【上方落語メモ第7集】その327

借 家 怪 談


【主な登場人物】
 源さん  喜ぃさん  借りに来た人A・B

【事の成り行き】
 二十代、三十代の頃には電車に乗って席が空いていても座りたいなどとい
う気持ちは起こりませんでしたが、人間五十を超えると「座りたいなぁ」と
いう気持ちが少しは湧いてきます。けど、幸いなことにまだ「何が何でも座
るぞ」の根性は座ってません。

 ガラガラに空いていれば座る、両隣りに接触するほどの隙間しか空いてい
なければ座らない。と痩せ我慢張ってるわけです。けど本心は「座りたい」
の気持ちですから、頭の中で多少の計略をめぐらせます。つまり、うちの最
寄駅には準急が止まり、普通よりも座席が空いている確率が高いのです。

 今、目の前に止まってる満員の普通に乗らなくても、数分あとの準急に乗
れば目的駅には少しの遅れで座って行ける。何回かの学習で体が覚えてしま
いました。しかし世の中いつも思い通りに事が運ぶものではないのですね。

 満員でやり過ごしたあとの準急が、また満員だった。こういうときに座れ
ないのは、立つことの疲れよりも“読み違いの疲れ”の方がドッと出てしま
います(2003/11/02)。

             * * * * *

 え〜、お運びありがたく御礼を申しあげます。いつもなら、もっと遅くに
出るんですが、今日はちょっと用事がありますので、歯医者の予約がありま
すので、ちょっといろいろとほかの段取りがございましてね、先出さしてい
ただきますんで、このへんで失礼(ひつれぇ)をさしていただきます。

 そんなことおまへんけど、あの〜、阪神が好調でんなぁ。せやけどね、詰
まらんわこれは。詰まらん、ホンマに。あのねぇ、そらね、ゲーム差でもね、
2ゲーム、3ゲームの差ぁちゅなオモロイでっせ。9.5もあいとんねや。
ほんなもんあんた何や、最近野球に全然興味おまへんねや。

 せやからわたし、野球見んねやったら巨人ばっかり見てまんねん。もぉ巨
人が気の毒で気の毒で。そらそぉでんがな、阪神の選手の給料のこと思てみ
なはれ、巨人の選手の一人や二人で阪神の全球団のやつ持って行ってまんね
んで。

 それがでんな、こないだヤクルトに19対何ぼで負けてまんねや。草野球や
おまへんえからね、うちら「上方タイガース」て、むかし落語協会にありま
したよ。中学生と試合やって、中学生の落研が申し込んできよった。

 そんなアホなこと「なめとんのか。俺を誰やと思てけつかんねんアンダラ。
おらぁ平安やぞ」言ぅて、最初はあんた、6対4ぐらいで勝ち越して、次の
試合、20対3で負けた。情けない。

 もぉねぇわたし、情けなかったんがね、うちの師匠がね、野球好きですか
ら、ほで、泉北の「パンジョ」いぅ百貨店の人がスポンサーなってくれてね、
で「タイガース」て入ったユニホーム、グレーのね、ほで、それで野球やり
ましたんや。

 僕(ぼか)ぁ、学生時代キャッチャーでしたからね、最初はキャッチャーやっ
とったんだ。で、ランナー1塁、ピッチャーにウエストボールのサイン出す
とやね、盗塁して、パッとセカンド放ると入ってへんねやから、誰ぁれもお
れへんセカンド。

 うちら見てみなはれ、セカンドやったらセカンドおったまま。たとえば満
塁なりますやろ、ノーアウト満塁。俺が「内野前進、ホームゲッツー」ホー
ムゲッツーと言ぅことは内野ゴロ、ボテボテになったらホームへ放って、次
ファースト放って、ゲッツー取れるでと「ホームゲッツー」言ぅたら、春蝶
さんが「でけへん、でけへん」いっぺんでやる気無くなりました。

 死んだ米太郎兄さんがね、遅刻して来たんだ、野球。アホやで、服のまま
ショート守ってね。この人、なかなか上手かったんですよ。ショートフライ
追いかけとってね、ちょっと後ろに水溜りがあったん、それへバチャ〜ンは
まった。で帰りしゃ〜ないからユニフォーム来て帰ってましたわ、おかしな
オッサンやなぁ思てね。

