【上方落語メモ第7集】その306

平     林


【主な登場人物】
 定吉っとん  旦さん  平林さん  親切?な通行人ほか

【事の成り行き】
 この噺ずいぶんと久し振りに聞いたように思います。その韻律の陽気さか
らかテレビ創成期の落語番組にはよくかかっていました。

 「たぁ〜いらばやしかひらりんか」「かぁ〜んばやしかじょうりんか」わ
たしの本名「上林」と落語「平林」にかけて、こんな囃し言葉で囃された思
い出も思い出してしまいました。

 子どもが囃し言葉にするほど、落語ってポピュラーなものだったんですね。
そう言えば「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ……」も最後まで唱えるこ
とができたように思うのですが、いまや昔の出来事です(2002/12/22)。

             * * * * *

 しばらくのあいだ、お付き合いを願います。トップバッターはこちらのほぉ
名前が出とぉります、桂まん我でお付き合いを願います。こちらのほぉ、初
めて寄せていただきますけれども、この面白い顔と名前と覚えて帰っていた
だければ幸いでございます。

 さわやかに一生懸命しゃべらしていただこと思いますので、どぉぞひとつ
お付き合いのほどを願いますが。

 え〜、わたくしのほぉはお馴染みのところでございます、丁稚のお噺を聞ぃ
ていただきますが。

■定吉、さだきちぃ〜ッ●へぇ〜いッ■そこにいたか。そちは返事が嬉しぃ、
奉公してるあいだは「立つよりも矢声(やごえ)」と言ぅて返事が大事、返事
は一番にしなされや。朝でもそぉじゃなぁ「定吉起きなさい」と起こしたら、
起きるのが少々遅なっても返事は一番にしなされや。

●へッ、よろしゅございま。ほな、明日の朝から返事ばぁ〜っかりして昼ま
で休ませていただきま■そら何を言ぅのじゃ、おまはんは誉めたらすぐに誉
めぞこないじゃ……。これから使いに行てきましょ●旦さん、また使いでっ
か?■「また使いですか」と言ぅやつがあるかい、使おと思やこそ置いてま
すのじゃで。奉公とは「きみ」に「たてまつる」と書きますのじゃ。

●何ぼ奉公とは「公に奉る」と書くか知らんけど、こぉ朝から晩まで使い奉
られたら丁稚も往生(お〜じょ〜)しぃ奉るわ■こら何を言ぅのじゃ。理屈言
わんと使いに行てきましょ●へッ、よろしゅございま。で、旦さんどこへ行
てきまんのん?

■本町の平林(ひらばやし)さんとこや●本町の平林さん、へぇへぇ、よろしゅ
ございま、分かってま。で、平林さんとこ行てどない言ぃまんねん?■黙っ
て聞ぃてなはれ、今日はな、ここに手紙が書いてあるで、これを向こぉへ持っ
て行て、丁寧に挨拶をしてきますのじゃ、よろしぃか……

■「こんにちわ、結構なお天気さんでございます。ご家内お揃いあそばして、
ご機嫌よろしゅ〜ございますか。一度、佐兵衛が伺いますはずでございます
が、ご無沙汰をいたしております。委細はこの手紙にしたためてございます
ので、お返事をちょ〜だいして帰ります」返事をもろてきますん。

●へッ、よろしゅございま。で、旦さん、どこへ行てきまんのん?■本町の
平林さんとこや●本町の平林さん、へッ、よろしございま、分かってま。で、
向こぉ行てどない言ぃまんねん?■こぉ尻から尻へ忘れたんではどもならん
なぁ。分からなんだら口移しに教えてあげよ、そこでいっぺん稽古してみな
はれ、よろしぃか……

■「こんにちわ、結構なお天気さんでございます」と、言ぅてみなはれ●へ
ぇ〜い、こ、こんにちわ、けっこぉなお天気さんでございます、と■いやい
や、そんなとこに「とぉ」は要らしまへん●戸ぉがなかったら、障子にしと
きまひょか?■戸ぉも障子も要らしまへん●けど、開けっ放しにしといたら
用心が悪い。

■要らんことを言わんでえぇねや「こんにちわ、結構なお天気さんでござい
ます」でえぇねん●戸ぉも障子もなかったら「簾ぅ」だけ吊っときまんねや
な■要らんことを言ぃなはんな、わたしの言ぅたとぉり言ぃなさい「こんに
ちわ、結構なお天気さんでございます」

●こんにちわ、結構なお天気さんでございます■おぉおぉ、そぉじゃ●おぉ
おぉ、そぉじゃ■要らんことを言ぃなはんな。ご家内お揃いあそばして、ご
機嫌よろしゅ〜ございますか●ご家内お揃いあそばして、ご機嫌よろしゅ〜
ございますか■一度、佐兵衛が伺いますはずでございますが、ご無沙汰をい
たしております。

