【上方落語メモ第6集】その300

相 撲 場 風 景


【主な登場人物】
 相撲場に集まる客

【事の成り行き】
 オムニバス Omnibus は本来「乗り合いバス・馬車」を意味しますが、今で
はその様態から映画、演劇、ドラマなどで、独立した複数の話を並べて一つ
の作品に構成したものを指すことのほうが多いようです。

 この相撲場風景という噺もそのオムニバス形式、相撲場での観客の様子を
じっくりと観察し、その観察から得た生態を脚色ふくらませてできあがって
います。

 無さそうで、有りそうで、何となく「居るおる、そんなやつ」と思わせて
しまう落語世界が目の前に広がるさまをお楽しみください。と、出だしは綺
麗にまとめたんやけどねぇ……(2002/09/22)

             * * * * *

 昔は「一年を二十日で暮らすよい男」てなことを申しまして、まぁこら、
お相撲さんのことでございますが、ただ今では「一年を九十日で暮らすよい
男」だいぶに世の中も変わりましたが、しかしやはり変わらんと申しますと、
お相撲さんは我々と違いまして随分と立派な体をした人が多ぉございます。

●なぁもし■何でんねん?●いぃえぇ、誰がうちのこの入り口ぃこんな大き
な柱立てたんです?■何です?●いぃえぇな、うちのこの入り口に大ぉきな
柱が一本立ってまんねん。邪魔になってしょ〜がおまへんねん。誰がこんな
もん立てたんだ?

■ウダウダ言ぃなはれ、しっかり見てみなはれ。こらあんた、柱やおまへん
がな、相撲(すもん)取りの足でんがな●えぇ? 相撲取りの足でっか……?
しかし相撲取りにしては、根っから顔が見えまへんなぁ■今日はちょっと曇っ
てるさかいね、胸から上、霞が張って見えまへんねん。

●あさよか、なるほど相撲取りでっか。立派なもんでんなぁ……、これが相
撲取りの足とすると、あのちょっと出張ったとこがおますなぁ、あら一体何
です?■「あら一体何です」て、あらヒザ頭でんがな●あぁ、ヒザ頭でっか。
何じゃ向こぉらへんにぎょ〜さん黒ぉいもんが付いてますけど、あら一体何
です?

■あら、あんた灸(やいと)の跡でんがな●あさよか、しかしこっから向こぉ
まで、だいぶにあるよぉに思うんですが、一体どれぐらいおまっしゃろか?
■さぁ、かれこれ三里はおまっしゃろ。

 それからヒザ頭へ据える灸を「三里」と言ぅのやそぉで、そらそぉかも分
かりません。もぉ一里上がりますと「尻」……、こらどや存知ませんが、な
んしこれだけ大きな力士が、土俵の上で力いっぱい相撲を取ります。見てる
お客さんのほぉも随分と力が入るもんですなぁ。

 そぉなりますと、ご自身が無意識で何か言ぅたり、また何かしてることを
ば第三者が見たり聞ぃたりいたしますと、我々のほぉの話題になりそぉな面
白いことがたくさんにございます。

             * * * * *

■木村はぁん(パンパンッ)木村はぁん(パンパンッ)……、ここです、こ
こです。あんた今、来はったんでっか、えらい遅ましたなぁ。いぃえぇ、あ
んたの来はんのんが遅いもんでっさかいね、今日はこの通り朝から満員です
わ、もしもあんたが来はって座りはる場所が無かったらいかんと思たんでね、
あんたの座りはる場所、わたいの隣りぃ取っときましてん。ここへ座りはっ
たらどぉです?

●あぁさよか、そこにわたしの場所、取ってくれたはりまんのん、いやおお
きにありがとさんで。なるほど、こらまたえぇ場所を取っといとくなはった
なぁ。しかし、これだけお客さんが入ってんのに、こんだけ前のえぇ場所取っ
てもらおと思たら、相当早よぉからあんたここへ来たはりまんねやろなぁ。

■へぇ、そぉです。もぉわたしここへ来てから、かれこれ五時間ほどになり
ます●あさよか、で、取り組みはどないなってます?■何です?●いぃえぇ、
取り組みは今、誰と誰です?■さぁ……? 取り組みのほぉは分かりまへん
●いや「取り組みのほぉは分かりまへん」て、あんた五時間前から来たはり
まんねやろ。今、土俵の上でどの力士とどの力士の取り組みやっちゅうこと
分かってまっしゃろ。

