らなんだ▲言ぅとく
で、こら絶対よそで言ぅたらあかんねんさかいな◆言えへんゆえへん、俺は
口が堅い。たとえ火あぶりにおぉても……

▲お前も言ぅてんのかいな、ホンマに言ぅたらあかんで◆分かってるやない
かい……、えらいことした、喜ぃ公(きぃこ)が聞ぃてたんかいな、おい喜ぃ
公、お前今の話聞ぃたか?★なんや?◆お前、今の話聞ぃたか?★「聞ぃた
か」て、間男騒動?◆聞ぃとるがな。

★横町の豆腐屋の嫁はんが間男してる、相手は建具屋の半公。しかし、俺は
口が堅いで、たとえ火あぶりになっても言えへん◆お前も言ぅてんのかいな、
こら絶対よそで言ぅたらいかんぞ★分かってるやないかい、俺も口は堅いね
ん、絶対人には言えへんさかいな……

★なるほどなぁ……、お〜い、豆腐屋のおっさん▼おぉ、どないした★厚揚
げ二枚▼ありがたいなぁ、晩のおかずか?★おっさん知ってるか?▼なにが?
★間男騒動▼へぇ〜、知らんなぁ★横町の豆腐屋の嫁はんが間男しとんねん。

▼横町の豆腐屋? そらうちとこやないか……、相手誰や?★建具屋の半公
▼建具屋の……、用もないのに店の前ウロウロしとるなぁ思たら……★せや
けど言ぅとくで、これ絶対よそで言ぅたらいかんで▼誰が言ぅかい。

             * * * * *

 昔の呉服屋さんや小間物屋さん、そぉいぅところの若い衆がお得意先回り
いたしますと、やはりそのお取引先の奥さん方とえぇ仲んなる。こらまぁ、
今で申します不倫でございます。まぁ、そぉいぅことが昔もちょいちょいと
あったんやそぉでございますけれども……

▲新さん、あんたちょっとも最前から呑んでないやないか。もっとお酒呑み
なはれ、呑みなはらんか●いえ、わたしお酒が強よございませんので、あま
り呑み過ぎますと酔っ払ろぉてしまいますんで▲何を言ぅてんねんなあんた、
お酒呑んで酔わん人がいてるかいな。酔ぉたらわたいが介抱したげるさかい
に、な、もっと呑みなはれ、呑みなはらんか。

●へ、今晩はだいぶ遅そございますんで、もぉこれで失礼(ひつれぇ)をさし
ていただきます▲何じゃいな、あんた帰るちゅうんかいな。嫌やがな帰った
ら。手紙にも書いたぁったよぉにな、旦さん今晩お帰りやないの、お清も返
したし、わて一人だけ。寂しぃさかい、あんた泊まっていったら?

●いぃえぇ、泊まるやなんて、そんなもん旦さんのお留守にこないして寄し
ていただいて、お酒をちょ〜だいするだけでもあかんことやと思てますのに、
泊まっていけやなんて……

▲何を言ぅてんねんな、手紙にも書いたぁったよぉに、旦さんお友達と有馬
のほぉへ出かけはってな、明後日(あさって)までお帰りやないの。こないし
て二人で会ぉてんのん知ってんのん、あんたとわたしだけやないか。な、ほ
かにバレへんさかいに、な、あんた泊まっていきなはれ。

▲あんた、どないしても嫌やちゅうんか? 帰るっちゅうんか? もしもや
で、あんたが帰ったあとにうちへ強盗が入ったらどないすんのん、お得意先
に間違いが起こっても、あんたえぇっちゅうんか?●いぃえぇ、そない思い
まへんけども、なんかわたしが泊まるほぉが間違いが起きるよぉに思いまん
ねんけども……

▲何を言ぅてんねんな、あんた……、えぇわ、ほなな旦さんが帰りはったら
「留守のあいだに新さんがわたしに言ぃ寄った」と、こない言ぅさかい●そ
んなこと言われたら、困ります▲何やのん、あんたもその気があったさかい
来たんと違うか、泊まっていったらどやのん。

●あぁ〜ッ、あああぁ〜ッ▲何やのんあんたわもぉ、糞詰まりの狆(ちん)み
たいな声出して。もしもな、あんたが帰ってしもたら、旦さんお帰りになっ
てあることないことみな言ぅてしまうで●そんなこと言われたら困ります。
あぁ〜ッ、あああぁ〜ッ……

