【上方落語メモ第6集】その279

元     犬


【主な登場人物】
 犬の四郎(シロ)  ご隠居はん  旦さん  町内の犬

【事の成り行き】
 現状に満足しているわけやないですけど「人生やり直せるとしたらやり直
すか?」と問われて「私はやり直したくない」ですね。もう一度、あの学生
時代の生活を通り抜けるなんてことは考えるだけでおぞましい。

 そら甘酸っぱいこともありましたが、それとて「今もう一度」といわれる
と臭すぎて思い浮かべるのさえ赤面ものです。それにもまして勉強とか受験
とか、二度と通りたくない道ですね。

 ですから来世は人間に生まれ変わらなくてもよいかな。なるべく人間と関
わらない動物、何も考えてなさそうな「空を飛べる鳥」ぐらいになら生まれ
変わってもいいような気がします。本当のところは「完全な無」になるのが
希望なんですけど、来世のことは分かりません。

 またしても私自身に生まれ変わったら、こらもぉ最悪(2001/11/18)。

             * * * * *

 え〜、よくこの、人間といぅものは動物に憧れを持ったりいたしましてね、
羨ましがったりいたしますね。キリンを見てはね「あぁ、えぇなぁ、キリン
て高いとっから下を覗けて」ちゅなことをね、いろんなことを思たりいたし
まして。

 動物に憧れる人間がいてましたら、反対に人間に憧れる犬がおっても面白
いんやないか、といぅのがこのお噺でございまして。

◆おい、シロ、シロ●あッ、兄貴、どぉもこんちわ◆あぁ元気そぉやなぁ。
せやせや、ちょっと噂に聞ぃたんやが、お前人間になりたいと思てるらしぃ
けど、ホンマか?●ワンッ!◆「ワン」やないでお前、何でそんなしょ〜も
ないこと思いついたんや?

●話せな分からんのんですけどね。わたし、この頃天神さんの境内ねぐらに
してますねん。そこにね、いつも髭はやしたご隠居さんが日向ぼっこしては
りまんねん。ご存じですか? そのご隠居さんがこないだ、わたしのほぉ見
てね「あぁ、こら綺麗ぇな白犬やなぁ、差し毛が一本もないがな。こぉいぅ
犬は来世は人間に生まれ変わるなぁ」とね、こない言ぃはったんですよ。

●それまでわたし、人間になりたいちゅなこと思てなかったんですけど、な
れるもんやったらいっぺんなってみよかいなぁ、思いまして◆止めとき、や
めときおい。そのご隠居さんどない言ぃはった「来世は人間に生まれ変わる」
ちゅうたんやろ。来世っちゅうことはいっぺん死んで生まれ変わってきてか
らあとのこっちゃでお前。えらい気の長い話やないかいな。

●さぁさぁ、そこなんですよ。何ぼわたいが気が長いちゅうても、来世まで
待ってられませんしね、それに来世まで待ったさかいいぅてホンマになれる
もんとも限りませんので、できるもんやったら、今生(こんじょ〜)で人間に
なったろかいなぁ思とります。

◆それがいかんねんお前は、若いくせに今生とか来世とか分かったよぉなこ
とばっかり言ぅてるさかいに「人間になりたい」てな魔が差すねやないかお
前。悪いこと言わんさかい止めとき。わしゃ、お前っちゅう犬が惜しぃさか
い言ぅてんねやで。

●ご親切に言ぅていただくのはありがたいんですけれども、わたいもいっぺ
ん思たらやってみんと気が済みませんので……◆強情なやっちゃなぁ。まぁ
まぁ、そこまで言ぅんやったら止めへんわいな。せやけどお前、人間になり
たいちゅうけど、いったいどぉやって人間になるつもりや?