■それが分かりまへんねん。いぃえぇ、こら事情を言わな分かりまへんねが
ね、場所はなるほどこのえぇ場所へ座った。ひょ〜しの悪いことにね、ちょ〜
どあの土俵とわたしの座ってるまぁ真中あたり、そぉそぉ見てみなはれ、そぉ
向こぉに一人、背ぇの高ぁい大ぉきな人が座ったはりまっしゃろ。あの人が
向こぉに座ったはるがためにね、ちょ〜どあの人の頭だけ邪魔になって、皆
目、土俵の相撲が見えまへんねや。

●すると何でっか、あんた五時間のあいだ、あの頭ジ〜ッと見たはりました
ん。よぉ五時間も辛抱してあの頭見てなはんなぁ、お互いに皆あんた相撲見
に来てまんねや、遠慮することおまへん、あの頭片付けてもらいなはれ。え?
そんなことよぉ言わんて? 気のあかん人やなぁ。よろしぃよろしぃ、あん
たがよぉ言わんねやったらわたしが話したげま、任しときなはれ。

●もしもし、その前のほぉに座ったはる背ぇの高い人。そぉそぉあんたあん
た、今、後ろ向いた人、あんたです。いぃえぇ、あんた人に言われんでも分
かってまっしゃろ、背ぇが高こますねん。ちょ〜どね、あんたがそこに座っ
たはるとね、あんたの頭だけ邪魔になってね、ここ後ろ四、五人皆目、土俵
の相撲が見えまへんねん。すんまへんが、その頭どないぞしてもらうわけに
いきまへんか?

▲あぁさよか、そらえらいすまんこってした。この頭どぉいぅふぅにさして
もらいまひょ?●いや「どぉいぅふぅにさしてもらいまひょ」て、言ぅてまっ
しゃろ。問題はつまりその頭が無かったらえぇわけでっさかいね、どぉでっ
しゃろ、済むまでその頭ポケットへ……

▲ウダウダ言ぃなはれ、アホらしぃ。そんなことができますかいな●いや冗
談じょ〜だん。こぉしまひょ、そこに座ったはって結構だ、へぇ。その場所
でよろしぃさかいね、すんまへんけどちょっと前へ頭下げてもらいまひょか、
へぇ。うつむき加減になっててもらいまひょか。

▲あぁなるほど、ここでうつむきますか。へぇ分かりました、ちょっと待っ
とくれやっしゃ……、こんなもんでどぉです?●えらいすんまへんけど、もぉ
ちょっと前へ下げてもらえまへんか▲あぁさよか……、こんなもんでいかが
です?●えらい無理言ぃますけど、もぉちょっと何とかなりまへんか?

▲それやったら、いっそのことこれでどぉです?●あぁ、おおきありがとぉ。
お陰でよぉ見えるよぉになりました▲ところが、こっちが見えまへんで●あ
さよか、あんた見えまへんか?▲当り前やがな、わたしこれやったら前の人
の足の裏ばっかし見てまっせ。またこの人えらい水虫やなぁこら。

●そら気の毒な、そらいきまへんそらいきまへん。どぉぞ頭、元どぉり上げ
とぉくれやす。我々が見えてもあんたが見えんよぉになったら何にもなりま
へん、お互いに相撲見に来てまんねやさかい。なるほどねぇ、前へ下げても
らうとあんたが見えまへんか……

●ほなこぉしまひょか、今度は前やなしに、その頭横のほぉへポイッと振っ
てもらえますか、へぇ、横のほぉにポイッと振ってもらいまひょか▲横でっ
か、ちょっと待っとくれやっしゃ……、横っちゅうと、つまりこぉいぅふぅ
にしまんのんか?●へぇへぇ、そぉでんねん。何べんも無理言ぅてえらいす
んまへんでした。おおきありがとぉ。

●どぉです? これで見えるよぉになりましたやろ。見えてまんなぁ? あ
んたのほぉあの頭、邪魔になれしまへんか? 邪魔になれしまへんな……。
おおきありがとぉ、お陰でよぉ見えるよぉになりました。我々のほぉは見え
てますが、あんたそれで見えてますか? あんたが見えなんだら何にもなり
まへんねん、え? どぉです、見えてますなぁ? 見えてますか? よろしぃ
なぁ?

