【上方落語メモ第6集】その262

遺     言


【主な登場人物】
 吉松(きちまつ)  玉造のオバハン  川口のオッサン
 住吉のオッサン  家主さん

【事の成り行き】
 景気が一向に上向かず世間はデフレスパイラルに突入したそうでして、私
のような貧乏人にとってありがたいのやらありがたくないのやら分かりませ
んけど、隠居生活を始めておられるご高齢者にとって無いに等しい預金利子
を補って余りある物価の下落は思わぬプレゼントになってます。

 また、狂気じみて舞い踊っていた地価もバブル以前の水準に戻りつつある
ようで、小資産家の皆さん方が相続対策に頭をひねくりまわして、心痛ます
ことも少なくなりました。

 一時は、住宅一軒相続するのに相続税を払えず、やむなく売り払って宿替
えせないかん。なんて不条理があったように聞いてます。まぁ、持ってるも
んの悩みですから、わしゃどぉでもえぇてなもんですけど。

 持ってる人といえば本人の死後、遺産を分配するのに兄弟親戚を巻き込ん
で大モメにもめるほど、性根の悪い兄弟親戚を持ってる人というのは、死ん
だ後も気が気でないでしょう。って死んだら分からんか?

 いえいえ、最近は「遺言状」なんていう、世が世なら士族か華族様しか書
かなかったようなものを、庶民にちょっと毛の生えた人まで書くそうです。
そら書いておくに越したことはないと思います。骨肉の争いほど悲惨なもの
は無いですからね。

 遺言状、水屋に残した鯖の半身は兄弟仲良く等分に食え。

 さて、国宝米朝師匠の「文化の伝統の薫り高い噺」が続きましたんで、こ
こいらでお目なおしに賑やかなものをひとつ(2001/05/06)。

             * * * * *

 え〜、しばらくのあいだお付き合い願いますが、出てまいりましたわたく
し、桂雀々でございましてね、またの名をケェジャンジャンと申します。よ
ろしくお願いいたしますが、え〜、面白いところあれば大いに笑っていただ
きたいなぁと思うわけでございますけどもね。

 ほんとにもぉ噺家の数すごいもんでございまして、今はおおかた大阪で百
八十人、数がいらっしゃるんですね、噺家さんといぅことで落語家さんがね。
すごい無駄な数じゃないですか、ほんとにね。

 もぉいろいろと個性豊かなもぉ、なんです、濃いぃですよやっぱりそれぞ
れキャラがね、いろんなキャラがいてますからね。わたしも濃いかなぁ思た
ら、そぉやございません。やっぱり何と言ぃましてもこの、大阪の人といぅ
のはやっぱりめちゃくちゃ濃いです。

 とくにあの、オッチャン・オバチャン、あれなんなんでしょ〜かねぇ、あ
のぉ〜、お姉ちゃんからオバチャンになる境目と、兄ちゃんからオッチャン
になる境目て、あれどこでどぉ変わっていくんかねぇ? あれ。

 あれやっぱり行動を見てますと「わぁ〜ッ、もぉオッチャンやなぁ」ていぅ
のよぉありますわ。特にあの、兄ちゃんからオッチャンになる。皆さん方も
ご経験あると思いますわ、考えたらね。

 とにかくなんか知りませんけど、まぁ、なんや分からんと民放よりもエネッ
チケーを見ると気が休まるとかですね、ありますね。なんかね、チャンネル
をとりあえずつけて、エネッチケー見たら「あッ、ほっとする」といぅのは
こんなん兄ちゃんのときは考えられなんだんですよね。

 そぉなんですよ、だいたいあれエネッチケー見るとオッチャンが「あぁ〜」
ていぅ、なんかこぉ落ち着くわけですね。ほいでまたあの、しゃべる、いわ
ゆる好みも変わってきますわ。

 なんかこぉ、ロックから、若いときロックず〜っとやってたんやけど、な
んか、演歌を聴くと落ち着くとかですね、風呂場へ入ると演歌をうなって、
なんか「か」を付けてしまう、ありますねぇ。