●一度、佐兵衛さんが……■これこれ「佐兵衛さん」と、さん付けするやつ
があるかい、先さんに失礼(ひつれぇ)に当たります●けど、何ぼなんでも主
人つかまえて呼び捨てにしたら、もったいのぉて罰が当たって、口がゆがむ
さかい……■しょ〜もないとこで義理立てするなぁお前わ、今日はかまへん
のんじゃ。

●旦さん、今日はかましまへんのん?■あぁそぉじゃ、今日はかましまへん
●ほたらなぁ、佐兵衛■何が「佐兵衛」じゃ●せやさかい言ぅてまんがな、
わたいが「佐兵衛」ちゅうたらいかんちゅうのに「佐兵衛」がかまへんちゅ
わはったさかい、わたい「佐兵衛」ちゅうたん、せやろ佐兵衛。それを佐兵
衛がゴチャゴチャ怒ったら、丁稚の立ち場がないで佐兵衛。佐兵衛も歳を取っ
たなぁ、佐兵衛。

■何をぬかすねん、ゴチャゴチャ言わんと使いに行てこい●へぇ〜いッ!

●ハッハッハッ、なぶったったら終いに怒りやがんねん。けど、こぉ丁稚使
いの荒いうち知らんわ、金使こたら減るもんやさかい、朝から晩まで丁稚使
うのんにかかってけつかんねん。これ、丁稚やさかい持ってんねんで、蝋燭
(ろぉそく)やったらもぉとぉに立ってしもて、何も残ったらへんわホンマに
なぁ……

●あッ、えらいことした。ブツブツぼやいてるあいだに、また苗字忘れてし
もたがな。これから聞きに帰ったら、何ぼ怒られるや分かれへんし、ここに
書いたぁんねんけど、字ぃ読まれへんしなぁ……、あッせや、この手紙誰ぞ
に見せて読んでもらお、そしたらすぐに分かるやろ……。え〜ッと、どこぞ
に……、あッ、この人に聞ぃてみたろ。

●ちょっとお尋んねします、えらいすんまへんけどね、この手紙読んでもら
いとおまんねん。えらいお易いご用ぉで◆そら何を言ぅねや「お易いご用」
とはこっちの言ぅこっちゃがな……、あぁ子供衆(こども)っさん、こらなか
なか綺麗ぇに書いたぁるなぁ。こらな、上の字ぃが「たいら」といぅ字ぃや
なぁ、で、下が「はやし」

◆「たいらばやし」と読むねや●あぁ「たいらばやし」でっか。で、その平
林さんちゅう家(うち)どこでっしゃろ?◆いや、わしもなぁ、通りがかりの
もんやさかい、このあたりのことはよぉ知らんねん。見たところおまはんも
使いのこっちゃろ、間違ごぉて主人に怒られてもいかんさかい、もっぺん誰
ぞに尋んねてみなはれ●あさよか、分かりましたおおきに。

●なんや「たいらばやし」さんやな、けど親切な人やったなぁ「間違ごぉて
主人に怒られたらいかんさかい、もっぺん誰ぞに尋んねてみ」ちゅうてなはっ
た、もっぺん聞ぃてみよ。えぇ〜ッと……、えらいすんまへんちょっとお尋
んねしますけどね、このあたりに「たいらばやし」さんちゅううち、おまへ
んやろか?

★「たいらばやし?」そんな名前、聞ぃたことないけどもなぁ。そら間違ごぉ
てんのと違うか?●今、これ読んでもろたとこでんねんけど、これ「たいら
ばやし」と読むのん違いまっか?★おぉ、手紙があるのんかいな、それこっ
ちかしてみなはれ……。ははァ〜、こら子どもっさん「たいらばやし」と読
んだら間違ごぉてるなぁ。

●へッ、間違ごぉてまっか? どない言ぅて読みまんのん?★こらなぁ、上
の字ぃ「たいら」と読んだらいかん「ひら」と読むねんなぁ。で、下が「り
ん」やなぁ「ひらりん」さんや●「ひらりん」でっか、その平林さんちゅう
うち、どこでっしゃろ?★いや、わしもそんな名前、聞ぃたことないなぁ、
ここのな、先の四つ角右に曲がったとこにタバコ屋があるさかい、そこで聞ぃ
てみなはれ、じき分かると思うで●さよか、おおきに。

●なんや「ひらりん」さんやな。この角を曲がって、ここやここや、ここで
聞ぃてみよ……。えらいすんまへん、ちょっとお尋んねしますけどね、この
あたりに「ひらりん」さんちゅううち、おまへんやろか?▲「ひらりん?」
そんな名前、聞ぃたことないなぁ。そら間違ごぉてんのんと違うか?

●へぇ、いっぺん間違ごぉたとこでんねんけど、これ「ひらりん」と読むの
んと違いまんのん?▲おぉ、書いたもんがあんねやがな、それをこっち……、
ははァ〜、こらなぁ「ひらりん」と読んだら間違ごぉてるなぁ●また間違ごぉ
てまっか? どない言ぅて読みまんのん?

