【上方落語メモ第6集】その285


【主な登場人物】
 猫の五郎  飼い主の前田さん  管理人さん

【事の成り行き】
 わたしの住まいの左斜め50メートルほどに、某銀行の専用駐車場がありま
す。パチンコ屋・飲食店が近いこともあり無断駐車を防ぐ目的から自動ゲー
トが設置されていて、帰りにカウンターでゲートを開けるためのコインをも
らうシステムになってるようです。

 車をゲート前に止めるとコインを投入するよう音声で案内され、投入確認
の音声とともにピロロ〜ン、ピロロ〜ンとゲートが上がり、車が通過すると
ピロロ〜ン、ピロロ〜ンと閉まるを繰り返すわけです。

 先月のある日の深夜でした。ふと目を覚ますと、前線の通過で夜半からの
雨が突風を伴った豆台風に変わり、ザワザワと雨風の音が聞こえています。
その雨風の音の中に何やら女性の声が聞こえるような聞こえないような。

 ジッと聞き入っても何を言ってるか分かりません。いつまでたっても明る
い声でおしゃべりが続くので、気になってついに起き上がり外を見てみると、
上記の自動ゲートが雨風のなか電気回路に異常をきたしたものか、腕木を上
げたり下げたりしながら、

 「コインをお入れください」「ありがとうございました」「ゲートが閉ま
ります」ピロロ〜ン「ゲートが上がります」ピロロ〜ン「コインをお入れく
ださい」「ありがとうございました」「ゲートが閉まります」ピロロ〜ン。

 昼間も同じ声を出してるんでしょうが、夜の静粛のせいか、あるいは強風
が音を運んだのか、改めてその声の存在を知ったちゅうことです。

 皆さんご存知かどうか、聞き取れるか聞き取れないかの小さな声でも、繰
り返し同じ調子、同じ言葉を延々聞かされてみなさい、耳に付いてイライラ
いらいら。眠りに付けたのは夜も白々と明け始める頃でした(2002/02/17)。

             * * * * *

 え〜、ご承知でしょ〜か、これぐらいの背の高さなんでございますねぇ、
であの、なんちゅうんですあれ、ピラミッド型ちゅうんですか、三角錐だと
か四角錐だとか言ぅんだと思います、こぉいぅまぁカタチですね。

 真っ黒なんでございます。ブラックなんでございますが、頭のとこだけ、
いわゆるこの、三角帽子のとこだけちょっとゴールデンになってるものがあ
るんでございますね、これぐらいもんでございます。

 もぉそぉですねぇ、五年くらい前になりますか、わたしお客さんからちょ〜
だいしたんでございます「枝雀さん、これ、あぁ〜たに差し上げます」とおっ
しゃって「ありがとぉございます」てね。

 これねぇ、見ましたらね、そぉいぅもんなんですけどね、あの、何にも書
いてないんです。顔は知らぁ〜ん顔しとるんですけどね、何や分からんので
すよ。

 「これなんなんですか?」ちゅうたらね「ちょっと、頭押さえてやんなさ
い」と、こぉ言わはったんで「あぁそぉですか」頭パッと押さえたらね「ハ
チジ、ジュ〜ゴフン、ハチジ、ジュ〜ゴフン」と、こぉ言ぅわけですね。

 時計なんですよ、えらいもんでしょ。顔は知らぁ〜ん顔しとんですよ、で
も時計なんです。頭を押さえると時刻を言ぅわけです。ポンッと押さえたら
「ハチジ、ジュ〜ゴフン、ハチジ、ジュ〜ゴフン、ハチジ、ジュ〜ゴフン」

 いつ押さえても「ハチジ、ジュ〜ゴフン」ちゃ〜んと時計がおって、合っ
ていればそれ言ぅんですよ「ニジ、サンジュ〜ロップン」とかね「サンジ、
ヨンジュ〜ハチフン」とか、何でも言ぅんですよ「ロクジ、ハチジュ〜……」
八十はありませんが、言ぅんですよ、面白いもんですねぇ。

