【上方落語メモ第6集】その267

豆     屋


【主な登場人物】
 豆屋  長屋の住人A・B

【事の成り行き】
 小学生の頃、理科の発芽実験で大豆を育てたことがありました。シャーレ
に綿を敷き、大豆を数粒並べて乾かないように水をやり、暗いところに置い
ておくこと数週間、やがてチョロッと根が出て豆が頭をもたげ緑に変色して
双葉となります。

 普通の子はここまでできると大成功、実験終了なわけですけど、わたしゃ
違いましたねぇ。不要になった発芽大豆を集めて回り、丁寧に校庭の花壇の
隅に植え込みます。

 学校の花壇には「花壇当番」が付いていて、毎日毎日せっせと水やり雑草
取りをしてくれます。やがて若葉はスクスクと伸び、青々と茂り、花を咲か
せ実がなるのです。

 大豆の実、すなわち枝豆へと立派に成長した発芽実験大豆を大事に家に持
ち帰り、塩ゆでしてオヤツに食べるということを考え付く小学生っていうの
は、成長すると落語好きになるんです(2001/06/17)。

             * * * * *

 え〜、今晩はひとつ「豆屋」といぅ、旬を外れておりますが、お許しを願
いましてございます。

 八百八(はっぴゃくや)商売とか申しあげまして、昔から商売もいろいろご
ざります。たくさん商売もござりますが、表へまいります振り売り商人(あ
きんど)は大変難しぃよぉに思います。

 物一つ売りますもそのとおり、暑い寒い(さぶい)に関わらず、内らにいる
人を立て前一つで、表へ呼び出す力がなければ商売にならん。偉いもんでお
ますなぁ。

 今からずいぶん前方(まえかた)のこってすが、印肉を詰め替えに来ている
人、俗に「印肉屋」とひと口に言ぃますが、あの人ら聞ぃとりますと印肉っ
ちゅうもんを詰め替えるもんですから、上から押さえ付けてよる「印ん〜肉
の〜、詰め替えッ」なんちゅうて。

 パン屋はんはちゅうと、膨れたぁるんがうまいからちゅうて「パンパンッ、
玄米パン、パンパンッ」パンもうかつに売れまへん、売る場所によらんとど
つかれます。こないだ、新世界の公園でパン売っててどつかれたやつがおる。
三十ぐらいのえぇ女ごはんの後ろから「パンパンッ」「馬鹿ッ!」商売にな
りまへん。

 今はもぉこの、ガス・電気、わたしら子どもの時分にはよくこのランプと
いぅやつがございました。今は停電であちらこちらでランプを見受けますが、
子ども時分にランプいぅとゾッとしました。ランプのホヤを掃除さされます
ことは嫌でしたなぁ。

 夕景、小暗いとこでねぇ、一生懸命にあの穴を綺麗ぇに磨かされました。
あらまたランプのホヤを売りに来る人の立て前、あらうまいこと考えとりま
す。

 ご存知のこのホヤといぅやつは下のほぉが丸ぅて、真ん中がゴボ〜ッと膨
れて、先のほぉがシュッと長い。立て前がそれに合わしとります「ホヤぁ〜、
ランプぅ〜いっしゅ」よぉあんなうまいこと言ぃよった。

 雨傘やこぉもり傘の修繕は、いっぺん広げて修繕がでけたあと、チィ〜ン
と畳とんでなおしてしまいよる「雨傘、こぉ〜もり傘の張替えッ」と、なお
してしまいよる。うまいこと考えたもんですなぁ。

 何商売でもそのとおりでおますが、たくさん商人(しょ〜にん)が表へまい
ります中でも、あの金魚屋さん、寿命の短いやつですなぁ。たいてぇまぁ五
月の末、六月から出てまいりまして、まずまず七月末まで、八月はもぉあん
まり金魚屋さんは出ませんが、あの金魚屋さんちゅな綺麗ぇな商売でおます
なぁ。

 売ってる品物が綺麗ぇなんですからなぁ、金魚といぅ。見た目には綺麗ぇ
ですが焼いても煮(た)いても食われん。何でも、フライにしたらうまいらしぃ
ですな、金魚のフライ「金フラ」ちゅうてな。わたしゃいまだに食たことお
まへんけど。