●これであんたも見えりゃ、こっちも見える。双方の顔が立ちました▲いぃ
えぇ、こっちの顔、倒れてまっせ。

 理屈言ぅてる人がでけてます。そぉかと思いますと、こちらではこれから
いよいよ自分の贔屓の力士が仕切りに入って立ち上がるといぅので、こらま
た大ぉきな声張り上げて夢中んなって応援してます。

             * * * * *

■よぉ、しっかり取れよッ! 立ち上がったら相手の褌(みつ)を先パイッと
取れ、相手の褌をパイッと。相手に褌を先取られたら負けやで、えぇか。先
に相手の褌をパイッと取れよ、立ち上がったらパイッ!●かなんなぁこの人
わ。いぃえぇ、何ぼ大きな声出しはっても、声の大きぃのんは差し支えおま
へんねん。

●声は何ぼ大きな声出してくれはってもよろしぃねんけどね、すんまへんけ
ど、その後ろで「パイッ」ちゅうのんやめてもらえまへんか。もぉさっきか
らわたしの頭、唾だらけなってまんねや。すんまへんけどひとつ、唾のかか
らんよぉに頼んまっせ。

■あぁさよか。そらえらいすまんこってした、うっかりしてましたんで。いぃ
えぇ、大丈夫です、もぉ唾のかからんよぉに応援さしてもらいま、えらいす
んまへんでした。さ、いま言ぅたとぉりや、立ち上がったら相手の褌を先取
れよ、おっと立ち上がった、立ち上がったら相手の褌を先取んねん、相手の
褌を。相手に褌を先取られたら負けやっちゅうねん。

■相手の褌を取らんかい、褌をッ。おいッ、褌を取らな負けやでッ、褌を取
らんかい褌を。褌を取れよッ! 取ったらんかい褌をッ! 褌を取れよッ!
褌を取らんかい褌をッ! 褌を取れよッ!●何をゴジャゴジャ言ぅてんねん、
この人わ。何じゃ砂糖屋入った泥棒みたいに「蜜盗れ、蜜盗れ」て、あんた
は口で言ぅだけやさかいどんなことでも簡単に言えますけど、そぉ簡単に相
手の褌が取れますかいな。

■いえ、そら言われんかて分かってまんねんけどね、何とかしてこの一番勝
たしてやりたいと思いまっさかいね……。まだ褌が取れんのか? 相手の褌
を先取れっちゅうねん、相手の褌をッ!

 さぁ、こぉなったら応援してるほぉが夢中ですから、しまいには自分が相
撲取ってるよぉな気になりよって、前に座ってる人の帯をば後ろから掴まえ
て、一生懸命、力入れとぉる。

■相手の褌を先取れっちゅうねん、まだ褌が取れんのか? こぉいぅふぅに
取ったらえぇねん、相手の褌をこぉしてギュ〜ッと……●もし……、もし、
不意に後ろから人の帯を掴まえてどないしなはんねん?■こぉ取ったら離さ
んぞ●そんな無茶言ぅたらいかんなもし「離さんぞ」て、離してくれないか
ん。またあんた、えらい力やなぁ。そぉ力入れて引っ張ったら帯が切れる、
帯が。

■切れるよぉな安もんの帯、どこで買ぉた?●ほっときなはれ。

 帯で揉めてるかと思うと、こっちはこっちで大ぉきな握り飯をたぁくさん
に作って持ってきたやつ、この握り飯を一つだけ右の手に持ちよって、おの
れの頭の上で振り回してるやつがでけてます。

◆さッ、しっかりやれよしっかり、頼むで。今、この握り飯食ぅて腹に力付
けて応援したるさかい。しっかりやれよ、しっかりッ!

