【上方落語メモ第7集】その313

棟 梁 の 遊 び


【主な登場人物】
 辰っつぁんほか大工職人七、八人  女郎屋のスタッフ

【事の成り行き】
 大名遊び、根が庶民ですから本来の高尚な大名の遊びのようなことはした
くてもできません。しかし、自称お大名のような時間単価の高い遊び、遠距
離日帰り旅行、なんてのはやったことがあります。

 仕事で日帰り出張というのは自前と違いますので枠外にして、鉄道利用な
ら門司・下関:関門海峡日帰り、金沢・内灘砂丘日帰り。車利用で紀伊半島
半周、鳥取・島根・岡山:大山登山ドライブなど、精一杯頑張ってこの程度
です。地べたから離れられないのが何ともわびしい。

 逆にアンチ大名遊びとも言うべき旅行は「JR大都市近郊区間遠回り一筆
書き乗車」これはどんなものか具体例をあげると、鶴橋から玉造まで1区間
120円の切符を買って、鶴橋→天王寺→王寺→高田→桜井→奈良→京都→
大阪→玉造と1日かけて旅行してしまうという、何ともばかばかしい旅行で
す。

 詳しく調べる気力ありませんけど、現在では「大阪近郊区間」のエリアが
かなり拡大してるそうなので、時間と距離だけ大名遊びも限り無く白塗り大
殿様になっていることでしょう(2003/04/06)。

             * * * * *

 前方(まえかた)のお噂でございます。我々同様てな連中が七、八人も集ま
りますと……

■おいおい、こんなこと滅多にないこっちゃ。こない早よぉに仕事しもぉて
やで、体が空いてるてなことは滅多にないねん、どないや? こないしてみ
な顔が揃ろたんねん、久し振りにワァ〜ッと繰り込もか?

●何や?■いや、こないしてな、我々明(あか)の宵から体が空いてるちゅう
ことは滅多にないねん、ほで、今日こないして顔が揃ろたさかいな、久し振
りに皆でヴァ〜ッとこぉ繰り込もかっちゅうねや。

●はぁ……、どこへ繰り込むねん?■「どこへ繰り込む」てお前、まさか風
呂屋へ行くわけやあれへんやないか。我々若いもんが集まってんさかい「行
こか」ちゅうたらたいてぇ分かってるやろ?

●あぁ分かってるわかってる、ほなつまりあの松島へでも行こかちゅうのん
か?■そぉそぉそぉ、久し振りに松島へヴァ〜ッと行こと思うねやが、どな
いや?●わッ、俺この前からそれ思てたんや「いっぺん久し振りに皆で揃ろ
て、ウワァ〜ッと松島へ行きたいなぁ」言ぅててんけど、松島へ行て何すん
ねんな?

■どつくでこのガキわ……「何すんねんな」て、たいてぇ分かってるやない
かい、松島へお前まさか……、せやろ、ほかのことしに行くわけないやない
か。松島ちゅうたらたいてぇ決まったぁるやろ●そらせやけどな、それやっ
たらわい、いっぺんうち帰って嬶(かか)と相談してくるわ。

■どつくで、このガキわ。どこぞに姫買いに行くのに嫁はんと相談するやつ
があるかいアホンダラ。今も言ぅとぉりや、こないしてやで、偶然にも皆顔
を揃えたさかい、これをきっかけに皆でワァ〜ッと揃ろぉて繰り込もっちゅ
うねや。お前が嫁はんに相談すんねやったら、もぉ頭(ドたま)から止めとき。

●そんな薄情なこと言ぃないな「ドたまから止めとけ」て、ほなら俺だけ止
めといて、今晩お前らがやで、皆ワァ〜ッと行くわねぇ、ほなお前どっちみ
ち明日会ぉたら「夕べこないやった、あないやった」いぅて、聞くのは俺ひ
とりやで。ちょっと俺の身にもなったれや、そんな根性の悪いこと言わんと
やで、俺、連れて行って……

■泣いてるで、この男。そないたいそぉに言ぅほどのこっちゃあれへんやな
いかい、せやから「嬶に相談する」てなこと言わんと、黙って行たらえぇが
な●そらな、嬶に相談せんかて行けんことはないけど……、ほんで何か、誰
のおごりや?■何?●今晩は誰のおごりや?

