【上方落語メモ第7集】その335

長     短


【主な登場人物】
 気の長い男  気の短い男

【事の成り行き】
 朝起きてとりあえず新聞受けから新聞を取り出しコーヒーを入れ、その日
によってガーリックトースト、卵サンドトースト、キムチサンドトースト、
ハムサンドトーストなどなど作り、じっくり一面トップ、三面記事から地域
欄、家庭欄、スポーツ、経済、国際、ラテ欄まで目を通し、ここまででだい
たい二時間が経過してます。

 あとは南光さんのエッブリデーに面白そうな見出しがあればテレビを点け
るか、なければ洗濯・掃除を済ませて午前中のメールチェックののちボケ〜ッ
と音楽を聴いているともうお昼。

 昼からは気が向いたら落語の書き起こしをしたり、今日のように一週間分
の献立メニューを考えて一覧表にし、食材を分析集計して書き出して買い出
しに行くと早や三時。こごろうジャーナルを聴いたり音楽を聴いてボケ〜ッ
としてると、もう夕食の支度の時間になって夕食、一服、後片付け、テレビ、
風呂、雑事、ボケ〜ッとな時間で一日の終わり。

 その合間を縫って落語会、映画、散歩、買い物、雑用……、仮隠居三年目
の日常は結構やることがたくさんあって、覚悟していたほど時間を持て余す
ようなことはありません。絶対にその時そのことをやらなければならないわ
けではないので、気分的に余裕は余りぎみですけど、まぁそんなところです。

 こんなわたし、気が長いのやら短いのやら、中ぐらいなのやら? ちょっ
と早いけれど、お腹が空いたので夕食の用意にかかることにします。
(2004/03/07)

             * * * * *

 え〜、笑福亭たまといぃますんで、おあとお楽しみに、わたくしのほぉも
一席お付き合い願います。

 昔から「十人十色」てなこと言ぃまして、人間それぞれ性格は違うもんで
して、気の長い人ちゅうのんいたはります。気の長い人、あれ、ものの言ぃ
よぉがゆっくりしてるとか、動きが鈍いのろいとか、そぉやない。

 万事何事でも判断すんのが非常に慎重、あわてないんですね。優柔不断、
話の結論にいくまでに非常にヒマがかかる。

 こぉいぅ気の長い人とですね、気の短い人、両極端な二人が意外に小(ち)
さい時分から仲良かったりしましてね。

■誰や……、だれ? 最前から頭出したりへっこめたりしてんのん、だれ?
気になるがな、だれ……、なんやいな長さんかいな。誰やしらん思うがな、
さぁ、入りぃな。用あるさかい来たんやろ、入りぃな、入ったらえぇねん、
入りぃな長さん。

●やっぱり……、いてた?■いてぇでかいな、ずっとここ座ってた。さ、上
がり。上がったらえぇねん上がりぃな、用あるんやろ? 上がりぃな●上が
らして……、もらう……

●いてた?■いてぇでかいな、今しゃべってたがな。相変わらずのんびりし
てるなぁ。ほで、今日、用あるさかい来てんやろ、どないしたんや、用なに?
どぉ? なに?

●せわしのぉて、言(ゆ)われへんわ……、用っちゅうほどのたいした話やな
いねん。用っちゅうほどのたいした用やないねんけど、実は、夕(ゆん)べ、
夜中の話や……

■夜中の話?●あれ、確か何時ごろやったかいなぁ、おそらく二時ごろやっ
たかいなぁ、三時過ぎてたかいなぁ、いや、一時ごろやったかも分からんけ
どな。あのぉ〜、二時ごろやったかいなぁ、いや、一時……■そんなんどっ
ちゃでもえぇわ、ともかく夕べ夜中になにあったんや?

●わい、ふと目ぇ覚ましてんけど、えらいもんやなぁ、あんなこと、あんね
んなぁ……■なに、あったんや?●わい、急に……、ションベンしとなった
んや。

■お前、コ〜ンといたろか、ションベンぐらいでたいそぉ言ぅな●いや、話
これからや。わいが憚り(はばかり)行て用足したあと、手水鉢で手ぇ洗お思
て、雨戸スゥ〜ッと開けて外見たとたん……、ビックリしたなぁ。

■おい、誰ぞいとったんか? 盗人でもいとったんか? どないしたんや?
●空が真っ赤になって、星ひとつない。あぁ〜ッこの分やと、あしたは雨か
いなぁ思たら、今朝、キ〜ッチリ降ったやろ。えらいもんやなぁ……