 食べんねんやったら早よ食べたらえぇのに、いつまでも握り飯振り回して
ますと、ちょ〜どこの人の真ぁ後ろへ座った人、可哀想に朝早よぉから来て
腹ペコペコに減らしとぉる。その人の目の前ウロウロウロウロ・ウロウロウ
ロウロさすもんやさかい、

●殺生(せっしょ)やでこの人わ。こっちは腹減らしてるその目の前、これ、
いつまでも振り回してんと、食べんねんやったら早よ食べはったらえぇのに
なぁ、握り飯が気になってしゃ〜ないがな。しかし大ぉきな握り飯やなぁ、
この際この大きな握り飯が一つでもあったら、ちょっと腹の足しになんねん
けどなぁ。何とかならんもんやろか……?

 と、思てる矢先に前の人はそんなこと知らんもんやさかい、

◆よッ! しっかり取れよしっかりッ!●取ってもよろしぃか?◆しっかり
取れッ!●うわぁ〜、さよか。ほんだらえらい厚かましおますけど、お言葉
に甘えて取らしてもらいまっせ、おっきご馳走(ごっつぉ)さんです◆しっか
りやれよ、しっかり取れよ……

◆今、大きな握り……、握り飯あれへんがなこれ? ちょっとつかんこと尋
んねますが、今、そこらへんへ握り飯飛べしまへなんだか?■何です?◆い
え、そこらへんへこんな大ぉきな握り飯が一つ、飛べしまへなんだか?■握
り飯? いぃえ、ここらへ飛んでけぇしまへんで。

◆あさよか、いや実はね、わたし確か右の手で一つ握り飯持ってたんですわ。
今、食べよと思て気が付いたら無いもんでっさかいね、ひょっとしたらその
へんへ飛んだんと違うかいなぁと思て尋んねましてんけど、おまへんか。あ
さよか……、おかしぃなぁ、確かこっちの手で一つ持ってたはず……

◆あッ、そぉか。えらいすんまへん分かりました。いぃえぇ、わたし相撲の
応援で夢中になってるもんでっさかいね、食べたん忘れてまんねん。食べま
したんですわ、えらいすんまへんでした。

◆うぉ〜いッ、握り飯食ぅたん忘れるほど、こないして夢中になって応援し
てんねんで。しっかり取れよ、も一つや●も一つ取ってもよろしぃか?◆しっ
かり取らんかいッ!●あさよか、ほな取らしてもらいまっせ◆しっかりやれ
よ、えぇか頼むで、今度は……、またあれへんがな。

 握り飯で揉めてるかと思うとなかに一人、さっきから真ぁ〜っ青な顔をし
て、涙ポロポロポロポロこぼして、泣きながら相撲を見てる人がある。それ
をまた、そばに座ってる人が親切に尋んねてます。

             * * * * *

●もしもし、もし、あんたあんた。いぃえぇ、あんたがさっきからね、そこ
で真っ青な顔して、おまけにそないして泣きながら相撲見たはりまっしゃろ。
いぃえぇ、あんたのことが気になるもんでっさかいね、皆目、土俵の相撲に
身が入りまへんねん。どないしはった? ひょっとしたら、お腹でも痛いの
と違いますか?

▲よぉ尋んねとくなはった、わたし泣いてんのん、お腹が痛いのんと違いま
すねん。ションベンがしたいんです●ションベンがしたい? それやったら
何もそこで真っ青な顔して泣いたはることおまへんやろ、ションベンがした
いねやったら、便所行てきはったらどぉでんねん?

▲そない言ぅていただかんでもよぉ分かってるんですがね、今日はご覧のとぉ
り朝から満員でっしゃろ、もしわたしが便所行ってるあいだに、この場所、
人に座られたら困ると思て、もぉこれで九時間から辛抱してまんねん。

●よぉ九時間も辛抱しはりましたなぁ、そんなことしはったら毒です、体に
毒です。よろしぃよろしぃ、わたしが責任持ってその場所、人に取られんよぉ
に見てたげます。安心して、今のあいだにゆ〜っくりと行といなはれ。

▲ご親切に言ぅていただくのはありがたいんですけどね、実はもぉ手遅れで
んねや●すると何でっか、あんたそこでションベン垂れしはったんでっか?
▲いぃえぇ、ションベン垂れしたんと違いまんねん●ほな何が手遅れでんね
ん?▲せめてもぉ一時間でも早よ、そない言ぅていただいたら何とかして行
けたんですけどね、今の場合、恐らく、もぉ体動(いの)かすことは不可能や
ろと思います。