 立て前はと言ぅと、一調子張り上げます。張り上げた声をばジ〜ッと押さ
えまして、水をチャポつかさんよぉに考えとります。ですから、荷ぃとても
そのとおりですな。

 牧の木ぃに銅(あか)の銅輪、綺麗ぇなんですなぁ。そして上には新聞紙の
古いのやら、弁当に、ガラスの割れたん、もぉ朝からこれだけ商売してきま
したと、あら、ヤマコ看板ですなぁ。

 そで、立て前で声を押さえますから、金魚は静かぁ〜に泳ぎよる。あんま
り忙(せわ)しのぉ立て前あげると、金魚が鼻打って死んでしまう。考えとり
ますわい商売人はな。わたし、あんな声よぉ出しませんが、うまいこと声張
りあげたもんで「金魚ぉ〜え〜、金魚ぉ〜」

 水をジィ〜ッと押さえますから、金魚が「タァ〜ップ、タァ〜ップ」可愛
(かい)らしぃ可愛らしぃ丸顔の出目の、わたいによぉ似た金魚が「金魚ぉ〜
え〜、金魚ぉ〜」声を押さえます。

 また、あの声を出す時分は皆さんちょ〜ど眠たい時分です。お食事が済ん
で一時間ほど昼寝をしょ〜か? それとも仕事早よかかって夕景早よしまお
か知らん? 思案最中ですなぁ。そこへ金魚屋出て来よると、あの声聴ぃて
あれを添い節に寝る人がおる。また眠となります、あの声はねぇ。

 「金魚ぉ〜え〜、金魚ぉ〜」うまいこと寝さしてくれよる。寝た時分にま
た、起こしに歩いてるやつがおる。カチワリ屋はん、ボテ箱担ぎよって勢い
のえぇことどぉです「そぉ〜れ、カチワリやカチワリや、ぶち割ったかち割っ
た、買った買った」喧しぃて寝られんなぁあいつわ。

 目覚ましにカチワリ買おと思て外へ出ると、もぉそこらにいよれへん、二
町ほど向こぉ走っとぉる。起こしに歩いとぉんのやら、商売に歩いとぉんの
やら分からん。そのあとへ出てまいりますのは昼網屋。最近あんなもの見か
けませんが、前方はよぉまいりましたなぁ。

 昼三時、四時、出て来ますのは決まっとぉります。たいてぇまぁ、昼網屋
が来たらあとへ出てくるものは決まっとぉりますなぁ、刺身屋さん。あらま
た威勢(いせぇ)のえぇもんですなぁ、昼網、鰯とかいかにも生きてるよぉに
暴れてますと言わんばかりに「ほぉ〜ら鰯や鰯や、昼網の鰯や、新し鰯や、
手々噛む鰯や」

 鰯が手ぇ噛むちゅうんだ、威勢のえぇことですなぁ。手ぇ噛むよぉな新しぃ
鰯なら買お、と思て表出てみなはれ、なかなか手ぇ噛むどころか、み〜んな
カチワリ噛んで腸(はらわた)飛び出してしもたぁる、毒性な鰯売りよります
が。

 でも、お客さんは新しぃ気持ちで買いますのも、立て前ひとつ。えらいも
んですなぁ。まぁしかし、お上のほぉでは「嘘偽りを申すことならん、商売
は正直にいたせよ」といぅお言葉で、生きてる金魚なら生きてるよぉ、腐り
かけた鰯なら腐ったよぉに言え。で、金魚屋と鰯屋の双方、振り替えて商売
せぇてなことなったら、こらゴテでっせ。

 正直もアホのうちですからな、それでは商売になりまへん。金魚屋が鰯屋
みたいに言ぅたらお客さんビックリする「ほぉ〜ら、金魚や金魚や、新し金
魚、手々噛む金魚」「うわぁ〜、あの金魚、手ぇ噛みまんねんであれ、水替
えるのんどないしまひょな?」お客さんうろたえよる。

