【上方落語メモ第7集】その325

坊 主 の 遊 び


【主な登場人物】
 ご隠居  磯七  女郎  女将ほか

【事の成り行き】
 現在、公立の中学校で「頭髪を伸ばしてはいけない」という校則のあると
ころを見付けるのはむつかしいことでしょう。戦争前は当り前のこととして、
わたしが中学生の頃、三十数年前もほとんどの学校が丸刈り、坊主頭でした。

 色気づき始めたわたしが「中学に進んだら髪を落とさないといけない」思
いこんで少しブルーな気持ちになっていた茨木市の中学では、先生方という
か教育委員会の頭が進んでいて長髪OKで、それでも坊ちゃん刈りは嫌だと
当時流行った「慎太郎刈り」いま東京都知事の石原慎太郎の慎太郎刈り、ゆ
やスポーツカットというか丸刈りよりもちょっと長いめの髪型で入学したの
です。

 ところが入学して間もない夏休みに布施市(現東大阪市)へ転校となり、二
学期の始業式から登校すると周りはみな坊主。二、三日中に二枚刈りか一枚
刈りにしてこいと命じられたときには、ホンマ涙が出ました。慎太郎刈りも
二枚刈りも見た目そんなに違いないのに、心の中では死刑を言い渡されたよ
うな悲惨な気持ちです。

 涙のわけは数ミリの髪の毛の長さの違いやないわけです。誰かに強要され
て体の一部を変形するという理不尽さに泣けてきたわけですね。鏡に写る、
散髪屋の大将電気バリカン遊びモード“モヒカン頭”を見ながら思ったもの
です「覚えてろ、この恨みどこかで晴らしてやる」

 でやっぱり、高校生のときに「制服反対、私服の自由化」と、やらかした
りするのです。坊主頭の想い出(2003/10/05)。

             * * * * *

 ここにございましたご隠居さん、お歳を召しまして頭のほぉが薄すなって
まいりましたので、いっそのこと丸めてしまえ。綺麗ぇにこぉお剃りになり
まして、フッと見ますと悟りきったご出家のよぉに見えるんですが、その実
こっちのほぉはやめられんとみえまして、新町のほぉにちょいちょいお出か
けになる。

 「点けられぬ 提灯 隠居 そっと下げ」面白い川柳が残っておりますが、

●もし、もぉし……、そこ行きなはんのは伊勢屋のご隠居はんやおまへんか。
もぉし、伊勢屋のご隠居はんやおまへんか?■おぉおぉ、誰やと思たら磯七
(いそひち)やないかいな、どないしたんじゃ、今時分? 店、休みかえ?

●いやぁ、休みちゅうわけやおまへんにゃ、店が暇なもんでっさかい……、
いやいや床屋てな商売、店が暇やいぅてでっせ、自分の髭当たってても一銭
にもならしまへんがな。店、若いもんに任して堺のほぉへ用足しに行てまし
た。あッ、堺で思い出しましたけどな、ご隠居はんに頼まれてた剃刀、えぇ
のんがあったんで一丁買ぉてきましたで。

■ほぉほぉ、おまはんの見てくれた剃刀なら間違いないじゃろ、ちょっと見
せとぉくれ●へぇ、これだすねん、小振りでっさかいね、ご隠居はんにも使
いやすいやろと思いまんのんで■あぁなるほど、うんうん、こら良さそぉな
なぁ……、ほぉほぉなるほど、こらよぉ剃れる、こらえぇ具合じゃよぉ剃れ
る、剃ったろか?

●あ、危ない。往来の真ん中で髭剃んなはんな、危のおまんがな■それもそぉ
じゃなぁ、で、これ何ぼじゃ?●いやいや、もぉご隠居はんにはいつもいつ
もいただいとりますねん、結構でございます■あぁそぉか、ほなまぁもろと
くとしょ〜か。その代わりと言ぅたら何じゃがなぁ、その辺の鰻屋へでも上
がってこぉいぅことしょ〜か?●へ、お供さしていただきま■そぉか、ほな
まぁついといで……。この鰻屋やがえぇか?

