【上方落語メモ第6集】その299

さくらんぼ(頭山)


【主な登場人物】
 芳っさん  お咲さん  徳さん  辰っつぁん  米やんほか

【事の成り行き】
 シャッチョコばって生きていくのも人生なら、諦め流されて生きるのも人
生。どのみち死んでしまえば一市井人の人生なんか影も形も残りません。本
人がそれでいいのなら、その生きように第三者がとやかく口を挟める性質の
ものでもなく、分かろうはずもないのでしょう。

 夫婦別姓「あなたと一緒の墓には入りたくありません」もあれば、二個一
(にこいち)、夫唱婦随「道はあなたにお任せします」があるのも当然です。
まぁ、わたしが人生の相棒を選ぶならば、黙って耐えて付いて来てくれるこ
とを望む……、身勝手ということは承知ですけど。

 しかし、この「さくらんぼ」妙な噺です。状況が現実離れしているだけで
なく、登場人物の心の動きが実に不思議です。不思議なだけで終わるのかと
いうと、かなり深刻なメッセージを含んでいそうなところがあって、また油
断がなりません(2002/09/08)。

             * * * * *

 え〜、もぉ一席のところぉ、よろしくお付き合いのほど願います。

 毎度申しますよぉに、この落語といぅものは“緊張の緩和”でございまし
て、いわゆるこの、快い緊張がございまして、快い緩和があるといいのでご
ざいますが、へたするとなんかこぉ快くない緊張と、アホみたいな緩和があ
ることもございますので、こらもぉ気ぃ付けんならんところぉでございます
が。

 まぁなんでございますねぇ“緊張と緩和”といぅものはなんにでもあるの
でございます。言葉一つでもそぉですね、だいたいこの、関東弁と関西弁、
まぁ今まで我々は関東弁、つまり東京の言葉を緊張とし、大阪の言葉を緩和
といぅふぅにしまして、ま、くすぐりなんか考えてきたわけで。

 「花子(↓下げアクセント)さん」ちゅうとシュッとしてるが「花↑ちゃ
ん」ちゅうとベチャ〜ッとしてるといぅよぉな、まぁそぉいぅよぉな式ので
すな、ことを言ぅてまいりましたが、あれでもやはりある種“緊張と緩和”
なんですね。

 ところがあの、何とかいぅ漫才の人がいますなぁ、あの「広島ぁ、岡山ぁ」
いぅね、あれなんか別に広島も岡山も、緊張でも緩和でもないわけで、あれ
「岡山ぁ、広島ぁ」これでもええわけで、何ぼでもひっくり返しはできるわ
けで、言ぃ方であぁなってるわけですから。

 あれわたし聴きましたときに、今までは関東弁が緊張、関西弁が緩和といぅ
ふぅに考えてきたが、これも言ぃ方で逆もできるんやなぁと。たとえばまぁ、
関東ですと喧嘩すんのに「おぅ、何言ってやがんだベラボォめ」て、こぉ言ぅ
となんかすごいが「何言ぅてなはんねん、どついたろか」言ぅたら恐いこと
ない、ちゅうふぅに普通は言ぅてきたんですが、あれも持って行きよぉで関
西のほぉがすごくて向こぉがすごくないといぅ言ぃ方ができるんですね。

 関西のほぉでつまり「こらッ、いてもたろかッ!」ちゅうと、ホンマにい
かれるよぉやけどもね「ぶっちゃうよ」「ぶてるもんならぶってみな」なん
てね、笑いながら言(ゆ)えるといぅふぅにも言えるわけで、持って行きよぉ
は持って行きよぉですなぁ。

 でも、そぉ考えましたその直後に「待てまて」と、何かがあるのではない
かと思ったのですが、それはやはり、たとえばやはり、その、最終的にはや
はり、関東弁がどぉやら緊張で、関西弁が緩和やといぅのは、たとえば物を
買うといぅ場合でも向こぉは「買って」と、こぉ言ぃますね、買う、buy の
ことをね。

 買って、ケーエーティーティーイー、いわゆるこの、詰まるといぅ「撥音」
ちゅうんですかね、こいつはやはりある種緊張なんですね、それを関西弁で
は「買ぉて」と、ケーオーエイチティーイーとこぉいぅふぅにね「こお〜」
オーオーと延ばすといぅね、こらやはり緩和であろぉといぅふぅに思われま
すので、そぉいぅところが確かにありますですね、ですから、そぉいぅのが
本当だな……

 なんにでもこの“緊張と緩和”といぅものがある、ですから、緊張といぅ
となんか「恐い」といぅのだけが緊張と考えますと「緊張と緩和が本当に笑
いなのかな?」なんて疑問もまた出てくるわけでございますが、そぉいぅふぅ
にいろんな意味にわたって“緊張と緩和”といぅものを正しく把握しますと、
もぉこら笑いといぅものは、もぉ自由自在なのでございます。