 鰯屋がまた金魚屋みたいに眠た(ねぶた)そぉな声出してみなはれ、よけ売
れよらん、陰に落としよってね「鰯ぃ〜や〜、鰯や、昼網の鰯でっせぇ〜、
手々ぇ〜噛むぅ〜、鰯、買いなはれしまへんかぁ〜」「鰯屋ッ」「へぇ〜ッ」
「新しのんか?」「あかんねやがな」誰買うかい、そんなもん。ネキぃ寄っ
てくれるやつがおらんよぉなる。

 ですから商売といぅのは難しぃ。まず商売人もたくさんござりますが、表
へまいります商人の中で利口なんは時期を考えますこと。これは一番利口で
すな。時期外れのもの商いしとりましてはお客さんの寄りが悪い。ですから
その時期、時期を考えます。

 マッタケが出たらマッタケ、タケノコが出たらタケノコ、そら何やかんや
と出かけ出かけでトントントンと儲けときますでな。うまいこと考えました
もんで。そらそぉでっしゃろ、マッタケ屋ちゅなものは、もぉ「百匁(め)な
んぼ一貫(かんめ)なんぼ、虫が食ぅとりまっさかい塩昆布で煮いときなはれ」
そんなことでは商売になりまへん。

 出かけ出かけですなぁ、マッタケを売んねやない、マッタケの匂い売るぐ
らい、そのぐらいが結構でやすなぁ。タケノコでもそのとおり、タケノコの
皮を放(ほ)んのが惜しぃぐらいが金が取れますのん。お客さんが焦がれてな
はるから、高い安いに関わらずに買いなはる。

 さぁ、考えたもんでやす。中でもこの豆屋さんといぅやつ、こらぁ素人で
もでけるもんやそぉで「豆ぇ〜」といぅ声さえ出せば、お客さんが自由にし
てくれますから、たいてぇまぁ、汚い路地(ろぉじ)にでも入るとか、相当な
とこへ入りまして「豆ぇ〜」と、こぉ申しますと、必ずこの長屋には……

 こらまぁ、お差支えあったらごめんこぉむりますが、たいてぇこの口のぐ
るりに特別に大きいホクロのあるオバハン、俗に言ぅこれを姦婆(かしまば
ば)ちぃまんねん。うるさい婆ですこんなん。家移りして来て、顔つなぎに
配りもんでも悪かったらもぉ、宿替えするまでボヤいてるやつです。

 こんなやつが一番先に出て来よって「豆屋はん、こっち持っといでもっと
いで、わてあんじょ〜したげる、こっち持っといで」豆屋の荷を振り売りご
と井戸端へ連れて行きよる。

 女ごだてらに前広げて、豆屋の荷を股ぐらへ挟んでしもて、そらうまいこ
と剥きますわ、バリバリバリバリ・バリバリバリバリ、商売人より婆のほぉ
がうまいぐらい。せんど剥いといて「お松っつぁん、あんたなんぼ? お徳
さんなんぼ?」サッサッサッ、豆屋の代わりに豆量って売ってやりよる。

 「わてこんだけ世話したし、こんだけもろて去(い)ぬし」豆屋の上前いき
よる。手荒いやつがあるもんでやすな、それでも商売になりますのん。時候、
旬々のものを考えて売るやつは一番得でございます。

 ここにございました、わたしの友達でも兄弟でも親類でも何でもない男、
失業で困る。仕事の隙間に商いでもして銭儲けしょ、旬のもの、豆でも売っ
てと欲にボケよったか、少ぉ〜し重たい目に担ぎよる。重たい目に担いだと
きに限ってマンの悪い、豆の売れが遠い。