●いろいろ考えたんですけれども、天神さんの境内でお声をかけてもぉたの
も何ぞの縁やろと思いますんで、とりあえず天神さんへお願いしてみよと思
とります◆そぉか、まぁまぁうまいこといくかどぉか知らんが、しっかり頑
張りや●へぇ、おおきに。

 それからこの犬が天神さんへとお詣りをいたします。毎日まいにち「どぉ
か人間にしてください」日参をいたします。毎日まいにちあんまり熱心にお
詣りに来るもんでございますから、天神さんのほぉも……

 「また来てるがなおい、熱心な犬やなぁ。うちの氏子の中にもあんな信心
深いやつおらへんで、ちょっと見習ぉたらえぇねん、人間もなぁ。健気なも
んやなぁ、お賽銭持ってこられへんさかいに、代わりにウナギの頭やとかイ
ワシの尻尾とか持ってきてくれる……、気持ちが嬉しぃ。なぁ、気持ちは嬉
しぃけど、お社が生臭そぉなってしゃ〜ないねん。よしよし、願いを叶えて
やるぞ」

 明くる朝、この犬が目を覚ましますと、

●ふぁ〜ッ、あぁよぉ寝た……、うッ、寒(さ)ぶ、ちょっと風邪ひぃたかな?
エ、エ〜ックション……、寒いはずや毛ぇあらへんがな。えッ! 前足、手
になってるでおい。あら? 人間になったんと違うかヒョッとしたら……、
か、顔や……、耳や……。わ、わ、わぁ〜ッ、長い顔やなぁ、もぉちょっと
丸顔のほぉが良かってんけどな、まぁ贅沢(ぜぇたく)言ぅてられへんわ。

●わぁ嬉し、後ろ足もちゃんと人間の足になったぁるがな。立てんのかい?
立ってみよか……、うわぁ〜、高いもんやなぁ、こんなとこから下を見てん
のか人間ちゅな。こんな高いとこから見下ろしてるさかい、だんだんと横柄
な口調になっていくのかも知れんなぁ……

■あぁこれこれ、そこのお若いお方、お若いお方●あ、ご隠居さんや。どぉ
も、どぉもご隠居さん、いつもお世話んなっとります■いや「いつもお世話
になってます」て、わたしはあんさんにお会いすんのは今が初めてやと思い
ますがな●何を言ぅてはりますねん、毎日のよぉにここでお会いしてまっせ、
きのうもお会いしました。あッそぉそぉ、塩せんべぇ分けていただきまして
ありがとぉございました。

■気色の悪い人やなぁこの人、いや、わたしはきのうはここでどなたもお会
いしてませんで。塩せんべぇを分けてあげたのは……、鳩と白犬ぐらいのも
んや●そぉそぉ、わたいその白犬でんねや■あぁそぉかいな……、何を言ぅ
た、お前さん今……、そんなアホなこと●ホンマでんねんて、信じとくなは
れな。どっか昔の面影残ってませんか? あッ、角度を変えて見てもぉたら
分かるかも知れません。

■角度を変えてて……、これッ、そんなとこへつくぼって何をしてなはんね
ん? しゃがみこんで何を……、ん? そぉ言われると、鼻筋のとこなんか
ちょっと似てるなぁ●そぉでしょ、そぉでしょ■へぇ〜、そんなことがホン
マにあんねんなぁ。いやいや、そらおめでとぉさん。せやけどなあんた、人
間になったんなら、こんなとこでウロウロしてたらあかんで。着物も着んと
ハダカでウロウロしてたら、警察へ連れて行かれるで。

●えッ、ハダカで……? わぉ■「わぉ」やあれへんがな、早いこと家来な
はれ、着物を貸したげるさかい。

 家へ連れて行ってもらいまして、着物を貸してもらいますけども、なんと
なく慣れてないもんでゴワゴワとして気色が悪い。

●これが着物っちゅうもんですか? なんか気色の悪いもんですなぁ■まぁ
まぁ、人間になった以上はハダカで暮らすわけにはいかんさかいな、辛抱し
なはれ●あぁさよか……、これなんや分厚ぅて温くそぉですけども、これ春
んなったら夏もんに生え変わりまんのん?

