【上方落語メモ第6集】その291

権 兵 衛 狸


【主な登場人物】
 権兵衛さん  狸  村の衆

【事の成り行き】
 私が幼稚園から小五まで過ごした近鉄沿線「瓢箪山」という所、今ではびっ
しりマンション・住宅で埋まってしまいましたが、当時は花園駅から石切駅
までほとんど田圃・畑で、駅の周辺数百メートル四方ほどに木造住宅がある
だけのホン田舎町でした。

 表へ出て数十歩、住宅の途切れる四つ辻から周りを見渡せば、東は生駒山
の中腹を走る近鉄電車、西は花園のラクビー場、北は石切の五州閣ヘルスセ
ンター、南は電車の土手になってて見通せませんでしたが、遥か柏原までの
山並み。四季を通じて土と植物と下肥の匂いが……、まぁ、自然がいっぱい
ということです。

 学校へ通うにもちゃんとした道を通りたければ通れるし、道を外して野ッ
原、田圃、畑の中を突っ切ろうと思えば突っ切れる。途中には小川、ドブが
流れ、大池、小池、野井戸にドツボ。十分も歩けば生駒の山の中へ分け入る
ことができる。思えば遊び環境抜群のところだったようです。

 そんな自然環境の中ですくすくと、気ままに生育するとどのような人間が
形成されるか? 人の道を通りたければ通れるし外したければ……、気まま
過ぎて納まれんのは環境のせいやなく、もって生まれた資質って? ほっと
きなさい(2002/05/19)。

             * * * * *

 え〜、しばらくのあいだお付き合いを願います。

 だんだんとこの、世の中が変わってまいりまして、昔はこの、のんびりと
いたしました自然が、たくさんにございました。この頃はまぁ、科学の進歩
ですか、そぉいぅ名のもとにドンドン・ドンドンと自然が破壊されましてね、
この会場なんかでも、高島屋の百貨店ですな、鉄筋コンクリートで。

 もぉ、千里のほぉへまいりましても、車で向こぉのほぉからズ〜ッと来ま
すといぅと、あのビルが乱立いたしましてね、アメリカへ来たかのよぉな感
を与えますが、もぉ日本といぅ国も大分(だいぶん)に変わってまいりました
ですなぁ。

 そのうちにはもぉ、今でもそぉでしょ〜が、あんまりこの土といぅものが
無くなりましたですな。土の道を探そぉと思うと、もぉ大阪市内なんかでは
無いのではないでしょ〜かねぇ。

 そぉいぅふぅな、昔はもぉ、我々の小(ち)さい時分はまだ十分土の道があ
りまして、雨が降ったらこぉぬかるみになる、あぁいぅことはたくさんにご
ざいました。砂地で砂遊びをいたしますとかね、そぉいぅことはございまし
たが、この頃の小(ちぃ)さいお子達は土いじりをするてなことは、まずない
んじゃないでしょ〜かねぇ。

 どこを歩きましてもアスファルト、あるいは鉄筋コンクリートでございま
すなぁ。まぁ、人間といぅものは水から生まれ、そして土から生まれている
わけですからね、元を辿りますといぅと、そぉいぅ物からまず離れられない
んでしょ〜ね。

 ですから、間もなくこの鉄筋コンクリートばっかりになりますといぅと、
土が恋しくなりまして、ちょっとこぉ「土を踏んでみたい」といぅ欲求が高
まってまいりますといぅと、ま、そぉいぅよぉな何ができましょ〜ね。

 今で言ぃますとまぁプールですか、みたいなもんでね、こんな形のとこが
あって、そこへぎょ〜さん土入れてね「さぁ、踏みなさい」て、皆ウァ〜、
素足でね、土を踏むといぅよぉなことが娯楽化するといぅよぉなことがない
とは言えませんなぁ。

 そぉなるともぉ、皆、土を買ってきましょ〜ねぇ、一升ほどずつでもね、
そぉいぅ商売をしたい人はね。でまぁ、大きぃプールみたいなとこはよろしぃ
けど、そんなとこばっかりやなしに、各町内にね、町内ていぅのんもないよぉ
になりましょ〜けどもね、一升ほど買ぉてきてね、こんなちっちゃいとこへ
こぉ土なにして「さッ、やりなさい」

 もぉこれ一人ずつぐらいですわねぇ「順番、順番」てなわけで、千円ぐら
い出すとちょっと手で、ペタペタペタとこぉしてね「次、交代」ちゅなもん
でね。ですからもぉ、それで十分に一生食えるぐらいの金は儲かるんじゃな
いでしょ〜かねぇ、土の一升があればね。