 でっさかい、肩が痛とぉてたまらん、生まれて朸(おぉこ)肩に乗せたん初
めてでおまっさかいな、根が職人です、半泣き声で汚ぁ〜い路地入って来よ
る。

●豆ぇ〜、豆ぇ〜、はじき豆、マメマメ。豆要りまへんかいなぁ。負けとき
まっせ。豆買ぉてもらえまへんか、安ぅしときまっせ、マメ……

 豆屋、半分泣いとぉる。小口の汚ぁ〜い家(うち)から、

■豆屋ッ! こらッ、豆屋ッ!●へッ、豆はどこでっせ?■「豆はどこでっ
せ?」て、おのれが豆屋やないか●あぁなるほど、わてが豆屋や。豆屋呼ん
でなはんのはどこでっせ?■こっちやぞ(パンパン)こっちや、こっちや。
七つ目の文句やないが「手の鳴るほぉへ」こっちやぞ(パンパン)●へッ、
分かっとります、聞こえとります。いよッとせぇ、へ、こんにちわ、毎度お
おきに。

■おぉ、威勢のえぇ商売人やなぁ「毎度おおきに?」われみたいなやつ、今
日呼んだん初めてやぞ●へぇ、こんにち初めておおきに■こぉら、オモロイ
やっちゃなぁ……「おおきに」といぅ言葉、商い済んでから言ぅ言葉と違う
かえ?●へぇ、お先おおきに■ハッハッハッ、断然気に入ったなぁ、オモロ
イやっちゃ、こっち入れこっち入れ、そこへ荷ぃ降ろせ。

■こら豆屋●へ?■われ、その豆一升なんぼじゃ?●何です?■「ワレ、そ
の豆一升なんぼじゃ?」っちゅうねん●うわぁ〜ッ、たいがい派手なものの
言ぃ方でんなぁあんた「ワレ、その豆一升なんぼじゃ?」もぉそれよかエゲ
ツノォもの言えまへんなぁ。いや結構です、買ぉてもらえりゃ結構、商売でっ
さかい。え〜、ワレのこの豆……

■こらッ、おのれが「ワレ」ちゅうことあるかい。一升なんぼで売っとるん
じゃ?●負けときま、一升五十銭で■何、五十銭? そ〜ら高いなぁ、ちと
負からんか?●どぉせ値切られると思て掛け値言ぅてまっさかい、少しは負
けます■こぉらオモロイやっちゃなぁ、こら豆屋ッ●へ?■ものは相談やが、
それ一升二銭負からんか?●何でやす?■ものは相談やが、一升二銭負から
んか?

●へぇへぇ「ものは相談やが、一升二銭負からんか?」四十八銭に買ぉてや
ろとおっしゃいますのんか?■二銭やそこら値切るのに相談もへったくれも
あるかい。その豆は一升二銭に負からんかっちゅうのじゃ●えッ? いや、
この豆一升二銭? 何でっかいな大将、たったの二銭?

■たったも座ったも寝転んだも、二銭じゃ●台は何ぼでやんねん?■台も踏
まえも腰かけもあれへんわい●あぁさよか、ほなたったの二銭、台の無い二
銭、この豆一升二銭。あッさよか、ホトなんでんな親方、この豆をあんた買
おと言ぃなはんのん、中の豆を言ぃなはんねやろ? 外の皮やおまへんやろ
なぁ?

●あんた、そこで起きてなはんねやろ……? 冗談なら休み休みにしとくな
はれや、陽気浮気にこんなクソ重たい豆担いで歩いてんねやおまへんで。わ
しとこの豆には元が出てまんねん元が、盗んできた豆やったらそんな値ぇで
買ぉてもらいますわ。

●よぉそんなエゲツナイこと言ぅたなぁ、五十銭の豆、二銭に値切るアホが
あるかい。たかの知れた豆売りや思て、バカにすんのもおいときなはれや。
しょ〜もない、何言ぅとんねんホンマに■何ぼやいてけつかんねん。こら豆
屋、待てまて、ちょっと待て、待てっちゅうたら待て。

■嬶(かか)、そこの割木出せ。こっちかせこっち、入口に立て、豆屋出られ
んよぉに入り口に立てとけ。どぉしても出さらしたら向脛(むこぉずね)カブ
リついたれ。

■こら豆屋、われいま何ぬかしてん?●え?■「起きてなはんのか?」とぬ
かしたなぁ、ほな何かい、どこぞの世界に寝言で豆買う人あんのんか? いぃ
えぇな、寝言で豆値切る人あんのんかい? えぇ?「盗んできた豆やござり
ません。元が出てます」当たり前やないかい、日本では盗んだらいかんといぅ
法があるんやぞ。

■「盗ってきた豆やったらそんな値ぇで買ぉてもらいます」とぬかしたなぁ、
ほとわれ何かい、盗ってきた豆売り歩くときあるんか? 盗んだもん持ち歩
いて金にすることあるのんか?