■アホなこと言ぃないな、着物が生え変わったりするかいな。人間といぅの
は季節に応じて衣替えをしますんじゃ●へぇ〜、人間てえらい不自由な生活
してまんねんなぁ■ボロクソに言ぃなはんな。まぁ、人間になった以上は辛
抱してもらわんとな。そいでなおまはん、人間になった以上、手を前に付い
て座る癖、止めたほぉがえぇで。わたしみたいにこぉ、お行儀に座んなはれ。
正座に座ってみなはれ。

■そぉそぉ、足を畳んでその上へお尻を乗せて……、わ、わッ、後ろへひっ
くり返ったがな。まぁまぁ、ボチボチ練習しなはれ……、はいはい、何です?
え? お若い方と遊んでんのもえぇけども、片岡さんの一件はどぉなってま
す? あぁそぉじゃそぉじゃ忘れてた。あれ明日までやったかいなぁ? な
に、今日まで? えらいこっちゃがなうっかりしてた。お前さんも気が付い
てるのなら、早いこと言ぅてくれんといかんやないかいな。

●あの、ご隠居さん、どないしはったんですか?■いや実はな、わたしの知
り合いで片岡さんといぅ人がいてはってな●あぁ、三丁目の角の?■あぁそぉ
か、お前も町内のもんやさかい知ってるわなぁ●へぇ、わたいね、向こぉの
男衆(おとこし)の太助はんといぅ人に、芋のヘタとかもぉて可愛がってもぉ
たんでっせ。

■あぁそぉかいな、いや、その太助さんが急に国許へ帰ってしもたんやがな。
でな、代わりの人を探してほしぃと、片岡さんから頼まれてましたんや。何
でも「今日は大勢のお客さんがあるさかい、是非とも今日に間に合わしてほ
しぃ」と言われてたんをコロッと忘れてましたんやがな。誰ぞなぁ、ブラブ
ラしてる若い衆(しゅ)でこの町内にも詳しぃよぉな人いてないかいなぁ?

●ご隠居さん、それ、わたしやらしてもらいましょか?■え、お前さんが?
アホなこと言ぃないな、あんたまだ人間になって一時間も経ってないんやで、
奉公てなことできるかえ?●できますできます。わたい、だいちこの町内の
ことやったら隅から隅まで知ってまっせ。人が入れんよぉな縁の下まで知っ
てまっせ。

■そぉか、そらまぁそぉやけど……、わしもほかにあてがあるわけやないし、
ほなら、いっぺんやってみるか。向こぉも待ってはるし、ほな行こか……、
あの、聞ぃてたやろ、この人連れてちょっと行ってきますんで。え、大丈夫
ですか? ん〜ん、わしも分からんけどな、とりあえず行ってこぉ。

■履きもんが要るなぁ……、この下駄、もぉあんたに上げるさかい、使いな
はれや。ほなら、ちょっと行ってきます……、さぁさぁ出かけ……、これッ、
下駄は足に履くねん、口にくわえて何をしてなはんねや?●あッ、つい昔の
癖で……■おかしな癖、直しなはれや。さぁ、付いてきなはれや。

■あぁそぉそぉ、一つだけ言ぅとかないかん、今から行く片岡さんのご主人
といぅのはな、町内でも有名な犬嫌いやさかいな、お前さんが「前に犬やっ
てました」てなこと言ぅたらあかんで。いや、信用しはれへんやろとは思う
けど、悪い冗談と思われるだけでも損やさかいな、分かったな。

■え〜、ごめんやす……、ごめんくださいませ。えらい遅なりまして、ごめ
んやす▲はいはい、どちらさん……? あぁご隠居さんですか、待ってまし
たんです。いや、お間違えはないやろけども、なんせ今日のこっちゃさかい、
こっちからお迎えに行かなあかんのちがうか言ぅてましたところ……、おい、
来てくれはった、来てくれはった。

