【上方落語メモ第7集】その342

四 人 ぐ せ


【主な登場人物】
 目をこする男  鼻の下をこする男  袖を引っ張る男  手を打つ男

【事の成り行き】
 「習慣となって無意識的に行う動作」が癖の定義ということになっていま
す。ひっくり返すと「一時的に意識的に行う動作」が癖ではない動作という
ことになるのですが、日常の行動を省みて「その都度、しっかり意識しなが
ら行っている動作」はどれほどあるか? 再確認してみたくなります。

 朝起きるとき布団を跳ね除けるのは右手か左手か? とか、歯磨き洗顔は
朝食の前か後か? とか、歯ブラシに絞り出す歯磨きの量は1センチか2セ
ンチか? とか、歯磨き中は水道の水を出しっぱなしか止めるのか? とか、
新聞は前から読むか後ろから読むか……、挙げだすと切りがありません。

 で、それぞれについて、その都度確認しながら意識して行動しているのか
と考えるに、意識してません。日常の行動ほとんどすべて、無意識に行動し
ている習慣みたいなもので、これは「癖」そのものやないのか?

 わたしの一日を観察すれば、なくて七癖どころか、すべてが癖かもしれま
せん。いや、あなたにしたところで同じことかも。こんな人間同士が大きな
混乱もなく付き合っていけてるなんて、今さらながら世間というのは不思議
な場です(2004/06/20)。

             * * * * *

 人には無いよぉで七つは癖が有るんやそぉでして、まぁどんな癖かと申し
ますと、いろんな癖がございますが例えば目をこすってみたりとか、鼻の下
指でこすってみたりとか、爪をむしったりとかいぅいろんな癖がございます
が、そぉいぅ人間が四人集まりますとこれ面白いもんでございまして。

■あれッ? あそこにいてるのん、あれ松っちゃんとちゃうんかいな……、
せや、やっぱり松っちゃんや。おい、松っちゃんまっちゃん、ちょっとこっ
ちおいでぇな●あぁ、こらどぉもどぉも、ご機嫌さん■「ご機嫌さん」やな
いで、うちの前まで来てて素通りするやつがあるかいな、まぁ上がっていきぃ
な。

●いやぁ、あんたとこへ寄してもろたらいっつもよばれっぱなしやろ■そん
な水くさいこと言ぃないな、友達やないかいな、まぁ上がっていき上がって
いき。おい嬶(かか)、松っちゃんが来てんねん、お茶出したげてお茶、えぇ
お茶やで。それから羊羹があったやろ羊羹、あれ出したげて。松っちゃん甘
いもん好きやさかいな。

■言ぅとくで分厚ぅ切んねんで分厚ぅに、薄ぅ切って羊羹から皿の柄が透け
て見えるてな、そんな不細工なことすんねやあらへんで。まぁ茶ぁ飲んで、
食べて帰って●すまんなぁ(目をゴシゴシ)あッ奥さん、いっつもすんまへ
んなぁよばれてばっかりで(ゴシゴシ)ほないただきます、えらいすんまへ
ん(ゴシゴシ)

●わぁ〜ッ、こら美味しぃお茶やなぁ。やらしぃ話やけど(ゴシゴシ)これ
なんぼぐらいすんのん? えッ、それだけ出したらこれだけ美味しぃお茶も
あるわなぁ(ゴシゴシ)また羊羹分厚ぅ切ってくれて、わいが甘いもん好き
なん覚えててくれてたんやな(ゴシゴシ)嬉しぃなぁよばれるわ、こら美味
しぃわ、お茶が美味しぃところへさして(ゴシゴシ)羊羹が美味しぃさかい
何ぼでも食べれるわ(ゴシゴシ)

●こんな(ゴシゴシ)美味しぃもん(ゴシゴシ)何ぼでもいただけるわ(ゴ
シゴシ)こんな分厚ぅ切ってくれて(ゴシゴシ)こんな美味しぃもん(ゴシ
ゴシ)何ぼでも(ゴシゴシ)……、忙しぃわぁ(ゴシゴシ)