●えらい人やなぁ、この人わ。よぉそないなるまで辛抱したはりましたなぁ。
ほで、最後までそのままで辛抱でけますか? いぃえぇ、最後の結びの一番
まで、そのままでズ〜ッと辛抱できますか?▲とてもこれ以上の辛抱はでけ
まへん。まことに皆さん方にはご迷惑ですが、ボチボチここで……

●あかんあかん、アホらしぃ。よぉそんなことあっさり言ぃなはんで「ボチ
ボチここで」て、こんなとこへじかにしられたら、端(はた)に座ってるもん
が迷惑しま。よろしぃよろしぃ、ほんだらね、あんたが「もぉ体動かすこと
がでけん、とてもお便所まで歩いて行けん」ちぃはんねんやったら、そこで
座りはったまま、いぃえぇ、心配しはらんでも大丈夫、その場所で、ほかの
人に迷惑のかからんよぉにさしたげま。

●ちょ〜ど都合よぉね、さっきから向こぉで酒呑みが一升瓶空にしてよぉ寝
たはりまっさかい、いぃえぇ、あの空いた瓶を借ったげま。その代わり言ぅ
ときまっせ、早いことしなはれや、よろしぃな。済んだらまた、ソォ〜ッと
瓶返しとかなならんさかい、早いことしなはれ。

▲おっきありがとぉ。このご恩は一生……●そない大層ぉに言ぃなはんな、
早いことしなはれ、早いこと。えぇ? 何です? 仕方が分からん?「仕方
が分からん」て、要はその瓶の中へしはったらよろしぃねん。いえいえ難し
いことおまへん、簡単にでけます。つまり、その瓶の口へあんたのパイプを
スッとハメはったらよろしぃねん。

▲合いまっしゃろか?●そら、どや知らん。合うか合わんか、わたし、まだ
あんたのパイプ拝見したわけやなしね、あんたがどんなパイプを持ってきた
はるやら、そらわたしに分かりまへん。ともかくね、合うか合わんか、なに
も縁のもんでっさかい、いっぺんジンワリ入れてみはったらどぉです? ど
ないです? どぉでんねん?

▲お陰で、ちょ〜どでした●ちょ〜どやったらよろしぃがな、いつまでも泣
いてんと早よしなはれ▲では、さしていただきます「ミミズもカエルもごめ
ん」●もぉそんなアホなこと言ぅてんと、もぉ今、そんなこと言ぅてる場合
と違いまんねん。早よしなはれッ!

(ジャジャ〜ジャ〜、ジョンジョロリン、ジョンジョロリン。ジャジャ〜、
ジャ〜ジャ〜ジャ〜ジャ〜……)

●こぉらまた派手な音やなぁ、もっと静かに大人しぃでけまへんか▲でけま
へん(ジョンジョロリン、ジョンジョロリン、ジャジャ〜、ジャ〜ジャ〜ジ
ャ〜ジャ〜ジャ〜、ジャ〜ジャ〜、ジャ〜ジャ〜、ジャ〜ジャ〜、ジャ〜ジ
ャ〜、ジョンジョロリン、ジャジャ〜、ジョンジョロリン、ジャジャ〜ジャ
〜ジャ〜……)

●なんや、あんたのションベンお経上げてるよぉななぁ、ほてまた長いなぁ、
まだでっかいな?▲(ジョンジョロリン、ジョンジョロリン、ジャジャ〜、
ジャ〜ジャ〜ジャ〜ジャ〜、ジャ〜ッ……、ジュ〜ッ……)●もぉ、終わり
ましたか?▲(ジョンジョロリン、ジョンジョロリン……)

●途中で切んなはんな、ややこしぃ。早いことせなあかんちゅうねん、もぉ
ボチボチ酒呑みが目ぇ覚ましかけたはり……、え? 済みました? 終わり
ましたか? 済んだら瓶を早よこっち返しなはれ、いぃえぇ、してしもたら
もぉその瓶は用事おまへんやろ、瓶を早よこっち返さなあかんちゅうねん。

●何をおかしな顔してなはんねん? え? どないしたて? 瓶が取れんよぉ
になった? 何ででんねんな? 取れんわけがおまへんやろ、力入れて引っ
張ってみなはれ、瓶を下へグッと引っ張って……、どぉ? 痛い?

