【上方落語メモ第6集】その266

徳 兵 衛 炬 燵


【主な登場人物】
 徳兵衛  番頭  丁稚たち

【事の成り行き】
 羽毛布団を使い始めて夏、冬の区別がなくなりました。夏は夜中じゅうエ
アコンつけっぱなし、冬は「地球温暖化?」の影響なのでしょう、以前ほど
冷え込むこともなくなって、一年中同じ布団で済んでしまいます。

 子どもの頃、夏は熱くて寝苦しいと感じたことはありませんでしたが、冬
の寒さは苦手でした。布団にもぐり込んでも足先が冷え切っていて、寝付く
までの辛かったこと。湯たんぽや炬燵は局所的に温めるだけで布団は冷えた
ままですから、おのれの体温で布団が温まるまでが長かった。

 逆に、朝は温まった布団から出るのが辛いということになります。まず、
シャツ、ズボンを布団に持ち込んでなるべく体に直に触れないように温めま
す。これがなかなか難しい。ほんのり温まった後、気合を入れて飛び起きて
素早く身につけます。でないとまた冷えてしまう。

 で、元気のない病弱なボンボンやったんかというとそうではなく、真冬で
も半ズボンに素足のゴンタでした(2001/06/03)。

             * * * * *

 え〜、お運び、ありがたく御礼を申しあげます。笑福亭鶴志でございまし
て、どぉぞよろしくお願いしたいと思いますが。

 え〜、ご酒家のお噂を申しあげますが「酒は百薬の長」あるいは「命を削
るカンナ」てなことを申しまして、呑む人呑む人によりましてご気合が違う
よぉですが、酒癖のえぇ人間と、また悪い人間ちゅなございます。

 酒癖のえぇ人間ちゅなね、酔ぉてきますとこぉ胸が反ってきますねんね、
こぉ段々酔ぉてきて「うぁ〜い、酔ぉてもたッ、さっぱりわやや」言ぅてる
やつは付き合いできまんねん。これが逆なやつがおる、酒癖悪い人間ちゅな
ね、こぉデボチンが前へ下がってきますねん、目ぇだけ上へズ〜ッと上がる。

 わたしもね、この世界入ってからほんとはよぉ呑まん人間やんたんですけ
どね、最初僕は全くよぉ呑まん人間で、で、入って一週間目に松鶴とこの新
築祝いがあってね、で親っさんが「今日は無礼講や、お前も一杯呑め」言ぅ
て燗の酒を注いでもぉた。もぉ匂いだけで「あかん」と思いました。これダ
メ。

 到底俺、呑めるもんやないと思て、で、それでこぉ呑んで、まぁいぅたら
戻し、呑んで戻ししてるあいだに二升呑めるよぉになりましてん。わたし一
番最高はね、冷酒の二合ビン十本といぅのがあります、前にね。人の金でっ
せ、これは。自分の金やなしにね。

 ほんで、あと三軒連れってもろたんですけど、二軒目で記憶のぉなってま
したから何したか覚えてませんねん、多分楽しぃことしたんでしょ〜ね。そ
ら癖の悪いのんはおりますよ、よぉさん仲間にもね。

 一番やっぱり悪かったんが、あの笑福亭松鶴師匠ですね。悪かったぁ〜、
無茶無茶やでホンマの話。呑み方がね、普通と違いまんねん。皆さん方やっ
たらウイスキー呑む場合、まぁグラスがありましたら、下にちょっとウイス
キーを入れて、あと水と氷ですわねぇ、松鶴はこれが逆だ。

 下に水と氷ちょっとだけ入れて、あとは上がウイスキー。混ぜたら怒りま
んねん。ウイスキーのフロートちゅうやつね。ほんで二人でね、ある店で呑
んだんですけど、三時間でね、ボトル二本半空いた、そんな呑み方するから。

 で、松鶴も僕にいろんな話してくれますねんけどね、何言ぅてるや分かれ
へんねん。晩年ですから、舞台上でも何言ぅてるや分からんときありますや
んか。

 それからうちの師匠はね、ショートピース吸ぅてまんねん。それもね、銭
あるくせにね、もぉギリギリまで吸いまんねん。で、カウンターに肘付いて
ね、目をトロ〜ンとさして、僕のほぉをジィ〜ッとこぉ見つめながらね、