 さぁ、こぉなりますと新吉のほぉも自棄(やけ)になりまして、呑めん酒を
二、三杯ガブガブっと呑みますと、気持ちえぇのを通り越して気持ち悪なっ
てしもて、

●……▲まぁ、新さんどないしたん? あんたえらい顔色が悪いやないか、
気持ちが悪い? わたいの顔見て気持ち悪い言わんといて……、それやった
らなこっちへおいなはれ。

 襖をシュッと開けますと、隣りの部屋にはちゃ〜んと布団が敷(ひ)ぃたぁ
る「さぁ新さん、こっち来て着物を脱いで、ここへ横になりなはれ」

 新吉を布団に寝かしつける、そぉしますと自分のほぉはまずはこのお膳を
綺麗ぇに片付けます。表と裏の戸締りをしっかりと確かめまして、自分もこぉ
着物を一枚脱ぎますと、下は長襦袢一枚でございます。

 寝間へやってまいりまして、鏡の前で白粉(おしろい)を二つ三つポンポン、
右と左をじっくりと見比べまして……、よっシャッ。納得なんかしましてで
すね「新さぁ〜ん……」布団の中へ入って行く。

■(トントントン)はい、今戻りました(トントントン)ちょっと、ここ開
けておくれ(トントントン)今戻りました。

▲し、新さんえらいこっちゃ。うちの人が帰って来た、うちの人が帰って来
た●きッ、今日はお帰りやないと▲「お帰りやない」ちゅうて、帰って来た
もんしゃ〜ないやないか。は、早いこと着物着て、そぉ帯もちゃんと結んで、
羽織の紐なんかどぉでもえぇやないか、押し入れの中入ってどぉすんねんな、
柱登って何すんのん、こっちおいなはれッ!

 新吉を無理やりに裏のほぉへ連れて行きまして、裏口からポ〜ンと外へ出
しますと、新吉、ほぉほぉの体(てぇ)でやっと自分のうちへ戻ってまいりま
して……

●あぁ〜、ビックリした、あぁ〜、ビックリした。何で旦さん帰って来はっ
たんや「今日は帰って来はれへん」て言ぅてたのに。えらいことなってしも
たなぁ……、せやけど見付からなんでよかった、見付かったら大変なことなっ
てんねや。

●ちゃんと、着物も着てきたし、帯も締めてるし、忘れもんないわなぁ……
煙草入れ……、煙草入れあるし、それから紙入れ、紙入れ……、えらいこと
した、紙入れ忘れてきた。そぉや着物脱いだときに床の間の横へ置いて、煙
草入れはちゃんとここへ差したのに、あぁ〜ッ紙入れ忘れてしもた。

●あの紙入れは旦さんよぉ知ったはんねん、帰って来るなりあの紙入れ見て
「おッ、新吉が来てたんか?」すぐに分かってしまうがな、えらいことなっ
てしもたなぁ……。待てよ、帰って来て必ず紙入れが見付かると限ったもん
やないわ。帰って来て旦さんが「ちょっと寝酒に一杯」と、お酒を呑みはっ
てゴロッと横になる、紙入れに気が付かん。と、そぉいぅこともあるわ。

●せやせや、そや、それでえぇねん、気ぃ付けへん……。あかん、えらいこ
とした、あの紙入れん中にはあの奥さんからいただいた手紙が挟んであんね
や。紙入れ持った瞬間にその手紙がポロッと下へ落ちてしもて、それ読まれ
たら……

●あぁえらいことなってしもた。もぉ夜逃げしょ〜、夜逃げ、今まで一生懸
命やってきたこと、みな無駄になってしまうわ。えらいことなってしもた。
せやけど待てよ「お金を取りに行って、紙入れ忘れてきました」いぅて、そぉ
言ぅたらえぇかも分からへん

●えらいことに……、そや、あしたの朝一番で挨拶しに行こ「お早よぉござ
います」ちゅうて「こら、このガキわッ」ちわれたらシュッと逃げたらえぇ
ねん、間に合うわ。よっしゃそないしょ、そないしょ〜、ほなもぉ今日は寝
よ。