 土一升あれば、もぉ一生食えるぐらいの金が儲かると「土一升、金一生」
といぅよぉなね、まことに……、あんまり面白くなかったですが……

 いやいや、そぉいぅ時代が来んねやないかと思いますが。また人間といぅ
ものはまことにその、賢い動物でございますので、ただ今でもいろんな物が
できてますねぇ。石油やなんかでね、合成繊維やなんか。ですから、恐らく
「人工土」ちゅなもんもこしらえましょ〜ね。

 「この土、石油でできてんねん」ちゅなもんでね、そぉいぅものがまた出
回んねやないかと思います。それに反しまして、昔は、ただ今申しましたよぉ
に、まことに自然がたくさんにございましたねぇ。

 山があり、そして川があり、池があり、林があり、竹藪があり、空にはト
ンビがクルリと輪を描いた……。狐、狸、そぉいぅものと共々に暮らしてい
たわけですなぁ、人間といぅものわ。そぉいぅ時代には自然がそぉですから、
人間の心もまっことに穏やかでございまして。

 ある山里の村外れに、権兵衛さんといぅお方が住んでおりました。ただ今
申しましたよぉに環境がそぉいぅ所ですから、人間の心もまことに和やかで
権兵衛さん……

 「ゴンベエ(↓)さん」といぅのは、だいたい東京式のアクセントですなぁ、
大阪弁ですと「ゴンベェ(↑)はん」とこぉ言ぃますが、こちらのほぉが何と
なくモッチャリしてるっていぅよぉな感じで、まぁ我々は親しみがあります
がね。

 おんなしことでも「ミチコ(↓)さん」て言ぅと、なんかシュッとしてます
が「ミチコ(↑)はぁ〜ん」と言ぅと、こ〜んなん(顔に手を当てグシャ)、
イントネーションの違いでしょ〜なぁ。

 え〜、権兵衛さん、年の頃は六十前後ですな。若い時分にはずいぶんと極
道もいたしましたが、お上さんをもらいましてからは徐々にその極道も直り
まして、ことに十年ほど前にお上さんと死に別れましてからは、もぉ独りも
んの気散じさで若い者をまことによく可愛がります。

 こぉなりますといぅと若いもんのほぉもよぉ分かっておりましてね、まぁ
何じゃっちゅうと「権兵衛ぇはぁん、権兵衛ぇはん」と言ぃながら権兵衛さ
んの家(うち)へやってまいります。

 ことあるごとに、一日(いちんち)の労働が終わりますといぅと、まぁ権兵
衛さんのうちぃ若い者が集まりましてね、天下国家を論じるといぅよぉなこ
とはあんまりしませぇで、どこそこの娘さんのオッパイがちょっと大きなっ
てきたとか、お尻を振って歩くよぉになったとか、まぁそぉいぅよぉな他愛
(たわい)のないことをワァワァ、ワァワァ申します。

 話がひとしきり終わりますといぅと、

◆え〜、親っさん、ほなボチボチ帰ります■そぉかえ、もっとゆっくりして
いきゃえぇが、まぁ明日(あす)の朝も早いで、そぉすることにするか◆親っ
さん、おおきありがとぉ▲おおきありがとぉ★さいなら、親っさん◆権兵衛
さん、おおきにありがとぉ……

■あぁあぁ、気ぃ付けて帰れや。お前らの父っさまにもな、よろしゅ〜に言ぅ
てくれ。また何ぞありゃうちへ寄りゃえぇわい。気ぃ付けて帰れよ、なぁお
い、気ぃ付けて帰れ……

■若いものはえぇなぁ……、あぁ、えぇ月が出とるなぁ、絵に描いたよぉな
月じゃ……、さぁ、そいじゃまぁ休むとするか。

 権兵衛さん、独りもんの気散じさで寝酒を一合ぐらいグ〜ッとあおります
といぅと、せんべぇ布団にクルクルッとくるまります。ウトウトッとしかけ
ますといぅと、表の戸を、

●(トントン)権兵衛(ごんべ)はん……(トントン)権兵衛はん■ふぉ〜ッ、
誰かい? 誰じゃい? いやぁ、若いものは皆帰りよった、また今度にせぇ。
なぁ、皆、今日は帰りよったで、今度のことにせぇ●(トントン)権兵衛は
ん……(トントン)権兵衛はん。