 わたしはもぉ、理屈ではもぉかなり高いところまで、あらゆる意味合いに
おいて“緊張と緩和”といぅものを把握はしているのでございます、あの、
頭ではね。ところが実際はどぉもそれ、うまくいかないことがままあるので
すね。それが面白いところでしょ〜。

 ですから、あの〜、笑いごっちゃないですが、本当は、頭で分かれば本当
は、それが実践できなければならないのですが、やはりそれにも何しろ相手
があることでございますから、今日でこれ、四百五十人ぐらいの、もぉそこ
そこええ歳した大人の方を相手に、まぁゆわばおしゃべりさしてもらうわけ
ですから、こっちの思惑ばっかりではいかんのでございますからね、みな四
百五十人思惑が違いますからね、皆さん「ヘヘヘッ」言ぅたはりますけどね、
お腹の中で何思っていらっしゃるか分かりません。

 え〜、それをまぁ捜査しながらおしゃべりするところに、なかなか難しぃ
ところがあるのではないかとも思われるのでございますが、少ぉ〜し変わっ
た、そぉいぅ意味で緊張の少し勝ちましたお噺を聴ぃていただきます。

■おい芳、いてるか?●あぁ徳さん、お越し■「お越し」やないがな、俺ぁ
(おらぁ)ビックリしたで。長いこと顔見んので、おら親方に聞ぃたんやがな。
ほんだら、ついぞ患ぉたことのないお前が寝付いてるちゅうこと聞ぃてビッ
クリしたでおい。慌ててビックリして来てみたんやが、何じゃ顔色もえぇし
元気そぉやないかい?

●おおき、ありがとぉ。まぁ何とか、ここんとこね、まぁボチボチ起きられ
るよぉにまではなったんや■そぉか、結構やないかいおい。いやいや、病は
気からちゅうて、そらそやで、いつまでも寝てたら病もよぉならんてなもん
じゃ。まぁ治ったよぉな気になってゴソゴソしてると、またいつの間にやら
ホンマにまぁ病も治ってしまうっちゅうぐらいのもんじゃ。結構けっこぉ、
そら結構じゃ……

■おい、結構はえぇけどな、お前なんぼ病み上がりか知らんけれども、その
オジンの被るよぉな頭巾(ずっきん)みたいなものはちょっと取っといてもら
いたいなぁ家ん中で。表歩くときならともかくも、家ん中でそんな頭巾みた
いなもん被ってもろたら鬱陶しぃでおい。まだ隠居するには少し間があるよぉ
に思うで、それ取ってもらいたいなぁ、その頭巾を。

●わいかてこの頭巾、別に被りとぉて被ってるわけやないねんけどね。そら
まぁ取ってもえぇねんけども、この頭巾取って、お前、笑ろてなや■何ぬか
してけつかんねん。何でお前が頭巾取って、わいが笑わんならんねん●それ
がひょっとしたら笑うやも分からんねんで。なにとぞ、どぉぞ、笑わんよぉ
にしてや。

■何ぬかしてけつかんねん、笑えへんわらえへん、お前が頭巾取って笑ろた
り……、ふぁ、ふぁはははははッ。何いちびってんねん、お前わ。何やそら?
●せやさかい「笑ろてな」言ぅてるやろ■「笑ろてな」て、お前……、何や
木の枝みたいなもん頭の上乗せて、何じゃいそら、桜らしぃなぁ?

■おいあのなぁ、狐か狸ならばお前、頭の上へ木の葉乗せて一つ返って何ぞ
に化けるてなもんやが、お前がそんなもん頭の上乗せてどないすんねんそれ
は?●これ何もわい、シャレや冗談でこんなもん頭の上へ置いてんのんと違
うで。第一これ、置いてんのでもなけりゃ、髪に差してんのんでもないで。

■何?「置いてんのでもなけりゃ、髪に差してるわけでもない」ちゅうたら
どぉなったぁんねん?●これ、つまりその、頭から生えたぁんねんで■はは
はははッ。頭から生えたぁんのんか、ふぁはははははッ、えぇ? 頭から生
えたぁる? 生えたぁるて、どぉいぅこっちゃい?

●まぁ何ならちょっと触ってごらん■ほぉ……、ホンに生えたんなぁ、頭か
ら、桜が生えたんのんこれ。どないしたんやこれ?●まぁ、わけ言わな分か
らんねんけどね、ひと月ほども前のこっちゃで、うちの嬶(かか)のオバハン
がね「在所でサクランボがとれた」ちゅうて、ぎょ〜さん持ってきてくれた
んや。

●わいまた、サクランボが大の好物やよってにね、鉢にいっぱいあったやつ
「うまいうまい」言ぅてサラッと食てしもたんや。ほんで、あんまり慌てて
食たもんやよってに、どぉやらその種を一つ、呑み込んだらしぃねん■ほぉ、
「呑み込んだらしぃ」て、その呑み込んだ種が何かい、お前の腹ん中で、温
みと水気でジンワリ芽ぇ吹き出したちゅうのんかい?

