【上方落語メモ第5集】その250

星  野  屋


【主な登場人物】
 お花(お手掛さん)  その母  星野屋の旦那  藤助

【事の成り行き】
 酒を飲む場所にもいろいろありまして、大きくホステスまたはホスト付き
と、そうでない所に二分されます。残念ながらホスト付きの方は経験ありま
せん。ホステス付きの方は幾度か経験してますが、これが鬱陶しい以外の何
ものでもないんです。

 女がオモロイ芸をするわけでなし、見てるだけで楽しくなるわけでなし、
ただグラスに酒を注ぐだけですから、居ても居なくてよろしいわけです。そ
れどころか、お商売丸見えの歯の浮く言葉に付き合わなくてはならないとい
うのは、もう拷問に近いですね。

 しかし、そんな拷問を楽しみにできる方が居られるというのも不思議なこ
とでして、もっと不思議なのが、男より賢いはずの女性がホストクラブで騙
されたの何のと三面記事で話題になったりもしてます。貢君は男の特許だっ
たはずなんですけど……(2001/02/04)

             * * * * *

 え〜、どぉもありがとぉございます。

 まことに結構なおあとでございますが、あんなにうまくいくもんでござい
ましょ〜かねぇ? だいたいが、うまくいかないといぅのが現実でございま
すねぇ。

 まぁ、理想でしょ〜ね「そぉあればいいなぁ」いぅのが人間の心の中には
ありますから「そぉなってもらいたいなぁ」といぅ結末になって流れていけ
ばよいなぁと思うわけでございますが。

 昨今は玄能(げんのぉ)で親が殴られるよぉなご時世でございまして、ずい
ぶんと時代が変わるもんでございます。

 しかしながら、まぁ世の中、男と女でございますんでね、できることなら
女性は美しくあっていただきたい。男性のほぉは逞しくありたい。と、いぅ
ふぅに、夢と申しますかね、希望といぅものを持っているもんでございます
ねぇ。

 噺にはちゃ〜んとそぉいぅ噺が用意してございまして。

 「鏡よ鏡、鏡さん、どぉかわたしの胸を大きくしておくれ」かなんか言ぅ
とオッパイがボンッ、大きなったんやそぉでございますなぁ。それを見とり
ました男が「おッ、こらえぇなぁ、ちょっとわしにも貸してくれ……。鏡よ
鏡、わしの持ち物を床に付くぐらいにしてくれ」アッといぅ間に足が縮んだ
そぉでございます。

 ここで笑えないとダメです。ここが実に落語の面白いところでございます
ねぇ。本当に笑いといぅものはいろいろと、いろんな人の思いが詰まっとり
まして、それが期待どおりにいたり、裏切られたりするところが面白いんで
すが。

 女の人はどぉですかねぇ、男と比べるとお得ではないでしょ〜かねぇ。寄
席に出ておりましても、だいたいが女性が多ございます。お父さん一生懸命
会社で働いたはる時間に、お母さん方寄席へ来て「ガハハハハッ」て笑ろて
はります。

 で、ちょっと時間ができると「奥さん」言ぅて、近所の奥さん同士で「奥
さんどぉです? ホテルのケーキバイキング行きません、千円で食べ放題、
行きません?」

 「もぉ、やめて、わたしダイエットしてんのよ」「明日からにし」「せや
ねぇ」言ぅて、ケーキを嫌ほど食べまして、もぉバイキングですから取るだ
け取ってきてからに、てんこ盛りにして「なんで肥えんねやろ?」

 「お前、食ぅとるやないかアホ」言ぃたいんでございますがねぇ。それぐ
らい女の人といぅのは逞しぃ、なおかつ長生きをするんでございます。不思
議でございますねぇ、どぉしてでございますか?

 お爺ちゃまとお婆ちゃまがいらっしゃいまして、もしお婆ちゃまがお亡く
なりになると、お爺ちゃまはあとを追っかけるよぉにお亡くなりになります
よ。ところがどぉでございますか、お爺さんが先に亡くなって、お婆ちゃん
亡くなりますか?

