【上方落語メモ第7集】その324

喧 嘩 長 屋


【主な登場人物】
 徳さん  嫁さん  家主っさん  長屋の連中

【事の成り行き】
 わたしという人間、基本的にパニックに弱い人間でして、三十年以前エレ
ベーターに乗った折、たまたま開いていたコントロールボックスのスイッチ
を何気なく触ってしまいストップ、閉じ込められて自分を失ってしまった過
去があります。

 運よく乗り合わせた友人が冷静沈着な精神の持ち主だったため、彼がマニュ
アルからオートにスイッチを入れなおして事無きを得ました。友人にはその
時にわたしを見透かされてしまい、いまだにハッタリをカマスことができま
せん。

 そういうパニックに弱いわたしですから、喧嘩ざたに首を突っ込まないよ
う避けて通っています。喧嘩すると多分冷静な判断なんてできずに、行き着
くところまで行ってしまわないと終わらないだろうという予感があるからで
す。わたしを怒らすとホントは恐いねんで(^^)。(2003/09/21)

             * * * * *

 え〜、ありがとぉございます。続きまして生喬でよろしくお付き合いを願
いますが。

 あの〜、最近、離婚する方といぅのがグッと増えてるんやそぉですねぇ。
特にこの、何ですか、割りに年いってからの離婚といぅのが増えてるらしぃ
ですけど、今日お越しの皆さん方の年代が一番危ないらしぃんです。

 もぉ、定年退職と同時に離婚といぅのがあるんやそぉですけどもね。中に
はこの、理由無き離婚といぅのがあるんやそぉです。理由が無いんですて。
普通やったら何かしら積もり積もったモノがあるんでしょ、何か理由がある
んでしょ〜けど、理由が無いんやそぉです。

 こぉ差し向かいでご飯サ〜ッと食べてるときに、奥さんのほぉからいきな
り「あなた別れましょ」て言われる。こらもぉ旦那は目ぇ点になってしまい
ますわなぁ。

 「え〜ッ、何でなんでナンデ? ボク酒も呑めへんし、タバコも吸えへん
し、博打もせぇへん、女遊びもせぇへん、お金は毎月持ってくんのに、こん
なボクのどこが悪いの?」「そぉいぅところが嫌いやのん」

 根本的に問題があるみたいなんですがなぁ、不思議なもんです。

 え〜、わたしとこが結婚して五年ぐらいになるんですわ。まことにこぉ、
世間では評判の、仲のえぇ夫婦と、わたしが勝手に思てますねんけど。ただ
ね、やっぱりよそと違いますわねぇ「噺家さんの奥さんて大変でしょ」て、
嫁はんは言われてるらしぃですわ。

 大したことないんですよ、別にど〜っちゅうこともないんですけどね、た
だあの、やっぱりよそと違うところはですね、うちの嫁はんちゅうのは割り
に落語が好きなんですよ。

 で、大阪府下で落語会があるよぉなときなんかはもぉたいがい見に来てま
すわ。えらいもんです、もぉたいがい見に来るんです。見るだけやったらえぇ
んです。見るだけやったらえぇんですけど、見て、家へ帰って、ダメ出しを
しよるんです。

 ですからうちはね、家帰ったら反省会ちゅうのありますねん。しもたなぁ、
今日は三か所ぐらい噛んでしもたなぁ、トチったなぁ、思て家ガラガラッと
帰ったら「今日三か所間違えた」「いや、六か所間違ごぉてた」向こぉのほぉ
がよぉ知ってるときあるんです。

 だからもぉ、あそこがどぉの、目線が悪いの、仕草がどぉのて、もぉ師匠
みたいなこと言ぃまんねん。でも今日はもぉ良かったと、お客さんも良かっ
たし、雰囲気も良かったし、会場ワァ〜ッと受けて、今日はもぉ一点の隙も
無いと、そぉいぅときは五年にいっぺんぐらいはあるやないですか。