●そぉいぅことになるらしぃ。いや、サクランボ食てね、あれ二日目の朝方
やったかいなぁ、腹ん中が何じゃムズムズ・ムズムズすんので、やっぱりお
のれの腹ん中のことは分かるもんやで「ひょっとしたら、こら芽ぇ吹きよっ
たんと違うかいなぁ」思てね、そんな気はしたんやで。

●せやけど「まぁまぁ、体の中のこっちゃわい、体の中で納まるわい」思て
たら、えらいもんやねぇ、桜ちゅな精の強いもんやねぇ、頭ドンドンドンド
ン突き抜けて、上出て来よってんで。桜っちゅうやつはなかなか精の強いも
んやねぇ■感心してる場合やあらへんでお前、えらいことなったもんやなぁ
おい。医者に診てもろたんかい?

●医者にも診てもろたんや■どぉ言ぅてんねん?●さぁ、医者がね「まぁ、
こんな病人には、初めて会わしてもろた」と「まぁ、嬉しぃよぉな、情けな
いよぉな気がする」と「どぉにも診立てが付かん」と「今までこんな病人も
診たこともなけりゃ、二、三古い書物も調べさしてもろたけども、どこにも
こぉいぅ事例がない」と、こぉ言ぅねんなぁ。

■ほぉ「事例がない」と●そぉやねん。で「まぁ、うちではとても手に負え
んさかい、どぉぞよそへ行てもらいたい」と、こぉ言わはったんや■ほぉ〜、
どこへ行けちぃよんねん?●「どこへ行けとも言(ゆ)えんけども、ま、何な
らば植木屋のほぉへでも回ってみたらどや」と■頼んない医者やなぁその医
者わ。えぇ加減なこと言ぃよるが、まぁまぁこら、そないなと言わなしゃ〜
ないやろかい、その医者としてはな、何なと言わんならんよって。ほんでどぉ
したんや?

●さっそくわい、植木屋行たんや■またお前も行きないなお前もまた、医者
の言ぅこと聞ぃて●ほかに行くとこないさかい行たんや■植木屋、どない言ぅ
とんねん?●植木屋がこれ見てね「なるほど、植木屋が見ても、これは桜で
す」と■何もそんなとこで念押してもらわいでも、植木屋が見よが誰が見よ
が、桜は桜やがな。

●せやけどもまぁ「植木屋が見ても桜や」と「うちゃ植木屋でっさかい、こ
れを枯らさんよぉに、どこぞへ移し替えることはでけます」と、それはまぁ
請け合ぉてくれたんや■おぉ結構なこっちゃがな、ほな桜枯らさんと移し替
えられるぐらいなら、その何じゃな、土台のほぉも大丈夫やねんな?

●それを、向こぉが言ぅねで「うちゃ植木屋でっさかい、その木のほぉはまぁ
枯らさんよぉに移し替えることはするけども、まぁ、土台まで責任は持ちか
ねる」と■おい、そこが一番肝心なとこやでお前●さいな、それでまぁ、医
者には見放されるわ、植木屋には見放されるわ。アホらしぃやら、情けない
やら、泣くにも泣けんさかいこの頃はまぁ、笑ろてるてなことや。へへへへ
へッ……

■アホか、お前わ。情けない顔して笑うな。しかし、えらいことになったも
んやなぁおい。ほんで何かい、それから療治はしてないのんかい?●それが
まぁ、医者にも見放されたのにやで、これ灸(やいと)して治るもんやら、鍼
(はり)打って治るもんやら、そらやっぱり医者のほぉがまだ確かやで。もぉ
しゃ〜ないさかい、わいこの頃はもぉ諦めてんねん■どぉ諦めてんねん?

●いや、こぉなったんもな、わい、こらもぉ何ぞの因縁やと思うねん。前世
からの、ゆや約束ごとや。もぉでけてしもたことはしゃ〜ないよって、まぁ
もぉちょっと大きなるまで、これ置いといてやってね、ほでまぁ、もぉちょっ
と大きなりよったらキコリ頼んで、これまぁ切ってもろて根元から「まぁ、
切り株ぐらいは残しといても粋なもんやないかい」いぅて、嬶とも言ぅてる
てなこっちゃねん。

■偉い、芳ぃお前偉いで。なかなか人間そぉ思えんこっちゃで。そらそぉや、
考えたら降って湧いたよぉな災難のよぉに思うけれども、お釈迦さんが言ぅ
てはる「すべては因縁ごと」やそぉな「ちゃんとやっぱり、そぉなるよぉに
してなる」そらまぁおのれには覚えはのぉても、それこそ今お前がえぇこと
言ぅた、前世からの因縁なり何なり、やっぱりなるよぉにしてなったぁるら
しぃ。