 ♪北のぉ〜、かッ……

 もぉだいたいオッチャンですわ「♪酒場通りにはぁ〜、かッ……」もぉだ
いたい「かぁ」付くのはオッチャンの始まりですよね、いやほんとに。面白
いもんですわ。

 喫茶店入ってもオシボリなんか最初は手ぇね、拭いてたんが、これを段々
オッチャンなりますとこれをヌゥヌゥ〜、ヌゥヌゥ〜顔拭いて、それ以上あ
ちこち拭くのがもぉオッチャンですよね。

 特にあのまた反対に、お姉ちゃんからオバチャンちゅうのんありますねぇ、
もぉだいたいこぉ、揉めてんのはオバチャンですよね。オバチャンはお金払
う払わん、レジの前で

 「えぇ〜て、わたしが払うて、えぇ〜からえぇ〜から、えぇ〜てもぉ、前
こないだミカンもぉた、もぉえぇ〜て」「ミカンなんかえぇやないの、あん
た家族が多いねんから、もぉえぇやないの、出すてわたしここ、あんた十五
人もいてんねんかめへんやん。うち家族少ないからかめへん、かめへん」

 絶対、揉めてますわ。そのため長蛇の列ですよ。なんか前に佐川急便が止
まってんのか思うぐらい長蛇の列ですよね、はっきり言ぅて。いやほんとに。
それねぇ見てたらすごい。オバチャンてねぇ、もぉ迫力パワーありますわ。

 体型も変わってまいります。特にこぉね、もぉなんですわ、こぉ「さいな
ら、バイバ〜イ」言ぅてるオバチャンなんかでも、まぁ「振袖」ちゅうんで
すかね、もぉここの二の腕のとこブルブル、ブルブルブル〜ッ。こないなっ
てますわなぁ、ハッキリしてます、あれは。あないよぉ振れるなぁっちゅう
ぐらい振袖になってますもんね。

 あの境目ちゅうのはすごいですねぇ、すぐ分かりますわ。ですからいろい
ろ、町で歩いて見ますと濃いですわ、大阪のオッチャン・オバチャンちゅう
のは。

 特にあの、日曜日の夕方のですね、五時半から六時半まで、もぉだいぶ前
からいてるんですよ、梅田の阪急と阪神の歩道橋のとこね、もぉすごい胡散
臭ぁ〜い、どこへ出しても恥ずかしぃぐらい胡散臭いんですよ、で、胡散臭
いんです。

 ほんでもぉ、ハンチングかぶって、メガネかけてですね、ジャンパー着て
ですよ、ジーパン履いてあるんです。ほんで紙と鉛筆持ってるんですよ、そ
れでまぁ一時間ですね、歩道橋のところで、もぉ雑踏のごとく、すごくその、
もぉ入れ替わり立ち代わり通行人いっぱいいらっしゃいますわ、そこで、そ
こに紙と鉛筆持って、やたらと声かけてるね、オッチャンですわ。

 「ニィチャン、ニィチャン、ニィチャン、ちょっとニィチャン待ってニィ
チャン。ニィチャン、ニィチャン、ニィチャン、ニィチャン」て、こんなん
胡散臭いですやん。ほんで何や? とこぉ見たらすごいです「なに、なに?」
と聞ぃたら「ナゾナゾしょ〜、ナゾナゾ、ナゾナゾしょ〜」

 これがねぇ、見事にねぇ、はまるとねぇ、恐いですよ。ひつこいんですよ
「なななな、なんやねん、なんやねんな?」「聞ぃてくれる、聞ぃてくれる?
あのね、まずね、一番から十番まで番号が打ってある駐車場がありました。
九番だけ車が止まってません。何でか分かる? 分かる、分かる? わかる?
わかる? ん〜ん、わかる?」

 分かりますか、そんないきなり言われて「分かれへん、分かれへん。答え
何番やの?」「九番」「何でや?」「車は急に止まれない……、笑ろて、笑
ろて、笑ろてぇな、笑ろて、笑ろて」

 笑えますか、いきなり。恐いですよ「あぁそぉ、ほなまたね」「ちょっと、
もぉ一問あんねん、聞ぃてくれる?」「なんや?」「清少納言て知ってる?
清少納言て知ってる?」「おぉ、清少納言て知ってる、名前聞ぃたことある、
歴史上の人物や。何やそれ?」

