【上方落語メモ第6集】その294

化 物 つ か い


【主な登場人物】
 ご隠居  権助  たぬき

【事の成り行き】
 現役時代、DTP・電子組版をなりわいにしていました。広報誌や機関紙
が得意分野で、最盛期にはとある業界団体の各支部から発行される会員情報
誌を一手に引き受けていたこともあります。

 発刊は支部の規模に応じて毎月、隔月、季刊、年二回とまちまちですが、
正月号だけはピタッと重なります。ただでさえ繁忙を極める年末にこれらが
重なってドッとやって来るわけですから、そらもう半端な忙しさではありま
せん。

 入稿打ち合わせ、割付確認、原稿確認、作業線表確認、データ入力、割付
組版、ゲラ出力、初校出し、初校戻り再校出し、再校戻り確認校正または三
校出し、なかには四校、五校、六校……。校了、版下出力、降版。これらが
数日のズレで数点重なり合って、わ、わ、わ〜〜ッ。

 出稿側は担当者一人が一点ですので、自分の都合に合わせて時間配分を決
められますけど、こっちはそれらを一人で調整するわけですから胃がキリキ
リと音を立てるほどにストレス溜まりまくります。

 考えるだけで恐ろしいほどの仕事量やったなぁ……。まぁ、その忙しさが
あったからこそ、今こうやって仮隠居の気ままを楽しめるということですの
で、ありがたいと言えばありがたいことでした。しかし、金倍払うからあの
忙しさの中にもう一度もどれと言われても、絶対に嫌やねぇ(2002/06/23)。

             * * * * *

 え〜、よろしくお付き合いのほど、お願い申し上げておきますが。

 誰が調べてくんのか知りませんけども、毎日いろんな事件が明るみに出て
くるもんでございますねぇ。誰が調べよるんでございましょ〜か? そぉいぅ
やつがいてるんでございますねぇ。

 ん〜ん、しかしなんか、わけが分かったよぉな分からんよぉな、まぁ噺家
もですね、秘書を三人ぐらい置いたら楽やないかと思うんでございますけど
も、第一秘書、第二秘書、政策秘書ね。何を政策するのか知りませんけども。

 ほんで国のほぉから給料やってもろて、今度こっちもろてね、そぉしてもぉ
たら楽なんでございます。ほんで、もぉしょ〜もない仕事はみな秘書に行か
すんでございます。もぉ、紅梅亭とかみな秘書に行かして……、えぇ仕事だ
けわたしが行くんでございます。

 しかしねぇ、あれ、まぁ勝手に儲けて勝手にやりくりしてはったらいいん
でございますけども、税金やっちゅうとこが引っかかりますでしょ? 我々
の税金っちゅうとこがね、血税でございますからね。

 わたしもちゃんと納税しとぉりますからね、もぉほとんど返ってきますけ
どね「まぁそぉ言わんと取っときなはれ」言ぃまんねんけど「要りまへん」
いぅてね、返されるんでございますけども。

 え〜、しかしまぁなんでございます、相変わらずのね、不況てなこと言ぅ
ておりますが、就職すんのもなかなか難しぃそぉでございますねぇ。ほんで、
今いてる会社でもね、明日はどぉなるか分からんといぅ、そぉいぅ時代でご
ざいますが。

 昔と今とではこの、働くといぅ感覚がやっぱだいぶ違うよぉでございます
ねぇ。昔はあの、奉公するなんて言ぃましてね、よぉするにその主(しゅ〜)・
従(じゅ〜)の関係がはっきりしとぉりまして、もぉ雇うほぉが偉くって、雇
われるほぉが下なんでございます。こらもぉはっきりしとぉりましてね。

 ですからこの、辛抱をしに行くといぅね、そぉいぅ感覚でございまして、
まぁ丁稚さん、女衆(おなごし)さん、男衆(おとこし)さん、いろいろ奉公人
がいてるわけでございますが。

 ここにございました、このご隠居さんでございますが、若い時分から一生
懸命働いて、こぉ財産を築き上げた。今、隠居でございますが、まぁ自分が
一生懸命やってただけに、やっぱり他人にも厳しゅ〜ございます。人使いが
荒いといぅ評判の隠居さんでございまして、もぉ奉公人がやってまいります
けども、しばらくいたしますと……

●え〜、旦さん、ちょっとお願いがございますが■何じゃいな?●お暇をい
ただきたいんで■暇を? 何でや?●そらもぉ、いろいろあっちこっち奉公
いたしましたが、あんさんぐらい人使いの荒い人ちゅうのは、わたし見たこ
とがございませんので辛抱なりかねますんで、どぉぞお暇を。

