【上方落語メモ第7集】その323

欲 の 熊 鷹


【主な登場人物】
 通行人A・B  町家の女

【事の成り行き】
 テレビ・コマーシャルを見ていて撮影現場、ロケーションが気になること
ないでしょうか? 美しい自然の風景や整った街並みなんかにはトンと興味
わきませんけど、何気ない日常的な商店街やローカルな鉄道沿線風景などが
映ると、それがどこなのか調べてみたくなります。

 ♪のものものんでぇ〜、のものものんでぇ〜♪ という奇妙な唄を歌い踊
りながら進んで行く商店街はどこか? とか、♪う〜ッ、何ぼッ♪ とティ
ファニーで朝食をパクッたような衣装を着た女優は誰だ? とか。

 ちょっと前ならこんな疑問がわいてもすぐに調べ上げることはできません
でした。しかし、今やインターネットの時代です、疑問に思ったときに疑問
を投げかけてみると即座に、といっても多少のコツと経験は要るようですが、
答えを導き出せます。

 そこでさっきの商店街は「東京都葛飾区新小岩のルミエール商店街」女優
は「谷口キヨコさん」であることが分かるという、この驚きと興奮。分かっ
たところで大して意味ないし、何の関係もおませんねんけど(2003/09/07)。

             * * * * *

 毎回いっぱいのお運び、ありがたく御ん礼を申し上げます。

 皆さま方でもご経験がおありになると思うんですが、よく道の曲がり角な
どで、出合い頭ちゅうやつですなぁ、人と突き当たりかかって思わずパッと
左ぃよけますと、どぉいぅもんですかこの、人間は反射神経があるといぅん
ですか、こっちが左ぃよけたら向こぉも左よけたらえぇのに、おんなしよぉ
に右っかわへよけます。

 また当たりかけたんでこっち側へよけると、おんなしよぉにこっちぃよけ
る。顔見合わして、お互いに照れくさいもんですから、思わず視線をば下へ
フッと落としたところぉが、ちょ〜ど二人の真ん中に財布が落ったぁる。

■もし、何や落ってまんなぁ?●ヘへへッ、財布が落ってまんなぁ■財布で
んなぁ、拾らいはったらどないです?●何です?■いや、あんた拾らいはっ
たらどぉです?●まぁまぁ、あんた拾らいなはれ■あさよか、ほなわたい拾
らいまっせ●ほな、わたい拾らいまひょか?■何言ぅてなはんねん……

■いえいえ、心配しはらんでもよろし。お互いにねぇ、見付けたんは一緒で
んねん。まぁ、悪いこととは知りながら辺りに人目もなし、どぉです? 拾
らう前に約束しときまひょか●約束っちゅうと?■いぃえぇ、この財布拾ろ
てね、中に何ぼ入ったぁるか分からんけれど、半分ずつっちゅうことにしま
ひょか。

●ほ、ほたら何ですかいな。この財布の中に入ったぁるお金、何ぼ入ってて
も、半分わたいにくれはりますか?■そぉでんがな、お互いに一緒に見付け
たんでっさかい、半分ずつっちゅうことにしまひょ●あさよか、ほなどぉぞ
早よ拾らいなはれ。

■分かりました。ちょっと待っとくれやっしゃ……●どぉです? 入ってま
すか?■入ってま●入ってました、何ぼ入ってます?■こんだけだ●えぇ?
■これだけ●五千万?■そない入ってますかいな、よぉそんな厚かましぃこ
と言ぃなはんなぁ。桁がちゃいます、もっとズゥ〜ッと下です●五円?■違
いまんがな、あいだを取りなはれ、五百円。

●あぁ五百円でっかいな、さよか。ほでそれ半分ちぃますと?■二百五十円
あんたにあげま●二百五十円、へッ助かりましたなぁ。ほな早よおくなはれ
■さぁ「早よおくなはれ」ちゅうて手ぇ出しなはるけどね、実はねぇ、五百
円札が一枚しか入ってまへんねん。わたしちょっと細かいもんの持ち合わせ
がおまへんねが、あんた細かいもん持ち合わせおますか?