●ご隠居はん、なかなかえぇお店でございますなぁ……、姐さん、お酒を二、
三本……、で、ご隠居はんは何を? へぇ……、ご隠居はんに鰻巻、それか
らわしゃうざく、それから鰻肝の焼いたんできるかいなぁ? それを二人前。
それから肝吸二つ、まむしはご飯少ないめに一つ。酒はそこ置いといてくれ
たらこっちでやるさかいに。

●さぁさぁご隠居はん、まぁおひとつ、注がさしていただきます……。へッ、
注いでいただける、恐れ入ります。ほな行儀が悪いよぉでございますが、こ
の大きぃのんでちょ〜だいいたします(クゥクゥクゥ)いやぁ〜、結構でご
ざいます。さぁさぁさぁ、鰻巻が焼けてまいりました、どぉぞお熱いうちに。
わたしはこのうざくが大好物でございまして、これをちょ〜だいいたしまん
ねん。うざくがねぇ、大好物でございまして……、結構でございまんねん。

●けど何でございますなぁご隠居はん、こんなこと申し上げて何でございま
すが、お歳の割に顔の色艶、それから頭のほぉもお綺麗ぇでございますなぁ
■いやぁ、わしゃ性分とでも言ぅのんかいなぁ、日にいっぺん当たらんこと
にはどぉもその、心持ちが悪ぅてなぁ。おまはんにしてもらえへん日には、
しょ〜ことなしに自分でやっとんのや。

●そぉでございまっしゃろ、せやなかったらそぉお綺麗ぇにはならしまへん
がな……。さぁさぁ、今度は鰻肝が焼けてまいりました、どぉぞ。ちょっと
山椒をかけさしていただきます、いちにの、さんしょ〜ちゅうてね。熱いの
が値打ち(ねぐち)でございますのでちょ〜だいいたします、フゥフゥ〜して
いただきます。

●(フ、ハァ、フゥ〜)結構でございます。もぉ喜んどりまんねん……、姐
さんお酒お替り。でご隠居はん、何でござりますかいなぁ、ちょいちょいお
出かけになっておられますので?■ほぉほぉ、どこへ?●「どこへ?」て、
新町へね■ほぉほぉ新町へ、何しに?●「新町へ何しに?」て、新町にあん
た、献血に通う人間いてしまへんがな■そんなアホなこと言ぅねやないがな、
そんなもん行くかいな。

●隠してもあきまへんがな、うちへ来るお客さんがおっしゃってました「こ
ないだ新町へ行ったら大門(おぉもん)の提灯が明るいけども、その下がもっ
と明るい。おかしぃなぁ、フッと見たらご隠居はんが下歩いてはった」

■そんなアホなこと言ぅんやないがな、そんなもん……、いぃやいな、わし
もやで、若い時分にはちょいちょい出かけてん。そら、死んだ親父に怒られ
たもんじゃが、わし歳幾つになると思うんや、七十四やで、孫七人もあんの
じゃ。

■そら、婆(ば)さんが死んでから寂しぃ思いはしてるで、せやけどわし七十
四ぃやがな孫七人もあんねん。せやのにそんな、新町へなんか行けると思う
か磯七……、行ってるけど。

●何言ぅてなはんねん、もぉ……、わたくしもいたって遊びが好きでござい
まして……■ほなどぉじゃな、これからホンのちょっと軽ぅ浮かれてみると
しょ〜か?●何を言ぅてなはんねん「ホンのちょっと軽ぅ浮かれる」やなん
て、わたくしは「十分、重ぉ、沈まして」いただきます。

■そんなおかしな言ぃよぉすんねやないがな、ほな出かけるとしょ〜か●へ、
お供さしていただきます……、姐さんお酒お替り■そない呑んで大丈夫かい
な?●大丈夫でございます。で何でございますかいな、ご隠居はんは馴染み
で遊んでなはんのん?