▲見付かりました、若い衆?■はい、やっと一人見付かりましたんで、連れ
てきとります▲あぁさよか、えらいすんまへんでした……、あちらのお方で
すか? 下駄の上にあごを乗せて寝たはる?■ハハッ……、ちょっと変わっ
たところがありまして、周りのもんを笑わしてくれますねんけども、非常に
えぇ男で。三日も置いていただいたら、恩を忘れるよぉなことはないやろと
思います。

▲義理堅い人でっしゃないかいな、そら結構ですけっこぉです■なんかあり
ましたら、またわたくしに言ぅていただきますよぉに。ほな、しっかり頑張
るねんで●はい……■これッ、尻振りなはんな、しっかりやりや……、えら
いすんません、ほなこれで失礼(ひつれぇ)いたします。

▲えらいすんません、ありがとぉございました……、さぁさぁ、ほんなら今
日から一生懸命働いてもらいまっせ。で、あんた名前は?●え?▲名前、あ
んたの?●名前ねぇ……、シロ▲えッ? 四郎さんですかいな、ハキハキも
の言ぅよぉにね。あの、聞ぃてもぉてると思うけれど、今日は大勢お客さん
があるさかいに、テキパキ働いてもらわんと困るで。

▲えっとね、今、お膳の支度をしてますんで、ちょっとお椀を出してもらい
たい。そこの棚の上にお椀が乗ってますんで、ちょっとそれ下ろしてもらえ
ますか?●え?▲いやいや、棚の上にお椀があるさかい、それをちょっと下
ろしとくんなはれ……、難しぃことないがな、お椀を下ろしまんねん、椀で
んがな、椀……●ワンッ!

▲な、なんやねんな、いや、面白いのんは分かったけど、今度ゆっくりやっ
てもらいますさかいに、今忙しぃさかい頼んますわ。あッ、鉄瓶に湯が沸い
てます、ちょっとあれ下ろしてもらえますか? 湯ぅが沸いてますんで、湯
がシュ〜シュ〜いぅて、あの湯ぅが、チンチン沸いてるさかいに、湯がチン
チン……

▲何をしてんねん、こんなかっこして? もぉ面白いことは分かりましたさ
かい、今度やってもらいますんで……、焼き魚出しっぱなしや、焼き魚を水
屋へ片付けてください。いやいや、焼き魚を出しっぱなしにしとくとね、こ
の頃、犬が入って来て、気が付いたら魚が無いてなことありますんで、焼き
魚を片付けて……

▲え? 何怒ってます? 犬はそんなことはしません、それは猫です? え
らい怒ってなはんな、よっぽど猫が嫌いとみえるな、犬でも猫でもよろしぃ
んや、それをとりあえず、皿を持って……、匂いをかがんでよろしぃんや、
水屋へ……、くわえなはんな。

▲もぉ面白いのん分かりましたんで今度ゆっくりやってもらいますから、仕
事をね……、はいはい、何ですか? 座布団はどっちを出します? 今すぐ
に行きますんで、ちょっと待っててください……。ほな、それが済んだら女
衆(おなごし)の手伝い、頼んましたよ。

●うるさい旦那やなぁホンマにもぉ、ずぅ〜ッとしゃべりどぉしにしゃべっ
てんねんなぁ、人間なんて犬の二倍も三倍も生きんねんさかい、もっとの〜
んびりしたらえぇと思うけどなぁ。まぁまぁ、仕事をせんとねぇ、首になっ
てしもたらいかんさかいなぁ……

●え〜、水屋へ魚を片付けて、と……、ん? 猫や、やっぱりあいつらの仕
業やってんがな。酒屋の黒猫や、あいつらのせぇでわしらが濡れ衣着せられ
てんねや、ホンマにもぉ、ウゥ〜ッ★フギャ〜ッ●ウゥ〜ッ★フギャ〜ッ!