 「あの人ね、夜寝るときね、何かしてから寝るんやけど、何してから寝る
か分かる? 分かる? 分かる?」「わかれへんわ、何してから寝んねん?」
「うん、枕の掃除……、笑ろて、笑ろて、笑ろてぇな、笑ろて、笑ろて」

 「もぉえぇわ、分かった、分かった、ほなまたな、バイバイ、バイバイ」
「まだあんねん、聞ぃてくれる? おやつは何時」「おやつは何時て、三時
やろ」「晩ご飯は何時?」「晩ご飯て、そら人によって違うがな、六時か?
七時か? 八時か?」「うんうん、五字」「何で?」「お・や・つ、三字。
ば・ん・ご・は・ん、五字……、笑ろて、笑ろて、笑ろてぇな、笑ろて、笑
ろて」

 これには思わず爆笑しましたねぇ、すごいですわ「うわぁ〜ッ、オモロイ
なぁ」ちゅうたら「ありがとぉ」言ぅてね、ティッシュペーパーくれるんで
すよ。何のメリットがあるのかなぁ、思いながら、思わず答えてしまう人が
すごくね、ビックリするんですよね、なんか知らんけど。

 ナゾナゾ小父さんちゅうてね、日曜日の夕方五時半から六時半ですわ。こ
れはもぉ有名な、大阪でどこへ出しても恥ずかしぃぐらい胡散臭いです、す
ごいです。ほなこれ地下潜ったらどぉかて、いてるんですねこれがまた。

 これ梅田の駅ですわ、地下鉄の券売機ですよ、そこにお金を入れてね、目
的地のとりあえずコイン投入するところへ入れよかなと思てるときに、さぁ
横からですわ、白髪で割烹着着て下駄履いたお婆ちゃんなんですよ、入れた
な思た瞬間、横からダダダダッダダダダッダダダダッ……

 なにかいな思たら、取り消しのボタンをブワァ〜ン、ボワァ〜ン、ブ〜ン、
シュ〜ッ「取り消しババァ」ちゅうのが今ね……、見に行ってください。こ
れはなかなか勝てません、個性がありますわ、ほんとに。あれ人事やからね、
見れますけど、あれ身内やったら嫌でしょ〜ね、考えたら。

 特にこぉ身内なんか集まりますと個性豊かなキャラクターがですね、親戚
のこの、人の集まりなんかでも、皆さん方のまぁ、ご親戚にもいらっしゃる
でしょ、個性豊かなね、えぇそらもぉ、我々もそぉやし、皆さん方もそぉや
と思うんですが。

▲はいはい、どちらさんですかいな? どちらさんでございます?■あぁ、
えらいすんませんどぉも、お邪魔いたします。いえ、この度はあの、親父の
ことでいろいろお世話になりまして▲はいはい、お見それしてしもて悪いん
じゃが、どちらさんでございますかいな?

■あの〜、すんません、お邪魔をいたします。あの、東京へ行とりました吉
松でございます▲えぇ、吉松、あらッ、吉松、吉っちゃんかいな、いやいや
ビックリした、見違えたなぁ。あらまぁ、分からなんだで、さぁさぁ、こっ
ち入っといなはれ、こっち入っといなはれ■ありがとぉさんでございます、
お邪魔いたします……。家主さん、この度はいろいろと親父のことでお世話
になりまして……

▲いやいやもぉな、急なこっちゃったよってなぁ、お前とこのお父っつぁん
もな、こないだうちからさぁ「頭が痛い、なんじゃ風邪気味や」とは言ぅとっ
たんじゃがな、それでも休まんと仕事してたもんやさかい、とぉとぉなぁ、
こじらせてよぉなかったんじゃがな。で、すぐにあんたとこ、東京へ手紙を
送ったんじゃがな。

■ありがとぉさんでございました。その手紙をもらいまして、すぐに飛んで
帰って来たよぉなわけでございまして……、うちの親父ちゅうのはなんでご
ざいます、常日頃から風邪ひとつひけへん丈夫な人でございましたやろ、去
年の暮れでしたかいなぁ、ないことにね、手紙をもらいましてね「いっぺん
大阪へ戻って来い。お前に一言いぅておきたいことがある」とか何とかいぅ
てね。えらい気の弱いこと書きよるなぁと思てましてん、親父らしないと思
てましてんけど、やっぱりなんでっしゃろな、虫が知らせたんでっしゃろか?

