【上方落語メモ第7集】その314

湯  屋  番


【主な登場人物】
 若旦那  大工の熊さん  風呂屋の主人ほか

【事の成り行き】
 想像、空想の力を借りることなく、現実世界で満足てきている方はそんな
に多くないと思います。というより、そんな神様に近い方はおられますまい。
どんなにいい思いをしておられる方でも、より良い状態を求めて更なる夢を
追われます。

 能力のある方はその夢を現実に置き換えることがおできになるので、努力
して成し遂げられてしまうのですが、夢見るばかりで力のないわたしのよう
な者は夢ばかりが膨らんで、到底ありようもない非現実な夢の中へと入り込
むことによって精神の安定を図ろうとたくらんでいるのでしょう。

 なにも白昼夢のまどろみに限らず、小説を読み映画を観て感情移入する行
為も、また夢の中の精神安定と言えないこともありません。あるときは屈強
なサイボーグ、あるときは知性溢れる弁護士、あるときは美貌の諜報員。

 そして、一番卑近で切実なのが異性を引き付け虜にしてしまう二枚目の役
柄。頭に浮かべる分には他人に見られる心配もないので、思いっくそ自由に
空想してのち、現実との大いなる落差を噛みしめてみるのも惨めで楽しいか
もしれません(2003/04/20)。

             * * * * *

 え〜、どぉも皆さま、林家染二でございます。どぉぞよろしくお願い申し
あげます。

 もぉ、気楽にファ〜ッと笑ってもらうのが一番いいわけでございましてね、
わたくしは上方落語界の中村橋之助と呼ばれておりまして、いかがでござい
ましょ〜か? あとはまぁ、大澄賢也ですか? また去年からわたくしは和
泉元彌とも言ぅとりますがね。

 まぁまぁ、わたくしは遅刻もダブルブッキングもいたしませんがね、今大
変でございましてね。まぁわたくしも橋之助なんて自分で言っとりますから
ね、よくあのお芝居、歌舞伎なんか見に行くわけでございますけど、あれは
よろしぃですねぇ。

 もぉ綺麗ぇに衣装着ましてね、カツラを着けて、お化粧しましてね、見て
ましても気持ちがいいです。出てまいりましても違います、我々噺家とはね、
雰囲気が。出てまいりますと「待ってました!」ええもんですね。わたしな
んか噺が終わりますと「待ってました」言われますからね、怒ったはんのか
と思うわけでございますけどね。

 また歌舞伎といぅのは、演技がかなりオーバーでございましてね、たとえ
ばビックリする場合、皆さんですと「わッ」とこぉでございますが、歌舞伎
の場合は「わぁ」と言ぃません、オーバーなんですね。

 暗がりを歩いておりまして、なんかパッとこぉ出てまいりますと、歌舞伎
の場合は「ちえぇぇ〜〜ッッ!」このほぉが恐いですからね、ホントに。で
また、笑う場合でも、皆さま方のよぉに「あはは」とこぉ軽く笑いませんね、
かなり大仰に笑うわけでございますね。

 では、歌舞伎の笑い方のサンプルをご覧に入れましょ〜。では、歌舞伎の
笑い方……「どぅ〜ひぃ〜、だぁ〜はぁ〜、どぅ〜ひぃ〜、だぁ〜はぁ〜、
どぅ〜だぁ〜、どぅ〜だぁ〜、どぅ〜だぁ〜、だぁぁ〜〜ッ」

 ありがとぉございます。もぉ、これで拍手もらえたら一人前でございます
けどね。ホントですよ、これ、舞台やからいいわけでございましてね、そこ
の駅前でパッと友達に会ぉてね「山田君、久しぶり、横にいてんのん彼女?
どぅ〜ひぃ〜、だぁ〜はぁ〜、どぅ〜だぁ〜、だぁぁ〜〜ッ」すぐに救急車
がやってまいりますからね、ホント。

 また、歌舞伎と申しますと屋号でございますね。たとえば中村勘九郎さん
ですと「中村屋」と、こぉ申しましてね。市川猿之助さんは「澤瀉屋(おも
だかや)」と申しまして、わたくしは「面長屋」でございますけどもね。ホ
ントです、えぇ。