■せやさかいに、なってしもたことをとやこぉ、キナキナ思い悩んでもしゃ〜
ない。そらそぉや、でけてしもたことはでけてしもたこととして、それから
あとのことを考える。偉い、お前なかなか人間でけたで。いやぁ、それでこ
そ、そのお前の顔色のえぇのんが得心がいくねんで。

■そぉか、お前も偉らなったなぁ、いや、それ聞ぃて俺も安心した。ホンマ
にいっ時どぉなるや知らんと思たけど、お前の今のその心意気、モノの考え
よぉ、それ聞ぃておら安心したで。そぉか、よっしゃ、ほんだらこれでひと
安心や。また今度寄してもらうよってに●あっそぉか、徳さんちょっと待っ
て……、お咲、徳さん来てくれてはんねんで、熱いとこ一本……

■いやいや気ぃ遣こてな、おらぁ仕事の帰りにちょっと寄っただけやねん。
また家で嬶が何しとったらいかんので、また今度、何したときに何さしても
らうよってに●あぁそぉか、ほなまた何のときに何さしてもらうちゅうこと
で■ごめん……

             * * * * *

■おい芳、いてるか?●おッ、徳さん。こないだ、えらい済んまへんでした
■いやいや、そんなことどぉでも……、こらまたお前何じゃがな、ちょっと
大きなったんと違うのんかい?●あのな、これ日に日に大きなっていきよん
ねんで。わいもねぇ、こないだうちから何や知らんけど、これだけ大きなり
よったらね、他人とは思えんねんで。こいつが段々だんだん大きなっていき
よんのがね、何やわいにも心嬉しぃよぉな気がしてね。

■ほぉ、もぉこら何やで、ちょっとした桜の木ぃやで、まだ小さいことは小
さいけれども、桜の木ぃになったぁるがな。ほで、こらいつ切ってもらうね
ん?●何がいな、徳さん?■いや、お前「そこそこ大きなったら切ってもら
う」ちゅうてたやろ●あぁ……、あれやねんけどな徳さん、今も言ぅたよぉ
に、とてもやないがちょっと他人とは思えんのでね、まぁもぉちょっと置い
といたろかいなぁ思てね。

●まぁどっちにしても、もぉちょっとわいのとこで大きしたろかいなぁ思て、
ほいでまぁまぁ、今切ってやったら可哀相ぉな「もぉちょっと大きなって、
何とか一人立ちできるよぉになってからでも遅ないわい」いぅて、嬶とももぉ
ちょっと置いといたろかい言ぅてんねん。

■そぉか、いやいやお前がその気ならそぉしてやったらえぇがな。そらせや
ろなぁ、何ちゅうたかてお前の頭から生えたぁんねんよってになぁ、他人と
は思えんやろなぁ。ほなお前の体のほぉも別状(べっちょ〜)ないのんかい?
それなら結構けっこぉ。

●結構やねんけれどもね、ボチボチ温(ぬ)くなってきたやろ、毛虫が出てき
よってねぇ、ここらへツ〜ッとこぉ■アハハハッ、なるほどなぁ、温くなっ
てきたよって毛虫が出るか。まぁまぁ毛虫ぐらいのことは辛抱したってくれ。

■まぁそれ聞ぃてひと安心、わしも切ってしまうのも惜しぃよぉな気がしか
けてたんでな、それもあって来たよぉなこっちゃ。ほなまた寄してもらうわ
●ちょっと待ってんか……、お咲、徳さん来てくれてんねん■いやいや、どぉ
ぞ気ぃ遣こてなちゅうねん。今日はまた何へさして何してな、またあの何ぃ
何せんならんので、また何のとき何さしてもらうわ。

●そぉか、そしたらまた何のときに何して何さしてもらうっちゅうよぉなこ
とで、さよか■ごめん。

             * * * * *

■おい芳、いてるか?●あ、徳さん、ホンマになぁいつもいつも気にかけて
くれて■いやいや、そんなことはどぉでもえぇ、そない礼(れぇ)言われるほ
どの……、こぉ〜らまた立派になったやないかいな●ドンドンドンドン大き
なってくれんのでなぁ、わいももぉ我が子の成長を見るよぉでなぁ、嬉しぃ
ねんで。

●あの植木屋の親っさんもね「こらよほど土壌がよろしぃのんやろ」言ぅて
ね「こら肥えが効ぃてまんねやろ」いぅて、言ぅてくれて。わいもぉ人事の
よぉに思えぇでねぇ、我が子ぉの大きなるのん見るよぉな気がして、わい嬉
しぃねんで■あぁ、結構なこっちゃ。何かい、この頃、植木屋にちょいちょ
い来てもぉてんのんかい?