■どつくでこのガキわ、この顔ぶれ見たら分かるやろ。松島へこれだけの人
数で繰り込んでやで、払いを誰がおごんねん、この中で? 今日は皆、割前
で行くねや割前で●ほな自前か?■当り前やないか。あのなぁ、姫買いてな
もん自前でせなオモロないがな●ほなちょっと尋んねるけどな、自前やった
ら一人前何ぼ付くねん?

■まぁそやなぁ……、せんど値切ったところで、ワァ〜ッと騒いでやで、オ
モロぉ〜に遊んで、ひと晩泊まろと思たら、ひとり前やっぱし……、これぐ
らいはかかると思うなぁ●これだけかかるか、これだけ……、これだけちゅ
うたら何ぼや?■「何ぼや」て、たいてぇ分かってるやろ、相場分からんの
かこんなもんの。松島の悪ぅ〜いとこで遊んでひとり前五円や●ご、五円、
五円……。やっぱり俺、うち帰って嬶と相談するわ。

■何でや?●とてもやないけど、わい五円てな銭無いで。ともかくなぁ俺な、
月に三円小遣いもろてるだけやねん。一日に勘定してみぃなせやろ、一日十
銭しかないねんで、それひと晩に五円も使こてみぃ嬶にどない言ぅて叱られ
るや分かれへん■あのなぁ、その子どもみたいなこと言ぃな。一人前の男が
遊びに行こっちゅうねん、ひとり前五円ぐらいの金、何のこってもないやな
いか。遊ぼっちゅう気持ちがあんねんやったら。

■ともかくなぁ、今言ぅたとぉりや、ひとり前五円ずつ出してもらおか◆お
い何かい、その五円ちゅうのは粗(あら)いもんでも細かいもんでも、どっち
でもえぇか?■何?◆粗いもんがえぇか細かいもんがえぇかちゅうことを先
尋んねてんねや■何かい、銭「粗いもんがえぇか細かいもんがえぇか」っちゅ
うのんか? そら、どっちでもかめへんがな。

◆それ、どっちかに決めてもらえんか?■何でや?◆いやいや、お前が「粗
いもんが欲しぃ」ちゅうたら「ひょ〜しの悪い今日は粗いもんの持ち合わせ
が無い」ちゅおと思てんねん。ほんで「細かいもんでもえぇ」ちゅたら「細
かいのんは無い」と言おと思てんけどな……「どっちでもえぇ」てなこと言
われたら「なんにも無い」

■よぉそんなアホなこと言ぅわ、それやったらまるっきりあれへんねやない
か。おい、そっちちょっと五円出してもらおか▲えぇ?■五円あるか?▲お
い、今お前、何言ぅたんや? 心安いは常のこっちゃで、お互いに友達同士
やわい。お互いに友達同士やさかい、そら間(あいだ)はえぇわい、あいだは
何言われよぉとおら腹は立たんで。今お前の言ぅたことは気に障ったなぁ。

■えらい怒ってるけど、何ぞ俺の言ぅたことに悪いとこあんねやったら、遠
慮せんと言ぅてぇな。どこが気に入らんねん?▲「どこが気に入らん」て、
せやないかい、お前「五円あるか?」ちゅうたやろ「あるか?」ちゅうたや
ろ「か?」ちゅうたやろ。なんかしてけつかんねんアホンダラ、人にもの尋
んねんのに「か?」てなこと付けなアホ。

■こらすまなんだ、こらえらい悪かった。いやいや、そらお前の怒んのんが
当たり前や、俺がちょっと言ぃぞこのぉた、すまなんだ。俺が悪かった謝る
あやまるわ、ほなもっぺん言ぃ直すさかいな。ほな五円、お前出してくれる
か?▲その「かぁ」が気に入らんっちゅうねん「あるか」とか「出してくれ
るか」ちゅうのはな、ひと疑う言葉やで。どない思てけつかんねん! 五円
出せるぐらいやったら、おらぁ何も苦労するかいアンダラ。