●ひょ〜しの悪い、わたしも細かいもん持ち合わせおまへんねん、どないし
まひょ?■そぉでんなぁ、どこぞ五百円替えてくれるとこあったらよろしぃ
のになぁ……

▲あのぉ、先程から聞ぃとりますとえろぉお困りのご様子ですけど、何でし
たらわたしのほぉで両替さしていただきましょか?■さいでおますかいな、
そこで聞ぃたはったんでっかいな、いや恐れ入ります。いえ実はね、この人
に二百五十円細かいもん渡さんなりまへんねん。細かいもんが無いのでね、
困っとりましたんで、両替していただけまっしゃろか?

▲へ、さしていただきます。どぉぞこちらへお入りやす……■えらいすまん
こっておまして、ほんなら、ひとつよろしゅお願いいたします▲承知いたし
ました……

             * * * * *

●しかしもし、今のお方なかなか綺麗ぇな人でんなぁ?■そぉですなぁ、美
しぃお方でんなぁ●別嬪さんでんなぁ■別嬪さんでんなぁ●何もんでっしゃ
ろ?

■何じゃ、曲者(くせもん)みたいに言ぅてなはるなぁ。まぁそぉでんなぁ、
わたしここの家(うち)の構え、今のお方の化粧の仕方、着物の着こなし、どぉ
見てもただもんやないと思いますなぁ●やっぱし曲者でっか?■そやおまへ
んがな、わたしの勘ではこちらのお宅は妾(しょ〜)宅さんやと思いまんなぁ。

●何です?■いえ、ここはね、妾宅さんやと思います●はぁさよか、女の人
で正作さんでっか?■正作さんやおまへん、妾宅。つまりお手掛けさんのう
ちですわ●えらいこと言ぃなはった、わたいもそぉやないかいなっと思てた
んだ。今の女ごはん、あらただもんやおまへん。あんた言ぃはったとぉりお
手掛けはんだ。しかし、歳は幾つぐらいやと思いなはる?

■そぉでんなぁ、初めてお目にかかったお方やさかいはっきり分かりまへん
ねんけれど、そぉでんなぁ、まぁあない綺麗ぇなお方やさかい若こぉに見え
んねんやろけど、わたしの思うのには三十一、二やないかいなと思うんです
けどねぇ。

●はぁ、あんたそない思いなはる。三十一、二ねぇ。あんたもえぇとこ見て
なはる、えぇとこ見てなはるけどあんな綺麗ぇな人やさかい若こぉに見えて
まんねん。だいち化粧の仕方がうもおまっしゃろ、せやさかいあれ化粧落と
しはったら、わたしの思うのには三十五、六やないかいなと思うんですけど
ねぇ。ひょっとしたら化粧落としはって朝起きはった時の顔は四十七、八。

■何ぼ若こ見えるちゅうたって、そない若こ見えますかいな●しかし、ホン
マに別嬪さんでんなぁ■まだ言ぅてなはる、しょ〜むないことはちゃ〜んと
気が付いてまんねんなぁ。なかなか別嬪さんですわ●ほで、何ですかいなぁ、
旦那っちゅうのはどんな人です?

■何です?●いぃえぇ、旦那っちゅうのがおまっしゃろ■そらおますがな。
旦那があればこそ、こないして囲われたはりまんねん●さよか。で、旦那は
何する人やと思いなはる?■さぁ、そら分かりまへんなぁ●「分かりまへん」
て、人間には想像っちゅうことがおまっしゃろ、まぁわたしの思うのにはど
こぞの会社の社長さんか重役さんでんなぁ。歳の頃は五十七、八、デップリ
と肥えてちょっと髭生やしはってね、ほで眼鏡かけはって……

■そんなこと、あんた分かりますか?●へぇ、分かりま。もぉたいてぇタイ
プは決まってまんねん。ほで、この旦那、週に何べん来はると思いはります?
■何です?●いぃえぇ、週に何回出張しはると思いなはる?■さぁ分かりま
へん●「分かりまへん」て、たいてぇ分かってまっしゃろがな。どこぞの会
社の重役さんか社長さんなら、まぁ歳が五十七、八なら週に二回はご出張に
なると思いますけどねぇ。

■あさよか、二回ぐらいねぇ●へぇ、もぉたいてぇ決まってますわ、水曜日
と土曜日ぐらいに。ほで、やっぱしここへご出張になるのには自家用車で来
はりますか、それとも電車に乗って来はるか、地下鉄で来はりますか、それ
とも乳母車で?