●ウ〜、ワンワン、ワンッ!★ギャ、ギャ〜ッ!(ガラ・ガッチ・ガッチ)

▲えらい台所が騒がしぃやないかいな、どないなったぁんねん……、おい、
四郎さんどないした?●旦さん、やっぱり猫でした、やっぱり猫。酒屋の黒
猫がね、魚盗みに来ましたけど、わたし引っ掻かれながらも何とか防ぎまし
た。今年に入って、あいつとわたしは五勝三敗。

▲何を言ぅてんねん、あぁ〜、もぉ猫追いかけ回して、お料理ワヤやがな、
何をしてんねんなもぉ……、おい、ちょっとおもと、ここ片付けなはれ、使
いもんになれへんがな。わし、これからちょっと仕出屋さんへお料理頼みに
行ってくるさかいに、お客さんがお越しになったらお茶をお出しして、頼ん
ましたで。

▲四郎さん、あんた置いといたらろくなことせぇへんさかいに、もぉ、一緒
に付いてきなはれ、荷物持ちや。こっち出て来なはれ、ホンマにもぉ忙しぃ
ときにかなんなぁ●随分お忙しそぉですねぇ▲今日は忙しぃさかい、あんた
に来てもろたんです。お陰で忙しさが倍になりました、ホンマにもぉ、明日
からもぉちょっと、てきぱき働いてもらわんと困りまっせ。

●はいッ、そらそぉと、ちょっとお伺いしたんでっけども、旦さんは随分と
犬がお嫌いやそぉですなぁ?▲ご隠居さんに聞ぃたんかいな、そぉやねん、
わしゃどぉいぅもんか小さい時分から犬が苦手でなぁ、また、この町内は犬
が多いやろ、もぉグルッとひと回りまわったら必ず二、三匹は犬に出合う。

▲前はいちいち遠回りとかな、あと戻りしてたんやけど、そんなことしてら
れへん。きのう、実はえぇこと教せてもろてん。どや見てみこんなことやっ
てんねん●何でございますかこれ?▲手の平に「虎」といぅ字を書いてある。
これを見せたら犬が逃げて行くといぅマジナイや●あぁ〜、それは恐らくあ
かんやろと思いますけどねぇ、わたし。

▲いやいや、よぉ効くマジナイやと聞ぃたんやがな●いぃえぇ、確かにそぉ
いぅマジナイがあるっちゅうことは、わたしも聞ぃたことありますけど。そ
ら、昔の犬やったら逃げたかも知れまへんけど、そんなもん見たぐらいで今
日日(きょ〜び)我々逃げまへんで▲我々?●いえいえ、いま時の犬、逃げま
へんで。もっとよぉ効くマジナイ教せたげますわ。

▲よぉ効くマジナイ?●へぇ、手の平に「材木屋のクロ」と書いときなはれ
▲材木屋のクロ?●材木屋のクロっちゅうたら、この町内でも一番強い犬でっ
さかいね、その名前見たら大概の犬逃げまっせ。

▲ホンマかいな……、まぁ、騙された思てやってみよか、ホンマに効くねや
ろなぁ。え〜「材木屋のクロ」これでえぇのんかい?●怖わぁ〜ッ▲何でお
前さんが怖がるねん? ホンマに効くねんやろなぁ、これ?

(ウゥ〜ッ、ワンッ!)

▲出て来よった出て来よった、ホンに犬の多い町内やろ●出て来ましたなぁ、
これはね「米屋のゲン」といぅ犬ですわ。いっぺんそのマジナイ、試してみ
はったらどぉですか?▲ホンマかいな、効くねやろなぁ、ほんまに……、こ
れでどぉじゃ!

(ウゥ〜ッ……、キャィ〜ン、キャィ〜ン、キャィ〜ン)

▲おぉ〜、逃げて行った逃げて行った。ホンにこのマジナイ効くなぁ●効き
まっしゃろ、効きまっしゃろ▲へぇ〜ッ、こんなマジナイがあるとは知らな
んだなぁ。

(ウゥ〜ッ、ワンッ!)