 まぁこの、布団を被って寝ましたんでございますけれども、夜中にコトッ
と物音がいたしますとパッと目を覚ます。ウツラウツラとしますと、またパッ
と目が覚める、もぉその繰り返しでございます。もぉ寝たよぉな気持ちはし
ません。

 まわりが明るなってまいりますと、新吉起き出しまして……

●ボチボチ出かけよか、なぁ、旦さん寝ててくれたらえぇねんけどなぁ。奥
さんが表へ出てこぉ掃除でもしててくれたら一番えぇねんけどもなぁ。せや
けど旦さん起きんのん早いさかいなぁ、大丈夫かなぁ……。もぉ暖簾が出て
るがな、ホンマ相変わらず朝が早いなぁホンマにもぉ……

●起きてる。怖い顔してタバコ吸ぅてるがな。あかん、大丈夫か? 何考え
てるんや、商売のことでも考えてるんか? それか、わしのこと考えてんの
か……

■もし、暖簾の間からうちの中を覗いてるお方、用事がございましたらどぉ
ぞこっちへ入っとぉくなはれ●見付かってしもた、入らなしゃ〜ないわなぁ。
えぇお早よぉございます■おぉ、こらお前新吉やないかい、どないしてんこ
んな朝早よぉに?

●へッ、お早よぉございます■お早よぉさん、まぁこっち上がりぃな●へぇ
失礼をいたします■まぁそこへ座ったらえぇねん、どないしたんや今日は、
こんな朝早よぉから?●実はお別れにやってまいりました■別れにやって来
た? どないしたんや、朝からえらい寂しぃ話やないかい。どないしたんや?

■おい、お前ヒョッとして店の金に手ぇ付けた?●いぃえぇ、そんなことは
してまへん■そぉか、そらそぉやろなぁ、お前はそんなことする人間やないっ
ちゅんで付き合いをさしてもろてるんや。すると何か、店の銭に手を付けて
ないといぅことは、酒か?

■旦さんと呑みに行って「今日は無礼講や」ちゅうので呑みすぎて「このハ
ゲ親父」ちゅうて、旦さんの頭を叩いたんと違うか?●いぃえぇ、わたしは
お酒はちょ〜だいしませんので■そぉか、酒呑まんかったなぁ、すると博打
か? えらい借金こしらえてしもて、どぉもこぉもならんよぉなって。

●いえぇ、わたし博打はいたしません■博打はせん……、すると何か、別に
悪いことしてへん、酒呑んでしくじりもしてないわ、借金もないわ……、お
い新吉、お前ヒョッとしてこれと違うか?●へ、へぇ。実はそぉでんねん。

■ほぉ、そぉか。で、これはどんな女ごや?●へッ、実はわたくしがお世話
んなってる、お取引先の人でございます■ほぉ〜ッ、そらえらいもんと深い
仲になってしもたんやなぁ。そぉいぅことはな、若いうちにドンドンやらな
いかん、ドンドン。

■わしみたいにこぉ年いってしまうとな、金使こぉても女ごのほぉが寄って
来てくれへんわいな、そぉいぅのはドンドンやったほぉがえぇなぁ。すると
何か、その女ごさんちゅうのはどこぞのお嬢さんやろ、わしには分かんねや。
親が許してくれへんさかいに、手に手を取って道行きを洒落込もと、こぉいぅ
わけやろ。

●お嬢さんやございません■お嬢さんと違う? すると何か、年増か? そ
れやったらわしがあいだに入って、その人と縁取り持ってやってもえぇけど
もな●いぃえぇ、それはちょっとあきまへん■「あきまへん」て、どぉいぅ
こっちゃお前、わしゃなぁ、この近所ではちょっとは顔が利くねや……

■ん? 娘でもない、年増でもない……、お前ひょっとしたらその女ごちゅ
うのは人の持ちもんと違うか、嫁はんと違うか?●え、えらい済んまへん、
済んまへん堪忍しとくなはれ■わしに謝ってどないすんねん、すると何かい
な「人の女房と枯れ木の枝は、上り詰めたら命懸け」ちゅうやつか、そぉか
いな。

■で「お別れに来た」ちゅうのはどぉいぅわけや?●実はその奥さんから手
紙をちょ〜だいしまして「今日は旦那の帰りがない、もしあれやったらうち
に遊びに来い」といぅことで遊びに行ったんでおます■手紙一本もぉただけ
で遊びに行ったんかいな?