■いぃやいな、この歳で馴染みで遊ぶちゅうと、あれが欲しぃの、これが欲
しぃの言われて要らん金がかかるもんじゃ。そこでな、まぁ初会か裏ぐらい
にして、ちょいちょい店を変えて遊んどんのじゃ●なるほどなぁ、やっぱり
ご隠居はんは商売人ですわ、遊びのときでも算盤置きなはんねん。

●ご隠居はんぐらいのお歳になったら、そらちょっと色を付けんことには気
持ち良ぉ遊ばしてくれまへん。せやさかいご隠居はんは、その箒で遊びなは
んねんホォキで。あっちをちょいちょい、こっちをちょいちょい、と箒で遊
びなはんねや。あぁ〜たといぅ人は渋ちんでスケベェや。

■これこれ、そんなこと大きな声で言ぅねやあれへんがな、ボツボツ出かけ
るとしょ〜か。

             * * * * *

 それからこのご隠居はんと磯七、俥に乗りましてゴロゴロ・ゴロゴロ、大
門手前で降りますといぅと色街。いつに変わらぬ陽ぉ気なこと……♪

■いやぁ磯七、今時分にこぉやって新町の大門くぐるちゅうと、ホン心持ち
のえぇ具合じゃなぁ●さよぉでございますなぁ、わたくしはホロ酔いと申し
ますのんか、ポ〜ッとえぇ心持ちでございます■けど、おまはんはな、酒が
入るちゅうと人間が乱暴になる。アホなことしたらいかんで●えぇ、わたしゃ
何でございますよ。わたくしは今日のところはお寺の木魚。

■何じゃ、その「寺の木魚」ちゅうのわ?●ただボンサンの隣りで座布団の
上にチンと座って、ただただ大人しぃしてる■そんな嫌なこと言ぅねやない
がな「坊主ぼぉず」て、わしゃちょっとは気にしてんねんで。しかし何じゃ
なぁ、近頃の店ちゅうのわキンキラ・キンキラしてて竜宮城のよぉななぁ。

●さぁさぁ竜宮城のよぉです、竜宮城のよぉです。その竜宮城のよぉなとこ
ろへ今、タコが上がろぉとしてる■そんな嫌なことばっかり言ぅねやないが
な……

▲そっちのお二人さん、どぉぞ上がっていっとくなはれ。えぇ娘(こ)いてま
んねんし。もし、そっちのご隠居はん上がっていっとぉくなはれ。もし、そっ
ちのお兄さん、そっちのお兄さん。

●な、何を!「お兄さん、お兄さん」て、おらお前の兄貴やないぞ▲おぉ恐
わ、そんなこと言わんと上がっていっとぉくなはれ、お二人さんご案内ぁ〜
い。

 送りの声で幅広の階段をトントン・トントンと上がってまいりまして部屋
へ通されます。しばらくいたしますと、その日ぃお相手してくれますお姐さ
んがお膳にお銚子、小鉢を乗せまして入ってまいりましてお酌をしてくれま
すが、この磯七といぅ男がいたって酒癖が悪い。

 最前入ってたところへ、また酒が入ったもんでっさかいグズグズ・グズグ
ズ言ぃ出しよって……

             * * * * 

●もしもし、そっちのお姐さん。そっちのお姐さん、お名前何とおっしゃん
のん?★わて? わて、もみじ●あぁ、もみじねぇ。もみじ姐さんえぇお名
前やねぇ。けど、あぁ〜たの場合は名前負けやねぇ、もみじの下に「おろし」
を付けはったらえぇ「もみじおろし」何でやて? この辺が赤こぉてこの辺
が白いさかい。

★嫌やわぁ、白粉(おしろい)ぬって紅さしてまんねやないか●え、白粉ぬっ
て紅さしてなはんのん、何のために? 綺麗ぇになるため? あッそぉ、そ
れやったら聞きますが、なぜ綺麗ぇにならないの? あぁ〜たの場合は白粉
ぬって紅ささんと、メリケン粉塗って醤油垂らしたらえぇねん。