■無いのんかいな、無いねんやったら怒らんでもえぇがな、ビックリしたが
な。いやいや、もぉ無いねんやったら「無い」ちゅうたらえぇがな▲皆、無
い■何?▲皆、無い■「皆、無い」て、お前だけ無いねやろ▲いや、俺が無
かったらほかのやつも無い■ホンマに皆無いのんか? ほなどもしゃない、
ほな今晩これで別れて皆うち帰って寝よ。

●そんなこと言ぃないな、今さらそんなこと言ぃなや、せっかく皆でウァ〜ッ
と繰り込むちゅうといてやで、銭が無いさかい止めるてなこと言わんとやで、
何とかして行こぉや■「何とかして行こ」ちゅうたって、さっきも言ぅとぉ
りや、親方がいてんねやったらえぇけどやで親方いてへんねや、せやろがな、
我々で行こちゅうて、皆銭が無かったら行かれへんがな。

●そこを何とか工夫したら、どないなとして遊べるやろ■ほなら尋んねるけ
ど、誰ぞえぇ工夫あるか?◆おい、こぉいぅことは俺に任してや■芳っさん
あんた何ぞえぇこと思い付きなはった?◆任しときまかしとき、これからみ
なでウァ〜ッと松島行くやろ、松島行てな、ウァ〜ッと呑むだけのんで、ほ
んで食ぅだけくぅて騒ぐだけさわいでな、誰ぞこの中で……、喜ぃ公お前一
番えぇわ、お前がやな「ケラケラッ」と笑うねん、なッ。

●ちょ、ちょっと待って、ちょっと待て。何かいな、俺名指しにしてケラケ
ラッと笑うだけで、それで済むのんか?◆いやいや、お前がケラケラッと笑
うやろ、ほなまぁ相方の女ごが「どないしはってんやろなぁ?」と思て心配
そぉにお前の顔ジ〜ッと見つめるやろ。ほなお前、今度はニヤニヤ・ニヤニ
ヤ笑いながらな、その女ごのそばへソ〜ッと寄って行くねん。

◆ほんならその女ごが気味が悪いさかい後ろへ下がりよるやろ、嫌がってる
やつをお前がヴァ〜ッと捕まえるやろ、捕まえるのんと同時に我々がワァ〜ッ
と横手から行てやで、皆で寄ってたかってお前担ぎ出してやで、病院行くよぉ
な顔して逃げよやないか。

●せっかくやけど、わい堪忍してぇな◆これアカンか?■アクかいな、アホ
なこと言ぃないな。もっとほかに何ぞえぇ工夫はないのんか?▲おい、それ
やったら俺に任し■何かいな辰っつぁん、あんたに任して大丈夫か?▲あぁ
わしに任しとき、その代わり言ぅとくで、今日はやな、一日俺が棟梁ちゅう
ことにしてくれ。

■何でや?▲「何で」て、今日はやな、俺のこと皆で寄ってたかって「棟梁、
とぉりょ〜」ちゅうねんで、おらお前らのことボロッ糞に言ぅで■あぁなる
ほど、つまり辰っつぁんをば棟梁に仕立てて行くわけやな、せやさかい我々
「棟梁、とぉりょ〜」言ぅてたら銭が要らんわけやな。

▲そぉそぉ、銭は一銭も要れへん。その代わり言ぅとくで、あぁいぅとこ行
たらな、せんど呑むだけのんで食ぅだけくぅて、ほんで騒ぐだけさわいで、
大人しぃ寝ぇや。ほんで明くる朝、勘定になったら「棟梁のとこ行こ」ちゅ
うて誰ぞこの中で一番弁の立つもん、おい竹やんお前一番口が達者やさかい
な「勘定は棟梁に払ろてもらお」ちゅうて、そこの店のオバハンなと女将さ
んなと誰でもえぇ連れて俺の部屋へ来い。

