【上方落語メモ第7集】その312

風  呂  敷


【主な登場人物】
 兄貴ぶん  弟ぶん  弟ぶんの嫁はんほか

【事の成り行き】
 悋気・嫉妬・ヤキモチ、どれもマイナスのイメージが強いようですが、本
当のところはどうなんでしょう。ジェラシーの構造を再確認してみると、ま
ずわたしがあって、あなたがあって、彼の人の存在という三点が必要です。

 ジェラシーが湧くという心の働きはわたしだけであり、そのときあなたや
彼の人に同時、同様のジェラシーが湧いていることはありえません。そして
わたしのジェラシーの向かう先はあなたへであり、彼の人には向かいません。
ここで誤解してはならないのが、彼の人に向かうのはジェラシーではなく憎
悪の感情だということです。

 整理すると「わたしはあなたに対して嫉妬心を持ち、彼の人を憎む」そう
なのです、彼の人を憎悪することがマイナス要因となるのであって、あなた
への嫉妬心そのものにはマイナスになるような働きは無いようなのです。

 だから憎悪心を持たない嫉妬、単にヤキモチ焼きとか嫉妬深いとか言われ
る性格は、裏を返せば「愛情の注ぎ具合が大きいから」と言えなくもないの
です。あぁ、ヤキモチを焼かれてみたい……(2003/03/16)

             * * * * *

 え〜、代わりまして笑福亭遊喬のほぉで、一つお付き合いのほどを願いた
いと思いますけどもね。本当に大入り満員といぅことでございまして、ホン
マにありがたいもんですなぁ「ゆとりーと寄席」に出るのがわたしの長年の
夢でございましたからね。

 こんなよぉけ入ってくれはるとは思いませんでしたからね。もぉ少ないと
きには五人のときなんかありましたけどね。まぁまぁ、えぇわけでございま
すけど。

 世の中ておかしぃですね、やっぱしもぉ何でも、デフレになりましたせぇ
か安いですなぁ、この頃は。むかしに比べたらもぉビックリするぐらい安い
ですよ。

 わたしの近所のね「スーパー玉出」といぅとこあるんですよ、皆さんご存
じですか? スー玉、略しまんねやあれ「スーパー玉出」略して「スー玉」
安っすいでぇ〜、ビックリするぐらい安いですよ。

 タマゴ一円ですよ、十個入って。ホンマだっせ。ほんでね、わたし二十箱
ぐらい買ぉたんだ、ほな店員(てぇいん)がね「千円以上お買い物したお客さ
んに限り、一円にする」ちゅうて、千円買わなアカンのですね、いろんなほ
かのもんを。

 ほんで、ほかのもん買う気はないんです、タマゴだけ欲しぃ。せやからい
ろんなもん、肉も買いましたしね、鶏肉。牛肉は高いから。牛肉もあそこの
牛肉もね、グラム一円やてぇ。ホンマに牛か? いや、ホンマでっせ。

 安っすいは、ホンマ、タマゴ一円ですよ、まぁまぁ、ほでも、それがため
に千五、六百円使いましたけどね、ホンマ。それでも安いですわなぁ。ほん
であんた、服でも安いがな、ビックリしまっせほんま。

 あの「ユニクロ」いぅとこ、まぁ皆さん方は高級志向ですからね、あえて
言ぃますけども、あえて高級志向ですから、ユニクロみたいな庶民的なとこ
はたぶん行かはらへん……、と、行きはるかなぁ?

 安っすいがな、五百円とか、安いんやったら百八十円でっせ、シャツ。破
れへんかいなぁ? と思うぐらい、パンツより安いですよホンマに。パンツ
よりシャツのほぉが安いんですからね、おかしぃわ。

 ホンマに我々のギャラも安い。ぶっちゃけた話言ぃますけど。え、一円?
一円では商売なりませんから、ボランティアやってるわけやないですから、
もぉちょっと高い。

 ぶっちゃけた話、わたし一席、まぁ仮に一万円としますがな、仮やで、せ
やけどちょっと正味入ってるけども、まぁ一万円で遊喬さん呼ぶとするやん、
ほんでだいたいわたし二十分ですわ、持ち時間。それ以上しゃべったら、先
輩に「長い」いぅて怒られますねん。

