【上方落語メモ第6集】その273

目     薬


【主な登場人物】
 字に疎い男  その嬶(かか)  薬屋

【事の成り行き】
 いま手元を見回して置き薬といえば龍角散、傷絆創膏、タイガーバーム軟
膏くらいしか見当たりません。わたし基本的に薬に頼らない体質ですから、
少々の傷や喉の痛み、クシャミ鼻水、目の疲れなどは自然治癒力に任せてし
まいます。

 ところが世の中薬好きの人が多いとみえ、最近、駐車スペース付きの巨大
薬屋さん「ドラッグストアー」の数がめっぽう増えてきました。カーゴを押
しながら薬を買い込むイメージを思い浮かべるのですが、皆さんスナック菓
子でも食べるように薬を飲まれているのでしょうか。

 よく健保・国保の薬無駄遣いが話題になるようですけど、薬大好きな日本
人ですから将来的にも改善される見込みは少ないでしょう。アメリカンスラッ
グの「ドラッグ」はその筋の薬のこと、国が認めたドラッグ(大衆薬)であっ
ても、多かれ少なかれ習慣性・依存性という危険のあることをお忘れなく。

 今回の「目薬」はそれとはまた違った危険をはらんでいます(2001/08/19)。

             * * * * *

 え〜、およろしぃおあとでございまして。

 男のあとへまた男、一人(ひとり)のあとへまた一人で、どぉもこの代わり
映えがいたしませんで。同じ一人(ひとぉり)出てまいりましても、先ほどな
んかあのペペさんなんかはね、ギターかなんか持って出まして、♪ボロロン
てなことやります。

 音が入りますと、お客さま方のほぉも思わず気が浮いてまいりまして「い
よッ(パチパチパチ)」手のひとつも叩こぉかちゅなことになりますし、ま
たこのあと、お漫才なんかでございますと、二人(ふたぁり)で出てまいりま
すから、横を向いて話しかけると向こぉから返事が返ってくる。

 これまた掛け合いでございますからお賑やかですけども、一人といぅのは
ねぇ、実にもぉ愛想のない商売で、横向いたさかいちゅうて誰がいてくれる
わけやなし、こっちゃ向いたさかいちゅうて返事してくれる人があるわけや
なしねぇ、もぉ一人でしゃべって一人で返事して、唄も歌わず屁もこかず、
実に愛想のない商売で。

 けどまぁ、これも決して悪気があって出てくるわけやないんで、これもみ
なみなもぉ(手の指で丸)……、やむを得ず出てくるよぉな仕掛けになって
まして、あまり長いお時間やございませんので、おあとお楽しみに最後まで
ごゆっくりとお遊びのほどを願いますが。

 世の中といぅのは面白いもんですなぁ、毎日まいにちがク〜ルクル・クル
クル変わります。もぉ何がどぉなってんのんか分からん、てなことはたくさ
んにございますが。

 妙な話が字ぃひとつにいたしましてもそのとおりで。字ぃてあのお尻患う
痔ぃやおまへんで、あの書きます字ぃ。これあの、同じ「しぃ」に点々です
が上向いて字ぃちゅうのんと、下向いて痔ぃちゅうのんとね、ずいぶん違い
ます。

 また書き方も違いますんでね、同じ日本の字がどぉ違うかてなもんですが、
縦に書くとき、これは昔も今も一緒でございますが、横書きの場合が変わっ
た。日本の字を横に書くとき、今はもぉ誰でも左から書いて左からお読みに
なります。

 こら、誰も迷う人はないんで、誰でも左から書いて左からお読みになりま
すが、昔はあれ、右から書いて右から読んでた時代があるんですなぁ。ま、
こない申しますと、ご年配の方はご記憶でもございましょ〜、わたしなんか
でも薄っすらとは覚えてます。

 わたしがまだ子どもの時分、小ぃさい可愛(かい)らしぃね、人さんに坊ちゃ
ん坊ちゃんと言われていた、そぉいぅ子ぉと遊んでた頃ねぇ……。いや、そ
こで笑われると心細いんですがなぁ。

 さぁこれがね、これが坊ちゃんと言われりゃ、そらおかしぃ、笑ろてもよ
ろしぃ。坊ちゃんと言われてた子ぉと、遊ぶぐらいは遊ばしてください、わ
たしもねぇ。

 その頃はねぇ、カタカナの字ぃなんか右から書いてましたよ「ルービヒサ
ア」とかね「ルービンリキ」「ルービロポッサ」「ルービスビヱ」なんかビー
ルばっかりよぉ覚えてますが。

 それが戦後になりまして、あっちこっちからいろんな国の方がお越しになっ
たん。でまぁ、そぉいぅ方たちと揃えにするほぉが良かろぉといぅんで、昭
和二十二年の十一月に国の定めるところとなって、あれがみな左から書くよぉ
に統一された。

 今でこそ、誰でも左から書いて左から読みますが、今まで右から書いて右
から読んでたやつが「さぁ、今日から左から」言われるとややこしぃ、こっ
ちから読む癖が残ってますから。