 だいたい、うちの最初の野球チーム、ユニフォームの着方さえ知らんやつ
ばっかしやってんもん。松喬兄貴なんてね、ユニフォームズボンの上にストッ
キングしまんねん。こら野球知らんねやな。

 あの、桂南光さん、パッと見なんかスポーツマン思いまんがな。ピンチヒッ
ター出たんだ、右バッターボックス。普通こぉですよ、あの人こぉや。こらあ
かんで、と。

 で、いっときピッチャーやってましてね、ピッチャーゴロ来たからファー
ストへ放った、逃がすんや。名前言ぃまへんけど、うちの兄弟子が逃がしよっ
た。腹立ったねぇ、それからうちの師匠がボロカスに怒るわけだ。で、ボク、
ヤケクソになって投げたら「こらぁ、おどりゃ、嫌々投げるんならやめさらせ
ッ」あんた、阪神応援に来てんねやないねんから。

 とにかくガァガァ言ぅさかいね、やかましぃ。せやから孫を連れてね、ヨ
シオ君、枝鶴兄さんの子がおった。野球のときはヨシオ君迎えに行きまんね
ん、車でね「ヨシ君、お爺ちゃんと遊びお爺ちゃんと」ほな、松鶴も親バカ
でもあるし、爺バカでもあるからやね、孫の守りばっかりしてまんがな。で、
ズ〜ッとやってましたんや。

 何の関係(かんけぇ)もおまへんけどな……

 わたしあの、入門した頃ね、最初は三畳一間のアパート住んでました「ミ
キ荘」いぅてね。アパートで、家賃あの当時ね、昭和四十九年の六月ごろに
七千円でした。

 三畳一間は便利やったねぇ。布団敷(ひ)きますやろ、なにしょ〜にも両方
手ぇ届きまんねん。そこへ兄弟子が「泊めてくれ」言ぅて来よる。三人で寝
たことあります、三畳で。

 そこでね、いろんな人おりました。わたしの隣りのオバハンがね、四畳半
の部屋で、これパチコンコ屋におるオバハンだ、未亡人。で、この未亡人の
部屋にちょいちょいオッサンが来よるわけだ、夜中に。で、酒呑んで二人で
茶碗叩きながら唄歌いよる。

 で、こっち側の部屋はボケ老人がおりましてね、これがしょンベンしたい
けど、便所まで間に合わんやつでね、いつでも便所からションベン跡がこぉ
あるわけだ。これ何かなぁ? と思て付いて行ったらボケ老人の部屋だ。

 その当時、師匠とこへね、八時に行かなあきまへんねん。どぉしても若い
もんやから夜ウロウロして寝すごすことありまんがな。パッと起きたら時計
が八時十分。えらいこっちゃ、慌ててアパートの戸をガラ〜ッ開けて、廊下
出た瞬間に、そのオジンの小便でツル〜ッと滑って、階段ドドドドド〜ッと
落ちたことありました。それで、殺したりましたけどね。ホンマにねぇ、三
畳ねぇ。

 それから次越したんがね「大黒荘」いぅてね、四畳半でした、ちょっと出
世してね。で、家賃が一万円で、近所の畳屋のオッサンからリヤカー借りて、
あの当時リヤカーで宿替えする人間おりまへんで。

 あの当時で保証金十万ちぃよった。十万なんてとても払われへんから「出
るとき金要らんさかい五万にしてくれへんか?」ちゅうたら負けてくれよっ
た。師匠から六畳用の絨毯もぉたりね、江戸火鉢もぉたり、そんなもん置く
とこあれへんからね、絨毯は立てかけといた。火鉢は稽古のね、見台代わり
になってパンパンやってた。

 あのとき彼女ができましてね、で、彼女が僕の部屋へ来ていろいろと話し
た。巻き寿司買ぉてきてね、巻き寿司の包み紙をこぉ横へ置いて話してたら、
この包み紙が勝手に移動するんだ。どこ行くんかなぁ? でスッと上げたら、
飼ぉてたゴキブリのゴキ次郎が「ウェルカム」ちゅう感じでね……、汚った
ない部屋でしたで。

 二階のオバハンが見るに見かねてやね、わたしの知らん間に掃除して。と
いぅのが盗るもんあれへんさかい、鍵も掛けてへんからね。家へ帰ったら立
てかけた絨毯ちゃんと敷ぃたぁんねん。どないしたんやろなっと思て家主さ
んに聞ぃたらね、上のオバチャンがちゃんとしてくれはった。