■そら忙しぃわ、見てるこっちのほぉが忙しぃわ(鼻の下をスリスリ)せや
けどあんたオモロイ癖あるなぁ(スリスリ)●何が?■「何が」て、茶ぁ飲
んでは目ぇこすり(スリスリ)目ぇこすっては羊羹食べて、おっかしな癖や
なぁそれ。

●あぁこれかいな(ゴシゴシ)前までよぉやってたんやけどな、近頃はちょっ
とも、やってへん(ゴシゴシ)■嘘つけ、お前(スリスリ)言ぅたシリから
やってるやないか(スリスリ)あんまりえぇ癖やないで、みっともないで、
止めときや(スリスリ)●あんたなぁ、人のことは分かってるか知らんけど
も、自分のことちょっとも分かってへんで(ゴシゴシ)

■何が(スリスリ)?●「何が」て、あんたにもオモロイ癖あるがな■わし
かい? そんなこと言ぅもんやないわ(スリスリ)何ぼ自分のこと言われた
さかいといぅて(スリスリ)人のこと言ぅたらいかん(スリスリ)せやろが
な。まずな、自分のことをよぉ分かってから(スリスリ)人のこと言わなあ
かんわ。何がいな(スリスリ)今した? 何もしてへんがな(スリスリ)お
かしなこと言ぅやっちゃなぁこいつわ(スリスリ)

■何もしてへん、せやろがな(スリスリ)だいたいな、自分のこと先分かっ
たうえで人のこと(スリスリ)え? 何がいな? 何にもやってへんやない
か(スリスリ)何? やってる……? ほんに(スリスリ)やるなぁ●やっ
てるやろがな、鼻の下をこする。それがあんたの癖や■こらなかなか、人の
ことは分かっても自分のことて分からんもんやなぁ、えらい偉そぉに言ぅて
すまなんだなぁ(スリスリ)やるなぁこら。

■おい、ちょっと向こぉ見てみぃな、あれ仕立屋の秀やんちゃうんかいな。
こらオモロイ、あの男にも妙な癖があんねん知ってるやろ、どぉいぅわけか
知らんけど、仕立屋だけに年がら年中着物着とんねん、袖口を両手でピュッ
ピュッと引っ張る、あれがあの男の癖や。オモロイさかいちょっと呼ぼか。

■おぉ〜いッ、秀やん、秀やん、ちょっと寄っていきぃな▲こらどぉも(両
袖をピュッ)どぉ〜も(ピュッ)松っちゃんまでおそろいでお久し振り(ピ
ュッピュッ)■激しぃ癖やなぁ、あの人(スリスリ)……、あんたオモロイ
癖あるなぁ▲何がだす(ピュッ)?■「何がだす」て、あんたその着物の袖
口ピュッピュッと引っ張るのん、それあんたの癖やなぁ言ぅてまんねん。

▲これだっか(ピュッ)いや(ピュッ)これ別に癖っちゅうわけやおません
ねんけどもな(ピュッ)わたいが仕立てたら着物の袖口はピタッと合いまん
ねんけども、店の若いもんに仕立さしたらもぉ(ピュッ)下手くそやさかい
ちょっとも袖口合いまへんやろ(ピュッ)せやさかい気になるさかい、こな
いして合わしてまんのん(ピュッ)

■いや、そんなことおまへんわ。あんた年がら年中そんなことしてまっせ、
ケッタイな……。おい、今日はどないなったぁんねん見てみぃな、向こぉか
ら来んのんあれ大工の熊やんやがな。あの男にもオモロイ癖あんねん、どぉ
いぅわけか知らんけども、何ぞいぅたら「こらえぇ(ポンッ)」っちゅうて
手ぇ叩く、あれがあの男の癖や。ちょっとオモロイさかい呼ぼか。

■おぉ〜いッ、熊やん、ちょっと寄っていきぃな★おぉ何じゃい、皆寄っと
んなぁ、なんか寄り合いでもあったんか? そやない? へぇ、たまたま集
まったてか、そぉかいな皆が偶然集まったところへ、わいが来合わせやなん
てなぁ……、こらえぇ(ポンッと手を打つ)