 お芝居のほぉに登場いたします若旦那は上等の男前でございますけど、落
語のほぉの若旦那に上等ございません。たいてぇ道楽もんでございまして、
酒道楽、女道楽、芝居道楽をいたしまして、親が怒って勘当になりますなぁ。

 そぉなりますと、落ち行く居候先は出入りの大工の家と相場が決まっとり
まして……

■まだ寝てんのんかいな、うちの居候若旦那はホンマに毎日ゴロゴロ・ゴロ
ゴロ。もし、若旦那、若旦那……、いっぺん下から箒で突いたろ。もし、若
旦那! 若旦那!●もぉちょっと左でっせ■な、何やいな。若旦那、まだ寝
てなはんのんか?●いぃ〜え■ほなもぉ起きてなはんのんか?●いぃ〜え。

■寝てんのも「いぃ〜え」起きてんのも「いぃ〜え」ほたら一体どないして
まんねん?●枕担いで横に立ってます■寝てんねやないか。早いこと降りて
来なはれ●へぇ〜い……、♪てとろシャンシャン、斜めっこホイホイッと、
お早よぉ。

■何が「お早よぉ」や、もぉお日ぃさん高いとこまで昇ってまっせ。あんた
毎日ゴロゴロ・ゴロゴロ……、まぁ幾日(いっか)何十日、家(うち)にいてて
もろても結構だすけどなぁ、それではあんたのお身のためにえぇことござい
まへん。どぉです、いっぺん奉公に行きなはったら。

●奉公、ありがたいねぇ。奉公へ行ったら気兼ねのぉご飯が食べられるよっ
てになぁ■あんた、嫌な言ぃ方しまんなぁ。それやったらまるで、うちでご
飯を食べさしてへんよぉに聞こえまっせ●お前はなぁ、朝早よぉ腰に弁当ぶ
ら下げて仕事へ行くさかい分かれへんと思うけども、昼時分、わたしがもぉ
ちょっと寝たいなぁと思てると、下からあんたとこの嫁はんが「若旦那、ご
飯でっせぇ〜!」

●えらい声やで。寝とっても体がパッと浮くでこれは。恐るおそる下へ降り
て行くと「まぁ若旦那お早よぉさん、ご飯食べなはるか?」へぇちょ〜だい
します。ひょっとこぉお膳の上を見るとな、丼鉢に水がいっぱい張ってあっ
て、そこへ杓もじがジャボンと浸けたぁる。嫁はんがやで、お櫃(ひつ)のフ
タを取って杓もじを十分濡らしといてご飯の上を叩くねん、パンパンパンパ
ン……

●また水浸けてはパンパンパンパン……、十分に固めといて茶碗取って杓も
じでご飯の上を削(そ)ぐねんシュ〜ッ、茶碗の淵へキュ〜ッと扱(こ)くねん、
削ぎ飯の扱き飯ちゅうねんやろねぇ。パッと見たらぎょ〜さん入ってるよぉ
に見えたぁるけども、中ガラガラやがな。お茶かけたらドスンと沈むねやで
これが、地盤沈下飯ちゅうねんやろねぇ。お茶漬けなんかガサガサッといき
たいけども、ガサでしまい。

●茶碗持ってモジモジ・モジモジしてると「まぁ若旦さん、お湯ですかお茶
ですか、それともご飯ですか?」ご飯最後にきたぁんねん。一膳飯はいかん
と言ぃますのでもぉ一膳。と茶碗を出すと、また嫁はんが杓もじを水に浸け
てご飯の上をパンパンパンパン。また濡らしてはパンパンパンパン、シュッ
と削いでキュッと扱く、お茶かけたらドスン、ガサでしまい。

●茶碗持ってモジモジしてると「まぁ若旦さん、お湯ですかお茶ですか、そ
れとも片付けまひょか?」か、片付けまひょか……、ご飯といぅ言葉がどこ
にも出てこない……■あんた、泣いてなはる?●これではもぉお腹が空いて
しょ〜がないので、裏の稽古屋のお師匠(おっしょ)はんとこ行った■「うち
でご飯を食べさしてもらわれへん」いぅて、悪口言ぃに行きなはった?