★まぁ嫌やわぁ。人、一銭洋食みたいに言ぅて●そない言ぅたら、一銭洋食
がかわいそぉ。一銭洋食は裏表が分かるけど、お姐さんの顔は裏表が分かり
ません★んまぁ、嫌いやわぁ。

■これこれ磯七、もぉそんなかわいそぉなこと言ぅてやりな●かましまへん
がな、もしそっちのお姐さん。そっちのお姐さん、お名前何とおっしゃんの
ん?▲わて? わて、ぼたん●はぁはぁ、シャツの?▲アホなこと言ぃなは
んな、シャツのボタンてな名前付ける人どこにいてなはんのん。お花の牡丹
だんがな。

●お花の牡丹ねぇ……、牡丹と言ぅたら花の仲間で王様やねぇ、えぇ名前や
ねぇ、えぇ名前やけどあぁ〜たの場合も名前負けやねぇ。あぁ〜たはボタン
と言ぅよりマメタン、豆炭……。ちんちくりんで色が黒い、豆炭、マメタン。
豆炭に違いないわ、怒ったら顔が赤こなった▲んまぁ〜ッ、嫌いやわッ。

■磯七、もぉえぇ加減にしときぃな●なに、何が「えぇ加減にしとけ」や。
横手から優しぃこと言ぅてちょっとでも持てよと思いやがって、隠居が持て
たりするかい、何をぬかしてけつかんねん、この逆ボタル■何じゃいな、そ
の「逆ボタル」ちゅうのわ?

●逆ボタルの意味が分からんか? 蛍はケツが光ってるけど、隠居は頭が光っ
てる■ん〜んッ、去(い)にさらせ!●いないでかい!

 磯七、ご隠居はんに喧嘩売って暴れるだけ暴れてポイッと帰ってしもた。
あとオモロイことも何ともないので、そのへん綺麗ぇに片付けて寝間敷(ひ)
きましたんやが、ご隠居はんの相片「わたい、ちょっとお手水(ちょ〜ず)へ
行てきます」ポイと出たきり帰(かい)ってまいりません。

 ご隠居はん、しばらくのあいだは酒の勢いでトロトロ・トロトロ寝てまし
たんやが、真夜中に……

■ふ、ふぁ〜ッ……、何と今日はつまらん目に遭うのかなぁ。あっちの道通
ろと思てたんじゃ、うかうかっと向こぉの道通ったんや、ほな磯七とバタッ
と出会ぉたんや。なぁ、酒呑まして飯食わして、ここの上がりの金もわし出
したんじゃ。喧嘩売りくさって暴れて去にくさんねん、オモロイことも何と
もないがな。

■これから別の店に上がって散財し直すてな、そんなもったいないことして
られへんがな。こんなつまらん目に遭うぐらいやったら、婆さんの墓参りに
行といたらよかったなぁ。孫にオモチャでも買ぉて帰ったったら、どんだけ
喜んだか分からんで……

■アカンあかん、こんなとこへ来て、そんな里心出したらアカンでホンマに
もぉ。つまらん目に遭うなぁ……、ちょっと煙草が吸いたいちゅうても、何
じゃいな、タバがのぉて粉ぉばっかりじゃがな。こんなものが吸えんのんか
いな……

■この粉ぉをこぉして……、吸えんのんか? こんなもんが(ポッポッポッ)
ハフハフハフッ(ポッポッポッ)ハフハフハフッ……、苦いだけじゃがな。
喉が渇いたちゅうても水も何にも無いのじゃがな……

■こんなところにカンザが置いたぁる、燗冷ましかんざまし、これでも呑ん
だらちょっとはましかいな(クゥクゥクゥ)おぇ〜ッ、エゲツナイ味やなぁ、
酔ぉてるときは何呑んでも分かれへんけど、生臭ぉて呑めたもんやないなぁ
(クゥクゥクゥ)おぇ〜ッ。何ぞ口直しないんか?