●あんたそれ「痛い」っちゅうて、ぶら下げて帰りなはるか? そんなもん
ブラブラぶら下げて帰られしまへんやろが。少々痛かっても辛抱してグッと
引っ張ってみなはれ、取れるさかい……

●そぉれみてみなはれ、取れましたやろ。取れぇでかい、当り前でっしゃな
いかいな、入りしな入ったもんが取れんことおますかいな。どないしたて?
パイプの先が赤こなった? そんなこと知るかいなアホらしぃ。

●こぉらまたぎょ〜さんしたで。長いことかかったはずや、ちょ〜ど一升あ
るがな。あのねぇ、わたしはねぇ、今日、相撲見に来てあんたの肥え取りす
るとは思わなんだ。

 ボヤキながら、この瓶をばソ〜ッと返しましたんと、酒呑みが目ぇ覚まし
よったんがちょ〜ど一緒になったぁる。

             * * * * *

★うい〜ッ……、うい〜ッ……、さぁ、しっかり相撲取ったれ、えぇか頼む
で。また景気よぉ応援したるさかい、しっかり相撲取ってくれよッ!(パン
パンッ)うぉ〜いッ(パンパンッ)仲見世、酒持ってきてくれ酒を、酒が欲
しぃねん。容れもんが要んねやったら心配せんでもえぇで、容れもんなら先
にもろた一升瓶が、さっきからこのとぉりちゃ〜んと空に……

★すまん。もぉちゃ〜んと持ってきてくれたぁんねやないか、ハッハッハッ
ハッ。黙ぁ〜って置いていかれたら分かれへん、しかし、よぉ気が付きよん
なぁ。こっちが注文せんかて、無い時分にはこのとぉりちゃ〜んと気ぃ利か
して持ってきてくれとぉるだけが嬉しぃなぁ。

★おまけに、今度の酒は親切に燗までしてくれとぉる、ありがたいなぁ。さ、
しっかり取ってくれよ、えぇか頼むで。今、この酒呑んだら景気付けて応援
したるさかい。しっかり……、うぉ〜いッ仲見世、えらい変なこと尋んねる
けどな、今度の酒、えらい泡立つなぁこれ。

★まさか間違ごぉてビール燗して持ってきたんと違うやろなぁ。いやいや、
酒といぅことさえ間違いがなけりゃ、少々の泡ぐらい辛抱して呑むさかい、
ハハハッ、さぁしっかり取れよ、えぇか頼むで、今、この酒グ〜ッとひっか
けて、また景気よぉパ〜ッと応援したるわい。しっかり取ってくれ、頼むで。
しっか……

★しっか……、しっかり相撲取れよ、えぇか、景気よぉパッと応援したるさ
かい、しっか……、フェ〜ックションッ! おぉ〜い仲見世、何べんもおか
しなこと尋んねるけど、今度の酒、目ぇや鼻へピュッと沁むで、おい。


【さげ】
 大騒ぎ、おなじみの「相撲場風景」でございます。


【プロパティ】
 「一年を二十日で暮らすよい男」=大阪相撲と江戸相撲に分かれ、それぞ
   れ春場所、夏場所の二回、晴天十日、合計二十日間だけの本場所。あ
   いだは「花相撲」などの地方巡業もあった。
 晴天十日=本場所ごとに小屋をかけ、雨が降れば入掛(いれかけ)と称して
   興行を中止し、天候が回復すると触太鼓をまわして再開するという興
   行形態のこと。
 三里に灸(やいと)=鍼灸医学のつぼ(経穴)のひとつ。普通、足の三里を
   さす。膝頭の下三寸、外側の少しくぼんだ所。俗に、ここに灸をすえ
   ると万病に効くという。
 端(はた)=そば・かたわら・横合い。主として、そばの者など、人の場合
   にいう。人以外は「ねき」という。
 〜しな=折・場合・途中。何々に際してという意の接尾語。
 音源:六代笑福亭松鶴 1973/09/30発売 松鶴上方はなし
 特別謝恩:Iさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=六代笑福亭松鶴 sub=*  ●main高座記録日:1973/09/30  ●音  源  名:松鶴上方はなし  ●ファイル公開日:2002/09/22  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2011/05/22  ●リクエスト数:rakug300  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次