■あぁ、そぉかいな。ほなまぁ、出て行きなはれ。このぐらいのことで人使
いの荒いの細こいのと言われてたまりますかいな。わしらの若い時分はそや
なかったで。あぁ分かりましたわかりました、口入屋はん言ぅたら何ぼでも
奉公人なんか来んねんさかい、辞めてしまいなはれ。

 奉公人を帰してしまう。また次の奉公人がやって来る。しばらくいたしま
すと、

▲え〜、旦さん、お暇をいただきとぉございますが■暇くれ?▲あんさんぐ
らい人使いの荒い人ちゅうのは、わたし今まで見たことがないんで、どぉぞ
お暇を■ほなまぁ暇やる、出て行ったらよろしぃがな。口入屋はん言ぅたら
奉公人なんか何ぼでも来んねやさかい。

 次から次から来る奉公人、みな人使いが荒いっちゅうんで辞めてしまう。

 その時分、口入屋さんといぅ、まぁ職業斡旋所でございますなぁ、あちこ
ちにあったんでございますが、有名なんが島之内畳屋町八幡筋に「吉田屋さ
ん」といぅ、わりと大きな口入屋さんがございまして。

 入ったところがこぉ土間になっとぉりまして、板の間が続いておりまして、
一番奥にこの番頭さん、一段高いとこにね、結界といぅものをこぉ引き回し
ましてね、帳場格子といぅね、動物園ごっこの檻みたいなやつでございます
けども、その中へ入りまして、

◆え〜ッと、次行てもらいたいねんけどな……、女衆(おなごっ)さん、上の
女衆さんが一人欲しぃっちゅうことじゃ。えぇ〜ッと……、薬問屋、道修町
の薬問屋で十一屋はんいぅとこじゃ。いたってえぇお家(うち)や、給金もえぇ
しな、上の女衆さんが一人欲しぃちゅうことやねん。

◆あのぉ、子どもさん、お子達はいたはれへんさかいな、まぁゴジャゴジャ
とした用事はないやろと思う、割りと綺麗ぇにしてはるさかいな。え〜、誰
ぞ行ってくれる人はないかい? 薬問屋……

◆あぁ、あんた行てくれるのんか? あぁそぉかそぉか、名前は? はいは
い、はいはい……、ほなな、じきに行とぉくれ。また話があんじょ〜決まっ
たらな、人走らしますで。これ持ってな、ちょっと行とぉくなされ。地図は
そこに書いたぁるさかいな、しっかりきばっとぉくれや、辛抱しとぉくれや、
はいはいご苦労ぉさん……

◆え〜ッと……、あぁこれッ、もぉ行ってしもたんか? ちょっと言ぅのん
忘れてたなぁ。いや、ここ、御寮人(ごりょん)さんが寝たきりでな、ほで夜
中にゴ〜ソゴ〜ソ這い出してきて、女衆の部屋へ入って来て、ンンン〜て首
絞めはんねん。いやいや、力はたいしたことないねんけども、無茶苦茶怖い
らしぃ。行てしもたんか? しゃ〜ないなぁ……

◆え〜ッと次はこれやなぁ、難波のほぉの搗米屋さんじゃ、搗米屋さん。い
やいや、米を搗く職人とは違うねん、細々したことや。搗き上がった米を袋
に詰めたり、そこら片付けてもぉたり細々したことや、力仕事と違うさかい
な、少々年がいてても構わんちゅうことじゃ。誰ぞ行てくれる人はないかい?

◆あんた行てくれるか? はいご苦労ぉさん。ほなな、またあんじょ〜決まっ
たらこっちから人走らしますで、これ持って行とぉくれ。地図はここに書い
たぁる、場所は鉄眼寺(てつげんじ)の近所じゃ、ご苦労ぉさん……、はいは
い、ご苦労ぉさん……

◆あぁ〜ッ、行てもたんか? あぁ〜あ、ちょっと言ぅのん忘れたなぁ……、
いや、気ぃ付けてもらわんとな、米をドンドンと搗いてたら、小屋がガラガ
ラッと崩れてくんのじゃ。あんじょ〜逃げてもろたらそれでえぇねんけども
なぁ、こないだの人はえらい気の毒なことしたなぁ……

◆次はこれじゃ……、あぁ〜これや、困ったなぁ、こないだから頼まれてん
ねん……、男衆(おとこっ)さんが一人欲しぃちゅうことやねんけどもな。天
下茶屋(てんがちゃや)の佐々木のご隠居さんちゅうてな、誰ぞ行てくれる人
はないかなぁ……? 給金はえぇねん、給金はえぇねんけども、ちょっと人
使いのほぉがなぁ……、ていぅ噂があんねんけども、まぁ給金はえぇねん。

◆男衆さんが一人、何でもやって欲しぃといぅことや、いわゆる男衆が欲しぃ
ちゅうことやねんけども……、誰も行てくれへんのかえ? え〜、誰ぞ行て
くれる人はないかなぁ?