 仕事したら怒られる商売ですからね、残業ダメなんです。お客さんに迷惑
かかる「長い」いぅて「えぇかげんにしゃべんのヤメッ」とか言われますか
らね。まぁ二十分間しゃべって一万円ですわなぁ。ほんなら一時間しゃべっ
たら三万円、いぅことになりますやろ? 計算したら。

 ほな、時給三万円いぅたらあんた、あらへんでホンマ。だいたい普通で働
きに行って七時間労働ですか、ほんなら一日あんた、二十一万円でっせ。ほ
んで、月だいたい二十日ぐらい働いてみなはれ四百万でっせ。それがあんた、
年間働いてみなはれ、何ぼになんねやいぅて、ねぇ。(注:口演の数字は計
算がメチャクチャでしたので編集)

 まぁ、毎日仕事があったらでございますけれど……。月二回やったら二万
円でございますからね。

(以後、取り扱っている事柄はさておき、個人的に不快な言葉を選んで使っ
ているように思われるのでカット)

 まぁまぁ、そんなわけで落語を聞ぃていただきたいと思いますが、わたし
もヤモメなんですけども、夫婦になりますと、お互いいろいろなゴタゴタが
あるよぉですが。

■バタバタすな、バタバタすなッ! お前、ちゃんと下駄脱いで上がって来
い、ホンマにもぉ、女ごのくせに落ち着きのないやっちゃで、一体どないし
たっちゅうねん?●兄さん、助けとくなはれ、えらいことですねん。

■またかいな、お前の「えらいことですねん、助けとくなはれ」は聞き飽き
てんねん。どっちゃみち、また夫婦喧嘩でもしたんやろ、そんなことぐらい
でいちいち大騒ぎすな。

●まぁそぉですねんけども、今日はホンマにえらいことですねん。このまま
ほっといたらわたい、殺される■えらい、言ぅことがたいそぉやないかいな、
どないしたん?

●いぃやいな、今日うちの人「仕事の寄り合いが堺のほぉである」っちゅう
て、朝早よぉから出かけましたんやがなハァ。で「帰りが遅なるよってに、
先寝とけ」ちゅうて出かけたもんやさかい、日が暮れには風呂行て、何にも
することがないさかいにお茶飲んでましたんや。

●ほな、そこへ町内の若い衆、松っちゃんが「兄貴いてますやろかいなぁ」
ちゅうて訪んねて来たんですわ。わたいも退屈してたもんやさかい「うちの
人、留守ですねんけど、まぁ上がってお茶でも飲みなはれ」ちゅうて、二人
でお茶飲んでましてん。

●ほな最前夕立がおましたやろ、吹き込まれたらいかん思て大慌てで雨戸絞
め切った途端に、表の戸ぉをドンドン・ドンドンと叩く音が聴こえまんねん。
「まぁ、一体誰や知らん」と思て開けてみたら、うちの人がヘベレケに酔ぉ
て帰って来てまんねんで。ビックリしてしもて……

■おかしなこと言ぃなやお前、亭主が帰って来て、何でビックリせんならん
ねや。そんなこと言ぅてたら毎日ビックリせんならんやないか●早よ帰って
来たもんやさかい■それがおかしぃで、亭主が早よ帰って来たら「あぁ今日
も無事帰ってくれた」ちゅうて、普通やったら喜ぶもんやで。

■これがやで「ちょっと風呂行てくるわ」ちゅうて、三十年帰ってけぇへん
かったときはビックリせぇ、驚いたらえぇ。亭主が早いこと帰って来て何で
ビックリせんならんねん?●兄さんわたいの話聞ぃたはりますのんかいな、
いぃえぇなうちの人「今日は遅なる」ちゅうて出かけたんでっせ、それがえ
ろぉ早よ帰って来て、部屋の中に松っちゃんといぅ若い衆がいてまんねやな
いか。