 あの「たよし」の厨房で働いてるオバチャンでした。したら、こないだ会ぉ
たんだ、久しぶりに。いや、別に怪しぃ関係やおまへんで。親切な人がおっ
たわけだ。

 そぉいうね、アパートに住んだりとか、借家に住んだりするといぅ時代も
懐かしぃもんでございますが。

 今はねぇ「空室あります」とか「空きあり」とか、こぉ書いてますが、昔
の借家といぅのは貸家の札がこぉ二枚貼ってましてん、あれたいてぇ真っ直
ぐ貼ってない、斜めに貼ったぁる。

 といぅのは、表から見ますと「人」といぅ字に見えまして、内らから見ま
すと「入(はいる)」といぅ字に見える。つまり「人が入る」と言ぅてゲンを
担いだぁるもんやそぉでございますが、その時分の噺でございまして……

▲えぇ〜……、済んまへん●へぇ、何でおます?▲あのぉ、お隣りの空家お
借りしたいんでおますけどな、お家主さんのお家はお近くだすか、遠方でお
ますか? ちょっとお尋ねいたします●あぁ、隣りの空家借りたいといぃな
はんのんさよか、家主っさんのうちはちょっと遠方でな、安治川の三丁目や。

▲あぁ、安治川の三丁目でっか、ちょっと遠ぉおますなぁ。で、このへんに
家守(やもり)さんといぅ方はございませんかいなぁ?●まぁ家守といぅてお
まへんけど、万事わたしが引き受けてまんねん▲さよか、こらまぁえぇ都合
で。で、あの間取りはどぉいぅふぅになっとります?

●こらまぁ長屋のこってすさかいな、みなおんなじだ。入ったところが土間
で、右手が走り元になっておまして、押入れがあって、奥の間が四畳半でん
ねん▲今ちょっとね、格子の間から覗かしてもらいましてん。なかなかえぇ
間取りやなぁと思とりましたんでおますけど、敷金はどれぐらいでおます?

●さぁ、これがな、ここの家主っさんといぅのがなかなか話のよぉ分かる人
で「借家人から敷金を取るのは可哀相ぉな」ちゅうて敷金は要りまへんねん
▲敷金要りまへんのん? こら結構でございますなぁ。で家賃は何ぼでおま
す?●ひと月が十八円だ。

▲な、何です?●十八円▲ちょ、ちょっと待っとくなはれ、こんなこと言ぅ
たら何でおますけどなぁ、この間取りで十八円といぅ家賃はちょっと高いよぉ
に思いまんねんけど?●さぁさ、これちょっと聞くと高いよぉに思いなはる
けどな、ジンワリ聞くと安ぅになりまんねん。

▲どぉいぅこったんねん?●つまりでんなぁ、その十八円といぅ家賃を毎月
家主っさんとこへ持って行くと思うさかいに、あんたは高いと思いなはるけ
ど、この十八円といぅ家賃は家主からくれまんねや▲ん……、わたい、起き
てまっか? へぇ〜、敷金が要らん上に、十八円の家賃までくれまんのん?

▲こら結構なうちでんなぁ……。ちょ、ちょっと待っとくなはれ、そんな結
構なうちが何であないして空いてまんねん?●さぁ、これがな、まぁいろん
な人が住みまんねんけどもな、ひと月と言ぃたいけれども、十日はおろか三
日と続きまへんねん。

▲はぁ〜、それにはやっぱり何ぞわけが?●そらおまんがな。考えてみてみ
なはれ、この世知辛い時節にでっせ、タダやなしに十八円といぅ金を付けて
まで貸そぉといぅねんさかい、そら、わけがおます▲あぁさよか。わたいね、
どぉしてもあのうちお借りしたいんでおますわ、そのわけ聞かしてもらえま
へんやろか?