■よぉそんなアホなこと言ぅわ。何でお手掛けさんのとこへ乳母車で来る人
がおますねん、まぁ自動車で来はりまっしゃろ●さぁ、わたいもせやろと思
てまんねん。自家用車で来はりましてね、で、表着きまっしゃろ、ほんだら
運転手さんがクラクションちゅうやつねプップ〜ッと鳴らすと、一番先に誰
がお出迎いに出て来ると思いなはる?

■そら分かりまへん●「分かりまへん」て、たいてぇここらのうちやったら
ね、一番先に犬が出て来ますわ■初めて来たうちでっせ、ここのうちに犬が
いてるかいてへんか、あんた分かってますか?●えぇ、分かってます。たい
てぇね、こぉいぅお宅にはチンが飼ぉたぁるもんだ。

■ほぉ〜、そんなことまで分かりますか?●へぇ、やっぱしこのチンが一番
先にお出迎いですわ。もぉ表でクラクションがプップ〜ッと鳴る前にね、自
動車が止まった音で、もぉ犬っちゅうやつはなかなか鋭敏でっさかいね、玄
関まで出て来てね、鼻鳴らしてクンクン・クンクンてなもんだんなぁ。ほな
らもぉ、その犬のクンクンちゅう声で女中さんがパ〜ッと出て来ましてね、
お竹さんちゅうてね。

■誰がお竹さん?●ここの女中さんが■ほぉ〜ッ、そんなことまで分かりま
すか?●へぇ、そらちゃんと分かってまんねん。このお竹さんが出て来たと
同時に表の戸ぉをばガラガラッと開けて旦那がお帰りですわ。ほなお竹さん
が「まぁ旦さん、お早いお帰りでございまして。ちょっと奥さん、旦さんが
お帰りでっせ」ちゅうたらね、ほんだら奥から今のお方、こんなとこへ絆創
膏(ばんそぉこぉ)つまりね頭痛膏っちゅうやつ貼ってね、パ〜ッと出て来て、

●「まぁ旦さんお帰りやす、いぃえぇお出迎えに出よと思てましてんけど、
夕べちょっと風呂入って暑かったもんでっさかいな、縁先開けといたら風邪
ひぃたとみえまして、もぉ朝から頭が痛とぉて頭が痛とぉて、ちょっと横に
なっておりましてん。えらいすんまへん」

●「何じゃいな、風邪ひぃててんやったらわざわざ出迎いに来んでもえぇね
がな」「そんなことおっしゃたかて、旦さんがお帰りやのに寝てるわけにい
けしませんわ……。お竹、旦さんのお着替えのお手っ伝いしなはれ、それか
らちゃ〜んと用意はでけたんねな?」「もぉちゃ〜んとでけとぉります」

●それから旦さん差し向かえで一杯呑みはって、二、三本呑んだ時分に旦さ
んがやっぱし気ぃ利かして「お前、風邪ひぃてんねんやったら、いつまでも
起きてたら毒やさかい、ほなもぉボチボチ寝よか」「さよか、ほなお竹、床
敷(ひ)ぃとぉ」「へ、承知いたしました」

●押し入れ開けて布団出してきて「♪床とってぇ、寝んねぇしょ!」■何を
言ぅてなはんねんケッタイな人やなぁ。そんな大きな声出しなはんな●そぉ
かてあんた、多分そぉなるやろと、わたしは思いま……、もし見てみなはれ。
やっぱしわたいの言ぅたとぉりだ。ちゃ〜んと犬が飼ぉてまっしゃろ、チン
ですわ、やっぱしわたいの勘が当たってまんねん。

●白と黒のチン、こら名古屋ですわ。こら桃太郎系統です……。チンよ、チ
ン来い! チンよ、タマよ! タマ、タマ来い! チンよ■その「タマ」っ
ちゅうのはいったい何でんねん?●「何です」て、ここの犬の名前でんがな
■ほぉ〜ッ、あんた犬の名前まで分かりますかい?