▲で「棟梁お愛想(あいそ)です」ちゅうたら「おい竹ッ、われ財布預けとい
たんどないした?」こぉ言ぅわ。なッ……■ちょ、ちょっと待ってや、そら
な、お前がやれっちゅうねんやったらやらんことないけど、お前の財布、今
ここで預けてくれんのんか?▲そんな財布があんねやったら、おら心配せぇ
へんわい。何かしてけつかんねん、無いねんけど俺の財布をお前に預けたよぉ
にしたぁんねんさかい。

▲なッ「俺の預けた財布から払ろとけ」と、こぉ言ぅたら、お前そこで初め
て気の付いたよぉな顔して「あぁえらいことしました、うち忘れてきました」
ほな俺が怒るさかい「何さらしてけつかんねん、何でうち忘れんねん。出し
なにあれほど言ぅたやろ。あの銭のぎょ〜さん入ったぁるほぉの銭入れを持っ
て行けよ、ちゅうたら『棟梁、わたしに任しときなはれ』ちゅうさかい、わ
れ信用して預けたんやないかい。何でうち忘れてきてん?」ちゅうたら、

▲「忘れたんやおまへんねん、実は姐さんが『うちの人のこっちゃさかい、
わずか十万や二十万の金は今晩一晩で使いはるさかい、これうちへ置いとけ』
ちゅうて、姐さんに預けてきました」と、こぉ言ぅねん。ほな俺がそこでや
な「何ちゅうことさらすねん勝手に」ちゅうなり、お前を一つバ〜ンとどつ
くさかい……

■ひ、一つだけやろなぁ▲そぉや、一つぐらい辛抱せぇ。その代わりオモロぉ
遊べんねやさかい。バ〜ンと一つどつくさかい、われは「えらいすんまへん
でした。ほならわたしこれからすぐに走って行って取ってきまっさ」ちゅう
たら、今度もぉ二つほどバンバ〜ンとどつくさかい……

▲「今から取りに行ってどぉすんねんアホンダラ、何かしてけつかんねん。
これから皆仕事に行かんならんのに遅れてしまうやないか。せやさかいここ
の払いは誰ぞに付いて来てもろて、仕事先で払ろたらえぇやないかい」と、
こぉ言ぅたら、

▲「ほなそないしまひょか」ちゅうて、向こぉのやつ誰なとひとり連れて出
てあとは俺に任しといたらうまいことさばいたるさかい■それ、うまいこと
いくやろか?▲任しとけ、俺がちゃ〜んとやったるさかい。その代わり言ぅ
とくで、今言ぅたとぉ〜り、棟梁の俺が懐に十万程の金を持ってるよぉな顔
せなあかんで。

■え? どないせぇて?▲つまり「棟梁の俺が、十万程の金を使いに行てる
よぉな顔して歩かなあかんで」っちゅうねん■俺まだ、そんな顔いっぺんも
したことないしなぁ、第一(だいち)十万てな金見たこともないねんけど……
▲俺かて見たことないわい、そら見たことはないけど、つまり懐にぎょ〜さ
ん銭持ってるよぉな顔して行くねや。

▲なッ、ほんで小店(こみせ)はあかんで、なるべく大店(おぉみせ)で遊ぶね
んで■せやけど我々こんな汚い風してんのに、大店で呼んでくれるやろか?
▲そこはお前らがやで、口先でうまいこと言ぅたらえぇねや「今日は棟梁の
お供して、こないして遊びに来てんけど、棟梁にばっかり銭使わしたらいか
ん、我々がいつも行く小店、馴染みの店行て遊ぼ」てなこと言ぅて、

▲ほな俺が大きな声で「何かしてけつかんねん、今日は勘定は俺に任しとい
たらえぇねん。心配せんでもえぇ、なるべく大きな店探せ」と、こぉ言ぅさ
かい。ほなら、向こぉらの女ご連中は欲の深いやつばっかしや、自分とこの
家(うち)泊まって欲しぃもんやさかい、すぐに引っ張り込みよる。