●あのぉ、わし……▲あかん、やめときッ!●何?▲知らんのんかいな、あ
んた●え?▲天下茶屋聖天下、佐々木のご隠居、みな知ってる、有名やで。
人使いが荒いてなもんやあるかいなホンマに、もぉベタ一面の用事や。一日
クルクル・クルクル、ヘトヘトになんねん。もぉそんなん行くだけ無駄やさ
かいやめときっちゅうねん。

▲ここらのもん、たいがい行てんねん。まぁ長ごぉて三日で帰って来るなぁ、
わしかて行たがな、二日で帰って来たで●二日で?▲そんなもんでビックリ
してたらあかん、この男、朝行てお前、昼前に泣きながら帰って来よったが
な●おぉそぉか▲もぉ行くだけ無駄や、やめとき。

●いや、わしゃなぁ、大阪で一生懸命働こと思て出て来たんじゃ。人使いが
荒いぐらいは……、え? いやいや、こぉ言ぅて何じゃがな、わしゃお前さ
ん方とは体も違うし、料簡も違うつもりじゃ。人使いが荒いちゅうたかて、
なんじゃろ、大勢で一人を使うんじゃなかろぉ、一人で一人を使うんじゃ、
たいしたことありゃせんわい。あ〜、かまやせんかまやせん……

●あのぉ〜、わしお願いいたします◆おぉ、あんた行てくれるのん? あぁ
そぉか、いや助かった助かった。辛抱しとぉくれ、いやいや、少々人使いは
荒いと思うねけどな、給金はえぇさかい辛抱しとぉくれ。その代わり、ここ
勤まったらな、どこ行ても勤まるさかいな。ひとつ頼んましたで……

■はい、どなたじゃな? え? はい、島之内の吉田屋からまいりました?
吉田屋っちゅうと口入屋はんかいな、といぅことは奉公人か。奉公人? ア
ホかお前わ。奉公人がお前、玄関から入って来るっちゅうことがあるかいな。
勝手口へ回んなはれ、裏へ回わんなはれ裏へ。

■何? 勝手口が分かりまへん? 分からんちゅうことがあるかいな、表出
てな、ちょっとこっち回んなはれ、路地(ろぉじ)があるさかいズッと入っと
いで、ほなじきに分かるさかい……。ほんまにもぉ、吉田屋もろくなヤツ寄
越さんなぁ、また一から仕込み直さないかん……

■あぁ、こっちやこっちや、こっち入んなはれ。あ〜ッ、そのまま上がった
らあかんそのまま。当り前やがな、そんなワラジであっちこっち歩き回った
足で、そんなとこ上がられてたまるかいな。

■そこ、わしゃ最前から二時間からかけて、ピカピカにこぉ拭いたんやさか
いな。そこに桶があるやろ、それへ水汲んでな、雑巾が掛かってる、それで
ちゃんと足を拭いて、足を綺麗ぇにしてから上がんなはれ。

■奉公しょ〜っちゅうねや、それぐらいのことお前、気ぃ利かさないかんが
な、こっちに言わすよぉではいかんで。そぉそぉ、雑巾は堅とぉ絞んなはれ
や、ビチャビチャやったら、またそこに足跡が付いたらいかんさかいな。は
いはい、そぉそぉ、ほんで雑巾は堅とぉに絞って、そこへ掛けときなはれ。

■ホンマにもぉ……、あかん、あかん、あかんあかんあかん。後ろ見てみぃ
後ろ、足跡が付いてるやろがな、堅とぉ絞れへんさかいそないなんねや。あ
かんあかん、もっぺん降りて雑巾堅とぉに絞って、そこ拭いときなはれ。ホ
ンマにもぉ、どんならんでホンマに……

■はいはいはい、ほなそこ座わんなはれ。わたしがここの主(あるじ)じゃ、
よぉ覚えときなはれ。お前さんの名前じゃがなぁ、え? いやいや、聞かい
でもえぇ。うちゃもぉ代々「権助」に決まったぁんねやさかい、おまはんも
今日から権助……、二十八代目、な。

■来るねんやったら、もぉちょっと早よ来なあけへんがな。もぉ大概やって
しもたぁるさかいなぁ……、今日は目見えやさかいな、挨拶やさかい、そな
い何もしてもらうことは別に無いねんけども……、ちょっと待ちなはれ、今
ちょっと何ぞ用事探したげるわ。