▲なにかいな、そんなことがあったのかえ? いやぁ〜、親一人子一人やさ
かい、心配もひととおりやなかったじゃろがなぁ……。何じゃ、その「言ぅ
て聞かせておきたかった」ちゅうのは?■あの〜、家主さん、何ぞ聞ぃてもぉ
てやございませんか?

▲いやいや、わしゃなんにも聞ぃてないで、何といぅても他人やろ、わしも
ちょ〜どその頃、寝たり起きたりしてなぁ、臨終の場にはよぉ寄せてもらえ
なんだんじゃがな。そぉじゃそぉじゃ、あとで親類の人が何人か来てはった
で、家(うち)にもご挨拶にみえはったがな、ご丁寧に■そぉでございますか、
誰が来てたか、てなことお分かりやございませんか?

▲ところがさぁ、おまはんとこの親父さんちゅうのが、親類付き合いちゅう
もんしはらへんかった人やろ、わしもな、初めてお目にかかる人ばっかりやっ
たさかい、どんな人がいてたかなぁ……?■あの、男か女か?▲あ〜、そぉ
そぉ、女の人やったわいな。はいはい、女の人でな、口の端に大ぉきぃホク
ロのある人がいたはったで■あぁ、お松っつぁんのオバハンですわ。

▲なんじゃい、知ってんのかい?■よぉもぉ、小さい時分可愛がってもろて
たんです▲そぉか、しかしまぁあの人、面白い人やなぁ■陽気で?▲陽気て
なもんじゃありゃせん■よぉしゃべる?▲しゃべるてなもんじゃありゃせん、
まぁビックリしたわ。あの人が入って来ただけで、あの人が臨終の場へ顔を
フッと出しただけで、パ〜ッと明るなったなぁ、空気変わったでこれ。あん
な人もいてんねやなぁ思てな、珍しぃて見てたんじゃがな。

■分かりました、オバハンですか来たはりました。ほな、これから行てまい
りますんで▲これこれこれ、ちょっとどこ行くねん? 吉っちゃん、お前さ
んちょっと落ち着きなされ、全然変わってへんなぁ昔から。どこや? オバ
ハンとこへ、親父が言ぅておきたかったことちゅうのを聞ぃてくるてかいな。

▲ちょっと待ちぃなこれ、今帰って来たとこじゃろがな、どこやオバハン?
あぁ、玉造か? 分かった分かった、ほな行といで行といで、用済ましてな、
帰(かい)っといでや。久しぶりやないかいな、こんなことの用意もしとくさ
かいな……、気ぃ付けてな■お願いします。分かりました、行てまいります。

             * * * * *

■しかしまぁホンマに嬉しぃやないかい、よぉ家主さんがいてくれたこっちゃ
で、もぉなぁ、うちの親父も何が言ぃたかったんやろなぁ……、金を残して
るてなことも聞ぃてへんし。まぁえぇわい、玉造のオバハン久しぶりやねん
ホンマになぁ、小さい時分なぁ、何年ぶりやろなぁ、元気にしてんのかいな。

■え〜ッと玉造、このあたりも雰囲気変わってへんやないかいな、この路地
(ろぉじ)入ったとこやねんけど、オバハンいてるかなぁ? 久しぶりやなぁ、
ごめん、こんちわ、いてはりますか? オバハン、こんちわ。

●はい、はいはいはい、んまぁ、まぁまぁまぁ〜ッ、誰やと思たら吉っちゃ
んやないかいな。いやぁ〜、久しぶりや、ご機嫌さん、元気? げんき、元
気? うわぁ嬉しぃわぁ、こっち上がっとぉ、こっち上がっとぉ、こっち上
がっとぉ……、お清、お清、お茶入れてんかいな……、久しぶり、元気やっ
た? げんき?