▲それ、すぐに入ったらあかんで。いっぺん嫌がんねんで「ほかに行かんな
らん馴染みの店があんねん」とこぉ言ぅねん。それでも無理やりに引っ張り
よったらお互いに、そこの店へ入らんよぉな顔して、ほんでスッとうまいこ
と入んねんぞ。

■ほな、やっぱり入んねんやないか▲当り前やないか、ほかに馴染みの店て
なあれへんやないか。今言ぅたとぉりや大きなこと言ぅねんで、分かったな
■よっしゃ、ほな今日は辰っつぁんに任そ。その代わり辰っつぁんに「棟梁、
とぉりょ〜」言わなあかんで▲今日は俺に「棟梁、とぉりょ〜」とさえ言ぅ
てたら、お前らに銭は一銭も使わせへんさかい安心せぇ。そぉと話が決まっ
たらボチボチ行こか。

             * * * * *

 悪いやつが七、八人集まりまして、松島へやってまいりますと……

▲おい、何をしとんねん? 俺の言ぅたこと分からんのか?■辰っつぁん、
何怒ってんねん?▲こら、誰に「辰っつぁん」ぬかしとんねん、ここへ来た
ら俺は棟梁やで、今日は俺のこと「棟梁、とぉりょ〜」言わなあかんで■あ、
せやせや忘れてた。ほな辰っつぁんの棟梁▲ややこしぃ言ぅな、棟梁だけで
えぇねや、さっきから俺が言ぅてるやろ、ここらへ来たらボチボチ大きな声
で何なと言わなんだらあけへんやないか。

■あぁ、なんぞ言わなあかんねんなぁ、ほなボチボチ始めよか……。なぁお
い、今日は棟梁が連れたる言ぅてくれたはんねんけどな、いつも棟梁にばっ
かし銭使わしたら気の毒な、どないや、いつもわいらが行く馴染みの店へ行
たらどないや?

▲おい、そんなこと気ぃ遣うことあるかい。今日は俺が付いてんねん、懐に
ドッサリ金持ってるさかいな、今日は俺の行くとこ行くさかい。しかし俺の
馴染みのとこ行ったらわれら気兼ねで遊ばれへんやろ、せやから今日はどこ
でもえぇわ、なるべく大きな店探せ。

■ほな、なるべく大きな店の前でもぉいっぺん言ぃ直そか▲そんな余計なこ
と言ぃな、しょ〜むないこと言わんでえぇねや。

●ちょっと、大勢さん寄っていきなはれ■いやいや、俺ら馴染みのとこがあ
んねん●そんなこと言わんと寄っていきなはれ■いや、ホンマにお前とこで
遊びたいねんけどな、棟梁の馴染みのとこ行くさかい▲今も言ぅてるやない
かい、俺の馴染みのとこやったらお前らも遊びにくいやろさかい、どこでも
えぇやないかい。

■そらいきまへんわ、そらあんた、棟梁やっぱり馴染みがあるんやさかい、
棟梁の行きはるとこ行きまひょや。な棟梁そないしまひょ▲こんな悪いガキ
ないなぁ、俺を困らしてけつかる。俺にそんなえぇ馴染みの店があるわけが
ないやないか、向こぉがあない言ぅとんねやさかい、ここらで「ほなここに
しょ〜」言わんかい。

■ほな、ここにしょ〜か、ここにしょ〜▲皆入れ、入れ■うわッ、スックリ
いた▲誰やしょ〜もないこと言ぅのん、黙って入れまだこれからやないか。
とにかくみなズ〜ッと揃えたってくれ女ご。でな、今日はうんと騒ぎたいさ
かいな、酒ドンドン持って来て、料理何でもえぇさかい、お前らの好きなも
んとって食べや。

■さよか、ほんなら皆でバァ〜ッと騒ごさわご。

 さぁ悪いやつで、呑みよった食いよった。せんど呑み倒して、グテグテに
酔ぉてしまいよって「さぁ寝よか」ちゅうてゴロッとなって寝ましたが、明
くる日の朝になりましたら……