 「おぃ、おぃあぁ、でぁ……」これ、どない対処したらよろしぃ? もぉ
こぉなったら、弟子の奥の一手ちゅな愛想笑いしかおまへんから、わたし愛
想笑いが一番得意ですから(ニィ〜ッ)「おぃ、おぃあぁ、でぁ、でぁ……」
(ニィ〜ッ)ほな師匠がトイレ行った。店の人が「よぉ分かりまんなぁ?」
て、分かるわけあれへんやないか。

 そらもぉ大変やったんですよ、もぉいろんなことやられましたねぇ。ほん
でね、クラブいぅとこ連れて行ってくれた。クラブいぅたら普通女性がはべ
りますよ、ほんで皆さん方みたいな紳士の方ですと「よかったらブランデー
でも呑んだら?」ちゅなとこですけど、松鶴はどこ行っても庶民派ですから、
もぉ店屋と変わりまへんからね、ホステスの名前呼んだりせぇしまへん「ネ〜
チャン」しか言えへん。

 「ネ〜チャン」「何ですのん師匠?」「いっぺん、耳たぶ噛まして」「何
言ぅたはりますのん」「耳たぶ、あかなんだら、指のあいだしゃぶらして」
完全にヘンタイの世界だ。女の子もね、なんぼ師匠でも嫌やさかいス〜ッと
立って行った。残ったん男三人だ。

 で、わたくしと、松鶴と、この方もぉ亡くなりましたけど漫才の人生幸朗
師匠いぅて、あの「責任者出て来い」言ぅてたお師匠はんと三人になったわ
けだ。

 ほな、横に女がおれへんから松鶴はどぉするか? いぅたらね、上が入れ
歯でんねや、それをね、おもむろに取り外しましてね、オードブルに置きよ
る。で、おのれは何食わんよぉな顔してニタ〜ッと笑いまんねん。

 僕ら弟子ですから何も言えませんからね、得意の愛想笑いしてましたらね、
いたはったんが人生師匠、この人は有名ですもん、近眼で。駅のプラットホー
ムの電信柱の影を見て、水やと思て跨げる人ですからね。

 ほんで人生師匠がうちの師匠見て、うちの師匠、本名竹内日出男ですから
「日出さん、最近のクラブは洒落たぁるなぁ」「さよか」「見てみぃな、ト
ロの握りが出たぁるで」フッと見たら入れ歯が逆さまになっとった。

 ところが、人生師匠は総入れ歯でんねや、そん中に松鶴の入れ歯が入ると
いぅ……、こんな嘘どぉです? あるわけおまへんねけどね。

 まぁそぉいぅ風によぉありましたねぇ、もっと癖の悪い人がおりましてね、
(三代)文我師匠といぅのはねぇ「青菜」とか「死ぬなら今」とか、よぉ首振っ
て出てくるオッサンですわ、イエスキリストみたいな。

 あの人は、癖悪い。普段はおとなしぃけど、酒呑んだらグチャグチャなり
まんねん。あの、人のえぇ桂文福さんが怒ったちゅう話ありましてね。ある
呑み屋に行ったら、文我師匠が先に酔ぉたはった。で、文福さんが入ったら、
あの人は丁寧やからね「師匠、おは、おはおはおは……」

 エコーが効ぃて「おは、おはおはおはよぉございます」「あ、文福君、君
の『相撲場風景』聴かしてもぉた。あれな、ペケ」ちゅうてね「何ぃ〜ッ!」
言ぅて首締めたちゅう話ありますけど。

 そんなんがありまんねん、酒呑んでたらね。やっぱり、陽気に呑むのが一
番よろしぃけど、その中でグズグズ・グズグズ言ぅ仲間もおりますよ。うち
の兄弟子でもたくさんおりますねん、名前は言ぃませんけどね、名前は言ぃ
まへんけど、そらぎょ〜さんおります。陰気臭いのんばっかり、酒呑んだら。
名前は言ぃませんけどね……