■別におったってかめへんやないかい●あきまへんねん、うちの人、とんで
もない焼餅焼きでんねん、わたいがちょっと道で挨拶しただけやのに「今の
ん誰や、どんな関係や?」根掘り葉掘り聞くよぉな人、わたいと若い衆が絞
め切ったぁる部屋ん中でいてたら、もぉ何勘違いするや分かれしまへんで。

●しかも口より先に手ぇが出るたちやさかい、松っちゃんにケガでもさした
らどんならん思て、大慌てで松っちゃん押入の中へ隠して、で、うちの人が
寝た隙に逃がそとしてたん。ところがこれがなかなか寝まへんの、よりによっ
て押入の前へドカ〜ンと座ったなり、またウダウダ・ウダウダ言ぅて。

●松っちゃんかて生き物だっしゃろ、咳もすりゃクシャミもしまんがな、こ
んなことバレたらいかんと思て「わたいちょっと酒買いに行ってくるよって
に、あんた絶対そこ動いたらあきまへんで」ちゅうて飛び出して来たんです
わ。兄さん、こぉいぅ事情でっさかい助けとくなはれ、このとぉりですわ……

■ちょ、ちょ、ちょっと手ぇ上げ手ぇを。お前何やいぅたらそこへグ〜ッと
力入れて手ぇつくさかいに、見てみぃ、畳そこだけちびったぁるねんで、お
前がちびらしたんや。ホンマなぁ、夫婦喧嘩、犬も食わんちゅうさかいにわ
しとこ来られても困るねんけどなぁ。

■だいたいなぁ、夫婦喧嘩てなもんはな嫁はんのほぉが素直に「はい」と、
こない言ぅといたら喧嘩せんで済むのん。男みたいなもんは単純なもんやさ
かいな、少々無理なこと言ぅたかて、素直に嫁さんが「はい」ちゅうたら大
丈夫やねん。

■いや、今日のことやないで、今日のことやないけどもやな、女ごにも責任
があるっちゅうことを言ぅてんのん。素直に「はい」と言ぅといたら済むも
んを、何じゃかんじゃ言ぅやろ、ほな、事が大きなるわけや。そんなことは
分かってて、素直に「はい」と、こぉ……

■いやいや、そらな、男は悪いで。無理なこと言ぅてるのんは分かったぁん
ねん。そんなこと言ぅてんねやないねん、素直に「はい」や……。わしの言
葉に対しても素直に「はい」と言えんか? いやいや、そらお前が悪いんと
ちゃうで、そんなこと言ぅてんねやあれへんやないか、あのな「はい」が言ぃ
にくかったらな「は」と「い」じゃ。

■これだけ言ぅてもまだ分からんのかお前……? おのれといぅ女ごはホン
マにもぉ、嫁に来たときは素直やったのに、段々だんだん生意気になりやがっ
て。亭主に口応えばっかりしくさってから。えぇわい、今日といぅ今日はもぉ
愛想も糞も尽きたわい、出て行きくされ二度と帰って来なッ!

●まぁ兄さん、落ち着いとくなはれ。何でわてが兄さんと離縁されんなりま
へんのん、夫婦でもないのに■すまんすまん、男みたいなもんはそんな単純
なもんやさかい、素直に「はい」ちゅうたらえぇっちゅうことを言ぅてんね
や。ちょっと言ぅてみて「はい」ちゅうてみて。

●……「はい」■そぉそぉ、それでえぇねや。今まで頭に血ぃ上ってたんが
ス〜ッとすっきりするわなぁ。しかし男も単純やけど、女ごも浅はかなもん
やで。昔からな、女ごをたしなめるえぇ言葉がいろいろと残ったぁる。お前
に聞かしたろと思うんやが「兄さんわて忙しおまんねん、今度にしとくなは
れ」シュ〜ッと去(い)んでしまう、せやさかいにお前はいつまでたっても成
長がないねん。

■二、三教えたるさかい、しっかり覚えて勉強せぇ。あのな「オンナ、サン
ガイニ、イエナシ」ちゅうことがあんねん。こらどぉいぅことかといぅとや
なぁ「女ごは三階に住んだらいかん」といぅことを言ぅてんねん。