 慌てもんの奥さんなんか、レストラン入ってメニュー広げてね「すんませ
ん、チンラの日本、一つ」「チンラの日本」て何や知らん? 「本日のラン
チ」本日のランチ⇔チンラの日本、とこぉなるわけです。

 「本日のランチ」が「チンラの日本」になるぐらいは罪が軽いんで、これ
本日のランチですから「チンラ」とこぉいけますがね、これもしあんた「フ
ルーツポンチ」てなあんた……、いえ、わたいなにも言ぅてしまへんで、そっ
ちゃ側が何考えたか、そこまでは責任よぉもたんからね。

 ですからもぉ、昔と今とではえらい違いです。この頃はもぉ字ぃ知らんて
な人は滅多にございませんが、昔は字ぃ知らん、よぉ書かん、よぉ読まん、
ひどいのになりますと自分の名前も書けないといぅ、そんな人が昔はあった
んですなぁ。

 字ぃ知らんやつが、字ぃ知らんやつに手紙出したちゅな噺がありますが。
ご夫婦で、ご主人も字が書けん読めん、嫁はんも字が書けん読めん。と、ご
主人があるとき、岡山あたりへ出張、今で言ぅ出張ですなぁ、出稼ぎに行っ
たんですが、行ったっきり帰って来ない、便りが無いといぅんで、お上さん
が心配してると、おんなじ町内からまた岡山へ行く人があるといぅんで、

●まぁ、清八っつぁんの兄さん、岡山行きはりまんねんてなぁ。いぃえぇな、
うちのが行ってまんにゃがな、行ったきり便りがないの。そらまぁな、字ぃ
よぉ書かしまへんさかい無理はおまへんねけどな、言付けぐらいしてくれた
らえぇのに思て、心配してまんねん。

●兄さん、行かはんにゃったら、まぁ広島も広いさかいにそら会わはるとは
限れしまへんけど、ヒョッとお会いになったら手紙ことづかってくれはりま
へんやろか?

■偉いなぁお咲さん、あんた手紙が書けんのんか?●いぃえぇ、わたしよぉ
書かんにゃわ■ほな、誰ぞに頼んで書いてもろたん?●いぃえぇ、書いても
ろたかてうちの人よぉ読まへんやろ■お前、よぉ書かんもんがよぉ読まんも
んのところへ、それどないして手紙?

●分かるよぉにしたぁる■え? 分かるよぉにしたぁんのん? あぁそぉ、
まぁとにかくことづかっていくわ。

 これ、ことづかっていったやつが向こぉでうまいことバタッと出会ぉた。

■いよぉ〜ッ、喜ぃ公▲清ぇやん、長いことご無沙汰■長いことやないでお
前、お前とこの嫁はん心配してるで。いぃえな、文はやりたし書く手は持た
ず、分からんことはないけどな、お前言付けぐらいしたりや。何や知らん、
お前とこの嫁はん手紙ことづかってきたで。

▲うちの嫁はんが? 手紙? あぁそぉ、分かるよぉにしたぁるて? あぁ
そぉか、何を言ぅてきよったんや……? ハッハッハッハッ、小娘みたいに
可愛(かい)らしぃこと言ぃやがって■分かんのかおい? なんか石ころが二
つ出てきただけやないか、そら。

▲うん、石ころが二つやろ「小石、こいし」言ぅとんねん。

 分かるやつには分かるんでしょ〜ね。

 字ぃ知らんやつが目ぇ患ろぉた、なんてな噺がありますが。字が一字も書
けん、読めんといぅ不器用なやつ、目がかすんでしょ〜がないといぅんで近
所の薬屋、まぁ昔のことですから漢方薬、生薬(きぐすり)屋さん、いわゆる
生薬(しょ〜やく)といぅやつで。

●ごめぇ〜ん、おじゃまはんです。目ぇがかすんでしょ〜がおまへんねん、
何ぞえぇ薬おまへんやろか?■あぁちょっと待ちなはれや……、これがよぉ
効きまんねん、これ持って帰って点しなはれ。中に効能書きが入ってまっさ
かい、それ読んでそのとおりしとくなはれ。

 この薬屋の番頭が親切なやつなら良かったんですが、いたってズボラなや
つ「中に効能書きが入ってまっさかい、それ読んでそのとおりしなはれ」と
出しよった。

 片一方は昔の人間です、字ぃ知らんの恥やと思てまっさかい「わたい字ぃ
知りまへんねん、効能書き読めまへんのんで」そんなことよぉ言わん「あッ
さよか、効能書きが入ってんねんやったら分かりますわ」

 偉そぉな顔して金払ろて帰って来よったんです。字ぃ知らんとこへ目ぇ患
ろぉてまんねん、読めるわけがない、こらね。家帰って難儀しとぉる。

●えらいことしたなぁ、やっぱり向こぉでいっぺん尋ずねたらよかったんや
なぁ「聞くは当座の恥、聞かずは末代の恥」っちゅうけども、点しよぉが分
からなんだらこれ、何のために薬買ぉてきたんや分からへんがな……