 考えましたでしょ、こんな小さなものの中にですね、いわば時計の仕掛け
と、いわばなんちゅ〜んです、録音テープの仕掛けとが入っていると思わな
仕方ないですよね。で、コッチコッチ・コッチコッチ回ってて、そこんとこ
ポッと押すと、その「ナンジナンプン」ていぅの言ぅ仕掛けになってるとし
か思えないでしょ。

 でも、これくらいのもんですからね、中身はどないなってんのか知らんと
一晩考えましたですよ。ほんでね、明くる朝、白々明けのときに「ひょっと
したら、この中に小さなオジサン入ったはんのかな?」思わなしゃ〜ないよぉ
なもんでございますけど、面白いもんです。

 『トーキングクロック』ちゅうんですてね、もの言ぅ時計なんですけれど
も、何でもこの頃もの言ぃますなぁ。流行るかなと思たら、あんまり流行っ
てないみたいですけどね。五年ほど前にいただきましたんですけど、いまだ
にそないにあちこちで見ませんもんな、あるのかも分かりませんけどね。

 ちょっと至らぬとこございましてね、秒はさすがよぉ言わんのですな。やっ
ぱり、これだけのもんですから秒までは刻めないんでしょ〜ね。三時十五分
から、三時十六分のあいだは、何べん押しても「ハチジ、ジュ〜ゴフン、ハ
チジ、ジュ〜ゴフン、ハチジ、ジュ〜ゴフン」て言ぅんです、あれ結局は。

 三時十五分キッチリに押しても「ハチジ、ジュ〜ゴフン」それから二十秒
経ってポンッと押しても「ハチジ、ジュ〜ゴフン、ハチジ、ジュ〜ゴフン」
何秒?「シラナイワ、シラナイワ」といぅわけです、面白いもんですねぇこ
れ。

 ほんでね、も一つ面白いのがね、ちょっと早い目に叩いたりますとね、ト〜
ン・ト〜ン・ト〜ン叩きますとね「サンジ、サンジ、サンジ、サンジ」と、
こぉ言ぅんですね。本当はこれ「サンジ、ジュ〜ゴフン」とか「ジュ〜ロッ
プン」なんですけどね、その十五分とか十六分を言ぅ間を与えない。

 「サンジ、サンジ、サンジ……」てね、いわばウソの申告しとるわけです
からな、ウソ言ぅとるわけですから、きっとどっかで怒られてるんじゃない
かと思うわけでございます。

 わたしヒョッとあの中入ってたら、なんぼ頭叩かれても「サンジ、ジュ〜
ゴフン、ジュ〜ゴフン、ジュ〜ゴフン」と、こぉ言ぅてやろと思いますけど、
彼はよぉ言わんのです「サンジ、サンジ、サンジ……」言ぅとるんです、面
白いもんありますですね。

 何でももの言ぅでしょ、この頃。自動販売機でも、何か買ぉたら「アリガ
トォゴザイマス、アリガトォゴザイマス」なんか言ぅでしょ、えらいもんで
すねぇ。

 車もの言ぃますもんね、うちのあのむ雀といぅのが持ってますねんけどね
「ヒダリノドアガ、ハンドアデス。ヒダリノドアガ、ハンドアデス」「ウシ
ロノマドガ、アイテマス。ウシロノマドガ、アイテマス」「ネムソォデスネ、
コーヒーノンダラドォデスカ?」

 面白いもんありますわねぇ、うちの風呂がもの言ぃますねん「うちの風呂
がもの言ぅ」言ぅたら気色悪いですけどね、何でもかんでも言ぅわけじゃな
いんですよもちろん、わたしと対話するわけやないんですけどね。

 まぁ、お風呂だけはちょっとね、わたしほかに楽しみがありませんのでね、
風呂だけはちょっとえぇのをお願いしましたらね、まぁちょっとした風呂な
んです「ちょっとした」言ぅても、そないにダイヤモンドがこぉ散りばめて
あったり、そんなんやないんです。