●さよか、そらあんた聞きなはるよってお話しまっけどな、まぁそこ掛けと
くなはれ……。実はな、あのうち宵の内は何事もないねやが、夜が更けます
と……、な▲……●あのうちの裏に塀がおます▲へぇ●その裏にまた塀がお
ます▲へぇ●つまり塀が二つある▲へぇ〜へぇ●何を言ぅてなはんねん……

●その裏がズク念寺といぅお寺の墓原でおましてな、まぁ宵の内は何事もな
いが、夜が更けて十二時も回り、一時も過ぎてかれこれ二時になろぉとする
時分になりますとな……、家(や)の棟三寸さがろか、水の流れも暫しは寝入
るといぅ時分になりますと……、な。

▲……、済んまへんわたい恐がりだんねん。もちょっと陽気にもの言ぅても
らえまへんやろか●どこで打ち出すか遠寺の鐘が、陰に響ぃてゴ〜ンと鳴る
とな、あのうちがどことはなしにミチミチッ、ミチミチッと鳴り出すのんで。

▲なるほど●そぉすると、濡れワラジでも履いて歩くよぉな足音が縁側でジ
タッジタッ、ジタジタジタ……▲ちょっとお家上げさしてもらいますわ……。
へぇ●誰が開けるともなしに襖がス〜ッと開く、あんたが寝てるとこへ胸元
をグ〜ッと押さえる。あんた苦しぃので目を開けて見ると、その顔の前には、
髪をおどろに乱して、目ぇや口から血を流した女ごが……、ゲラゲラゲラ……

▲うわぁ〜〜ッ!●もし、もしもし、ちょっと待ちなはれッ。えらい恐がり
やなぁ、慌てて角の手水鉢ひっくり返して逃げて行ったがな、ホンマ恐がり
やなぁ。

◆源やん●おぉ、喜ぃさんかこっち入り◆何や、今わしチラッと聞ぃたんや
けど、何かい、あのうちあんなもん出んのん?●なんやお前、聞ぃてたん?
◆聞ぃてたがな●あんなもん出ぇへん◆出ぇへん? ほな何であんな話した
んや?

●考えてみぃな、この長屋五軒あるけどやな、物入れっちゅうのがあれへん。
あないして隣りが空いててみ、家に要らんもんがあったらみなあこへなおせ
るやろ。これから俄か雨でもあってみ、洗濯もんでも物干し干したままあこ
へ干せるがな。な、あんな便利なもんないねん。せやからわしがやな、あぁ
して恐がらしてやな、追い返したったんや。

◆ほぉ、なるほど。さすが源やん頭がえぇなぁ……、おぉ? 何や忘れてい
きよった、煙草入れや。んっ、銀のキセルや。わいなぁ、前から銀のキセル
が欲しかったんや、源やん、わいこれもろてもかめへんやろか? 心配せぇ
でもえぇやん、あんだけ恐がったら取りに来るかいな。

◆で、これからな、借りに来よったらあんたとこへ回すさかいに、あないし
て怪談話やってみな追い返してや。で、こないして忘れもんあったらわいが
もらいに来るさかい●アホなこと言ぅてるわ……、まぁとにかく借りに来た
らわしに任し◆ほな頼むで。

 さぁ、それからちょいちょい借りに来る人がありますと、この源やんが恐
い話をして追い返してしまう。ちょいちょい物を忘れていきますので「今日
はあんたの番や、今日はこっちの番や」皆で分け取りしぃ、ある日のこと。

             * * * * *

■おいッ! 隣りの空家借りたいねんけどな、家主のうちはどこや?●あぁ、
家主のうちはちょっと遠方でな安治川の三丁目や■えらい遠いやないけ、で
この辺に家守はないのんかい?●何です?■「家守はないのんかい」っちゅ
うねん。

●家守といぅのはおまへんけどな、まぁわたしが引き受けてまんねん■そら
えぇとこ来た。気に入った。で敷きは何ぼや●これが、ここの家主っさんと
いぅのがよぉ分かる人でな「貧乏人から敷き取るのは可哀相ぉな」ちゅうて
敷きは要りまへんねん。

■敷きが要らん、こら結構なこっちゃないかい。で、チンヤは何ぼや?●何
です?■「チンヤは何ぼや?」っちゅうねん●あんたそんなおかしなものの
言ぃ方しなはんな「チンヤ」て何でんねん?■家賃ひっくり返したらチンヤ
やないけ●ややこしぃもんひっくり返しなはんな、家賃はひと月が十八円。

■何コラッ、この汚いうちで十八円も取りさらすんか? 家主にぬかしとけ
アンダラ「そんなこと言ぅたら眉毛(まいげ)抜けてしまうぞ」と「割木持っ
て行ってドタマかち割ったろか」言ぅとけッ!