             * * * * *

★あの、お早よぉさんで◆ふゎ〜ッ、あぁ眠た。だ、誰や?★あのぉ、すん
まへん、ご勘定どなたはんにお願いしたらよろしおまっしゃろ?◆あぁちょっ
と待ち、ちょっと……、勘定やて。おい竹やんいよいよお前の出番や■え?
◆勘定や言ぅたはんで■勘定て、俺、銭無いで◆違うがな、辰っつぁんに言
われてるやろがな、棟梁のとこ連れて行かなあけへんがな。

■せやせや、それ忘れてた。姐さん心配せんでもえぇ、棟梁がちゃんとして
くれはるさかい、棟梁のとこ俺と一緒に行てんか★まぁさよか、えらいすん
まへん。ほなそないさしてもらいまっさ。

             * * * * *

■棟梁、お早よぉさんで……、棟梁、お早よぉさんで▲うぅ〜ッ、早よぉか
ら大きな声出しやがって、人がえぇ具合に寝てんのに……、おぉ誰やと思た
ら、われ、竹やないかい。早よぉから起こして何や?■いえ、なんでんねん
棟梁、勘定や言ぅとりまんねん。

▲勘定? そぉか……、勘定? アホ、勘定やったらきのうわれにちゃんと
財布預けたぁるやないか。そん中からしといたらえぇやないか■へぇ、あの
財布ねぇ、忘れてきたんだ▲何?■いえね、財布を忘れてきたんだ▲俺の財
布をわれに預けたやろ、われ持ってるはずやないか■それをうちに忘れてき
た▲忘れた? ドアホッ(ボコッ!)

■い、痛ッ。そぉら一つきたで……、いえあの、その、ホンマ言ぅたら忘れ
たんやおまへんねんヘェ、姐さんがね「うちの人のこっちゃさかい、有るだ
けの銭使こてしまいはるさかい、置いときなはれ」ちゅうて、姐貴が取り上
げはったさかい、うち置いてきたんで。

▲何をさらすねんダァホ、せやさかいわれに持たしたぁんねんやないかアホ
ンダラ、気ぃつけさらせッ(ボコッ!)■こんなとこで、も一つくるとは思
わなんだなぁ……、え、えらいすんまへん。何でしたらすぐに走って帰って
取ってきます。

▲何をぬかしてけつかんねん、何を。今から取りに帰ってどないすんねや、
これから皆仕事に行かんならんねやないかい。仕事に行くのんお前、間に合
わんよぉになるやないかい。どもしゃ〜ない、仕事先行て払うさかい、そな
い言ぅとけ。

■姐さん、聞きはったとぉり、わたい棟梁の財布預かってたんだ。ほなうち
の姐貴に取り上げられましたんでね、これから取りに帰ってたんでは仕事に
間に合いまへんさかい、これから仕事先行て棟梁が払うっちゅうたはりまっ
さかい、すんまへんけど一緒に行てもらえまっしゃろか?

★何をおっしゃんのん、へぇ喜んでお供さしてもらいまっさ■そらそぉと姐
さん勘定は何ぼや?★勘定でおますか、ここにちゃんと書いておますねん、
いっぺんどぉぞ調べとぉくれやす■おおきはばかりさん、なるほど全部で何
ぼや? えぇ〜ッ? ほぉ〜、七十三円五十一銭、何やこれ? こらまぁ安
いやないかい。わずかこんだけかい?

★へぇ、それだけでおますねん。高こついたよぉに思いまんねんけど、皆さ
ん方がドンドン・ドンドンお上がりになりましたんで■あぁそぉか、いやい
や別に明細見んでもえぇねんけどな。なるほどよぉ呑みよったなぁ、酒が百
六十三本か、よぉ呑んでけつかるで。

■なるほど、酒は百六十三本ほど呑んだか知らんけど、一人頭二十本や。俺
だけでもやっぱし三十本呑んでるさかいなぁ、酒は分かんねやが、このビー
ルがちょっと数が多いよぉに思うねがなぁ?