■うるさいやつじゃなぁ、もぉ今日は帰りよったちゅうに、あぁ〜ッ、そぉ
ドンドン・ドンドン叩くな。そぉかい、そいじゃ〜まぁ、もぉ誰もおりゃせ
んが、お前一人でもしゃべっていくっちゅうんならしゃべっていけ。ちょっ
と待てまて、今開けてやるで……、さぁ、こっち入れ。

■ん……? 誰もおりゃせんがな……、お〜い、誰じゃ? 茂助か、茂作か?
ションベンこきよるか? 誰もおりゃせんなぁ……、空耳か、あぁ、年ゃ取
りともないもんじゃのぉ、この頃は目も疎(うと)なったし、耳も遠なりよっ
た。空耳かえ、面目ないのぉ。

 と、権兵衛さん、戸締りをいたしまして布団の中へ入ります。ウトウトッ
としかけますといぅと表の戸を、

●(トントン)権兵衛はん……(トントン)権兵衛はん■はぁ〜、空耳じゃ
ありゃせんぞ。やっぱり誰か呼びよるなぁ……。あ〜、待て待て、今開けて
やる。どこ行きよったんじゃ、さっき開けてやったに、誰もおりゃせなんだ。
待て待て、今開けてやら……、さぁ、こっち入れ。

■ん……? また誰もおりゃせんぞ。聞こえるものは虫の声ばかりじゃ……、
そぉか、狸か。あぁ、狸がこの年寄りにワルサしに来よったんじゃな。よし、
どぉするか今に見ておれ。

 権兵衛さん、胸に一物期するところがあったとみえまして、ガラガラッと
戸を閉めまするといぅと、寝間へ入るかといぅとそれをしません。ス〜ッと
戸のばの所へ身を潜めておりますといぅと、やっぱりおんなじよぉに、

●(トントン)権兵衛はん……(トントン)権兵衛はん……

 と、きたところを、呼吸はかってシュッ! と戸を開けると狸がゴロゴロッ
と土間へ転がり込みます。

 ここんところはちょっとお分かりにくいと思いますので、スローモーショ
ンビデオテープで解説をいたしますと……、狸といぅのが、あの表の戸を叩
くのはどこで叩くか、よくあの尾っぽ、シッポで叩くといぅ説がありますが、
あら嘘やそぉです。

 あそこには骨がありませんので、あの人間がこの拳で叩くよぉな(トント
ン)ゴツゴツとした音は出ませんねやそぉでして、尻尾でわ。どぉいぅ風に
して叩くかといぅと、戸ぉの所へこぉ後ろ向けに寄りかかりまして、この後
頭部でもって戸をゴォンゴォン、やるんやそぉですなぁ。

 ですから「(ドォンドォン)権兵衛はん」必ずもぉいっぺんドォンドォン
とくるわけですから、そののっけの「ドンドン権兵衛はん」と次の「ドンド
ン」のあいだを呼吸はかってス〜ッと開けたんで、狸が後ろ向けにゴロ〜ン。

 スローモーションビデオテープでお送りいたしました。

 「この狸じゃ、よ〜し捕(と)らまえてやるで」権兵衛さん、若い時に取っ
た杵柄でもって、こいつと格闘いたしますが、さぁ狸のほぉも捕まっては大
変やといぅので、これも一生懸命で、約三十分ほど戦いましたが、やっぱり
権兵衛さんの力が勝ったとみえまして、

■ど〜りゃ、世話焼かしよった、世話焼かしよった(ハァ〜ハァ)息が切れ
よったわい。がんじがらめに括ってやったが、どぉしたもんじゃろ? そぉ
か、これがえぇわい……

 田舎家のことで、囲炉裏の上にこの大ぉ〜きな梁がございます。ここん所
へ狸の前足と後ろ足とを高手小手に縛り上げまして吊るします。

■ち〜ッとえらいじゃろぉが、ワルサしよったんじゃ、なぁ、一晩そぉして
頭冷やせ。たまには薬になるじゃろ。

 と、ゴロッと寝てしまいます。ガラリ夜が明けますといぅと、

◆え〜、親っさん、お早よぉさんで■おぉおぉ、誰じゃ? あぁ、お前かどぉ
した?◆へ、親っさん、これから町へな、ちょっと使いに■あぁそぉかい、
えぇ天気じゃのぉ今日も。まぁまぁこっち入れ、茶でも飲んでいけ◆そぉか
い、それじゃ権兵衛はん、ひとつごちそぉに■ごちそぉちゅうこともない、
茶ぁじゃ、飲んでいけ、いつもの茶じゃ。