●あんた、血圧上がりまっせそんなこと言ぅてたら。そんな怒んなはんな、
これチラッと聞くと高いよぉに思いまっけどな、ジンワリ聞くとあんた怒り
まへんで。

■何で怒らへんのじゃ?●さぁさ、この十八円を払うと思うさかい、あんた
怒んなはんねん。家賃はくれまんねん■くれる? 気に入ったやないかい。
わしじきに越して来るさかい家主に言ぅといてくれよ、えぇか「家賃滞った
ら承知せん」いぅてな、頼むぞ。

●ちょ、ちょっと待った。ちょっと待ちなはれ■何や?●「何や?」て、あ
んたちょっと考えてみなはれや、この世知辛い時節にでっせ、タダやなしに
十八円も出してまで貸そぉといぅねやさかいに、この家にわけがあると、あ
んた思いなはらんか?

■そら、わけがあるやろ●それ聞きたいと思いまへんか?■別に……●そん
なん言われたら……、ちょ、ちょっと聞きなはれな■言ぃたいんかい。話し
たいんかい。やってみぃ●噺家やおまへんねんからね……、話しまっけど、
まぁ掛けとくなはれ。実はな、あのうち宵の内は何事もないが、夜が更けま
すと世間がシ〜ンとする■当たり前やないかい、夜中喧しかったら寝てられ
へんやないかい。

●……、実はあの家の裏が寺の墓原でしてな■墓原、おら真(しん)好っきゃ
がな。閑静でえぇがな●さ、さよか……、その、どこで打ち出すか遠寺の鐘
が、陰に響ぃてゴ〜ンと鳴る■当たり前やないけ、鐘やったらゴ〜ンやない
かい。太鼓はド〜ンや、半鐘はチャ〜ンや、ほかに?

●「ほかに?」て、そのな、そのあんたの寝てるときに、夜が更けてあの家
がどことはなしにメキッメキッと鳴り出しますねん■そら大工がな、建てし
なに逆木(さかき)使いよったんや、木ぃっちゅうのはどぉしても戻ろっちゅ
う性分があるさかいな。逆木使こたらそないなるねん。

●あんた、えらい詳しぃ人でんなぁ……、ほんだらあんたが寝てるときにや、
誰が開けるともなしに縁側の襖がス〜ッと開く■便利がえぇがな●便利が?
■そぉやがな、わいらいたって不精もんや、夜中に便所行くときなんか懐手
して足で戸ぉ開けて行くやないかい。わしが立ったらスッと開くねやろ、便
利のえぇこっちゃ。

●あぁさよか……、青い陰火がボ〜ッと点ったかと思うと、それへさしてこ
れぐらいの火の玉がゴロゴロゴロッ■何ぼほど?●「何ぼほど?」て、ひと
つに決まってまんがな■そらあかんなぁ、せめて三つは欲しぃ●どないしな
はんねん?

■決まったぁるやないけ、ひとつは天井に吊ってランプの代わりにすんねん。
ひとつは火鉢入れて鉄瓶乗していつも湯が沸いてるやろ、ひとつはコタツへ
入れんねん●何や炭団(たどん)みたいに思てなはんなぁ……、それだけやお
まへんで、その火の玉がパッと割れると目が片方(かたっぽ)腫れて塞がって、
片方吊り上がって、目ぇや口から血ぃ流して、へヘへへ、へぇ〜ッ……

■われ、歳幾つや? なんさらしとん、それ?●「何」て分かりまへんか?
幽霊でんがな■幽霊? 何かい、あれ幽霊出んのんかい? で、その幽霊男
か女ごか?●男の幽霊なら恐いことおまへんけどな、若い女ごの幽霊でんね
ん■おら好っきゃ……、なぁおら幽霊、嬶(かか)にするで。幽霊前が良かっ
たらな。

●幽霊、嬶にする?■当たり前やないかい、幽霊ちゅうのは晩しか出てけぇ
へんやないかい、昼間出てけぇへんねん。飯も食えヘんし、髪結(かみぃ)さ
んも行きよれへんし金もかかれへんやないか。喜んでもらうさかい、とにか
くな家主に言ぅとけ、えぇか「もしも家賃ちょっとでも滞りやがったらな、
この長屋じゅう風間見て油掛けて燃やしてしまうぞ」そない言ぅとけ、頼ん
だぞ。