★それ、わけ言わな分かりまへんねん。どこやらへ持って行かんならんさか
いちゅうてね、別に2ダースほど括っといてくれ言ぃはったんで、括ってお
渡ししましてん■誰や、そんなことさらしたん。どこへ持って行きさらすね
ん◆ちょっと不義理してるとこあんのでね、そこへ持って行こ思て……

■そんな無茶するなアホンダラ。まぁえぇわい、ビールの2ダースは分かっ
たが、ここに中折帽ちゅうのが書いたんなぁ、ここ女郎屋やで、女郎屋で中
折帽一つ七円八十銭と書いたぁるが、これ何や?◆それ、わけ言わな分から
んねや。わいこの前から、そら常盤橋の詰めに、そぉ電車道の角っこに帽子
屋があったやろ。向こぉに出たぁった帽子が欲しぃてしゃ〜なかったんや。

◆ほんでさっきな、別に悪気があって言ぅたわけやないねんけど、ここの仲
居さんに聞ぃたら「向こぉの帽子屋はんやったら、心安おますさかい」と、
こない言ぅさかいな「ほな、すまんけど、付けでもろてきてんか」いぅてね
「勘定の中入れといてくれたらえぇわ」っちゅうたら、持ってきてくれよっ
てん……、この帽子や。

■こんなケッタイなやつないなぁ、姫買いに来やがって帽子まで……、それ
からこの、タバコちゅうのがあるが、このタバコ五十ちゅうのはどぉいぅわ
けや? タバコ言ぅたん誰や?★タバコ、こっちのこのお方でんねん■喜ぃ
公、お前タバコ吸わなんだんと違うのか?

●わい、煙草は子どもの時分から吸ぅたことない■「子どもの時分から」当
り前やないか今でもタバコ吸えへんのん、五十もタバコどないしてん?●実
はうちのお父っつぁんがタバコ好きやさかいな、土産に■よぉそんなアホな
こと言ぅで、姫買いに来て土産にタバコ買ぉて帰るやつあるかい……

■どもしゃ〜ない、姐さんこないしょ、七十何円てな端ぁやめといてな、来
たら百円札渡すさかい、それで辛抱しといてんか●まぁ〜ッさよか、よぉ気
の付く棟梁。ほなそないさしてもらいまっさかい■ほな、すまんけど、一緒
に来てんか。えらい忙しぃのに引っ張り出してすまなんだなぁ。

             * * * * *

▲こないして松島でひと晩ワァ〜ッと騒いで、こんなオモロイことはなかっ
たなぁ◆わいも今まで随分姫買いしたけど、こんな豪勢な遊びしたん初めて
や。ホンマに夕べはうんと働いた▲そんなおかしなものの言ぃ方すな「働い
た」て何をしたんや?◆「何をした」て、あっちから物とり、こっちから物
とってな、そらぎょ〜さん食ぅたで。善哉(ぜんざい)なんか付いてなかった
やろ? おらぜんざい十杯食ぅたで。

▲ぜんざい食ぅたりしぃなや……。おッ、安治川や。ちょ〜どえぇ便所があっ
たはずや、皆で連れションせぇへんか?◆こらえぇ、俺いっぺんやりたいなぁ
思てたんや、皆で連れションすんのん。遊びの帰りにダ〜ッと並んでお互い
にションベンしながら見ぃ合い▲アホなこと言ぅてんのやあらへん、誰がそ
んなことすんねん。ともかくションベンしょ〜や。

★おい、せっかくやけど、わいさっきした▲何?★もぉさっきした▲「さっ
きした」て、ここでもぉいっぺんしたらえぇがな★「したらえぇ」て、今し
たとこやさかい出ぇへんで▲それを無理とに絞り出したらえぇねや★何でそ
んなこと?▲何でもえぇねん、俺に任しといたらえぇねん。

▲姐さん●何でんのん?▲これから我々、ここで連れションいぅやつやろ思
てるねん、こらシャレたもんやで。姫買いの帰りしなに連れションすんねん、
姐さんも一緒にやろや●そら、してもよろしおますけどな、わたい女ごのこっ
てっせ、皆さんと一緒に並んででけしまへん。