●へぇ、ちゃ〜んと分かってますねん、わたいが呼んだら来まっせ。タマ来
い! チン来い! タマ来い、チン来い、チンよ、タマよ、チンタマよ■何
言ぅてまんねん……●ほぉ〜れ来ましたやろ、ほぉ〜れ見てみなはれ、ちゃ〜
んと分かってまんねん。可愛いぃもんでっしゃろ。

●いっぺん「ワン」ちゅうてみ、いっぺんな「ワン」ちゅうてみ、三べん回っ
て「ワン」ちゅうてみ。言わんな……、もしあんた、何ぞ食べもん持ってな
はれしまへんか? 犬にやろと思いまんねん。何も持ってなはれへんか、あ
さよか。こぉなったらどもしゃ〜ない、袂糞(たもとくそ)食わしたろ。

■そんなもん食わしなはんな●いえいえ、食わせしまへんねん。これね、食
べもんに見したりまんねん……。これやるさかい「ワン」ちゅえ、三べん回っ
て「ワン」言え。うまいぞ、さぁ回って「ワン」ちゅえ、三べん回って「ワ
ン」(ワン)、あッ……。もし、袂糞てうもない。

■よぉそんなアホなこと。自分が袂糞食ぅ人がおますかいな……。しかしえ
らい暇が要ってまんなぁ●そぉでんなぁ、そない言ぅたらえらい長いこと待
たしはりまんなぁ。こらひょっとしたら、あの五百円持って裏から逃げたん
と違いますか■アホなこと言ぃなはんな、これだけのうち構えてて、五百円
やそこら持って逃げたりしはりますかいな。

▲えらい長いことお待たせいたしまして……。あのぉ、わたしのほぉに有る
と思ておりましたところが、あいにく無かったもんですから、よそへ両替に
やっとりまして、えらい遅なりまして■さいでございますか、えらいお手数
かけまして相すまんこってございまして。

▲あのぉ〜、確か五百円札一枚お預かりいたしましたなぁ?■へぇ、そぉで
ますねん▲ほんだらここに百円札で五百円ございますのん。これ二百円、と
もかくあんさんにお渡しいたします■さいでやすか、こらどぉも恐れ入りま
す。ちょ〜だいいたします。

▲ほんで、この二百円はそちらのお方にお渡しいたします●へ、わたいでっ
か。おっきありがとぉ、さっきから待ってましたんや。

▲ほて、あと百円残りますなぁ?■へぇ、あと百円残りますねん▲この百円
へ、わたしのほぉからもぉ百円足しますと、ちょ〜ど二百円になりますなぁ
■へぇへぇ、二百円になります。


【さげ】
▲これをわたしのほぉが、手数料にいただいときます。


【プロパティ】
 欲の熊鷹=「欲の熊鷹股裂ける」欲が深過ぎる者は禍をこうむる。徳島県
   東祖谷山(ひがしいややま)村に伝わる民話「熊鷹が二頭の猪を両足で
   掴み、猪が左右に駆け出したのを放さなかったので股が裂けて死んだ」
   より。
 チン=犬の一品種。小形の愛玩犬で、体高約25センチ。毛は絹糸状で長く、
   白地に黒または茶色の斑があり、顔が平たい。奈良時代に中国から移
   入された原種を改良したもので、品種として特徴をもつようになった
   のは江戸中期。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 袂糞(たもとくそ)=和服のたもとの底にたまる綿ぼこり。袂糞は血止めに
   よく効くといわれる。
 音源:笑福亭松鶴 1975/**/** うしみつリクエスト(ABC)
 特別謝恩:Iさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭松鶴 sub=*  ●main高座記録日:1975/**/**  ●音  源  名:うしみつリクエスト  ●ファイル公開日:2003/09/07  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2012/02/05  ●リクエスト数:rakug323  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次