 六畳もあるよぉなそんな風呂じゃないんです、普通のやつですけどね。あ
のね、焚くのをお願いできますねん『お湯張り』とかね『追い焚き』とか書
いてますねん。

 で、そのお湯張りならお湯張りを押してですね、何人前っちゅう、こぉ合
わしときますとね、ちゃんと勝手に自分でお湯をプシュプシュッ、プシュプ
シュッと出して、何人前なら何人前まで、こぉお湯を張ってですね、でその
既定のとこまでくると「ピンコポンコ・ピンコポ〜ンッ」ですよ。

 ですから、とりあえずお願いしましたら「分っかりました」ちゅなもんで
しょ〜ね。プシュプシュッ、プシュプシュッ、できあがったら「ピンコポン
コピンコポ〜ンッ」「あぁ、でけたな」思て入るわけですけどね。

 あの「ピンコポンコ・ピンコポ〜ンッ」の代わりにですね「沸っきました
よぉ〜、沸っきましたよぉ〜」といぅのを入れとけば、もの言ぅてんのとお
んなしことになりますからな。しょ〜と思たらなんぼでもできますわ。

 面白いもんありますねぇ、電気洗濯機(せんたっき)がボチボチもの言ぅそぉ
ですね、まだ今んとこないそぉですけど、来年あたり出るそぉですけどな。
面白いもんですこれも、昔の電気洗濯機と考えたらだいぶ違いますもんねぇ。

 三十二年前ですか、わたし、師匠の米朝のとこへ内弟子として入りました
頃合に、ちょ〜ど電気洗濯機ができて少し経った頃でしたけど、まだ小さな
もんでして、モーターも割りと小さなもんでしたけども。

 今みたいにね、両方にこぉ、いわゆるしばらくこぉ回っといたら、またし
ばらくしたらこぉ回るといぅよぉなね、あぁいぅ采配がまだできない頃でし
てね、片方ばっかりゴ〜ロ・ゴ〜ロやるやつでしたね。

 わたしらまぁ内弟子の頃ですから二十歳すぎぐらいでしょ〜、たくさんに
溜めといてですね、いっぺんに下着でも何でもウェ〜ッと入れるもんですか
らね、はじめのうちはゴ〜ロ・ゴ〜ロ、ゴ〜ロ・ゴ〜ロ言ぅとんのですけど、
そのうちにですね、ゴロゴロゴロ・ウィン、ゴロゴロゴロ・ウィン、ギュ〜、
ギャ〜……

 ホントですよ、ほっとけないんですよ。で、仕方がないのでですね「ごめ
ん、ごめん」言ぅて少しこぉ持ち上げてやるわけですよ「ありがとぉ」ゴ〜
ロ・ゴ〜ロ、ゴ〜ロ・ゴ〜ロ、またそのうちにゴロゴロ・ウィン、ギュ〜、
ギャ〜……

 任せておけないんですよ「お願いしますよ」言ぅて、こっちはお掃除なん
かしょ〜と思ても、できないんですよ。ズッとこぉ見ていてやらなければな
らない、ゴロゴロ・ウィン、ギュ〜、ギャ〜、かならずこぉ手伝ってやらな
ければならないんでね。

 脱水なんかでも今みたいに、ウィ〜ンあんなん違いますねん。覚えておい
でのお方もおられますでしょ〜けど、ローラーみたいなもんがこぉ二本つい
てましてですね、このあいだへ洗濯物を入れるですよ。ほんで、ホンギホン
ガフンガ……、洗濯もんホンギホンガフンガ……

 すごいもんでした、懐かしぃ頃おいですけどなぁ。今どぉです、こないだ
うちの嫁さん買ぉてきましたけど、こら大きなもんでっせ。ボタンもいろい
ろありますねん、全自動、半自動、洗いのみ、すすぎのみ、いろいろ部門分
かれてますねん。

 で、全自動っちゅうやつをしとくとですね、全てあなたに任せましたよっ
ちゅうことで、お願いしましたよっちゅうことで「分っかりました」ちゅう
ことでしょ〜。

 なんですよ、ホースですね、こぉして蛇口んとこつないどいてやりますと、
自分で勝手に蛇口の出し入れもするんですよね、自分でピャ〜ッと水出しよ
るんですよね。

 これも何人前なら何人前にしといたら、その分だけピャ〜ッと出してです
よ、で、洗濯粉だけはこっちにまぁ入れるんでしょ〜かなぁ、で、あれが自
動的に出るのかどぉかちょっと分からないんですが、あまりたくさん使われ
てもいけないと思う人間が、そこんとこ調節してるんかも分かりませんけど、
あとはもぉ彼が勝手にやりますもんね。