▲おッ、また出て来よった。これはどこの犬や?●これは「本屋のポチ」で
す。こいつはね、本読んでまっさかい頭はえぇんですけど、腕力皆目おまへ
んさかいに、じきに逃げまっせ▲そぉか……、これでどぉじゃ!

(ウゥ〜ッ……、キャィ〜ン、キャィ〜ン、キャィ〜ン)

▲お〜、逃げる逃げる、オモロイなぁこれ、ホンによぉ効くマジナイ。

(ウゥ〜ッ、ワンッ!)

▲おッ、大ぉきな犬が出て来たで。これどこの犬や?●これは「金物(かな
もん)屋のアカ」です。こいつはね、弱いやつの前では強いクセに、強いや
つの前ではじきに尻尾巻きよりまんねん。性格が悪いさかいに友達が少ない
んですよ▲お前さん、町内の犬事情にえらい詳しぃなぁ、これでどぉじゃ!

(ウゥ〜ッ……、キャィ〜ン、キャィ〜ン、キャィ〜ン)

▲おぉ〜ッ、逃げる逃げる、オモロイなぁおい。今日は町内こないして回ろ
か?●回りまひょ、回りまひょ。

(ウゥ〜ッ、BowWow! バウ、ワウ! BowWow! BowWow!)

▲おッ、何やこれ? 見かけん犬が出て来たで、四郎さん●これはね、こな
いだ教会へ来はった牧師さん、ペリーさんの連れてきはった犬でっせ▲そぉ
か……、これでどぉじゃ!

(ウゥ〜ッ、BowWow! バウ、ワウ! BowWow! BowWow!)

▲ちょっとちょっと、おいおい、四郎さん四郎さんちょっと、この犬にはマ
ジナイちょっとも効かへんなぁ?●旦さん、この犬はあきませんがな……


【さげ】
●こいつ、日本の字ぃ、読めませんもの。


【プロパティ】
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 差し毛=動物の毛で、全体の部分と違った色の毛が交じっていること。
 丸顔のほぉが良かってんけどな=九雀さんは顔が長い。
 塩せんべい=大阪では、単に「せんべい」と言ぅと、小麦粉に砂糖や鶏卵
   を加えて焼いた菓子を指す。もち米から作るせんべいは「塩せんべい」
   と区別された。なお、大阪でこれが売られるようになったのは、大正
   十年頃、百貨店に食料品部というものができて以来のこと。
 警察の沿革=警察制度は1871(明治4)年、警察権は司法省に一括され邏卒
   が設置されたことによりはじまる。1873(明治8)年、統括機関を内務
   省に移管、邏卒を廃して巡査と改称。戦後1948(昭和23)年、警察法が
   定められ権限は主に市町村に引き継がれ、1954(昭和29)年、警察法改
   正により都道府県が担当する現在の制度ができた。
 ボロクソ=朝飯前・へっちゃら・屁の河童・お茶の子サイサイ。また、ク
   ソミソの意にも用いる。ボロカス。
 ヘタ=蔕:茄子・柿などの実についている萼(がく)。大阪ではそれに加え、
   芋やキュウリ・大根の端の部分もヘタという。
 女衆(おなごし)=下女・はしため。雇われた順あるいは年齢順に、松竹梅
   からとってお松どん、お竹どん、お梅どんと呼んだ。長じるとお松っ
   つぁん、お竹はん、お梅はんとなる。決して呼び捨てにはしなかった。
 ワヤ=駄目。失敗。無謀。滅茶苦茶。枉惑(わ[お]うわく:ごまかしだま
   すこと)の約訛という。ワウワク→ワワク→ワヤク→ワヤ? 「さっ
   ぱりわや」は散々な目にあった意味。てんやわんやのワンヤもワヤか
   ら移ったもの。
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 音源:2001/10/28 特選落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂九雀 sub=*  ●main高座記録日:2001/10/28  ●音  源  名:特選落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:2001/11/18  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2010/12/19  ●リクエスト数:rakug279  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次