●いや、別に無理に探してもらわいでも……■そぉやあれへんがな、おまは
んかて、そこへジッと座ってわしの顔見てんのもおかしなもんやろ。わしか
てそぉやがな、何ぞしてるほぉが気がまぎれてえぇがな。何ぞ……、あッそぉ
そぉ、こぉいぅことはすぐに思いつく、あのな、最前な、その台所の板上げ
たらな、炭がもぉあんまり無いさかいに、裏の納屋から炭の俵持って来て箱
へ並べとぉくれ。

■ちょ〜ど使いやすい大きさに切ってな、大き過ぎたらあかんで、火がいこ
れへんさかい。小さ過ぎたらな、火は早よおこるけどもじきに立ってしまう
さかい、ちょ〜どえぇ具合に切ってな。ガサッとあけたらあかんで、粉ぉに
なってしまうさかいに、きちぃ〜ッと並べていくねんで。

■まぁまぁそれだけのことしといてもぉたら、それでえぇわ。あぁそぉそぉ、
ついでにな、縁の下、床で思い出した縁の下、こないだ覗いたらな、クモの
巣がよぉさん張ったぁんねん。あれ気持ち悪いさかいな、クモの巣みな払ろ
てもぉて、ネズミでも死んでたら嫌やさかい、そんなもんみなゴミとか取っ
とぉくれ。

■縁の下ズ〜ッとな、それだけのことしといてもろたらそれでえぇわ。あぁ
ついでにな、まぁ縁の下したんやったら、天井裏もしとこか。天井裏もおん
なじこっちゃ、クモの巣払ろてな、油虫やなんか死んでたら気持ち悪いさか
い、そんなんみな取って、天井裏綺麗ぇに掃除しといとぉくれ。それだけの
ことしといてくれたらそれでえぇわ。

■あぁそれからな、今入って来たとこに塀(へぇ)があったやろ、塀が。あそ
こへ近所の子どもが落書きしてしょ〜がないねや。あの落書きをな、綺麗ぇ
にちょっと消しといとぉくれ。灰汁(あく)洗いせぇでもえぇねん、水洗いし
といてもろたらそれでえぇさかいに。

■それだけのこと……、あッ、ついでにな、表の溝さろといてくれるか。こ
ないだから、なんやケッタイな臭いがしてるさかいに、溝掃除しといとぉく
れ。言ぅとくで、溝はな、うちの前だけしてもあかんねん、向こぉの辻から
こっちの辻まで、ザ〜ッとこぉやっといとぉくれ。

■まぁそれだけのこと……、あぁそれからなぁ、こっちの隣り、もぉ夫婦揃ぉ
てズボラなうちでなぁ、掃除してんのん見たことがないねや。こっちから風
吹いてきたらもぉ気持ち悪ぅてしゃ〜ないさかい、その溝が終わったらこっ
ちの隣り行てな「佐々木からまいりました、掃除さしてもらいます」ちゅう
て、掃除しといなはれ。嫌がっても無理からしてくんねんで。

■それからまぁ、こっちの隣りしてこっちの隣りせんちゅうのもおかしぃさ
かいにな、こっちが終わったらこっちやって。ついでにまぁ、向かいもやら
んちゅうのもおかしなもんや、向かい三軒こぉ掃除しとぉくれ。

■あぁ、そのあいだにわし手紙を書いとくさかいな、その掃除が終わったら
その手紙を持ってな、堺までちょっと使いに行とぉくれ。堺の甲斐之丁の大
黒屋さんちゅう古道具屋さんじゃ。いや、返事はもらわいでもえぇねん、渡
しといてくれたらそれで分かるさかいな。

■地図あとで書いとくさかい、えぇか……、あッそぉや、堺行ったんやった
ら、ついでに十三へ回ってもらおかなぁ●堺のついでが、十三でございます
か?■おぉそぉや、続いてるやろ?●そらまぁ、続いてますけども……

■まぁまぁまぁ、今日は目見えやさかいにそのぐらいで楽しといてもろて、
また明日からみっちり働いてもらおか●しぇ〜ッ……

 さぁ、えらいことになったもんでございます。まぁしかし、この男も片意
地でございます。皆が勤まらなんだ所やといぅので、意地でも勤めてやろぉ
といぅわけで、一生懸命クルクルクルクル、クルクルクルクル働きます。

 早いもんで、月日は流れましてこの三年でございます。三年といぅ月日が
流れまして、ある日のこと……

●え〜、旦那さま……、旦那さま■おぉ権助、何じゃいな?●いや、わし今、
床屋へ行かしてもろとったんじゃがのぉ■ほぉ●そこでちょっと聞ぃたんじゃ
が、あのぉ旦那さん、近々宿替えするちゅうのはホンマかえ?■あぁ、そぉ
や。言ぅてなかったか、家移りするで●あぁさよか……