■おいッ、品もんはわれのもんで、銭はこっちのもんやぞ。われ、一升百両
の豆一銭に値切ったところで俺は客やぞ。負からんなら「負かりまへん」と
ひと言いぅたらえぇことやろが、生意気なことぬかしたら承知せんぞ。その
豆負かるんか負からんのかどっちや?「負からん」てなことぬかしたらおの
れホンマに、雁首が胴体に……

●負けます、負けますがな。お負け申しあげますがな、負けたらよろします
んやろ、そんな恐い顔しなはんないな、負けまんがな、負けたらよろしぃね
やろ……、あぁ恐わぁ、何ぼほど量りまんねん、何ぼほど?

■一升量れ、一升●うわぁ〜ッ、安いと思てぎょ〜さん買うねんなぁ、アホ
らしなってきた■嫌か?●量りまんがな、今量りまんがな、枡はこのとおり
だ見とくなはれな……、だいたいわて、今日はもぉ商売出よまい思てたんでっ
せ、日が悪おますねん、夕べの夢見が悪るおました。南京虫と相撲とってる
夢見たんだ。

●あいつ、ぎょ〜さん足がおまっしゃんな。あのぎょ〜さんの足に、わてけ
つまずいてズコッとコケたらコケるなりあんた、南京虫がわたいのお腹の上
あがってヘソねぶりよったんだ。朝起きたらヘソが腫れてまんねや、今日は
もぉ商売に出たかてあかんと……■何をしゃべっとるんねん、オモロイ豆屋
やなぁこいつ。

■おい豆屋●へ?■われ、嬶ないのんか?●何でおます?■嬶ないのんかい?
●へへッ、嬶、一人だけおます■「一人だけ?」当たり前やないかバカ、豆
屋だてら手掛け置くやつあるかいバカ。一人ありゃ結構じゃ。嬶あるとして
みると、子どもはできるやろ?

●おおきにどぉも、嬶の腹、八月(やつき)でやす■八月? 八月ならいつ何
どきや分からんねぞ。男の子ぉなら良い男、女ごの子ぉなら別嬪さん、人か
ら褒めてもらうよぉな可愛いぃ子が欲しかろが?

●おおきにおおきに、よぉ言ぅとくれやした。豆売いたしとりましても子ど
もの可愛いのは誰しも一緒でおます。無理とは知りながら、目ぇ開いたら嬶
つかまえて「えぇ子産んでくれよ、人さんに笑われんよぉな可愛い子産んで
くれよ」言ぅてな、無理なこととは知りながら嬶にそない言ぅて頼んでます
ねん■それみされ。それに、そんな量りの悪いこっちゃったら、鼻のべちゃ
こい子ができるぞ。

●あんた、うまいこともの言ぃなはんなぁもし。うかうか〜ッとこっちゃ釣
り込まれてしもた。仕掛けの負けやなぁ……、量り悪いちぃなはったけど、
こない山盛り盛ったぁんのに、これ以上、豆乗りまへんがな■乗らなんだら、
枡の向こぉ縁(べり)へ手ぇ掛けさらさんかい●えッ?■枡の向こぉ縁へ手ぇ
掛けさらさんかい●あぁさよか、枡の向こぉ縁、手ぇ掛けさらしまんのん?