●いやあの、まぁ床屋へ行かいでもよぉなった代わりにね、植木屋に来ても
ろてちょいちょい散髪してもらうよぉなことで■そぉか、わいもなぁ、お前
がそない言ぅ気持ちが分かる、といぅのがやで、他人のわいでもやで、家で
な「あの桜、もぉ大きなりよったんちゃうかいなぁ」思てな、寝てても気に
なるぐらいでな。そぉか、結構けっこぉ、お前の気持ち分かるわかる。

■あのな、お咲さんこれな、あとでちょっと芳にやってんか▲徳さん、えら
いみやげまで……■いや、みやげっちゅうことないねんけど、今ちょっとそ
こで売ってたんで買ぉてきたんや、油粕や。

■また何じゃで、お前の息子の根元へでも、ちょっとこぉやってもらいたい
で●徳さん、無茶言ぃないな。そんなことしたらわいの頭ネチョネチョになっ
てしまう■はははははぁ〜ッ、まぁまぁそれぐらいのことは辛抱したれ辛抱
したれ。ほな、これで失礼……。いや、また何ぃさして、こんどは何して何
せんならんので、また何のときに何して何さしてもらうわ●ほんだらまぁ、
何のときに何さしてもらうっちゅうことで■ごめん。

             * * * * *

■おい、芳いてるか?▲まぁ徳さんの兄さん、いつもすんまへん。都度(た
んび)たんびに寄っていただきまして■何を言ぅてんねんな、友達やないか
いな、これぐらいのこと当り前のこっちゃ。いや、わいもな、ここへ寄して
もらうのが楽しみっちゅうたらケッタイなけれどもな、まぁ何じゃで……、
何じゃ、芳、今日はいてへんのんか?

▲うちの人、裏にいてまんねやわ■裏に出とんのかい、そぉかちょっと通ら
してもらうで……、こぉらまた見事な桜やなぁおい。七分咲きちゅうとこや
が、見事ななぁ。おい、お咲さん、お前とこの裏にこんな大きな立派な桜の
木があったんかい?

▲いぃえぇあの、ちょっと根元見てやっとぉ■根元? うおぉ〜ッ、何じゃ
いお前芳かい?●徳さん、こんにちわ■ちょっと待ったまった、お辞儀しな
お辞儀しな、花が散るやないかい。こぉ〜ら立派になったなぁ●おおき、あ
りがとぉ。とぉとぉこないなりよったんやで。

●もぉこの頃はなぁ、家ん中にいてたんではとても天井にこいつの頭が付く
と思てな、雨さえ降らなんだらこぉして表へ出てやってんねんで。そのほぉ
がこいつのためにもな、お日ぃさんが当たってえぇやろと思てな。もぉ少々
わいが雨にさえ濡れたらえぇねんと思て、この頃は雨降りの日ぃでもな、そ
らやっぱり水気も要ることは要るねんよってな、雨の日ぃでもちょいちょい
表出て、またお日ぃさんの日当たりのえぇときにはこぉして表出てやってん
ねんで。

■そぉか、結構やなぁおい。お前なかなかえぇとこあるで「我が子のよぉに
思える」て。しかし立派になったやないかい、なぁ、人間でゆや、息子でゆ
や、こらもぉ二十二、三、働き盛り、結構なこっちゃないかいおい。そぉか、
えぇもん見してもろた、おら今までな、桜の木ぃもいろいろ見てきたけど、
こんな立派な桜の木はホンマに生まれて初めてやで。いやぁ、えぇ目の正月
さしてもろた。

■こら満開になったら、是非ともうち知らしてもらいたいで。嫁はんや娘も
連れて皆で一緒に見に来るよってな。そしたらな、今日はこれで失礼さして
もらう●あのな、また徳さん、何ですかい、何から何して何してから何しは
るんですかい? へぇ、ほんだらまた何したときに何さしてもらいます■ご
めん。

             * * * * *

★おい、米やんいてんのんかい?◆あぁ、辰っつぁんお越し★「お越し」や
ないがな、何をしてんねん花見行たんかい今年はもぉ?◆花見なぁ、あれ何
やねんで、こないださぁ行こと思てたら、あの雨で桜の宮、流れてしもてな
「この分やったら、今年はもぉ花見んと夏になってしまうねやないかいなぁ」
言ぅたりしてんねん。

★何を言ぅてんねんお前「花見もせんと夏になってしまう」そんなアホなこ
としたらいかんいかん、これから見に行こ見に行こ◆「これから行こ」て、
桜の宮の花、もぉ散ってしもたんと違うやろか?★何を言ぅてんねんお前、
桜の宮だけが花見やあれへんやないかい、玉造行こ玉造◆玉造? 玉造てな
とこに花見するよぉな桜があんのんかい?