 よぉありますのがあの「笑うも酒、泣くも酒、文字では済まぬときの挨拶」
てなこと申しまして、やっぱり何にしても酒が一番よろしぃ。みながこぉ車
座で呑んでるときに、よぉ揉めたりしますわなぁ。

 「ちょっと待て、ちょっと待てっちゅうのに、お前らなんや呑んだらじき
に揉めるやないかい。俺があいだに入ってんねや、ちょっと俺の顔立てっちゅ
うねや。まぁ座れっちゅうねんホンマに酒癖の悪いやっちゃで、お前ら。こ
こに盃あるがな、お前取れ、お前も呑め、俺にかせ。これで仲良ぉせぇよ」

 これで納まるんですが、これが善哉(ぜんざい)やったら具合が悪い。

 「ちょっと待て、ちょっと待てっちゅうのに、お前らなんやいぅたら善哉
食たらじきに揉めるやろ、善哉癖の悪いやっちゃなぁ。ここに善哉があるが
な、お前汁吸え、吸ぅたか? お前、小豆食え……、ほな俺、餅食ぅわ」

 一番えぇのは、皆で呑むときにガブガブ・ガブガブ呑んで、一番先に酔う
のが、酒呑みには一番楽やと思いますけどね。まぁ、そぉいぅ人間のお噺で
ございますが。

■徳さん、徳さん。えらい急(せ)いてるやないか、もぉお帰りか?●あぁ、
番頭はんでおますかいな、えらいすんまへん、歳がいて目角(めかど)が悪な
りましてな、いえぇ、アホらしぃ、まだメガネ掛ける程ちゅうわけやおまへ
んねけど、そこに番頭はんが座ったはんねやら、定吉っとんが座ったはんね
やら分かりまへんねん。へぇ、えらいすんまへん気が付きまへんでしてん。
へぇ、もぉ帰(かい)らしていただきま。

●今、旦さんと碁ぉ三番打ちまして、旦さんが二番お勝ちになって「碁はこ
れぐらいにして、ゆっくり遊んでいたらどないや?」と、こぉおっしゃった
もんでっさかい、いつものよぉにしょ〜もない世間話をしとぉりました。

●そぉこぉしてるあいだに、旦さん「横になるわ」とおっしゃいましてな、
わたしあの毛布掛けて湯たんぽ入れときました。へぇ、あとひとつ、お寝間
のほぉは女衆(おなごし)さんでよろしゅお願いいたします。ほな、帰らして
いただきますで。

■どこぞほかへ回んのか?●いえぇ、回りはせぇしまへん、毎晩ご当家へ寄
していただきますのがわたしの仕事でっさかい、ただ家(うち)へ帰るだけだ。
うちへ帰ったからいぅてでっせ、若い女房がいて楽しむの、可愛い子どもが
いるといぅわけやなし、毎晩好きな酒を呑むだけ、これが楽しみでおまんね
ん。そぉでっさかい、今からうち去(い)んで一杯呑んで寝まっさかい、お先
お休みやす。

■あ、ちょっと待ちなはれ、そない急かいでもえぇがな。ちょっとそこへ座
わんなはれ、お座布当てとぉくれ。えらいこと言ぅたなぁ、徳さん●何がで
おます?■「うちへ帰って若い女房がいて楽しむわけやなし」ほな何かいな、
お前とこのお上さん、一緒になったときからあんな歳か? いぃえぇな、あ
んなお婆ちゃんやったか? 違うやろ。やっぱし十七、八といぅ若いときも
あったんやろ。

●へぇ、三つといぅ可愛らしぃときもおました■当たり前やないか「子ども
がない」そら愚痴といぅもんやで、夫婦(みょ〜と)の仲の子は鎹(かすがい)
と言ぅてな、ドンドンこしらえたらえぇねや、世間に遠慮は要らんがな。ド
ンドンこしらえんかいな。お前よぉこしらえんのか? わい、手伝(てった)
おか。