●あんた何でもよぉ知ってなはんなぁもし、枡の向こぉへ手ぇ……、あぁな
るほど、こぉいぅ具合に、へ、よろしおます、向こぉ縁へ塀ぇしたぁるよぉ
な……、よぉ乗ってますわ、これでよろしぃやろ? これでいかんて言ぅた
かてあきまへんで、このうえなぁ〜んぼ乗せたかてあきまへんわ、乗せりゃ
乗せるほど、乗せた豆が友達誘そて落ちとりまっせこれ。

■こらまた言ぃ草の確かなガキやなぁこのガキ、よ〜しよ〜しよし、それで
えぇ。そいで、そぉしといて右の手ぇでバァ〜ッと豆を寄せて来てこっちの
このバケツへあけとけ●まだこっちから豆寄せまんのん……、こっちから?
うまいこと考えてなはるなぁあんた、これでよろしぃねんやろ、えらい枡や
なぁこら、枡に二階の付いたん知らんわ、二階付きの枡やなぁ、二升ほどあ
ろかい。

●安おまっせこら■安いさかい買うんじゃ、高けりゃ誰が買うかい。俺ぁあ
んまり物、現金買ぉたことのない男や●え?■幸い、今日は細こいのんある
わ。そら、持っていね●あれ? 大将、あんた二銭放りなはったなぁ、放り
なはったなぁ? 何ちゅうもったいないことしなはんねん、あんた日本人と
違うのか? 金がわずか二銭やと思て、放んなはったんやろ。

●何をすんねんな、もったいない。二銭の金にでも天下通用する結構なご紋
が付いてまんねで。このご紋がありがとないのんかおまはん? 二銭の銭で
そぉして人泣かして、おのれがまた二銭の銭で泣かんならん日が出てくるわ。
偉そぉにでけるだけしとけ、しょ〜もない、あほらしもないホンマに、孫の
代まで豆売りちゅなささんわ。

■こら豆屋、待て、こら、豆屋、ズ豆屋●「ずまめや?」豆屋の上にズが付
いたなぁ、何ぞ用事がおますか?■「用事がおますか?」わりゃ商売人と違
うな、商売人でありゃそんなことではいかんぞ「商いは牛のよだれ」今日だ
けが商売やない、またといぅ日があんねんぞ。商売さらして黙って出るやつ
があるか「ありがとぉ存じました。どぉぞまた、よろしゅお頼の申します」
と、ぬかさんかい。

●えぇ〜ッ、まだそんなこと、ぬかしまんのんか? とほほほほッ、アホら
しなってきた……、へぇへぇ、ぬかしますぬかします、元がかからんことな
らどんなことでも言ぃまっせ。ほたら何でんなあんた、親方、豆ぎょ〜さん
買ぉてもろてありがとおましたで。ぎょ〜さん、ぎょ〜さんありがとぉがお
ました。よっぽどぎょ〜さんありがとぉおましたで。えぇ、どぉぞまた、ま
たどぉぞ、どぉぞまた……、二度と来るかいクソッタレめ。

 「誰が来るかいこんなとこ。嫌んなってきた……、豆や、まめ、マメ豆ま
め豆」豆屋、ヤケクソで歩いとぉる、腹立てて向こぉが見えてないぐらい。
路地を外へ出たつもりですが、方角をばどない間違いよったか、路地を奥へ
奥へ入って行った。

 奥の端からもぉ一層エゲツナイ声が「豆屋ぁ〜ッ!」

▲こら〜ッ、豆屋ッ!●え? お? トホホォ……、何じゃいなこら、路地、
外へ出たつもりが奥へ入って来てんのかいな……、へぇへぇ、聞こえてます
聞こえてます、よぉ聞こえたぁるわい。豆屋わたいで、呼んでなはんのんそっ
ちやろがな「七つ目の文句やないが、手の鳴るほぉへ」言おや思てなはんね
やろ、分かったぁるはそんなもん。

●えらい路地へ入ったなぁこら、ホンマにもぉ……、こんちや、豆屋でおま
す、こんちや▲こっち入れ●いえいえ、ここで結構でやす▲いや、そこでは
いかんねん「はいれ」言ぅたら入れ、こっち入れ●いぃえもぉ、豆買ぉても
らうぐらいはもぉ、ここでたくさんでおます▲入らんのか? われ、入らん
のか? 入れっちゅうたら……●入ります、入ります、確かに入ります、おぉ
恐わ……

●へッ、豆屋でおます▲おい豆屋●へいッ▲だいたいわれ、その豆、一升何
ぼで売ろぉといぅ了見や?●うわぁ〜ッ、もひとつエゲツナイなぁこら。へ、
え〜、この豆一升、だいたい、だいたいこの豆は一升で……、で願ごとりま
すのんです▲何ぼ? その豆一升何ぼやっちゅうねん?