■さぁさぁ、それがあんたの癖や★何が?■「何が」てね、ちょっと見てみぃ
な、今日これだけ四人顔合わしたやろ、これ、皆それぞれオモロイ癖もっと
んねや。わいは(スリッ)鼻の下指でこすんのが癖、松っちゃんは(ゴシッ)
目ぇこすんのが癖、秀やんは(ピュッ)袖口引っ張んのが癖、あんたは(ポ
ンッ)手ぇ打つのが癖や。

■そこでや、この四人滅多に顔合わすことないさかいに、今日はひとつお互
い癖の直し合いっちゅうのんせぇへんか?★そら無理やで■何で?★「何で」
てお前、直れへんさかい癖になったんねや■さぁさぁ、せやさかいに直らん
のを友達同士直し合お、っちゅうてんねやがな。ただな、普通にしてたんで
は直らんよってに、せやなぁ……、いっぺん癖やるたんびに千円罰金ちゅう
のはどや?

★千円? そら高い、そら高いわお前。わいら(ポンッ)これで千円やろが
な、考えてみぃなわいの商売何や思とんねん、大工やで大工。そんなもん千
円も釘打と思たら何ぼ(ポンポンポンポンッ)こんなことせなあかんねや?
せやろがな■そんなん言ぅたら一緒やがな皆、せやろ。あんたらまだこない
して(ポンッ)大きぃ動けるさかいえぇわいな、わい(鼻の下をスリッ)こ
れで千円やで。往復したら(スリスリ)二千円やがな。

★そない言われたらせやけども……、せやなぁ、まぁ何も呑みに行ったり食
べに行ったりするだけが友達やないわなぁ、悪いところがあったらお互いに
直し合う。これも友達のえぇとこかも知れんわなぁ……、いっぺんやったら
千円の罰金か……、こらえぇ(ポンッ)

■さぁ千円出し★ちょ、ちょっと待った。まだ決めてへんがな■嘘やウソや、
今からしまっさかいね、よろしぃか。今から癖やったら千円罰金でっさかい
な、よろしぃな。ほなわたいがね「ひのふの三つ」と手を叩いたらもぉやっ
たらあきまへんで、ほないきまっせ。

●ちょちょ、ちょっと待ってくれ。もぉやったらあかんねやろ、それやった
ら思う存分やらしてもろとかな(目をゴシゴシゴシゴシゴシ……)■いつま
でやってんねん、目の縁赤こぉなったるがな、もぉえぇか、えぇな、ほない
きまっせよろしぃな。

▲ちょちょちょ、ちょっと待って、もぉやったらあかんねやろ、それやった
らな、わても思いっきり着物引っ張らしてもろとくわ。ちょ、ちょっと待っ
てな(ピュピュピュピュピュ……、ベリッ)■あんた、着物破ってどないす
るんやいな、ケッタイな人やなぁ。よろしぃか、いきまっせ。

★ちょ、ちょっと、やったらあかんでやったら。わいもやらしてもろとかな、
はい(ポンポンポンポンポン……)さッ、やってくれ■えぇな、ほないきまっ
せ、よろしぃないきまっせ……、わいもやっとこ(スリスリスリスリ……)
よし、もぉ絶対やったらあきまへんで、ほないきまっせ、ひのふのみっつ!

■さッ、もぉ癖やったらあきまへんで分かりましたな●分かってま、分かっ
てまっけどね、これ「やったらあかん」言われたらやりたなりまんねやなぁ。
何や目ぇがもぉ、チカチカチカチカして……、あぁ〜ッ、あぁ〜ッ、手が出
る、あかん後ろに手ぇやっとこ。

▲そらそやわ、なんせいっぺん……、これやったら千円の罰金でっさかいね、
こら大きぃでっせ。なんせいっぺん……、これやったら千円の罰金でっさか
いね、へぇ、いっぺん……、これやったら千円の罰金●ちょと、あんたその
袖の手ぇは何だんねんその手ぇは? 怪しぃ手ぇやなぁ。