●ウダウダ言ぃなはれあんた、何で手伝うんだ■いや、これは冗談やけどな、
まぁこんなこと言ぅたら何やけども、お前さんらな、そぉしたはってもうち
へ帰ったら一家の主、わたしなんか見てみぃな、ご当家では「番頭さん、ご
番頭さん」と呼ばれてる身やけども、主持ち、奉公人といぅのは辛いもんや
なぁ。

■これ見てみなはれ、火鉢があるやろ。中に火ぃが入ってへん。いや、うち
の旦さん、火の気が随分とやかましぃお方、夕方になると火の気一切あかん
ねん。今夜あたりこの、表に細かいもんがチラチラ降っててもな、それでも
火の気はあかんねん。お茶でも飲もかいなぁと思たら、冷たいお茶飲まんな
らん。たまにうどんの温いのんを食べよと思たってな、世間のもんに気兼ね
しながら食べんならん。

■こんなんに比べたらお前さん「うちぃいんで一杯呑んで寝る」結構なこっ
ちゃないかい。人間ちゅうのはな、上向いて暮らしゃきりがないで、下向い
て暮らしていきなはれや●へぇ〜ッ、ほな何でございますかいな、番頭はん
とこ晩になったら冷たいもんばっかし?

■いや、冷たいもんばっかりっちゅうわけやないけどな、最前も言ぅたとお
り、表にこぉして細かいもんが降ってるやろ、こぉいぅ晩でも、まぁ旦さん
はお年を召してるさかいな、湯たんぽは入れてなさるけども、まぁ端のもん、
若旦さん、若御寮人(ごりょん)さんも皆、炬燵(こたつ)なしや。

●「炬燵なし」うわぁ〜ッ、聞ぃただけで寒気がしまんなぁ。ほな何ですか
いな、小さなお子たちの定吉っとんまで炬燵なし? そんなこと思たら、う
ちらの嬶(かか)大名暮らしでおますわ。いや、わたいね、たいがい毎晩一升
呑んで寝まんねん。一升呑んで寝まっしゃろ、体が温もりまんねや。

●今でもあんた、嬶と一つ布団で寝てまんねんで。へぇ、こないだ嬉しぃこ
と言ぅてくれましてな「お父っつぁん、こないして寝てたら、あんたの炬燵
のほぉが温いさかいに、下(しも)の炬燵要れへんわ」ちゅうて、ほんで炬燵
ボ〜ンと足で蹴り出して、わたいの炬燵ば〜っかり抱いて……

■よぉそんなアホなこと言ぅてるわ……、そんなもんかい?●へぇ、一升で
それだけだ、一升五合も呑んでみなはれ、嬶横手で「熱い」っちゅうて汗か
いてまんがな。二升飲んだときは「たまらん」ちゅうて扇風機出してきまし
てなぁ、こないだ三升呑んだときなんて「もぉどないもしゃ〜ない」ちゅう
て、タライ出してきて行水……

■嘘つきなはれあんた、あんた物事たいそぉに言ぅから嫌いや……、そんな
もんかい?●そぉら温いの温くないの。ほなこぉしましょか、わたいも今も
言ぃましたとおり、うち帰ったところで何の楽しみもおまへんねん、用事も
おまへんしね、別に帰らんかて心配せぇしまへんさかい、わたいね、今晩こ
こへ泊まって炬燵なったげまひょか。

●いぃえぇ、何も要れしまへん、酒一升、これだけで結構でおますよって、
それも旦さんの残りもん、燗冷(かんざ)で結構でおまっさかい。わたいがそ
れをグ〜ッと呑みまっしゃろ、えぇ具合に酔ぉた時分にわたいがグルッと丸
まって寝まんがな、で、上から布団掛けてもぉて、皆が足突っ込んでもろた
ら炬燵になりまんがな、人間炬燵、ヒト炬燵。やりまひょ。

●ほな朝んなったら、勝手に布団上げて掃除して帰って行きまんねんさかい。
やんなはれ、えッ? 何です? お松っとんが一升瓶もぉ燗してる? すん
まへんなぁ、何です? 風呂へ浸けて燗してるて? こら手回しがよろしぃ
なぁ……、えらいすんまへんなぁお松っとん、遅々にお手かずかけます。