●お茶、そこ置いといて。あんたこの子知らんやろ? 去年から来てくれて
もろてんの、前のさぁおなべな、あの子もえぇ歳になってたんや、ずぅ〜ッ
と一人身やったんや、わてのために嫁に行けへんよぉな気がして気ずつのぉ
思てたん。

●それがさぁ、去年の春「お家さん、ちょっと折り入ってお願いがおますの
ん」「何やねん、えらい改まって?」「実はわたし、縁談が……」「結構な
こっちゃないかいな」「この歳になってお恥ずかしぃ」「何を言ぅてんねん
な、縁談にこの歳もあの歳もあるかいな、どぉいぅことになったぁんねん?」

●「実は、お互いに郷(くに)にいてる時分から、男のほぉが大阪で一旗上げ
てから一緒になろちゅうて約束してくれたん。そらまぁ、一旗までいかんね
んけれど、何とか養のぉてやれるよぉになったさかい、一緒にさせてもらわ
れしまへんやろか?」

●偉いやろ、どぉ思う、どぉ思う? そやろ、ほかの男やの女ごはんに、お
互いわき目も振らんと何年も待ってたんやて、わて嬉しぃて嬉しぃてな、ハ
ハハハ、ハハハハ、ハハッ……

■ちょっとオバハン、あの、実は今日ちょっとあの、改めてお尋ねしよと思
いまして……●訪んねたってくれるか、喜ぶわ、ホンマにもぉ、あの子ら嬉
しがると思うわ。何年になる? あんたら長屋へ家移りしてから、家替わっ
てから何年なる?

●こっちも忘れるっちゅうことないねんけど、さぁ、貧乏暇なしちゅうんで
な。兄さんあのとおりの気性やろ、もぉあんた、滅多に親戚付き合いちゅう
もんしはらへんかった人やがな。

●もぉ何年なる、今の家? はぁはぁ、五年? 六年? 七年? えッ、な
に? まぁ、まぁまぁまぁ、十年にもなるかいな、いややの。ほな、わても
えらいお婆ぁさんになってしもてから、ハハハハ、ハハハハ、ハハッ……

●そぉそぉ、お婆さんちゅうたら、この裏手に住んでなはった妙香はん、あ
の時分まだ姉さんが生きてはったやろ、あんたよぉ一文菓子もろて、食べて
た食べてた。あの時分な、まだ姉さんカンショ病みときてるがな「あんな汚
いもんもろて、うちの吉坊が病気にでもなったらどないしてくれんねん」て、
嫌ろてたお婆さん。

●一昨年(おととし)の暮れやったかいなぁ、掛けたぁった頼母子講(たのもし)
が当たって「やったぁ〜ッ」飛び上がったひょ〜しにコテンッ! 逝てしも
て、頼母子講のお金でえらい盛大な葬式出してしもてから、わて気の毒やら
おかしぃやらで、ハハハハ、ハハハハ、ハハッ……

■昔よりひどなってる……、すごいなぁ、おい。あの、オバハン、ちょっと
落ち着いて聞ぃてもらえますか。実は今日寄せてもらいましたんは、うちの
親父のことで……

●そぉそぉ、急なこっちゃたなぁ、わて、もぉ気の毒で気の毒で、よぉ見て
られなんだわ■その時に……●はぁ? うん、まぁ? うん……、いいや、
そんな手紙……、あぁそぉかいな、なるほど、確かにな、わたし臨終の場に
いててんけどな、わたしがちょ〜どオシッコ行ってるうちにコテンッと逝き
はってん。なんも聞ぃてへんのん、ごめんな。

■あの〜、そのほか、ほかにその場にいてはったんは?●それやったらな、
川口のお兄さんがいてはったわ。そぉそぉ、川口のお兄さんちゅうたら、あ
そこの一人娘のおヨネちゃんなぁ……■さいならぁ〜……、あかんわ、帰ろ
帰ろホンマにもぉ、何を言ぅとんねん、ホンマにどんならんでこれは。

■ホンマにもぉ昔よりすごいなぁ、ベラベラ、ベラベラしゃべりやがって、
あぁ〜、まいったまいった……、待てよ、川口のオッサン、かなんなぁ、う
ちの親戚はもぉなんか知らんけど濃いぃわぁ。

■もぉあの川口のオッサンて昔から、子ども時分から恐かったんやがな。子
どもに対してパンパンパンッと物言ぅてな、もぉ愛想もこそもなかったんや。
もぉ気が短じこぉて、嫌やねんけども行かないかんわい。川口か、ホンマに
もぉ。