▲こ、これでっか、これはね「皆で表へ出まひょか」と、こない言ぅてまん
にゃがな。家(うち)おったんでは辛気臭いよってに、こぉしまひょ「友達四
人で癖の直し合いします」いぅてお宮へ願掛けに行きまひょ。さッ、出て来
なはれ。

             * * * * *

▲さ、よろしぃか、あんたらタテに一列になったらあきまへんで。誰が不正
したか見えへんさかいね、ヨコに一列並びなはれ四人。あんた下がってまっ
せ、もっと前行きなはれもっと前へ。あんた列合ぉてまへんで、もっと端揃
えて。何をしてまんねん、もっと合わせてでんなぁ。あんた鼻の下のその手
は何だんねん?

■違いまんがな、これはね、そぉそぉ「あこの餅屋を見てみなはれ」と指さ
してまんねん▲餅屋に何がおまんねん?■見てみなはれ、あの搗きたての餅。
蒸篭(せぇろ)からパ〜ッと湯気が出てまっしゃろ、あの餅食べたら美味しぃ
やろな、とこない言ぅてまんねやがな。行きまひょ行きまひょ。

●えらい湯気やこれ、湯気が目に入って目の毒や。こらいかん……、手ぇ後
ろやっとこ▲そない、何も必死になることおまへんやないかいな、わたいな
んかね、この袖口さえちゃ〜んと合ぉてたらどぉっちゅうことおまへんにゃ
さかいね。今ちゃんと袖口合ぉてまっしゃろ? 合ぉてます? こっちは?
え、合ぉてないのん? なんや気持ち悪い、ちょっと引っ張って、引っ張っ
て。

■あんた自分の癖、人にやらすのん止めなはれ▲いや、気持ち悪い★皆やっ
とるやっとる、困っとる、こらえぇ……、危なッ。危なぁ〜、九百九十円ま
でいったなぁ、手ぇ後ろやっとこ■もし、皆さん。向こぉのね、あのお宮の
松の木の枝見てみなはれ★木の枝になんぞおまんのんかいな?

■白い鳩が一羽止まってまっしゃろ★ホンに止まってまんなぁ■わたいねぇ、
近頃弓矢の稽古してまんねん、ちょっと見したげまひょか。弓矢っちゅうの
はねぇ、むつかしぃんでっせ。まずねぇ、こぉ構えまんねん、こぉ構えてほ
んでね、矢ぁをこぉ持ちまんねや。ほんでこぉキリキリキリキリィ〜と引っ
張りまんねん……。何見てまんねんあんた、鳩をちゃんと見ときなはれ鳩を。

■こぉキリキリッと引っ張っていってね、引っ張ってから思いきって(鼻の
下をスリッ)スコ〜ンと射抜いたら、気持ちよろしぃで●そら可哀相ぉや、
なんぼ弓矢の稽古してるか知りまへんけども、何も生きた鳩、的にせんでも
よろしやないかいな。わたいもぉ、そんな話聞ぃただけでもぉ、悲しゅ〜て
悲しゅ〜て、涙が出て涙が出て(目をゴシッ)

▲何もそんなんで泣かいでもよろしぃやないかいな、よぉ考えてみなはれや、
鳩っちゅうのは羽がおまんねやで。そんなことちゃんと考えてまっさかいに、
射抜かれる前に立派な羽をパタッ〜と広げて(両袖をシュッ)パタパタパタ
パタッと飛んで行きまっしゃないかいな。

★お前ら皆、やっとるやないかい。と、いぅことは、一人千円で三千円の儲
けか。こらえぇ(ポンッ)


【さげ】
 皆やってしまいよった。


【プロパティ】
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 音源:桂つく枝(文三) 2003/06/12 上方演芸ホール(NHK)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂つく枝(文三) sub=*  ●main高座記録日:2003/06/12  ●音  源  名:上方演芸ホール(NHK)  ●ファイル公開日:2004/06/20  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/09/16  ●リクエスト数:rakug342  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次