 ゴ〜ロゴ〜ロ・ガ〜ラガ〜ラ、もぉ「助けてください」言ぃません、両側
へ回るよぉなってますからな。ゴ〜ロゴ〜ロ・ガ〜ラガ〜ラ、で、自分でだ
いたい「このぐらいやな」思いよるんでしょ〜、自分で自分のお尻の栓をポ
ンッと抜いてシュ〜。

 また、おのが意思で自分のお尻の栓してですね、水ピャ〜ッと出してゴ〜
ロゴ〜ロ・ガ〜ラガ〜ラ、今度はすすぎですわなぁ。ゴ〜ロゴ〜ロ・ガ〜ラ
ガ〜ラ「もぉこれぐらいですすげたなぁ」と、自分で思いよるんでしょ〜な、
自分でまたポンッと抜いてシュ〜。

 そのあと、おんなじその場所でですね、今度は遠心力を利用してウィ〜ン・
ウィ〜ンと回っとるんでしょ〜ね、ふた開けたら洗濯もん、ベッチャ〜ッ!
すごいですよ、何もかもやるですからなぁ。

 そこへね、今度はものを言ぅよぉに、まぁ来年あたりから出るそぉですな
「お洗濯やりまぁ〜す、お洗濯やりまぁ〜す、お洗濯やりまぁ〜す」「入れ
てください、入れてください」入れたらですね「洗いま〜す、洗いま〜す、
洗いま〜す」ゴ〜ロゴ〜ロ・ガ〜ラガ〜ラ、ゴ〜ロゴ〜ロ・ガ〜ラガ〜ラ……

 「水抜きます、水抜きます、水抜きます」ポンッ・シュ〜「水入れます、
水入れます、水入れます」シュ〜「すすぎま〜す、すすぎま〜す、すすぎま〜
す」黙ってやれよ、いったい誰に言ぅてるつもりなんでしょ〜ねぇ? 面白
いもんですなぁ。

 そらあのね、冷蔵庫がボチボチもの言ぅんだそぉですねぇ「お野菜腐って
ますよ、お野菜腐ってますよ、お野菜腐ってますよ」「ビール飲んだらどぉ?
ビール飲んだらどぉ?」ほっとけ。

 家全体がもの言ぅよぉになるんですね、箪笥でも何でももの言ぃますやろ
しな「着物、ボチボチ着たらどぉ?」「危ないぞ、危ないぞ、誰か持ってい
くぞ、持っていくぞ」ちゅなことも言ぃますやろなぁ。

 もぉ家全体がね、出かけるときに奥さん方がね、ガスの元栓どやったかな?
窓が開いていたんじゃないかな? とか、いろいろ心残りございますでしょ、
あれがこれからはないよぉになるそぉですな。

 そぉいぅ設計にしときますとですね、家の中全体に、いわば電線めぐらす
よぉなもんですわなぁ。出かけるときにですね、カチッとこれ入れましたら
ですね、パ〜ッと点検しよるわけですね。

 で「南っかわの窓が開いてますよ、開いてますよ」ちゅなもんですわなぁ
「ガスの元栓まだですよ、パッパッパッパッパッ、まだまだ、まだまだ」全
てオーケーのときに「いってらっしゃ〜い」なるそぉですわねぇ。

 それでも、帰って来ても錠前もなんにも、これからはおいおいと要らんよぉ
なるそぉですなぁ。鍵そのものが、声で、声の反応で、もの言ぅのと同時に、
今度向こぉも聞きよるよぉになるそぉですな。

 これはね「今、戻った」と言えばいいそぉです。この「今、戻った」といぅ
わたしのこの声ですね「今、戻った」この声と同じ声を出せる人は世界中に
いないんだそぉです。

 これは指紋とおんなじよぉに声紋、声の紋ですな、声紋といぅもんがあり
まして、この声とおんなじ、いわゆるこの波を描く声はほかにないんだそぉ
です。だからそれを機械に覚えさせときますとですね「今、戻った」といぅ、
わたしのこの声で「お帰り」ちゅうて「お帰り」は言ぅやどぉか分かりませ
んけど、カチャッとこぉするんだそぉです。