 こっから腐るほど長生きしはります。ビックリしますけど、それぐらい、
男と女といぅのは違うもんでございますけど、ただね、わきにこぉいぅのん
(小指)がいてる爺さんはですな、まぁ、爺さんといぅより親っさんですな、
こぉいぅ人は死にまへんで。

 こっちに気ぃ遣こて生きてますからねぇ、婆さん死んでもこっちがありま
すからねぇ。よろしぃなぁ、昔はこぉいぅのんをお手掛けさん、二号さんと
こぉ言ぅたんでございますよ。

 昔、芸人もそぉいぅのんできたんやそぉでっせ、もぉテレビに出るよぉなっ
てから、芸人はそぉいぅのんできなくなってしまいました。何といぅ悲しぃ
出来事でございましょ〜。

 こんなことなら一般の仕事に就いておけば良かったと、今さらのよぉに反
省をしておるよぉなところでございますが。本当にね。あんなん人のことで
ございますから、大きなお世話なんでございますけれども。

 しかしながら、ちょいと家に無い物を男性は求めますから、奥様方も是非
ともですね、お家(うち)でもちょいとした色気、これを大切にしていただき
たい。

 また、男のほぉもそぉせないけませんねぇ、日曜日になったら何もせんと
テレビの前でゴロゴロゴロゴロ、鼻毛ピッと抜いてはですね、涙ぐんでるよぉ
なお父っつぁんでは色気も何もございませんね、横になったらブッと屁ぇこ
くし。

 こんな男では、そら奥さんかて嫌がりますわなぁ。またそれと反対にです
ね、女でありながらズボ〜ッと立ってですね、もぉあの「ひふみちゃん状態」
ちゅうの分かりますか? 一重まぶた、二重アゴ、三段腹。一、二、三、て
並んでますからね「一二三ちゃん」ちゅうんですけど。

 もぉ、ゴムのスカート履いて「奥さん、これのほぉが楽やで」なんか言ぅ
たりして、痒(か)いもんですからボリボリボリ、お風呂入るときにちょっと
見てると、何や縄文式土器かいなぁと。あぁいぅふぅになるといぅと悲劇で
ございますから、お互いに努力といぅものが要ると思うのでございますよ。

 女性は、女といぅ字は斜めになっておりますから、何事も斜めにこぉおや
りになるとよろしぃんやそぉです。こちら(左)にある品物をこちら(左手)
でこぉ取らないで、左にあんのに右手でこぉお取りになりまして、こっちへ
こぉ持って行くとちょっと色気が出る。

 こちら(右)のものをこぉ持って(左)行ってこぉするわけでございます
ねぇ、したがってちょいと正面を向かないで、七三(ひちさん)ぐらいにちょっ
とこぉやりまして、イヤリング外すときなんかでも、こちら(右)のものは
こちら(右)の手でやらないで、必ずこぉ(左手)して、こぉ斜めに置くわ
けでございますねぇ。

 「斜めが色気」なのでございます。大事なことですよ、これを最近の子は
みな、こぉ(両手で両耳のイヤリングを取る)やるのでございます。これで
は色気も何も出ませんので、ちょっとしたことでございますけれども、こぉ
やるといぅと色気が出るんでございますねぇ。

 まぁ落語のほぉには、そぉいぅちょいとお手掛けさん、二号さん、こぉいぅ
のがちょこちょこ出てまいりまして、あまり表のところには住まわしてはお
りません。ちょいと路地(ろぉじ)入ったよぉなとこでございますが。

 黒塀の見越しの松なんかが、マツッ、てこぉ植わってましてね、よろしゅ〜
ございますよ。中入ったところには、お手掛けさんが狆(ちん)なんていぅ犬
をこぉ膝の上へ乗しとるんでございます。チン、お分かりでございますか?
不細工な犬でございます。

 だいたいチンなんていぅのは不細工なんです。ブンチン、ほっときなさい。
だいたい、昔ですからね、それぐらいの動物しかいない。ラブラドールを飼
うとかそぉいぅことはいたしません。チンなんかを膝の上へ乗せる、不細工
な犬。