■ありがたい、こんなところに欠き餅の欠けがあるがな、欠き餅の欠け、欠
き餅の欠け、ありがたいありがたい……(モゴモゴ)おぇ〜ッ、えらいもん
口に入れたで、これ女ごがしとった頭痛膏薬やがな。えらいもん口入れたが
な、カンザカンザ(クゥクゥクゥ)おぇ〜ッ、えらい目に遭うなぁこれ、もぉ
貧すりゃ貪する、藁打ちゃ手ぇ打つ、便所に入ったら誰ぞが先に入ってるっ
ちゅうやっちゃなぁホンマに。

■女ごもおなごじゃ、ホンマにもぉ「わたい、ちょっとお手水行てきます」
ポイッと出たきり帰ってけぇへんがな。ここの便所どこにあんにゃ、そない
に遠いとこにあんのんか? シベリヤにでもあんのんか? 何やったら訪ね
に行こかホンマに、えらい目に遭うで。

■(パァ〜タ、パァ〜タ)おっおっ、上草履の音やがな。待てば海路の日和
あるちゅうやっちゃ。しばらくしたら女が来よんねん「まぁ、堪忍しとくな
はれや、悪いお客さんにつかまってましたん。あてなぁ、体冷え切ってまっ
さかい、ご隠居はん暖めとぉくなはれ」

■暖めたろ、暖めたろ。こっち入り、こっち入り「まぁご隠居はん、そんな
とこ触ったら嫌ッ」てなことになるなぁ、嬉しぃなぁ(パァ〜タ、パァ〜タ、
パァ〜タ、パァ〜タ……)

■部屋の前通り過ぎよったがな(スゥ〜ッ、トンッ)隣りの部屋入りよった
な「ねぇ、いっちゃん」隣りの男、いっちゃんいぅのんかいな?「わて、卵
買ぉてきたし。これ食べて元気出しとくんなはれ」何ぬかしてけつかんねん
ホンマに、隣りには一人もんがいてまんねんで、お手柔らこぉ頼んまっせ。

■「うぉ〜、わぁわぁわぁお〜ッ!……」腹の立つホンマにもぉ(バタバタ
バタッ)今度の女ご、えらい走っとぉるなぁ(バタバタバタッ、キィ〜ット
ンッ、ジョンジョロリ〜ン、ジョンジョロリ〜ン、プゥ〜ッ。キィ〜ッバタ
ンッ、バタバタバタッ)

■派手な手水じゃなぁ、もっと静かにでけんのんかいな(ドタンバタン、ズ
ルズルズルゥ〜、ドタンバタン、ズルズルズルゥ〜)わ、わッ、わぁ〜ッ、
今度の女ご酔ぉとんねんな、上草履引きずっとんねん。あんな酔ぉた女ごの
相手の男の顔が見たいなぁ(ドタンバタン、ズルズルズルゥ〜、ズルズルズ
ルゥ〜)

■入って来よったがな。おぉ、もみじやないかいな真っ赤いけの顔しとぉる
がな……、もみじ大丈夫か?★堪忍しとくなはれ、堪忍しとくなはれや。わ
て呑まれへん言ぅてんのに皆が呑ますよってに、わてしんどい触らんといて、
触らんといて……。そんなとこ触ったらわてここで吐くしぃ。

■アホなこと言ぅんやない、お前の部屋やさかいゆっくり寝たらえぇ。こら
こらこら、客をまたぐやつがあるかいな、お前の部屋やさかいゆっくり寝た
らえぇ★「寝たらえぇ」も何も、あんた触ろとしてるやないか、わてボンサ
ン嫌い、わてボンサン大嫌い。触ろとしてるやないか、ドスケベェ。ボケ、
アホ、カス、ラッパ、空気、瓢箪、タドン、人殺しぃ〜ッ、グゥ〜ッ……

■な、何やねんこいつ、好きなこと言ぅて寝くさったなホンマにもぉ「坊主
ぼぉず」て、腹の立つ。何ぞイタズラしたろか、墨で顔に何か書いたろか、
そんなことしても洗ろたら落ちるさかいなぁ……、あッそぉじゃ、昼間磯七
からもぉた剃刀があんのじゃ、剃刀が……、ピカッと光っとぉんなぁ。そぉ
じゃ、この剃刀でどこぞ剃ったろ。