■いてるかな……、あの〜、お邪魔いたします、こんちわ、ごめん◆どいつ
じゃいッ!■あの、わたいでやす◆「わたい」で分かるかいッ!■あの〜、
吉松です◆帰ったんかいッ!■へぇ◆何やッ!■あの〜、親父の遺言◆聞ぃ
てへんわいッ!■ほかに、誰ぞ?◆住吉の兄貴じゃッ!■さいならぁ〜……

■早いなぁおい、そんな人おるかおい「久しぶりや、茶ぁでも飲んでいけ」
言ぅやろホンマに。それが普通やないんかい、うちの親戚は普通のもんおら
んなホンマにもぉ。

■待てよ、住吉て……、玉造から川口、住吉て、大阪の町マジに走り回って
んのかこれ、えらいこっちゃがな、住吉の……、あ〜あ、もぉかなんであの
オッサン、もぉ若いときから何や知らんボケてたんか知らんけど、おんなじ
ことくどいんや。

■ホンマに行かなしゃ〜ないわい、あのオッサンしかおらんもんなぁ。住吉
かい、住吉、住吉……、ホンマにうちの親父何が言ぃたかったんやホンマに。
早よ金残してるてはっきり書いといてくれよ、ホンマにどこにあるか。あぁ
あぁあぁ、住吉や。

■いてるかなぁオッサン、ホンマにもぉ今日中に片付くかなぁ……、ごめん、
こんちわ、オッサンこんちわ、ごめん、オッサン、こんちわ、ごめん、お邪
魔します、オッサン★はいはい、はいはい、はいはい、ちょっと待っとくな
されや、はいはい……、あのぉ、どちらさんでございますかいなぁ?

■あの、オッサン、あの吉松でございます★はいはい、吉松さんか、ちょっ
と待ってや……、吉松さんか? 吉松、きちまつ、吉松さんでございますか?
はぁはぁ、吉松。どちらの吉松さんでございますかいな?

★すんません、あの、年いって目かどが悪なったところへさして、もの覚え
が悪ぅて、もぉどんなりませんわ。えらいすんません、すぐ思い出しますよっ
てな……

★吉松さんでしたなぁ……、はぁはぁ、吉松さんか……、吉松やなぁ……、
あぁ吉ちゃん……、いや違うなぁ、え〜、えらいすんませんが、どちらの吉
松さんでございますかいなぁ?

■あの、源兵衛の倅(せがれ)の★はいはい、源兵衛。源兵衛ちゅうたら、そ
らわしの弟やが……、あんたはんは?■その、せがれの吉松でございますが
な★はいはい、せがれの吉松……、あらッ、吉坊か? 吉坊かいな、吉坊や、
吉坊や。

★吉坊なら「吉坊や」と早よ言ぅたらえぇのに「吉松や、吉松や」言ぅさか
いに分からなんだんやがな。吉坊や、いやぁ〜、久しぶりやなぁ〜。大きなっ
たなぁお前さん、見違えて分からなんだ。うわぁ〜、吉坊や吉坊や、こっち
上がって、こっち上がっといなはれ。

★嬉しぃなぁ、よぉ帰って来なさった。ちょっと待っててや……、お小夜、
お小夜。吉坊が帰って来た吉坊が。あの源兵衛とこの、東京行ってたんじゃ
がな、東京から、いや大きなって分からなんだ、吉坊じゃ。

★この子はなぁ、羊羹が好きやったでな、羊羹分厚っつぅ切ってこっち持っ
てきたっとぉくれ……、お小夜、お小夜……、居れへんのんかいなぁ?

★そぉじゃそぉじゃ、婆(ば)さんはな、昼ちょっと過ぎてから「爺さん、住
吉っさんのほぉへお詣りしてきます」ちゅうて出かけたんじゃ、そぉじゃそぉ
じゃ。羊羹は堪忍してや。

■羊羹どぉでもよろしんだオッサン、今日寄してもらいましたん、実は親父
のことでございまして★そぉじゃがな、急なこっちゃったよってなぁ、お前
さんもビックリしたじゃろぉと東京で。そぉかそぉか、いやまぁまぁ心配も
ひと通りやなかった、でもまぁまぁ、よぉ帰って来なさったなぁ、嬉しぃで
わしは。ちょっと待っててや……