 出来としてね。これはえぇやろ、家帰って「今日はどぉや、今日の出来は
どや?」言ぅたら「わたし、あのネタ嫌いやねん」て、これで終いですわ。
ネタの好き嫌いに変わってくるんですよ。

 今日は割りにこぉ、わたし弾けてしゃべってますでしょ。今日、見に来て
ないんですよ。だからこぉ楽しそぉなんです。見に来てたらこんなことはよぉ
言わんのですけどね。まぁ、不思議なもんなんですけどね、そぉいぅいろい
ろ夫婦といぅのはあるんやそぉですけど。

 中によく離婚の理由としてですね、性格の不一致といぅのが言われますわ
なぁ。性格の不一致、これもおかしな言葉でしてね「オレはお前と分かれる」
「何やのん、わたしかて別れたるわ」これ、性格一致してるんですよ。お分
かりですか?

 今はもぉだいたい、主婦なんかでもお勤めしてる方が多いですな。まぁ専
業主婦もいたはるでしょ〜けども、我々若手の噺家の嫁はんは、専業主婦に
なろぉなんて考え方起こしてもらうと困るんですわ、向こぉが世帯主ですか
ら、頑張って稼いで、わたしらが扶養家族です。

 やっぱりこの、専業主婦となりますと、一日家にいてますわなぁ。子ども
の世話から、掃除からなにから、町内の付き合いから、全部その嫁さん任せ
になってしまいますわ。ところが旦那はよそでせんど、やっぱり営業の方やっ
たら大変ですわなぁ、いろんな人としゃべってますから、家へ帰ってからホッ
としたいと思います。

 ところが奥さんはズ〜ッと家いてますから、旦那が帰って来たら「あそこ
の奥さんがこんなことがあって……」しゃべりたい、旦那は一人でおりたい、
嫁さんはしゃべりたいいぅんで、ドンドンドンドン気持ちがこぉずれてくる
らしぃんですけどね。

 やはりこの、嫁さんのほぉもズ〜ッと家にいてると「いつ帰って来るんか
な?」旦那の帰りを二時間も三時間も、家の中をウロウロしながら待ってる。
そぉいぅときに帰って来た旦那はまた災難でしてね。

●おい、今帰った▲んまぁ「今帰った」? 二時間も三時間も前に帰って来
ないかんのに、今時分までどこほっつき歩いてんねん、この甲斐性なしッ!

 といぅよぉなことを、ポロッと奥さんといぅのは出してしまうんです。こ
れあのね、女性が男性に言ぅてはいかん言葉のナンバーワンは、この「甲斐
性なし」といぅ言葉です。これ言ぅたらあきません。二番目は「わたしとお
母さん、どっちが大事?」これです。

 もぉこんなことポッと言われてしまいますと、旦那のほぉも気が早いです
わ、拳骨振り上げて「おら仕事して帰って来てんねやないけ(ベシッ)」と
張り飛ばしてしまう。

 ここで普通の嫁はんやったら「まぁ、えらいすんまへんでした。ちょっと
口が滑ってしまいました。えらいすんまへん、堪忍しとくなはれな」てなこ
とになると、男のほぉも「いやいや、別にそんなつもりやなかってん。つい
手がな、出てしもてん。えらいすまん、だいじょ〜ぶか? 痛いことないか?
今度、シャネルの詰め合わせでも買ぉたろか」てなことになるん。男といぅ
のは割りに単純な生き物ですからね。

 ところが、ここらに出て来る嫁はんちゅうのはそんなわけにはいきまへん
わ。もぉ火に油そそいだよぉに、もぉ「ん、ん、ん〜」と燃え盛ってしもて。

▲叩きやがったなこの、叩けたたけ叩きやがれ。女ご叩くも犬猫叩くもおん
なじこっちゃ、いっそのこと殺しやがれ!●「殺しやがれ」? このガキャ
よぉ言ぅた。よぉ〜し望みどおり殺してしもたら▲殺しやがれ!●殺してし
もたら!▲殺しやがれぇ〜ッ!●殺して、しもたぁ〜らッ!