★知らんのんかい、お前まだ? あるやないかいお前、あの「あたま山の桜」
なぁ◆あぁあぁ、浅香山の桜?★違うちがう、浅香山と違うがな「あたま山
の桜や」っちゅうてんねんがな◆あたま山の桜? そら何やねん?★知らな
んだらしゃ〜あない、よし、俺が連れてったる付いといで、こっちやこっち
や……

★おい、どや見てみぃお前、立派なもんやろ◆あらッ、わぁッ、うわぁ〜ッ、
見事な桜やなぁ。こら一本でもこれだけ見事な枝振りやったら、こら十分に
花見ができるなぁ★見てみぃ、もぉ木の下では大勢が騒いでるやないかいな
おい……♪あ、コリャコリャ、コリャコリャ……♪

 「酒呑め、酒呑め。わい踊るよってな」コリャコリャ、コリャコリャ……

 さぁ、もぉ酒呑んで踊り踊り出すやつがある、拳を打ち出すやつがある、
歌を唄うやつがある、なかにはフンドシ降り回して走り回っているやつがあ
る、桜の枝を折るやつがある、もぉなかには桜の根元へさしてジャ〜ジャ〜・
ジャ〜ジャ〜、ションベンかけてるやつがある、もぉ大騒ぎでございます。

 「うわぁ〜いッ……」

             * * * * *

■おい、芳いてるか?●徳さん、お越し■どないしたんや? えらい浮かん
顔して、どぉしたんや?●どぉもこぉもないねんけどね、この桜へ……■桜
がどないぞしたんか?●いや、どぉもこぉもないねんけど、あんまり見事に
咲いてるちゅうんで、みな頭の上へ花見に来よんねや。酒呑んで唄いよる踊
りよる、そらもぉ拳打ちよる、枝折りよる。エグイやつになったら頭の上へ
ジャ〜ジャ〜、ションベンかけよる。

●もぉ昼日中(ひるひなか)のことだけやったら、まだ辛抱しょ〜と思てんね
んけれども、この頃は温くなったよって、夜桜見物やっちゅうんで夜通し騒
いで寝さしよれへんねん。こんなこっちゃったら桜の木はともかくも、とて
もわいの体がもたんと思うので、まぁ、わいの倅(せがれ)と別れるのは辛い
けども、まぁしゃ〜ない、根こそぎズボ〜ッと抜いてもらおかしらんと思て
んねん。

■そぉかい、いやぁ、そらまぁ何ちゅうたかてお前の体が大事やよってなぁ、
しかしお前、立派んなったせがれと別れるのも辛かろぉが、そらしゃ〜ない、
まぁまぁお前が思たよぉにしたらえぇ、切り株だでも残しといたらどや?

●それも思てんけどねぇ、またそっから芽ぇ吹いて花が咲いて、また大騒動
になったらいかんので、いっそのことズバッといってしまう……、いずれいっ
ぺんは別れんならん時があんねやよって、思て■そぉか、よっしゃよっしゃ、
それやったらお前の好いたよぉにしたらえぇ。しかしまぁまぁ、体のことだ
けは、お前の体だけは気ぃ付けや、分かったな。

             * * * * *

 さぁ、それから人足を十人ほど雇いまして、その桜をば根こそぎゴソ〜ッ
と抜きましたんです。この芳っさんも、するだけのことをしてやったからか
も分かりませんが、もぉ芳っさんの体のほぉにはなんら別状はございませな
んだ。

 ズバッと抜きました体に何ら別状はなかったんでございますが、ものの見
事にズボ〜ッと抜けたもんですから、頭へさしてこぉ穴が開きましたんで、
ここへさしてね。

 芳っさんがこの、用足しにまいりました帰り道でございます。真夏のこと
です、馬の背を分けるといぅ夕立がザァ〜ッと降ったんです。もぉ芳っさん、
飛んで帰ったんでございますが、頭へさして雨水が溜まりましたんです。

■おい芳、いてるか?●徳さん、お越し■おぉ、さっぱりした顔してるやな
いかい。いや、スカッとしたんはしたけど、ちょっと寂しなったんと違うか
え?●いやぁ、別に寂しはなれへんけれどもな、まぁゆわば今までが賑やか
過ぎたんや。

■まぁそらそぉかも分からんけれども……、何じゃそれにしても、タッポン
タッポン音がしてるが、お咲さん何かい、裏で行水でもつこてんのんかい?
●違うねん。タッポンタッポンいぅてんのは、わいの頭や。

■えぇ? 頭……、うわッ、何じゃこら、どないなったんや?●あのぉ〜、
実はな……■はぁ、はぁはぁ、はぁ、抜いた跡が穴になって、雨に遭ぉて雨
水が溜まったぁるのんかいこれ。おい無茶したらどもならんなぁ、こら早い
ことほかしてしまわなボウフラが湧いて、水が腐ったらえらいことになるで。

●いや、わいもそない思てんけどな、何ちゅうたかてこれなぁ、涼しぃねで。
何ならお前もやってみたらえぇけどな■アホなこと言ぃないなお前●まぁマ
メに水さえ仕替えてたらな、水が腐るよぉなこともないやろと思て■金魚鉢
やがなまるで、はははははぁ〜ッ、相変わらず気楽なこと言ぅてるなぁ。