●あのぉ〜、そこが化けもん屋敷じゃっちゅうのは、あらホンマかえ?■お
いおい、内輪から火ぃ出してどぉすんのじゃ、あら噂じゃ。長いこと借り手
が無かったそぉなさかいな、ほで、ちょっと寂しぃとこにあるさかいに、み
な面白がってそんなこと言ぅのじゃがな。

●あ〜、いや、噂でも何でも、宿替えするっちゅうのはホンマか?■そらホ
ンマじゃ。このうちより立派でな、庭も広い。それに、このうちを売った金
で釣りがくるちゅうぐらいじゃ。わしゃいっぺんに話を決めてきたんじゃ。

●あぁそぉかの……、そしたらわし、旦さんにお頼みがございますがの■何
じゃいな?●お暇をいただきたいんで■暇くれ? ほぉ、何かい、わしの人
使いが荒いっちゅうのんかい?●いやいや、人使いの荒いのは今に始ったこ
とじゃありゃせん。わしゃもぉ三年も辛抱しとぉるんじゃ、そんなことは構
やせんのじゃが、そのぉ〜……

●怖いんじゃ■怖い? 何が?●化けもんが怖いんじゃ■化けもん?●今度
宿替えするうちの化けもんが……■せやから言ぅてるやろ、それは噂や●い
や、噂でも何でも化けもんが出るかも分からんちゅうだけで、わしゃもぉ生
きた心地がしませんでのぉ。その宿替えがホンマなら、わしゃお暇をいただ
きたい。

■あぁそぉか、はいはい分かりました。お前も片意地な男や、そぉと決めた
んならしゃ〜ないやろ。わしかてそぉや、自分がやろと思てること奉公人の
都合で変えたりでけへんがな。分かりました分かりました、暇やります●あ
りがとぉございます。

●まぁ暇をいただきますとなりますと、わしと旦さんとはもぉ主でもなけれ
ば家来でもないなぁ?■えらいまた開き直ってきよったで……、そらまぁそぉ
じゃ、主従の縁は切れるといぅことや●そしたらわし、旦さんに一言申し上
げますがの■ほぉ、何を申し上げんねん?

●いや、まぁこんなこと言ぅて何じゃが、旦さんはなぁ、人使いが荒いと言ぅ
よりは人使いが下手じゃ。無駄がある。早い話が「権助、ちょっと豆腐買ぉ
てこッ」と、こぉおっしゃるじゃろ。わし、豆腐買ぉて走って帰って来たら
「権助、油揚(あぶらげ)買ぉてこッ」とおっしゃる。

●アブラゲ買ぉて帰って来たら「権助、オカラ買ぉてこッ」と。おんなじと
ころへ何べんも行たり来たり行たり来たり、ちょっと言ぅ前に考えて「権助、
豆腐とアブラゲとオカラ買ぉてこッ」いっぺんで済むんじゃから。したら、
そのあいだにほかの用事もできるちゅうことや。

●それ直さん限りは、何ぼ奉公人が来ても無駄じゃ■何をぬかしとんねん。
そんなもんお前、口入屋へ言ぅたら何ぼでも来るがな●あきゃせんあきゃせ
ん、来やせんこやせん。吉田屋へ言ぅつもりじゃろ? もぉお前さんの噂は
広まってるで、奉公人なんか来やせんが。

●それを直さん限り、何ぼ口入屋へ言ぅても無駄な話じゃ。わしもな、宿替
えまでは一生懸命勤めさしてもらいますでな、旦さんもそんなとこで呑気に
煙草吸ぅてんと、自分で一生懸命、奉公人探し回れ■しぇ〜ッ……

 権助に突っ込まれましてね、仕方がないもんでございますから、旦那もこ
のあっちこっちこの訊ね回りますが、おいそれと見付かるはずございません。
そぉこぉしてますうちに宿替えの当日でございます。

●いやいや今日はな、もぉわしに任しとくなされ、わし一人でやります。下
手に人を頼んでな「権助さん、ありゃどぉします? どこへやります?」な
んて言われたら、かえって手間じゃ、わし一人に任しとくなされ。旦那もな、
夕方まで碁会所かなんか行って暇つぶしてたらえぇわい。

 さぁ、それから権助さん、車を借りてまいりましてガラガラ・ガラガラ、
行たり来たり行たり来たり、荷物をみんな運んでしまいます。掃除をする、
納めるべきところへ荷物を納める、またそこらを片付けまして、でき上がり
ます。

■あ〜権助、今戻った。えらい遅なってすまなんだな、わしの相手がヘボで
なぁ「もぉ一番、もぉ一番」と、とぉとぉ今時分になってしもた。おッ、もぉ
でけたんか?●ヘッ、もぉスックリできましたで■おぉそぉかいな、ほぉ、
なるほどなぁ。こら見事なもんじゃ、さすが権助やな。いやご苦労ぉさん。