●待てよ、この一番上の字ぃ、こいつどっかで出会ぉたことあるで、おらこ
いつと……、割とちょいちょい見る顔やがななぁ、これ……

●あぁ、風呂屋で出会うねや、おらこいつと。風呂屋の暖簾に書いたぁった
なぁ……、待てよ、俺がいつも入んのんこっち側やろ、向こぉ側やさかいに、
ははぁ〜ん、こら「女」ちゅう字やな。

 「女」と読んだらいかんのです。ひら仮名で「めじりにさすこと」目尻に
点すこと、と書いてあった一番上の「め」ひら仮名の「め」女湯の「女」や
と思いよった。

 あの風呂屋の暖簾に書いてある字といぅのは、ちょいと崩して丸みが付い
てます「女」といぅ漢字の崩したやつ、ひら仮名の「め」こらややこしぃ人
にとってはややこしぃんでしょ〜が、一番上の「め」を「女」と読んだもん
ですから、あとがみな間違ごぉてきた。

●女……、しりに……、さすこと……? ケッタイな目薬やなぁこら、俺の
目ぇが悪いねんで。俺の目ぇが悪いのに、人のケツへこの薬つけて、ほんで
俺の目ぇに効くねやろか? 「効能書きのとおりしてください」ちゅうとっ
たしねぇ。手近なとこで女いぅたら、嬶しかおれへんねけど……

●お〜い、嬶、かか、ちょっとこっちおいでこっち。表の戸ぉ締めてな、ほ
んであのこっちぃ来て、ケツまくれ▲何を言ぅてんねやろこの人わ。まだお
日さんが高いやないか、昼日中(ひるひなか)から何をする気やねんな……


▲晩にしなはれ●それと違うねんそれと「戸ぉ締めてケツまくれ」言ぅたら
それやと思てんねんお前は、ほかに楽しみないのんかお前……、いぃえぇな、
俺が目薬点すさかいちょっとケツ出してちゅうねん▲あんたの目薬とわたい
のお尻とどんな関係があんねん?

●知らんがな、そないせぇちゅうて効能書きに書いたぁんねや。こっち来い
こっち、表の戸ぉ締めて……、鍵かけとけよ鍵、誰ぞガラッと開けよったら
ビックリせんならんぞお前……

●よっしゃよっしゃ、そこへな、うつ伏せになって四つんばい、四つんばい。
頭そっち、ケツこっち向けて、なるたけ頭低くしてケツもっと上げて……、
何が? 夫婦でしょ〜がねお前、これぐらいのことはあんた協力してもらわ
な……

●ほぉ〜ッ!▲これッ、何を感心してるねんあんた?●いや、こんなもんお
前、落ち着いて見せてもらうのん初めてやさかいに、いつでも忙しぃさ中に
チラッと見るだけで……、おい、これ漢方薬、粉薬やがね、粉薬そんなとこ
へうまいこと乗るかねぇ? なるべくケツ上向けててや……

●せやけど、これ効くかねぇ? ここへ付けたやつが、こっちぃねぇ……、
まぁ、やってみるけどな、ボチボチいくで……、おいおいおい、ピョコピョ
コすなお前、じ〜っとしとれじっと、何や知らんパァ〜コパコ・パァ〜コパ
コ……

 嫁はんも亭主のためやと思やこそですなぁ、昼日中、ケツまくって天井向
けて。粉薬がパラパラ・パラパラくるもんでっさかい、こそぼてしょがない。
こそばいさかいいぅて笑うわけにいかず、動いたらいかんと思いまっさかい
に、何とか辛抱しよる。

 グッとこらえるひょ〜しにお腹へ力が入った「プ〜ッ!」

●わッ、わぁ〜ッ、無茶すな、人が覗き込んでるとこお前、モロにかましや
がって……


【さげ】
●なるほど、この薬、やっぱりこないして点すねんわ。


【プロパティ】
 ペペさん=ぺぺ桜井:ギター漫談、東京出身、(社)落語協会所属。
 昭和二十二年の十一月に国の定め=1942(昭和17)年7月、文部省国語審議
   会が「左横書きを本則とする」答申を出したが閣議提案されなかった。
   戦後になり1946(昭和21)年、読売報知新聞が見出しに左横書きを適用。
   1951(昭和26)年10月、国語審議会審議決定した「公用文作成の要領」
   (1952(昭和27)年4月内閣官房長官依命通知)により指針が示され、
   1960(昭和35)年前後より地方自治体の文書規定に定められるようにな
   る。明治期より外国語、数学、音楽、また理工系の専門書では左横書
   きであった。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 音源:1997/08/03/上野鈴本 とっておきの艶噺(クラウン)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=露の五郎 sub=*  ●main高座記録日:1997/08/03  ●音  源  名:とっておきの艶噺  ●ファイル公開日:2001/08/19  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2010/11/07  ●リクエスト数:rakug273  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次