●すんまへんけどね、オイド触らしてもらえます? いや、オイドだ、いや、
あんたのオイドやおまへん、一升瓶のオイド。燗の具合みますよって。えら
いすんまへん、かしとくなはれ……、あ、割りとよろしぃわ「酒は人肌に限
る」言ぃまっけどな、風呂で燗するのが一番よろしおますなぁ。

●何? 盃? いえいえ、盃なんか要れしまへん、これあんた、湯のみ茶碗
の大きぃのがおまっさかい。わたいねぇ、盃で呑む酒ちゅなあけしまへんね
ん。といぅのがあんた、いつ酔ぉていつ醒めたんや分からしまへんさかいな。

●わて、これでガブガブッと呑まんことにわ、歳がいてまっしゃろ、炬燵が
なかなか温もれしまへんさかいに。え? なに、酌してくれまんのん、定吉
とん? ほな、えらいすんまへんなぁ、ドンドン呑んでいきまっさかいな、
ドンドン足していっとくなはれや、すんまへん。

●え? おかず? 要れしまへん。もぉあんた一升ぐらいの酒、親指ねぶり
もって……、あ、さよか、ほな香々(こぉこ)ふた切れだけ、それで結構でお
まっさかい。えらいすんまへん、ほな頂戴しまっさ。

●ほぉ、定吉っとん、あんた酒呑みの気持ちよぉ分かってんなぁ、いや、普
通な、この湯呑み茶碗注ぐときに、ちょっとでもこぉ上に空けられたらな、
気ぃ悪いねん。グ〜ッと注いでもらうちゅな一番結構だ。ほな、いただきまっ
さかい、えらいすんまへん頂戴しま。

●(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)えぇお酒でおますなぁ。いや、旦さんらね、
お金に糸目おつけにならんさかいねぇ。しかしねぇ、人間おんなじ呑むなら
えぇ酒呑まな損でおますなぁ、えぇ酒呑んだらおかず好めへんさかいなぁ、
ホンマにえぇお酒だ(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)ホンマにおいしおます。あ
そぉそぉ、聞ぃとくのん忘れました、何時ごろお休みになります? いや、
それ聞ぃとかんと炬燵の温め具合がおまっさかい。

●え? もぉ三十分ほど? あさよか、それに合わして温めまっさかい。え
らいすんまへん(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)なに? コォコ? 頂戴します。
ふた切れでえぇちゅうたら、えらい分厚ぅ切ってくれはりましたなぁ。

●わたいあけしまへん、いや何がてね、なんぼ頬(ほ)げたが達者でもね、わ
たい歳いってまっしゃろ、だいち歯性が悪いもんでっさかいね、このコォコ
噛むのんにしたって、あんさん方みたいにバリバリッと噛めまへんねや。口
ん中で長いことオネオネ・オネオネさしといてね、柔らこなった時分にグッ
とこぉ飲み込みまんねけど。

●いや、切ってもらわんでもまだ噛む力だけはおまっさかい、頂戴しますわ、
ちょっとこれゴテやけどな(ロレ、ジュルジュル……)ちょっと時間かかり
まんねん(ロレ、ジュルジュル……)しかし何でんなぁ番頭はん、スルメと
かコォコみたいなもんは噛めば噛む、噛めば噛む(ロレ、ジュルジュル……)
噛めば噛む、噛めば噛む……

■やかましぃなぁ、黙って食べなはれ●(ロレ、ジュルジュル……)噛めば
噛むほど甘味が出てきまんねん(ロレ、ジュルジュル……)これでちょっと
柔らこなりましたわ(ロレ、ジュルジュル……)これから呑むまでがゴテで
んねんけどね(ロレ、ジュルジュル……)おいしぃコォコですわ。

●(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)言ぅてますやろ歯性が悪いちゅうて、わたい
ね、この歯ぁの一番奥のとこに、こんな大きぃ穴が開いてまんねん。ここへ
こぉ、コォコが……、これですわ(ングッ)■汚いなぁ、あんた。

●やいやい言ぃなはんな、自分のもん自分で食ぅねんあんた、何が汚なおま
んねん(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)しかしねぇ番頭はん、月日の経つちゅう
のは早いもんでおますなぁ。いえ、わたいね、ご当家へ出入りさしてもらう
よぉになって、かれこれ二十三年だ。