 これ聞ぃた近所が災難ですわ、そらそぉですわ「生かす殺す」ちゅうてん
のん黙ってるわけにはいかん。誰ぞ止めに入らないかんが、入った人間といぅ
のがこれまた災難。ちょ〜どそこへ通りがかったんがここの家主っさんで、

■こらこらこら、待てまて待ちぃな。何をしてんねんお前……、痛たたた、
人の頭どつくやつがあるかいな、これッ何をしてんねん、とりあえず振り上
げてる手ぇ下ろしなはれ。振り上げてる手ぇ下ろしなはれ言ぅてんのに、ホ
ンマにもぉ何やこの騒ぎわ?

●このガキャ、ホゲタのえらいガキャで。今日はそのホゲタたたけんよぉに
叩き伸ばしてこましたんねん▲んまぁ〜ッ「叩き伸ばす」ぬかしやがったな、
伸ばせるもんなら伸ばしてみぃ。ホンマにもぉずっと二時間も三時間も待っ
てるのに、どぉせまた女ご遊びでもしてたんやろ。

●おい、誰が女遊びしてるっちゅうねん、おら仕事で遅そなったちゅうてん
ねや。大体なぁ、女ご遊びしょ〜がそんなもん男の甲斐性やないけ、放っと
け▲んまぁ「男の甲斐性」ぬかしやがったな、男の甲斐性いぅたらそんなも
んやあるか、今日は芝居明日は遊山へと好き候ぉわたしにさせといて、それ
からすんのが男の甲斐性やないか。お前らなぁ、女遊びすんねんやったら雌
犬のケツでも追いかけてぇ!

●このぉガキャ、人、犬みたいにぬかしやがって■痛た、痛たたたッ。そぉ
ワチャワチャ言ぅてたら、わしの口の挟む間ぁがあれへんやないか、ホンマ
にもぉどもしゃ〜ないなぁ。とにかくお松っつぁんから話聞こか、どぉいぅ
こっちゃ?

▲まぁ家主っさんえらいすんまへん、いつ帰って来るか、いつ帰って来るか
二時間も三時間も待ってまんのに、言ぅに事欠いて、女ご遊びしてまんねん
とぉ。よぉそんなことしやがったなぁ言ぅたら「男の甲斐性やさかい放っと
け」男の甲斐性いぅたらそんなもんやおまへんやろ、今日は芝居明日は遊山
へと好き候ぉわたしにさせといて、それからすんのが男の甲斐性やおまへん
かいな。ホンマにもぉ、わたし悔しぃて悔しぃて……

●何泣いてけつかんねんアンダラ。ホンマにもぉ、俺が働いてお前食わして
んねやないけ、何ぼほどのもんやねん▲んまぁ「何ぼほどのもん」? わて
かて働いてるやないの●何が働いてるや、家賃にも足らんよぉな端(はした)
銭儲けやがって▲や、家賃にも足らん……、悔しぃ〜ッ!

■まま、待ったまったぁ、お前らどもしゃ〜ないなぁ。よっしゃわしがあん
じょ〜話しょ〜、ホンマにどもしゃ〜ない。徳さん、こらちょっとお前さん
のほぉが分が悪そぉやなぁ。このお松っつぁんちゅう女ご、口は達者なが手
も達者やなぁ、口八丁手八丁とはお松っつぁんみたいな女ごのこと言ぅねん。

■こぉいぅ貧乏所帯をしてるとなぁ、こんな女ごやなかったら所帯の切り回
しがしていけん、そやのにお前さん何ちゅうた「家賃にも足らんよぉな端銭
儲けやがって」こらエゲツナイやないか。家賃にも足らんよぉな端銭でも、
儲けて所帯の足しにしょ〜といぅこの気持ちを汲んでやらないかんがな、せ
やろ。

■その金持ち出して女遊びをする、そらいかんなぁ。徳さん、最近ちょっと
ボォ〜ッとし過ぎてんのんと違うか、もぉちょっと心入れ替えて真面目にな
らないかんで。この頃ちょっと、野放図なで徳さん●放っといてくれ家主、
うちゃ機嫌よぉ夫婦(めおと)喧嘩してんのんじゃ。