 どぉしてここへ乗せてるかといぅと、犬と比べてですね、自分のほぉが綺
麗ぇに見えるよぉに、この不細工なほぉをこぉ膝に乗せてるわけでございま
すねぇ。中にはチンのほぉが綺麗ぇに見えるちゅな方がいてたり、下手する
と「あんた産んだん?」といぅよぉな、そぉいぅ人もいてたんやそぉでござ
います。

 そぉいぅところへちょいと旦那さんがやってまいりますと、お噺がこれ、
始まるのでございますなぁ。

■お花、居てなはるかいな?●まぁ、旦さんどぉあそばしたんでございます?
先に言ぅといていただいたらよろしゅございましたのに、急にお越しになら
れてどぉあそばしたんでございます? 今すぐにお酒の用意さしていただき
ますんで、ちょとお待ち……

■いやいやいや、今日は酒を呑むてな、そんな気ぃにはなれんねや。大事な
話があって来ましたん、お前さんもそこへ座っとぉくなされ……、いやぁ、
実はなぁ●まぁ、どぉあそばしたんでございます? えらいお顔の色が悪ぅ
ございますし。

■ん、お前(ま)はんとも随分なんねんけど、今日限りわしと別れてもらいた
いねん……、で、ここにな、まぁ手切れと言ぅては何やけれども、二十両と
いぅ金があるさかい、これでわしとキッパリとこぉ切れてもらいたいねや。

●んまぁ〜、どぉあそばしたんでございます? 急にお越しになられて、何
の話かいなぁと思たら別れ話どすか? 何で……? はっはぁ〜、そぉか、
先(せん)の御寮人(ごりょん)さんがお亡くなりになられて、七回忌も済まさ
れて、いよいよ新しぃお嫁さんをお貰いになる。で、わたしのことが邪魔に
なるさかい別れよと、こぉいぅわけ? それで手切れに……

●わたしはこんなお金が欲しぃて、旦那のお世話になってきたんやございま
せん。旦那に心底(しんてぇ)惚れてりゃこそ、今日(こんにち)までお世話に
なってきたんやございませんか。こんなお金で別れてくれやなんて、そんな
こと言われんねやったら、わたしはいっそのこと死んでしまいます。生きて
ても面白いことおまへん。いっそ死んでしまいます。およ、およよよ〜ッ!

■派手な女やなぁ〜。いやいやいやいや、そんなな、新しぃ嫁さんをもらう
てなな、陽気な話やないねや。お前さんも知ってのとおり、このところ世間
は景気が悪ぅてなぁ、でまぁ、何とかせないかんと思て相場に手を出したと
ころが、裏目に出てしまいましてなぁ……

■まだ誰にも言ぅてないねやけれども、来月にはな、店も家屋敷、みぃ〜ん
な人さんの手ぇに渡ってしまうことになって、今ならこの二十両が何とかな
ると思て持ってきた。と、こぉいぅよぉなわけや。な、せやよってに、新しぃ
嫁さんをもらうてなことやないねやがな。

●まぁ、星野屋が……、さよか。で、旦那はどぉあそばすんでございます?
■ん〜ん、もぉこの歳やさかいなぁ、また一からやり直すといぅのもどぉし
たもんじゃろと思て、思案しとぉりましたんやが……、お花、お前さん嬉しぃ
ことを言ぅてくれたなぁ「わしと別れるぐらいなら、死んでしまいます」よぉ
言ぅてくれた……、一緒に死の、心中しょ。

●え〜ッ! 誰が?■誰がやないがな、お前とわしがや●何で?■何でやな
いちゅうねん。今「わしと別れるぐらいなら、死んでしまいたい」と、こな
い言ぅたやないかい●え〜ッ? どの口?■どの口やあらへんがな、お前さ
んやがな●そら、いっぺんぐらいはお付き合いさしてもらいますけど……

■芝居を見に行くんやないねさかい「いっぺんぐらい」と言ぅ人が●いや、
そぉかて旦那、うちにはお母ちゃんが……■お母はんなぁ、お母はんはこん
だけな、二十両ありゃ〜あの歳やで、なんとか生涯やっていけるわいな。こ
んなことはな、時かけてもおなじことやでな、今日死の。