●この豆一升……、で願ごとりますが▲おい豆屋、われどぉやら腹の横手か
ら空気が抜けてるぞ。日本人が言ぅて、日本人が聞ぃて分からんよぉな言葉
使うなドアホ、しかともの言え、しかと。一升何ぼやっちゅうねん?

●いぃえ、言ぅてまんがな一升、一升二銭で願ごとりますんで▲何ぃ? そ
の豆が一升二銭? よぉ〜し待っとれ……、嬶、その割木一本出せ割木、割
木がなかったら子どもが野球しよるバットかせバット●お、親方、待った、
もぉ割木もバットも要りまへん、二銭が高けりゃ、もぉタダでも結構です、
どぉぞ命だけわ……

▲じゃっしぃ、ド頭(どたま)上げ、ド頭を。こら豆屋●へ?▲この世知辛い
今日(こんにち)に、われ、この豆一升二銭で売るとはおかしぃぞ。何か不貞
なことさらしてるな、後ろ暗いことさらしてるなおのれ。正当な道を渡らな
んだら死ぬぞ。

▲その豆をば一升二銭で売るといぅわけは何や? それをぬかせ。ぬかさな
んだらおのれの雁首、胴体……●ぬかしますぬかします、確かに申し上げま
す。話せな分かりまへんけど、わたい職人です、ご覧のとおり。豆売りでも
と欲にボケました。この路地入って来たら、小口の人が「一升何ぼや?」と
「五十銭でおます」言ぅたら「二銭に負け」と「負かりまへん」ちゅうたら
「雁首が胴体に付いてへん」まできた。

●実はお負け申し……、負けたんやおまへん、取られましたん、むしろ、あ
げましたんです、一升、豆を、二銭で。情けのぉなってきた、わたし、路地
を外へ出たつもりでしたが、逆にあんたとこへ入って来た。ほた、お宅から
「こら、豆屋ッ!」ときたんだ。

●入り口ガラッと開けて、わてあんたの顔見てビックリしたなぁ。小口の人
もたいがい恐い顔してるが、あんたも恐い顔してなはんなぁもし。目の吊り
上がったとこなんか、たいがいエゲツナイ顔でんなぁ。いっぺん、髭剃んな
はったらどぉですあんた。顔に髭が生えたぁんのんか、髭から顔が生えたぁ
んのんか分からん顔してる。

●小口の人でもあんだけ怒んねんさかい、あんたに五十銭ちゅうたらどんな
に怒られるや分からん。気を利かして二銭、先から負けました。お気に障り
ましたらどぉぞ勘弁をな。

▲ハッハッハッ、そぉか、いやいや分かったわかった。話し合えば事分かるっ
ちゅうやっちゃ。ほとなにか、その豆、一升五十銭で売らんならん●へ、五
十銭で売れましたら……▲いや分かった、分かってる分かってる、五十銭な
ら五十銭でえぇ、さぁその豆、一升五十銭で量ってみぃ●え?▲五十銭なら
五十銭でえぇやないか、その豆、一升五十銭で量れっちゅうねん。

●ほたらあんた何ですか「この豆、一升五十銭で量れ」これ、豆、一升、五
十銭で、あんたが? なるほど、おおきにありがとぉ、量らしてもらいます。
小口の人、偉そぉな顔してるけどあら親方やおまへんなぁ、あれは張形ちぃ
まんねんあぁ。

●おおきにおおきに、あんたは男の中の男、恐わぁ〜いよぉな顔してなはる
けど、どことのぉ情けのある人やと思た。ご覧のとおり山盛り盛りまして、
向こぉへ手ぇ掛けて、ビャ〜ッと寄せて来て、こっちからこぉして、二階付
きの豆、二升ほど入って五十銭。どこへあけまひょ?