■いやいや、まぁまぁお前さえ得心でそんなことしてんねんやったら、それ
はそれでえぇけれども……。あぁ、金魚鉢ちゅや、いま夜店で娘に金魚買ぉ
てきたんや。ちょっとな、お前の頭に池のでけた祝いとゆや何やが、何にも
ないのも寂しぃやないかい、ちょっと頭こっち出し……

■まず、藻ぉを入れてな……、金魚をな……(タポン)……(タポッ)出目
金も(タポッ)……、嬉しそぉに泳いどる泳いどる。いやいや、これで結構
けっこぉ、賑やかになった。いやいや、うちの娘はまた金魚見たいちゅうた
らここへ寄してもらうよって、見したってくれたらえぇやないか。よっしゃ、
ほたら、わいはこれで帰るよってにな……

             * * * * *

 さぁ、気楽な連中があったもんで、頭の池へさして金魚を放ちましたんで。
また世の中にはいちびった連中もあるもんでございまして「ほんならわたい
も」いぅんで、フナ放す、ドジョウ放す、ダボハゼを放す。

 そのうちにもぉ朝から魚釣りに来るやつがドンドンドンドン増えてくる。
子どもやなんか日がな一日ビャ〜ッと頭の上走り回って、中にはボチャ〜ッ
と落ちて「おかぁちゃ〜ん」なんて泣いているやつがある。

 もぉ夜になりますと、夜は夜で、

★おい、米やん◆あぁ、辰っつぁんお越し★おぉ、あの何じゃ、夕涼み行け
へんか?◆また何かいな、あの難波橋(なにわばし)の上かい?★いやいや、
今日は舟行きや◆舟行きて、今日ら大川えらい人と違うか?★いやいや、別
に大川行かいでもえぇがな。玉造行こ、玉造へ。

◆また玉造かいなおい、あんなとこにそんな何があんのんかい?★「頭が池」
っちゅうてお前できたんや、オモロイオモロイ、行こいこ、付いといで付い
といで……

★どや、この池や◆うわッ、うわぁ〜ッ、広い池やなぁ★おいおい、いつま
でそんなとこいてんねん、こっち来いこっち来い◆うわぁ〜、ぎょ〜さん皆
舟遊びしてるやないかいな。わいらの舟はどれや?★こっちやこっちや、こ
の池市丸と書いたこの舟や。おい、皆も来てるな、ちょっとこいつを誘いに
行ってたんで遅そなったんや。

▼辰っつぁんお越し、米やんも一緒かいな。今晩わ、今晩わ、こんばんわ、
こんばんわ……★挨拶はえぇねん、皆乗れ、皆乗れ。さッ、船頭はん乗り前
が決まったら、ひとつ出してもらおか▽へ、よろします、出しまっせ。よッ、
うんとしょ〜いッ……♪

             ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

▽旦さんら結構ですなぁ、こぉして暑い時分には舟遊びなさって★何言ぅて
んねん、わいらかてなぁ、まぁまぁこんなことができんのは、まぁ一年にいっ
ぺんぐらいできりゃえぇなぁちゅうことをな、いつも言ぅてんねんけどな。
なかなか派手に皆、舟遊びやってるやないかいな。

▽へぇへぇ、もぉこの頃はな、大川よりこっちのほぉが洒落たぁるっちゅう
てな、皆こぉしてぎょ〜さんあんた舟出して騒いでまんねんで。またな、今
日は花火がおまんのでな★へぇ花火がある? こらまた、まことに楽しみな
こっちゃなぁ。もぉボチボチやてか? おぉホンに上がりそぉやなぁ……、
玉屋ぁ〜ッ、よぉ上げてやぁ〜ッ……♪

(シュ〜ッ、ボ〜ン! ルルルルルッ……、シュ〜ッ、ボ〜ン! ルルルル
ルッ……)

 さぁ、池の傍(はた)ではぶっちゃけ商人(あきんど)がたぁくさんに店出し
まして「赤いで赤いで、赤いで赤いで、新田西瓜や種まで赤いで」「上がっ
た上がった」「寒氷や寒氷や、寒氷や寒氷や、割ったぁ割ったぁ割ったぁ」
「上がった上がった、上がった上がったぁ〜ッ。うわぁ〜いッ……」

 大騒ぎでございます。

             * * * * *

 騒がしぃ夏の日が一日一日と過ぎてまいりまして、いつしか秋風が吹くよぉ
になります。十月の声を聞きますといぅと、池の面に浮かんどぉりますのは
遊山の舟の代わりに月の影ばかりでございます。

 虫のすだく音を聴きながら、池に映った月を見とぉりますといぅと、何と
のぉ物悲しゅ〜なるもんでございまして、夫婦(みょ〜と)のもんが二ぁ人、
頭が池の淵をば……

●なぁお咲、おらぁ何でこんなえらい目に遭わんならんねやろなぁ? 元は
と言やぁお前、サクランボの種一つ呑み込んだだけやないかいな。世間には
何かい、このサクランボの種やみな呑み込んだやつは、ほかに一人もおらん
のんかえ? そんなことないやろ、おるで、おるはずや、おらんでかいな、
当り前やないか。それに、わいだけ何でこんなえらい目に遭わんならんねや
ろなぁ?