●こないだもね、横町の竹内っつぁんとしゃべってましたけど「徳さん、あ
んたこの町に長いこといてなはるけど、あんた大阪の人間か?」とおっしゃ
いますねんけどね、実はわたしね、生まれたんは大阪やおまへんねん。わた
しの生まれたんはね、大和の八木っちゅうとこで生まれたんだ。大和の人間
でんねん。

●しかしオモロイもんでんなぁ、大和で生まれた人間が、こないしてご当家
に縁があって今日ここで炬燵するやなんてねぇ。これがホンマの「大和炬燵
やなぁ」言ぅて……、アホらしなってきた(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)わて
が大和の人間で、嬶も大和かぁ? ちゅうたら、嬶はそやおまへんねん。嬶
が生まれたんはね、京都で生まれたんだ、京の女ごでんねん。

●しかしねぇ、広い世間にあんた、いろんな男と女がおる中に、大和で生ま
れた男と、京で生まれた女ごが縁結ぶやなんてねぇ……、しょ〜もないこと
してしもた(クゥ〜クゥ〜クゥ〜…)

●しかしねぇ、今でこそうちの嬶、あないして所帯やつれしてますけどな、
昔はちょっと別嬪だしたで。わたいら友達仲間によぉ自慢したもんだ「お前
らどない思てるか知らんけど、うちの嬶はあれ京で生まれたんやで、鴨川の
水で産湯を使こたんやで」ちゅうたらね、友達が「それがどないしてん……」
さっぱりワヤや(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)ドンドン注ぎやおい、ボッとし
てたら間に合わんでホンマに。

●せやけどね、去年の夏の話なんかしたらね、涙出まっせ。それがあんた貧
乏所帯ずっと苦労してまんねや。そら気の毒な、うちの嬶ちゅなね。わたい
と所帯持ってからズ〜ッと貧乏が続いてまんねけど、愚痴一つ言えしまへん
で。明日お米がないっちゅうたってね、横手でゲラゲラ・ゲラゲラ笑ろてま
んねん……、ちょっとアホでんねんけどね(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)

●いや、しかしね、わたいの嬶になろっちゅうんなら、ちょっとアホやない
とあけしまへんねや。夏の話だ、わたいいつものよぉに帰ったら、嬶、湯ぅ
沸かして、大きなタライに湯ぅ張ってまんねや「何すんねん?」ちゅうたら
「二人所帯で毎日風呂行てたら、風呂賃が何ぼかかるや分からんさかい、わ
たしは今日、行水で辛抱しますわ」と、こない言ぃよる。

●「お前ばっかり、そんな苦労かけたら気の毒やさかい、わいも行水するわ」
ちゅうてね、わたいが先こぉ裸になってタライに浸かってたら、嬶横手でシ
クシク・シクシク泣いてまんねん「どないしてんな?」て言ぅたら「あんた
一人に入ってもらおと思て沸かした湯ぅやおまへんのに、なぜ、お前も一緒
に入らないかといぅお誘いの言葉がございませんのん?」と、こぉ言ぅ。

●「ほな、お前も入ったらどないや」ちゅうてね、嬶も裸になって二人で浸
かってましたんや。ほな、しばらくしたら嬶が「お父ぉさん背中流しまひょ
か?」ちゅうさかいね「そらいかん、あいだからお前にはずいぶんと迷惑も
苦労もかけてるのに、そんなもん背中なんか流してもろたら罰当たるさかい、
わしがお前の背中流したるわ」ちゅうたら「そんなことしてもろたら、かえっ
てわたしに罰が当たります。わたしが背中流します」

●「わいが背中流す」「わたしが背中流します」「わしが流す」ちゅうのを
ね、二時間言ぃ合いしてましてん(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)ほんで「そん
なこといつまで言ぅててもしょがないこっちゃ、ほなら、二人同時に背中流
そか」ちゅうて「どぉしますねん?」ちゅうたら。