■何か、お前とこ仲良ぉ喧嘩してんのん? あそぉ、そらしたらえぇがな。
わしゃその仲裁に入ってんのじゃ●さぁ、その仲裁が気に入らんのじゃ■わ
しの仲裁が気に入らんか?●気に入らんわい。おい家主よぉ聞けよ、喧嘩の
仲裁ちゅうたら五分と五分に裁くもんじゃ、それを最前から聞ぃてたら俺の
ドタマばっかり押さえ込んで、嬶(かか)にペコペコさらしや……、あッ?

●はッはぁ〜ん、おのれ何やな、今、うちの嬶にペコペコしといて、俺がい
てへんあいだに、嬶一膳よばれよと思てけつかんな?■「一膳よばれる」?
アホなこと言ぅな、そんなこと言える顔か? だいたい、お前ら夫婦この長
屋に越して来てからなぁ、夜中誰もよぉ出なんだんやぞ。何でか分かるか?
お前とこの嫁はんの顔が恐さにやないか。

■だいたい、お前とこの嫁はんの顔、近所でどない言われてるか知ってんの
か? 嫁はんの顔じゃ、一円玉言われてんぞ。これ以上崩しよぉがないちゅ
うことや。そんな両替もでけんよぉな女ご、銭金付けてもこっちから断った
るわい。

▲家主っさん、あんたそれ誰のこと言ぅてまんのん? 両替のでけへん顔、
まぁよぉそんなこと言ぃなはったなぁ。何やねんな家主やと思て偉そぉにし
てからに、あんたこそ近所でどない言われてるか知ってまんのんか? あん
たの頭、流行らん店言われてんのん分かりまへんか。儲けが無い。

■あそぉか、あそぉか分かった分かった、お前ら何やな、こぉこぉこぉいぅ
喧嘩の筋書き作っといて、わしを仲裁に入れて今まで溜まってる家賃踏み倒
すつもりやな●誰が家賃を払わんちゅうてん、誰が言ぅてん■おぉ、そこま
で偉そぉにぬかすんやったらな、ここに溜まってる家賃払ろてからぬかせ。

●何やとこのガキャ、喧嘩の仲裁に来たんか、家賃の取立てに来たんかどっ
ちじゃい。ゴテクサごてくさぬかしてたら、おのれのほぉからイテコマスで
■い、「イテコマス」? おぉおぉ、イテコマシてもらいましょ。家主とゆ
や親も同様、店子とゆや子も同様じゃ、その親の頭、手がかけれるもんなら
かけてみぃ。

●ぬかしやがったな、かけて(バシッ)コマシたら■このガキャ家主に手ぇ
かけやがったな、うううぅ〜ッ……

 喧嘩がひと回り大きなってしもたんで。

             * * * * *

★おいおい、家主止めに入って喧嘩大きなったぁるやないか。どつかれ蹴ら
れ、転(ころ)こんでえらいことなったるやないか。ちょっと誰ぞ止めに入ら
ないかん、ちょ〜どえぇ、お前止めに入れ◆え、わい、あかんて。家主さん
でもあんだけボコボコにやられてんねんで、わいなんか入ったら何されるや
分かれへん。

★何を言ぅてんねんお前、ここでお前が仲裁に入ったら、家主の気持ちが違
うがな◆「家主の気持ちが違う」ちゅうと?★お前、家賃溜めてんねやろ、
ここでお前が止めに入ったらやなぁ「よぉ仲裁に入ってくれた、ありがとぉ
ありがとぉ、礼と言ぅては何やけど、今まで溜まってる家賃全て帳消しにさ
してもらおやないか」と、話がこないなるねん。

◆あそぉ、ふぅ〜ん、ほな何か、今回はそんな特典が付いてのん?★「特典」
ちゅうやつがあるかい、早いこと行かんかい◆行くけど、わいがどつかれた
ら皆で止めてや、頼むで。外から見るばっかりやったら嫌やで止めてや……