●何で三階に住んだらあきまへんのん?■「何で」ちゅうたかて、そら女ご
といぅものは用事が多い、仕事が多いやろ、もし三階にいてて一階に郵便局
のオッチャンが来はった時に、下に降りたりとか。また二階に上がったり、
降りたり上がったりせないかんやろ。女ごのことを考えた優しぃえぇ言葉や、
覚えときや「女、三階に、家無し」や。

■それからこんな言葉知ってるか「テイジョ、ビョ〜ブニ、マ、ミエズ」や、
これもえぇ言葉や、覚えときや。なに、知らん? これはどぉいぅことかと
言ぅと、ここに貞女がおるわけや、きち〜んとしてるわけや、横に屏風が立
てかけたぁんねん、貞女がジ〜ッとしててみ、退屈やでこれ。表を見よぉと
するんやが、この屏風が邪魔で見れん。悲しぃ女心を唄とた都々逸。

■「貞女、屏風に、まぁ、見えず」や、えぇ言葉やなぁ。それからな、女ご
といぅのは浅はかなもんやで、浅はかなことはしたらいかん。ある女ごが家
を売ろとしたんやなぁ、今日日(きょ〜び)のこっちゃ家みたいなもんなかな
か売れへんがな。で、どこぞのアホな女ごがが家を逆さまにして売りよった
んやなぁ、またアホがおって買ぉたんや。

■ところが住んでみたら天井が下にあって上に畳が付いたぁるやろがな、し
ばらくは逆立ちして住んでたんやけど「こんなことして住んでられへん」ちゅ
うて返されたっちゅうねん。それから女ごといぅのは無駄が多いもんやなぁ、
無駄遣いはしたらいかんちゅう、こぉいぅ言葉もあるんや「一円で笑うもの
は十円で大笑い」覚えときや。

●そんなこと言ぃましたやろか?■言ぅのん……「お米のひと粒ひと粒でも、
お百姓さんの汗と涙が染み込んでる。と思たら、気持ちが悪くて食べられな
い」●そんなこと言ぃましたやろか?■言ぅのん、言ぅんです……、覚えと
きなさい「ソース二度浸けお断り」●もぉえぇわ、しょ〜もないことばっか
り言ぅて。うちの亭主……

■分かったわかった、行くがなもぉ。しかし二人で行ったんではどんならん
さかい、お前先帰っとき。ほんで酒か何ぞ注いで誤魔化してな、わしあとで
行くさかい。分かったな、押入さわらしたらあかんねんぞ……

■行てしまいよった、ホンマにどんならんなぁ、長屋の女ご連中ちゅうのは、
何やいぅたらわしを頼りにするで。ホンマ困ったもんや……、なまじ学問が
できるっちゅうのは辛いもんやなぁ。しかし、何とかして誤魔化さんならん、
どないしてこましたろ……

■そぉや、あれでいったろか……。おい嬶(かか)、嬶、かか◆何やねんな、
カァカァ・カァカァ、でき損ないの烏みたいにホンマにもぉ大きな声で。何
の用やのん?■用事があるさかい呼んでんのじゃアホ、ちょっとすまんけど
押入に入ったぁる唐草模様の風呂敷ひとつ出してくれるか◆そんなもん自分
で取りぃな、あんたのほぉが押入に近いねんさかいに。

■お前なぁ、亭主に用事を言ぃ付けられたら「あぁ、またこの人のために働
けんねんなぁ」てなもんで喜びを感じんか? いぃやいな「はい」と言ぅた
らえぇねん「はい」と。早よせぇよ、急いでるねん◆やいやい言ぃなはんな、
ありました、ホレッ。

■風呂敷みたいなもん畳んで渡せ、畳んで……。ちょっと行てくるわ◆どこ
行きなはんねん? ちょっと、どこ行きなはんの? ちょっと……、聞こえ
てんのに聞こえてない振りして、知らん顔して……、どこ行くのッ!?