 えらいもんですねぇ、落とす心配がありませんからいいですねぇ。でね、
隣りのオジサンが「今、戻った」と「お前じゃない、お前じゃない、お前じゃ
ない」

 でも、わたしの声だけを覚えさせておくとダメなんですね。一応、家族の
者の声は覚えさせとかなければ、わたしが帰るまで、みな表で待っていなけ
ればなりませんからな。えらいことができますですねぇ。

 風邪ひぃたりなんかすると、声が変わっていると「お前じゃない、お前じゃ
ない」と言われるかも知れませんから、風邪が治るまで表で待ってんならん
か分かりませんが。

 まぁまぁ、なんにいたしましても、今までもの言わなんだもんがもの言ぅ
と、始めはビックリしますなぁ。

▲あのぉ〜、猫のくせしましてもの言ぃかけまして、まことに相すまんこと
でございました、どぉぞお許しくださいませ●「お許しくださいませ」やな
いよ、謝ることはないけどね、ビックリしたことはビックリしたよ。そらそ
や、わたしゃ長いことの一人暮らしやからな、家ん中で声を聞ぃたことがな
いでしょ、しばらくあいだ。

●それ、今テレビ見てて「あぁ面白いドラマやったな」とわたしが言ぅたら、
隣りで「ほんとにそぉでしたね」誰がもの言ぅたんかな思てキョロキョロッ
トしたら、誰もいぃへんねや、お前さんや▲突然におしゃべりいたしまして、
まことに申し訳のないことで……

●謝ることはないけども、お前さんいつからおしゃべりができるよぉになっ
たんや?▲わたしもあまり定かじゃないんで、記憶が定かじゃないんですけ
ど、確か、お家(うち)に飼っていただきます前に飼っていただいてました、
あの小児科の先生でございました、橋本先生ていぅ先生でございます。

▲九官鳥もおりましたんで、九官鳥の「キュ〜ちゃん」といぅのもおりまし
たんですけれども、わたしもそこで飼っていただいておりましたんですけれ
ども、その頃からボチボチ言えるよぉになったと思うんです。あまり定かじゃ
ないんですけど、その頃からだと思います。

●ほな、うちに来たときはもぉしゃべれとったんやな?▲まぁ、そぉでござ
いますね●何でしゃべらなんだんや、今まで?▲あぁ〜たのご気性がまだよ
く分からないもんですからね、ヒョッと「妙な猫や」といぅので、捨てられ
てもいけないと思いまして、今までまぁグッと我慢してたんですけど。

▲今のドラマは本当に結構でしたからな、本当に結構だなと思っていました
ら、あぁ〜たが「面白かったな」とおっしゃっるもんですから、思わずわた
しも「そぉでしたね、本当でしたね」不覚をとりました。

●「不覚をとりました」て、お前なにか、ドラマが好きか?▲大好きですで
すねぇ。やっぱり真実事といぅものは、まぁそれはそれで真実味はあります
よ、真実事ですからね。けど、そればかりでは、やはり殺伐としてよくあり
ません。

●「やっぱりドラマだね、ウソだ」と言ぅけど、そのウソの中にホントがあ
りますから、好きですな。でもこの頃、テレビのドラマはダメですねぇ。そ
らそぉでしょ〜、テレビはできてもぉ三十何年になるんですかなぁ、とにか
く毎日まいにち何本かのドラマが作られているわけですからな、そらスポー
ツ番組ばかりでも、お笑い番組ばかりでも、クイズ番組ばかりでも、朝から
晩までとても持ちませんからな、何本かのドラマは要ります。

▲そぉすると、三十何年かのあいだに、何万本、何億本こしらえられたか分
かりませんからな。ですからもぉたいてぇ出尽くしとります。ストーリーか
らプロットから、登場人物から性格から、ドンデンからナゾトキから、もぉ
全てのことはほぼ分かりますねぇ。