■くたびれたやろ、今日はな、もぉ早いこと風呂入て、早いことご飯にして
寝ることにしましょ●わしゃお暇をいただくっちゅう約束で……■まぁそら
せやけど、今日ぐらいえぇがな。一晩ぐらい泊まっていき●いやもぉ、その
一晩が辛抱でけんのじゃ。もぉボチボチ日も傾いてきたし、わしゃもぉさっ
きからソワソワ・ソワソワしとるんじゃ。

■あぁそぉか、分かりました。はいはいはい、そこへ座っとぉくれ……。い
や、今日までご苦労さんやったなぁ。こらな、今日までの給金じゃ、取っと
いとぉくれ。それからな、これは少ないけども、わしの気持ちだけ包んだぁ
る、持って行きなはれ●あぁさよぉでございますか、ありがとぉさんでござ
います。

●ほな、旦さんもお達者で、化けもんに食われんよぉに気ぃ付けとくなされ。
さいなら、ご免……

■行てしまいよった。なぁ、惜しぃ男やで、あれだけの奉公人ちょっと無い
で、よぉやってくれた……。ほぉ、何やこら? 晩飯の用意かいな、終いま
で一本やられたなぁこら。惜しぃ男やけど、まぁしゃ〜ないわい、ボチボチ
男衆探すよぉにしょ〜かい。

 ブツブツ言ぃながらご飯を食べてしまう。まだ寝るのにはちょっと早いと
いぅので、行灯(あんどん)の灯かりをかき立てまして本を読んどぉります。

■なんや? 行灯がス〜ッと暗ろなったなぁ。おかしぃ具合やなぁ、まだ油
残ってるで……、うううッ、ゾクゾクッときたがな、どないなったぁんねん
これ、風邪でもひくのんかいな。ん? 誰や? その廊下に立ってんのん誰
や? 子どもか? どこの子や、近所の……、小坊主かいな。うつむいてた
ら分からへんがな、顔上げてみ。どこの坊主や? 顔上げ、顔……、おッ、
一つ目か……

■はは〜ッ、化けもんちゅうのはあれのことかいな。へぇ〜、一つ目小僧か。
こっち来い、こっち来い、そこ座れ。座ったら顔上げて、顔よぉ見してみぃ。
ほぉ〜、絵ぇでは見たことあるけど、顔の真中に一つだけ……、へぇ〜、不
思議なもんやなぁ〜。

■笑ろてみ……、なかなか愛橋のあるもんやなぁ。あぁそぉか、お前が化け
もんか? あぁそぉかそぉか、分かりました分かりました。わしがここの主
人じゃ、よぉ覚えとき。お膳が出しっぱなしになったぁる……、お膳が出しっ
ぱなしになったぁるっちゅうねん。いや違うがな、流しへ持って行って洗い
もんしなはれ、洗いもんを。

■何を考えてんねん? お膳を持って流しへ行きなはれっちゅうねん、分か
らんやっちゃなぁお前。それ持って流しへ行きなはれッ! 泣かいでもえぇ、
泣かいでもえぇ、いや、言ぅこと聞ぃたら大きな声出せへんさかいな……

■そぉそぉ、それ持って流しへ行く。水壺に水が入ってるやろ、それ桶で汲
んでな、ほんで洗いもんをしなはれ。届けへんのんか? それ、台にしたら
どぉや、そこへ持っていって……、そぉそぉそぉ、それで届くやろ。

■水よぉさん使こてな、下のほぉで洗いなはれや下のほぉで、上で落とした
ら割れるさかいな、下のほぉで、そぉそぉそぉ。ご飯粒やなんかこびり付い
てたらいかんさかい、綺麗ぇに丁寧ぇに洗いなはれや……。そぉか、あんな
やつがおるんかいな、これやったら吉田屋に言ぅことあれへんがな。

■洗ろたか? 洗ろたらな、そのカゴの中へ伏せて置くねん、伏せて。そぉ
そぉ、ほな水が切れるやろ。そぉそぉいぅ具合に……。はいはいはい、ほな
な、そこの布巾で拭きなはれ。え? いや、洗ろたもんをその布巾で拭くね
やがな、それは雑巾やアホッ!