■お前はなにか、今朝の雨言ぅのに夕べのションベンから言わな言われへん
のか? 大層な……、声ひそめるほどの話やあれへんがな。

●せやさかい「たいした話やない」て……■ホンマにたいした話やないわ。
お前ともの言ぅとったらイライラしてくんねん●へへへへ、へぇ……■笑う
な、腹立つやっちゃなぁ。まぁえぇけどな、お前の性分わかってるさかい。
そんな話どっちゃでもえぇわ。それよりな、ちょ〜どここに饅頭残ってんね
や、これ食いぃな。饅頭や、一つ残ってんねん食いぃな。

●饅頭?■そや、もぉ遠慮せんでえぇ、わし食たんや。一つ残ったさかい誰
ぞ好きなやつ来たら食てもらお思とったんや。いや、おまはん甘いもん好っ
きゃがな。お前食えへんねんやったら、わし食ぅねんけどな、甘いもん好き
やろ、せやさかい言ぅてんねん。これ食いぃな、栗饅頭や。

●……、栗饅頭?■せや、栗饅頭。好きやろ?●……、好っきゃ〜■好きな
ん分かってんねん、分かってるさかい食べたらえぇがな●食べてもえぇか?
■食べたらえぇねん。食べてえぇさかい出してんねん●栗饅頭?■せや、栗
饅頭や●栗饅頭?■せや栗饅頭。早よ食え●よばれる……、く、栗饅頭。

■栗饅頭やないか、どっから見ても。三笠に見えんわ、早よ食てくれよ●よ
ばれる……、半分に割ると、二つになる……、どっち食お?■どっちでもえぇ
わ、早よ食てくれよ●ング、ングング……、カッ、カッカッ……■ど、どな
いしたんや?

●カッ、カッカッ、カッ……、うまい■うまいんかいな、なんやしらん思う
やないかい。ビックリするやないかい、スッと食えよ●ング、ングング……、
カッ、カッカッ……、うまい■うまいんかいな、いっぺん聞ぃたら分かったぁ
るわ、スッと食えスッと。

●ング、ングング……、カッ、カッカッ……■お前、いっぺん医者行ったほぉ
がえぇんとちゃうか、おかしぃぞ、饅頭食て体震えるて。どっか病気やぞ、
スッと食えスッと●ング、ングング……、カッ、カッカッ……、ング、ング
ング……、カッ、カッカッ……

■うまいんやろ?●ちゃ、茶ぁくれ■なんやそれ、なんやねんそれ。厚かま
しぃやっちゃなぁ……、さぁ、茶ぁ飲め。飲んだ? 飲んだら早よ食えよ、
もぉ体震わさんと。早よ食てくれ、もぉイライラするがな。腹立つなぁ、半
分ぐらいの饅頭いつまで暇かけとんねん。

■早よ食えよイライラする腹立つ。もぉ、半分こっちかせ……。えぇか、饅
頭てなもんはなぁ、こぉいぅ具合に食ぅんじゃよぉ見とけ。ウプッ、ゴクッ、
うまいぃ〜。これでえぇねやないかい●……、鵜呑み(うんのみ)にしたなぁ
■あぁ、鵜呑みにするもんじゃ饅頭てなもん。饅頭てなもんなぁ、腹ん中で
味わうもんじゃ。ゲッ……、うッ終いじゃ。

●もどしたんと違うか?■あぁ、もどしたんが一番うまいんじゃ●よぉそん
なアホな……、しかしなんやなぁ、おまはんは気が短い。わいは、気が長い
わなぁ。それでいて、小さい時分から喧嘩一つしたことがないねや(す〜ッ
パ)おかしぃなぁ、性分ちゅうのはこぉいぅもんかいなぁ……、おまはんが
イラチで、わいは気が長い。ほいで、小さい時分からの友達同士や(す〜ッ
パ)

●おかしぃなぁ……、小さい時分からの友達同士(す〜ッパ)不思議なで、
おまはんは気が短こて、わいが長い。ほいで(す〜ッパ)馬合いやねんさか
いなぁ、不思議な(す〜ッパ)やっぱり、これでなかなか(す〜ッパ)二人
ともなぁ(す〜ッパ)どっか(す〜ッパ)気が合う。

■合えへん……、合えへんわ。お前そんなことしとったら、一生タバコ火ぃ
付けへんぞ。えぇか、そぉいぅ時はな、口から迎えに行ったんねん、迎え火
ちゅうねん。こぉやって葉ぁ詰めんねん、ほんでタバコ盆持って口から迎え
に行ったんねん。こないして(パッパッパッ、パッ、ふぅ〜ッ、ポンッ!)