●そんな、お前に恥かかしたりするかいな。お師匠はんとこの戸ぉをガラガ
ラッと開けるなり。お師匠はんえらいすんまへん「まぁ、どないしなはって
ん?」ちょっと魚の小骨を喉へ引っ掛けてしまいましたんや……。ウソやで、
お前とこで魚よばれたことない。お師匠はん、象牙の撥でこすったら骨が取
れる言ぃまっさかい、ちょっと象牙の撥貸してもらえまへんやろか?

●言ぅたらお師匠はんが「まぁ、そんなことしはらいでもご飯をグ〜ッと固
めて呑んだら取れます。お櫃やったら台所にございますよってに、勝手によ
そてお上がりを」これ聞ぃたときは嬉しかったで。あんまり嬉しぃもんやさ
かい這うよぉにして台所へ行く、お櫃のフタを開けると湯気がモワァ〜ッ、
ご飯がビッカ〜ッ。このときほどスコップが欲しぃと思たことなかったなぁ。

●そばにあった茶碗へよそて水かけて、流し込んではよそい流し込んではよ
そい、八杯食ぅた■ぎょ〜さん食べなはったなぁ●もぉ無我夢中で食べてる、
フッと気ぃ付いたら後ろへお師匠はんが立ってんねん「何をしなはんねん、
流し込むのやおまへんで。グ〜ッと固めて呑みまんねんで」あぁさよか、っ
ちゅうてこんな握り飯こしらえた。

■また大きなんこしらえなはったなぁ●その握り飯を袂へ入れて、この家へ
帰って来てどこで食べたと思う?■「どこで」てあんた、二階の自分の部屋
で食べなはったんやろ●おぉ〜ッ、それお前の嫁はんに見付かってみ「うち
の飯を盗んで食ぅた」思われるのんけったくそ悪いさかいな、そぉ〜ッと様
子を伺ごぉて便所へ入った■便所へ?

●便所の暗がりで、一人寂しく握り飯を頬張ってると、思わず熱いものが頬
伝う……■あんた、よぉ泣きなはんなぁホンマにもぉ。いやいや、そらえら
い目に遭わしましたなぁ、帰って来たら嫁はんきつぅ叱っときます●怒らん
でえぇ、怒らんでえぇ。打ち首にせぇ。

■何を言ぃなはんねん。どぉです、それよりもいっぺん奉公に行きなはらん
か?●そぉやなぁ、お前とこにもだいぶ世話になったし、いっぺん行ってみ
よかなぁ。行き先はどこや?■玉造の桜湯といぅお風呂屋さんです●お風呂
屋……、お風呂屋といぅと女湯があるわねぇ■へぇ、女湯もあれば男湯もあ
ります●女湯専門の風呂屋はないか?■そんなもんありますかいな。向こぉ
行って「大工の熊とこから聞ぃて来た」っちゅうたら、あんじょ〜分かりま
す。しっかり行きなはれ●ほな行ってくるわ……

             * * * * *

●あの男はえぇ男やねぇ、居候さしてくれて奉公先まで見付けてくれて。け
ど奉公するとは思わなんだなぁ……、えぇ〜ッと玉造この辺りやねぇ……、
桜湯あったあった。書いたぁるねぇ「男湯」「女湯」なるほどねぇ男湯、女
湯。♪どっちにしょ〜かいなぁ〜、裏のちょん兵衛さんに聞ぃたら……、こ
んちわぁ〜。

◆もしもし、もしそっち女湯でっせ。男湯まわんなはれ●わたし、女湯大好
き◆好きでもあきまへんがな、まわんなはれ●わたしお風呂入りに来たんや
おまへんねん、今日からお宅にご厄介になろ思いまして大工の熊とっから来
ました。

◆あぁ、話は聞ぃてます「どぉしても使こてやってもらいたい」と。ほぉ〜、
あんさんですか、名代の道楽もんといぅのは?●名代といぅほどのことはお
まへんけどね、周りを別嬪さんにグル〜ッと取り囲んでもろて「ま、若旦那、
そんなとこ触ったらこそばいやないの。若旦那のス・ケ・ベ」とか言われて
ね、太ももギュ〜ッとつねってもらうのが……、好き。