◆権兵衛はん、何じゃケモノの毛のよぉなもの……?■あぁ〜、すまん忘れ
とった、頭の上見てみぃ◆おッ、何じゃこら、狸じゃ■狸じゃ、夕(ゆん)べ、
この年寄りワルサに来よったんじゃ◆わぁ〜ッ、権兵衛はんこいつでっせ、
悪いやつでなぁ、この頃、村のもんが皆えらい目に遭ぉてま。

◆いえ、わたいもその一人で、こないだもあんた、隣り村へちょっと用があっ
たんでな、夜が更けましてから、遅そぉなって行きましたんじゃ。その日が
ちょ〜ど月夜でな、道が明こあこぉによぉ見えとりました。こらえぇ具合じゃ
と思て歩みよぉたんですがな、段々だんだん行きよると、その明かさがドン
ドン・ドンドン増しよぉてな、昼間のよぉになりよった。

◆こんなおかしなこと? 何ぼなんでもこらちょっと明かすぎるなぁ、思て
ヒョイと上見たら、お月さんが二つも出ておるんじゃ。こんな馬鹿なことあ
りゃせんと思て「こら、ワルサするな」ちぃよったら、ひとつのお月さんが
わしの顔見てニタニタッと笑いよった。

◆わしゃ、もぉビックリして家へ逃げて帰りよったが、こらちょ〜どえぇ、
権兵衛はん権兵衛はん、これ下ろして皮はいで狸汁に……■馬鹿こけ、そん
なことができよるもんかえ。まぁまぁえぇわい、お前、町へ使いに行てこい。
帰りにまた寄りゃえぇが、気ぃ付けて行けよ……

■狸、今の若いもんの言ぅこと聞きよったか「お前のこと狸汁にしょ〜」ちぃ
よるぞ。いやぁ、心配するな。わしゃ今日起きてフッと気ぃ付きよったが、
今日は死んだ父っさまの祥月命日じゃ。えろぉ親孝行もせずに死なした父っ
さまの祥月命日に殺生することはでけんわい。あぁ、心配せぇでもえぇ、逃
がしてやるから。

■待てよ、このまま逃がしたらまた誰にどんなワルサするやも知れんで、何
ぞ……、んッ! えぇことがある。こいつの頭刈ってやろぉ。頭刈ってやる
と、仲間の手前恥ずかしぃじゃろし、また秋風が頭に沁みりゃこのことを思
い出してワルサするのも、ちぃたぁ〜ましになるじゃろ。それがえぇわい。

 権兵衛さん、まことに器用な人で、吊るしてあった狸を下へおろしますと
いぅと、綺麗ぇに頭を刈ってしまいます「さぁ逃がしてやるで、もぉワルサ
すんじゃありゃせんぞ」

 逃がしてやりますと、さすがに狸も嬉しかったとみえまして、あと振り返
りふりかえり、何べんもペコペコ・ペコペコ頭を下げながら姿を消します。

 生きもんの命を助けるのはまことに気持ちのえぇもんで、その日も一日暮
れます「あぁ〜、今日はえぇことをしてやったわい」と、権兵衛さん例によっ
て寝酒をグ〜ッとあおりますといぅと、せんべぇ布団にくるまってウトウトッ
としかけますと、表の戸を、

●(トントン)権兵衛はん……(トントン)権兵衛はん■まぁた来よった。
あの狸はバカの狸じゃなぁ、あれだけ言ぅてやったに性懲りもなしにまた来
よった。よし、今度捕らまえたらどぉするかみておれ。

 権兵衛さん、呼吸計ってガラッと戸を開けますといぅと、狸がヒョイと首
出して、


【さげ】
●権兵衛はん、今朝ほどは散髪おおき、ありがとぉ。ついでに髭も剃っとく
なはれ。


【プロパティ】
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 空にはトンビがクルリと輪を描いた=三橋美智也「夕焼けとんび」昭和33
   年3月、矢野亮・作詞、吉田矢健治・作曲。
 気散じ=気を遣わずにすむこと。気楽。
 高手小手=両手を後ろにまわして、首から縄をかけ、二の腕から手首まで
   厳重に縛り上げること。
 祥月命日=人の死後一周忌以降の故人の死んだ月日と同じ月日。正忌。
 音源:1976/08/** 上方落語古今十八番
 特別謝恩:Iさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂枝雀 sub=*  ●main高座記録日:1976/08/**  ●音  源  名:上方落語古今十八番  ●ファイル公開日:2011/03/20  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2002/06/09  ●リクエスト数:rakug291  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次