■これでえぇねや、もぉいっぺんやるぞ。葉ぁ詰めて、火ぃ付けて(パッ)
吸ぅて(ふぅ〜ッ)ほんで(ポンッ!)叩く、これでえぇんや。やってみぃ、
できるさかい●機用や■誰かてできるわ、早よやれ●む、迎え火(す〜ッパ、
ッパ)……、火ぃ、付いた■当り前や。誰かて付くわ。

●(す〜ッパ、す〜ッパ)なるほど、こぉいくか(す〜ッパ、ふぅ〜ッ)そ
らまぁ確かになぁ、みなから気が長い言われる。うん、迎え火(す〜ッパ、
ふぅ〜ッパ、ふぅ〜ッ)せやけど、本人はなぁ、結構(す〜ッパ、ふぅ〜ッ)
あっさりしてるっちゅうか(す〜ッパ)気が短いっちゅうかなぁ(パッ、パッ、
す〜ッパ、ふぅ〜ッ)そぉいぅ風に思てんねや。うん(パッ、パッ、す〜ッ)
どっちか言ぅたら、わしは(す〜ッパ、ふぅ〜ッ、す〜ッ)淡白や。

■どこが淡白やねん、お前。どこが、淡白やねん? なんぼほど吸ぅねん、
そこまでいったら灰ものぉなるわ。火玉が踊っとるやないかい。あのな、こぉ
いぅとき、なんぼでも付けたらえぇねやないかい。最前やったやろが、こぉ
して葉ぁ詰めて、火ぃ付けて(パッ)吸ぅて(すぅ〜ッ)ポ〜ンと叩く。こ
れでえぇねや。もっぺんやるぞ、葉ぁ詰めて、火ぃ付けて、吸ぅて、ポ〜ン
や(パッ、すぅ〜ッ、ポ〜ン)こぉや(パッ、すぅ〜ッ、ポ〜ン)(パッ、
すぅ〜ッ、ポ〜ン)(パッ、すぅ〜ッ、ポ〜ン)……

■わしらちょいちょい急(せ)ぇてるときなんか(パッ、すぅ〜ッ、ポ〜ン)
火ぃ付ける前に(パッ、すぅ〜ッ、ポ〜ン)はたくぐらいのもんじゃ●よぉ
そんなアホな……。しかしおまはん、性分からいぅても、人にもの教(お)せ
てもらうのん、嫌いやろ?■あぁ、嫌いやなぁ。人に偉そぉ言われんのん一
番嫌いや。

●わいが、言ぅても、あかんか?■そら違うがな、おまはん別や。小さい時
分からの馬合いやがな、なんぞあったか? 言ぅてくれ●怒らへん?■怒ら
へんがな、なんやねん?●ホンマに……、怒らへん?■怒らへんがな●ホン
マに……、怒らへん?■「怒らへん」言ぅてるがなッ!●怒ってんのと、違
うか?■やかましぃなぁ、もぉ、早よ言えや。なんやねん?

●ほなまぁ、言ぅけど……、あの、実は……、やめとこ■おい、やめるなよ。
気になるがな。わし、気にしぃやねん、頼むから言ぅてくれや、なんやねん?
●ほなまぁ、言ぅけど。あの、おまはんのその今着てる着物、それ吊るしで
買ぉたん? それとも、こさえたん?

■これかえ、こらこさえたんや。どや、えらい映(うつ)るやろ●あぁ、こさ
えたん……、こさえたん。ほなあの、共のキレ、ともぎれ持ってる? ある?
あるか、あんのん。良かったなぁ……、もぉえぇわ■いや、えぇことあらへ
んがな、今晩寝られへんわ。頼むわ、教せてくれや。わしが悪けりゃ頭下げ
る、えらい済んまへんでした教せとくなはれ。なんやねん? 言ぅてくれ。

●ほなまぁ、言ぅけど……。あのぉ、おまはん最前タバコ吸ぅてたわなぁ。
あの折に、あれ確か二服目かいなぁ、三服目かいなぁ……、キセルでポ〜ン
とはたいた拍子に、火玉がそのタバコ盆に入らんと、おまはんの左の袂へス
ポ〜ン入りよって「あぁ、えらいとこ入りよったなぁ」思てたんやが、今ボ
チボチ、煙が上がってんねんけど、それもしかしたら、消したほぉがえぇん
と違うやろか?

■は、早よ言え、早よ。早よ言ぅてくれ、もしかせぇでも消したほぉがえぇ
に決まったぁるやないかい……。ほれ見てみぃ、おおけな穴開いてるやない
かい。なんでもっと早よ言えへんねん、このどアホが!


【さげ】
●あぁ〜……、怒った。やっぱり、教えなんだらよかった。


【プロパティ】
 三笠=三笠饅頭=どら焼き。菓子の外見が奈良県の三笠山に似た形である
   ことに由来する名称。
 こさえた=こしらえた=誂えた。
 映(うつ)る=映える。
 音源:笑福亭たま 2003/11/29 なみはや亭(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭たま sub=*  ●main高座記録日:2003/11/29  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2004/03/07  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/07/22  ●リクエスト数:rakug335  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次