■大きな声やなぁお前わ。わしゃ目の前にいてんねんで、船見送るよぉな大
きな声出しな。どこ行こと勝手やないかい◆そんな言ぃ方せんでもえぇやな
いかいな「どこそこ行くさかい、お茶入れて待っといて」ぐらいなこと言わ
れへんの? いぃやいな「ものも言ぃよで門松が立つ」ちぃまんねやで■言
わへんわい、そんなこと。行てくる……

■何でよその喧嘩止めに行くのに、自分とこが夫婦喧嘩せんならんねん……、
おッ、えらい酔ぉとんなぁあいつ。待った、待った▲ん? 誰や思たら兄貴
やないかい、こっち上がってこっち上がって■えらいえぇ機嫌で呑んでるや
ないかい▲えぇ機嫌も悪い機嫌もないねん、わしムカムカして呑んでんねん。
もぉこんな女ごなぁ、もぉダメ。

■どないしてん?▲わしな「今日は仕事の寄り合いが堺のほぉである」っちゅ
うて朝早よぉから出かけてたんや「帰りは遅なるさかい先寝とけ」ちゅうた
んやけども、向こぉ行ったらトントン・トント〜ンと話が済んで、皆で一杯
呑んで別れたんが日が暮れ前や。

▲「遅なる」っちゅうて出かけたん、早よ帰って来ても別にかめへんわい、
思て帰って来たんや。ほな戸ぉ閉まったぁんねん、雨戸もみな。ドンドン・
ドンドンと叩いたらな、こいつが出て来よって、まるで親の仇にでも会ぉた
よぉな顔さらして「まぁあんた、もぉ帰って来たんかいな。こない早よ帰っ
て来るとは思わなんだ」

▲何かい、亭主が早よ帰って来たらいかんのか?「いぃえぇな、遅なるちゅ
うて出かけたさかいに、こない早よ帰って来たんやったら、もぉ早いこと寝
なはれ」ちゅうて、わけの分からんこと言ぅなっちゅうねん。せやろ兄貴、
遅いさかいに早よ寝ぇちゅうのは聞ぃたことあるで。早いさかいに早よ寝ぇ
ちゅうても、わしは納得がいかん。

▲「せやけど、わたいが寝たいちゅうてますねん。早いこと寝まひょいな」
と、こぉ言ぅさかいな。お前は人を寝かすよぉな顔やない、寝てる人がビッ
クリして飛んで起きるよぉな顔や。

▲「わたいが寝たい言ぅてまんねん、一緒に寝まひょいな」とこぉ言ぃやが
るんで、お前、何かケッタイなもんでも食たんとちゃうか? そらわしかて、
嫁にきた時分は寝たかった。一日中でも寝てたかった。夫婦に錆いくぐらい
長いこといててやで「寝まひょ」てなもんは誰が言ぅてもえぇもんやない。

▲これが、年の頃なら十七、八で風呂上りに長襦袢を伊達巻で巻いて、くの
字になってやなぁ「あんたぁ、もぉ寝まひょ〜」と言ぅたらわしもハイハイ・
ハイハイハイ、鼻の下伸ばして寝るっちゅうねや。ところがこいつときたら、
頭はボサボサや、顔とゆや色といぃテカリといぃ、まるで油虫の羽みたいな
顔さらしとぉる。

▲「寝まひょか」なぜにそぉ亭主を脅かす?■脅かされてんのか……?▲と
ころで兄貴は何しに来たんや?■わしか、わしゃちょっと町内にゴタゴタが
あって、それを収めて帰りに寄っただけや▲ど、どんなゴタゴタやねん?

■何でもないこっちゃねん。この町内に焼餅焼きの亭主がおんねん。そいつ
がな、今日は朝から仕事の寄り合いか何か知らんけど、堺のほぉへ出かけた
らしぃわ▲な、何やうちとよぉ似た話やなぁ。

■よぉ似た話やねん。ほんでまぁ嫁はんも「遅なる」ちゅうて出かけたもん
やさかいに、日が暮れに風呂ちゃんと行てやなぁ、お茶飲んでるとこへ町内
の若い衆が旦那訪んねて来たらしぃわ。退屈してたもんやさかい二人で茶ぁ
飲んでると急な夕立や。

■吹き込まれたらいかんと思て大慌てで雨戸絞め切った途端に、その焼餅焼
きがヘベレケに酔ぉて帰って来たっちゅうやないか▲え、え、えらい悪いと
こに帰って来たんとちゃうん?■悪いとこへ帰って来たんや。