◆うわぁ〜ッ、派手にやっとるなぁホンマにもぉ……、まぁまぁまぁ、お腹
立ちはごもっとも、わたいに任しとくなはれ。徳さん、お前がいかんがな。
家主っさんやで、手ぇかけたりするやつがあるかいな。とりあえずここんと
こはわいの顔に免じて「うん」ちゅうて。わいが丸ぅ納めるよってにな、と
りあえず「うん」ちゅうて「うん」「うん」……

●去(い)ね、ボケ・カス・ヒョットコ◆わい、ヒョットコか?●ヒョットコ
じゃこら、最前から聞ぃてたら俺のドタマばっかり押さえ込んで、家主にペ
コペコさらしやがっ……、はッはぁ〜ん、おのれ何やな、今家主にペコペコ
しといて、今まで溜まってる家賃帳消しにしてもらうつもりやな。

◆ドキッ、わいそんなん思てへんで、そんなん思てへんけど家主っさん怒ん
のも無理ないで、お前とこの嫁はん、鬼瓦みたいな顔した嫁はん、何ぼ助平
オヤジのこの家主でも相手にせぇへんがな■す「助平オヤジ」? 助平オヤ
ジて誰のこっちゃ? 助平オヤジて誰のこっちゃ(ベシッ)

◆い、痛たたたッ。あんじょ〜しまっさかいちょっと黙ってとくなはれ■助
平オヤジて誰のこっちゃっちゅうてんねん(ベシッ)◆痛た、痛たたたッ。
このぉ〜、どつきやがったなぁ、うぅ〜ッ……

 喧嘩がまた大きなってしもたんだ。

             * * * * *

★あぁあぁ、また喧嘩大きなってしもたがな。誰ぞもっぺん止めに入らない
かんで▼よっしゃ、俺に任しとけ。俺が止めたる★あかん、お前止めに入っ
たらこの長屋つぶれてしまうがな。よっしゃこないしょ、皆一斉にワァ〜ッ
と入って行って、この喧嘩パッと二つに分けたらどないや?

 「そらえぇ、そぉしょ〜そぉしょ〜」皆一斉にワァ〜ッと入って行きよっ
た。その中、嫁はんがス〜ッとかいくぐって表へ出るなり玄関先へポンッと
貼りよった。

 「ちょっと待ったまった、嫁はん何か貼りよったで」見てみますと……


【さげ】
 満員につき、場所ございません。


【プロパティ】
 うちの嫁さん=あんな会やこんな会の受け付けに座っておられます。
 せんど=長らく。長時間。また、何度も。何べんも。十分。たっぷり。千
   途であろうか?『大言海』には「千度」とある。
 ホゲタ=ほおげた。頬骨。転じて、悪口、口の悪いことの意。
 こます=〜する。物にするなどの意にいう下品な語。イテコマス:やって
   しまう。暴力で抑えつけてしまう。強姦する。
 ぬかす=言う・ほざく。
 好き候=好き放題、好き勝手。
 アホンダラ=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 エゲツナイ=濃厚な・辛辣な・酷烈不快な場合などに用いる形容詞。
   厳(いか)つい→いかつない→えかつない→えげつない、と転化したも
   のか。ナイは無いではなくて、甚だしいの意。
 転(ころ)こんで=ころこぶ:転ぶ。
 ヒョットコ=火吹き竹で火を吹く「火男(ひおとこ)」の転。片目が小さく
   て、口のとがった男の滑稽な顔つきの面。また、それをつけて踊る踊
   り。
 音源:笑福亭生喬 2003/02/14 ゆとりーと寄席(HCT:東大阪ケーブルTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭生喬 sub=*  ●main高座記録日:2003/02/14  ●音  源  名:ゆとりーと寄席(HCT)  ●ファイル公開日:2003/09/21  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/02/19  ●リクエスト数:rakug324  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次