■今から行くと、表も人通りがあるんでな、わしゃ九つ過ぎにまた迎えに来
るよってに、お前ちゃんとそのへん綺麗にして、身辺片付けてな、用意しと
きなはれ。難波(なにわ)橋の橋の上から身を投げて、蓮の台(うてな)で所帯
を持とやないか、そぉしょ〜。ほな、わしあとで来るさかいな、ほなな……

●ちょ、ちょっと旦那、旦那……。もぉ、えらいことになったんちゃうかし
ら、これ。どないすんのんこれ……、お母ちゃん、ちょっとお母ちゃん。

▲お花、聞ぃてましたで、えらいことになったなぁ●お母ちゃん、何喜んで
んのよ。えらいことよ、どないしたらえぇのん?▲どないしたらえぇて、あ
んた死になはれ●アホなこと言わんといてよ、わたし嫌、いやいやいや、わ
たし若いねん、もっともっと楽しぃことしたいし、いろんなとこ行きたいし、
美味しぃもんも食べたいし、若いねんから死ぬのんなんか嫌いや。そぉや、
お母ちゃん死んで。

▲何でやねん、何でわたしが死なないかんねん、アホなこと言ぃなはんな。
あんた「いっぺんぐらい付き合いさしてもらいます」こない言ぅてたやない
かいな●もぉ、あれはな、あない言わんと二十両持って帰られたらいかんと
思てな、ホンのお愛想(あいそ)で言ぅたん▲お愛想で言ぅ人がおますかいな。

●もぉ、どないしたらえぇのん、お母ちゃん?▲もぉこないなったらしょ〜
ないなぁ、ほなな、お母ちゃんがな、死ないでもえぇ心中の仕方ちゅうのん
教えたげよ●え?「死ないでもえぇ心中の仕方」どないすんのん?

▲あのな、旦那言ぅてなはったやろ「九つ過ぎになったら迎えに来る」て。
一緒に手ぇつないでな、難波橋の橋の上へ行きなはれ。でな、橋の上からこぉ
下を見るやろ、その時にな、手を合わすねで、ほんでな「南無阿弥陀仏」と
こぉ言ぅねんで。えぇか、家(うち)は法華やけども、死ぬときは「南無阿弥
陀仏」やないと死なれへんねん。

▲法華やとな「ミョ〜、ホォレンゲッキョ、ナンミョ〜ホォレンゲッキョ〜」
ますます元気になるさかいな「あ、無阿弥陀仏ぅ〜ッ」これでな、ボォ〜ン
と飛ぶねやがな●前へ?▲アホやなぁ〜、前へ飛んだらはまってしまうやな
いかいな。ポ〜ンと後ろへ飛ぶねやがな。

●そんなことできる?▲できるんよ、男といぅのはイザとなったら、もぉウ
ロが来て、何ぁんにも分かってないのん。目元なぁ〜んにも見えんよぉなっ
てるさかいな、イザとなったら男て心細いもんやさかい「手ぇと手ぇを紐で
括って死の」てなこと言ぅけど「そんなことしたら、仏さんの罰が当たるいぅ
て聞ぃたことがおまっさかい」て、ちゃんと断らなあかんねんで。

▲「あ、南無阿弥陀仏」ひのふのみっつ、ポ〜ンとこぉ後ろ●そんなんでい
ける?▲いけるいける、いけるんよ●しかしお母ちゃん、えらい心中に詳しぃ
やないの▲当たり前やがな、わたいかてあんたぐらいのときには心中の五、
六っぺんは……●ご、ごろっぺん? ホンマにいけんのん?▲大丈夫。

 「ほな、そぉしょ〜か」「そぉしぃ」えぇかげんな親子でございましてね、
時刻がやってまいりますといぅと、旦那、迎えにやってまいりますなぁ。

             * * * * *

■お花、待たしたなぁ、行こか●へッ、今日、休みません?■何を言ぅてん
ねん。今日行くて言ぅてんねん、さッ早よ出といなはれ、今ならな、人が誰
も通ってへんさかい、今のうちに堺筋、北へ上がったらえぇ。早よおいなは
れ●んもぉ〜ッ、ホンマに今夜……、ちょっと待っとくなはれ。