▲どのよぉなことを、このあと、この男が言ぅかな? 女が言ぅかな? と
いぅことは推測がつきますから、ダメですねぇ。その点、映画はいいですね、
時間かけてますからなぁ、手間隙かけなきゃいけませんなぁ。深夜の映画劇
場、あらえぇです。どぉぞ映画を見るよぉに努めてください。わたしも共に
楽しませていただきます。

●いや、僕ぁ〜見んでも、あぁ〜た勝手に見てもかまわんよ、許すよ▲あり
がとぉございます。ただ、チャンネルが合わしにくいんでございます。プッ
シュボタンのやつと買い換えていただけますですか? それじゃ、わたし見
させていただきます。

●まぁえぇよぉにしてください、そのうちにそぉしましょ〜、ほな、ボチボ
チ休みましょか?▲もぉお休みですか?●いや「もぉお休みですか」て、猫
とそないにその、しゃべってられへんやろ。しゃべることもないやろ、そな
いに▲一つ、お願いがあるんです、聞ぃていただけますかなぁ?

●聞ける願いと聞けん願いがあるが、なんや?▲久しぶりに、お魚がいただ
けませんかなぁ? お魚食べたいんですけどなぁ、懐かしぃなぁあの味、お
魚●「お魚」て、いつもキャッツフードやってるでしょ、栄養あるんよあれ。

▲あぁ〜た、それが大きな間違いなんですね。食べる物は栄養がありゃいい
ちゅうもんじゃないんです。そこらあたりに、人間、今ちょっと思い違いが
ありますねぇ。今、子ども達のあいだに非行があるとか、いじめがあるとか
言ぃますけど、あら、むべなるかなですね、もっともなことですよ。

▲なぜかと言ぃまするにですね、食べ物ちゅうものはね、実は子ども達、子
どもの時分はことに、お母さんの気持ちを食べて大きくなるんですよね。今
どぉですか、ダメですよ。昔はどぉでした?

▲子ども達がね、朝、フッと目を覚ましますと台所の方からコトコト・コト
コトと音がしましてですね、豆腐切っておられるのか、ネギを切っておられ
るのか分かりませんがね。シュ〜シュ〜・シュ〜シュ〜と湯気の音もしまし
てですね「あぁ、お母さんがこしらえてくれているんだな」と。

▲そら、材料は今と比べますとズッと乏しぃもんだったと思いますが、その
少ない材料で、いかにして少しでも美味しく子ども達に食べさしてやろぉか
といぅ、お母さんのその気持ちですねぇ、手間隙かけて、気持ちをかけて子
ども達の食べるものを、玉子焼き一つ焼くにしても、少しでも美味しぃよぉ
に美味しぃよぉにといぅ、そのお母さんの気持ちを食べて、子ども達は大き
くなったんですね。

▲それで、スクスクと大きくなるんです。それが今はどぉでしょ〜か? お
母さん、子ども達の食べる物にどれぐらい気持ちを入れておりますでしょ〜
か。インスタントのものでありますとか、また冷凍のものを買ってきて、電
子レンジちゅうんですか「チン」といえばお終いですね。どれほどの気持ち
が入ってるでしょ〜か?

▲今、人間は考えるときにきているのではないでしょ〜か?●わたしねぇ、
猫に意見されるとは思わなんだなぁ、よっしゃ分かりました、ほんだらなん
やね、魚でえぇねんね。分かりました、ほな明日買ぉてきますからな。

             * * * * *

●ただいま▲一日の労働、ご苦労さまでした、お帰んなさいませ、ご苦労さ
までした。お魚は? 楽しみにいたしておりました、お魚は?●やっぱりしゃ
べっとぉんなぁ▲お魚は? 楽しみにしとりました、お魚は?●いや、それ
やねん、きのうの晩、確かあんたと何やこぉベラベラとおしゃべりしたなぁ。
いっぺん寝たでしょ。

●今朝仕事に行くとき、あんた会わなんだねぇ、どっか行ってたの? 仕事
場でね、夕(ゆん)べ猫としゃべったよぉには思うけど、それにしても猫としゃ
べるちゅなおかしぃでしょ、あれからいっぺん寝てるしね、そぉか、あらしゃ
べったと思てるけど、実は夢の中の出来事やったんや、と。そぉ思たほぉが
自然やわなぁ。