●そぉでんねん、ほんだらまぁ、奥さんのほぉが「泊まっていけ」と「どぉ
しても泊まらなんだら、旦さんにあることないこと言ぅ」といぅので、まぁ
しかたなしに……

●お酒を用意していただいたんですけど、わたしは呑めません。二、三杯も
呑むとわたし気分が悪なりまして、布団の中入って横になりました。そこへ
奥さんが入って来はりましたんですねん■えぇやないかいな、ドンドンやっ
たらえぇがな●そぉしますと、ちょ〜ど奥さんがお布団へ入って来たときに、
そこのご主人がお帰りになったんで。

■間の悪いやつやなぁ、おい。もぉちょっと気ぃ利かしたらえぇねんその旦
那も。それでどないした?●へぇ、ほんで逃げて帰るときにおうちの中へ紙
入れを忘れたんでんねん■ほぉ、紙入れを忘れた? すると何か、お前がビ
クビクしてるっちゅうのわ、紙入れを忘れてきたからやな。

●へ、そぉいぅわけで■そぉかいな、で、その紙入れは見付かってしもたん
かいな?●見付かりましたやろか?■わしに聞ぃてどないするんや▲まぁ新
さん、お早よぉさん。どないしたんや二人揃ろて深刻な顔してるやないか。
あんたいったいどないしたんや?

■いやな、新吉が人の嫁はんに手ぇ出してしまいよったんや。手紙をもぉて
ノコノコと出掛けて行ってお酒呑んだんはえぇけども、気分悪なってしもて、
布団敷ぃてもろて横になったんやて。そこへ奥さんが入って来たときに、間
の悪いことにちょ〜どそこの旦那が帰って来よったんや。

■もぉ慌ててしもて逃げたんはえぇねんけど、その家へ紙入れを忘れてきた
そぉや。まぁ、それが見付かったらえらいことになるっちゅうて、ビクビク
しとんねや。見てみぃな、このえらい顔▲まぁそぉ、新さんそんなことがあっ
たんか? わたしはたぶん大丈夫やないかなぁと思うし■そぉか?

▲そぉやないかいな、若い男を昼日中から引っ張り上げて楽しもとする女や
ないか、そんな旦那が帰って来てすぐさま、おうちの中へ入れへんと思うわ。
部屋の中をズ〜ッと見渡してな、忘れもんがあったらちゃ〜んとどこかへし
もぉてると思うし。ねぇ〜、あんた?

■そぉやがな、たとえその紙入れが見付かったところで、自分の留守に嫁は
ん寝取られるよぉな男や……


【さげ】
■そこまで気が付かへんわ。


【プロパティ】
 一席目がいい噺=笑福亭喬若「テレスコ」
 鳥インフルエンザ=A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して起きる
   鳥類の感染症。2004年1月、日本・山口県阿東町(現・山口市)の養
   鶏場で6千羽死亡。動物衛生研究所の分析にて国内初のHPAI(H5N1型)
   が検出(Wiki)。
 牛丼のお店も大変=2000年代の初頭に発生した、BSE(牛海綿状脳症)に
   関する一連の出来事、事件、またそれらのメディア報道によって発生
   した社会問題である。牛海綿状脳症をめぐる畜産業(食肉産業)や外
   食産業にくわえ、一般生活者を巻き込んだ社会現象となった(Wiki)。
 「金曜日の妻たちへ」=1983(昭和58)年、TBSテレビで放送された連続テ
   レビドラマ。核家族間の交流とそこに起きる不倫を題材にし『不倫ド
   ラマ』としてヒット(Wiki)。
 ここは会場が広ございますんでね=普段はゆとりーと東大阪1階会議室で
   開催されるが、この回は3階ホール(300人収容)での開催。
 目籠(めかご)=竹で編んだ器。
 紙入れ=鼻紙や小間物などを入れ、外出の際、懐に入れて持ち歩くもの。
 這う這う(ほうほう)の体=(はうようにして)やっとのことで逃げるようす。
 音源:笑福亭岐代松 2004/03/12
    ゆとりーと寄席(HCT:東大阪コミュニティテレビ)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭岐代松 sub=*  ●main高座記録日:2004/03/12  ●音  源  名:ゆとりーと寄席(HCT)  ●ファイル公開日:2004/07/18  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/10/07  ●リクエスト数:rakug345  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次