◆えらい人が来ましたなぁ、あんさん勤まりますかいな?●一生懸命やりまっ
さかい、ひとつよろしゅお頼の申します◆さよか、まぁお願いするとして、
初めは外周りからやってもらいまんねんけどな●外周り……、どぉでしょ〜
ねぇ? わたしね、直射日光浴びたら目まいするんです◆よぉ歩いて来れま
したなぁそんなんで。そんなんでできる仕事おまへんで。

●ありまっしゃないか、いろいろ。その次は何ですか?◆さてその次は……、
釜番ですか●釜番ねぇ……「さてその次は」ときたら「江ノ島の」と、こぉ
いってもらいたいなぁ。知りまへんか「白浪五人男・稲瀬川の勢揃い」えぇ
とこでっせ……

●「さてその次は江ノ島の、岩本院の稚児上がり、普段着慣れし振り袖から、
髷も島田に由比ガ浜、打ち込む浪にシッポリと、女に化けて美人局(つつも
たせ)油断のならねぇ小娘も、小袋坂に身の破れ、悪い浮名も竜の口、土の
牢へも二度三度、だんだん越える鳥居数、八幡様の氏子にて、鎌倉無宿と肩
書も、島に育ってその名さえ、弁天小僧ぉ〜菊之助ぇ〜」ちゅうさかい女の
子がキャ〜言ぃまんねんやで。釜番では色気おまへんわなぁ。

●幕開いたら真っ黒けぇの着物着てでっせ、煙突掃除の棒持って「さてその
次は桜湯に、勘当されて奉公し、普段着慣れしシャツ股引、ススで汚れて真っ
黒け、放り込む薪のそのそばで、油断のならねぇ釜番の、煙突小僧煤之助」
これパッとしまへんわなぁ。

◆そんなこと言ぅて、できる仕事おまへんで●ありまっしゃないか……、番
台◆あのねぇ、ここへ来る素人はすぐ番台に上がりたがるねん。楽なもんや
おまへんで●けど、ニョニョニョでしょ◆はぁ?●見えるんでしょ?◆何が?

●「何が」て、一人で見よ思て、このドスケベ◆何言ぅてまんねやあんた、
これはねぇ下足は見んならん、釣銭渡さんならん、脱いだ着物は見んならん。
楽なもんやおまへんで。

●ちょっといっぺんやらしとくなはれな、いっぺんだけ◆しょ〜まへんなぁ、
ほないっぺん時分どき、わたしがご飯食べにいくあいだ座わんなはるか、上
がんなはれ●うわぁ、えらいすんまへん。どぉぞごゆっくり〜、行ってらっ
しゃ〜い。何なら帰って来んでもえぇよぉ〜……

●こない早いこと憧れの番台に上がれるとは思わなんだなぁ、えぇ〜ッと女
湯は……、誰ぁれも入ってへん。それにひきかえ男湯入っとぉるねぇ、男が
昼間から体磨いてどないしょ〜っちゅうねんホンマにもぉ。いきなり淡い期
待が崩れ去ってしもたねぇ。

●(ガラガラッ)お、女湯の戸ぉが開きました。へい、いらっしゃい★ちょ
いと入れとくなはれ●お婆んお断わり★そんなこと言わんと、温もらしとく
なはれ●今日はお休み★「お休み」て、向こぉぎょ〜さん入ってはりまっしゃ
ないか●女湯はお休み★そんなこと言わんと、温もらしとくなはれ!●お入
り、入って溺れなはれ……、今度からお婆ん入れんとこ。

●男湯、並んで体洗ろてるなぁ。こぉして見てると男のケツも色々やねぇ、
大きぃのんやら小さいのんやら、毛深いねぇあれは。あれ風呂屋やからえぇ
で、山ん中やったら鉄砲で撃たれるで。言ぅたらないかんで、もっと手入れ
せぇオールバックにするとか、七三に分けるとか……、今度から男入れんと
こ。