●夢の中で「お魚、買ぉてきてやります」と約束したけど、夢の中で約束し
たものをホンマに買ぉて帰ってくるといぅのもおかしぃでしょ。と思て買ぉ
て帰ってこなんだんやけどなぁ……、ホンマにしゃべってんねんなぁ、夢や
なかったんやなぁ。

▲そんなこと、どぉでもいいんですよ。お魚は?●そぉいぅ事情でやなぁ、
買ぉてこなんだわけや▲「そぉいぅ事情?」事情とかわけとかいぅものはね、
人間社会でだけ通用するもんですよ。我々猫社会にはそぉいぅものありませ
ん、事実あるのみですよ。お魚は? 有るの無いの? お魚は?

●せやからな、そぉいぅことでまぁ、明日買ぉてきてやるから、堪忍してく
れ▲そぉですか、相手が猫なら許しませんが、相手が人間のあなたですから、
一度だけは許しましょ〜、明日よろしくお願いしますよ●分っかりました。

             * * * * *

●ス、スビバせんねぇ、五郎ちゃん、たらいま、もろりました。ハハハぁ〜、
ゴロォ〜ちゃん、たらいま、もろりました▲お帰んなさい、一日の労働ご苦
労さまでした。酔ってますね? お魚は?

●そぉですね、スビバせんね。違うのですよ、きのうね、確かにね、あなた
とおしゃべりしましたれすね。夢でないといぅことは分っかりましたですよ。
夢でないといぅことは分かりましたですけどね、現実に猫がしゃべっている
といぅのはおかしぃでしょ。ちゅうことはこっちの頭がおかしぃと思わなけ
れば仕方ないでしょ?

●それでちょっとね、精神科の先生とこへ寄りましてですね、我がことといぅ
のも言ぃにくいですから「実はわたしの友達で、猫と会話を楽しむといぅよぉ
な男があるんですけど、こぉいぅ男にはどぉいぅアドバイスがいいでしょ〜
か?」て、先生に相談したらですね、

●「まぁゆや、それは一種の精神の病気です。この頃は一人暮らしのお方が
多くて孤独な方が多いから、聞こえもせぬものを聞こえたよぉに思う方がちょ
いちょいあります。そぉいぅお方にはわたしがじかに会って、じかにアドバ
イスしましょ〜」とおっしゃったのでね、

●今さら「それはわたしです」とも言えずですね「そのうちにまた連れてま
いります」言ぅてですね、表出て酒でも呑んで、呑んだら頭少ししっかりす
るかな思て、呑んで帰って来たんですけど、やっぱり、しゃべってますねぇ。

▲そんなことはどぉでもいいですよ。お魚は? お魚は?●れすから、そぉ
いぅ事情で……、事情はらめなのれすね、スビバせんねぇ、もぉ一度だけ許
してもらえますかねぇ?

▲相手が人間のあなたですから仕方ありません、もぉ一度だけ許しましょ〜、
明日は是非ともお願いしますよ●分っかりました。どぉもスビバせんねぇ。

             * * * * *

●五郎ちゃん、ただいま。二回も、まぁ約束を破ったわけやないけど、待た
してすまなんだねぇ。サンマの開きや旨いぞ、食べてくれ、焼いてやろ。もぉ
開きにしてあるからな、炊くわけにはいかんけど、時間かけて、わたしの気
持ちを込めて、よりよく美味しぃよぉに美味しぃよぉに焼いてやりますから
食べてください、お願いしますよ。

▲ありがとぉございます……、こら、なんですか?●今も言ぅたやろ、サン
マの開きや▲サンマですか……、なぜ鯛を買ってこなかったんです?●サン
マ嫌いか?▲大好きですよ、わたしはお魚の中でサンマが一番好きですけど
ね●そんなら、えぇがな。

▲そぉいぅこと言ってんじゃないんですよねぇ、少なくとも人間のあなたと
してのですね、人間としての尺度としてはサンマより鯛の方が上等なはずで
すよね? じゃ〜、二度も約束を破ったその「すまない」といぅ気持ちをで
すね、少なくとも、高価なものを買ってくるといぅことで表わすことができ
なかったんでしょ〜か?