▲分かったぁるがな、何も一緒に並んでしょ〜っちゅうんやあらへん。我々
ズ〜ッと並んでしてるとき、おまはん女便所へ入ったらえぇねん。その代わ
り済んだ時分に「済んだで」っちゅうたら、おまはんも出て来たらえぇわけ
や。

●んまぁ〜さよか、ほなわたいもそないさしてもらお、さっきからしたいと
こでしてん▲ちょ〜どえぇわ、ほならお前先入り。言ぅとくけどな、こいつ
ら悪いやつばっかしや、姐さん戸ぉちゃんと閉めとかんと覗きよったらいか
んさかいな。戸ぉ閉めとき、分かったぁんな(バタンッ!)

▲おい、その金槌かせ、金槌■何や?▲何でもえぇさかい、金槌かせっちゅ
うねん。ほんでこの釘をその戸ぉにバンバァ〜ンと打ち込んでしまえ■あッ
なるほど、ほないこか▲よっしゃ!

 (パンパ〜ン)と、悪いやつがあったもんで便所の戸ぉへ釘打ち付けてし
まいよって「それ逃げぇ〜ッ!」ピュ〜ッと逃げてしまいよった。

             * * * * *

▲どぉや、うまいこといったやろ?■なるほど、これやったらうまいことい
くはずや……、今晩も行こ▲よぉそんなアホなこと言ぅてるわ、そんなもん
毎晩できるかい■しかし、うまいことやるやないか▲当り前やないか、昔か
らえぇことが言ぅたぁる■何がいな?


【さげ】
▲大工は棟梁、仕上げをご覧(ろぉ)じ。


【プロパティ】
 松島(まつしま)新地=大阪市西区本田(ほんでん)。1867(慶応4)年、川口
   居留地(外国人居住地)が開設され、その繁栄策として1870(明治3)年
   暮れに遊郭を設置。目的は大阪市中に散在していた非公認の郭を集中
   させることにあった。
 アホンダラ=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 ドタマ=頭にドを付けて、罵言に用いる。『東海道中膝栗毛』に「ヤイ細
   事(こまごと)ぬかすない。どたまに(煮)やしてこまそかい」
 せんど=長らく。長時間。また、何度も。何べんも。十分。たっぷり。千
   途であろうか?『大言海』には「千度」とある。
 なんかしてけつかんねん=何をぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言
   う」ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。
   ネンは助詞「〜のだ」標準語では「何をおっしゃっているのでしょう」
 ボロクソ=朝飯前・へっちゃら・屁の河童・お茶の子サイサイ。また、ク
   ソミソの意にも用いる。ボロカス。
 〜しな=折・場合・途中。何々に際してという意の接尾語。
 しょ〜むない=しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛
   化。
 料理をとる=料理を注文する。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 中折れ帽子=男子用帽子のひとつ。フェルト製で頂の中央をくぼませてか
   ぶる。中折れ帽。中折れ。ソフト。
 常盤橋=尻無(しりなし)川(現在埋め立てられて「みなと通」になってい
   る)茨住吉神社北東、松島公園南西角付近に掛かっていた橋。花園橋
   の北、梅本橋の南。
 電車道=大阪市電東西線の通る道。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 善哉(ぜんざい)=仏が弟子のことばに賛成し誉める言葉「よきかな、よき
  かな」また、大阪では小豆の粒の入った汁粉に餅を入れたものをいう。
 参考:この噺、江戸から移入されたものと思われます。江戸流のさげでは
   姐さんに代わって付き馬(男衆)が一列に並んで連れションをしている
   ところを、後ろから突き飛ばして溝へ落とし逃げ去ることになってい
   ます。それでお題は「突き落とし」。いつ頃、誰が移入されたものか
   は不詳です(Sさん談)
 音源:笑福亭松鶴
    1973/03/31/角座・春の上方落語の会 なみはや亭(ABC)
 特別謝恩:Iさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭松鶴 sub=*  ●main高座記録日:1973/03/31  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2003/04/06  ●江戸落語相当:突き落とし  ●更  新  日:2011/09/04  ●リクエスト数:rakug313  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次