●しかしそのうち女湯にドヤドヤッと入って来て、別嬪さんに見初められん
とも限らんねぇ。どんな女ごがえぇかいなぁ、人の嫁はん、後家はん具合が
悪いなぁ……、そや、芸者はんなんかえぇねぇ、ちょっと風呂屋へ来るんで
も粋な浴衣着て、桶を小脇に抱えて、上等の下駄をカラコロ・カラコロ鳴ら
しながら、後ろから女中さんが姐さんの履き古しの下駄をガッタラピッシャ
ラ・ガッタラピッシャラ(ガラガラッ……)

●「二人お願いします」ス〜ッと行きかける。何や見慣れん顔やなぁ、フッ
と振り返るとわたしの姿「まぁ、お清や、今度来はった番頭さん、なかなか
男前やないか。けどちょっと顔に険があるなぁ」てなこと言われんよぉにベ
ンチャラしとこ。

●えぇ〜、新参もんの番頭でございます。お近付きのしるしに石鹸おひとつ
どぉぞ「まぁ、えらいすんまへん。番頭さん、よかったら休みの日に遊びに
来てくださいね」てなこと言われてやで、休みの日に偶然通りかかったよぉ
にその家の前へ行くと、女衆(おなご)っさんが表へ水か何ぞ撒いてる。わた
しの姿をフッと見付けると。

●「あらま、お風呂屋の番頭さんやございまへんか、ちょっと待っとくなは
れ……。姐さん、お風呂屋の番頭さんがお越しになりましたで」この声聞ぃ
て女ご、普段からわたしのことを恋焦がれてるもんやさかい、奥の間から泳
ぐよぉに出て来よる。

●「まぁ、お風呂屋の番頭さんやございませんか、今日はお休みで?」へぇ、
釜が壊れて早じまい……、こら具合悪いなぁ。ちょっと両親の墓参りをいた
しておりました「まぁご苦労さんでございました。さ、どぉぞ上がっとぉく
なはれ」いえ、おうち覚えましたんで、また今度「そんなこと言わんと、まぁ
上がっとぉくなはれ」また後して伺います「そんなこと言わんと、お上がり
お上がり、お上がりを〜」……

★何言ぅてまんねん? あの番台。ケッタイなやつが上がってまっせ、最前
から「お上がり、お上がり」自分で自分の手ぇ引っ張って言ぅてまっせ、オ
モロイからちょっと見てまひょか。

●無理やり奥の間へ通される、しばらくすると酒・肴のお膳が運ばれて来る
「兄さんおひとつどぉぞ」と言われてむつかしぃのはここやねぇ。待ってま
したとばかりグイ〜ッと呑むと「まぁ、こんな大酒呑みは嫌!」ズド〜ンと
肘鉄喰らうか分からんし、わたくしはいたって不調法でございます。と言ぅ
と「まぁ、こんな無粋な人嫌!」とくるかも分かれへん……、もらい方がむ
つかしぃで。

●とりあえずこの一杯、口を湿して何やかやと世間話しをしてるうちに、女
ごがフッと気付くっちゅうやっちゃねぇ「お兄さん、最前から拝見しとりま
すと、お盃がちょっとも進んでおりませんが、わたしのよぉなお婆ちゃんの
お酌ではお嫌?」そんなことはございません、ちょ〜だいいたします。グ〜ッ
と呑み干して盃洗の水ですすいでご返杯。

●向こぉもグ〜ッと呑み干して盃洗の水ですすいでご返杯。ご返杯、ご返杯、
ご返杯……、とやってるうちに、女ごは酔いが回って目の下ほんのり桜色、
鬢(びん)のほつれをかき上げながら……「お兄さん、今のお盃、盃洗の水で
すすがなんだん、ご存じ?」っと、こっちを見る目の色っぽさ。つ、つ、辛
いなぁ〜、辛いッ!

★えらい番台、辛がってまっせ……。竹やんたけやん、こっち来て見んかい
なオモロイもんやってんねんがな。

●あんまり長居をしてもいけません、ぼちぼち失礼をいたします。と言ぅと、
女ごは帰って欲しないもんやさかい、何やかやと足止めを考えよる。こっち
からも助け舟を出したろか、何がえぇかいなぁ……、そや雨に降ってもらい
ましょ。雨がポ〜ツポ〜ツ、ポ〜ツポ〜ツ。

●「お兄さん、雨が降ってきましたわ。これがホンマの遣(や)らずの雨やと
思いまっさかい、もぉしばらく呑んでいきなはれ」てなこと言ぅてるうちに
雨が次第しだいにひどなって、バケツをひっくり返したよぉにザァ〜ッ!