■何をしてんねんな? 早よしぃな●ちょっと、羽織取りまっさかい■羽織
みたいなんえぇやないかいな●そぉかて、表冷えてまっしゃないか。もぉ風
邪ひぃたら嫌やもん■不思議なことを言ぅなぁお前、今から死にに行こちゅ
うのに、風邪ひぃたってえぇやないかいな●嫌やん、達者で死にたい■ケッ
タイな面白いこと言ぅやっちゃなぁ……

 「わしゃおまはんのそぉいぅとこが好きや。まぁまぁまぁおいなはれ」と、
手を引かれて出てまいりますのが夜の街。堺筋を北へ北へ、かかってまいり
ましたのが難波橋(ゴ〜ン♪)

             ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

■お花……、お花……、どこにおりなさる?●へぇ、ここにおります。どぉ
ぞもぉ、かまわんといとぉくんなはれ■何を言ぅてんねんな、今から一緒に
心中しょ〜ちゅう二人が、そない離れててどないすんねん。もぉちょっと、
こっちおいなはれ。

●あのぉ〜、何ぼ心細なったさかいいぅて「手ぇと手ぇを紐で括って死の」
てなこと言われても、わたいは断りまっさかいな■わしゃ何にも言ぅてへん
やないか。さぁ、もぉちょっとこっちおいなはれ。こぉして橋の上から下を
見ると、暗ぉてよぉ見えんなぁ……、こっから先が、冥土や。二人で仲良ぉ
あの世で所帯を持とぉやないか。

■こぉして手を合わせて「南無阿弥陀仏……」お花、お前さん何で後ろへさ
がんなさる? もぉちょっと前へ前へ「あぁ、無阿弥陀仏ぅ……」ひのふの
みっつ〜ッ!

●だ、旦那ぁ、星野屋の旦那ぁ〜ッ……。気の早い旦那やなぁ、わたし後ろ
へ飛ぶ暇も何もあらへんやないかいな、だ、旦那ぁ……、綺麗なお月さん♪

●いま、この橋から星野屋の旦那が身を投げ、沈んだを知っているのはこの
わしとお月さまの二人だけ。どこぞで聴こえる三味の音が、時にとっての枕
経。どぉぞ、成仏しとぉくなはれや旦那、わたいもすぐにあとから行きまっ
さかいなぁ……、ほんの、五十年ほど待っとくなはれ。ほな、わたいこれで
帰りまっせ、さいなら、失礼(ひつれぇ)。

 こんな失礼な女ございません。

             * * * * *

●お母ちゃん、ただいま▲んまぁ〜お花、帰って来たやないかあんた。どやっ
たえ?●お母ちゃん、もぉこっちが後ろへ飛ぶ前に、旦那が先にボ〜ン行き
はったんよ。いつも旦那は早いのん▲知らんがな、あんた何をのろけてんね
やこんなとこで●せやけどお母ちゃん、どないすんのん?▲「どないする」
て、藤助どんに言ぅて、また新しぃ旦那世話してもろたらえぇやないかいな。

●そぉ、けどなんかわたし星野屋の旦那に悪いよぉな気がして▲最初はそな
い思うねやがな。こんなん二、三人こなしたら何ぁんともないよぉなるがな
●そぉいぅもんかなぁ?▲そぉいぅもん、そぉいぅもん●あぁそぉ、ほな、
ちょっと安心。なんか急にお腹が空いてきたわぁ、何かないのん?▲お茶漬
けでも食べて寝んねしなはれ。

 「ほな、そぉするわ」と、お茶漬けをいただいとぉります。

 表のほぉはお月さんが出ておりましたのが、いつの間にか雲がかかってま
いりまして、ポツポツと降り出した雨、盆を返したよぉにザァ〜ッ……

             * * * * *

◆(トントン、トントン)こんばんわ(トントン、トントン)ちょっとお開
け。ちょっとお開け(トントン、トントン)●はい、どなた?◆藤助でおま
す(トントン、トントン)ちょっとお開け●あぁ藤助どん? ちょっと待っ
とくれや……、まぁあんた、こんな夜中に、えらい雨の中一体どぉしたんや?
◆えらいすんまへんなぁ、こんな夜中に、急に降ってきよってからに……、
いや、星野屋の旦那、来たはらしまへんか?