▲よぉしゃべる豆屋やなぁ。おい、豆屋●へ?▲われ、嬶ないのか?●一人
だけおます、手掛け置く甲斐性おまへん▲当たり前やないかい。嬶あるとし
てみると、子どもができるやろ?●へぇ、嬶の腹、八月でやす。

▲八月? 八月ならいつ何どきや分からんぞ。男の子ぉなら良い男、女ごの
子ぉなら別嬪さん●それはもぉ今、向こぉで済みましたんで、この路地の小
口で済んだんだ▲何をぬかしてけつかんねんバカ、ものは正直に通れちゅう
のはそれや、正当な道を渡れっちゅうのはそれじゃ。

▲日本政府は一升の枡で二升量れちゅな、そんな不正なことおっしゃらんぞ。
何じゃわりゃその量り方? いぃえぇな、その盛り方何じゃ? その手ぇど
けッ●あぁさよか、そらまぁあんたが「いかん」とおっしゃりゃ、手をこぉ
いぅ具合にどけて……▲山盛り一升てな気に入らんで、俺ぁ、すり切り一升
といぅ心持ちのえぇ量り方してくれ●なるほど。

▲枡の中の豆を少ぉし出してみぃ●え?▲「枡の中の豆を出してみぃ」っちゅ
うねん●あぁさよか? ほな、ちょっとこぉつかんで▲両手で、ゴボッと出
せ●両手で、ゴボッとこぉですか?▲枡を持って、コロッとひっくり返して
みぃ●えぇ?▲「枡を持って、ひっくり返せ」っちゅうねん。

●枡を持って、ひっくり……、返したら、もぉ豆おまへんで。


【さげ】
▲無いのんでえぇのんじゃ、こっちゃ買えへんわい。


【プロパティ】
 やまこ=山子:投機心。山気。やまかん。虚勢。はったり。大ぼら吹き。
   ヤマコを張るとは大風呂敷を広げること。
 昼網=関西では暑い時期の昼前のセリを「昼網」といった。また、その昼
   網で上がった魚を売るのが「昼網屋」多くは盤台(はんだい=木箱)を
   担ぎ「昼網やッ、昼網やッ」と売り歩いた。
 毒性(どくしょう)=意地わるな、残忍な、むごたらしい、ひどい。
 ゴテ=困難・故障・面倒・煩わしいこと。また、すぐグズグズ言い出す人。
 ネキ=根際? そば・かたわら・きわ。対象が人の場合は「はた」を使う
   ことが多い。
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 あんじょ〜=うまい具合に。味よく→アジヨォ→アンジョ〜。
 朸(おうこ)=両端に物を掛けて荷う棒。てんびん棒。二重母音の「おう」
   は大阪では必ず「おお」と発音する。
 小口=ものの端。端口。入口。戸口。
 七つ目の文句やないが「手の鳴るほぉへ」=「仮名手本忠臣蔵」七段目・
   祇園一力茶屋の段「手の鳴る方へ、手の鳴る方へ」「とらまよ、とら
   まよ」「由良鬼やまたい、由良鬼やまたい」「とらまへて酒呑まそ、
   とらまへて酒呑まそ……」
 エゲツナイ=濃厚な・辛辣な・酷烈不快な場合などに用いる形容詞。エグ
   イ(喉を刺激するいがらい味)から出た語だろうという説もあるが、一
   方にはイゲチナイという語もあり、イカツイ(厳しい)の転じたものか
   と考えられる。イカツイ→イカツナイ→エカツナイ→エゲツナイ。ナ
   イは幼気(いたいけ)ないなどと同じで、無いではなく甚だしいという
   意味の接尾語。
 おいとく=置く:やめる。よす。中止する。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 ぬかす=言う・ほざく。
 ズ=接頭語。ドと同じくはなはだしさを強調する。ズぶとい、ズぬける。
   あるいは「素」の訛化か?
 張形=水牛の角や鼈甲(べっこう)などで陰茎の形に作った淫具。張り子。
 音源:1951年11月録音 12月25日放送「春団治十三夜/第七夜」(ABC)
    再放送「なみはや亭」(ABC)[Yさん調べ]


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=二代桂春団治 sub=*  ●main高座記録日:1951/11/**  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2001/06/17  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2010/09/19  ●リクエスト数:rakug267  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次