■どこ剃ろかいなぁ? 眉毛(まいげ)剃ったろ、カンザが役に立つカンザが、
カンザでこぉやって眉毛を湿してな、カンザでこぉして……、え、え、えぇ?
な、何やこれ? 眉毛がドンドン消えていくで。ドンドンドンドン消えてい
くよ。果てしなく消えていくがなこれ。

■どないなったぁんねん? 書いとんねやがな、これ。皆目あれへんがな眉
毛。寝ててや寝ててや(チョリチョリチョリ)片方(かたっぽ)もぉ剃れた、
うわぁ〜ッ、こ〜んな顔やなぁ。こっち側も、寝ててや寝ててや(チョリチョ
リチョリ)人間、眉毛が無くなるとオモロイ顔やなぁ、こ〜んな顔やがな。
人間ゾォリムシやがな……

■もぉちょっと剃りたいねぇ、このもみ上げ剃ろか、ここ剃ろ……。寝てて
や寝ててや、カンザを(ププ〜ッ、ププ〜ッ)寝ててや寝ててや(ショ〜リ
ショ〜リショ〜リ)片方剃れた。もぉ片方(ショ〜リショ〜リショ〜リ)と、
よぉ剃れるなぁ。

■うわぁ〜ッ、ここが無くなったらオモロイなぁ。玉ねぎやがなまるで……、
もぉちょっと剃りたいねぇ、いっそのこと丸めてしまおか。そぉやそぉや、
人のこと「ボンサンぼんさん」ぬかしやがって(ププ〜ッ、ププ〜ッ)この
天辺ちょから(スパァ〜ッスパァ〜ッ、スポッ)おッ?

■頭の天辺から何か出てきたで? 脳味噌かいな……? 付け毛やがな、天
辺ちょ薄なったさかい、か文字突っ込んどんねな。ボロボロ何ぼでも出てく
るで、頭の天辺ハゲたぁるがなこいつ。カッパやがな。

■この女ご、初め見たとき三十二、三に見えたんやが、こぉして改めて見て
みるとわしとえろぉ歳変わらんなぁ、えらい歳で商売しとぉるなぁ……(プ
プ〜ッ、ププ〜ッ)こっち側を(ショ〜リショ〜リショ〜リ)と、ほぉ〜ら
半分綺麗ぇに剃れたなぁ。けど、もぉ半分、枕にベチャ〜ッとへばり付いと
んのじゃ。何とか反対側も剃りたいなぁ、反対側も……

■寝返り打ちよったがな、剃られる運命にあんねやなぁこいつ。剃ってくれ
と言わんばかりや(ププ〜ッ、ププ〜ッ)寝ててや寝ててや(ショ〜リショ〜
リショ〜リ)と(ショ〜リショ〜リ、ザクッ)あッ、切ったで切ったでえら
いこっちゃ。えらいこっちゃえらいこっちゃ、切ったらアカンがな切ったら。
切ったらシャレにならんさかいなぁ(ショ〜リショ〜リショ〜リ)と。

■(ザァ〜クザァ〜クザァ〜ク)無茶苦茶切れたで無茶苦茶。こない切った
らシャレにならんで。血ぃ吹いてきたで、痛たないんかいな(ショ〜リショ〜
リショ〜リ)と、綺麗ぇなもんやなぁ……。えらいことしたで、ちょっとや
り過ぎたなぁ。

■明日の朝になる、女ごが「んまぁ〜ッ、こんなことして、わて商売でけし
まへんがな。身請けしとくんなはれ」てなことになったら難儀やなぁ、逃げ
よか、逃げよ逃げよ。二階の窓から飛び降りて……、そんなことして足くじぃ
たら何にもならんさかいなぁ、金は払ろたぁんねん金わ。履きもんさえ出さ
したらそれでえぇ……

 うまいこと言ぅて、ご隠居はんポイッと帰ってしもた。やっぱりそぉいぅ
店の女将ですなぁ「おかしぃなぁ」と思いよったんでしょ。

▲もみじちゃ〜ん、何をしてなはんねん。もみじちゃ〜ん★はいはい、お母
ちゃん何?▲「お母ちゃん何?」やあれへんがな、あんたの相方のお坊さん
のお客さん、泊まる言ぅてたのに帰ってしもたやないか。あんたまた酔ぉて
なはんのか?