●「お前の背中にまず石鹸を塗って、わいの背中にも石鹸塗って、石鹸塗っ
た背中と背中をピチャ〜ッと合わして、ほんでわたいが座ると嬶がシュ〜ッ
と立つ。で、嬶が座るとわたいがシュ〜ッと立って。シュ〜ッ、シュ〜ッ、
シュ〜ッ……」さて湯ぅ流そかいぅたらタライ底抜けて、湯ぅあれへん……

●(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)番頭はん、ちょっと笑ろたらどや? わたい
あんた、退屈やろ思てこんなん言ぅたってんのに、愛想ない男やでホンマに
(クゥ〜クゥ〜クゥ〜……)

■徳さん、そらえぇけど、炬燵はまだかいな?●ヤイヤイ言ぃなはんなあん
た、そないせわしのぉいこした炬燵、夜中に消えまっせ、キナキナしゃんす
なっちゅうやっちゃ。早よ注ぎんかいな、ボ〜ッとしてたらあけへんやない
か、注げっちゅうねん。もぉえぇ向こぉ行け、役立たず。

●あのぉ〜、番頭はん、ちょっと尋んねますけどな、あんた炬燵は熱いほぉ
が好きでっか、それとも温いほぉが好きでっか? 熱いほぉが好きやったら
もぉ五合ほど……■もぉえぇもぉえぇ、早いこと炬燵になっとぉくれ●分か
りました、ほなボチボチ……、何? 定吉とんが寝間まで手ぇ引ぃていく?
そんなん引ぃていかいでえぇ、ちゃんとまだ歩く力だけは残ったぁるんやさ
かい……

●ほな、ここへわたいが寝まっさかいな、上からズ〜ッとこぉ布団掛けとく
なはれ……、これッ、放ったらいかんがな、炬燵壊れてまうがな。もっと優
しぃソ〜ッと、ソ〜ッと、ソ〜ッと、ソッと、ソッと……、あんた何枚掛け
んねや、ホンマにもぉ、夜中に炬燵、肩凝らすで。

●しょ〜もない、弾みで「炬燵する」言ぅてしもたんや「コォコふた切れで
えぇ」言ぅたら、ホンマにふた切れしか出しよらん。普通一杯呑んだら「茶
漬けでもどぉや?」ちゅなもんや「コォコふた切れ」ちゅうたらホンマにふ
た切れや、わいかて腹減っとんねや……

●まだまだ、まだ入ったらあかんで、まだ今、布団温めてるとこやさかいな、
温めてからズッと入っといでや、ホンマに頼むで……(う〜ッ、おぇ〜ッ)
ちょっと誰ぞいてはれしまへんか? (う〜ッ、おぇ〜ッ)ちょっと誰ぞい
てはれしまへんかな? (う〜ッ、おぇ〜ッ)ちょっと胸のすくもんおまへ
んかなぁ? 金ダライ持って来て、金ダライ(う〜ッ、おぇ〜ッ)せっしょ
やホンマ。

●「♪酒とぉ〜、女はぁ〜、胃ぃのぉ薬さ、とかく、浮世は、色と酒……」
なまいだぶつ、なまいだぶつ(グゥ〜、グゥ〜……)

■なんじゃ、呑んでるあいだはせぇだい嫁はんのノロケ言ぅてて、寝間に入っ
たらぼやいとったけどな、さぁ、今日は特別や、炬燵入ってるよって、お前
さんら早いこと寝なはれ★あのぉ、番頭はんは?■いや、わしゃいつもの伝
でな、もぉ三十分ほど遅れるさかい。かめへんさかい先寝なはれ★さよか、
ほな、お先、お休みやす◆お先、お休みやす。お先、お休みやす……

●い、痛いッ、痛た、痛たッ! 誰や、炬燵の横腹けりやがったやつ? 入っ
て来るならソォ〜ッと入って来い、ソォ〜ッと、ホンマもぉ殺生(せっしょ)
やで、若いもんは無茶しよんねん。今度、誰やケツのとこ足もってくるやつ、
つ、冷たぁ。ちょっとカカトこすりや、足ザラザラやで。