▲なぜ鯛を買ってこなかったの? わたしは、その気持ちをもらいたかった
よ。サンマが食べたいのじゃないの、あなたの気持ちがいただきたいの●や
かましぃ、こらッ。そっち行け、なにを偉そぉに言ぅな、なにが「気持ちが
いただきたいの」や。

●お前にそんな偉そぉなこと言ぅ何があるのか? 何が「鯛でなければいか
ん」や。よぉ思い出せ、三か月ほど前、そこの広場の土管の中で、雨がジャ〜
ジャ〜降ってる中で、ニャ〜ニャ〜・ニャ〜ニャ〜鳴いてるから、かわいそぉ
や思て連れて帰ってきて、キャッツフードであれなんであれ、やったんじゃ
ないか。それを何や偉そぉに、ちょっともの言えるよぉになった思て、何が
「サンマがダメで鯛を買ってこい」バカなこと言ぅな。

▲あんた、何ですか、自分の悪いとこ棚に上げて、大きな声を出して人を威
圧しよぉといぅ一番卑劣な態度に出ましたですねぇ。あぁ〜たがそんな人だ
とは思いませんでしたねぇ。そんな人とはもぉものは言ぃませんよ、おしゃ
べりしませんよ。

●やかましぃ、こらッ! 誰が猫としゃべって欲しぃか、黙れッ!

             * * * * *

●五郎ちゃ〜ん、五郎ちゃ〜ん、おはよぉさん。ゆんべごめんね、ちょっと
大きな声出してごめんなさいね。スビバせんでしたねぇ、五ぉ郎ちゃん「き
のうのことはえらいすまん」言ぅてるでしょ〜がね、スネないな、せっかく
おしゃべりできるよぉになったのに、知らぁ〜ん顔して歩きないな。

●ごぉ〜ろちゃん、ゴロちゃん、ゴロちゃん、ゴロちゃん、ゴロチィ〜ン。
五郎ちゃ〜ん、機嫌直しておしゃべりしましょ〜よ、五郎ちゃん、五郎ちゃ
ん、ゴロゴロゴロゴロ、ゴロちゃんゴロちゃんゴロちゃん、ごぉ〜ろちゃん。

★前田さぁ〜ん、何ゆってるの?●管理人のオバサンですか、違いますねん、
うちの五郎がね、せっかくおしゃべりできるよぉになりましたのに、ちょっ
としたこと根に持ってね、しゃべらんよぉなってしもたんですよ。オバサン
からも言ぅてやってくださいよ「しょ〜もないこと根に持たんと、楽しくお
しゃべりしなさい」と、オバサンからも言ってやってくださいよ。


【さげ】
★前田さん、さっきから、なに大きな声で「ニャ〜ニャ〜・ニャ〜ニャ〜」
ゆってるの?


【プロパティ】
 ストーリーとプロットの違い=ストーリーとは「誰それが、こうなった」
   という出来事。プロットとは、誰それが「こうこう、こういう理由・
   過程を踏んで」こうなった。という手順。
 ドンデン=物事の展開がいったん落ち着きや一致を見せることによって観
   客の心理が一度安定に傾き、その後に意外な展開になって不安定な方
   向に振れることで、落差により笑いが起きる。逆のパターンが「謎解
   き」である。(枝雀流・落ち4分類 by Wiki)
 ナゾトキ=物事の展開が観客にとっての謎を生むことで心理が不安定に傾
   き、その後に謎が解決して安定することで笑いが起きる。逆のパター
   ンが「ドンデン」である。(枝雀流・落ち4分類 by Wiki)
 原作:小佐田定雄氏
 音源:桂枝雀 92/12/11 枝雀寄席(ABC)



【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂枝雀 sub=*  ●main高座記録日:1992/12/11  ●音  源  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:2002/02/17  ●原  作  者:小佐田定雄氏  ●更  新  日:2011/02/06  ●リクエスト数:rakug285  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次