■泣くなっちゅうねん、泣かいでもえぇねや、雑巾と布巾と間違ごぉたらあ
かんで。その上に吊ったぁるやつ、それが布巾や……。拭けたらそこの棚へ
なおしときなはれ。はいはい、できたら手ぇ拭いてこっちおいでこっちおい
で。あのな、そこの押入れに布団が入ってるさかい、寝間敷(ひ)ぃとぉくれ。

■嫌がってんねやあれへんがな、ちゃんと敷きなはれ。真っ直ぐ敷きなはれ
や、いがんでたらあかんで。はいはいはい、そぉそぉそれでえぇ、枕もちゃ
んと置いて。ほなな、こっちおいなはれ、後ろへ回って、背中へ回って、肩
叩け、肩をトントンと叩くねん。そぉそぉ、それでえぇ……

■もっときつぅに……、おぉ、なかなかうまいもんやなぁ。子どもっちゅう
のは手がしなるさかいな、気持ちえぇなぁ。はいはい、それでえぇ、ほなな、
ちょっとそこ座わんなはれ。あのな、明日からな、もっと早よ出といで。明
(あか)いうちのほぉが用事は多いねんさかいな、もっと早よ出て来るよぉに。

■それから、出て来る時にゾクゾクっとさしたん、あれおまはんやろ? あ
れやめときなはれや、あれシャレにならんさかいな、えぇな。ほんであの、
わしの言ぅことはな「はいはい」言ぅて何でも……

■あッ、消えてもた。しかしトボケたやっちゃなぁ……、あんなんがいてる
んかいな、こら便利やなぁ、楽しみやなぁ……

■早よ出て来いっちゅうてんのに、あいつわ。何をしてんねやいな、またこ
んな時刻になってしもたがな。おぉ〜、おぉ、何や何や、地震かいな……、
ん? 誰や、庭に立ってんのわ? 大入道かいな……、三つ目か? はぁ〜、
昨日が一つ目やさかいに、勘定は合ぉたぁんねんけども……

■今日はお前か? 大入道でも三つ目でも何でもかめへん、こっち入っとい
で、こっち入っといで。頭気ぃ付けや……、お膳が出たぁるさかいな、片付
けて、そぉそぉそぉそぉ。はいはい持ってって持ってって、そぉかこんなや
つもおんのかいな、オモロイもんやなぁ……

■ほぉ、ちゃんと洗ろてるがな……、大きぃやつは不器用や言ぅけどそんな
ことないなぁ、あんじょ〜してるがな。え? 「カゴへ伏せて入れます」賢
いかしこい「布巾と雑巾と間違えたらあきません」わしは分かってるがな。
はいはい、ご苦労さん。こっち来て寝間敷ぃとぉくれ。え? 嫌か?

■何で化けもんは寝間敷くのん嫌がんねんな? お前らこんなもん座布団置
くよぉなもんやろがな……、ちゃんと敷ぃて、真っ直ぐ敷きなはれや。ほな
な、お前は肩えぇ、グシャッといきそぉやさかい。

■もっぺんちょっと庭へ降りてな、庭へ、石灯籠の頭が落ちてるやろそこに。
わしではどもならんねん、それちょっと持ち上げて乗しといとぉくれ。そぉ
そぉ、もちょっとこっち向けて、そぉそぉ、それでえぇそれでえぇ。ほんで
な、ちょっと屋根見とぉくれ、屋根、草が生えてるやろ、ちょいちょいっと
抜いといとぉくれ、屋根の草。

■はいはいはい、結構けっこぉ、そこで手ぇ洗ろてこっち入っといなはれ。
あのな、お前もぉ大層やさかい、一つ目な、あれ寄越しなはれ。お前はまた
力仕事の時に、たまに来たらえぇさかいな、あれを毎日寄越すよぉにな、えぇ
か。それから、わしがな……

■消えてもたがな。化けもんちゅうのは小言言ぅたら消えんのかいな……。
あんなやつもおんのかいな、こらオモロイもんやなぁ……

■早よ出て来いっちゅうねん。何をしてねんやいなホンマにもぉ、お、おぉ、
またやまたや、またゾクゾクッときたで……。女ごが座ってるがな。へぇ〜、
あんなんもいてんのかいな、若い女ごみたいやで……

■今日はあんたか? あんた? そぉかいな、お辞儀してんと顔上げとぉく
れ。顔、おッ、のっぺらぼぉか……、化けもんちゅうのは加減知らんねなぁ。
ちょっとこっち、こっち来とぉくれ。

■ほ〜、何にもあれへんねなぁ。卵に目鼻ちゅうのは聞ぃたことあるけど、
卵やなぁ。ちょっと触らしてもろてもかめへんかな? すまんなぁ、ちょっ
と触らしとぉくれ……。何のひっかかりもあれへんがな、スベスベ、スベス
ベやなぁ。

■いやいや、恥ずかしがることないがな、赤い顔してどないしたんやいな。
目鼻? そんなもん要らんいらん要らん。そんな余計なもん要らんねがな。
なまじ目鼻が付いてて苦労してる女、何ぼでもいてんねんから、それでえぇ、
それでえぇ。