★酔ぉて……、酔ぉてないの、ちょっと今ウツウツッとしたとこ。お坊さん
のお客さん待っててもぉて、すぐに見送りに行くさかい。すぐに、すぐ……
(ドッス〜ンッ)あ痛た、お母ちゃんがお坊さんのお客さん帰ったて急(せ)
かすさかい、わて廊下で滑って柱で頭打って痛いやないかいな。柱で頭打っ
て、頭、頭……

★ん……? お母ちゃん、何を言ぅねんな「お坊さんのお客さん帰った」て、
お坊さんやったらここにいてはるがな。お坊さんはここにいてはんねんけど、


【さげ】
★わては一体どこにいてんねやろ?


【プロパティ】
 うざく=鰻の蒲焼を細切りにしたものとキュウリの薄切りを三杯酢で和え
   る。
 まむし=ご飯、鰻の蒲焼、ご飯、と重ね、上からタレをかけた鰻丼。ご飯
   でまぶす(=被う)からか。
 しょうことない=するべきてだてがない。どうしようもない。
 新町=大阪市西区新町。寛永年間(1624〜1644)の新地で、公許遊郭が置か
   れ、京の島原、江戸の吉原とともに知られた。
 初会、裏、馴染み=初めてお相手するのを「初会」二回目を「裏を返す」
   三回目を「馴染みになる」四回目以後は「腐れ縁」とか言うらしい。
 箒=十二月手毬歌(じゅうにつきてまりうた)に「また師走(しはす)れの、
   こともおろかや、よい事始め、陽気浮気の、箒客とて、中や南も掃い
   てまはるや、煤取り、後にや草臥(くたび)れ、ほんの餅(あも)搗き」
   と唄われる。
 渋ちん=渋い人・けちんぼ・吝嗇家。渋んちともいう。
 一銭洋食=お好み焼きの元祖。小麦粉を薄く鉄板で焼き、上に刻みキャベ
   ツをたっぷり乗せ、ねぎ、竹輪、味付けこんにゃく、紅生姜を散らし、
   その上からまた小麦粉を垂らして返し焼き上げる。
 何をぬかしてけつかんねん=ぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言う」
   ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。ネン
   は助詞「〜のだ」標準語では「何をおっしゃっているのでしょう」
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 くさる=するという意の下品な悪態口に用いる補助動詞。腐るであろう。
   ヤガル・サラス・ケツカルなども同じ意。
 エゲツナイ=濃厚な・辛辣な・酷烈不快な場合などに用いる形容詞。エグ
   イ(喉を刺激するいがらい味)から出た語だろうという説もあるが、一
   方にはイゲチナイという語もあり、イカツイ(厳しい)の転じたものか
   と考えられる。イカツイ→イカツナイ→エカツナイ→エゲツナイ。ナ
   イは幼気(いたいけ)ないなどと同じで、無いではなく甚だしいという
   意味の接尾語。
 欠き餅(かきもち)=餅を薄く切って乾かしたもの。焼いたり揚げたりして
   食べる。おかき。あられ。
 か文字=婦人が髪を結うとき添える毛。そえがみ。そえげ。いれがみ。
 音源:桂文太 2002/11/03 上方演芸ホール(NHK)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂文太 sub=*  ●main高座記録日:2002/11/03  ●音  源  名:上方演芸ホール(NHK)  ●ファイル公開日:2003/10/05  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/03/04  ●リクエスト数:rakug325  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次