●ちょ、ちょっともし……、あぁ、えらいことなってしもた。あの男やさか
い、あらやりかねんで……

◆源やん、今日はまた、何忘れていった?●よぉそんな気楽なこと言ぅてん
なぁ、そやないがな、今のやつ入って来よってやなぁ、いろんな怪談話して
もひとつも恐がれへんねや。ほんで最後幽霊出るっちゅうたらやで「幽霊前
が良かったら嬶にする」ちゅうて、そんで「家賃滞ったら承知せんぞ、風間
見て油掛けて火ぃ着ける」あの男は絶対着けかねんで。

◆ほなどないなんねん?●「どないなる?」て、しゃ〜ないがな、わしかて
まぁ悪気あって言ぅたわけやなし、この長屋のために思たんやさかいな。まぁ
皆が出し合ぉてや、あいつの家賃払らお◆「家賃払らお」て、ちょっと待ちぃ
な、そら払ろたにしてもえぇけどやで、あいつが隣りへ住んだらその家賃を
家主に払わんならんねやで、その家賃はどないすんねん?

●まぁそらしゃ〜ないなぁ、悪気あってしたわけやないねんさかい、まぁ皆
が協力して、お前ら四軒で出し合ぉたらどないや?◆ちょっと待ち、長屋五
軒あんねんで。四軒てお前どないすんねん?


【さげ】
●わいかい? わい、今日、宿替えすんねん。


【プロパティ】
 おらぁ平安やぞ=高校野球の名門、京都・平安高校(現龍谷大学付属平安
   高校)の野球部でキャッチャーとして活躍。のち大阪産業大学へ進学
   するも途中下車。
 泉北の「パンジョ」=泉北タカシマヤとファッション、グルメなど個性豊
   かな専門店を備えた堺泉北のショッピングセンター。
 春蝶さん=二代目・桂春蝶。現春蝶のお父さん。
 米太郎兄さん=二代目・桂米太郎(1949年10月11日〜1982年8月10日)。
   1970年4月、3代目桂米朝に入門。噺家になる前はコックをやってお
   り、内弟子時代は料理などを振舞って師匠米朝に重宝された。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 松喬兄貴=六代目・笑福亭松喬。1969年1月18日、六代目松鶴に入門、高
   座名は笑福亭鶴三。
 ボロカス=襤褸滓(ぼろかす)クソミソ・ボロクソ。
 おんどれ=河内の言葉、おのれ、きさま。人を罵って言う言葉。オノレ→
   オドレ→オンドレ。おんどりゃは「おんどれは」が短縮されたもの。
   もっと短くなると「おどりゃ」
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 枝鶴兄さん=五代目・笑福亭枝鶴(1945年9月5日〜)。祖父が5代目笑
   福亭松鶴、父が6代目笑福亭松鶴。本名は竹内日吉。現在消息不明。
 「たよし」=大阪の居酒屋チェーン店。「♪たんたん、たよし〜。行くよ
   し、たよし〜」のコマーシャルソングは今でも流れてるのか?
 貸家札=上方では「かしや」と書いた短冊を二枚、外から見て「人」内ら
   から見て「入」と読めるよう「ハ」の字に貼ってあった。
 験(げん)=ゲンがえぇ、ゲンが悪いなど、兆しの意味に用いられる。現在
   は験の字を当てるが、縁起(えんぎ)の倒語ギエンをゲンと約めたもの。
 走り元=台所。
 敷金=不動産の賃借人が賃料の支払いの保証のために賃貸人に預けておく
   金銭。賃貸借契約の終了の際に返還される。しきがね。権利金。
 ズク念寺=上方落語界ではたいへん有名な寺院。
 ぬかす=言う・ほざく。
 逆木(さかき)=材木の本来生えていた天地を逆にして使用する。
 炭団(たどん)=木炭や石炭の粉を布海苔(ふのり)で野球のボール状に固め
   た燃料。また、豆炭(まめたん)は無煙炭の粉に木炭の粉などを混ぜ鶏
   卵大に固めた燃料。
 音源:笑福亭鶴志
    2003/06/13 ゆとりーと寄席(HCT:東大阪コミュニティテレビ)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭鶴志 sub=*  ●main高座記録日:2003/06/13  ●音  源  名:ゆとりーと寄席(HCT)  ●ファイル公開日:2003/11/02  ●江戸落語相当:お化け長屋  ●更  新  日:2012/04/08  ●リクエスト数:rakug327  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次