■ほんでしゃ〜ない、嫁はんな、若い衆を押入ん中へ隠して、旦那が寝た隙
に逃がそぉとしてたんやけど、この旦那がなかなか寝んとくるなぁ。よりに
よってお前、押入の前へドカ〜ンと座って、何じゃウダウダ・ウダウダ言ぅ
てるらしぃわ▲えらいたちの悪いやっちゃなぁ■たちの悪いやっちゃ▲それ、
兄貴収めたん? 収まった? どないして?

■何でもないこっちゃけどな、ネタはこの風呂敷一枚や▲ほぉ■わいがこれ
持って、そいつの家パ〜ッと入って行ったんや。ほな案の定そいつヘベレケ
に酔ぉてそこにおるわけや、ほんで後ろに押入があるわけやけど……、この
うちも押入あるなぁ。

■ほんでな、そこにこぉヘベレケに酔ぉてるやつがお前とするわなぁ、その
後ろに若い衆が入ってるわけや。そいつの前でこの風呂敷をウェ〜ッと、と
りあえず広げてな、これを頭から被せるねんけど、ちょっとお前頭出してみ。
こんなんは実際やってみたらよぉ分かんねん……、そぉそぉ。

■頭出してきよったさかいな、この風呂敷をバッと被せるわけや。四隅をこぉ
持ってギュッとグルグルにして……、おい見えるか? 見えへん? ホンマ
に見えへん? ほんでな、この押入をス〜ッと開けるとな……、おんねんそ
いつが。

■「早よ出ぇ!」てなこと言ぅたかなぁ……「下駄間違えたらあかんぞ!」
てなことも言ぅてやなぁ……「もぉえぇねん、ペコペコせんでも。早いこと
去(い)ね!」てなこと言ぅとやなぁ……、ス〜ッといによったさかいに、こ
の風呂敷をフッと取ったと、こぉいぅわけや。


【さげ】
▲なるほど兄貴、わしもいっぺんでえぇさかい、そいつの顔が見てみたいわ。


【プロパティ】
 「ゆとりーと寄席」=東大阪市主催、八戸ノ里の勤労市民センター「ユト
   リート東大阪」で毎月第一金曜日に開かれている地域寄席。世話人は
   笑福亭鶴志師。
 「スーパー玉出」=日本一の安売王! 大阪の激安スーパー玉出。という
   キャッチフレーズで売る大阪地域スーパーマーケット。店舗の概観、
   一円セール、謎の生鮮食品など、いろいろと話題が多い。
 「ユニクロ」=いまや「安売り」のマイナスイメージを打破した、全世界
   展開安売り衣料品製造直売店。
 ヘベレケ=ギリシャ神話より「女神へーべーのお酌で酒を呑んだ神々が酔っ
   払ったさま」という語源説が流れている模様。「ベロンベロン」「ヘ
   ロンヘロン」などと同義であろう。
 愛想も糞も=愛想も小想(こそ)もが正しいらしい。
 オンナサンガイニイエナシ=女、三界に家無し:蓮如(れんにょ)の書簡・
   法語集、五帖目第七通、御文名「それ女人の身は」より「三従」女性
   は、生家では父に従い、嫁しては夫に従い、夫の死後は子に従うとい
   うこと。
 テイジョリョウフニマミエズ=貞女両夫に見えず=貞女二夫に見えず。
 ソース二度浸けお断り=大阪の立ち飲み串カツ屋では、キャベツとソース
   をカウンターに置き、自由に食せるようにしてある。ソースに串カツ
   を浸けるとき、食べる前の一度に限るのがルールとなっている。通は
   キャベツでソースをすくい溜め、それをつけながら串カツを食す。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 音源:笑福亭遊喬 2002/11/08 ゆとりーと寄席(HCT)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭遊喬 sub=*  ●main高座記録日:2002/11/08  ●音  源  名:ゆとりーと寄席(HCT)  ●ファイル公開日:2003/03/16  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2011/08/21  ●リクエスト数:rakug312  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次