■おまはん、針持てるかいなぁ? 繕(つくろ)いもんは? できる、そこに
掛かってるやろ、裾のほぉが綻(ほころ)びてるさかいに、ちょっとこぉ直し
とぉくれ。針と糸そこへ入ってるさかいな。あぁ、糸通そか? できます?
あッホンマや、スッと通ったなぁ……、どっからか見てんねやろなぁ。

■しかし、えぇもんやなぁこれ。女ごにこぉ繕いもんさしてるっちゅうのは
なぁ。なかなか気分がえぇなこら……、あぁできた? ほな、そこへ掛けと
いとぉくれ。ほか? いや、それだけや、かめへんかめへん。

■ここに手紙書いた墨があるけど、なんぞ書いたろかしらん? 嘘やうそや、
書けへんがな、冗談じょ〜だん。あのな、これから毎日あんた出て来てもら
おかなぁ。一つ目やとか大入道はたまにでえぇさかいな、毎晩あんた出て来
とぉくれ。いや、別におかしなこと考えてるわけやないねん、あのな、それ
から……

■あッ消えてもぉた……。わし、何ぞ要らんこと言ぅたかいなぁ? 気ぃ悪
したんかいなぁ? しかし、あんなんもいてんのんかいな、なかなか楽しみ
やなぁ……

■早よ出て来いっちゅうねん。何をしてんねやいな、ホンマにもぉ……。あ、
来たきた……、あれ? 廊下に、狸やがな……、狸が? あぁそぉか、毎晩
化けもんになって出て来んのはお前かいな。正体は狸。なるほど、分かった
わかった。

■そぉか……、こっち来なはれ、こっち来なはれ。こっち来てそこ座わんな
はれ。もぉ知ってるやろ、わしがここの主人や、狸でも何でもかめへん。一
生懸命働いてもらわないかんで。

▲あのぉ〜、親方。ちょっとお頼みがございますで■何じゃいな、狸が頼み
て?▲お暇をいただきたい■暇くれ?▲へぇ……


【さげ】
▲あんさんぐらい、化けもん使いの荒い人は見たことがない。


【プロパティ】
 いろんな事件=2002年、年明けそうそう自民党・田中真紀子衆院議員が公
   設秘書給与を横領したとして元秘書から告発され、自民党の党員資格
   を停止される。8月には議員辞職に追い込まれた事件。
 女衆(おなごし)=下女・はしため。雇われた順あるいは年齢順に、松竹梅
   からとってお松どん、お竹どん、お梅どんと呼んだ。長じるとお松っ
   つぁん、お竹はん、お梅はんとなる。決して呼び捨てにはしなかった。
 口入屋=職業紹介・斡旋。公営の職業紹介所ができるまでは、町のところ
   どころに口入屋があって、奉公人などの世話をしたものである。桂庵。
 結界=帳場(勘定場、会計係)の座机の三方を高さ二尺(約60センチ)ばかり
   の木の格子を組んだものを引き回したもの。
 帳場格子=商店などで帳場の囲いに立てた、二つ折りまたは三つ折りの低
   い格子。上方では「結界」
 上(かみ)の女中=店の賄いや雑用をする下の女中にたいして家の中、家族
   の身の回りの世話をする女中。上(かみ):商売に直接関係しない家庭
   生活に関する場所、奥向き。商家特有の言葉。
 あんじょ〜=うまい具合に。味よく→アジヨォ→アンジョ〜。
 御寮人(ごりょん)さん=商家など中流家庭の若奥様の称。
 鉄眼寺(てつげんじ)=黄檗宗慈雲山瑞竜寺というのが正式の名称。大飢饉
   の難民救済で高徳を称えられた鉄眼禅師の名から鉄眼寺の通称で呼ば
   れる。難波高島屋から西へひと筋、達磨さんを祭った禅寺。
 天下茶屋(てんがちゃや)=豊臣秀吉が大阪城から堺や住吉大社に通う途中、
   この辺りで茶の湯を楽しんだ。太閤殿下の「殿下茶屋」が地名の由来。
 料簡=考え。気持ち。思案。
 目見え(めみえ・めんめ)=奉公人などの試用。
 灰汁(あく)洗い=灰汁や洗剤で家屋の柱・天井などのよごれを洗い落とす
   こと。
 堺の甲斐之丁=現堺市甲斐町?
 堺と十三=堺は大和川を越えて南、十三は淀川を越えて北、という位置関
   係。
 片意地=強情。
 ぬかす=言う・ほざく。
 音源:2002/05/08 平成紅梅亭(YTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂吉朝 sub=*  ●main高座記録日:2002/05/08  ●音  源  名:平成紅梅亭(YTV)  ●ファイル公開日:2002/06/23  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2011/04/03  ●リクエスト数:rakug294  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次