★番台で雨降らしてまっせ、あの男……。松っちゃんどしたんや? 顔じゅ
〜血だらけで◆あの男見とったらな、石鹸と間違ごぉて軽石で顔こすった。

●そのうちに雷にも鳴ってもらいましょ、天のほぉへポ〜ンと祝儀をはずん
で。最初は子どもの雷、可愛ぃもんやねぇ、コンコロコンコロ、コンコロコ
ンコロ。続いてお父さんの雷がゴロゴロガラガラ、ゴロゴロガラガラ、お母
さん色っぽぉ、あコォロコロ、あコォロコロ……。ゴロゴロガラガラ、ゴロ
ゴロガラガラ、ガラガラガラガラ〜ッ!

★今度は雷鳴らしてまっせ、あの男……。おかしぃんとちゃいまっか。

●そのうちに雷に落ちてもらいましょ。あんまり近所に落ちると、こっちが
フ〜ッと気を失ぉてしまうから、ちょっと離れたとこへ落ちてもらいましょ。
雷も落ちるとなると、今までのゴロゴロからカリッと音が変わる。カリッ、
カリッ、カリカリカリッ、ビシィ〜ッ!

★番台から落ちよった、お〜い大丈夫かぁ●カリッ、カリッ……★おッ、上
がって行きよるあの男、しっかりせぇよッ●女ごはフ〜ッと気を失ぉてしま
う。そこで番頭が女ごを抱き起こし、盃洗の水を口に含んで口から口へと口
移し。

●姐さん、姐さん。お気が付かれましたか?「今の水の美味しかったこと」
何? 今の水が旨いとは、そんなら今のは空癪(そらじゃく)か?「雷様は恐
わけれど、わたしにとっては結ぶの神。嬉ゅ〜ござんす番頭さん……」

●ふぇ〜ッ!


【さげ】
★また落ちよった。


【プロパティ】
 扱(こ)く=こすり落とす。しごく。
 けったくそ悪い=卦体糞悪い:不愉快な。いまいましい。癪にさわる。卦
   体は気持ち、気色などの意。糞は増幅、悪態。
 あんじょ〜=うまい具合に。味よく→アジヨォ→アンジョ〜。
 名代=評判が高いこと。名高いこと。また、そのさま。 
 えらい人=偉い人ではなく、ひどくホニャララな人の意。
 美人局(つつもたせ)=夫婦または内縁の男女が共謀して、女が他の男と密
   通し、それを言いがかりとしてその男から金銭などをゆすり取ること。
   なれあい間男。もと博徒の語「筒持たせ」からきたものという。「美
   人局」の字は、中国の「武林旧事」游手にあるのを当てたもの。
 険のある顔=顔つき・目つき・物言いなどに表れるきつい感じ。また、と
   げとげしさのあるさま。
 石鹸=日本に初めて石鹸が入ってきたのは16世紀、種子島への鉄砲伝来と
   同じころ。国産の石鹸が初めて売り出されたのは1873(明治6)年。庶
   民が洗顔や入浴、洗濯などに石鹸を使うようになるのは明治の後半ご
   ろ。
 女衆(おなごし)=下女・はしため。雇われた順あるいは年齢順に、松竹梅
   からとってお松どん、お竹どん、お梅どんと呼んだ。長じるとお松っ
   つぁん、お竹はん、お梅はんとなる。決して呼び捨てにはしなかった。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 遣(や)らずの雨=訪客の帰るのを引き止めるかのように降り出した雨。
 空癪(そらじゃく)=癪の起こったふりをすること。
 音源:林家染二 2002/12/08 上方演芸ホール(NHK)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=林家染二 sub=*  ●main高座記録日:2002/12/08  ●音  源  名:上方演芸ホール(NHK)  ●ファイル公開日:2003/04/20  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2011/09/18  ●リクエスト数:rakug314  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次