▲ホンマだんなぁ、ほかでこんな話、あんまり聞きまへんなぁ。せやけどなぁ
あんた、わたいら肩の悪い夫婦だすよってなぁ、これぐらいのことはあんの
んと違いまっか。

●お前、よぉそんな気楽なこと言ぅてられるなぁ。しかしわいの身になって
みてくれ。春になったら春でワァ〜ッと踊りまわって、酒呑んで散財しよる。
ズボッと抜いてしもたら夏になってまた舟遊び、花火上げて遊びよる。今年
はこれで、何とかまぁ納まったけれども、また来年からこんなことが毎年ま
いとし繰り返されると思たらなぁ……

●お咲、おらもぉつくづく生きてんのが嫌んなってなぁ。いっそのこと、死
んでしまおかと思てんねん▲さよか、ほんだらわたいも一緒に、連れて行と
くなはれな●えぇ? お前も一緒に来てくれんのんかい?

▲一人で死なはるより、心中のほぉが賑やかでよろし。なぁ、一人行かはん
のも寂しおまっしゃろけど、一人残んのも、寂しぃもんだっせ……

●そぉか、お前も一緒に来てくれるのんかいな▲あんたとわたいは、夫婦や
おまへんかいな……、ほいたらあんた、ボチボチ行きまひょか●よっしゃ。


【さげ】
 夫婦のものが手に手を取って、頭の池へドボ〜ンッ!


【プロパティ】
 “緊張の緩和”=「緊張の緩和」が笑いを生むとする枝雀独自の落語理論。
 「広島ぁ、岡山ぁ」=広島県出身の島田洋七と、岡山県出身の島田洋八に
   よる漫才コンビ「B&B」。郷土ギャグ、オーバーアクションの一発
   芸、ボケだけによる機関銃のような一方的な喋りなどが特徴。1980年
   から1984年にかけて活躍。
 べらぼう=東京言葉で、人をののしっていう語。たわけ。ばか。語源は、
   寛文(1661〜1673)末年ごろ、見世物で評判になった、全身真っ黒で
   頭はとがり、目は赤く丸く、あごが猿のような奇人「便乱坊(べらん
   ぼう)」「可坊(べくぼう)」からという
 何をぬかしてけつかんねん=ぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言う」
   ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。ネン
   は助詞「〜のだ」標準語では「何をおっしゃっているのでしょう」
 いちびる=調子に乗ってはしゃぐ。ふざける・ほたえる・つけあがるとい
   うほどの意を含んでいる。「市振る」からの転訛。その市振りの嬌態
   からきたもの。市振り:せり市で手を振って値の決定を取り仕切る。
 在所=都会から離れたところ。いなか。ざい。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 さいな=そうですね、おおせの通り、などの意。サ+強調のイナ。軽い語
   感で発音する相づちのようなもの。サヨウ→ソォイナ→サイナ。
 とやこぉ=とやかく。
 キナキナ=くよくよ思い煩うさま。
 油粕=大豆やアブラナ・アマなどの種子から油をしぼりとった残りのかす。
   肥料や家畜の飼料用。
 桜の宮=大阪城の北約1キロメートル。
 玉造=大阪城の南東約1キロメートル。
 浅香山=堺市堺区の地名。山ではない。
 拳(けん)=キツネ拳・庄屋拳:拳の一種。両手を開いて両耳のあたりにあ
   げるのを狐、肩を張って両手を膝の上に置くのを庄屋、握った左手を
   前に出すのを鉄砲または狩人という。狐は庄屋に、庄屋は鉄砲に、鉄
   砲は狐に勝つ。庄屋拳。
 どもならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 ほかす=放かす:捨て去る。
 難波橋(なにわばし)=堺筋、大川にかかる橋。
 新田西瓜=九条ねぎ、九条なすと並ぶ九条村(現・西区九条)の特産品。新
   田とは、寛政から江戸時代末・慶応まで続いた大阪湾沿岸の埋め立て
   開発によって開かれた「川口新田」から。
 寒氷=大寒の頃、厚さ1メートルほどの氷を氷室に貯蔵し、夏に融けずに
   残った物を販売した。カチワリ氷。
 肩の悪い=運が悪い。
 音源:桂枝雀 1981/01/15 NHK-TV
 特別謝恩:Yさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂枝雀 sub=*  ●main高座記録日:1981/01/15  ●音  源  名:(NHK-TV)  ●ファイル公開日:2002/09/08  ●江戸落語相当:頭山(あたまやま)  ●更  新  日:2011/05/22  ●リクエスト数:rakug299  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次