●星野屋の旦那? 星野屋の旦那、いっぺん来て、帰りはって、はまりはっ
た◆はまりはった?●いえ、来たはらしまへん◆あさよか。ほなやっぱり夢
やってんなぁ……。ほな、帰りまっさ、さいなら●ちょ、ちょっと、あんた
待ちなはれな、こんな夜中に来といて何にも言わんと帰るといぅ法はないや
ないかい。ここんとこ、ちゃんと座って話を聞かしてぇな、どぉしたんや?

◆いやぁ〜実は……、今日は昼間の疲れがあったもんで、早目に床に入って
ましたんやけどな、何じゃこのへんをグ〜ッと押されるよぉな気がして目ぇ
覚めてしまいまして、何じゃ人の気配がするんで、行灯のほぉをふと見ると、
行灯のネキのところに、髪の毛が元結(もっとい)から切れてザンバラ髪、着
物はグッショリ濡れて、ここんとこどこぞで打ったんでっしゃろなぁ、額が
ザクロのよぉに割れて、血がダラァ〜ッと垂れてる男が……

◆よぉ見たら、星野屋の旦那やおまへんか「星野屋の旦那でっか?」ちゅう
たら「藤助、わしゃ、お花に騙されて、一人でこっちへ来てしもた。あのお
花を世話したのはお前やよってに、お前の家にも寄せてもろた……。あのお
花が恨めしぃ、あれを呪い殺す。ひと思いに殺すんではなしに、ジワリジワ
リと殺す。ついては、お前とこにも毎晩寄らしてもらう」

◆「寄らんでよろしぃ、どぉぞお通りをッ!」といぅ、自分の大きな声で目
が覚めてね、よぉ見てみると、誰ぁれも居てまへんねん。はははッ、夢やっ
たんやと思て行灯の畳のとこ見たら、グッショリと濡れてますねや。

●お、お母ちゃん、もぉ出はった。出はった、出はった◆「出はった」て、
何がでんねん?●実はなぁ……◆はぁ、ほぉ……、で、あんた二人、ほぉ、
あんただけ帰って来た。あ〜ッ、そらあかんわ、恨んでますわ。呪い殺され
なはれ、わたい帰ります、さいなら。

●ちょっと、ちょっと待ちなはれ、あんたそんなこと言ぃなはんな。あんた
が世話してくれはった旦那やないかいな、最後までちゃんと面倒見てくれな
困るやないかいな。何とかわたしが助かる手立てはないのんかいな?

◆なぁ、そんなこと言われましてもなぁ……、実はわたいねぇ、昔お寺さん
で聞ぃたことおまんねんけどな、何でも、この世に未練を残してる幽霊(ゆぅ
れん)といぅものは、その未練を無くしてやるといぅと成仏する。ちゅうて
聞ぃてまんねん●どないしたらえぇのん?

◆あんた、女ごやさかいいけまへんねん、なッ、髪を下ろして尼はんになん
なはれ●え〜ッ、わたしが、髪の毛を……、ん〜ん、嫌やがな、なぁ、お母
ちゃん▲そぉやがな、藤助どん、あんたこの子は髪の毛が艶やかなんが売り
やないかいな。次の新しぃ旦さん探さないかんのに、何を言ぅてんねんな。

◆お母ん、あのなぁ「このたびの出来事は、お母んが後ろで糸を引ぃている
ことであろぉ、あのお母んも一緒に取り殺す」と言ぅてはったことを、ここ
で付け加えておきます▲そんなもん付け加えんでもよろしぃがな、ホンマに
もぉ……。もぉこぉなったらしゃ〜ない、お花、あんたな、髪の毛下ろしな
はれ。

●もぉ、嫌やんお母ちゃん▲背に腹は代えられへんやないかいな……●ほな、
そぉするわ。ちょっと待っとぉくんなはれや……

             * * * * *

●えらいお待たせしましたなぁ、これな、髪下ろしましたんで、どぉぞお供
えしとくなはれ。わたし、次にまた髪が生えてくるまで、こぉして姉さん被
りして過ごしますわいな、どぉぞお供えしとくなはれ。これで成仏しはりまっ
しゃろか?