●今度、前から来よった……、こらッ、フンドシぐらいして寝ぇ、あほんだ
ら、ホンマに。何をすんねやお前ら、もっとおとなしぃ入って来い。こらこ
ら、後ろから押したらいかんちゅうのに、後ろから押してどないすんねん。
股ぐらに首はさみなっちゅうのに。後ろから押しなっちゅうのに。股ぐらに
首はさみなっちゅうのに。

●デボチンへベチャベチャ当たってるやないかおい。押しなっちゅうのに、
おとなしぃ寝んかいな……、ん、何や? いまの音? あ〜ッ、やりよった
な? 誰ぞ空気穴開けてぇな、頼むわ。

■これこれこれッ、何をワァワァ騒いでるんや。奥に聞こえたらいかんやな
いか、おとなしぃ寝んかいな……、しかしまぁ、子どもっちゅうんは正直な
もんやなぁ、炬燵が入ったぁるさかい、今日は足出とぁるがな。これ、定吉、
ちょっと起きなはらんか、風邪をひぃたらどんならんさかいな、ちょっと起
きなはれっちゅうねん。

■定吉、ちょっと起きなはれ★へ、分かっとりま、行きまっさかい、ちょっ
と待っとくなはれ……■ほぉ、子どもでも商売の夢見てるみたいやな。これ、
ちょっと起きなはらんか、ちょっと定吉、風邪をひぃたらどんならん起きな
はれ★へ、分かっとりま、じきに行きまっさかい、ちょっと待っとくなはれ。
わたい今、オシッコしてまんねん。

■お、おいおい、ションベンしたらいかんがな。ちょっと起きなはれ、起き
んかいな★分かっとりま、じきに行きまっさかい、待っとくなはれ、わたい
今オシッコしてまんねん(ジュ〜、ジュ〜、ジュ〜……)■何やケッタイな
音がしたで?

●わぁ〜ッ! 誰や頭からションベンかけやがった。もぉ番頭はん、わたい、
いなしてもらいますで■「いなしてもらいます」て、わしがまだ当たってへ
んがな●何もかもおまへん、もぉ炬燵冷めました■炬燵が冷めた?


【さげ】
■あぁ、今のションベンで火ぃ消しやがったんや。


【プロパティ】
 気合=物事を行うときの互いの間の気分。呼吸。
 さっぱりわや=さっぱり+わや。散々な目にあった意味。
 デボチン=チンは、アゴタンなどと同じく意味のない接尾語。
 デボ=出額(でびたい)。おでこ。でこすけ、出坊の約。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 善哉(ぜんざい)=仏が弟子のことばに賛成し誉める言葉「よきかな、よき
  かな」また、大阪では小豆の粒の入った汁粉に餅を入れたものをいう。
 目角(めかど)=眼力。
 女衆(おなごし)=下女・はしため。雇われた順あるいは年齢順に、松竹梅
   からとってお松どん、お竹どん、お梅どんと呼んだ。長じるとお松っ
   つぁん、お竹はん、お梅はんとなる。決して呼び捨てにはしなかった。
 御寮人(ごりょん)さん=商家など中流家庭の若奥様の称。
 お子たち=子ども衆(し)。丁稚。
 扇風機=日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で東芝の前身であ
   る芝浦製作所が1894(明治27)年に発売したものが最初(Wiki)。
 かんざ=燗冷まし。燗をしたままで飲まずに冷たくなってしまった酒。
 香々(こぉこ)=元来漬物のことであるが、特に大根漬け(タクワン)のこと
   を指す場合が多い。
 ゴテ=困難・故障・面倒・煩わしいこと。また、すぐグズグズ言い出す人。
 大和炬燵=壊れないように古紙で張ってある土製炬燵。大きさは30×40セ
   ンチぐらい、豆炭や桐灰(商標)を用いた。
 キナキナ=くよくよ思い煩うさま。
 伝=やり方。方法。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 音源:2001/02/04 なみはや亭(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭鶴志 sub=*  ●main高座記録日:2001/02/04  ●音  源  名:なみはや亭(ABC)  ●ファイル公開日:2001/06/03  ●江戸落語相当:按摩の炬燵  ●更  新  日:2010/09/05  ●リクエスト数:rakug266  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次