▲こらなぁ、一番上、これ「一」といぅ字や、その下が「八」それから「十」
これがひと組になったぁるねやなぁ●はぁ、ひと組でっか。で、その下はど
ない言ぅて読みまんのん?▲「もく」といぅ字が二つ書いたぁるなぁ、これ
で「いちはちじゅ〜のもくもく」と読むねやなぁ。

●「いちはちじゅ〜のもくもく」でっか。で、その平林さんちゅううち、ど
こでっしゃろ?▲わしもそんな名前、聞ぃたことないわ。もっと先で聞ぃて
みなはれ●あさよか、おおきに。

●ケッタイな名前やなぁ……、もっぺん誰ぞに聞ぃてみよなぁ。えらいすん
まへん、ちょっとお尋んねしますけどね、このあたりにあの「いちはちじゅ〜
のもくもく」さんちゅううち、おまへんやろか?◆「いちはちじゅ〜のもく
もく?」そら日本人か?●日本人やと思てまんねんけど、これ「いちはちじゅ
〜のもくもく」と読むのん違いまっか?

◆あぁ、手紙があんねやがな、それをこっち……、あのなぁ、お前こんなも
ん「いちはちじゅ〜のもくもく」と読んだら間違ごぉてるで●やっぱり間違
ごぉてまっか、どない言ぅて読みまんのん?◆こらなぁ、一番上「いち」と
読んだらいかん「ひとつ」や、その下が「やっつ」それから「とぉ」木ぃが
二ぁつ書いたぁる「ひとつとやっつでとっきっき」ちゅうねや。

●「ひとつとやっつでとっきっき」でっか、段々ややこしなってきたなぁこ
れ。で、その平林さんちゅううち、どこでっしゃろ?◆そんな名前、聞ぃた
ことないわい。もっと先で聞き●すんまへん……、えぇ〜、いろんな名前教
せてもろたなぁ「ひとつとやっつでとっきっき」に「いちはちじゅ〜のもく
もく」「ひらりん」「たいらばやし」……、どれがホンマやら分からへんが
な。

●あッせや、もぉこれみな言ぅて歩いたろか、そしたら誰ぞ親切な人が「定
吉っとんこっちでっせ」ちゅうて呼んでくれるわ、そないしょ……「た〜い
らばやしかひらりんか、いちはち〜じゅ〜のもぉくもく、ひとつとやっつで
とっきっきぃ〜」……、お、オモロイなぁこれ「♪た〜いらばやしかひらり
んか、いちはち〜じゅ〜のもぉくもく、ひとつとやっつでとっきっきぃ〜」

●何やホンマにオモロなってきた、どぉせ今から帰ったかてまた用事させら
れんねん、今日は一日中こないして歩き回ったろ「♪た〜いらばやしかひら
りんか、いちはち〜じゅ〜のもぉくもく、ひとつとやっつでとっきっきぃ〜」
ひょえ〜ッ……♪

★何やケッタイなこと言ぅて歩いてるなぁ……。これ、定吉っとんと違うか?
●これわこれわ、本町の「ひらばやし」さん、こんにちわ? ちょ、ちょっ
と待っとくなはれ……?「た〜いらばやしかひらりんか……」「たいらばや
し?」「ひらりん?」


【さげ】
●あぁ惜しぃなぁ、お宅に用事はおまへんわ。


【プロパティ】
 平林=上方では「たいらばやし」東京では「ひらばやし」と称されること
   が多い。別名「字ちがい」「名ちがい」
 桂まん我(1971年12月2日〜)=兵庫県神戸市出身の落語家。金沢大学工
   学部在学中は落語研究会に所属。卒業後、1999年1月1日に4代目桂
   文我に入門。
 矢声(やごえ)=本来、弓矢を放つ時の掛け声。転じて踊りの掛け声や返事
   に用いる。
 往生する=行きづまり・どうにもならぬ困惑の意から、閉口する・困ると
   いうほどの軽い意にも用いる。往生は本来仏教用語で、生き抜く力、
   行き詰まった生命を限りなく進展してゆくことである。それが臨終の
   意に転じ、更にその死を厭う心から、行き詰まりの意にまで転用され
   るに至った。
 尻から尻へ=あとからあとへ。
 どもならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 かまへん=かまわない・ゆるす。カメヘンとも。丁寧にいうとカメシメヘ
   ン・カマシマヘン。
 ぬかす=言う・ほざく。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 子どもっさん=子供衆(こどもし)さん:お子達。あるいは商家の丁稚。コ
   ドモシサン→コドモッサン。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 音源:桂まん我 2002/10/06 なみはや亭(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂まん我 sub=*  ●main高座記録日:2002/10/06  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2002/12/22  ●江戸落語相当:平林(ひらばやし)  ●更  新  日:2011/07/03  ●リクエスト数:rakug306  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次