◆お〜ッ、よぉ切りなはったなぁ、成仏しはります、しはりますとも、しは
りまっせ。何やったら、本人に聞ぃてみまひょか……、旦那、星野屋の旦那。
もぉ入って来てもよろしぃで、入っといなはれ■こんばんわ。

●ギャ〜ッ! で、出たぁ〜ッ、なんまんだぶ、ナンマンダブ……。髪の毛
供えますよって、どぉぞ成仏しとくなはれ■おい、お花。そない心配せぇで
もえぇがな、わしゃ死んでへんがな、この通り、ちゃ〜んと足持って生きて
おるがな。

●あッ、旦那、生きたはりますのん? せやけど、あの時に川の中へ?◆確
かにな、旦那はあの時に川の中へ飛び込みなはったわい。お前はあの時に川
の中を覗き込まなんだんで分からなんだやろぉけれども、ちょ〜ど橋の下に
はなぁ、屋台舟が一艘もやってあって、そこのところへ船頭とわしが、旦那
の着替えを持って待っておったと、こぉいぅわけや●んまぁ〜、何でそんな
ことを?

◆「なんでそんなことを?」分からなんだら教えてやろ。いやいや実はな、
きのう旦那がうちへお越しになられて「先の奥さまがお亡くなりになられて
から七回忌も済まして、いよいよ新しぃ女房をもらいたいと思てんねやが、
長いあいだ面倒を見てるお花を直してやって、嫁として迎え入れてやりたい
ねやが、どぉもあいつは心根の分からんところがある。あいつの本性を知る
えぇ手立てはないかいなぁ?」

◆といぅんでご相談があったんでな、わしがこの狂言を思いついたと、こぉ
いぅわけや。旦那は「そんな人を騙すよぉなことはよぉせん」とおっしゃっ
てたんやけど「まぁこれもお家(うち)のため、お店のためでっせ」と、こぉ
いぅことで納得なさったと、こぉいぅわけや。

●んまぁ〜、そぉでしたんかいな◆お前があの時に、一緒に旦那と飛び込ん
でおってみぃ「えぇ女ごや」といぅのですぐに御寮人さんになれてたんじゃ
●んもぉ〜、それを先に言ぅてくれはらな……、今から橋行きまひょ◆アホ
なこと言ぃないな、今から行けるかい。お前みたいな気の毒な女はないなぁ、
御寮人さんになれてるところをなりそこねよるわ、そぉして髪の毛も下ろし
てしもてからに、ハハハハハッ、ホンにお気の毒さまじゃ。

●ふん、ふんのフンのふん◆何や? どないしたんや? え〜、何がおかしぃ
ねん?●そんな髪の毛が欲しぃねやったら、毎晩でも取りにおいなはれ。そ
れはな、髪を結ぅときに足す付け毛、か文字やわいな◆ゲッ! これ、お前
の毛ぇやないのか?●嘘や思うねやったら、ほれ、この通り。髪の毛は切っ
てないわ。

◆おッ、何じゃい、お前、髪下ろしてないのんか? 何でそんなことするね
ん?●髪の毛を切ろとしたらお母ちゃんが「このごろ星野屋の旦那は『目ぇ
がかすむ』言ぅてなはったさかいに、幽霊もこれできっと騙せるでぇ」と、
こぉいぅことになったんやわ。こんな髪の毛が欲しぃねんやったら、毎晩で
も、俥ででも取りにおいなはれ。その代わりと言ぅて何でございますが、あ
の二十両はもろておきます、おおきにありがとぉございます。