★お小夜、お小夜……、吉坊が帰って来たで吉坊が、いやいや、源兵衛とこ
のせがれ、吉坊じゃ吉坊じゃ、そぉじゃそぉじゃ、見違えて分からなんだ、
大きなってなぁ。この子は羊羹が好きやでな、羊羹分厚つぅ切ってこっち持っ
てきたっとぉくれ……

★嬉しぃなぁ、ちょっと待っててや……、お小夜、お小夜……、居れへんの
んかいなぁ……? そぉじゃそぉじゃ、婆さんは昼ちょっと過ぎてから「爺
さん、住吉っさんのほぉへお詣りに行てきます」ちゅうて出かけたんじゃ、
そぉじゃそぉじゃ、羊羹は堪忍してや。

■羊羹よろしぃねんオッサン。今日寄してもらいましたん、親父のことでご
ざいまして、手紙もらいまして「わたしに言ぅておきたかったこと」ちゅう
のん……★そぉやがな、もぉ心配してたで、言ぅてたで■言ぅてましたか?
★言ぅてぇでかいな、そらもぉ親子やもんなぁ、ちょっと待っててや。お小
夜、お小夜……

■オッサン、何しゃべってはりまんねんあんた? 婆さんはね、昼ちょっと
過ぎてから「爺さん、住吉っさんのほぉへお詣りに行てきます」ちゅうて出
かけたんと違いますか?

★はいはい「住吉さんへお詣り」よぉ知ってるなぁ、聞ぃてたんかいな、羊
羹は堪忍してや■羊羹よろしぃねがな、ホンマにもぉ。お願いいたします、
思い出しとぉくなはれ、わたい、親一人子一人でんねん、お願いします「わ
たいへ言ぅておきたかったこと」ちゅうのわ?

★そぉじゃそぉじゃ、ホンマやで気の毒で、もぉなぁ、あのときは大変じゃっ
たなぁ。ホンマやで、そらなぁ、心配もひと通りやなかったやろなぁ、そら
本人も悟ってたんやなぁ。お布団から細ぉい手ぇ出してな「これだけは兄貴
の口から吉松のやつに言ぅてやってもらいたい」ちゅうてな。

■へぇへぇ、そぉですそぉです「言ぅてやって欲しぃ」ちゅう、親父の遺言
は何でんねん?★しっかり聞きや、ホンマやで。本人も悟ってたんやなぁ。
お布団から細ぉい手ぇ出してな「これだけは兄貴の口から吉松のやつに言ぅ
てやってもらいたい」いぅてな。

■そぉでんねがな、その親父の遺言は何でんねん?★しっかり聞きや。本人
も悟ってたんやなぁ……、お布団から細ぉい手ぇ出してな「これだけは兄貴
の口から、吉松のやつにやで、言ぅてやってもらいたい」ちゅうて……、しっ
かり聞きや。なぁ、その言ぅてやってもらいたいっちゅうのはな……

★何やったかいなぁ? 何やったかいなぁ? そぉやそぉや、忘れた■どぉ
いぅことですそれ? ちょっと待ちなはれあんた、シャレになりまへんであ
んた。こんだけ引っ張っといて何言ぅたはりまんねん。言ぃなはれ早よ、早
よ思い出しなはれあんた。わたし、洒落や冗談でこんなことしてるんやおま
へんであんた。

■東京で手紙受け取ってから、もぉワラジも脱がんと走りづめでんがなあん
た。頼んまっせ早よ、ここで三軒目だ、頼んまっせ思い出しとくなはれ、早
よ思い出しとくなはれ、思い出しとくなはれ。

★分かった分かった、分かった、ハイハイ。思い出した、今ので■思い出し
た?★思い出した……、お前さん気が短いやろ、


【さげ】
★あんまり「イライラしたらあかんわ」言ぅてたわ。


【プロパティ】
 術無い(ずつない)=すべない、苦しい、切ない。
 気術無い(きずつない)=切ない、苦しい、気がねな、気づまりな、気が滅
   入る、気持ちが絶え難い意。
 音源:2001/03/03 平成紅梅亭(YTV)
 原作:小佐田定雄氏


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂雀々 sub=*  ●main高座記録日:2001/03/03  ●音  源  名:平成紅梅亭(YTV)  ●ファイル公開日:2001/05/06  ●原    者:小佐田定雄氏  ●更  新  日:2010/08/08  ●リクエスト数:rakug262  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次