◆嫌な女やなぁ、旦那、こんな女でっせ、こんなん家に入れんでよろしおま
したなぁ……。おいおいおい、そぉして今のうちに笑ろとけ笑ろとけ、なぁ、
お前なぁ、その二十両わずかなりとも手ぇ出してみぃ、すぐにお縄になるぞ
●「お縄になる」て、どぉいぅこと?◆どぉいぅことも糞もあるかい、その
二十両の小判は、芝居のときに使う贋金じゃ。

●んまぁ〜ッ、贋金か? お母ちゃん、あれ贋金やってんてぇ、早よ返しま
ひょ▲あぁ、返しまひょ、返しまひょ、こんなん持っててあんた関わりあい
になったらいかんさかい、早よ返しまひょ●あぁ返します、これ持ってとっ
とと帰っとぉくなはれ。二度とうちの敷居はまたがんといとくんなはれや。

◆お〜ぉ、返してもらおやないか……、旦那、何やかんや言ぅても女ごだん
なぁ、可愛(かい)らしぃとこがおまんがな。おい、もしもこれが偽もんやっ
たら、旦那のほぉが先にお縄になるわい。これは正真正銘の、ホ・ン・マ・
も・ん!●んまぁ〜、お母ちゃん、あれホンマもんやったんやてぇ。


【さげ】
▲あぁ、せやと思たさかい、ここに三枚取っといた。


【プロパティ】
 まことに結構なおあと=露の都「子は鎹」
 玄能(げんのう)=玄翁(げんのう)和尚が殺生石を割るのに用いたという伝
   説から、頭の両端にとがりのない、やや大ぶりの金づち。
 玄翁・源翁=南北朝時代頃の曹洞宗の僧。越後の人。下野(しもつけ)那須
   野で殺生石を打ち砕いたという。
 てんこ盛り=「天骨盛り」の訛化。天骨は山の頂を意味する上方言葉。山
   のように盛り上げた状態。
 チン=狆:イヌの一品種。日本原産。奈良時代に中国から輸入された犬種
   を改良したもの。体高25cm程度。顔が平たく体毛は長い。白色の地に
   茶あるいは黒のぶちがある。愛玩犬。
 御寮人(ごりょん)さん=商家など中流家庭の若奥様の称。
 九つ過ぎ=午前0時過ぎ。
  |       九つ       現在の時計で表すとこのようにな
  |                ります。九つは夜中の12時。
  |    四つ    八つ
  |
  |    五つ    七つ
  |
  |       六つ
  |
  |時刻=日の出を「明け六つ」日の入りを「暮れ六つ」とし、それぞれ
  |   の間を六等分する。よって、季節により昼夜の長さ、一刻の長
  |   さが変化。
  |
  |日の出    正午    日の入り   日変
  |明六 五 四 九 八 七 暮六 五 四 九 八 七
  |卯  辰 巳 午 未 申 酉  戌 亥 子 丑 寅
  |たとえば春分・秋分ごろなら
  |6時 8 10 12 14 16 18時 20 22 0 2 4時
  |
  |冬至には日の出7時、日の入り17時、夏至は逆に日の出5時、日の入
  |り19時と、最大4時間の差が出る。
 難波橋(なにわばし)=大阪市北区西天満と中央区北浜を結ぶ橋。大川(堂
   島川・中之島・土佐堀川)をまたぐ。明治の初めまで、中之島の先端
   は難波橋の下流部にあったため橋は一本で架かっていた。また、この
   付近は絶好の行楽地で、夕涼み、舟遊び、花火見物などの人々で賑わっ
   た。現在、橋詰にライオンの像が置かれていることから「ライオン橋」
   の愛称がある。
 ほなな=それではな。
 ウロが来る=うろたえてしまう。ウロ:うろたえてすることも定まらぬこ
   と。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 とっとと=早く・速やかに・急いで・さっさと。疾くとくと、の転訛。
 音源:桂文珍 2000/11/04 平成紅梅亭(YTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂文珍 sub=*  ●main高座記録日:2000/11/04  ●音  源  名:平成紅梅亭(YTV)  ●ファイル公開日:2001/02/04  ●別  演  題:「三両残し」  ●更  新  日:2010/04/18  ●リクエスト数:rakug250  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次